デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1440135

CPaaS(Communication Platform-as-a-Service):市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Communication Platform-as-a-Service (CPaaS) - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.88円
CPaaS(Communication Platform-as-a-Service):市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

CPaaS(Communication Platform-as-a-Service)の市場規模は、2024年に163億4,000万米ドルと推定され、2029年までに615億9,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に30.40%のCAGRで成長します。

CPaaS(Communication Platform-as-a-Service)(CPaaS)- 市場

ヘルスケア、小売、製造など、数多くのエンドユーザー業界にわたって効率的な通信を可能にする、保守が容易なネットワークシステムのニーズが高まっています。さらに、IT予算が最小限であると特徴づけられることが多いヘルスケア提供者は、費用対効果の高いクラウドベースのソリューションの採用を拡大しました。現在、ヘルスケアコンタクトセンターはPBX(構内交換機)システムをセットアップし、サブスクリプションベースのUnited Communication Servicesのおかげで、さまざまなサイトからの複数の消費者のリクエストを問題なく処理しています。

主なハイライト

  • CPaaSソリューションの導入は、BYOD動向やその他のモビリティソリューションの急速な普及によってさらに加速すると予想されます。世界中のさまざまな企業で従業員が柔軟性とネットワークにアクセスできるこの新しい時代では、私物デバイスの持ち込み(BYOD)が重要な動向として発展し、オフィスの生産性が向上しました。 Ciscoによると、BYOD戦略を採用している企業は、従業員1人あたり平均して年間350米ドルを節約しています。さらに、事後対応型の取り組みやプログラムにより、これらの節約額を従業員あたり年間1,300米ドルまで増やすことができます。中小企業(SMB)にとってこれらのコスト削減は急速に増加し、スタッフの生産性を向上させながら収益をより適切に保護するのに役立ちます。
  • CPaaSのニーズの高まりを利用して、市場ベンダーも市場に関連する新しいソリューションやサービスを立ち上げています。たとえば、Syniverseは、企業の顧客エクスペリエンスを強化し、デジタル変革を促進するために、クラウドネイティブのハイパースケールデジタルエンゲージメントプラットフォームを2022年 2月に導入しました。さらに、教育指導と金融投資を手掛ける企業Regumは、企業の応答性とスピードを向上させました。 AvayaのIXクラウドベースのユニファイドコミュニケーションおよびコラボレーションソリューションを実装することにより、顧客サービスを強化します。このプラットフォームは、企業が支店の場所に関係なく、支店間の即時かつシームレスなコミュニケーションを確立するのに役立ち、追加費用なしで世界中の消費者にサービスを提供します。
  • 企業は現在、ターゲット市場での競争力を獲得するために戦略的な合併・買収に取り組んでいます。インドのCPaaSプロバイダーの1つであるValue Firstは、2021年 3月にTwilioに買収されました。この買収により、CPaaSプラットフォームとクラウド通信が統合されます。 Twilioの決定は、この国のメッセージング、会話型AI、マーテックの急速な進歩と一致しています。
  • さらに、2022年 2月、サービスとしてのAPI/通信プラットフォーム(CPaaS)業界のクラウド通信ソフトウェアプロバイダーであるKaleyra Inc.が、テクノロジーとサービスの大手国際プロバイダーであるBosch Groupによって、信頼できるベンダーとして選ばれました。インドにおけるボッシュモビリティソリューションズのクラウド通信を強化します。
  • Forbes Global 2000に掲載された企業は、COVID-19感染症のパンデミックに対応してデジタルへの移行を加速する必要に迫られています。たとえば、Syniverseは2022年 3月に、フォーブス世界2000企業に会話型人工知能(AI)と専門家サービスを提供することで同社のサービスとしてのコミュニケーションプラットフォーム(CPaaS)戦略をサポートするために、Kore.aiと世界パートナーシップを締結したと発表しました。 SyniverseはCPaaSポートフォリオを強化し、SyniverseとKore.aiがスタッフを配置するプロフェッショナルサービスチームを通じて、インターネットボットの設計と構築、オムニチャネルの選択、キャンペーン管理とメッセージ配信、分析などのエンドツーエンドの機能を企業に提供します。基礎的なサービスとしての通信プラットフォームソリューションを含むクラウドベースのソフトウェアを市場が獲得する準備が整ったことで、パンデミック後の全体的な収益の増加がもたらされました。

CPaaS市場動向

市場の成長を牽引する小売およびeコマース業界

  • 小売業は、主に消費者の購買嗜好の急速な変化により、これまでの単一ポイントのインタラクションから、Webやソーシャルメディアを介したオムニチャネルインタラクションに移行するなど、大きな変化を経験しています。消費者の需要の高まりにより、より良いショッピングとサービスのエクスペリエンスがすべてのチャネルで確立されています。したがって、主に顧客サービスと小売ビジネスプロセスを自動化する高度な通信ソリューションによって対応されています。
  • Accentureの調査によると、顧客の73%以上が、顧客サービスが現在よりもはるかにシンプル、迅速、便利になることを期待していたと述べています。また、幅広い重要な小売業は、オムニチャネルを競争力を獲得する絶好のチャンスとみなしています。ほとんどの大企業が複数のチャネル(オンラインとモバイル)で事業を展開しているため、顧客サービスは、あるサプライヤーや店舗を別のサプライヤーや店舗から選択する際の最も重要な基準として浮上しています。
  • CPaaSは、企業がリアルタイムのビデオ、オーディオ、テキスト通信を同期できるようにするクラウドベースのフレームワークです。開発者向けのAPIを利用することで、小売業者はこれらの重要な機能を自社のソーシャルチャネル、モバイルアプリ、およびWebサイトに統合できます。さらに、Voxvalley Technologies Pvt Ltdなどの主要市場プレーヤーは、Vox CPaaSを提供しています。Vox CPaaSでは、個人が会話型コマース、配送追跡、配送アラート、放棄されたカート SMSリマインダー、およびプロモーションメッセージでギャップを埋めることで顧客サービスを強化できます。これらはすべてモバイルまたはWebアプリケーション内で簡単に実現できるため、顧客はコミュニケーションが容易になります。
  • さらに、いくつかの有名な組織はすでにCPaaSを利用して、新しい通信機能でクライアントジャーニーを強化しています。世界最大の旅行eコマース会社の1つであるBooking.comは、CPaaSを使用して、モバイルアプリの予約およびカスタマーケアのプロセスに音声通信を統合しています。 Booking.comには70か国に198のオフィスがあります。
  • さらに、いくつかの小売業者はCPaaSをCRM(顧客関係管理)インターフェイスと統合し、顧客エンゲージメントプロセス全体を改善しています。これは、消費者の質問を解読し、説明のために適切な領域に誘導するのに役立ちます。さらに、いくつかの企業は、主にビデオ通話を通じてクライアントに製品の機能をデモンストレーションするために、高HD品質のビデオとシームレスな接続を提供するためにCPaaSビデオソリューションを採用しています。また、消費者のほとんどがオンラインで買い物をすることを選択したため、より多くの消費者を引き留めるために、クロマ(インフィニティ・リテール・リミテッド)のような企業は、パンデミック中にバンガロールにオンラインデモのための最初のパイロットストアをオープンしました。

北米が最大のシェアを占める

  • 最近のモビリティの増加とスマートモバイルデバイスの普及の大幅な増加により、北米がCPaaS市場を独占すると予想されています。さらに、ユーザーフレンドリーで費用対効果の高いブラウザベースの通信ソリューションに対する需要の高まりに伴い、著名な市場プレーヤーがこの地域で統合および統一されたCPaaSソリューションを立ち上げることを計画しており、これにより市場の拡大が促進されると予想されています。
  • さらに、この地域のCPaaS市場は、通信業界におけるIoTの展開の拡大から恩恵を受けることが予想されます。アメリカの通信プロバイダーは、IoTベースのテクノロジーの機能を利用してプロセスを迅速化し、効率を高めています。米国では、 2020年に月間5,155万エクサバイトのインターネットトラフィックが発生しました。Telecom Advisory Servicesの予測によると、この数字は2023年には月間9,864万エクサバイトに増加すると予測されています。
  • さらに、5G導入に対する高い投資率により、米国は5G市場におけるトップの投資家およびイノベーターの1つです。この国の通信産業は、世界の5Gテクノロジー消費のかなりの部分を推進しています。米国はまた、投資、導入、アプリケーションの面で地域の5G市場の大部分を支配しています。さらに、米国で5Gネットワークインフラストラクチャを開発するために、Verizon、AT&T、T-Mobileなどの通信プロバイダーは、Samsung、Ericsson、Nokia、Huawei、ZTEなどのネットワーク機器メーカーと数十億米ドル規模の契約を締結しています。
  • 2021年11月、エリクソンはオープンイノベーションのための世界ネットワークとコミュニケーションプラットフォームの構築に注力するため、62億米ドルでVonageを買収すると発表しました。この買収により、エリクソンはワイヤレス企業の顧客を世界的に拡大するという定められた目標をよりよく達成できるようになります。UCaaSとCCaaSは、どちらもVonage Communicationsプラットフォームによって提供されます。
  • さらに、この分野での協力レベルの向上により、市場の拡大が加速すると予想されます。たとえば、2022年 3月、通信事業者やデジタルプレーヤー向けの通信ソリューションを提供する米国の有名プロバイダーであるiBASISは、Mavenirと協力して、CPaaS(Communication Platform-as-a-Service)オファリングの開始を宣言しました。あらゆるクラウド上で動作し、通信を変革するクラウドネイティブソフトウェアでネットワークの未来を形作るネットワークソフトウェアプロバイダー。この独自のCPaaSアプローチにより、アプリケーションプログラミングインターフェイスを通じて、次世代機能を現在のプロセスおよびソフトウェアアプリケーションにスムーズに統合できます。

CPaaS業界の概要

CPaaS(Communication Platform-as-a-Service)市場は、国内市場だけでなく国際市場でもビジネスを展開する大小さまざまなベンダーが市場に存在するため、非常に競争が激しいです。市場は細分化されているようで、主要ベンダーは全体的な製品機能を拡大し、競争力を維持するために合併や買収、製品革新などの主要な戦略を採用しています。

  • 2022年 2月、欧州と南アフリカの企業およびアグリゲーターにクラウド通信サービスを提供するプロバイダーであるMR Messaging FZCは、Route Mobileの完全子会社であるRoutesms Solutions FZEに買収される最終契約を締結しました。この買収によりルートモバイルのCPaaSにおける世界のプレゼンスが拡大し、同社の世界展開戦略と一致します。
  • 2022年 1月、カスタマーエクスペリエンスオーケストレーションにおける世界のクラウドサービスプロバイダーであるGenesysと、世界の大手企業クラウドコミュニケーション会社であるBandwidth Inc.は、エンタープライズコンタクトセンターの将来における大幅な進歩を明らかにしました。 Genesys Cloud CXプラットフォームに組み込まれたことで、BandwidthはDuetSMソリューションの範囲を拡大し、企業が複雑なテレフォニーを通信システムから分離してコンタクトセンター分野に導入できるようにします。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界エコシステム分析
    • 純粋なCPaaS
    • エンタープライズグレードのCPaaS
    • 通信事業者主導のCPaaS
    • サービスプロバイダーベースのCPaaS(イネーブルメントパートナー)
    • ハイブリッド CPaaS製品
  • COVID-19感染症による市場への影響の評価
  • 価格戦略とビジネスモデル分析
  • UCaaSや従来の導入などの隣接市場の比較分析

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • 隣接モデルや従来モデルからの企業のシフトが進む
    • オムニチャネルマーケティングの需要の高まり
  • 市場の課題
    • ヘルスケアなどのエンドユーザー分野全体で個人データ規制が拡大
  • 市場機会(コンテキストベースのトランザクション、導入をさらに促進するための軽量導入などの技術革新)

第6章 CPaaS業界の主な動向

  • サーバーレス展開
  • 機械学習と人工知能の到来
  • ボットを介したオムニチャネルコミュニケーション
  • セキュリティとプライバシーのパラダイム

第7章 市場セグメンテーション

  • エンドユーザー業界
    • ITとテレコム
    • BFSI
    • 小売とeコマース
    • ヘルスケア
    • その他のエンドユーザー業界
  • 地域
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋地域
    • 世界のその他の地域

第8章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Twilio Inc.
    • Vonage Holdings Corp
    • MessageBird BV
    • Plivo Inc.
    • Snich AB
    • Voximplant(Zingaya Inc.)
    • 8x8 Inc.
    • Voxvalley Technologies
    • Bandwidth Inc.(Bandwidth.com)
    • IntelePeer Cloud Communications
    • Wazo Communication Inc.
    • Avaya Inc.
    • AT&T Inc.
    • Mitel Networks Corporation
    • Telestax
    • Voxbone SA
    • Iotum Inc.
    • M800 Limited
    • Infobip Ltd
    • EnableX.io(VCLOUDX PTE. LTD)

第9章 投資分析

第10章 市場の将来

目次
Product Code: 70225

The Communication Platform-as-a-Service Market size is estimated at USD 16.34 billion in 2024, and is expected to reach USD 61.59 billion by 2029, growing at a CAGR of 30.40% during the forecast period (2024-2029).

Communication Platform-as-a-Service (CPaaS) - Market

There is a rising need for easily maintained network systems allowing efficient communications across numerous end-user industries, including healthcare, retail, and manufacturing. In addition, healthcare providers, frequently characterized as having minimal IT budgets, expanded their adoption of cost-effective cloud-based solutions. Nowadays, healthcare contact centers set up their PBX (Private Branch Exchange) systems and handle several consumer requests from different sites without any problems due to the subscription-based United Communication Services.

Key Highlights

  • The adoption of CPaaS solutions is anticipated to be further accelerated by the fast-growing uptake of the BYOD trend and other mobility solutions. In this new era of flexibility and network accessibility for employees globally for various firms, Bring Your Own Device (BYOD) developed as a significant trend, increasing office productivity. As per Cisco, businesses with a BYOD strategy save, on average, USD 350 annually per employee. Additionally, reactive initiatives and programs can increase these savings to USD 1,300 per employee year. These cost savings for Small to Medium Sized Businesses (SMBs) can mount up quickly and help SMBs better safeguard their bottom line while increasing staff productivity.
  • Leveraging the rising need for CPaaS, market vendors are also launching new solutions and services related to the market. For instance, Syniverse introduced a cloud-native, hyperscale digital engagement platform to enhance the enterprises' customer experiences and boost their digital transformations in February 2022. Additionally, Regum, a company engaged in educational instruction and financial investing, increased the responsiveness and speed of its customer service by implementing Avaya's IX cloud-based unified communications and collaboration solution. The platform assisted the business in establishing immediate and seamless communication among its branches, regardless of branch location, and it offers service to consumers worldwide at no extra cost.
  • Businesses are now engaging in strategic mergers and acquisitions to obtain a competitive edge in the target market. One of the CPaaS providers in India, Value First, was acquired by Twilio in March 2021. The acquisition unites the CPaaS platform and cloud communication. The decision by Twilio is consistent with the country's rapid advancements in messaging, conversational AI, and mar-tech.
  • In addition, in February 2022, Kaleyra Inc., a cloud communications software provider in the API/Communications Platform as a Service (CPaaS) industry, was chosen by Bosch Group, a major international provider of technology and services, as their trusted vendor to power the Bosch Mobility Solutions cloud communications in India.
  • Companies in the Forbes Global 2000 have been compelled to quicken their digital transitions in response to the COVID-19 pandemic. For instance, Syniverse announced in March 2022 that it had entered a global partnership with Kore.ai to support its Communications Platform-as-a-Service (CPaaS) strategy by offering conversational artificial intelligence (AI) and expert services to Forbes Global 2000 firms. Syniverse increases its CPaaS portfolio and provides end-to-end capabilities to businesses through a professional services team staffed by Syniverse and Kore.ai, including internet bot design and build, omnichannel selection, campaign management and message delivery, and analytics. The increased market readiness to acquire cloud-based software, including foundational communication platform-as-a-service solutions, resulted in increased overall revenue growth post-pandemic.

