市場調査レポート
商品コード
1444366

スマートウォッチ:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Smartwatch - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 149 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.74円
スマートウォッチ:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 149 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

スマートウォッチ市場規模は、出荷量の観点から予測期間(2024年から2029年)中に27.78%のCAGRで、2024年の1億7,138万台から2029年までに5億8,381万台に成長すると予想されています。

スマートウォッチ- マーケット

都市化の浸透率の上昇により、タイムスケジュールや1台のデバイスでの複数の機能など、消費者の要件をより良く満たす、見た目にも魅力的な先進的な製品への需要が、スマートウォッチの世界のニーズを押し上げています。さらに、膨大な数のミレニアル世代が、通常の勤務時間の追跡や贅沢品への支出の増加により、スマートウォッチを導入しています。

主なハイライト

  • 現在、スマートウォッチはスマートフォンと(Bluetooth経由で)ペアリングできるように設計されており、スマートフォンは情報ゲートウェイとして機能し、テキストメッセージ、電子メール通知、アプリケーションアラートなどの電話通知を共有できます。ただし、スマートウォッチは通常、限られた数の互換性のあるスマートフォンとしかペアリングできないため、互換性はありません。たとえば、SamsungのGear AスマートウォッチはSamsung Galaxyシリーズのスマートフォンでのみ動作し、Apple WatchはiPhoneでのみ動作します。その結果、モバイルデバイス製造会社から入手可能な現在のスマートウォッチは、所有者に追加の有用な情報を伝えるために互換性のあるスマートフォンにアクセスする必要があるため、スタンドアロンデバイスというよりはスマートフォンのアクセサリに近いものになっています。
  • ライフスタイルの変化とライフスタイルソリューションへのテクノロジー導入の準備により、ウェアラブルテクノロジーへの需要が増加しています。この需要は、新製品の発売や市場への参入によって支えられてきました。より多くの企業がスマートウォッチ市場に参入するにつれて、提供する製品を差別化する必要性が不可欠になっています。たとえば、FitbitはFitbit VersaとFitbit Charge 32017-2018を発売しました。 Fitbit Versaは、より大きな画面とバッテリー電力を必要とするスマートウォッチです。消費者を満足させるために、高解像度の画面とバッテリー技術への依存度が年々高まっており、その結果、顧客の期待に応えるためにこれらの分野への投資が行われています。
  • 消費者の健康意識の高まりは、スマートウォッチ市場の成長を促進する重要な要因です。スマートウォッチを使用すると、健康状態に応じて必要な予防措置を講じることができます。さらに、医師は患者の健康状態を遠隔から簡単に監視し、必要に応じて維持、処方、治療を行うことができます。たとえば、Series 5以降のすべての新しいApple Watchは、心拍数、神経系の活動、緊急または非活動の警告、健康上のイベントを追跡できます。
  • ここ数年、ウェアラブルの導入が注目を集めていますが、データプライバシーに対する懸念は依然として残っています。また、スマートウォッチの場合、ターゲットとなる消費者は個人であり、企業に比べてデータセキュリティに対する意識が相対的に低いです。スマートウォッチからのデータは情報量が豊富ではありませんが、デバイスがインターネット接続をサポートしている場合は、ペアリングされたデバイスから離れた場所でも操作できるため、リスクがさらに高まる可能性があります。このような場合、決済サービスが悪用される可能性があります。
  • COVID-19の症状を自己追跡するための健康対策のイントロダクションと、世界のパンデミックによるロックダウン中の個人の健康とウェルネスに対する消費者の関心の高まりは、スマートウォッチ市場に大きな機会をもたらしました。パンデミックの影響で、消費者はジムやフィットネスセンターなどの混雑した場所への外出や訪問を避けていました。これにより、スマートウォッチなどのフィットネス製品の需要が加速しました。

スマートウォッチ市場動向

スポーツ部門が大きな市場シェアを占める

  • スマートウォッチはますます重要なウェアラブルフィットネステクノロジーになりつつあります。ユーザーは、さまざまな種類のデータを追跡するために、それらをさまざまなアプリに接続しています。ほとんどの場合、スマートウォッチは追跡デバイスとしても使用できるため、アクセスの障壁が低くなり、優れたユーザーエクスペリエンスが提供されます。このため、スマートウォッチは間もなく業界の重要な部分になると予想されています。
  • 2022年 6月、ボートはBoat Xtendのアップグレード版であるXtend Sportスマートウォッチを発売しました。同社は最近、事業の立ち上げに絶好調です。同社は低価格オーディオ市場を独占した後、現在は予算を賢く支配することを目指しています。このような革新と拡大は、スポーツ業界の研究対象市場を活用することになります。
  • フィットネス業界の最近の進歩に対するテクノロジーの影響は、スマートウォッチデバイスの利害関係者に基礎を築きました。モニタリングは市場の重要な焦点分野です。スマートウォッチデバイスへのインテリジェンスの統合が進んでおり、個人のデータに基づいたリアルタイムの洞察が提供されています。タイムスケジュールを備えたスマートウォッチの新機能により、身体活動を追跡できるため、スマートウォッチデバイスの成長は比較的高い成長率で見込まれると予想されます。高給取りのプロスポーツ選手の予防可能な怪我をなくすために、多数のスマートウォッチベンダーによる投資が拡大しており、プロ用途向けに開発されるスマートウォッチの数が増加すると予想されます。
  • たとえば、クアルコムはウェアラブル向けに開発されたプロセッサであるSnapdragon Wear 3100を提供しています。このプロセッサは、市場にある多くのスマートウォッチの中で非常に目立っています。このプロセッサーは、さまざまなシナリオでバッテリー寿命と実用性を最大化するように設計されています。 Fossil Group、ルイ・ヴィトン、モンブランなどの時計メーカーは、スマートウォッチにSnapdragon Wear 3100を使用しています。
  • さらに、世界中の著名なベンダーによる機能が強化された新製品の発売により、市場の成長が促進されると予想されます。 2021年 6月、Garmin International Inc.は、LTE接続を備えたプレミアムGPSランニングおよびトライアスロンスマートウォッチの最新作であるForerunner 945 LTEを発表しました。この時計は、アスリートが外出先でもつながりを維持できるように設計されました。この時計はまた、携帯電話を使わない安全性と追跡機能、観客へのメッセージング、ライブイベントの共有を手首にもたらし、詳細なトレーニングデータ、パフォーマンス監視ツール、今日のアスリートが頼りにしているスマートウォッチ機能も提供します。

大きな成長が期待されるアジア太平洋

  • アジア太平洋は、家庭用電化製品産業の成長と、この地域の新興経済国全体でのスマートウォッチ市場ベンダーの急速な台頭により、スマートウォッチ市場で最も高い成長が見込まれると予想されています。テクノロジーに精通した人口の増加、肥満や糖尿病などの慢性疾患の増加、健康的なライフスタイルを維持するための健康とフィットネスの人気の高まりが市場の成長を推進しています。
  • スマートウォッチとスマートリストバンドの人気が高まっており、中国のスマートウォッチ所有者の70%近くがリストバンドを所有しています。地元のスマートウォッチブランドはこの傾向に即座に反応し、市場シェアのほとんどを獲得しました。西側ブランドには中国の真似をし、自国市場で主導的な地位を確立するチャンスがあります。
  • さらに、カシオ計算機は2021年4月に、Wear OS by Googleを搭載し、ユーザーのアクティビティ目標の達成やフィットネストラッキング機能の活用を支援する機能を満載したスマートウォッチ「GSW-H1000」の発売を発表しました。 GSW-H1000は、ランニング、室内トレーニング、ロードバイク、水泳、サーフィン、スノーボードなどの幅広いスポーツシーンでの使用を目的としています。
  • インド市場で活動するベンダーも、消費者を自社製品に引き寄せるために、魅力的な価格と複数の機能を備えた新製品を発売しています。たとえば、2021年8月、In Baseは最新のスマートウォッチ、アーバンスポーツを発売しました。新しいスマートウォッチにはスタンバイ時のバッテリー寿命が45日間あります。このスマートウォッチは主に、国内で入手可能な手頃な価格のスマートウォッチの範囲を拡大します。
  • 地域全体の著名なプレーヤーの間で進行中のパートナーシップとコラボレーションの一部は、予測期間中に調査される市場の範囲をさらに拡大すると予想されます。たとえば、Huami Corporationはヘルステクノロジーソフトウェア会社であるPAI Healthと提携し、高品質のスマートウォッチデバイスと強力なアルゴリズムによって収集されたHuamiの大規模な生体認証データベースと、PAI Healthのソフトウェアを組み合わせて、科学的に検証されたアプローチを提供して、問題の解決に役立てています。非活動的なライフスタイルに関連する健康リスクの一部。

スマートウォッチ業界の概要

スマートウォッチ市場は細分化されています。したがって、企業は多数の地元企業に対して優位性を得るために、製品の革新と開発に期待しています。これにより、市場での競争が激化します。 Apple Inc.、Fitbit Inc.、Samsung Electronicsが主要なプレーヤーです。

  • 2022年 6月- ガーミンはインドで、ソーラー充電機能を備えた世界初のGPS搭載スマートウォッチ955と前身となる255シリーズを発表しました。世界中のランナーに選ばれているGarminのForerunnerシリーズの最新製品は、プロおよび中レベルのランナーやアスリート向けに開発されたトレーニング機能を備えたトライアスロン対応スマートウォッチです。
  • 2022年5月- ファーウェイ・コンシューマー・ビジネス・グループは、2022年のファーウェイ主力製品発表会で、HUAWEI Mate Xs 2、HUAWEI WATCH GT 3 Pro、HUAWEI WATCH FIT 2、HUAWEI Band 7、HUAWEI WATCH D、およびHUAWEI WATCH Dを含むさまざまな最先端のハードウェア製品を発表しました。 HUAWEI S-TAGは、消費者の日常生活を簡素化することを目指しています。さらに同社は、世界中の消費者が健康的なライフスタイルを送るのを支援してきた世界的に有名なヘルスアプリを特集しました。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 業界のバリューチェーン分析
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ
  • COVID-19の市場への影響の評価

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • ウェアラブル市場における技術進歩の加速
    • 消費者の健康意識の高まり
  • 市場抑制要因
    • ウェアラブルデバイスの複雑化、機能の使用制限、セキュリティリスク

第6章 市場セグメンテーション

  • オペレーティングシステム別
    • 腕時計OS
    • ウェアOS
    • その他のオペレーティングシステム
  • ディスプレイタイプ別
    • AMOLED
    • PMOLED
    • TFT液晶
  • 用途別
    • パーソナルアシスタンス
    • 医療
    • スポーツ
    • その他の用途
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • 世界のその他の地域

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Apple Inc.
    • Samsung Electronics Co. Ltd
    • Garmin Ltd
    • Fitbit Inc.
    • Fossil Group Inc.
    • Huawei Technologies Co. Ltd
    • Sony Corporation
    • Lenovo Group Limited
    • Zepp Health Corporation
    • LG Electronics Inc.
    • Polar Electro Oy
    • Casio Computer Co. Ltd

第8章 ベンダー市場シェア分析

第9章 投資分析

第10章 市場の将来

目次
Product Code: 56473

The Smartwatch Market size in terms of shipment volume is expected to grow from 171.38 Million units in 2024 to 583.81 Million units by 2029, at a CAGR of 27.78% during the forecast period (2024-2029).

Smartwatch - Market

Due to the rising penetration rates of urbanization, the demand for aesthetically appealing advanced products to serve better the consumers' requirements, such as time schedules and multiple features in one device, has been driving the global need for smartwatches. Moreover, the huge millennial population has been adopting smartwatches due to increased spending on tracking and luxury standards for their regular work hours.

Key Highlights

  • Currently, smartwatches are designed to be paired with smartphones (via Bluetooth), which function as information gateways so that these watches can share phone notifications, such as text messages, email notices, or application alerts. However, smartwatches are not interchangeable since they can usually only be paired with a limited number of compatible smartphones. For instance, Samsung's Gear A smartwatch only works with Samsung Galaxy series smartphones, and the Apple Watch only works with iPhones. As a result, current smartwatches available from mobile device manufacturing companies are more like smartphone accessories than standalone devices since they require access to a compatible smartphone to relay additional useful information to their owners.
  • Changing lifestyles and readiness for technology adoption in lifestyle solutions have increased the demand for wearable technology. This demand has been supported by new product launches and entrants venturing into the market. As more companies venture into the smartwatch market, the need for differentiating the product offerings becomes essential. For instance, Fitbit launched Fitbit Versa and Fitbit Charge 32017-2018. Fitbit Versa is a smartwatch that requires a bigger screen and battery power. The dependency on higher-resolution screens and battery technology has increased over the years to please consumers, resulting in investment in these segments to meet customers' expectations.
  • Increasing health consciousness among consumers is a crucial factor driving the growth of the smartwatch market. A smartwatch enables them to take necessary precautions according to their health. Further, Doctors can easily monitor the health status of patients remotely and can maintain, prescribe or treat them as required. For instance, all the new Apple Watch since Series 5 can track heart rate, nervous system activities, emergency or inactivity warnings, and health events.
  • Although the adoption of wearables has been gaining traction for the past few years, the concern over data privacy persists. Moreover, for smartwatches, the target consumers are individuals people, where awareness of data security is relatively low compared to enterprises. Even though data from smartwatches are not information-rich, risks are likely to increase further if the device comes with support for internet connectivity, as they can be operated away from the paired device. Payment services in such cases can be misused.
  • The introduction of health measures to self-track the COVID-19 symptoms and increasing consumer interest in personal health and wellness during global pandemic lockdowns presented a significant opportunity for the smartwatch market. Due to the pandemic, consumers were avoiding stepping out and visiting crowded spaces, such as gyms and fitness centers. This accelerated the requirement for fitness products such as smartwatches.

Smartwatch Market Trends

Sports Segment to Account for Significant Market Share

  • Smartwatches are increasingly becoming a key wearable fitness technology. Users are connecting them to different apps to track various types of data. Most of the time, a smartwatch can also be used as a tracking device, lowering the barrier of access and offering a great user experience. This is why smartwatches are expected to become a critical part of the industry soon.
  • In June 2022, Boat launched the Xtend Sport smartwatch, an upgraded version of the Boat Xtend. The company has been on a launch spree lately. After dominating the budget audio market, the company now aims to dominate the budget smartly. Such innovations and expansions will leverage the studied market in the sports industry.
  • The impact of technologies on recent advancements in the fitness industry laid the foundation for stakeholders in smartwatch devices. Monitoring is a critical focus area of the market. It is witnessing an increasing integration of intelligence into smartwatch devices, offering real-time insights based on the individual's data. New features in smartwatches with time schedules offer to track physical activities, due to which the growth in the smartwatch devices is expected to witness a comparatively high growth rate. The growing investments by numerous smartwatch vendors to eliminate any preventable injuries of highly paid professional athletes are anticipated to fuel the number of smartwatches developed for professional usage.
  • For instance, Qualcomm offers its made-for-wearables processor, Snapdragon Wear 3100. The processor is very prominent across many smartwatches in the market. The processor was designed to maximize battery life and utility in various scenarios. Watchmakers such as Fossil Group, Louis Vuitton, and Montblanc use the Snapdragon Wear 3100 in their smartwatches.
  • Furthermore, launching new products with enhanced features by prominent vendors worldwide is expected to drive market growth. In June 2021, Garmin International Inc. announced its latest creation, the Forerunner 945 LTE, a premium GPS running and triathlon smartwatch with LTE connectivity. The watch was designed to help athletes stay connected on the go. The watch also brings phone-free safety and tracking features, spectator messaging, and live event sharing to the wrist while providing detailed training data, performance monitoring tools, and smartwatch features that the athletes today have come to rely.

Asia-Pacific Expected to Have Significant Growth

  • Asia-Pacific is expected to witness the highest growth in the smartwatch market, owing to the growing consumer electronics industry and the rapid rise of smartwatch market vendors across the region's emerging economies. The increasing tech-savvy population, a rising pool of chronic diseases, such as obesity and diabetes, and the growing popularity of health and fitness to maintain a healthy lifestyle drive the market growth.
  • Smartwatches and smart wristbands are becoming popular, with nearly 70% of Chinese smartwatch owners owning a wristband. Local smartwatch brands responded promptly to this trend and snapped up most of the market share. There is an opportunity for western brands to copy from China and establish leading positions in their home markets.
  • Moreover, in April 2021, Casio Computer Co. Ltd. announced the release of the GSW-H1000, a G-SQUAD PRO smartwatch powered by Wear OS by Google and packed with functions designed to assist users in achieving their activity goals and utilizing fitness tracking features. The GSW-H1000 is oriented toward usage in a wide range of athletic settings, including activities, like running, indoor workouts, road biking, swimming, surfing, and snowboarding.
  • Vendors operating in the Indian market are also launching new products with attractive prices and multiple functions to lure consumers toward their offerings. For instance, Aug 2021, In base launched its latest smartwatch Urban Sports. The new smartwatch comes with 45 days of standby battery life. The smartwatch primarily expands the affordable range of smartwatches available in the country.
  • Some of the ongoing partnerships and collaborations among the prominent players across the region are further expected to expand the scope of the market studied during the forecast period. For instance, Huami Corporation partnered with PAI Health, which is a health technology software company, to combine Huami's massive biometric database collected by the high-quality smartwatch devices and powerful algorithms, along with PAI Health's software to offer a scientifically validated approach to help address some of the health risks that are associated with an inactive lifestyle.

Smartwatch Industry Overview

The smartwatch market is fragmented; therefore, companies are banking on product innovation and development to gain an edge over a large number of local players. This makes the rivalry intense in the market. Apple Inc., Fitbit Inc., and Samsung Electronics Co. Ltd are key players.

  • June 2022 - In India, Garmin unveiled its new and one of the world's first GPS-running smartwatch 955 with solar charging and forerunner 255 series. The latest additions to Garmin's Forerunner range, the preferred choice of runners worldwide, are triathlon-ready smartwatches with training features developed for professional and mid-level runners and athletes.
  • May 2022 - Huawei Consumer Business Group announced various cutting-edge hardware products at the Huawei flagship product launch in 2022, including the HUAWEI Mate Xs 2, HUAWEI WATCH GT 3 Pro, HUAWEI WATCH FIT 2, HUAWEI Band 7, HUAWEI WATCH D, and HUAWEI S-TAG is aiming to simplify the daily lives of consumers. Further, the company featured its world-renowned Health App, which has aided consumers worldwide to lead a healthy lifestyle.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Value Chain Analysis
  • 4.3 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.3.3 Threat of New Entrants
    • 4.3.4 Threat of Substitutes
    • 4.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.4 Assessment of the Impact of COVID-19 on the Market

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Increasing Technological Advancements in the Wearables Market
    • 5.1.2 Increasing Health Awareness among the Consumers
  • 5.2 Market Restraints
    • 5.2.1 Growing Complexity of Wearable Devices, Limited Use of Features, and Security Risks

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Operating System
    • 6.1.1 Watch OS
    • 6.1.2 Wear OS
    • 6.1.3 Other Operating Systems
  • 6.2 By Display Type
    • 6.2.1 AMOLED
    • 6.2.2 PMOLED
    • 6.2.3 TFT LCD
  • 6.3 By Application
    • 6.3.1 Personal Assistance
    • 6.3.2 Medical
    • 6.3.3 Sports
    • 6.3.4 Other Applications
  • 6.4 By Geography
    • 6.4.1 North America
    • 6.4.2 Europe
    • 6.4.3 Asia-Pacific
    • 6.4.4 Rest of the World

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Apple Inc.
    • 7.1.2 Samsung Electronics Co. Ltd
    • 7.1.3 Garmin Ltd
    • 7.1.4 Fitbit Inc.
    • 7.1.5 Fossil Group Inc.
    • 7.1.6 Huawei Technologies Co. Ltd
    • 7.1.7 Sony Corporation
    • 7.1.8 Lenovo Group Limited
    • 7.1.9 Zepp Health Corporation
    • 7.1.10 LG Electronics Inc.
    • 7.1.11 Polar Electro Oy
    • 7.1.12 Casio Computer Co. Ltd

8 VENDOR MARKET SHARE ANALYSIS

9 INVESTMENT ANALYSIS

10 FUTURE OF THE MARKET