市場調査レポート
商品コード
1333984

収益化プラットフォーム:世界市場シェア(2022年)

Monetisation Platforms: Worldwide Market Shares 2022

出版日: | 発行: Analysys Mason | ページ情報: 英文 32 Slides | 納期: 即日から翌営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=155.76円
収益化プラットフォーム:世界市場シェア(2022年)
出版日: 2023年08月18日
発行: Analysys Mason
ページ情報: 英文 32 Slides
納期: 即日から翌営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

「収益化プラットフォームのサプライヤーは、市場の大きな動揺を経験しているCSPの運命の変化と戦わなければなりません」

当レポートでは、通信サービスプロバイダー(CSP)の通信業界向け収益化プラットフォーム(MP)ソフトウェアシステムおよび関連サービスへの支出に関する市場シェアデータ (2021年時点) について分析しております。また、提供モデル別・ベンダー別・地域別の支出額の違いも詳細に調査しております。さらに、市場の主要ベンダーのプロファイルも掲載しています。

当レポートで回答している主な質問:

  • 市場(通信業界向け収益化プラットフォーム・ソフトウェアシステム)の全体的な規模はどれだけか?何がCSPの支出を促進しているのか?
  • 収益化プラットフォーム市場における主要ベンダーとその売上シェアは?
  • CSPの製品・プロフェッショナルサービス向け支出の促進要因と成長率は?

当レポートの対象読者:

  • CSPが既存システムへの支出を削減し、最新のアーキテクチャフレームワークの採用に投資しようとしている中で、支出がどのように変化しているかを理解する必要があるベンダー戦略チーム
  • 機能性や重点地域を担当する製品管理チーム、および成長を担当する製品マーケティングチーム
  • 収益化プラットフォームの刷新やDXの推進を計画しているCSP
  • 今後5年間の成長機会を把握したいプロフェッショナルサービスベンダー

当レポートおよび付録関連データの提供内容:

  • 収益化プラットフォームシステム/サービス市場の詳細な市場シェアデータ:
    • 2つの提供タイプ:製品、プロフェッショナルサービス
    • 8つの地域:中東欧(CEE)、アジア太平洋先進国(DVAP)、アジア太平洋新興国(EMAP)、ラテンアメリカ(LATAM)、中東・北アフリカ(MENA)、北米(NA)、サブサハラアフリカ(SSA)、西欧(WE)。
  • 収益化プラットフォーム市場に影響を与えるビジネス環境と地域力学の分析
  • 詳細な市場定義
  • ベンダーへの提言
  • 市場参入ベンダー10社の詳細プロファイル

分析対象企業

  • Amdocs
  • CSG
  • Ericsson
  • Huawei
  • MATRIXX Software
  • Mavenir
  • NEC/Netcracker
  • Nokia
  • Optiva
  • Oracle

目次

  • エグゼクティブサマリー
  • 市場シェア
  • 通信市場全体の状況
  • ベンダー分析
  • 市場の定義
  • 著者とAnalysys Masonについて
目次

“Suppliers of monetisation platforms are having to contend with the changing fortunes of CSPs, which have been experiencing significant market turbulence. ”

This report provides market share data for communications service provider (CSP) spending on telecoms-specific monetisation platforms (MP) software systems and related services for 2021. It provides details of how the spending varied by delivery model, vendor and region. The report also includes profiles of the leading vendors in the market.

Key questions answered in the monetisation platforms market share report:

  • What was the overall size of the market (monetisation platforms software systems for the telecoms industry) and what drove this spending among CSPs?
  • Who are the major vendors and what is their share of revenue in the monetisation platforms market?
  • What are the different drivers and growth rates of CSP spending on products and professional services?

Who should read this report:

  • Vendor strategy teams that need to understand how spending is shifting as CSPs seek to reduce spending on legacy systems and invest in adopting modern architecture frameworks.
  • Product management teams that are responsible for feature functionality and geographical focus, and product marketing teams that are responsible for growth.
  • CSPs that are planning to revamp their monetisation platforms and advance their digital transformation journeys.
  • Professional services vendors that want to understand the growth opportunities over the next 5 years.

This report and the associated data annex provide:

  • detailed market share data for the monetisation platforms systems and services market, split by:
    • two delivery types: product and professional services
    • eight geographical regions: Central and Eastern Europe (CEE), developed Asia-Pacific (DVAP), emerging Asia-Pacific (EMAP), Latin America (LATAM), the Middle East and North Africa (MENA), North America (NA), Sub-Saharan Africa (SSA) and Western Europe (WE)
  • analysis of the business environment and regional dynamics that will influence the monetisation platforms market
  • a detailed market definition
  • recommendations for vendors
  • detailed profiles of 10 vendors in this market.

Company coverage:

  • Amdocs
  • CSG
  • Ericsson
  • Huawei
  • MATRIXX Software
  • Mavenir
  • NEC/Netcracker
  • Nokia
  • Optiva
  • Oracle

Table of Contents

  • Executive summary
  • Market shares
  • Overall telecoms market context
  • Vendor analysis
  • Market definition
  • About the author and Analysys Mason