デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1444737

データセンター向け電力:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Data Center Power - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 197 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.10円
データセンター向け電力:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 197 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

データセンター向け電力の市場規模は、2024年に244億1,000万米ドルと推定され、2029年までに334億4,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年~2029年)中に6.5%のCAGRで成長する見込みです。

データセンターの電力- 市場

メガデータセンターの採用の増加が市場を牽引しています。立地に応じて導入するメガデータセンターの数を減らすことで、企業は低エネルギー価格、良好な気候、代替エネルギー源の利用可能性など、特定の地域の利点を享受できるようになります。仮想化によりハードウェアの使用率が大幅に向上し、企業は電力を消費するサーバーやストレージデバイスの数を削減できます。

主なハイライト

  • クラウドコンピューティングの採用の増加も市場の成長を促進し、大規模なハイパースケールクラウドデータセンターの台頭につながっています。たとえば、2022年10月にCiscoは、企業、ウェブスケール企業、ハイパースケール企業がより豊富なクラウドアプリケーションとサービスを提供できるように支援するための新しい共有ソリューションを導入しました。これにより、帯域幅の増加に対するニーズのバランスをとりながら、消費スペースと電力の削減を実現できます。
  • さらに、モジュール式データセンターの導入に加え、グリーンフィールドおよびブラウンフィールド施設の増加により、電力システムの需要が高まることが予想されます。エッジコンピューティングの出現と二次データセンター市場における施設の拡張により、モジュール式で効率的な電力インフラストラクチャソリューションの必要性が高まっています。市場は、電気料金、炭素排出量の上昇、および再生可能エネルギー源を統合するためのハイパースケール事業者の取り組みによって変革されると予想されています。施設運営者は、炭素排出量とOPEXコストを削減するために、革新的で効率的な電力インフラを採用しています。
  • 世界中の多くのデータセンターは、施設のさまざまな給電設計や頻繁な障害に対処するために、2N冗長UPSシステムを導入しています。コスト、信頼性、効率、保守性などの要因は、世界市場でのUPSシステムと発電機の採用に影響を与えます。
  • インテリジェントラックPDUソリューションは、多数のラックを備えた複雑な施設でのスムーズな稼働を維持できるように作られています。データセンターコロケーションプロバイダーは、必要なメンテナンスとスペースが少なく、99.99%の稼働率を実現する最新のインフラストラクチャソリューションを求めています。こうした多様な需要により、ベンダーは革新的な電源ソリューションを提供するようになることが予想されます。PDUはデータセンター向け電力市場で最大かつ最も確立された製品カテゴリであり、予測期間中にはるかに緩やかな成長レベルを記録すると予想されます。
  • しかし、主な投資分野はケーブル配線、電力設備、データセンターインフラストラクチャ管理(DCIM)ソリューションであり、初期投資に高額のコストがかかるため、投資の増加が市場の成長を抑制しています。

データセンター向け電力市場の動向

情報技術部門は大きな市場シェアを保持すると予想される

  • IT業界では、組織の規模に応じて、運用のためにオンプレミスのプライベートデータストレージとハイパースケールデータセンターが必要です。さらに、SaaSプロバイダーの成長によりクラウドストレージの採用が年々増加しており、クラウドストレージプロバイダーは容量を拡張できるようになりました。したがって、データ負荷が増加すると、より多くの電力が必要になります。これにより、ITアプリケーションにおける効率的な電源ソリューションの要件が生まれます。Vertivが最近発表したデータセンター調査によると、参加者の98%が2025年までにIT利用率が20%を超えると回答しました。これは、IT企業がデータセンターに効率的な電源を導入し、利用率を高めることに注力していることを示しています。
  • AWS、Microsoft、Googleなどのクラウドストレージプロバイダーは、クラウドでより効率的なワークフローを提供するためにストレージ機能を拡張しています。これらの企業はハイパースケール取引に投資を行っています。たとえば、昨年6月、Amazon Web Services Inc.(AWS)はイスラエルにデータセンターを開設すると発表しました。同社は、この地域のより多くの開発者、新興企業、企業、政府、教育機関、非営利団体がアプリケーションを実行し、国内のデータセンターからエンドユーザーにサービスを提供できるようにすることを目指しています。
  • また、昨年11月、AWSは、2023年末か2024年初めにカナダのアルバータ州にインフラストラクチャリージョンを開設する計画を発表しました。新しいAWSカナダ西部(カルガリー)リージョンは、立ち上げ時には3つのアベイラビリティゾーン(AZ)で構成され、モントリオールにある既存のAWSカナダ(中部)リージョンも3つのアベイラビリティーゾーンで構成されています。新しいAWSカナダ西部(カルガリー)リージョンにより、さらに多くの開発者、新興企業、企業、教育機関、政府機関、非営利団体がアプリケーションを実行し、カナダのデータセンターからエンドユーザーにサービスを提供できるようになります。
  • さらに、他社も各地でデータセンターの拡張を計画しており、例えば昨年6月にはオーストラリアの不動産会社Stocklandがシドニーに新たなデータセンターを建設する計画を発表しました。データセンターの最終価値は1億8,100万米ドルとなる予定です。さらに、6,300平方メートルのデータホール、3,215平方メートルのオフィススペース、13,000平方メートルを超える電気および機械サービスが含まれる予定です。データセンター業界のこのような発展は、予測期間中にデータセンター向け電力市場の成長を促進すると予想されます。SpaceDC、Keppel Data Centers、Princeton Digital Groupなどの一部の新規参入企業も、ハイパースケール施設やデータセンターへの投資に向けた動きを見せています。
  • 業界ではクラウドの導入が急速に進んでいますが、オンプレミスおよびハイブリッドデータセンターへの依存は依然として大きくなっています。これらの企業は自社のデータストレージ容量を拡大しようとしているため、データセンター向けの効率的な電力ソリューションが求められると予想されます。さらに、IT業界のアジャイルおよびDevOps運用フレームワークの傾向により、より効率的なデータストレージソリューションの必要性が高まっています。

アジア太平洋では高い市場成長が見込まれています

  • Cloudsceneによると、中国には現在447のデータセンターと112のサービスプロバイダーがあります。多数のデータセンターの存在により、国内のデータセンター向け電力システムの需要が高まっています。さらに、新しいデータセンター開発の増加と既存のデータセンターのアップグレードも市場の成長を促進すると予想されます。
  • 昨年4月、Appleは中国の貴州省に新しいデータセンターを開設すると正式に発表しました。AppleとGuizhou-Cloud Big Data Industryは共同でこのデータセンターを構築しました。このような国内の新しいデータセンター開発により、データセンター電源ソリューションの需要が増加すると予想されます。ほとんどのデータセンターは汚染物質である石炭を使用しているため、影響を受けた国の政府はクリーンで再生可能なエネルギー源への移行を進めています。中国は最も大量の再生可能エネルギーを導入しており、太陽光発電は174GW以上、風力発電は184GW以上に達しています。さらに、データセンター開発への投資の急増により、データセンター電源ソリューションの需要が高まると予想されます。
  • さらに、日本政府は、業界の革新と炭素排出削減に向けた73億米ドルの新たな取り組みの一環として、新たな炭素排出ゼロのデータセンターの建設費用の50%と既存施設のアップグレードを補助する計画を発表しました。
  • DataSpanの調査によると、最大55%のデータセンターで、冷却および換気システムの稼働にエネルギー消費が使用されています。したがって、炭素排出量と、主にサーバーに適した温度を維持するために必要なデータセンターで使用されるエネルギー量を削減するために、日本は寒い地域にさらに多くの施設を建設することを計画しています。昨年11月、AirTrunkはクラウドに移行する国内企業の増加をサポートするために日本初のデータセンターを開設しました。同社は印西市に300MWのデータセンターキャンパスを建設し、60MW段階から運用を開始する予定です。
  • Coltは昨年、既存の2つの印西ビルに隣接する27MWの施設である3番目の印西データセンターを立ち上げました。ひいては、この国のデータセンター向け電力ソリューション市場に有利な機会が生まれると期待されています。
  • 日本にはグリーン電力に対する大きな推進力があり、市場でグリーン電力を購入するための規制枠組みの改善に向けた多くの動きが見られることが予想されます。市場ベンダーは、日本のグリーンエネルギーに関してサードパーティプロバイダーと協力しようとしています。Google、Microsoft、Digital Realtyなどの企業は、太陽光発電所や風力発電所を建設するための電力購入契約を通じて再生可能電力に資金を提供してくれる他の企業を探しています。

データセンター向け電力業界の概要

データセンター電源市場は非常に細分化されており、複数のベンダーが存在します。プレーヤーは合併・買収(M&A)、コラボレーション、パートナーシップなどのいくつかの戦略を採用しています。政府機関や民間のデータセンター建設でもさまざまな取り組みが行われています。それが熾烈な競合を生み出しています。主要なプレーヤーは、Schneider Electric SE、Fujitsu Ltd.、Cisco Technology Inc.などです。市場の最近の動向は次のとおりです。

2022年10月、デジタルインフラ事業を手掛けるEquinix, Inc.は、ジャカルタ中心部に7,400万米ドルをかけて国際ビジネス交換(IBX)データセンターを建設する計画を発表しました。Equinix, Inc.の成長により、インドネシア企業だけでなく、インドネシアに拠点を置く多国籍企業も、信頼できるプラットフォームを利用して相互に接続し、企業を推進する基盤インフラを統合できるようになります。

2022年1月、EatonのTripp Liteは、工場や倉庫などの要求の厳しい産業環境でネットワーク機器を接続および制御するための実用的なオプションを導入しました。新しいマネージドおよびライトマネージド産業用ギガビットイーサネットスイッチは、振動、衝撃、工場現場でよく見られる低温および高温に耐えることができるIP30定格の頑丈な金属ケースを備えています。このスイッチは、通常の動作を妨げる可能性がある静電気放電(ESD)からの保護も提供します。標準の35mm DINレールに取り付けることができるレールクリップが付属しています。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • メガデータセンターとクラウドコンピューティングの採用の増加
    • 運用コストを削減する需要の増加
  • 市場抑制要因
    • 設置とメンテナンスに高額な費用がかかる
  • 業界の魅力 - ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ
  • COVID-19の市場への影響の評価

第5章 テクノロジーのスナップショット

第6章 市場セグメンテーション

  • タイプ別
    • ソリューション
      • 配電ユニット
      • UPS
      • バスウェイ
      • その他のソリューション
    • サービス
      • コンサルティング
      • システム統合
      • プロフェッショナルなサービス
  • エンドユーザーアプリケーション別
    • 情報技術
    • 製造業
    • BFSI
    • 政府
    • 電気通信
    • その他のエンドユーザーアプリケーション
  • データセンターの規模別
    • 中小規模
    • 大規模
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • 英国
      • ドイツ
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • オーストラリア
      • シンガポール
      • インド
      • その他アジア太平洋
    • 世界のその他の地域

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Schneider Electric SE
    • Fujitsu Ltd
    • Cisco Technology Inc.
    • ABB Ltd
    • Eaton Corporation
    • Tripp Lite
    • Rittal GmbH &Co. KG
    • Schleifenbauer
    • Vertiv Co.
    • Legrand SA
    • Black Box Corporation

第8章 投資分析

第9章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 54480

The Data Center Power Market size is estimated at USD 24.41 billion in 2024, and is expected to reach USD 33.44 billion by 2029, growing at a CAGR of 6.5% during the forecast period (2024-2029).

Data Center Power - Market

The rising adoption of mega data centers is driving the market. Implementing fewer mega data centers depending on their locations can allow a company to enjoy the advantages of certain local benefits, such as low energy prices, a favorable climate, or the availability of alternative energy sources. Virtualization dramatically improves hardware utilization and enables firms to reduce the number of power-consuming servers and storage devices.

Key Highlights

  • The rising adoption of cloud computing is also aiding market growth, leading to the rise of vast, hyperscale cloud data centers. For instance, in October 2022, Cisco introduced new shared solutions for assisting businesses, webscale firms, and hyperscale firms in delivering richer cloud applications and services while balancing their need for increased bandwidth while consuming less space and power.
  • Further, the increase in greenfield and brownfield facilities, along with the modular data center deployment, is anticipated to drive the demand for power systems. The emergence of edge computing and expanding facilities in the secondary data center market drive the need for modular and efficient power infrastructure solutions. The market is expected to be transformed by rising electricity costs, carbon emissions, and hyperscale operators' initiatives to integrate renewable energy sources.The facility operators are adopting innovative and efficient power infrastructure to reduce carbon emissions and OPEX costs.
  • Many data centers around the world are implementing 2N redundant UPS systems to deal with the facility's various feed designs and frequent failure.Factors such as cost, reliability, efficiency, and maintainability impact the adoption of UPS systems and generators in the global market.
  • The intelligent rack PDU solutions are made to help keep things running smoothly in complex facilities with a lot of racks.Datacenter colocation providers are looking for modern infrastructure solutions that require less maintenance and less space, with 99.99% uptime. These diverse demands are expected to spur vendors to offer innovative power solutions. PDU is the biggest and most established product category in the data center power market, which is expected to register a much more moderate growth level during the forecast period.
  • However, higher investment is restraining market growth as the primary investment areas are cabling, power facilities, and data center infrastructure management (DCIM) solutions, which require high costs during the initial investment.

Data Center Power Market Trends

The Information Technology Segment is Expected to Hold a Major Market Share

  • The IT industry requires on-premise private data storage and hyper-scale data centres for its operations, depending on the size of the organization. Additionally, the adoption of cloud storage has increased over the years due to growth among SaaS providers, enabling cloud storage providers to expand their capacities. Hence, the increasing data load requires more power. This creates a requirement for efficient power solutions in IT applications. According to the Data Center Survey recently published by Vertiv, 98% of the participants voted for IT utilization to be above 20% by 2025. This indicates that IT companies are focusing on deploying an efficient power source for their data centres and increasing their utilization rate.
  • Cloud storage providers, like AWS, Microsoft, and Google, are expanding their storage capabilities to offer more efficient workflows in the cloud. These companies are making investments in hyperscale deals. For instance, in June last year, Amazon Web Services Inc. (AWS) announced the opening of data centers in Israel. The company aims to enable more developers, startups, enterprises, the government, education, and non-profits in the region to run their applications and serve end-users from data centers in the country.
  • Also, in November last year, AWS announced plans to open an infrastructure region in Alberta, Canada, in late 2023 or early 2024. The new AWS Canada West (Calgary) Region will consist of three availability zones (AZs) at launch and join the existing AWS Canada (Central) Region in Montreal, which also consists of three availability zones. The new AWS Canada West (Calgary) Region will enable even more developers, startups, enterprises, education, government, and non-profits to run their applications and serve end-users from data centers in Canada.
  • Furthermore, other companies are planning data center expansion in various regions.For instance, in June last year, Stockland, an Australian real-estate firm, announced plans to build a new data center in Sydney. The data center is to have an end value of USD 181 million. Moreover, it will include 6,300 sq m of data halls, 3,215 sq m of office space, and more than 13,000 sq m of electrical and mechanical services. Such developments in the data center industry are anticipated to propel the growth of the data center power market during the forecast period. Some new entrants, like SpaceDC, Keppel Data Centers, and Princeton Digital Group, are also making moves to invest in hyperscale facilities and data center investments.
  • Although the industry is rapidly adopting the cloud, the dependency on on-premise and hybrid data centers is still significant. These companies are trying to expand their own data storage capacities, which is expected to demand an efficient power solution for data centers. Moreover, the trend of the IT industry's agile and DevOps operational frameworks is increasing the need for more efficient data storage solutions.

The Asia Pacific Region is Expected to Witness a High Market Growth

  • According to Cloudscene, China currently has 447 data centres and 112 service providers. The presence of a large number of data centres is driving the demand for data centre power systems in the country. Furthermore, the increasing number of new data centre developments and the upgrading of existing data centres are also expected to drive the market's growth.
  • In April of last year, Apple officially announced the opening of a new data centre in Guizhou, China. Apple and Guizhou-Cloud Big Data Industry Co., Ltd. jointly built this data centre. Such new data centre developments in the country are expected to increase demand for data centre power solutions. As most of the data centres are powered by polluting coal, the governments of the affected countries are shifting toward clean and renewable energy sources. China has installed the most significant amount of renewable energy, with solar power reaching over 174 GW and wind power over 184 GW. Furthermore, the surge in investment in data centre development is expected to fuel the demand for data centre power solutions.
  • Further, the Japanese government has announced its plan to subsidize 50% of the building costs for new zero-carbon-emissions data centers and upgrade existing facilities as part of a new USD 7.3 billion initiative to innovate the industry and reduce carbon emissions.
  • According to a study by DataSpan, in up to 55% of data centers, energy consumption is used to run cooling and ventilation systems. Thus, to reduce carbon emissions and the amount of energy used by data centers, mainly required to maintain server-suited temperatures, Japan is planning to build more facilities in its colder regions. In November last year, AirTrunk opened its first data center in Japan to support the growing number of companies in the country shifting to the cloud. The company has built a 300MW data center campus in Inzai and is set to begin operations with a 60MW phase.
  • Colt also launched its third Inzai data center last year, a 27 MW facility next to its existing two Inzai buildings. In turn, it is expected to create lucrative opportunities for the country's data center power solution market.
  • Japan has a tremendous impetus for green power, and a lot of activity toward an improved regulatory framework to buy green power on the market is expected to be witnessed. Market vendors seek to work with third-party providers on green energy in Japan. Players like Google, Microsoft, and Digital Realty are looking for other companies to fund renewable power through power purchase agreements to build solar and wind farms.

Data Center Power Industry Overview

The Data Center Power market is highly fragmented, with multiple vendors present.Players are adopting several strategies, such as mergers and acquisitions (M&A), collaborations, partnerships, etc. Various initiatives are being undertaken by governmental bodies as well as private data center construction, which is creating intense competition. Key players are Schneider Electric SE, Fujitsu Ltd., Cisco Technology Inc., etc. Recent developments in the market are:

In October 2022, Equinix, Inc., a digital infrastructure business, unveiled a plan for a USD 74 million International Business Exchange (IBX) data center in the heart of Jakarta. Equinix's growth will allow Indonesian companies, as well as multinationals with a presence in Indonesia, to utilize their trusted platform to connect together and integrate the foundational infrastructure that will drive their enterprises.

In January 2022, Tripp Lite by Eaton introduced practical options for connecting and controlling network equipment in demanding industrial environments, such as factories and warehouses. The new managed and lite-managed industrial Gigabit Ethernet switches have an IP30-rated ruggedized metal case that can withstand vibration, shock, and the low and high temperatures often found on the factory floor. The switches also offer protection from electrostatic discharge (ESD), which can interfere with normal operation. A rail clip is included to allow mounting to standard 35 mm DIN rail.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Rising Adoption of Mega Data Centers and Cloud Computing
    • 4.2.2 Increasing Demand to Reduce Operational Costs
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 High Cost of Installation and Maintenance
  • 4.4 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.5 Assessment of the Impact of COVID-19 on the Market

5 TECHNOLOGY SNAPSHOT

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Type
    • 6.1.1 Solutions
      • 6.1.1.1 Power Distribution Unit
      • 6.1.1.2 UPS
      • 6.1.1.3 Busway
      • 6.1.1.4 Other Solutions
    • 6.1.2 Services
      • 6.1.2.1 Consulting
      • 6.1.2.2 System Integration
      • 6.1.2.3 Professional Service
  • 6.2 By End-user Application
    • 6.2.1 Information Technology
    • 6.2.2 Manufacturing
    • 6.2.3 BFSI
    • 6.2.4 Government
    • 6.2.5 Telecom
    • 6.2.6 Other End-user Applications
  • 6.3 By Data Center Size
    • 6.3.1 Small and Medium
    • 6.3.2 Large
  • 6.4 By Geography
    • 6.4.1 North America
      • 6.4.1.1 United States
      • 6.4.1.2 Canada
    • 6.4.2 Europe
      • 6.4.2.1 United Kingdom
      • 6.4.2.2 Germany
      • 6.4.2.3 France
      • 6.4.2.4 Italy
      • 6.4.2.5 Spain
      • 6.4.2.6 Rest of Europe
    • 6.4.3 Asia-Pacific
      • 6.4.3.1 China
      • 6.4.3.2 Japan
      • 6.4.3.3 Australia
      • 6.4.3.4 Singapore
      • 6.4.3.5 India
      • 6.4.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 6.4.4 Rest of the World

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Schneider Electric SE
    • 7.1.2 Fujitsu Ltd
    • 7.1.3 Cisco Technology Inc.
    • 7.1.4 ABB Ltd
    • 7.1.5 Eaton Corporation
    • 7.1.6 Tripp Lite
    • 7.1.7 Rittal GmbH & Co. KG
    • 7.1.8 Schleifenbauer
    • 7.1.9 Vertiv Co.
    • 7.1.10 Legrand SA
    • 7.1.11 Black Box Corporation

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS