デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1441681

UCaaS(Unified Communication-as-a-Service):市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Unified Communication-as-a-Service (UCaaS) - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.74円
UCaaS(Unified Communication-as-a-Service):市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

UCaaS(Unified Communication-as-a-Service)の市場規模は、2024年に446億8,000万米ドルと推定され、2029年までに1,399億4,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024~2029年)中に25.65%のCAGRで成長します。

Unified Communication-as-a-Service(UCaaS)- 市場

在宅勤務(WFH)モデルの増加傾向により、企業が運用コストを再評価し、限界収益の減少を防ぐためにUCaaSソリューションを使用することが雇用主に求められています。ユーロスタットによると、2022年に欧州連合内で通常在宅勤務をする人の割合は12.4%でした。 CEE地域で在宅勤務をする就業者の割合が最も高かったのはエストニアで、次にラトビアが続きました。ルーマニアでは、在宅勤務をした従業員はわずか1.4%でした。

主なハイライト

  • UCaaS(Unified Communication-as-a-Service)は、さまざまな通信およびコラボレーションアプリケーションを1つのプラットフォームに統合するクラウドベースのサービスです。 UCaaSにより、企業はコミュニケーションチャネルを合理化し、コストを削減し、生産性を向上させることができます。
  • UCaaSは、音声およびビデオ会議、メッセージング、電子メール、コラボレーションソフトウェアなど、複数のコミュニケーションツールを提供します。このプラットフォームを使用すると、ユーザーはインターネット接続を使用して、どこからでも、どのデバイスからでもこれらのツールにアクセスできます。高価なハードウェア、ソフトウェア、メンテナンスのコストが不要になるため、あらゆる規模の企業にとって魅力的な選択肢となります。たとえば、2023年 5月、インド政府はWeb会議会社Zoom Video Communicationsに、インド全土、国内長距離(NLD)、および国際長距離(ILD)をカバーするアクセスを含む統一ライセンスを付与しました。これにより、クラウドベースの構内交換機(PBX)サービスであるZoom Phoneを国内の企業に提供できるようになります。
  • さらに、UCaaSを使用すると、企業はいつでもどこでもクラウド経由で従業員間の統一されたコラボレーションを管理できます。たとえば、TTata Communicationsは最近、企業向けにエンドツーエンドのマネージドユニファイドコミュニケーションアズアサービス(UCaaS)であるTata Communications GlobalRapideを開始し、デジタルで高度なインテリジェントなコラボレーションツールを従業員に提供できるようにしました。この独自のサービスにより、タタコミュニケーションズは、すべての国際企業のデジタルファースト、クラウドファーストのユニファイドコミュニケーション要件にワンストップで対応できるようになります。同様のソリューションプロバイダーの革新と取り組みは、パンデミック中の市場の成長を助けると期待されています。
  • さらに、ビデオ会議や音声会議には高速かつ低遅延の接続が必要であり、5Gネットワークによって簡単に提供できるため、5Gテクノロジーと高速インターネットのイントロダクションが予測期間中に市場を押し上げると予想されます。 5G Americasによると、2023年の時点で、世界中で第5世代(5G)の契約数は推定19億件です。この数字は、2024年までに28億人、2027年までに59億人に増加すると予測されています。
  • さらに、BYOD動向やその他のモビリティソリューションの導入が急速に増加しているため、UCaaSソリューションの導入がさらに進むと予想されます。 Bring Your Own Device(BYOD)は、さまざまな組織で世界中で働く従業員にとって柔軟性とネットワークへのアクセスが容易なこの新しい時代の重要な動向として浮上し、職場の生産性を高めています。たとえば、Ciscoによると、BYODポリシーを導入している企業では、従業員1人あたり平均で年間350米ドルを節約できます。
  • スマートモバイルガジェットの実装の増加と関連付けツールの改善により、リモートワークと従業員の分散戦略が強化されています。同様に、施設はビジネス施設全体で「デバイスの持ち込み」(BYOD)ルールを採用しています。このアプローチは、組織が効率を高め、内部のやり取りを改善し、異なる価格を根絶するのに役立つ可能性があります。これにより、最終的には予測期間中のサービスとしてのユニファイドコミュニケーション市場の成長が促進されると予想されます。
  • さらに、ユニファイドコミュニケーションの需要は過去10年間で増大しました。パンデミック発生後、異例の上昇を見せた。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の出現により、企業が生き残り、成長し、市場でのリーダーシップを確保するために、デジタル変革が緊急の要件となりました。いつでも、どこでも、データやアプリケーションに統合され、スムーズかつ安全にアクセスする必要性が飛躍的に高まりました。

UCaaS(Unified Communication-as-a-Service)市場動向

ヘルスケア分野は高い市場成長が見込まれる

  • ヘルスケアにおけるUCaaSは、さまざまな通信およびコラボレーションのサービスとアプリケーションがサードパーティのプロバイダーにアウトソーシングされ、ヘルスケア分野全体のネットワーク上で提供される配信モデルであることが証明されています。 UCaaSテクノロジーには、プレゼンステクノロジー、ビデオ会議、エンタープライズメッセージング、テレフォニーが含まれます。
  • 費用対効果の高いクラウドベースのソリューションの出現により、IT予算が最小限に抑えられているヘルスケア提供者からの導入が増加しています。サブスクリプションベースのユナイテッドコミュニケーションサービスを導入することで、ヘルスケアコンタクトセンターはPBXシステムを確立し、さまざまなサイトからの複数の顧客リクエストにシームレスに対応できるようになりました。
  • クラウドベースのUCaaS(Unified Communication-as-a-Service)は、ビジネス割り当てを強化するためのデジタル変革です。ヘルスケアにおけるUCaaSは、さまざまなパートナーシップ、通信アプリケーション、および管理が外部のサプライヤーに移され、ネットワークを介してヘルスケア分野全体に伝達される伝達モデルです。
  • ヘルスケア分野への投資の増加により、調査対象市場の需要がさらに促進される可能性があります。たとえば、StartUp Healthによると、2022年にはデジタルヘルス投資の最大手10件のうち8件が米国で行われました。今年、米国企業Ultima Genomicsに6億米ドルが投資され、最も重要な取引となりました。米国外の企業が関与した最大の投資は、Doctolibに関するもので、5億4,900万米ドルの契約を受け取りました。
  • 従来はクライアントサーバーアーキテクチャで実行されていたEHRシステムやその他のエンタープライズアプリケーションの移行など、この分野でのクラウド導入により、UC企業がサブスクリプションベースでクラウド上でサービスを提供する余地も提供されます。この地域のほとんどのクラウド通信プロバイダーは、各顧客にハイエンドのクラウドベースのセキュリティを提供しており、障壁を排除し、ヘルスケア分野をUCaaSにとって対応可能な市場にしています。たとえば、著名なUCaaSベンダー8x8は、ヘルスケア機関がサードパーティ検証済みのHIPAA、PCI-DSS 3.1、FISMA/FIPS 140-2、セーフハーバー規制への準拠を可能にするUCソリューションを提供しています。
  • 医療保険の相互運用性と責任に関する法律の規制により、通信プラットフォームの設計と保護が複雑になっています。大手クラウド通信プロバイダーは、各クライアントにハイエンドのクラウドベースのセキュリティを提供して、患者情報を確保し、ITが厳しいコンプライアンス要件を満たすのを支援します。 UCaaSは組織のモビリティと連携しており、介護者を瞬時に見つけて接続するためのリアルタイム通信、より高速な即時接続、場所に関係なく魅力的なコールルーティングなどのいくつかの利点を提供し、ヘルスケア組織がルールを確立し、ER室全体で手術までの気を散らすことを軽減できるようにします。
  • 人工知能の導入の増加は、組織がデジタル変革の目標を達成するのに大いに役立ちました。 AIを活用したツールにより、組織は通話を直感的に録音し、簡単に文字起こしを容易にし、話者をインテリジェントに追跡してユーザーのニーズを理解し、関連するサービスを提供できるようになりました。

