デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1430768

ゼラチン:市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測(2024年~2029年)

Gelatin - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 362 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=154.36円
ゼラチン:市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測(2024年~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 362 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

ゼラチン市場規模は、2024年に20億米ドルと推定され、2029年までには25億1,000万米ドルに達すると予測され、予測期間中(2024年~2029年)にCAGR4.65%で成長する見込みです。

Gelatin-Market

パーソナルケア重視の高まりにより、タンパク質ベースのスキンケアおよびヘアケア製品への需要が予測期間中に顕著になる

  • 用途別では、F&Bが世界のゼラチン市場の最大セグメントであり続けています。また、予測期間中、数量ベースでCAGR4.46%で推移すると予測されます。この成長は主に、伝統的な食品からよりタンパク質ベースのソリューションへの選好のシフトによるものです。世界全体では、消費者の約93%が少なくとも数回は健康的な食事をしたいと考えており、63%はほとんど、あるいは常に健康的な食事を心がけています。消費者はまた、自分が摂取している食品や、製品に含まれる成分が健康にどのような影響を与えるかについて、より意識的になっています。ゼラチンに含まれるタンパク質は、腸の保護粘膜を作るなど、腸壁をサポートするのに役立ちます。
  • COVID-19の大流行中、コンビニエンス・ミールの家庭内消費は2020年には26%に増加しました。ライフスタイルの選択としての健康の重要性がF&Bセクターの消費者に影響を与えました。しかし予測期間中、ゼラチンは他の乳製品タンパク質よりも平均タンパク質含有率が5%と高いため、パーソナルケアは金額ベースでCAGR6.29%となり、市場で最も急成長するセグメントとなる見込みです。
  • ゼラチンの用途がある他のセグメントは、パーソナルケアと化粧品セグメントだけです。この分野は予測期間中、数量ベースでCAGR6.31%を記録すると予測されています。フェイスクリーム、ボディローション、シャンプー、ヘアスプレー、日焼け止め、入浴剤、泡風呂液など、数多くの化粧品にゲル化剤としてゼラチンが使用されています。皮膚に使用しても安全で、有害物質を含まず、クリームやローションの保湿剤としてよく働く。皮膜形成作用があるため、髪のツヤや櫛通りの良さ、肌の滑らかさに効果があります。また、ヘアカラーやティントの顔料をより均一に吸収させる効果もあります。

栄養補助食品需要の高まりがゼラチンの用途を押し上げたため、2022年には欧州が大きなシェアを占める

  • アジア太平洋はゼラチンの最大かつ最も急成長している市場であり、次いで欧州です。両地域はゼラチンタンパク質需要全体の約78.6%を占めています。アジア太平洋では食肉産業が確立しているため、ゼラチンが大量に生産され、同地域でのゼラチン原料の入手が容易になっています。アジア太平洋、特に中国やインドなどで肥満が増加していることも、市場の成長を後押しする大きな要因となっています。インドでは、太りすぎの女性の割合が20.6%から24%に、男性では18.9%から2021年には22.9%に増加しています。バランスの取れた食生活の一環としてゼラチンベースの製品を摂取することは、ゼラチンの高タンパク低カロリー含有量による減量促進に役立つ可能性があります。
  • 欧州では、ロシアが市場を独占し、地域市場の22.5%を占めています。2021年、ロシアのゼラチン売上高は2020年比で8.18%増加したが、これは様々な食品・飲料用途で牛由来ゼラチンの使用量が増加しているためです。同地域における栄養補助食品需要の高まりは、消費者の健康的でタンパク質が豊富な食生活への傾向の変化を物語っており、これがゼラチン市場の成長を促進すると期待されています。
  • アフリカ地域は、同国における積極的な拡大戦略を反映した商業活動の増加により、ゼラチン市場で大きなシェアを占めています。F&B業界、特にベーカリーや飲料におけるゼラチンの高集積が市場を牽引しました。各社は、消費者の間で人気が高まっている透明な飲料に自然に適合するゼラチンの提供を推進しています。ゼラチンの約2%から3%は、ヘイズの原因となる果汁の沈殿物の除去に有用です。

世界のゼラチン市場動向

小売セクターの強い支持が市場の成長を支えている

  • 欧州は世界のベーカリー製品の主要消費国であり、2022年には約28.1%のシェアを占めました。パンはこの地域で最も消費されているベーカリー製品です。その生産量はほとんどの国で比較的安定しています。しかし、英国やドイツのように、年率1%から2%という長期的に緩やかな減少傾向を示している国もあり、市場の成長に影響を及ぼしています。
  • 北米では、ナチュラル・ラベルやクリーン・ラベルを謳った製品が徐々に人気を集めています。より健康的な食品を消費するために、アメリカの消費者のほぼ45%が、製品にクリーンラベルの成分を求めています。同様の需要が、地元のベーカリー業界にイノベーションを巻き起こしています。例えば、Greater Goods Snacking Co.、Home Dough、Hydrox® Cookiesのようなメーカーは、2016年から2022年の間にクリーンラベルのクッキーやクラッカーを発売しました。同時に、他のプレーヤーはスーパーフード、タンパク質、良質な脂肪などをポートフォリオに加えました。
  • パン業界は、ロシア・ウクライナ戦争の結果、2022年に価格インフレに見舞われました。過去1年間、パンの価格は欧州全域で大幅に上昇し、特にロシアのウクライナ侵攻後の高騰が顕著でした。2021年8月の3%に比べ、2022年8月の価格は概ね18%上昇しました。イタリアでは、パンの平均価格は2021年8月から2022年8月の間に13.5%上昇しました。ドイツでも同時期にパンの平均価格が17.5%上昇しました。
  • 組織化されたベーカリー分野は、クッキー/ビスケットとペストリーの需要増加により、予測期間中に3.08%増加すると予測されます。アジア太平洋は、予測期間中に4.60%という最も速い成長率を記録すると予測されますが、これは地域および国際的なメーカーが、より多くの消費者に対応するために西洋風のベーカリーアイテムをイントロダクションしたためです。

食肉生産がゼラチンメーカーの原料として大きく貢献

  • ゼラチン業界の原料は由来によって異なります。動物性ゼラチンは骨、組織、その他の動物の部位を原料としていますが、海洋性ゼラチンは魚を主原料としています。そのため、屠畜場や牛、豚、魚の養殖場からの原料に大きく依存しています。インドには2017年、政府公認の屠畜場が72カ所あり、世界最大級の食肉生産国となっています。しかし、インドのほとんどの食肉処理場では、皮、骨、ひづめを含む廃棄物を処分しています。同国の食肉処理場のほとんどは、非常に古いか、かなり小規模で分散しています。したがって、屠畜場はゼラチンを生産する上でひづめ、皮、骨、関節の重要性を理解しなければなりません。
  • しかし、牛、豚、魚の肉の生産は、すべての地域でパンデミック中に屠畜場が閉鎖されたために減少しました。COVID-19のパンデミックにもかかわらず、EUの豚部門は、中国からの旺盛な輸出需要を見込んで、前年よりも母豚の頭数を増やして2020年を迎えました。しかし、COVID-19パンデミックによる北西欧でのと畜制限など、市場では多くの課題が発生しました。ドイツの豚の価格も、中国の売れ行きが落ちたにもかかわらず上昇しています(2021年5月に、屠畜重量1kgあたり1.54ユーロへ、約10セント上昇)。
  • 中国のような国々は、動物性タンパク質生産における自給自足への欲求を示しています。例えば、2021年12月、中国の全国農業農村事務会議は、同国の5ヵ年計画の一環として、豚肉の年間生産目標を現在の生産率を約35%上回る5,500万トンに設定しました。

ゼラチン産業の概要

ゼラチン市場は断片化されており、上位5社で11.32%を占めています。この市場の主要企業は、Darling Ingredients Inc.、Gelita AG、Italgelatine SpA、Nitta Gelatin Inc.、SAS Gelatines Weishardt(アルファベット順)です。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月のアナリスト・サポート

目次

第1章 エグゼクティブサマリーと主な調査結果

第2章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲
  • 調査手法

第3章 主要産業動向

  • エンドユーザー市場規模
    • ベビーフードおよび乳児用調製粉乳
    • ベーカリー
    • 飲料
    • 朝食用シリアル
    • 調味料/ソース
    • 菓子類
    • 乳製品および乳製品代替製品
    • 高齢者栄養・医療栄養
    • 肉・鶏肉・魚介類および肉代替製品
    • RTE/RTC食品
    • スナック
    • スポーツ/パフォーマンス栄養
    • 動物飼料
    • パーソナルケアと化粧品
  • タンパク質消費動向
    • 動物
  • 生産動向
    • 動物
  • 規制の枠組み
    • 中国
    • フランス
    • ドイツ
    • インド
    • イタリア
    • 日本
    • 英国
    • 米国
  • バリューチェーンと流通チャネル分析

第4章 市場セグメンテーション(市場規模:米ドル、数量、2029年までの予測、成長見通し分析を含む)

  • 形態
    • 動物性
    • 海洋性
  • エンドユーザー
    • 食品・飲料
      • サブエンドユーザー別
      • ベーカリー
      • 飲料
      • 調味料/ソース
      • 菓子類
      • 乳製品・乳製品代替品
      • RTE/RTC食品
      • スナック
    • パーソナルケアと化粧品
  • 地域
    • アフリカ
      • 形態別
      • エンドユーザー別
      • 国別
      • ナイジェリア
      • 南アフリカ
      • その他のアフリカ
    • アジア太平洋
      • 形態別
      • エンドユーザー別
      • 国別
      • オーストラリア
      • 中国
      • インド
      • インドネシア
      • 日本
      • マレーシア
      • ニュージーランド
      • 韓国
      • タイ
      • ベトナム
      • その他アジア太平洋
    • 欧州
      • 形態別
      • エンドユーザー別
      • 国別
      • ベルギー
      • フランス
      • ドイツ
      • イタリア
      • オランダ
      • ロシア
      • スペイン
      • トルコ
      • 英国
      • その他欧州
    • 中東
      • 形態別
      • エンドユーザー別
      • 国別
      • イラン
      • サウジアラビア
      • アラブ首長国連邦
      • その他中東
    • 北米
      • 形態別
      • エンドユーザー別
      • 国別
      • カナダ
      • メキシコ
      • 米国
      • その他北米
    • 南米
      • 形態別
      • エンドユーザー別
      • 国別
      • アルゼンチン
      • ブラジル
      • その他南米地域

第5章 競合情勢

  • 主要な戦略動向
  • 市場シェア分析
  • 企業情勢
  • 企業プロファイル(世界レベルの概要、市場レベルの概要、主要事業セグメント、財務、従業員数、主要情報、市場ランク、市場シェア、製品・サービス、最近の発展に関する分析を含む)
    • ASAHI GELATINE INDUSTRIAL Co. Ltd
    • Darling Ingredients Inc.
    • Gelita AG
    • Italgelatine SpA
    • Jellice Pioneer Private Limited
    • Nippi. Inc.
    • Nitta Gelatin Inc.
    • SAS Gelatines Weishardt

第6章 CEOへの主な戦略的質問

第7章 付録

  • 世界概要
    • 概要
    • ファイブフォース分析フレームワーク
    • 世界・バリューチェーン分析
    • 市場力学(DROs)
  • 情報源と参考文献
  • 図表一覧
  • 主要洞察
  • データパック
  • 用語集
目次
Product Code: 90228

The Gelatin Market size is estimated at USD 2 billion in 2024, and is expected to reach USD 2.51 billion by 2029, growing at a CAGR of 4.65% during the forecast period (2024-2029).

Gelatin - Market

Rising emphasis on personal care, demand for protein-based skincare and hair care products will gain prominence during the forecast period

  • By application, F&B remained the largest segment in the global gelatin market. It is also anticipated to register a nominal CAGR of 4.46%, by volume, during the forecast period. This growth is primarily due to shifting preferences from traditional foods to more protein-based solutions. Globally, about 93% of consumers want to eat healthy at least a few times, with 63% trying to eat healthy most or all of the time. Consumers are also more conscious about the foods they are consuming and how the ingredients in any product affect their health. The proteins in gelatin can help support the intestinal wall, including building the protective mucus lining in the intestines.
  • During the COVID-19 outbreak, in-home consumption of convenience meals increased to 26% in 2020. The importance of health as a lifestyle choice influenced consumers in the F&B sector. However, during the forecast period, personal care is expected to be the market's fastest-growing segment, with a CAGR of 6.29% by value, as gelatin has a higher average protein content of 5% than other dairy proteins.
  • The only other segment with an application for gelatin is the personal care and cosmetics segment. The segment is projected to record a CAGR of 6.31%, by volume, during the forecast period. Numerous cosmetic products, such as face creams, body lotions, shampoos, hair sprays, sunscreens, bath salts, and bubble bath liquids, use gelatin as a gelling agent. It is safe for use on the skin, contains no toxic substances, and works well as a moisturizer in creams and lotions. It benefits the shine and combability of hair and the smoothness of skin due to its film-forming properties. It also ensures that pigments in hair colors and tints are absorbed more uniformly.

Europe holds significant share in 2022 due to growing demand for dietary supplements across the region drove the application of gelatin

  • Asia-Pacific is the largest and fastest-growing market for gelatin, followed by Europe. Both regions account for approximately 78.6% of the overall gelatin protein demand. The established meat industry of the Asia-Pacific region yields immense gelatin, making it easier to access the ingredient in the region. The increasing obesity in the Asia-Pacific region, particularly in countries like China and India, has also been another major factor boosting the market's growth. In India, the percentage of overweight women rose from 20.6% to 24%, while in men, the number increased from 18.9% to 22.9% in 2021. Consuming gelatin-based products as part of a balanced diet may help promote weight loss due to gelatin's high protein and low-calorie contents.
  • In Europe, Russia dominated the market and accounted for 22.5% of the regional market. In 2021, gelatin sales in Russia went up by 8.18% compared to 2020, attributed to the increasing usage of bovine-based gelatin in various food and beverage applications. The rising demand for dietary supplements in the region accounts for the shifting inclination of consumers toward healthy and protein-rich diets, which is expected to drive the growth of the gelatin market.
  • The African region holds a significant share of the gelatin market due to increased commercial activity, reflecting an aggressive expansion strategy in the country. High gelatin integration in the F&B industry, particularly in bakeries and beverages, drove the market. Companies are promoting their gelatin offerings as a natural fit for clear beverages, which are becoming increasingly popular among consumers. About 2-3% of gelatin is useful for removing fruit juice precipitates that may cause haze.

Global Gelatin Market Trends

Strong hold of the retail sector is supporting market growth

  • Europe is the major consumer of bakery products worldwide, holding around 28.1% share in 2022. Bread is the most consumed bakery product in the region. Its production is relatively stable in most countries. However, some countries, like the United Kingdom and Germany, are still showing a long-term trend of a slow decline, i.e., 1-2% per year, thereby affecting the market's growth.
  • Products with natural and clean label claims are gradually gaining popularity in North America. To consume healthier, almost 45% of American consumers seek clean-label ingredients in their products. A similar demand has sparked innovation in the local bakery industry. For instance, manufacturers like Greater Goods Snacking Co., Home Dough, and Hydrox® Cookies launched clean-labeled cookies or crackers between 2016 and 2022. At the same time, other players added superfoods, protein, good fats, etc., to their portfolios.
  • The bread industry experienced price inflation in 2022 as a result of the Russia-Ukraine war. In the past year, bread prices increased significantly across Europe, with the surge especially evident after Russia's invasion of Ukraine. In August 2022, prices were generally 18% higher compared to 3% in August 2021. In Italy, the average price of bread grew by 13.5% between August 2021 and August 2022. Germany also witnessed a 17.5% increase in the average price of bread during the same time.
  • The organized bakery segment is projected to increase by 3.08% during the forecast period, owing to the growing demand for cookies/biscuits and pastries. Asia-Pacific is projected to witness the fastest growth rate of 4.60% during the forecast period, owing to the introduction of western bakery items by regional and international manufacturers to cater to a wider audience.

Meat production contributes majorly as raw material for gelatin manufacturers

  • The gelatin industry's raw materials differ depending on the source. Animal-based gelatin uses bones, tissues, and other animal parts as raw materials, whereas marine-based gelatin uses fish as the primary raw material. As a result, companies rely significantly on raw materials from slaughterhouses and cattle, pigs, and fish farms. India had 72 government-approved abattoirs in 2017, making it one of the largest meat-producing countries globally. However, most abattoirs in India dispose of their waste, including skin, bones, and hooves. Most of the country's slaughterhouses are either very old or significantly smaller and dispersed. Therefore, abattoirs must understand the importance of hooves, hides, bones, and joints in producing gelatin, which may benefit the market economically and environmentally.
  • However, the production of bovine, porcine, and fish meat declined due to the shutdown of slaughterhouses during the pandemic across all regions. Despite the COVID-19 pandemic, the EU swine sector started the year 2020 with a larger sow herd than the previous year, anticipating strong export demand from China. However, many challenging developments occurred in the market, such as slaughter restrictions in Northwestern Europe due to the COVID-19 pandemic. German pig prices are also rising despite lost Chinese sales (about 10 cents to EUR 1.54 per kg slaughter weight in May 2021).
  • Countries like China are demonstrating a desire for self-sufficiency in animal protein production. For instance, in December 2021, China's National Conference of Agricultural and Rural Affairs set an annual pork production target as part of the country's five-year plan at 55 million ton, approximately 35% above the current production rate.

Gelatin Industry Overview

The Gelatin Market is fragmented, with the top five companies occupying 11.32%. The major players in this market are Darling Ingredients Inc., Gelita AG, Italgelatine SpA, Nitta Gelatin Inc. and SAS Gelatines Weishardt (sorted alphabetically).

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 EXECUTIVE SUMMARY & KEY FINDINGS

2 INTRODUCTION

  • 2.1 Study Assumptions & Market Definition
  • 2.2 Scope of the Study
  • 2.3 Research Methodology

3 KEY INDUSTRY TRENDS

  • 3.1 End User Market Volume
    • 3.1.1 Baby Food and Infant Formula
    • 3.1.2 Bakery
    • 3.1.3 Beverages
    • 3.1.4 Breakfast Cereals
    • 3.1.5 Condiments/Sauces
    • 3.1.6 Confectionery
    • 3.1.7 Dairy and Dairy Alternative Products
    • 3.1.8 Elderly Nutrition and Medical Nutrition
    • 3.1.9 Meat/Poultry/Seafood and Meat Alternative Products
    • 3.1.10 RTE/RTC Food Products
    • 3.1.11 Snacks
    • 3.1.12 Sport/Performance Nutrition
    • 3.1.13 Animal Feed
    • 3.1.14 Personal Care and Cosmetics
  • 3.2 Protein Consumption Trends
    • 3.2.1 Animal
  • 3.3 Production Trends
    • 3.3.1 Animal
  • 3.4 Regulatory Framework
    • 3.4.1 China
    • 3.4.2 France
    • 3.4.3 Germany
    • 3.4.4 India
    • 3.4.5 Italy
    • 3.4.6 Japan
    • 3.4.7 United Kingdom
    • 3.4.8 United States
  • 3.5 Value Chain & Distribution Channel Analysis

4 MARKET SEGMENTATION (includes market size in Value in USD and Volume, Forecasts up to 2029 and analysis of growth prospects)

  • 4.1 Form
    • 4.1.1 Animal Based
    • 4.1.2 Marine Based
  • 4.2 End User
    • 4.2.1 Food and Beverages
      • 4.2.1.1 By Sub End User
      • 4.2.1.1.1 Bakery
      • 4.2.1.1.2 Beverages
      • 4.2.1.1.3 Condiments/Sauces
      • 4.2.1.1.4 Confectionery
      • 4.2.1.1.5 Dairy and Dairy Alternative Products
      • 4.2.1.1.6 RTE/RTC Food Products
      • 4.2.1.1.7 Snacks
    • 4.2.2 Personal Care and Cosmetics
  • 4.3 Region
    • 4.3.1 Africa
      • 4.3.1.1 By Form
      • 4.3.1.2 By End User
      • 4.3.1.3 By Country
      • 4.3.1.3.1 Nigeria
      • 4.3.1.3.2 South Africa
      • 4.3.1.3.3 Rest of Africa
    • 4.3.2 Asia-Pacific
      • 4.3.2.1 By Form
      • 4.3.2.2 By End User
      • 4.3.2.3 By Country
      • 4.3.2.3.1 Australia
      • 4.3.2.3.2 China
      • 4.3.2.3.3 India
      • 4.3.2.3.4 Indonesia
      • 4.3.2.3.5 Japan
      • 4.3.2.3.6 Malaysia
      • 4.3.2.3.7 New Zealand
      • 4.3.2.3.8 South Korea
      • 4.3.2.3.9 Thailand
      • 4.3.2.3.10 Vietnam
      • 4.3.2.3.11 Rest of Asia-Pacific
    • 4.3.3 Europe
      • 4.3.3.1 By Form
      • 4.3.3.2 By End User
      • 4.3.3.3 By Country
      • 4.3.3.3.1 Belgium
      • 4.3.3.3.2 France
      • 4.3.3.3.3 Germany
      • 4.3.3.3.4 Italy
      • 4.3.3.3.5 Netherlands
      • 4.3.3.3.6 Russia
      • 4.3.3.3.7 Spain
      • 4.3.3.3.8 Turkey
      • 4.3.3.3.9 United Kingdom
      • 4.3.3.3.10 Rest of Europe
    • 4.3.4 Middle East
      • 4.3.4.1 By Form
      • 4.3.4.2 By End User
      • 4.3.4.3 By Country
      • 4.3.4.3.1 Iran
      • 4.3.4.3.2 Saudi Arabia
      • 4.3.4.3.3 United Arab Emirates
      • 4.3.4.3.4 Rest of Middle East
    • 4.3.5 North America
      • 4.3.5.1 By Form
      • 4.3.5.2 By End User
      • 4.3.5.3 By Country
      • 4.3.5.3.1 Canada
      • 4.3.5.3.2 Mexico
      • 4.3.5.3.3 United States
      • 4.3.5.3.4 Rest of North America
    • 4.3.6 South America
      • 4.3.6.1 By Form
      • 4.3.6.2 By End User
      • 4.3.6.3 By Country
      • 4.3.6.3.1 Argentina
      • 4.3.6.3.2 Brazil
      • 4.3.6.3.3 Rest of South America

5 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 5.1 Key Strategic Moves
  • 5.2 Market Share Analysis
  • 5.3 Company Landscape
  • 5.4 Company Profiles (includes Global Level Overview, Market Level Overview, Core Business Segments, Financials, Headcount, Key Information, Market Rank, Market Share, Products and Services, and Analysis of Recent Developments).
    • 5.4.1 ASAHI GELATINE INDUSTRIAL Co. Ltd
    • 5.4.2 Darling Ingredients Inc.
    • 5.4.3 Gelita AG
    • 5.4.4 Italgelatine SpA
    • 5.4.5 Jellice Pioneer Private Limited
    • 5.4.6 Nippi. Inc.
    • 5.4.7 Nitta Gelatin Inc.
    • 5.4.8 SAS Gelatines Weishardt

6 KEY STRATEGIC QUESTIONS FOR PROTEIN INGREDIENTS INDUSTRY CEOS

7 APPENDIX

  • 7.1 Global Overview
    • 7.1.1 Overview
    • 7.1.2 Porter's Five Forces Framework
    • 7.1.3 Global Value Chain Analysis
    • 7.1.4 Market Dynamics (DROs)
  • 7.2 Sources & References
  • 7.3 List of Tables & Figures
  • 7.4 Primary Insights
  • 7.5 Data Pack
  • 7.6 Glossary of Terms