デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
922170

調味料とスパイス市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年 - 2027年)

Seasoning and Spices Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=137.31円
調味料とスパイス市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年 - 2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

調味料・スパイスの世界市場は、予測期間中(2020年~2025年)に、CAGR4.7%で成長すると予測されています。

主なハイライト

  • スパイスやハーブは健康やウェルネスにより適しており、それに伴い、小売食品メーカーも世界中の消費者の様々な民族の味や好みに合うように、スパイスや調味料の用途をさらに増やしており、市場を前進させています。
  • 生姜、乾燥トウガラシ/ピーマン、粉砕していないコショウ、クルクマ、シナモン、クローブなどの製品は、市場で最も成長する可能性を秘めています。様々なスパイスが持つ栄養面での利点が、市場の成長に寄与しています。
  • また、食習慣の変化や新しい食感を求める消費者、特に食事に多くのスパイスを含むアジア料理への傾倒も市場を活性化させています。スパイスや調味料の不純物混入は、市場の成長を阻害する重要な要因となっています。欧州が最大の市場であり、北米がそれに続いています。

COVID-19が市場に与える影響:

主なハイライト

  • スパイス・調味料市場は、コロナウイルス危機の発生とともに急速に拡大しており、ターメリック、ジンジャー、ガーリックなど、免疫力を高めることを意図した一部のスパイスは、世界中の消費者から多大な反響を呼んでいます。新興経済諸国からの輸入に大きく依存している先進国では、当初、サプライチェーンのリスクが存在しましたが、ハーブ、スパイス、調味料、および認知度の高い価値と地元の需要を持つ製品の最も人気のある目的地の一つであるため、現在のところ市場参入はその影響を受けにくくなっています。
  • また、今回の危機で、農業サプライチェーンの脆弱性、消費者が農家やその労働者に長期的に依存していることが強調されたため、このような農業分野での世界の大流行に対応するため、持続可能な農業サプライチェーンへの移行が進展しています。例えば、オランダのロイヤルダッチスパイス協会は、社会的・環境的な悪影響に対応するため、国際的な責任ある企業行動に関する協定を締結しています。

主な市場動向

塩分消費量の増加が市場を牽引

世界中の食品加工業者による塩の消費量は、多くの国々でパッケージ食品やコンビニエンスストアの需要が増加していることから、今後も堅調に推移すると思われます。食卓塩の製造業界は、高いレベルで市場シェアが集中しています。これは、業界大手の製品ラインと生産能力の拡大、およびK+SグループによるMorton Saltの買収による生産規模の拡大が要因です。

アジア太平洋地域が最速の成長市場

世界のスパイス・調味料市場において、最も急速に成長しているのはアジア太平洋地域です。中国が最大の市場であり、インドがそれに続く。この地域の気候条件は、様々なスパイスや調味料の成長のために有利です。したがって、アジア太平洋地域は、この地域に主要な選手をもたらし、スパイスの最高の品質を生成します。アジア太平洋地域の国家のほとんどは、地元で生産されたスパイスや調味料を使用しています。さらに、需要の増加は、有機スパイスや調味料セグメントで発見されています。さらに、この地域のスパイスのかなりの割合は、欧州や北米にエクスポートされます。

競合情勢

世界のスパイス・調味料市場は、様々な企業が存在するため、非常に細分化され、競争が激しくなっています。各社は、流通体制の強化、パートナーシップの締結、買収、新地域への進出、製品群の拡大などにより、競争力を高めています。市場に進出している主な企業は、Kikkoman Corporation、McCormick &Company, Inc.、Olam International、Kerry Group plc、Sensient Technologies Corporationなどです。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の成果 および調査前提条件
  • 本調査の対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • 製品タイプ別
    • 塩および塩の代替品
    • ハーブ
      • タイム
      • バジル
      • オレガノ
      • パセリ
      • その他ハーブ
    • スパイス
      • ペッパー
      • カルダモン
      • シナモン
      • クローブ
      • ナツメグ
      • ターメリック
      • その他スパイス
  • 用途別
    • ベーカリー、菓子類
    • スープ、麺類、パスタ
    • 肉類・魚介類
    • ソース、サラダ、ドレッシング
    • スナック菓子
    • その他の用途
  • 地域別情報
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
      • その他北米地域
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • スペイン
      • イタリア
      • ロシア
      • その他の欧州地域
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • オーストラリア
      • その他アジア太平洋地域
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米地域
    • 中東・アフリカ地域
      • アラブ首長国連邦
      • 南アフリカ共和国
      • その他の中東・アフリカ地域

第6章 競合情勢

  • 最も活発な企業
  • 最も採用されている戦略
  • 市況分析
  • 企業プロファイル
    • Kikkoman Corporation
    • McCormick & Company, Inc.
    • Olam International
    • Kerry Group plc
    • Sensient Technologies Corporation
    • Cargill, Incorporated
    • Doehler GmbH
    • Bart Ingredients Company Ltd

第7章 市場機会と今後の動向

第8章 COVID-19が市場に与える影響

目次
Product Code: 46446

The global seasoning and spices market is projected to grow at a CAGR of 4.7%, during the forecast period (2020 - 2025).

Key Highlights

  • Spices and herbs are more aligned toward health and wellness, along with it, the retail food products manufacturers have also further increased the application of spices and seasonings, so as to fit the taste and preference of the various ethnicities of the consumer across the globe, therefore driving the market forward.
  • Products such as ginger, dried capsicum/pimento, uncrushed pepper, Curcuma, cinnamon, and cloves have the most potential for growth in the market. The nutritional benefits of various spices have helped in the growth of the market.
  • The changes in the food habits and consumers looking for new mouthfeels, especially an inclination towards Asian Cuisine which includes more spices in the diet has also fueled the market. Adulteration of the spices and seasonings is an important factor that is hindering the growth of the market. Europe is the largest market followed by North America.

Impact of COVID-19 on the Market:

Key Highlights

  • The market for spices and seasonings have witnessed a rapid uptick with the onset of the coronavirus crisis, wherein some select spices that are meant to provide immunity, such as turmeric, ginger, and garlic, has received tremendous response from consumers, globally. Developed economies that are largely dependent on imports from the developing countries, initially, supply chain risk persisted, however, being one of the most sought-after destinations for herbs, spices, and seasonings, as well as products having a recognizable value and local demand, the market entry at present is less impacted by the same.
  • As the crisis has also emphasized the vulnerability of agricultural supply chains and consumers' long-term dependence on farmers and their workers, the shift toward a sustainable agricultural supply chain has evolved that will eventually address such a global pandemic on the agricultural sector. For instance, the Royal Dutch Spice Association of the Netherlands entered into an Agreement on International Responsible Business Conduct to cater to negative social and environmental impacts. ​

Key Market Trends

Rising Salt Consumption to Drive the Market

The increase in salt consumption by food processors across the globe will remain steady owing to the rising demand for the consumption of packaged and convenience foods in a number of countries. The table salt production industry operates with a high level of market share concentration. This is due to expanded product line offerings and production capacity levels for the industry's major players, as well as the purchase of Morton Salt by K+S Group, which served to expand the scale of production with which the company operates.

Asia-Pacific is the Fastest Growing Market

Asia-Pacific is the fastest-growing market in the global spices and seasonings market. China is the largest market in the region followed by the Indian market. The climatic conditions of the region are favorable for the growth of various spices and seasonings. Thus the Asia-Pacific produces the best quality of spices, which brings the major players to the region. Most of the nations in Asia-Pacific use locally produced spices and seasonings. Moreover, an increasing demand is found in the organic spice and seasoning segment. Additionally, a significant percentage of spices from the region are exported to Europe and North America.

Competitive Landscape

The global spices and seasonings market is highly fragmented and competitive with the presence of various players. The companies are making themselves more competitive by strengthening their distribution systems, entering into partnerships, acquisitions, entering new regions, expanding product range, etc. Some of the major players operating in the market are Kikkoman Corporation, McCormick & Company, Inc., Olam International, Kerry Group plc, Sensient Technologies Corporation.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Deliverables and Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Drivers
  • 4.2 Market Restraints
  • 4.3 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Threat of New Entrants
    • 4.3.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.3.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.4 Threat of Substitute Products
    • 4.3.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Product Type
    • 5.1.1 Salt and Salt Substitutes
    • 5.1.2 Herbs
      • 5.1.2.1 Thyme
      • 5.1.2.2 Basil
      • 5.1.2.3 Oregano
      • 5.1.2.4 Parsley
      • 5.1.2.5 Other Herbs
    • 5.1.3 Spices
      • 5.1.3.1 Pepper
      • 5.1.3.2 Cardamom
      • 5.1.3.3 Cinnamon
      • 5.1.3.4 Clove
      • 5.1.3.5 Nutmeg
      • 5.1.3.6 Turmeric
      • 5.1.3.7 Other Spices
  • 5.2 By Application
    • 5.2.1 Bakery and Confectionery
    • 5.2.2 Soup, Noodles and Pasta
    • 5.2.3 Meat and Seafood
    • 5.2.4 Sauces, Salads, and Dressing
    • 5.2.5 Savory Snacks
    • 5.2.6 Other Applications
  • 5.3 By Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
      • 5.3.1.3 Mexico
      • 5.3.1.4 Rest of North America
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 Germany
      • 5.3.2.2 United Kingdom
      • 5.3.2.3 France
      • 5.3.2.4 Spain
      • 5.3.2.5 Italy
      • 5.3.2.6 Russia
      • 5.3.2.7 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia Pacific
      • 5.3.3.1 China
      • 5.3.3.2 India
      • 5.3.3.3 Japan
      • 5.3.3.4 Australia
      • 5.3.3.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.4 South America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Argentina
      • 5.3.4.3 Rest of South America
    • 5.3.5 Middle East & Africa
      • 5.3.5.1 United Arab Emirates
      • 5.3.5.2 South Africa
      • 5.3.5.3 Rest of Middle East & Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Most Active Companies
  • 6.2 Most Adopted Strategies
  • 6.3 Market Position Analysis
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 Kikkoman Corporation
    • 6.4.2 McCormick & Company, Inc.
    • 6.4.3 Olam International
    • 6.4.4 Kerry Group plc
    • 6.4.5 Sensient Technologies Corporation
    • 6.4.6 Cargill, Incorporated
    • 6.4.7 Doehler GmbH
    • 6.4.8 Bart Ingredients Company Ltd

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

8 IMPACT OF COVID-19 ON THE MARKET