北米はかなりの市場シェアを保持すると予想される

  • この地域は、主に最近のモビリティの急増とITのコンシューマライゼーションによる5G接続の爆発的な増加により、調査対象の市場の成長に大きく貢献しています。これにより、企業はIPテレフォニーとUCaaSを導入し、遠隔地にいる従業員が社内でのシミュレーションを可能にします。事務職の経験。
  • 米国では、小売、銀行、金融、ヘルスケア、情報技術、電気通信などのエンドユーザー業界は、どこにいても通信、音声、ビデオ、チャットのすべてについて、より直接的でシームレスなエクスペリエンスを求めています。このニーズを満たすために、企業は、UCC要件の処理に信頼できる単一ベンダーによる統合された導入および管理ソリューションを求めています。 5Gの出現により、リモート接続ツールを単一のUCaaSプラットフォームに統合できるようになります。
  • 米国は5G市場における主要なイノベーターおよび投資家の1つであり、5G導入への投資が増加しています。この国の通信部門は、世界の5Gテクノロジー消費のかなりの部分を占めています。 Verizon、AT&T、T-Mobileなどの通信事業者も、国内に5Gネットワークインフラを構築するために、Huawei、Samsung、Ericsson、Nokia、ZTEなどのネットワーク機器ベンダーと数十億米ドル規模の契約を結んでいます。たとえば、エリクソンによれば、米国では、2026年までに1億9,500万以上の5G加入者が存在すると予想されており、2029年までに5Gは米国のモバイル市場全体の約71.5%を占める可能性があります。
  • CTIAによると、この急速な成長は米国に5G経済のプラットフォームを創出し、2,750億米ドルの投資を推進し、300万人の雇用を創出し、5,000億米ドルの経済成長に大きく貢献するとしています。
  • Verizonは、ラスベガス、デトロイト、アトランタ、サンフランシスコの新規消費者向けに、10年間の価格固定、データ制限なし、100~400 Mbpsの範囲のレートを提供します。同社の主な目標は、5G企業インターネットのプレゼンスを全国に拡大し、ビデオコラボレーション機能やエッジコンピューティングを含む一連のサービス全体を国内に提供することです。
  • さらに、2022年 10月、UCaaSの重要なプロバイダーであるRingLogixは、MSPによるUCaaSのブランド化と再販を可能にする最も急速に成長するソフトウェア企業の1つとしての地位を向上させるために、MK Capitalから300万米ドルの一連の投資を確保しました。この収益により、製品イノベーションの加速、新しい統合とソリューションの展開、パートナーのビジネスの拡大、収益の増加が期待されていました。
  • さらに、クラウドベースの通信サービスの需要の高まりに伴い、国内のさまざまな企業が提携や提携を通じて市場に参入しています。たとえば、通信および高度なITネットワーキングソリューションの重要なプロバイダーおよびインテグレーターであるNEC Corporation of America(NEC)は、最近、サービスとしてのコンタクトセンター(CCaaS)の大手プロバイダーであるインターメディアクラウドコミュニケーションズとの独占的な国際パートナーシップの最初の期間を発表しました。およびUCaaS(Unified Communication-as-a-Service)アプリケーションを企業とそのパートナーに提供する期間が5年から10年に延長されました。

UCaaS(Unified Communication-as-a-Service)業界の概要

8x8 Inc.、Mitel Networks、Verizonなどの大手プレーヤーが多数存在するため、市場プレーヤー間の競争企業間の敵対関係は激しく、サービスとしてのユニファイドコミュニケーション(UCaaS)市場は適度に細分化されています。これらの企業は、研究開発活動に多額の投資を行うことでイノベーションを起こす能力により、競争上の優位性を得ることができます。戦略的パートナーシップ、合併、買収により、これらの企業はかなりの市場シェアを占めることができました。

2022年 7月、SymbioとCiscoは協力して、CiscoのCloud Connect for Webex Calling向けのユニファイドコミュニケーション製品を提供しました。シンガポールのシスコ代理店とその消費者に提供される製品は、同国の電気通信部門のものです。 Webex Callingにシンプルで低コストのクラウド通信オプションを提供しました。

2022年 2月、Work Anywhereソリューションの大手国際サービスプロバイダーの1つであるEvolve IPは、クラウドベースのコラボレーションソリューションの著名なサプライヤーであるWebexとの提携を発表し、Evolve IPの新しいユニファイドコミュニケーションソリューションであるEvolve Anywhere with Webexを構築しました。シスコを活用したUCaaSソリューションは、エンタープライズグレードの通話機能とEvolve IP Global Voiceの最先端の機能を、Webexの強力なメッセージング機能と会議機能とすべて単一のアプリ内で組み合わせました。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界関係者の分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ
  • COVID-19の市場への影響
  • 市場促進要因
    • 従量課金制モデルの出現により従来のUCソリューションよりも需要が高まる
    • 新しい形態の企業コラボレーションの出現につながる従業員のダイナミクスの変化
  • 市場の課題
    • 最新のユニファイドコミュニケーションへの移行準備が低い
  • UC業界の主要なビジネスモデル

第5章 テクノロジーの概要

第6章 市場セグメンテーション

  • 企業規模別
    • 中小企業
    • 大企業
  • エンドユーザー業界別
    • BFSI
    • 小売り
    • ヘルスケア
    • 政府および公共部門
    • ITとテレコム
    • その他のエンドユーザー業界
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • ラテンアメリカ
    • 中東とアフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • 8X8 Inc.
    • Cisco Systems Inc.
    • Mitel Networks Corporation
    • Gamma Communication PLC
    • NTT Communication Corporation
    • Vodafone Group PLC
    • Telia Company AB
    • KPN NV
    • BT Group PLC
    • Verizon Communications Inc.
    • Nextiva
    • Soluno(Destiny NV)
    • VADS Berhad
    • Singapore Telecommunications Limited
    • PLDT Enterprise
    • Telstra Corporation Limited
    • PCCW Global
    • Maxis Communications

第8章 主な推奨事項

  • 主要な戦略的推奨事項
  • 地域の需要と位置付けに関するアナリストの見解
  • 最も採用されている戦略の分析

第9章 市場の将来

目次
Product Code: 47539

The Unified Communication-as-a-Service Market size is estimated at USD 44.68 billion in 2024, and is expected to reach USD 139.94 billion by 2029, growing at a CAGR of 25.65% during the forecast period (2024-2029).

Unified Communication-as-a-Service (UCaaS) - Market

The increasing trend of work from home (WFH) model is compelling employers to use UCaaS solutions as it's beneficial for companies to reevaluate their operational costs and save their marginal revenue from declining. According to Eurostat, in 2022, the percentage of people who usually worked from home in the European Union accounted for 12.4%. Estonia recorded the highest rate of employed persons working from home in the CEE region, followed by Latvia. In Romania, only 1.4% of employees worked from home.

Key Highlights

  • Unified Communications as a Service is a cloud-based service that integrates various communication and collaboration applications into a single platform. UCaaS enables businesses to streamline communication channels, reduce costs, and enhance productivity.
  • UCaaS offers multiple communication tools, including voice and video conferencing, messaging, email, and collaboration software. The platform allows users to access these tools from anywhere, on any device, using an internet connection. It eliminates the need for expensive hardware, software, and maintenance costs, making it an attractive option for businesses of all sizes. For instance, in May 2023, the Indian government granted Zoom Video Communications, a web conferencing company, a Unified License with access covering all of India, National Long Distance (NLD), and International Long Distance (ILD). This will allow it to offer Zoom Phone, a cloud-based private branch exchange (PBX) service, to enterprises in the country.
  • Furthermore, UCaaS enables enterprises to manage unified collaboration among employees anywhere, anytime, over the cloud. For instance, TTata Communications recently launched an end-to-end managed unified communications-as-a-service (UCaaS), Tata Communications GlobalRapide, for businesses to enable them to deliver digitally advanced and intelligent collaboration tools to their employees. With this unique service, Tata Communications becomes a one-stop-shop to address all international businesses' digital-first, cloud-first unified communications requirements. Similar solutions provider innovations and initiatives are expected to aid the market's growth during the pandemic.
  • In addition, the introduction of 5G technology and high-speed internet is anticipated to boost the market in the forecasted period, as video and audio conferencing needs high-speed and low latency in the connection, which is easily provided by the 5G network. According to 5G Americas, as of 2023, there are an estimated 1.9 billion fifth-generation (5G) subscriptions worldwide. This figure is forecast to increase to 2.8 billion by 2024 and 5.9 billion by 2027.
  • Further, the rapidly increasing adoption of the BYOD trend and other mobility solutions is expected to drive the adoption of UCaaS solutions even further. Bring Your Own Device (BYOD) has emerged as a significant trend in this new era of flexibility and network accessibility for employees working around the globe for various organizations, making the workplace more productive. For instance, according to Cisco, enterprises with a BYOD policy save, on average, USD 350 per year per employee.
  • The rising implementation of smart mobile gadgets and association tool improvements empower remote work and dispersed workforce tactics. Similarly, establishments employ a 'bring your device' (BYOD) rule across their business facilities. This approach will likely help organizations upsurge efficiency, refine internal interaction, and eradicate different prices. This is anticipated to eventually bolster the unified communication as a service market growth during the forecast period.
  • Moreover, the demand for Unified Communications has grown over the last decade. It witnessed an exceptional rise after the pandemic outbreak. With the emergence of COVID-19, digital transformation became an urgent requirement for businesses to ensure their survival, growth, and market leadership. The need for unified, frictionless, and secure access to data and applications anytime, anywhere exponentially increased.

Unified Communication as a Service (UCaaS) Market Trends

Healthcare Segment Expected to Register High Market Growth

  • UCaaS in healthcare has proven to be a delivery model wherein various communication and collaboration services and applications are outsourced to a third-party provider and provided over a network across the healthcare sector. UCaaS technologies include presence technology, video conferencing, enterprise messaging, and telephony.
  • The advent of cost-effective cloud-based solutions has seen increased adoption from healthcare providers, which often have minimum IT budgets. With the subscription-based United Communication services in place, healthcare contact centers are establishing their PBX systems and seamlessly addressing multiple customer requests from various sites.
  • Cloud-based Unified Communication as a Service (UCaaS) is a digital change for fortifying business assignments. UCaaS in healthcare is a conveyance model wherein a diversity of partnerships, communication applications, and administrations are moved to an outsider supplier and conveyed over a network across the healthcare sector.
  • Increasing investment in the healthcare sector may further propel the demand in the studied market. For instance, According to StartUp Health, in 2022, eight of the largest ten digital health investment deals were done in the United States. This year, USD 600 million were invested into the U.S. company Ultima Genomics making it the most significant deal. The largest investment involving a company from outside the U.S. concerned Doctolib, which received a contract of USD 549 million.
  • Cloud adoption in the sector, including moving EHR systems and other enterprise applications, which traditionally ran on client-server architectures, also provides scope for UC companies to offer their services over the cloud on a subscription basis. Most cloud communication providers across the region offer highend cloud-based security for each customer, eliminating the barriers and making the healthcare sector an addressable market for UCaaS. For instance, 8x8, a prominent UCaaS vendor, offers UC solutions that enable healthcare organizations to meet third-party-verified compliance with HIPAA, PCI-DSS 3.1, FISMA/FIPS 140-2, and Safe Harbor regulations.
  • Health Insurance Portability and Accountability Act regulations complicate designing and securing a communications platform. Major cloud communication providers supply highend cloud-based security for each client to ensure patient information and help IT meet stringent compliance requirements. UCaaS is coupled with organizational mobility and provides several advantages, like real-time communications to instantly locate and connect caregivers, faster connections instantly, and compelling call routing, regardless of location, enabling healthcare organizations to establish rules and reduce distractions across ER rooms to surgeries.
  • The increasing deployment of artificial intelligence has greatly aided organizations in catering to the digital transformation goal. AI-powered tools have allowed organizations to intuitively record calls, facilitate effortless transcriptions, and intelligently track speakers to understand users' needs and offer relevant services.

North America Expected to Hold a Significant Market Share

  • The region is significantly contributing to the studied market growth, primarily due to the recent surge in mobility and the explosion of 5G connections due to the consumerization of I.T., which has aided enterprises in adopting I.P. telephony and UCaaS to allow remote employees to simulate in-office work experiences.
  • In the U.S., end-user verticals, such as retail, banking and finance, healthcare, information technology, and telecommunications, seek a more direct and seamless experience for all of their communications, audio, video, and chat, no matter where they are. To fulfill this need, enterprises are looking for a unified deployment and management solution from a single vendor they can rely on to handle their UCC requirements. They'll be able to integrate remote connectivity tools on a single UCaaS platform with the advent of 5G.
  • The U.S. is among the foremost innovators and investors in the 5G market, with investments increasing for 5G deployment. The telecom sector in the country accounts for a significant portion of the global consumption of 5G technology. Telecom operators, such as Verizon, AT&T, and T-Mobile, have also signed billion-dollar deals with network equipment vendors, such as Huawei, Samsung, Ericsson, Nokia, and ZTE, to build their 5G network infrastructure in the country. For instance, According to Ericsson, in the U.S., it is expected that there will be more than 195 million 5G subscriptions by 2026, and by 2029, 5G will likely account for about 71.5% of the entire U.S. mobile market.
  • This rapid growth will also create a platform for a 5G economy in the U.S., driving USD 275 billion in investment, creating 3 million jobs, and significant to USD 500 billion in economic growth, according to the CTIA.
  • For new consumers in Las Vegas, Detroit, Atlanta, and San Francisco, Verizon provides a 10-year price lock, no data limitations, and rates ranging from 100 to 400 Mbps. The company's primary goal is to expand its 5G corporate internet presence nationwide, bringing its entire array of services, including video collaboration capabilities and edge computing, to the country.
  • Further, in October 2022, RingLogix, a significant provider of UCaaS, secured a USD 3 million series of investments from M.K. Capital to improve its position as one of the swiftest-growing software firms allowing MSPs to brand and resell UCaaS. The proceeds were expected to speed up product innovation, deploy new integrations and solutions, expand partners' businesses, and increase their earnings.
  • Moreover, with the growing demand for cloud-based communication services, various enterprises in the country are entering the market via partnerships and alliances. For example, NEC Corporation of America (NEC), a significant provider and integrator of communications and advanced I.T. Networking Solutions, recently announced the initial term of its exclusive international partnership with Intermedia Cloud Communications, a leading provider of Contact Center as a Service (CCaaS) and Unified Communications as a Service (UCaaS) applications to businesses and their partners, has been extended from five to ten years.

Unified Communication as a Service (UCaaS) Industry Overview

The competitive rivalry between market players is high owing to some major players like 8x8 Inc., Mitel Networks, Verizon, and many others, and the Unified Communication-as-a-Service (UCaaS) Market is moderately fragmented. These companies can gain a competitive advantage due to their ability to bring about innovations by investing heavily in research and development activities. Strategic partnerships, mergers, and acquisitions have allowed these companies to occupy a substantial market share.

In July 2022, Symbio and Cisco collaborated to provide a unified communications product for Cisco's Cloud Connect for Webex Calling. The product offered to Cisco distributors and their consumers in Singapore is in the country's telecoms sector. It delivered a simple, low-cost cloud communication option for Webex Calling.

In February 2022, Evolve IP, one of the leading international service providers of Work Anywhere solutions, announced a partnership with Webex, a prominent supplier of cloud-based collaboration solutions, to create Evolve Anywhere with Webex, Evolve IP's new unified communications solution. The Cisco-powered UCaaS solution combined enterprise-grade calling and cutting-edge features from Evolve IP Global Voice with Webex's powerful messaging and meetings capabilities, all within a single app.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Stakeholder Analysis
  • 4.3 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Bargaining Power of Buyers
    • 4.3.2 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.3 Threat of New Entrants
    • 4.3.4 Threat of Substitutes
    • 4.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.4 Impact of COVID-19 on the Market
  • 4.5 Market Drivers
    • 4.5.1 Emergence of Pay-as-you-go Model Driving Demand over Legacy UC Solutions
    • 4.5.2 Changing Workforce Dynamics Leading to the Emergence of New Forms of Enterprise Collaboration
  • 4.6 Market Challenges
    • 4.6.1 Low Readiness to Move to Modern Unified Communications
  • 4.7 Key Business Models in the UC Industry

5 TECHNOLOGY OVERVIEW

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Size of Enterprise
    • 6.1.1 Small and Medium Enterprises
    • 6.1.2 Large Enterprises
  • 6.2 By End-user Vertical
    • 6.2.1 BFSI
    • 6.2.2 Retail
    • 6.2.3 Healthcare
    • 6.2.4 Government and Public Sector
    • 6.2.5 IT and Telecom
    • 6.2.6 Other End-user Verticals
  • 6.3 By Geography
    • 6.3.1 North America
    • 6.3.2 Europe
    • 6.3.3 Asia-Pacific
    • 6.3.4 Latin America
    • 6.3.5 Middle East and Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 8X8 Inc.
    • 7.1.2 Cisco Systems Inc.
    • 7.1.3 Mitel Networks Corporation
    • 7.1.4 Gamma Communication PLC
    • 7.1.5 NTT Communication Corporation
    • 7.1.6 Vodafone Group PLC
    • 7.1.7 Telia Company AB
    • 7.1.8 KPN NV
    • 7.1.9 BT Group PLC
    • 7.1.10 Verizon Communications Inc.
    • 7.1.11 Nextiva
    • 7.1.12 Soluno (Destiny NV)
    • 7.1.13 VADS Berhad
    • 7.1.14 Singapore Telecommunications Limited
    • 7.1.15 PLDT Enterprise
    • 7.1.16 Telstra Corporation Limited
    • 7.1.17 PCCW Global
    • 7.1.18 Maxis Communications

8 KEY RECOMMENDATIONS

  • 8.1 Key Strategic Recommendations
  • 8.2 Analyst's View on Regional Demand and Positioning
  • 8.3 Analysis of Most Adopted Strategies

9 FUTURE OF THE MARKET