市場調査レポート
商品コード
1445755

リアルタイム決済:日本市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Japan Real Time Payment - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 110 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=157.49円
リアルタイム決済:日本市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 110 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

日本のリアルタイム決済の市場規模は、2024年に20億4,000万米ドルと推定され、2029年までに84億4,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年~2029年)中に32.76%のCAGRで成長する見込みです。

日本のリアルタイム決済- マーケット

リアルタイム決済システムは、速度と利便性を求める消費者の導入の増加と、イノベーションと規制によって可能になった決済ソリューションによる現金からの継続的な移行により、急速に普及しました。

主なハイライト

  • スマートデバイスの普及の拡大とオンライン小売商取引の活況により、この国ではリアルタイム決済の急速な普及が促進されています。また、リアルタイム決済の高まりは、スマートフォンやその他の接続デバイスの普及によりリアルタイム取引に対する消費者の需要が高まっていることを反映しており、即時性に対する消費者の期待が高まっています。
  • 財政的インセンティブ、標準化、インフラ開発など、日本政府によるいくつかの取り組みも、リアルタイム決済市場の成長を加速させています。例えば、政府はデジタルプラットフォームを通じた賃金プラットフォームの導入を計画しており、これが消費者への普及にさらに貢献する可能性があります。また、政府は2025年までにキャッシュレス決済を全取引の約20%から約40%に増やす目標を設定しています。
  • しかし、国民の現金(従来の方法)への依存度の高さ、導入コスト、従来の決済システムを好む消費者の需要の低さなどが、日本のリアルタイム決済市場の成長を妨げる要因となっています。
  • いくつかの市場参加者は、国内でのリアルタイム決済システムの提供を拡大しています。2022年12月、Adyenは日本でユニファイドコマースソリューションを開始し、さまざまなオンラインとオフラインの販売チャネルを接続する決済プラットフォームを提供しました。ベンダーからのこのような導入は、予測期間中の市場の成長を促進すると予想されます。
  • COVID-19のパンデミックの発生は、リアルタイム決済市場に大きな影響を与えました。この国はデジタル変革と先進技術インフラに重点を置いているため、リアルタイム決済ソリューションが広く普及しました。さらに、パンデミックによりキャッシュレス決済への傾向が加速し、モバイル決済ソリューションや電子ウォレットの使用が増加しました。これは、企業がより便利で安全なソリューションを提供するために競争する中で、リアルタイム決済業界のイノベーションを促進するのにも役立ちました。

日本のリアルタイム決済市場動向

デジタル決済の導入が市場を牽引する

  • デジタル決済は広く採用されており、国内での人気が高まっています。主に使用されるデジタル決済方法には、QRコード決済、モバイル決済、非接触型カード決済などが含まれます。この導入は、デジタル決済プラットフォームによって提供される利便性とセキュリティの強化によって推進されています。
  • デジタル決済は、即時送金、リアルタイム処理、簡単な照合、ユーザーへの便利なアクセスなど、さまざまな方法で高速かつ効率的な支払いインフラストラクチャを提供することで、リアルタイム支払いの促進に貢献しています。FISによると、日本のPOSでの現金決済の割合は、前年の前年比7.8%減と比較して、2021年には前年比15%減となりました。消費者はパンデミック中に通貨に触れることを避けるためにデジタル決済を選択しました。
  • 日本政府によると、2025年までに日本における全取引の少なくとも40%をキャッシュレス取引が占めると予想されており、2021年から約20%増加するとみられています。日本政府は、デジタル決済の拡大が観光を促進し、日本の金融セクターのイノベーションを刺激すると考えています。これは最終的に、リアルタイム決済に対する需要の増大につながると考えられています。
  • さらに、政府は企業が銀行口座を介さずデジタルで給与を支払う制度を2023年春までに導入する予定で、3割の企業が導入を検討しています。このような取り組みは、リアルタイム決済市場の成長をさらに後押ししています。
  • 日本の若年層は消費経済の重要な部分を占めるようになっており、テクノロジーを好む習慣に合わせてデジタルへの変化を求めています。また、消費者に見返りや現金リベートを与えることでデジタル決済の導入を促進しようとする大規模な政治的取り組みにより、日本でもデジタル決済の導入が進む可能性が高いです。

スマートフォンの普及率が高まり市場を牽引

  • 日本におけるスマートフォンの普及率の増加は、モバイル決済、モバイルバンキング、アクセシビリティの向上、ユーザーエクスペリエンスの向上など、さまざまな方法でリアルタイム決済の成長に重要な役割を果たしています。消費者にとってデジタル決済手段をよりアクセスしやすく便利にすることで、市場の成長に貢献しています。
  • 日本では、2021年に30歳から39歳の約92%がスマートフォンを使用してインターネットにアクセスすると予想されています。20代の場合、その割合はわずかに低くなっていました。総務省によると、80歳以上の人のうち携帯電話を使ってインターネットにアクセスしている人はわずか12.1%でした(日本)。
  • 総務省(日本)が2021年9月に実施した調査によると、日本の回答者がインターネットを使用する際に不安を感じる最も一般的な理由は、個人情報またはブラウザ履歴の漏洩であり、90%が言及しています。プライバシー上の懸念に続いて、コンピューターウイルス攻撃や偽装請求や詐欺が発生しました。
  • さらに、この調査では、日本のほとんどの人がインターネットを使用する際に不安を感じており、高齢世代ほどその傾向が高いことが明らかになりました。このような動向は、日本の人口のあらゆる層においてリアルタイム決済市場の成長を妨げると予想されます。個人情報の漏洩は、若年層の支払い習慣にも影響を与える可能性があります。
  • スマートフォンの普及により国内での商品やサービスの売買が増加したため、Mコマースの成長も市場の成長に貢献しています。モバイルコンテンツフォーラムによると、日本のmコマース市場規模は2021年時点で約4兆9,000億円に達しています。

日本のリアルタイム決済業界の概要

日本のリアルタイム決済市場は、市場で活動する多くのプレーヤーの存在により細分化されています。顧客の選好が急速に変化しているため、この市場は魅力的な選択肢となっており、多額の投資が集まっています。潜在的な成長の可能性が非常に高いため、サービスプロバイダーは拡大、パートナーシップ、契約、買収などの戦略的取り組みを行っています。

2022年8月、ミッションクリティカルなリアルタイム決済ソフトウェアの世界的リーダーであるACI Worldwideは、デジタル決済インフラストラクチャを最新化するために、日本を代表する国内中央決済ネットワークであるJapan Card Network, Inc.CARDNETとの合意を発表しました。この契約により、ACIはCARDNETと協力して最新のデジタル決済技術と次世代ソリューションをCARDNETの顧客に提供することになります。

2022年3月、決済サービスの世界的リーダーであるWorldlineは日本への参入を発表し、日本中の小売業者のクレジットカード決済を扱うことになります。日本は経済的に成熟し、保守的な消費習慣を持つ非常に安全な国であるため、カード決済には大きな発展の可能性があります。また、Worldlineは2022年3月に日本に事業を拡大し、現在、現地企業にクレジットカード決済処理を提供しています。日本での成長のために、フランスの決済プロバイダーは、現地の決済ソリューションおよびネットワークサービスプロバイダー(NSP)Vescaと提携しました。Vescaは、この国の技術的イネーブラーとして機能し、Worldlineの受け入れレイヤーとして機能します。Worldlineは、2022年初めにサービスを開始する予定です。これらのサービスには、クレジットカードの取得とPOSカードの受付と処理が含まれます。同社によれば、同社は今後数か月以内にeコマース機能を強化したいと考えているといいます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力 - ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ
  • 国内における決済情勢の進化
  • この地域におけるキャッシュレス取引の成長に関する主な市場動向
  • COVID-19が市場に与える影響の評価

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • スマートフォンの普及率の向上
    • 政府の取り組みによりリアルタイム決済ソリューションの導入が加速
  • 市場の課題
    • 支払いのセキュリティに関する懸念
    • 既存の現金への依存
  • 市場機会
    • デジタル決済の成長を促進する政府政策の変更
  • デジタル決済業界の主要な規制と基準
    • 世界中の規制状況
    • 潜在的な規制上の障害を伴うビジネスモデル
    • 進化するビジネス情勢に代わる開発の範囲
  • 主な事例とユースケースの分析

第6章 市場セグメンテーション

  • 支払いの種類別
    • P2P
    • P2B

第7章 競合情勢

  • ACI Worldwide Inc.
  • Fiserv Inc.
  • Paypal Holdings Inc.
  • Mastercard Inc.
  • FIS Global
  • VISA Inc.
  • Apple Inc.
  • Alipay(Ant Financial)
  • SIA SpA
  • Finastra

第8章 投資分析

第9章 市場の将来

目次
Product Code: 91185

The Japan Real Time Payment Market size is estimated at USD 2.04 billion in 2024, and is expected to reach USD 8.44 billion by 2029, growing at a CAGR of 32.76% during the forecast period (2024-2029).

Japan Real Time Payment - Market

Real-time payment systems were proliferating due to increased consumer adoption for speed and convenience and the continued shift away from cash with payment solutions enabled by innovation and regulation.

Key Highlights

  • The growing adoption of smart devices and booming online retail commerce drive the rapid adoption of real-time payments in the country. Also, the rising tide of real-time payments reflects growing consumer demand for real-time transactions, driven due to the ubiquity of smartphones and other connected devices, which have catalyzed consumer expectations for immediacy.
  • Several initiatives by the Japanese government, including financial incentives, standardization, and infrastructure development, are also adding growth to the real-time payment market. For instance, the government is planning to introduce a platform for wages through a digital platform which could further contribute to the adoption among consumers. Also, the government has set a target of growing cashless payments to around 40% of all transactions by 2025, up from approximately 20%.
  • However, the larger dependence of the population on cash (traditional method), cost of implementation, and low consumer demand as they prefer traditional payment systems are the factors challenging the growth of the real-time payment market in Japan.
  • Several market players are expanding their offering of real-time payment systems in the country. In December 2022, Adyen launched its unified commerce solution in Japan to provide a payment platform that connects different online and offline sales channels. Such introductions from the vendors are expected to fuel the market growth during the forecast period.
  • The outbreak of the COVID-19 pandemic greatly impacted the real-time payment market. With the country's focus on digital transformation and its advanced technology infrastructure, real-time payment solutions had widespread adoption. Additionally, the pandemic accelerated the trend toward cashless payment methods, leading to greater use of mobile payment solutions and e-wallets. This also helped spur innovation in the real-time payment industry as companies compete to offer more convenient and secure solutions.

Japan Real-Time Payment Market Trends

Digital Payment Adoption Will Drive the Market

  • Digital payments have been widely adopted and are growing in popularity in the country. Mostly used digital payment methods include QR code payments, mobile payments, contactless card payments, and others. This adoption is driven by the convenience and increased security offered by digital payment platforms.
  • Digital payments are helping to facilitate real-time payments by providing a fast and efficient payment infrastructure in various ways, including instant transfer, real-time processing, easy reconciliation, and convenient access to the users. According to FIS, Japan's share of cash point-of-sale payments fell 15% yearly (YoY) in 2021, compared to a 7.8% YoY reduction the year before. Consumers have opted for digital payments to avoid touching currency during the pandemic.
  • According to the government of Japan, cashless transactions are expected to account for at least 40% of all transactions in Japan by 2025, up around 20% from 2021. It believes that expanding digital payments will boost tourism and stimulate financial sector innovation in the country. This will eventually lead to a greater demand for real-time payments.
  • Furthermore, the Japanese government is planning to introduce a system for companies to pay salaries digitally without going through bank accounts by spring 2023, and 30% of companies are considering implementing this system. Such initiatives are further supporting the growth of the real-time payment market.
  • The younger population in Japan is becoming a significant part of the consumer economy and demanding a change to digital to match their technology-friendly habits. Also, massive political efforts to bring digital payment adoption by giving consumer rewards and cash rebates are likely to grow the adoption of digital payments in Japan.

Increased Smartphone Penetration to drive the Market

  • Increasing smartphone penetration in Japan is playing a key role in the growth of real-time payments in various ways, such as mobile payments, mobile banking, increased accessibility, and improved user experience. It is contributing to market growth by making digital payment methods more accessible and convenient for consumers.
  • In Japan, about 92% of persons aged 30 to 39 will use smartphones to access the internet in 2021. In the case of those in their twenties, the percentage was slightly lower. According to the Ministry of Internal Affairs and Communications, only 12.1% of those aged 80 and older used cell phones to access the internet (Japan).
  • According to a survey conducted by the Ministry of Internal Affairs and Communications (Japan) in September 2021, a leak of one's personal information or browser history was by far the most common reason for Japanese respondents to feel insecure when using the internet, with more than 90% mentioning it. Computer virus attacks and fake billings or frauds followed privacy concerns.
  • Furthermore, the survey revealed that most people in Japan feel anxious when using the internet, with the older generations having a higher tendency to feel this way. Such trends are expected to hamper the growth of the real-time payments market in every demography of the Japanese population. Leaking personal information is something that can also impact the payments habit of the younger population.
  • The growth of M-commerce is also contributing to the market growth as the smartphone penetration increased the buying and selling of goods and services in the country. According to the Mobile Content Forum, the m-commerce market size in Japan reached around JPY 4.9 trillion as of 2021.

Japan Real-Time Payment Industry Overview

The Japanese real-time payment market is fragmented due to the presence of many players operating in the market. The market has become an attractive choice due to rapidly changing customer tastes, attracting considerable investment. Because of the immense potential growth, service providers are undergoing strategic initiatives such as expansion, partnership, agreement, acquisitions, etc.

In August 2022, ACI Worldwide, the global leader in mission-critical, real-time payments software, announced an agreement with Japan's leading central domestic payment network, Japan Card Network, Inc., CARDNET, to modernize its digital payments infrastructure. The agreement would see ACI work with CARDNET to provide the latest digital payments technology and next-generation solutions to CARDNET's customers.

In March 2022, Worldline, a global leader in payments services, announced its entrance into Japan, where it will handle credit card payments for retailers across the country. Japan has large development potential for card payments because it is an economically mature, very secure nation with conservative consumer habits. Also, in March 2022, Worldline expanded its business into Japan, where it now provides credit card payment processing to local businesses. For its growth in Japan, the French payment provider teamed with local payment solutions and network service provider (NSP) Vesca. Vesca will serve as a technical enabler in the country, acting as Worldline's acceptance layer. Worldline intends to launch its service in early 2022. These services will comprise credit card acquisition and point-of-sale card acceptance and processing. According to the corporation, the company wants to increase its e-commerce capabilities in the following months.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definitions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness- Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Threat of Substitute Products
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Evolution of the Payments Landscape in the Country
  • 4.4 Key Market Trends Pertaining to the Growth of Cashless Transaction in the Region
  • 4.5 Assessment of Impact of COVID-19 on the Market

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Increased Smartphone Penetration
    • 5.1.2 Government Initiatives are Accelerating the Adoption of Real-Time Payment Solutions
  • 5.2 Market Challenges
    • 5.2.1 Payment Security Related Concerns
    • 5.2.2 Existing Dependence on Cash
  • 5.3 Market Opportunities
    • 5.3.1 Changes in Government Policies Encouraging the Growth of Digital Payments
  • 5.4 Key Regulations and Standards in the Digital Payments Industry
    • 5.4.1 Regulatory Landscape Across the World
    • 5.4.2 Business Models with Potential Regulatory Roadblocks
    • 5.4.3 Scope for Development in Lieu of Evolving Business Landscape
  • 5.5 Analysis of Major Case Studies and Use-Cases

6 Market Segmentation

  • 6.1 By Type of Payment
    • 6.1.1 P2P
    • 6.1.2 P2B

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 ACI Worldwide Inc.
  • 7.2 Fiserv Inc.
  • 7.3 Paypal Holdings Inc.
  • 7.4 Mastercard Inc.
  • 7.5 FIS Global
  • 7.6 VISA Inc.
  • 7.7 Apple Inc.
  • 7.8 Alipay (Ant Financial)
  • 7.9 SIA SpA
  • 7.10 Finastra

8 Investment Analysis

9 Future of the Market