デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1433868

リアルタイム決済:市場シェア分析、業界動向・統計、成長予測(2024年~2029年)

Real-Time Payments - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=157.89円
リアルタイム決済:市場シェア分析、業界動向・統計、成長予測(2024年~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

リアルタイム決済の市場規模は、2024年に259億2,000万米ドルと推定され、2029年までに1,162億3,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年~2029年)中に35%のCAGRで成長する見込みです。

リアルタイム決済- マーケット

リアルタイム決済は通常、低額の小売支払いシステム(RPS)に重点を置いています。これらは、リアルタイム総決済システム(RTGS)や分散型台帳支払いシステムとは異なります。需要と期待に応えることに加えて、リアルタイム決済は規制当局、競合当局、決済サービスプロバイダーからの関心を集めています。規制当局は、即時決済が銀行サービスへのアクセスを拡大し、経済成長を支援し、Visa/Mastercardネットワークの代替手段を提供し、現金や小切手の使用を削減すると考えています。

主なハイライト

  • 世界のリアルタイム決済(RTP)エコシステムは急速に成長しており、企業や政府はより高速で効率的な決済システムを導入するメリットを認識しています。 ACIワールドワイドの2023年3月のレポートによると、現在6大陸の70カ国以上がリアルタイム決済をサポートしており、今年の取引額は1,950億米ドルで、前年比63%の成長を示しています。
  • 世界中でスマートデバイスの普及が拡大し、オンライン小売商取引が活況を呈しているため、リアルタイム決済の急速な普及が進んでいます。要求の厳しい消費者は、販売業者、請求業者、同僚などに支払いをする必要があるときにスマートフォンを利用することが増えています。
  • モバイルアプリケーションを使用したオープンAPI対応のリアルタイム決済システムなど、フィンテック分野での先進技術や新しいビジネスモデルの利用にますます注目が集まっており、市場の成長に貢献しています。昨年のFinastraの調査によると、Baas(Banking as a Service)は今後3年間で25%成長すると予想されており、リアルタイム決済、リテールバンキングなど、システムに組み込まれたさまざまな機能をユーザーに提供します。また、市場の86%の企業は、利用可能なバンキング機能を有効にするためにオープンAPIを採用することを計画しています。
  • COVID-19感染症のパンデミックにより、世界中でデジタル決済の使用が増加しました。 Global Findex Database 2021によると、低・中所得経済圏(中国を除く)では、COVID-19が始まって以来初めて、カード、電話、またはインターネットを使用して店舗での支払いやオンライン支払いを行った成人の割合が40%を超えました。
  • しかし、リアルタイム決済が広く普及するにつれて、詐欺のリスクが大幅に増加しています。ほとんどの支払いタイプでは、顧客は処理される前に誤って行われた支払いを取り消すことができます。ただし、即時支払いは数秒で完了し、取り消し不可であるため、支払い者は取引をキャンセルできません。このような要因により、リアルタイム決済の場合の不正行為と戦う際の課題が増大します。

リアルタイム決済市場動向

市場を牽引する鍵を握るP2Bセグメント

  • P2B決済とは、企業と顧客の間(またはからの)金銭取引を指します。モバイルベースのトランザクションとeコマースの衰えることのない成長は、この部門の発展を推進する重要な要因です。
  • オンラインショッピングとeコマースの売上の継続的な成長が、この部門の発展を促進すると予想されます。 P2B決済により、企業は顧客満足度を向上させることができます。規制改革の変化に伴い、P2B構造は加速しています。オンラインおよび店舗での請求書支払いは、リアルタイムのコストをカードよりも安く保つために必要な次の大量の支払いの波を約束します。
  • また、低コストのP2B取引は、取引ステータスの即時通知に関連する消費者への追加サービスレベルとともに、即時決済によるリアルタイム流動性の恩恵を受けることができる新しいレベルの資金管理を企業に提供します。
  • ギグエコノミーでは、労働市場は一時的に特徴付けられます。ジャストインタイム労働力を構成する仕事の例には、食品配達サービス、配車サービス(UberやBoltなど)、ハウスシッター、犬の散歩などが含まれます。リアルタイム決済は、ギグエコノミーの労働者にとって大きなメリットとなります。労働者はすぐに支払いを受け、現金関連の取引を心配することなく財務計画を立てることができるからです。
  • クラウドベースのリアルタイム決済ソリューションの動向が増加しているのは、リアルタイム決済に関する洞察を小売業者に提供する柔軟性に起因していると考えられます。世界中の大規模小売店におけるデジタル決済方法の採用の増加により、予測期間中に市場が牽引されると予想されます。

