市場調査レポート
商品コード
1429468

日本の洗濯家電:市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測(2024年~2029年)

Japan Laundry Appliances - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.11円
日本の洗濯家電:市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測(2024年~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

日本の洗濯家電市場規模は2024年に22億米ドルと推計され、2029年には24億3,000万米ドルに達すると予測され、予測期間中(2024-2029年)のCAGRは2%で成長すると予測されます。

Japan Laundry Appliances-Market-IMG1

日本の洗濯家電市場は、パンデミックにもかかわらず、天候などの外的要因による多少の変動はあるもの、比較的安定しています。プレミアム洗濯機家電やスマート洗濯機家電に出費を惜しまない消費者により、市場は今後も成長を続けると予想されます。従来の洗濯機をスマートコネクテッド洗濯機に置き換えるニーズも、市場の成長を後押ししています。今日の家庭は、時間の節約とエネルギー効率の両方を兼ね備えた洗濯家電を好む傾向にあります。多目的で低価格の洗濯機も市場で人気が高まっています。洗濯機とは、水を使用して繊維製品を洗浄し、すすぐための機械であるが、乾燥目的でも使用できます。

日本の洗濯家電の今年度の販売台数は約268万台。洗濯機市場は成熟期を迎えており、日本の一般家庭への普及率は95~100%程度です。経済状況の改善と実質的な可処分所得が市場成長の主な要因となっています。消費者は、高級でスマートな洗濯機用電化製品に消費しています。

日本の洗濯家電市場の動向

自動洗濯機の需要増加

日本の洗濯機市場は、全自動洗濯機の需要が増加しています。日本メーカーは、日本人のライフスタイルに合わせた様々な洗濯機を販売しています。例えば、日立の洗濯機は衣類の汚れを特定し、それに応じた機能を提供し、パナソニックの洗濯機は自動洗剤キープ機能を持ち、電話を通じて消費者と対話します。また、消費者は小さな洗濯機よりも大きな容量の洗濯機を好むようになっています。

今年、全自動洗濯機が50%以上のシェアを占めました。全自動洗濯機は手作業を減らし、非常に便利で場所を取らないです。メーカー各社は、二酸化炭素排出量が少なく、メンテナンスの必要性が低い、エネルギー効率の高いモデルを発表しています。技術の進歩には、モノのインターネットとスマートフォンアプリケーションの統合や、リアルタイムの警告や機械のリモートアクセスを実現する人工知能技術が含まれます。これらすべての要因が、この市場セグメントの成長を後押ししています。また、DINKS(共働き)や単身者のライフスタイルを背景に、縦型洗濯機や大容量洗濯機の人気も高まっています。

Japan Laundry Appliances-Market-IMG2

オンライン販売の成長

日本では、eコマースは家電製品の流通プラットフォームの一つです。アマゾンジャパンや楽天のようなオンラインショップやマーケットプレースでは、多種多様な洗濯機が手頃な価格で提供されています。これらのサイトの多くのベンダーは、配送や設置といった追加サービスを有料で提供しています。中古品や割引は、日本のクレイグスリストのようなサイトであるジモティなど、様々なオンラインプラットフォームやコミュニティ掲示板で入手できます。

オンライン小売業者は、日本の洗濯家電の購入において重要な役割を果たし続けています。日本の家電量販店の大半は、1月から3月と8月から9月に決算を行い、割引シーズンは主にこの2ヶ月間に行われます。さまざまなオンラインストアで価格を比較し、割引のあるオンラインストアで購入することが動向となっています。これが予測期間中の市場の需要を押し上げると予想されます。

Japan Laundry Appliances-Market-IMG3

日本の洗濯家電産業の概要

日本の洗濯家電市場は統合されています。市場では少数の大手企業が支配的であり、市場は世界化しています。主要な洗濯機販売企業には、日立、パナソニック、シャープ、東芝などがあります。プレーヤーは市場で新技術を革新しており、スマート洗濯家電の導入にますます力を入れています。例えば、日立は洗濯のたびに自動洗浄し、99%アレルギーフリーの洗濯を保証する洗濯機を発表しました。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリスト・サポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の洞察と力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 消費者のライフスタイルの変化
  • 市場抑制要因
    • 価格変動
  • 市場機会
    • 水の使用量を減らし、環境への影響を軽減する環境に優しいランドリー機器への需要
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ
  • COVID-19の市場への影響に関する洞察
  • 市場における技術革新に関する洞察
  • 市場における政府規制に関する洞察

第5章 市場セグメンテーション

  • タイプ別
    • 独立型ランドリー機器
    • ビルトイン型ランドリー機器
  • 製品別
    • 洗濯機
    • 乾燥機
    • 電気アイロン
    • その他
  • 技術別
    • 自動
    • 半自動/手動
    • その他
  • 流通チャネル別
    • スーパーマーケットとハイパーマーケット
    • 専門店
    • オンライン
    • その他の流通チャネル

第6章 競合情勢

  • 市場集中度の概要
  • 企業プロファイル
    • Hitachi
    • Panasonic
    • Toshiba
    • Sharp
    • Whirlpool Corporation
    • Electrolux Group
    • Miele
    • Haier Inc.
    • LG Electronics
    • Midea Group Co.*

第7章 市場動向

第8章 免責事項および出版社について

目次
Product Code: 48609

The Japan Laundry Appliances Market size is estimated at USD 2.20 billion in 2024, and is expected to reach USD 2.43 billion by 2029, growing at a CAGR of 2% during the forecast period (2024-2029).

Japan Laundry Appliances - Market - IMG1

The Japanese laundry appliances market has been relatively stable despite the pandemic, with some fluctuations due to external factors such as weather conditions. The market is expected to continue growing in the coming years, with consumers who are willing to spend on premium and smart washing machine appliances. The need to replace traditional machines with smart connected machines is also driving growth in the market. Households today tend to favor laundry appliances that are both time-saving and energy-efficient. Laundry machines that are multipurpose and low-cost are also becoming increasingly popular in the market. A laundry appliance is a machine that uses water to clean and rinse textiles, although it can also be used for drying purposes.

Japan's laundry appliances had sales of washing machines around 2.68 million units in the current year. The market for laundry appliances has reached a maturation state and households in Japan had a penetration rate of around 95%-100%. Improvements in economic conditions and substantial disposable income have been major factors contributing to the growth of the market. Consumers spend on premium and smart washing machine appliances in the market.

Japan Laundry Appliances Market Trends

Increase in Demand of Automatic Washing Machine

The Japanese laundry appliances market for washing machines is seeing a rise in demand for fully automatic washing machines. Japanese manufacturers sell various kinds of washing machines in the market and by making them adapt to the Japanese lifestyle. For instance, the Hitachi sales washing machine can locate the stains on the clothes and function accordingly, Panasonic sale washing machine has an automatic detergent-keeping function and interacts with the consumer through the phone. Consumers are also preferring washing machines that have larger capacities rather than small ones.

In the current year, the fully automatic segment dominated the market with a more than 50% share. These help to reduce manual labor and are extremely convenient and space-saving. Manufacturers are releasing energy-efficient models with low carbon footprints and low maintenance requirements. Technology advancements include the integration of smartphone applications with the Internet of Things and artificial intelligence technologies for real-time warnings and machine remote access. All of these factors are driving the market segment's growth. The popularity of vertical-type washing machines and large-capacity washing machines is also increasing due to the lifestyle of DINKS (Dual Income No Kids) and single persons.

Japan Laundry Appliances - Market - IMG2

Growth in Online Sales of the Market

In Japan, e-commerce is one of the distribution platforms for home appliances. Online stores and marketplaces such as Amazon Japan and Rakuten provide a wide variety of washing machine alternatives, frequently at affordable costs. Many vendors on these sites provide additional services such as delivery and installation for a price. Used items and discounts can be obtained on a variety of online platforms or community boards, such as Jimoty, a Japanese Craigslist-like site.

Online retailers continue to play an important role in the purchasing of laundry appliances in Japan. The majority of Japanese home appliance retailers do performance financial settlements from January to March and August to September, and the discount season takes place mostly during these two months. Comparing prices across different online stores and buying from a discounted online store is a trend. This is expected to boost the demand of the market during the forecasted period.

Japan Laundry Appliances - Market - IMG3

Japan Laundry Appliances Industry Overview

Japan's laundry appliance market is consolidated. It is dominated by a few big players in the market and the market is globalized. Some of the major laundry-selling appliances include Hitachi, Panasonic, Sharpe, and Toshiba. Players are innovating new technologies in the market and are becoming more and more focused on introducing smart laundry appliances. For instance, Hitachi introduced washing machines that auto clean themselves after each wash and also guarantee 99% allergy-free washing.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS AND DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Changing Lifestyles of Consumers
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Fluctuations in the Prices
  • 4.4 Market Opportunities
    • 4.4.1 Demand for Eco-Friendly Laundry Appliances That Use Less Water and Reduce Environmental Impact
  • 4.5 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.5.1 Threat of New Entrants
    • 4.5.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.5.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.5.4 Threat of Substitute Products
    • 4.5.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.6 Insights on Impact of COVID-19 on the Market
  • 4.7 Insights on Technological Innovations in the Market
  • 4.8 Insights on Government Regulation in the Market

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Type
    • 5.1.1 Freestanding Laundry Appliances
    • 5.1.2 Built-in Laundry Applinaces
  • 5.2 By Product
    • 5.2.1 Washing Machine
    • 5.2.2 Dryers
    • 5.2.3 Electric Smoothing Irons
    • 5.2.4 Others
  • 5.3 By Technology
    • 5.3.1 Automatic
    • 5.3.2 Semi-Automatic/ Manual
    • 5.3.3 Others
  • 5.4 By Distribution Channel
    • 5.4.1 Supermarkets and Hypermarkets
    • 5.4.2 Specialty Stores
    • 5.4.3 Online
    • 5.4.4 Other Distribution Channels

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Market Concentration Overview
  • 6.2 Company Profiles
    • 6.2.1 Hitachi
    • 6.2.2 Panasonic
    • 6.2.3 Toshiba
    • 6.2.4 Sharp
    • 6.2.5 Whirlpool Corporation
    • 6.2.6 Electrolux Group
    • 6.2.7 Miele
    • 6.2.8 Haier Inc.
    • 6.2.9 LG Electronics
    • 6.2.10 Midea Group Co.*

7 MARKET FUTURE TRENDS

8 DISCLAIMER AND ABOUT US