CPaaS Market Trends

Retail and E-commerce Industry to Drive the Market Growth

  • The retail business has witnessed a significant transformation mainly due to the fast-changing consumer purchasing preferences, moving from the previous single point of interaction to omnichannel interactions via the web or social media. A better shopping and service experience has been well established across all channels due to the rising consumer demand. Hence, it is being catered to by advanced communication solutions that primarily automate customer service and retail business processes.
  • More than 73% of customers stated that they had expected customer service to be quite simpler, quicker, and more convenient than it is now, as per a survey by Accenture. Also, a wide range of crucial retail businesses sees omnichannel as a golden chance to acquire a competitive edge. Customer service has emerged as the most vital criterion in choosing one supplier or store over another since most large enterprises now operate across several channels (online and mobile).
  • CPaaS is a cloud-based framework that lets businesses synchronize real-time video, audio, and text communication. By utilizing developer-friendly APIs, retailers can integrate these vital features into their social channels, mobile apps, and websites. Further, key market players, like Voxvalley Technologies Pvt Ltd, offer Vox CPaaS, where an individual can augment customer service by filling the gap with conversational commerce, delivery tracking, shipping alerts, abandoned cart SMS reminders, and promotional messages. All of this can be easily achieved within the mobile or web application, and hence the customers can enjoy the ease of communication.
  • Additionally, several well-known organizations are already utilizing CPaaS to enhance their client journey with new communication capabilities. One of the biggest travel e-commerce companies in the world, Booking.com, uses CPaaS to assist in integrating voice communication into its mobile apps' booking and customer care processes. Booking.com has 198 offices across 70 different countries.
  • Additionally, several retailers are integrating CPaaS with their CRM (Customer Relationship Management) interfaces, improving the overall customer engagement process. It helps in decoding consumer questions and directing them to the appropriate areas for clarification. Additionally, Several businesses employ CPaaS video solutions to provide high HD quality video and seamless connectivity primarily for demonstrating product features and functionality to clients through video calling. Also, to retain more consumers, as most of them chose to shop online, companies like Croma (Infiniti Retail Limited) opened their first pilot store for an online demonstration in Bangalore during the pandemic.

North America Accounts for the Largest Share

  • North America is expected to dominate the CPaaS market due to the recent increase in mobility and the massive growth in the penetration of smart mobile devices. Moreover, with the rising demand for user-friendly and cost-effective browser-based communication solutions, prominent market players are planning to launch integrated and unified CPaaS solutions in the region, which is expected to augment the market's expansion.
  • Additionally, the region's CPaaS market is anticipated to benefit from the growing deployment of IoT in the telecom industry. American telecom providers are utilizing the ability of IoT-based technologies to expedite processes and boost effectiveness. The United States produced 51.55 million exabytes of internet traffic per month in 2020. It is projected that this number will rise to 98.64 million exabytes per month in 2023, according to projections from Telecom Advisory Services.
  • Additionally, due to a high investment rate for 5G deployment, the United States is one of the top investors and innovators in the 5G market. The telecom industry in the nation drives a significant portion of the world's 5G technology consumption. The US also controls most of the regional 5G market in terms of investment, adoption, and applications. Moreover, to develop their 5G network infrastructure in the United States, telecom providers, including Verizon, AT&T, and T-Mobile, have signed billion-dollar contracts with network equipment manufacturers like Samsung, Ericsson, Nokia, Huawei, and ZTE.
  • In November 2021, to concentrate on creating a global network and communication platform for open innovation, Ericsson announced the acquisition of Vonage for USD 6.2 billion. With the acquisition, Ericsson can better fulfill its stated goal of growing its wireless enterprise clientele globally. Unified Communications as a Service (UCaaS) and Contact Center as a Service (CCaaS) are both offered by the Vonage Communications Platform.
  • Additionally, the increasing level of collaboration in the area is expected to accelerate market expansion. In March 2022, for instance, iBASIS, a well-known US-based provider of communications solutions for operators and digital players, declared the launch of its Carrier Communications Platform-as-a-Service (CPaaS) offering in collaboration with Mavenir, the Network Software Provider shaping the future of networks with cloud-native software that operates on any cloud and transforms the communication. This unique CPaaS approach allows the frictionless integration of next-generation capabilities into the current processes and software applications through application programming interfaces.

CPaaS Industry Overview

The Communications Platform-as-a-Service (CPaaS) Market is extremely competitive, mainly due to the existence of various small and large vendors in the market conducting business in domestic as well as international markets. The market appears to be fragmented, with key vendors adopting major strategies like mergers, and acquisitions, product innovation to widen their overall product functionality and stay competitive.

  • In February 2022, A provider of cloud communications services to businesses and aggregators in Europe and South Africa, M. R. Messaging FZC, has signed definitive agreements to be acquired by Route Mobile's wholly owned subsidiary, Routesms Solutions FZE. The acquisition expands Route Mobile's global presence in CPaaS and is consistent with its global expansion strategy.
  • In January 2022, With Genesys, a worldwide cloud service provider in customer experience orchestration, Bandwidth Inc., a major global corporate cloud communications company, disclosed a significant advancement in the future of the enterprise contact center. With its inclusion in the Genesys Cloud CX platform, Bandwidth is expanding its range of DuetSM solutions, which enable businesses to decouple complicated telephony from their communications systems, into the contact center sector.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Ecosystem Analysis
    • 4.2.1 Pure-play CPaaS
    • 4.2.2 Enterprise-grade CPaaS
    • 4.2.3 Telco-driven CPaaS
    • 4.2.4 Service Provider-based CPaaS (enablement partners)
    • 4.2.5 Hybrid CPaaS Offerings
  • 4.3 Assessment of COVID-19 Impact on the Market
  • 4.4 Pricing strategies and Business Model Analysis
  • 4.5 Comparative Analysis of Adjacent Markets, such as UCaaS and Traditional Deployments

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Growing Shift of Companies from Adjacent and Traditional Models
    • 5.1.2 Growing Demand for Omnichannel Marketing
  • 5.2 Market Challenges
    • 5.2.1 Growing Personal Data Regulations across End-user Verticals, such as Healthcare
  • 5.3 Market Opportunities (Technological Innovations, such as Context-based Transactions, Lightweight Deployments to further Drive Adoption)

6 KEY TRENDS IN CPAAS INDUSTRY

  • 6.1 Serverless Deployments
  • 6.2 Advent of Machine Learning and Artificial Intelligence
  • 6.3 Omnichannel Communication Through Bots
  • 6.4 Security and Privacy Paradigm

7 MARKET SEGMENTATION

  • 7.1 End-User Vertical
    • 7.1.1 IT and Telecom
    • 7.1.2 BFSI
    • 7.1.3 Retail and E-commerce
    • 7.1.4 Healthcare
    • 7.1.5 Other End-User Verticals
  • 7.2 Geography
    • 7.2.1 North America
    • 7.2.2 Europe
    • 7.2.3 Asia Pacific
    • 7.2.4 Rest of the World

8 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 8.1 Company Profiles
    • 8.1.1 Twilio Inc.
    • 8.1.2 Vonage Holdings Corp
    • 8.1.3 MessageBird B.V.
    • 8.1.4 Plivo Inc.
    • 8.1.5 Snich AB
    • 8.1.6 Voximplant (Zingaya Inc.)
    • 8.1.7 8x8 Inc.
    • 8.1.8 Voxvalley Technologies
    • 8.1.9 Bandwidth Inc. (Bandwidth.com)
    • 8.1.10 IntelePeer Cloud Communications
    • 8.1.11 Wazo Communication Inc.
    • 8.1.12 Avaya Inc.
    • 8.1.13 AT&T Inc.
    • 8.1.14 Mitel Networks Corporation
    • 8.1.15 Telestax
    • 8.1.16 Voxbone SA
    • 8.1.17 Iotum Inc.
    • 8.1.18 M800 Limited
    • 8.1.19 Infobip Ltd
    • 8.1.20 EnableX.io (VCLOUDX PTE. LTD)

9 INVESTMENT ANALYSIS

10 FUTURE OF THE MARKET