アジア太平洋は最も急成長する市場となる

  • 新興国のリアルタイムの取引増加予測は、インドのような国が先進国をリードし、先進国を上回り、市場を新たなレベルに引き上げる鍵となります。リアルタイムスキームを実現する世界中の政府は、より速く、より安く、より効率的な支払い方法を企業や消費者に提供することで、繁栄と経済成長を推進しています。
  • United Payments Interface(UPI)はインド人の支払い方法を変革し、ある銀行口座から別の銀行口座へ、つまり顧客から企業へ、または個人間で、即座に素早く送金できるようになりました。Mastercardの2022年新規決済指数によると、アジア太平洋の消費者の中でインド人が新興キャッシュレス決済手段の利用に最も積極的で、93%が前年にそのような決済を行った可能性が高いです。
  • CEBRによると、インドは世界の企業の中で最もリアルタイム決済額が多く、昨年を通じて行われたすべての決済額の40%以上がインドで発生しました。インドは昨年486億件のリアルタイム決済を行い、これは185億件のリアルタイム決済で2位の中国の約2.6倍でした。
  • CEBRによると、中国におけるリアルタイム決済の企業と消費者の純利益は153億9,700万米ドルに達し、全取引の5.7%を占めるリアルタイムに支えられています。中国における現在のリアルタイム導入レベルに基づくと、インスタント決済はフロート時間の短縮により、昨年、1日あたりの総取引額 1,708億米ドルを達成しました。この運転資金により、同年の推定124億1,100万米ドルの事業生産が促進されました。
  • 香港では、リアルタイム決済のシェアは昨年7.3%を記録しましたが、CEBRによれば、これは3倍になる(2026年までに22.8%)と推定されています。リアルタイムの普及により、消費者と企業の利益は2026年に2億6,000万米ドルに達すると強く予測されています。リアルタイム決済の使用によるマクロ経済的利益は、昨年の推定経済生産額3億4,000万米ドル(正式GDPの0.09%)で、それは3,355人の労働者の生産量に相当します。

リアルタイム決済業界の概要

リアルタイム決済市場には、確立された流通ネットワークへのアクセスに加え、顕著な市場シェアを誇る多くの大手ベンダーが含まれているため、リアルタイム決済市場における競争企業間の敵対関係はかなり激しいです。消費者の好みが急速に変化する中、リアルタイム決済市場は有利な選択肢となり、巨額の投資を惹きつけています。サービスプロバイダーは、製品のイノベーションを促進するためにパートナーシップを締結しています。市場の著名なベンダーには、ACI Worldwide Inc.、Fiserv Inc.、Paypal Holdings Inc.、Mastercard Inc.などがあります。

2022年6月、ACI Worldwideは、新しいモバイルエンゲージメントプラットフォームACI Smart Engageを発表しました。これにより、世界中の販売業者が、音声、位置情報、画像認識テクノロジーを使用してサービスや商品の在庫を消費者のスマートフォンに直接提供できるようになり、オンラインショッピングが可能になります。新しいレベルに進みます。

さらに、2022年4月、Fiservは金融機関向けにAppmarketを開始しました。そこでは、金融機関がより効率的に運営し、新規顧客を獲得し、より効果的に競争できるように厳選されたフィンテックソリューションのセットにアクセスできます。 AppMarketは、Fiserv金融機関の顧客に力を与え、新たなギグエコノミーバンキングや仮想通貨金融の機会、中小企業(SMB)融資やその他の優先課題に取り組むことになります。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • バリューチェーン分析
  • 業界の魅力度 - ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ
  • COVID-19の市場への影響評価

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • スマートフォンの普及
    • 利便性の向上
    • 従来型バンキングへの依存度の低下
  • 市場の課題
    • 決済詐欺
    • 現金への依存
  • 市場機会
    • デジタル決済の利用を奨励する政府政策がリアルタイム決済の成長を後押しする見込み
  • デジタル決済業界における主な規制と基準
  • 主要事例と使用事例の分析
  • 全取引に占めるリアルペイメント取引の割合と主要国の地域別内訳分析:取引量別
  • 非現金取引に占めるリアルペイメント取引の割合と主要国の地域別内訳分析:取引量別

第6章 市場セグメンテーション

  • 決済タイプ別
    • P2P
    • P2B
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • 英国
      • ドイツ
      • スペイン
      • スウェーデン
      • フィンランド
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 韓国
      • タイ
      • 日本
      • その他アジア太平洋
    • ラテンアメリカ
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • コロンビア
      • メキシコ
      • その他ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ
      • アラブ首長国連邦
      • 南アフリカ
      • ナイジェリア
      • その他中東・アフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • ACI Worldwide Inc.
    • Fiserv Inc.
    • Paypal Holdings Inc.
    • Mastercard Inc.
    • Montran Corporation
    • Temenos AG
    • Volante Technologies Inc.
    • Wirecard AG
    • FIS Global
    • Visa Inc.
    • Finastra

第8章 投資分析

第9章 市場の将来

目次
Product Code: 66643

The Real-Time Payments Market size is estimated at USD 25.92 billion in 2024, and is expected to reach USD 116.23 billion by 2029, growing at a CAGR of 35% during the forecast period (2024-2029).

Real-Time Payments - Market

Real-time payments typically focus on low-value retail payment systems (RPS); they differ from real-time gross settlement systems (RTGS) and distributed ledger payment systems. In addition to meeting the demands and expectations, real-time payments have generated interest from regulators, competition authorities, and payment service providers. Regulators believe that instant payments will expand access to banking services, support economic growth, provide alternatives to Visa/Mastercard networks and reduce the use of cash and cheques.

Key Highlights

  • There is rapid growth in the global Real-Time Payment (RTP) ecosystem, with businesses and governments realizing the benefits of implementing faster, more efficient payment systems. Currently, over 70 countries on six continents support real-time payments, with USD 195 billion in transaction volume this year, presenting a year-on-year growth of 63%, according to ACI Worldwide's March 2023 report.
  • The growing penetration of smart devices and booming online retail commerce across the world are driving the rapid adoption of real-time payments. Increasingly, demanding consumers are turning to their smartphones when they need to pay merchants, billers, peers, and others.
  • The increasing focus on using advanced technologies and new business models in the Fintech sector, like open API-enabled real-time payment systems using mobile applications, has contributed to market growth. As per a study by Finastra last year, Baas (Banking as a Service) is expected to grow by 25% over the next three years, providing various features to users embedded in the system like real-time payment, retail banking, etc., and 86% players in the market are planning to adopt open APIs to enable available banking capabilities.
  • The COVID-19 pandemic resulted in increased use of digital payments across the world. According to the Global Findex Database 2021, in low and middle-income economies (excluding China), more than 40% of adults who made merchant in-store or online payments by using a card, phone, or through the internet did so for the first time since the start of COVID-19.
  • However, with real-time payments gaining widespread adoption, there is a significant increase in the risk of fraud. With most payment types, a customer has the ability to recall a payment made in error before it is processed. However, an instant payment is completed in a few seconds, and as it is irrevocable, the payer cannot cancel the transaction. Such factors increase the challenges in combating fraud in the case of real-time payments.

Real Time Payments Market Trends

P2B Segment Holds the Key to Drive the Market

  • P2B payments refer to monetary transactions between (to or from) businesses and customers. The unabated growth of mobile-based transactions and e-commerce is a key factor driving the development of the segment.
  • The continuous growth of online shopping and e-commerce sales is expected to drive the development of the segment. P2B payments allow businesses to improve customer satisfaction. The P2B structure has been picking up the pace with the change in regulatory reforms. Online and in-store bill payments promise the next wave of huge volumes needed to keep real-time costs cheaper than cards.
  • Also, lower-cost P2B transactions offer a new level of cash management to businesses that can benefit from real-time liquidity owing to instant settlement along with the added level of service to the consumer related to the instant notification of the status of the transaction.
  • In the gig economy, the labor markets are characterized temporarily. Examples of jobs that comprise the (just-in-time workforce) include food delivery services, ride-hailing services (such as Uber or Bolt), house sitters, and dog walkers. Real-time payments make it big and beneficial to gig economy workers because workers are paid quickly, allowing them to better plan their finances without worrying about cash-related transactions.
  • The increasing trends for cloud-based real-time payment solutions can be attributed to their flexibility in providing real-time payment insights to retailers. The growing adoption of digital payment methods in big retail stores across the globe is anticipated to drive the market in the forecasted period.

Asia Pacific will be the Fastest Growing Market

  • Real-time transaction growth forecasts for emerging countries will be the key to taking the market to a new level, with countries like India leading and outpacing developed nations. Governments around the world that enable real-time schemes are driving prosperity and economic growth by providing businesses and consumers with faster, cheaper, and more efficient payment methods.
  • United Payments Interface (UPI) has transformed how Indians make payments, allowing them to quickly transfer money instantly from one bank account to another: from a customer to a business or between individuals. According to Mastercard's 2022 New Payments Index, Indians are the most willing of any consumers in the Asia-Pacific region to use emerging cashless payment methods, with 93% likely to have made such a payment in the previous year.
  • As per the CEBR, India accounted for the highest volume of real-time payments among businesses globally, with over 40% of all such payments made throughout last year originating in the country. India made 48.6 billion real-time payments last year, which was around 2.6 times higher than China, which was in second place with 18.5 billion real-time transactions.
  • According to the CEBR, net benefits for businesses and consumers of real-time payments hit USD 15.397 billion in China, supported by real-time accounting for 5.7% of all transactions. Based on current real-time adoption levels in China, instant payments unlocked a total transaction value of USD 170.800 billion per day last year through a reduced float time. This working capital facilitated an estimated USD 12.411 billion in business output in the same year.
  • In Hong Kong, real-time payments share was recorded at 7.3% last year, which is estimated to triple (22.8% by 2026), as per CEBR. The strongly predicted real-time uptake will result in consumer and business benefits reaching USD .26 billion in 2026. The macroeconomic benefits of using real-time payments were an estimated USD .34 billion of economic output (0.09% of formal GDP) last year, equivalent to the output of 3,355 workers.

Real Time Payments Industry Overview

The competitive rivalry in the Real-Time Payments Market is moderately high, as the market comprises many large vendors that command a prominent market share besides having access to well-established distribution networks. With consumer preferences changing rapidly, the Real-Time Payments Market has become a lucrative option and, thus, has attracted huge investments. The service providers are engaging in partnerships to promote product innovation. Some of the prominent vendors in the market include ACI Worldwide Inc., Fiserv Inc., Paypal Holdings Inc., and Mastercard Inc.

In June 2022, ACI Worldwide announced its new mobile engagement platform ACI Smart Engage, enabling merchants worldwide to serve up their inventory of services and goods directly to consumers' smartphones using voice, location, and image recognition technology, taking shopping-on-the-go to a new level.

Furthermore, in April 2022, Fiserv launched Appmarket for financial institutions, where they can access a curated set of fintech solutions to help them operate more efficiently, reach new customers, and compete more effectively. AppMarket would empower Fiserv financial institution clients and address emerging gig economy banking and crypto finance opportunities, small and mid-size business (SMB) lending and other priorities.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Value Chain Analysis
  • 4.3 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Threat of New Entrants
    • 4.3.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.3.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.4 Threat of Substitutes
    • 4.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.4 Assessment of the Impact of COVID-19 on the Market

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Increased Smartphone Penetration
    • 5.1.2 Ease of Convenience
    • 5.1.3 Falling Reliance on Traditional Banking
  • 5.2 Market Challenges
    • 5.2.1 Payment Fraud
    • 5.2.2 Existing Dependence on Cash
  • 5.3 Market Opportunities
    • 5.3.1 Government Policies Encouraging the Usage of Digital Payment is Expected to Aid the Growth of Real-Time Payment Methods
  • 5.4 Key Regulations and Standards in the Digital Payments Industry
  • 5.5 Analysis of Major Case Studies and Use-cases
  • 5.6 Analysis of Real Payments Transactions as a Share of all Transactions with a Regional Breakdown of Key Countries by Transaction Volume
  • 5.7 Analysis of Real Payments Transactions as a Share of Non-Cash Transactions with a Regional Breakdown of Key Countries by Transaction Volume

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Type of Payment
    • 6.1.1 P2P
    • 6.1.2 P2B
  • 6.2 By Geography
    • 6.2.1 North America
      • 6.2.1.1 United States
      • 6.2.1.2 Canada
    • 6.2.2 Europe
      • 6.2.2.1 United Kingdom
      • 6.2.2.2 Germany
      • 6.2.2.3 Spain
      • 6.2.2.4 Sweden
      • 6.2.2.5 Finland
      • 6.2.2.6 Rest of Europe
    • 6.2.3 Asia-Pacific
      • 6.2.3.1 China
      • 6.2.3.2 India
      • 6.2.3.3 South Korea
      • 6.2.3.4 Thailand
      • 6.2.3.5 Japan
      • 6.2.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 6.2.4 Latin America
      • 6.2.4.1 Brazil
      • 6.2.4.2 Argentina
      • 6.2.4.3 Colombia
      • 6.2.4.4 Mexico
      • 6.2.4.5 Rest of Latin America
    • 6.2.5 Middle-East and Africa
      • 6.2.5.1 United Arab Emirates
      • 6.2.5.2 South Africa
      • 6.2.5.3 Nigeria
      • 6.2.5.4 Rest of Middle-East and Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 ACI Worldwide Inc.
    • 7.1.2 Fiserv Inc.
    • 7.1.3 Paypal Holdings Inc.
    • 7.1.4 Mastercard Inc.
    • 7.1.5 Montran Corporation
    • 7.1.6 Temenos AG
    • 7.1.7 Volante Technologies Inc.
    • 7.1.8 Wirecard AG
    • 7.1.9 FIS Global
    • 7.1.10 Visa Inc.
    • 7.1.11 Finastra

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 FUTURE OF THE MARKET