デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1437975

ドライシャンプー:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024-2029)

Dry Shampoo - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 150 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.11円
ドライシャンプー:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024-2029)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 150 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

ドライシャンプー市場規模は、2024年に28億米ドルと推定され、2029年までに37億米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に5.72%のCAGRで成長します。

ドライシャンプー- マーケット

水を使わずに頭皮から油分を抽出するというユニークなセールスポイントを持つドライシャンプーは、ペースの速いライフスタイルや多忙な労働時間、そして都市の大気汚染の激しい環境での生活傾向によって推進される市場の成長を推進する重要な要素の1つとなるでしょう。定期的な髪の洗浄は髪にダメージを与える可能性があると専門家が意見を述べているため、消費者はますますナチュラルおよびオーガニック化粧品への傾向を強めています。したがって、消費者は天然ドライシャンプーに移行しています。さらに、発展途上地域全体での中程度から重度の水不足により、ドライシャンプーの人気が高まり、主要な利害関係者に有利な機会が生まれています。また、水を使わない製品に対する消費者の嗜好の高まりも世界市場を刺激しています。

さらに、スーパーマーケットや大型スーパーマーケットでの製品の需要の増加とインターネットの普及に伴い、シャンプーを含むパーソナルケア製品を購入するオンライン市場は、過去3~4年で世界的に急速に成長しています。このカテゴリーには、Amazon、Walmart、Carrefourなどのいくつかの垂直専門企業が引き寄せられています。これらの企業は、電子小売の成長の拡大に乗って、オンラインパーソナルケア製品の大きなパイを争っています。また、デジタルビューティーブロガーの影響力を拡大し、新しいニッチなブランドへの露出を提供することも、世界中の市場の成長を支えています。

ドライシャンプー市場動向

オーガニック・ナチュラル処方が主流になりつつある

化学製剤の副作用についての意識の高まりと、天然成分を含むシャンプー製品に対する消費者のニーズの進化により、メーカーは製品ポートフォリオを拡大し、競争の激しいシャンプー市場に身を置いています。市場では、80~100%天然由来成分を配合し、シリコンフリー、パラベンフリー、硫酸塩フリーのナチュラルシャンプーが動向になっています。デジタルメディアやその他のソースを通じた製品やサービスとその利点に対する消費者の認識が、この部門の成長を促進します。ハーブとアーユルヴェーダの世界の広がりは、インド人が外国に移住し、伝統的なパーソナルケア製品の有望な市場を創出することで後押しされています。アーユルヴェーダ製品とハーブ製品の輸出率は近年大幅に増加し、世界のハーブ市場の成長に影響を与えています。インド商務省によると、2021年のアーユルヴェーダ製品の輸出による売上高は5億3,987万米ドルで、2020年と比較して26%増加したことがわかります。したがって、調査対象となった市場は国際市場で高い需要が見込まれると予想されます。

ドライシャンプーはハーブ成分の先駆的な調査です。さまざまな世界的企業が持続可能な開発に戦略的に投資しています。高い生分解性レベルで環境プロファイルを改善した後、新製品が発売され、活況を呈しています。たとえば、2022年 2月、欧州の薬局の本物のブランドであるKloraneは、全国ドライシャンプーデーに向けて新しい処方を発売しました。同ブランドは、7種類の100%天然、油吸収性、植物ベースのクレンジングパウダーを組み込んだ、オーガニック亜麻を使用した新しいボリュームドライシャンプーを発売しました。

アジア太平洋は最も急成長している市場です

アジア太平洋地域の美容およびパーソナルケア業界は、特に中国、日本、タイ、韓国での美容意識の高い消費者の増加により、驚異的な成長を遂げています。ヘアケアは彼らの日常生活の重要な側面です。たとえば、中国人はシャンプーが髪の水分バランスを保つために不可欠なヘアケア製品であると考えています。さらに、中国では、主に高圧生活と汚染レベルの増加により、抜け毛防止シャンプーの需要が急速に成長しています。さらに、可処分所得の大幅な増加、生活水準の向上、消費者のペースの速い生活、抜け毛防止やふけ防止ドライシャンプーなどのさまざまな進歩が、ドライシャンプーの成長を後押しすると予想される要因となっています。予測期間中の市場。さらに、頭皮をきれいにし、髪を柔らかく滑らかにすることを目的とした2-in-1シャンプーとコンディショナーがアジア太平洋地域全体で急速に普及し、市場全体を刺激すると予想されます。

ドライシャンプー業界の概要

ドライシャンプー市場は激しい競合に直面しており、市場シェアの大部分はプロクター・アンド・ギャンブル、チャーチ・アンド・ドワイト UK Ltd.、ヘンケルAG &Co. KGaA、ロレアルパリ、BBLUNT、MacAndrews &Forbes Incorporatedなどの大手企業によって占められています。、Coty Inc.、PHILOSOPHY INC.、ユニリーバ。主要企業は、地理的リーチと消費者ベースを拡大するために、製品開発、オンライン流通チャネル、戦略的拡張、広告、製品のブランディングに重点を置いています。大手企業も高品質の製品を確保するために研究開発に多額の投資を行っています。新製品の発売と未開発の地域への戦略的拡大は、市場で活動するプレーヤーが好む戦略です。ドライシャンプー市場の大手メーカーは、インドなどのアジア太平洋の新興市場がもたらす機会を活用して収益基盤を拡大することに注力しています。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ

第5章 市場セグメンテーション

  • 流通チャネル別
    • スーパーマーケット/ハイパーマーケット
    • コンビニエンスストア
    • 専門店
    • オンライン小売店
    • その他の流通チャネル
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
      • 北米のその他の地域
    • 欧州
      • スペイン
      • 英国
      • ドイツ
      • フランス
      • イタリア
      • ロシア
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • その他アジア太平洋地域
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米
    • 中東とアフリカ
      • 南アフリカ
      • サウジアラビア
      • 残りの中東およびアフリカ

第6章 競合情勢

  • 最も採用されている戦略
  • 市場シェア分析
  • 企業プロファイル
    • Church &Dwight Co., Inc.
    • Unilever
    • Procter &Gamble
    • L'Oreal SA
    • BBLUNT
    • MacAndrews &Forbes(Revlon)
    • Henkel AG &Co. KGaA
    • Kao Corporation
    • Coty Inc.
    • Philosophy, Inc.

第7章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 63951

The Dry Shampoo Market size is estimated at USD 2.80 billion in 2024, and is expected to reach USD 3.70 billion by 2029, growing at a CAGR of 5.72% during the forecast period (2024-2029).

Dry Shampoo - Market

Dry shampoo, with its unique selling point of extracting oil from the scalp without water, will be one of the critical factors that will drive the market's growth, propelled by fast-paced lifestyles and hectic work hours, and the propensity of living in highly polluted cities. With experts opining that regular washing of hair can cause damage to the hair, consumers are increasingly inclined toward natural and organic cosmetic products. Hence, there is a shift of consumers towards natural dry shampoo. Additionally, moderate to severe water shortages across developing regions augment dry shampoo's popularity, creating lucrative opportunities for key stakeholders. Also, the rising consumer preference for waterless products is fueling the global market.

Furthermore, along with the increasing demand for the product in supermarkets and hypermarkets and increasing internet penetration, the online market for purchasing personal care products, including shampoos, has seen rapid growth globally in the last 3-4 years. This category has attracted a few vertical specialists like Amazon, Walmart, Carrefour, etc. They are riding on increasing e-retailing growth and vying for a significant pie in online personal care products. Also, expanding the influence of digital beauty bloggers and providing exposure to new and niche brands is also supporting market growth worldwide.

Dry Shampoo Market Trends

Organic/Natural formulations are Becoming Mainstream

With rising awareness about the side effects of chemical formulations and evolving consumer needs for shampoo products comprising natural ingredients, manufacturers are expanding their product portfolios and placing themselves in a highly competitive shampoo market. Shampoos with natural, silicone-free, paraben-free, and sulfate-free formulas with 80-100% naturally-derived ingredients are trending in the market. Consumer awareness about products and services and their benefits through digital media and other sources boost the segment's growth. Herbal and Ayurveda's global reach is pushed by Indians migrating to foreign countries and creating a promising market for traditional personal care products. The export rate of ayurvedic and herbal products increased significantly in recent years, affecting the global herbal market's growth. According to the Department of Commerce (India), the sales generated by exporting ayurvedic products accounted for USD 539.87 million in 2021, indicating a 26% increase compared to 2020. Thus, the market studied is expected to witness high demand in the international market.

Dry shampoos are pioneering research in herbal ingredients. Various global players are strategically investing in sustainable development. New products have been launched after improving their environmental profile with high biodegradability levels, thus providing a jumpstart. For instance, In February 2022, Klorane, a genuine brand in European pharmacies, rolled out a new formulation for National Dry Shampoo Day. The brand launched its new Volumizing Dry Shampoo with Organic Flax which incorporates seven 100% natural, oil-absorbing, plant-based cleansing powders.

Asia-Pacific is the Fastest-Growing Market

The beauty and personal care industry in the Asia-Pacific region is witnessing tremendous growth due to an increasing number of beauty-conscious consumers, particularly in China, Japan, Thailand, and South Korea. The hair care regime is an important aspect of their everyday life. For example, the Chinese population considers shampoos an essential hair care product to keep the moisture balance of the hair. Additionally, in China, the demand for anti-hair fall shampoo is growing rapidly, mainly attributable to the high-pressure life and increasing pollution levels. Moreover, substantial growth in disposable income, rising living standards, the fast-paced life of consumers, and various advancements such as anti-hair fall and anti-dandruff dry shampoos, are factors expected to confer a boost to the growth of the dry shampoo market during the forecast period. Furthermore, the rapid adoption of 2-in-1 shampoos and conditioners, intended to clear the scalp and make hair soft and silky, across the Asia-Pacific region is expected to fuel the overall market.

Dry Shampoo Industry Overview

The dry shampoo market faces high competition, with the majority of market share being held by leading players, including Procter & Gamble, Church & Dwight UK Ltd., Henkel AG & Co. KGaA, L'Oreal Paris, BBLUNT, MacAndrews & Forbes Incorporated, Coty Inc., PHILOSOPHY INC, and Unilever. The key players focus on product development, online distribution channels, strategic expansions, advertisement, and branding of their products to expand their geographic reach and consumer base. The leading companies are also investing heavily in R&D to ensure high-quality products. Launching new products and strategic expansions to untapped geographies are the preferred strategies of players operating in the market. Leading manufacturers in the dry shampoo market are focusing on leveraging the opportunities posed by the emerging markets of Asia-Pacific, such as India, to expand their revenue base.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Drivers
  • 4.2 Market Restraints
  • 4.3 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Threat of New Entrants
    • 4.3.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.3.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.4 Threat of Substitute Products
    • 4.3.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Distribution Channel
    • 5.1.1 Supermarkets/Hypermarkets
    • 5.1.2 Convenience Stores
    • 5.1.3 Specialty Stores
    • 5.1.4 Online Retail Stores
    • 5.1.5 Other Distribution Channels
  • 5.2 Geography
    • 5.2.1 North America
      • 5.2.1.1 United States
      • 5.2.1.2 Canada
      • 5.2.1.3 Mexico
      • 5.2.1.4 Rest of North America
    • 5.2.2 Europe
      • 5.2.2.1 Spain
      • 5.2.2.2 United Kingdom
      • 5.2.2.3 Germany
      • 5.2.2.4 France
      • 5.2.2.5 Italy
      • 5.2.2.6 Russia
      • 5.2.2.7 Rest of Europe
    • 5.2.3 Asia-Pacific
      • 5.2.3.1 China
      • 5.2.3.2 Japan
      • 5.2.3.3 India
      • 5.2.3.4 Australia
      • 5.2.3.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.2.4 South America
      • 5.2.4.1 Brazil
      • 5.2.4.2 Argentina
      • 5.2.4.3 Rest of South America
    • 5.2.5 Middle-East and Africa
      • 5.2.5.1 South Africa
      • 5.2.5.2 Saudi Arabia
      • 5.2.5.3 Rest of Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Most Adopted Strategies
  • 6.2 Market Share Analysis
  • 6.3 Company Profiles
    • 6.3.1 Church & Dwight Co., Inc.
    • 6.3.2 Unilever
    • 6.3.3 Procter & Gamble
    • 6.3.4 L'Oreal S.A.
    • 6.3.5 BBLUNT
    • 6.3.6 MacAndrews & Forbes (Revlon)
    • 6.3.7 Henkel AG & Co. KGaA
    • 6.3.8 Kao Corporation
    • 6.3.9 Coty Inc.
    • 6.3.10 Philosophy, Inc.

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS