デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1439869

ポリ塩化ビニリデン(PVDC)コートフィルム:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Polyvinylidene Chloride (PVDC) Coated Films - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=156.58円
ポリ塩化ビニリデン(PVDC)コートフィルム:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

ポリ塩化ビニリデン(PVDC)コートフィルムの市場規模は、2024年に15億4,000万米ドルと推定され、2029年までに17億8,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に3.04%のCAGRで成長します。

ポリ塩化ビニリデン(PVDC)コートフィルム- 市場

2020年、新型COVID-19は市場に悪影響を及ぼしました。しかし、市場は現在パンデミック前のレベルに達していると推定されており、今後も着実に成長すると予想されています。

主なハイライト

  • 調査対象の市場を牽引する主な要因は、加工食品産業の成長と食品包装におけるPVDCコートフィルムの需要の増加です。
  • 一方、代替品の入手可能性は、予測期間中の市場の成長を妨げると予想されます。
  • PVDCを含むフィルム構造をリサイクルする新技術の開発は、市場成長のためのさまざまな有利な機会を提供すると期待されています。
  • アジア太平洋が世界市場を独占すると予想されており、最大の消費は中国、日本、インドから来ています。

PVDCコートフィルム市場動向

食品包装における応用の増加

  • 食品包装セグメントは、包装分野の市場の大部分を占めています。このセグメントは、高い耐薬品性、不活性、低臭などのPVDCコートフィルムの優れた特性により、市場を独占すると予想されています。
  • PVDCコーティングされたフィルムは、光学的に透明で高度な光沢があり、金属化フィルムに匹敵する酸素および湿気のバリア特性を備えています。 PVDCは、グリースやオイルなどの多くの化学薬品に対しても高い耐性を示します。
  • PVDCコーティングされたフィルムは、伸縮性が低く、接着強度に優れ、吸水性が低いため、食品の包装に使用されます。また、粘着力にも優れているため、食品包装用途に最適です。
  • 米国農務省によると、2021年のインドにおける包装されたオーガニック飲食品の総消費額は9,600万米国でした。米国農務省は、2022年には総消費額が1億800万米ドルに増加すると予測しています。
  • 食品包装は、味や品質に影響を与えることなく、食品を保存し、必要な場所に運ぶために重要な役割を果たします。内容物を毒素や湿気から保護し、こぼれや改ざんを防ぎ、形状と品質を維持します。
  • 国連食糧農業機関によると、世界の食肉生産量は2022年に約3億6,000万トンに達し、2021年比1.2%増加しました。世界の食肉供給は予測期間中の需要の増加に対応して拡大し、2031年までに3億7,700万トンに達すると予想されます。
  • したがって、食品包装分野の成長により、PVDCコートフィルムの需要は予測期間中に増加すると予想されます。

アジア太平洋が市場を独占する

  • アジア太平洋は、予測期間中にPVDCコートフィルム市場を独占すると予想されます。中国、インド、日本などの国々からの高い需要により、PVDCコートフィルムの市場は成長しています。
  • 中国政府の報告書によると、中国の包装産業は6.8%近い成長率で驚異的な成長を記録し、2025年までに2兆元(2,900億米ドル)に達すると予想されています。中国には世界最大の食品産業があります。
  • この国は、電子レンジ、スナック、冷凍食品などの食品分野におけるカスタマイズされた柔軟な包装の台頭と輸出の増加により、予測期間中に一貫した成長を遂げると予想されています。これにより、革新的なパッケージングへの需要が高まり、予測期間中にPVDCコートフィルム市場が押し上げられることになります。
  • インド包装産業協会(PIAI)によると、インドの包装セクターはインド経済で5番目に大きなセクターです。同協会は、パッケージング部門が2025年までに2,048億1,000万米ドルに達すると予測しています。これにより、予測期間中にPVDCコーティングされたフィルムの需要が高まる可能性があります。
  • 日本は現在、世界第3位の規模を誇り、世界で最も急速に成長しているeコマース市場の1つです。日本政府によると、日本のeコマース市場の収益は2023年までに2,322億米ドルに達すると予想され、さらに2023年から2027年までに年率11.23%を記録すると予想されており、結果として市場規模は3,554億米ドルに達すると予想されています。国内におけるeコマースの浸透の増加により、予測期間中にPVDCコーティングされたフィルムの需要が高まると予想されます。
  • 上記の要因と政府の支援が、予測期間中のPVDCコートフィルムの需要の増加に寄与する可能性があります。

PVDCコートフィルム業界の概要

ポリ塩化ビニリデン(PVDC)コートフィルム市場は本質的に細分化されています。市場の主要企業には、Innovia Films、KUREHA CORPORATION、UNITIKA LTD、Vibac Group Spa、Perlen Packagingなどが含まれます(順不同)。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 促進要因
    • 成長する加工食品産業
    • 生肉包装におけるPVDCコートフィルムの使用
  • 抑制要因
    • 代替の確保
    • その他の抑制要因
  • 業界のバリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替製品やサービスの脅威
    • 競合の程度

第5章 市場セグメンテーション(金額ベースの市場規模)

  • フィルム基材タイプ
    • 二軸延伸ポリプロピレン(BOPP)
    • ポリエチレンテレフタレート(PET)
    • ポリ塩化ビニル(PVC)
    • その他のフィルム基材タイプ
  • 用途
    • 食品包装
    • 医薬品ブリスター包装
  • 地域
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • その他欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米
    • 中東とアフリカ
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ
      • その他中東およびアフリカ

第6章 競合情勢

  • 合併と買収、合弁事業、コラボレーション、および契約
  • 市場シェア(%)**/ランキング分析
  • 有力企業が採用した戦略
  • 企業プロファイル
    • ACG
    • Cosmo Films
    • Innovia Films
    • Jindal Poly Films Limited
    • Kaveri Metallising &Coating Ind. Private Limited
    • Perlen Packaging
    • POLINAS
    • UNITIKA LTD
    • Vibac Group Spa
    • Glenroy Inc.
    • KUREHA CORPORATION
    • Asahi Kasei Corporation
    • Huawei Pharma Foil Packaging
    • Klockner Pentaplast
    • Liveo Research
    • Polyplex
    • Qingdao Kingchuan Packaging
    • RMCL
    • Solvay
    • Tekni-Plex Inc.
    • Tipack Group
    • Transparent Paper Ltd.
    • Valtec Italia SRL
    • Bilcare Limited
    • Caprihans India Limited

第7章 市場機会と将来の動向

  • PVDCのリサイクルに関する調査の拡大
目次
Product Code: 69375

The Polyvinylidene Chloride Coated Films Market size is estimated at USD 1.54 billion in 2024, and is expected to reach USD 1.78 billion by 2029, growing at a CAGR of 3.04% during the forecast period (2024-2029).

Polyvinylidene Chloride (PVDC) Coated Films - Market

In 2020, COVID-19 had a detrimental effect on the market. However, the market has now been estimated to have reached pre-pandemic levels and is expected to grow steadily in the future.

Key Highlights

  • The major factors driving the market studied are the growing processed food industry and the increasing demand for PVDC-coated films in food packaging.
  • On the other hand, the availability of substitutes is expected to hinder the growth of the market during the forecast period.
  • Developing new technologies to recycle film structures involving PVDC is expected to offer various lucrative opportunities for market growth.
  • Asia-Pacific is expected to dominate the global market, with the largest consumption coming from China, Japan, and India.

PVDC Coated Films Market Trends

Increasing Application in Food Packaging

  • The food packaging segment captures the major portion of the market regarding the packaging sector. This segment is expected to dominate the market, owing to the superior properties of PVDC-coated films, such as their high chemical resistance, inertness, and low odor.
  • PVDC-coated films are optically clear with a high degree of gloss and have oxygen and moisture barrier properties comparable to metalized films. PVDC is also highly resistant to many chemicals, including grease and oil.
  • PVDC-coated films are used for packaging food as they have low stretch, excellent bond strength, and low water absorption. They also have good cling properties, making them an ideal choice for food wrapping applications.
  • According to the United States Department of Agriculture, the total consumption value of packaged organic food and beverages in India in 2021 was 96 million US dollars. In 2022, the USDA projected that the total consumption value would increase to 108 million dollars.
  • Food packaging plays an essential role in preserving and transporting food items to the required location without affecting the taste or quality. It protects the contents from toxins and moisture, prevents spillage and tampering, and helps retain their shape and quality.
  • According to the Food and Agriculture Organization, world meat production reached around 360 million metric tons in 2022, up by 1.2 percent from 2021. Global meat supply will expand to meet rising demand over the projection period, reaching 377 million tons by 2031.
  • Hence, owing to the growing food packaging sector, the demand for PVDC-coated films is expected to increase over the forecast period.

Asia-Pacific to Dominate the Market

  • Asia-Pacific is expected to dominate the market for PVDC-coated films during the forecast period. Due to the high demand from countries like China, India, and Japan, the market for PVDC-coated films is growing.
  • The packaging industry in China is expected to register tremendous growth with a growth rate of nearly 6.8%, reaching CNY 2 trillion (USD 290 billion) by 2025, as per the report of the Chinese government. China has one of the largest food industries in the world.
  • The country is expected to witness consistent growth during the forecast period due to the rise of customized and flexible packaging in the food segment, like microwave, snack, and frozen foods, along with increasing exports. This has increased the demand for innovative packaging, which in turn will boost the PVDC-coated films market during the forecasted period.
  • According to the Packaging Industry Association of India (PIAI), the country's packaging sector is the fifth largest sector of India's economy. The association has predicted that the packaging sector will reach USD 204.81 billion by 2025. This will likely boost the demand for PVDC-coated films during the forecasted period.
  • Japan is currently the world's 3rd-largest and one of the fastest-growing e-commerce markets globally. As per the government of Japan, revenue in the e-commerce market in Japan is expected to generate USD 232.20 billion by 2023 and is further expected to register a 11.23% annual rate between 2023 and 2027, resulting in a market volume of USD 355.40 billion by 2027. The increasing penetration of e-commerce in the country is anticipated to enhance the demand for PVDC-coated films during the forecasted period.
  • The factors above, coupled with government support, may contribute to the increasing demand for PVDC-coated films during the forecast period.

PVDC Coated Films Industry Overview

The polyvinylidene chloride (PVDC) coated films market is fragmented in nature. Some of the major players in the market include Innovia Films, KUREHA CORPORATION, UNITIKA LTD, Vibac Group S.p.a., and Perlen Packaging, among others (in no particular order).

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Growing Processed Food Industry
    • 4.1.2 Usage Of PVDC Coated Films In Fresh Meat Packaging
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 Availability of Substitutes
    • 4.2.2 Other Restraints
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size in Value)

  • 5.1 Film Substrate Type
    • 5.1.1 Bi-axially Oriented Polypropylene (BOPP)
    • 5.1.2 Polyethylene Terephthalate (PET)
    • 5.1.3 Polyvinyl Chloride (PVC)
    • 5.1.4 Other Film Substrate Types
  • 5.2 Application
    • 5.2.1 Food Packaging
    • 5.2.2 Pharmaceutical Blister Packaging
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 Asia-Pacific
      • 5.3.1.1 China
      • 5.3.1.2 India
      • 5.3.1.3 Japan
      • 5.3.1.4 South Korea
      • 5.3.1.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.2 North America
      • 5.3.2.1 United States
      • 5.3.2.2 Canada
      • 5.3.2.3 Mexico
    • 5.3.3 Europe
      • 5.3.3.1 Germany
      • 5.3.3.2 United Kingdom
      • 5.3.3.3 France
      • 5.3.3.4 Italy
      • 5.3.3.5 Rest of Europe
    • 5.3.4 South America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Argentina
      • 5.3.4.3 Rest of South America
    • 5.3.5 Middle-East and Africa
      • 5.3.5.1 Saudi Arabia
      • 5.3.5.2 South Africa
      • 5.3.5.3 Rest of Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Share (%)**/Ranking Analysis
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 ACG
    • 6.4.2 Cosmo Films
    • 6.4.3 Innovia Films
    • 6.4.4 Jindal Poly Films Limited
    • 6.4.5 Kaveri Metallising & Coating Ind. Private Limited
    • 6.4.6 Perlen Packaging
    • 6.4.7 POLINAS
    • 6.4.8 UNITIKA LTD
    • 6.4.9 Vibac Group S.p.a.
    • 6.4.10 Glenroy Inc.
    • 6.4.11 KUREHA CORPORATION
    • 6.4.12 Asahi Kasei Corporation
    • 6.4.13 Huawei Pharma Foil Packaging
    • 6.4.14 Klockner Pentaplast
    • 6.4.15 Liveo Research
    • 6.4.16 Polyplex
    • 6.4.17 Qingdao Kingchuan Packaging
    • 6.4.18 RMCL
    • 6.4.19 Solvay
    • 6.4.20 Tekni-Plex Inc.
    • 6.4.21 Tipack Group
    • 6.4.22 Transparent Paper Ltd.
    • 6.4.23 Valtec Italia SRL
    • 6.4.24 Bilcare Limited
    • 6.4.25 Caprihans India Limited

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Growing Research on Recycling PVDC