デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1403061

エネルギー向けUCaaS:市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測、2024年~2029年

UCaaS In Energy - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.88円
エネルギー向けUCaaS:市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測、2024年~2029年
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

エネルギー向けUCaaS市場規模は、2024年に17億8,000万米ドルと推定され、2029年には33億5,000万米ドルに達すると予測され、予測期間中(2024-2029年)のCAGRは12.08%で成長すると予測されます。

UCaaS In Energy-Market-IMG1

主なハイライト

  • 企業は、余分な人的資源を必要としないサードパーティベンダーによるクラウドベースのUCaaSを利用して、コミュニケーションの汎用性向上に投資しています。エネルギー業界では、オンプレミスPBXの維持に時間とエネルギーを投資する代わりに、UCaaS(ホスト型PBXとも呼ばれる)に移行する企業が増えています。
  • UCaaSテクノロジーは、ベンダーが従来のVoIPやSIPサービスが提供する機能を活用するのに役立っています。この技術は、コラボレーションを強化しながら、可用性と拡張性を高めるのに役立ちます。UCaaSソリューションは、企業がビジネスの維持よりも成長に集中できるように設計されています。
  • 市場成長の主な要因は、業界インフラの急速な発展、製品の商品化の増加、国際的な収益獲得に大きく貢献できることを業界関係者が認識し、エネルギー向けUCaaSの需要が高まっていることです。
  • エネルギー向けUCaaSの需要が高まっているもう1つの主な要因は、エネルギー事業が地理的に分散していることです。例えば石油・ガス探査では、陸上・海上を問わず遠隔地で作業するチームがしばしば存在します。UCaaSプラットフォームは、音声、ビデオ会議、インスタントメッセージング、ファイル共有などのさまざまなコミュニケーションチャネルを通じて、シームレスな接続性を提供します。これにより、地理的に離れたチームが効率的に協力し、リアルタイムで情報に基づいた意思決定を行い、業務上の課題に迅速に対応できるようになります。
  • さらに、エネルギー業界では、プロセスの最適化と効率性の向上を目的としたデジタルトランスフォーメーションが進んでいます。UCaaSは、モノのインターネット(IoT)デバイスやデータ分析ツールなど、他のテクノロジーソリューションと統合することで、この変革にうまく対応します。この統合により、エネルギー企業は業務全体のデータを収集、分析、配布できるようになり、予知保全、リソースの最適化、全体的なコスト削減が促進されます。
  • また、COVID-19の大流行によって加速したリモートワークや柔軟な勤務形態への世界のシフトは、エネルギー業界におけるUCaaSの採用をさらに促進しました。様々な場所で働く従業員に対して、UCaaSは従業員全体を繋ぎとめる結束力のあるプラットフォームを提供します。この柔軟性により、ワークライフバランスが改善されるだけでなく、自然災害や世界の健康上の緊急事態などの危機の際にも、途切れることのないコミュニケーションが保証されます。

エネルギー向けUCaaS市場の動向

クラウドベースのエコシステムの普及が市場成長を牽引

  • 企業は、クラウドを通じて必要なファイルやデータにアクセスできるようにする傾向を強めており、それがBYODの普及につながっています。エネルギー企業もこれに追随しており、ビジネスの世界化を考えると、データへのリモートアクセスはこの業界にとって重要な機能となっています。OPECによる原油価格の引き下げが進み、収益が減少しているため、企業は経費を削減し、内部収益を生み出す可能性のある方法を模索しています。
  • 従業員に自分のデバイスを使うことを奨励することは、ITインフラに容量を追加する効率的な方法です。BYOD(Bring Your Own Device)により、従業員はオフィスから離れた場所でも、必要なデータやファイルにアクセスすることで、インターネット経由でシステムにアクセスしながら仕事をすることができます。例えば、Office 365に付属するTeam Sitesを利用すれば、従業員は異なる場所にいながら、同時にドキュメントを編集したり、オンライン会議に参加したりして、コラボレーションを向上させることができます。
  • 商用Wi-FiネットワークサービスプロバイダーであるiPassの新しいレポートによると、モバイルワーカーの70パーセントが企業のBYOD(Bring Your Own Device)ポリシーを採用しています。BYODが必須である企業もあります。この動向は、オフィスとプライベートスペースの境界線が曖昧になるにつれて、エネルギー業界にもますます反映されていくと思われます。
  • また、近年、リモートワークやハイブリッドワークモデルが、エネルギーを含む業界全体で脚光を浴びています。効果的なコミュニケーションとリモートでのコラボレーションが不可欠になっています。UCaaSは、エネルギーの専門家がコミュニケーションの質を犠牲にすることなく、どこからでも仕事ができるようにします。ビデオ会議、仮想会議室、モバイルアプリケーションは、遠隔地の従業員が会社のコミュニケーションエコシステムにシームレスに統合されることを保証します。
  • さらに、エネルギー分野でクラウドベースのUCaaSの需要が高まっているのは、地理的ギャップを埋め、コラボレーションを強化し、セキュリティを確保し、スケーラビリティを提供し、リモートワークをサポートし、持続可能性の目標に沿い、IoTで生成されたデータのパワーを活用する能力に起因しています。エネルギー業界が進化を続ける中、UCaaSはコミュニケーションを改善するだけでなく、エネルギー事業の全体的な効率性と持続可能性にも貢献する変革的なテクノロジーとして浮上しています。UCaaSの導入は、急速に変化する環境の中で競争力を維持しようとするエネルギー企業にとって、もはや贅沢品ではなく、戦略的な必須事項なのです。
UCaaS In Energy-Market-IMG2

北米が最大市場であり続ける

  • 北米地域は、予測期間中、世界のUCaaS市場をリードし、技術に精通した従業員の出現と同地域のインフラの改善により、主要な収益貢献者であり続けると思われます。同地域の企業による投資の増加により、UCaaSの需要は今後数年間で急増すると予想されます。
  • 米国は世界で最も急成長しているエネルギー市場の1つであり、世界の主要企業の多くが米国に本社を置いています。これらの企業は資金が豊富で技術に精通しているため、ユニファイドコミュニケーション分野のあらゆる新技術の採用につながると思われます。
  • 2023年1月に発表された米国エネルギー情報局のデータによると、米国の原油生産量は過去最高の1,240万バレル/日に達し、2024年には1,280万バレル/日に達すると予想されています。また、2022年の米国の原油生産量は平均1,190万バレル/日と推定されています。
  • 米国における石油生産の増加は、業界内の効率的なコミュニケーションとコラボレーションツールの必要性から、UCaaSの需要増加につながっています。また、リモートワーカー、現場チーム、本社など、石油生産に関わるさまざまな利害関係者間のコミュニケーションを効率化し、全体的な業務効率を高めるのにも役立っています。

エネルギー向けUCaaS産業の概要

エネルギー向けUCaaS市場は、一部の企業が大きな市場シェアを持つという統合が特徴です。この分野の主要企業には、West Corporation、Microsoft Corporation、Cisco Systems, Inc.、Verizon Enterprise Solutions, LLC、Polycom Inc.、Google LLCなどがあります。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリスト・サポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の成果
  • 調査の前提
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場力学のイントロダクション
  • 市場促進要因
    • クラウドベースのエコシステムの普及が促進要因に
    • 通信技術の向上
  • 市場抑制要因
    • データセキュリティへの懸念が市場成長の課題として残る
  • 業界バリューチェーン分析
  • 業界の魅力度-ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ

第5章 市場セグメンテーション

  • コンポーネント別
    • テレフォニー
    • コラボレーション
    • ユニファイドメッセージング
    • 会議
    • その他
  • 展開モデル別
    • プライベート
    • パブリック
    • ハイブリッドモデル
  • 企業規模別
    • 大企業
    • 中小企業
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Verizon Enterprise Solutions, LLC
    • Google LLC
    • West Corporation
    • Cisco Systems, Inc.
    • Microsoft Corporation
    • Avaya Inc.
    • Alcatel-Lucent(Nokia Corporation)
    • International Business Machines Corporation
    • BT Group plc
    • Polycom, Inc.

第7章 投資分析

第8章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 48037
UCaaS In Energy - Market - IMG1

The UCaaS In Energy Market size is estimated at USD 1.78 billion in 2024, and is expected to reach USD 3.35 billion by 2029, growing at a CAGR of 12.08% during the forecast period (2024-2029).

Key Highlights

  • Companies are investing in improved communications versatility using cloud-based Unified Communications as a Service of third-party vendors that don't require extra human resources. A growing number of organizations in the energy sector are migrating to UCaaS, also known as hosted PBX, instead of investing time and energy into maintaining an on-premise PBX.
  • The UCaaS technology is helping vendors leverage features that traditional VoIP and SIP services offer. This technology helps increase availability and scalability while enhancing collaboration. UCaaS solutions are designed to allow enterprises to focus on the growth of their business rather than the maintenance of it.
  • The factors primarily driving the market growth are quickly developing industry infrastructure, increased product commercialization, and growing demands for Unified Communication-as-a-Service in Energy as industry players realize that it can significantly contribute to international revenue generation.
  • Another key driver behind the growing demand for UCaaS in the energy sector is the geographically dispersed nature of energy operations. Oil and gas exploration, for instance, often involves teams working in remote locations, both onshore and offshore. UCaaS platforms offer seamless connectivity through a variety of communication channels, such as voice, video conferencing, instant messaging, and file sharing. This enables geographically separated teams to collaborate effectively, make informed decisions in real-time, and respond promptly to operational challenges.
  • Furthermore, the energy industry is embracing digital transformation to optimize processes and increase efficiency. UCaaS aligns well with this transformation by integrating with other technology solutions, such as Internet of Things (IoT) devices and data analytics tools. This convergence allows energy companies to collect, analyze, and distribute data across their operations, thereby facilitating predictive maintenance, resource optimization, and overall cost reduction.
  • Also, the global shift towards remote and flexible work arrangements, accelerated by the COVID-19 pandemic, further fueled the adoption of UCaaS in the energy industry. With employees working from diverse locations, UCaaS offers a cohesive platform that keeps the entire workforce connected. This flexibility not only improves work-life balance but also ensures uninterrupted communication during crises, such as natural disasters or global health emergencies.

UCaaS In Energy Market Trends

Proliferation of Cloud Based Ecosystem to Drive the Market Growth

  • Companies are increasingly making essential files and data accessible through the cloud, which in turn has led to the proliferation of the BYOD trend. The energy companies are also following suit, and given the globalized nature of their business, remote access to data becomes an important feature for this industry. With the increasing cuts on Oil prices by OPEC and falling revenues, enterprises are searching for ways that cut down on expenses and have the potential to generate internal revenues.
  • Encouraging employees to use their own devices is an efficient way of adding capacity to your IT infrastructure. Bring your own device (BYOD) enables employees to work away from the office while still being able to access the system over the Internet by accessing the data and files they need. For example, Team Sites, which comes with Office 365, allows employees to improve collaboration while in different locations, editing documents simultaneously and taking part in online conferences.
  • A new report from iPass, a commercial Wi-Fi network service provider, indicates that 70 percent of mobile workers adopt their companies' bring your own device (BYOD) policies. For some, BYOD is a must. This trend will also be increasingly reflected in the energy industry as the lines between office and private spaces get blurred.
  • Also, in recent years, remote work and hybrid work models have gained prominence across industries, including energy. The ability to communicate effectively and collaborate remotely has become essential. UCaaS empowers energy professionals to work from anywhere without sacrificing communication quality. Video conferencing, virtual meeting rooms, and mobile applications ensure that remote employees remain seamlessly integrated into the company's communication ecosystem.
  • Moreover, the increasing demand for cloud-based UCaaS in the energy sector can be attributed to its ability to bridge geographical gaps, enhance collaboration, ensure security, offer scalability, support remote work, align with sustainability goals, and harness the power of IoT-generated data. As the energy industry continues to evolve, UCaaS emerges as a transformative technology that not only improves communication but also contributes to the overall efficiency and sustainability of energy operations. Embracing UCaaS is no longer a luxury but a strategic imperative for energy companies looking to stay competitive in a rapidly changing landscape.
UCaaS In Energy - Market - IMG2

North America to Remain the Largest Market

  • North America region will lead the global UCaaS market during the forecast period and remain the major revenue contributor due to the emergence of huge tech-savvy employees and improved infrastructure in the region. The demand for UCaaS is expected to surge in the coming years owing to growth in investment by enterprises in this region.
  • The United States has one of the fastest-growing energy markets in the world, with many of the major companies of the world headquartered there. These companies are cash-rich and tech-savvy and hence will lead to adopting any new technology in the unified communications segment.
  • The US Energy Information Administration Data released in January 2023 states that US crude oil production reached a record 12.4 million barrels per day and is expected to reach 12.8 million barrels per day in 2024. Also, in 2022, US crude oil production averaged an estimated 11.9 million barrels per day.
  • The growing oil production in the US is leading to an increased demand for unified communications as a service (UCaaS) due to the need for efficient communication and collaboration tools within the industry. It also helps streamline communication among various stakeholders involved in oil production, such as remote workers, field teams, and headquarters, enhancing overall operational efficiency.

UCaaS In Energy Industry Overview

The unified communication-as-a-service (UCaaS) sector in the energy market is characterized by consolidation, with a select few companies holding significant market share. Key players in this space include West Corporation, Microsoft Corporation, Cisco Systems, Inc., Verizon Enterprise Solutions, LLC, Polycom Inc., and Google LLC. While innovation remains a critical driver of market leadership in this industry, several major players have expanded their reach through acquisitions, fortifying their portfolios and addressing any strategic gaps. Recent developments in the sector include:

In April 2023, Vodafone Business Unified Communications (UC) announced a strategic partnership with RingCentral, a provider of cloud-based solutions. This collaboration led to the introduction of a new unified communications solution in Italy. This solution enables customers to seamlessly integrate various communication tools, including video conferencing, messaging, file sharing, meetings, and virtual phone systems. All these features are accessible through a unified user interface, accessible on any internet-enabled device. This partnership represents a significant step in enhancing the UCaaS offerings in the energy sector.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Deliverables
  • 1.2 Study Assumptions
  • 1.3 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Introduction to Market Dynamics
  • 4.3 Market Drivers
    • 4.3.1 Proliferation of Cloud Based Ecosystem will Act as a Driver
    • 4.3.2 Improvement of Communication Technology
  • 4.4 Market Restraints
    • 4.4.1 Data Security Concerns will Remain a Challenge to the Growth of the Market
  • 4.5 Industry Value Chain Analysis
  • 4.6 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.6.1 Threat of New Entrants
    • 4.6.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.6.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.6.4 Threat of Substitute Products
    • 4.6.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Component
    • 5.1.1 Telephony
    • 5.1.2 Collaboration
    • 5.1.3 Unified Messaging
    • 5.1.4 Conferencing
    • 5.1.5 Other Services
  • 5.2 By Deployment Model
    • 5.2.1 Private
    • 5.2.2 Public
    • 5.2.3 Hybrid Model
  • 5.3 By Enterprise Size
    • 5.3.1 Large Enterprise
    • 5.3.2 Small & Medium Enterprise
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 North America
    • 5.4.2 Europe
    • 5.4.3 Asia-Pacific
    • 5.4.4 Latin America
    • 5.4.5 Middle East & Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Verizon Enterprise Solutions, LLC
    • 6.1.2 Google LLC
    • 6.1.3 West Corporation
    • 6.1.4 Cisco Systems, Inc.
    • 6.1.5 Microsoft Corporation
    • 6.1.6 Avaya Inc.
    • 6.1.7 Alcatel-Lucent(Nokia Corporation)
    • 6.1.8 International Business Machines Corporation
    • 6.1.9 BT Group plc
    • 6.1.10 Polycom, Inc.

7 INVESTMENT ANALYSIS

8 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS