デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1445647

IoT向けAI:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

AI In IoT - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 150 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.10円
IoT向けAI:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 150 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

IoT向けAI市場規模は2024年に789億9,000万米ドルと推定され、2029年までに1,153億1,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に7.86%のCAGRで成長します。

IoTデバイスから生成される膨大なリアルタイムデータを効率的に処理する必要性、パフォーマンス管理アプライアンスの需要の高まり、ダウンタイムとメンテナンスコストの削減の必要性が、市場の成長を促進する主な要因です。

主なハイライト

  • IoTテクノロジーは、さまざまな組織がデジタル変革を行うために不可欠であり、新しいビジネスモデルを作成および追跡することで既存のプロセスをアップグレードできるようになります。 IoTをビジネスの成功にとって重要な要素とみなす企業がますます増えており、IoTの採用が増えています。 AIとIoTの両方のテクノロジーを組み合わせると、合理的な動作をシミュレートし、人間の介入をほとんどまたはまったく受けずに意思決定をサポートするインテリジェントなマシンが作成されます。貴重な洞察を得るためにIoTデバイスから生成されたデータの効果的な管理と、強化された顧客体験をキュレートするためのリアルタイム監視がますます重要視されており、市場の主要な促進要因となっています。
  • 小売業界は、IoTベースサービスでクラウド AIを活用して、カスタマーエクスペリエンスプログラムを強化し、より顧客志向の製品を生み出しています。たとえば、スマート小売環境では、コンピュータビジョン機能を備えたカメラシステムが顔認識を使用して、顧客がドアを通過するときに認識できます。店内に入ってくる顧客のほとんどがミレニアル世代であることをシステムが検出したとします。その場合、その層にアピールする製品広告や店内特売品を押し出し、売上を伸ばすことができます。
  • さらに、ほとんどの企業は、低レイテンシーとリアルタイム追跡による納期の短縮により、オンプレミス AIからクラウドに移行しており、予測期間中に調査対象の市場の成長が促進される可能性があります。たとえば、Amazon Echo Amazonは、マネージドクラウドプラットフォームであるWeb Services IoTを導入し、デバイスをクラウドアプリケーションやその他のデバイスに安全に接続できるようにします。 2021年 2月、IBMとRed Hatは、産業用 IoTからの運用データからリアルタイムの価値を引き出す、オープンで柔軟かつより安全なソリューションをメーカーやプラントオペレーターに提供することを目的としたハイブリッドクラウドを使用する新たな提携を発表しました。
  • ただし、熟練した労働力の不足とデータセキュリティに関する懸念の高まりは、調査対象の市場の成長を抑制するいくつかの主要な要因です。 AIとIoTはユーザーやクライアントから機密性の高い重要なデータを収集するため、データが安全に保管されていることを確認することが重要です。しかし、ユーザーには、いつ誰かが私たちの個人データや機密データにアクセスしようとするかわからないため、テクノロジーに関してはセキュリティが常に懸念され、市場の成長を制限しています。
  • コロナウイルスの蔓延中、重要なヘルスケア業務のため、学生の学習継続支援のため、あるいは前例のない数の従業員をオンラインで自宅から生産性を維持するためなど、組織がスケーラブルで信頼性が高く安全性の高いコンピューティングパワーにアクセスできる能力は、重要な課題の一部です。この状況における市場の成長による重要な要因。病院ネットワーク、製薬会社、調査機関は、AI対応のIoTデバイスを使用して、患者のケア、治療法の探索、その他さまざまな方法でCOVID-19症の影響を軽減しています。上記のすべての要因により、短期的には市場の成長率が加速し、長期的にはさらに成長すると予想されます。

IoT向けAI市場の動向

ヘルスケア分野は堅調な市場成長が見込まれる

  • ヘルスケア組織は、高周波のモノのインターネット(IoT)センサーデータとコンピュータービジョン(AI)を収集して分析することで、診断や治療の決定、病気の治療における臨床医のサポートなどのタスクにおける人間のパフォーマンスを向上させることができます。可動性と平衡感覚の定期的な身体的評価は、IoTとAIテクノロジー(IoT)を組み合わせることによって変革される大きな可能性を秘めた通常のヘルスケア活動です。 IoTを使用すると、医療提供者は、テストを定量的で一貫性があり、再現可能にしながら、より少ない手順で評価を簡素化できます。
  • COVID-19ワクチンなどのワクチンを試験・保管している病院、診療所、製薬会社、学術機関は、冷蔵庫のリアルタイムの状態や性能を把握できていないです。このため、ワクチンの物流と安全性を確保するためのIoTベースの予知保全のニーズが高まっています。 IoTはまた、診断精度と遠隔患者モニタリングを向上させ、再診の必要性を減らし、待ち時間を短縮し、重篤な患者を特定し、医療機器を追跡することもできます。
  • さらに、AIとIoTのイノベーションにより、病院はCTスキャンや患者のバイタル記録などのデータを最大限に活用できるようになります。これらのシステムを使用すると、医師は建物の中にいないときでも患者の健康状態を遠隔監視し、緊急の対応が必要な患者を特定できます。 IoTは、乳がんや肺がんなどの特定の病気の診断の精度も高めることができます。
  • スマート病院は、IoTに接続されたテクノロジーとロボット工学を利用して、新時代の健康サポートと治療を提供しています。遠隔診療や遠隔ヘルスケアモニタリング用のセンサーやアプリなど、ヘルスケア分野向けに設計されたさまざまなIoTデバイスやアプリケーションが登場しています。この点において、IoTは、リアルタイムの患者モニタリング(フィットネストラッカー、スマートウェアラブル、パニックボタンなど)、スマート画像分析による高度な診断、ロボット手術を通じてヘルスケアの改善に貢献しています。これらのアプリケーションは、個人の予防措置、早期発見、薬物投与を行うためのデータを収集するのに役立ちます。
  • スマートヘルスケアの動向は、 IoTテクノロジーの導入増加により大幅に成長すると予想されています。たとえば、2022年 12月、コンピューターハードウェアメーカーのASUSは、Taiwan Healthcare+Expoでスマートヘルスケアソリューションを発表しました。 ASUSスマートヘルスケアのテーマは、ASUSの展示会でさまざまな製品が展示され、デジタル変革を促進しました。台湾の医療機関のデジタル化を推進する地域医療管理、精密医療、遠隔医療の動向取り上げました。さらに、AIアルゴリズムとIoTデバイスは、病院が地域医療を管理するのにも役立ち、デジタル変革を通じて地域病院から近代的な病院への移行を可能にしました。

北米が主要な市場シェアを保持すると予想される

  • 北米は、自動車、運輸、製造、小売、ヘルスケアなどの多くの業界でAIおよびIoTテクノロジーが広く採用されており、市場の成長の理由の1つであるため、大きな市場シェアを持つ主要地域の1つです。この地域で勉強しました。北米は、新しいエンドユーザー産業におけるAIおよびIoTアプリケーションの開発に関する調査が盛んな地域の1つです。 Ciscoによると、2022年の時点で1人当たりの平均デバイス数と接続数が最も多いのは米国とカナダです。
  • 北米企業の製造プラットフォームはデジタル変革を遂げており、これにより同国のIoT製造におけるAIソリューションプロバイダーに機会が生まれ、これによりこれらの企業は製造施設でのエネルギーと水の使用量を制御し、設備の回復力を高めることが可能になりました。無駄を削減しながら生産ラインで製品の品質をリアルタイムに確認できます。スケーラブルな予測品質、予測メンテナンス、放出制御、および非接触操作を提供することは、この地域の工場での生産の持続可能性を高めるのに役立ちます。
  • 多くの世界企業が市場ベンダーと提携して、AIベースのIIoTを自社の生産ラインに統合し、市場の成長を加速させています。たとえば、2022年 9月、P&Gとマイクロソフトは、P&Gのデジタル製造インフラストラクチャを刷新するための複数年にわたるパートナーシップ契約を締結しました。この提携によれば、産業用モノのインターネット(IIoT)、デジタルツイン、データ、AIにより、顧客への製品提供が加速され、顧客満足度が向上すると同時に、生産性が向上し、コストが削減されるとのことです。
  • この地域には、特に米国に世界のIoTおよびAIベースのベンダープロバイダーが数多く存在します。さらに、この国にはハイテクエコシステムがあり、この地域の自動車はますますソフトウェア指向になっています。 AIをIoTと組み合わせると、デバイスは人間の介入なしにデータを分析し、意思決定を行い、そのデータに基づいて行動できるようになります。テスラの自動運転車は、AIとIoTが連携して動作する例です。 AIを組み込むことで、自動運転車はさまざまな状況における車や歩行者の行動を予測します。たとえば、道路状況、天候、最適な速度を判断し、移動するたびに賢くなることができます。
  • 北米における業界の成長の可能性は、多くの米国のAIプラットフォームおよびソフトウェアメーカーがIoTソリューションプロバイダーと協力して、この地域での市場シェアを向上させているという事実に反映されています。

IoT向けAI業界の概要

IoT向けAI市場は、国内外の市場で活動する多数のプレーヤーが存在するため、非常に競争が激しくなっています。この市場は、Microsoft、Salesforce、AWS、SAP SE、Oracle、IBM Corporationなどの複数のプレーヤーで構成されています。企業に関連付けられたブランドアイデンティティは市場に大きな影響を与えます。強力なブランドは優れたパフォーマンスを意味するため、長年のプレイヤーが優位に立つことが期待されます。高度なAIソリューションと継続的なアップグレードを提供するベンダーは、購入者にとって人気の選択肢となる可能性があります。

2023年 6月、Amazon Web Services, Inc.は、顧客によるインテリジェントな人工知能ソリューションの開発と導入の成功を支援するために設計された新しいプログラムであるAWS Generative AI Innovation Centreを発表しました。このプログラムでは、AWSが1億米ドルを投資してAIおよびMLAWSの専門家と世界中の顧客を結び付け、顧客が新しい生成型人工知能製品、サービス、プロセスを想像、設計、または発売できるようにします。

2023年 5月、SAPとGoogle Cloudは、ビジネスデータ情勢を簡素化し、その力を解放することを目的として、オープンデータの広範な提供を発表しました。このサービスにより、顧客はSAP DatasphereソリューションとGoogleのData Cloudを使用して情勢全体からデータを取り込むエンドツーエンドのデータクラウドを作成できるため、企業はデータ資産全体をリアルタイムで表示し、その価値を最大化できます。 SAPクラウドへの投資。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界のバリューチェーン分析
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ
  • COVID-19感染症が業界に与える影響の評価

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • ビッグデータ量の増加
    • IoTデバイスから生成されたデータを効果的に管理して貴重な洞察を得る
  • 市場抑制要因
    • データセキュリティとプライバシーの問題

第6章 市場セグメンテーション

  • コンポーネント別
    • プラットフォーム
      • アプリケーション管理
      • コネクティビティ管理
      • デバイス管理
    • サービス
      • マネージドサービス
      • プロフェッショナルサービス
    • ソフトウェア
      • データ管理
      • ネットワーク帯域幅管理
      • リアルタイムストリーミングアナリティクス
      • リモートモニタリング
      • セキュリティ
      • エッジソリューション
  • エンドユーザー業種別
    • 銀行・金融サービス・保険(BFSI)
    • IT・通信
    • エネルギー・ユーティリティ
    • ヘルスケア
    • 製造
    • その他(輸送・モビリティ、政府、小売)
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • ラテンアメリカ
    • 中東とアフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Amazon Web Services Inc.(Amazon Inc.)
    • IBM Corporation
    • Autoplant Systems India Pvt. Ltd
    • SAP SE
    • Google LLC(Alphabet Inc.)
    • Microsoft Corporation
    • Oracle Corporation
    • Salesforce.com Inc.
    • PTC Inc.
    • SAS Institute Inc.
    • General Electric Company
    • Hitachi Ltd

第8章 投資分析

第9章 市場の将来

目次
Product Code: 70756

The AI In IoT Market size is estimated at USD 78.99 billion in 2024, and is expected to reach USD 115.31 billion by 2029, growing at a CAGR of 7.86% during the forecast period (2024-2029).

AI In IoT - Market

The need to efficiently process vast volumes of real-time data generated from IoT devices, the growing demand for performance management appliances, and the need to reduce downtime and maintenance costs are the primary factors driving the market's growth.

Key Highlights

  • IoT technology is essential for various organizations to digitally transform, thus, empowering them to upgrade the existing processes by creating and tracking new business models. More and more companies view IoT as an important element for business success, thus increasing its adoption. AI and IoT, both technologies, when combined, are creating intelligent machines that simulate rational behavior and support decision-making with little or no human interference. The growing emphasis on effective management of data generated from IoT devices to gain valuable insights and real-time monitoring to curate an enhanced customer experience are the key growth drivers for the market.
  • The retail industry is leveraging cloud AI in IoT-based services to augment customer experience programs and generate more customer-oriented products. For instance, in a smart retail environment, a camera system outfitted with computer vision capabilities can use facial recognition to recognize customers when they walk through the door. Suppose the system detects most customers walking into the store are Millennials. In that case, it can push out product advertisements or in-store specials that appeal to that demographic, therefore driving sales.
  • Furthermore, most companies are shifting to the cloud from on-premise AI, owing to faster delivery time with low latency and real-time tracking, likely to foster the studied market growth during the forecast period. For instance, Amazon Echo Amazon has introduced Web Services IoT, a managed cloud platform and lets devices connect securely to cloud applications and other devices. In February 2021, IBM and Red Hat announced a new collaboration to use a hybrid cloud designed to deliver an open, flexible, and more secure solution for manufacturers and plant operators that will drive real-time value from operations data from industrial IoT.
  • However, the lack of a skilled workforce and growing concerns regarding data security are some major factors restraining the studied market growth. It is crucial to ensure that the data is secure and in safe hands because AI and IOT collect sensitive and essential data from their users or clients. But since users have no idea when someone would attempt to access our private and sensitive data, security is always a concern with technology and restricting the market growth.
  • During the spread of Coronavirus, the ability for organizations to access scalable, dependable, and highly secure computing power, whether for vital healthcare work, to help students continue learning, or to keep unprecedented numbers of employees online and productive from home are some of the critical factors owing to the growth of the market in this situation. Hospital networks, pharmaceutical companies, and research labs are using AI-enabled IoT devices to care for patients, explore treatments, and mitigate the impacts of COVID-19 in many other ways. All of the above factors have accelerated the market's growth rate in the short run and are expected to augment it further in the long term.

AI In IoT Market Trends

Healthcare Sector Expected to Witness Robust Market Growth

  • Healthcare organizations can improve human performance on tasks such as diagnostic or therapeutic decisions, supporting clinicians in treating diseases, etc., by collecting and analyzing high-frequency Internet of Things (IoT) sensor data and computer vision (AI). Routine physical assessments of mobility and balance are usual healthcare activities with significant potential to be transformed by combining IoT and AI technologies (IoT). With IoT, care providers can simplify assessment using fewer steps while making the test quantitative, consistent, and reproducible.
  • Hospitals, clinics, pharmaceuticals, and academic institutes testing and storing vaccines, such as COVID-19 vaccines, still lack visibility on their refrigerators' real-time state and performance. Due to this, there is an increasing need for IoT-based predictive maintenance for vaccine logistics and safety. IoT can also improve diagnostic accuracy and remote patient monitoring, reduce the need for follow-up visits, reduce wait times, identify critical patients, and track medical equipment.
  • Furthermore, innovations in AI and IoT allow hospitals to take full advantage of data, like CT scans and records of patient vitals. These systems enable doctors to monitor patient health remotely, even when not in the building, and identify which patients need immediate attention. IoT can also boost the accuracy of diagnoses for certain diseases like breast and lung cancer.
  • Smart hospitals are utilizing IoT-connected technologies and robotics to deliver a new age of health support and treatment. There is an emergence of various IoT devices and applications designed for the healthcare sector, including sensors and apps for telemedicine consultations and remote healthcare monitoring. In this regard, IoT is helping to improve healthcare via real-time patient monitoring (fitness trackers, smart wearables, panic buttons, etc.), advanced diagnostics through smart image analysis, and robotic surgery. These applications help collect data to provide preventive measures for a person, early detection, and drug administration.
  • Smart healthcare trends are expected to grow significantly as a result of the rising adoption of IoT technologies. For instance, in December 2022, ASUS, a computer hardware manufacturer, unveiled smart healthcare solutions at the Taiwan Healthcare+ Expo. The ASUS Smart Healthcare theme encouraged digital change as various products were displayed at the ASUS exhibit. The community health management, precision health, and telemedicine trends which are driving the digitization of Taiwan's medical institutions were addressed. Moreover, AI algorithms and IoT devices also helped hospitals manage community health, allowing them to transition from community hospitals to modern hospitals through digital transformation.

North America Is Anticipated To Hold Major Market Share

  • North America is one of the major regions with significant market share because of the wide-scale adoption of AI and IoT technologies in many industries, like automotive and transportation, manufacturing, retail, and healthcare, which is one reason for the growth of the market studied in this region. North America is one of the leading regions with research into developing AI and IoT applications in new end-user industries. According to Cisco, the United States and Canada have the highest average per capita devices and connections as of 2022.
  • The manufacturing platform of North American companies has undergone a digital transformation which is creating an opportunity for the AI solution providers in the manufacturing of IoTs in the country, which has been enabling these companies to control energy and water usage in manufacturing facilities, boost equipment resilience while reducing waste, and check product quality in real-time on the production line. Providing scalable predictive quality, predictive maintenance, controlled release, and touchless operations would be helpful in increasing the sustainability of production in the region's plants.
  • Many global companies are partnering with market vendors to integrate AI-based IIoT into their production lines, fueling the market's growth. For instance, in September 2022, P&G and Microsoft signed a multiyear partnership agreement to revamp P&G's digital manufacturing infrastructure. According to the partnerships, the industrial internet of things (IIoT), digital twin, data, and AI would accelerate product delivery to customers and boost customer satisfaction while increasing productivity and lowering costs.
  • The region has many global IoT and AI-based vendor providers, especially in the United States. In addition, the country has a high-tech ecosystem, and the region's automobiles have become increasingly software-oriented. When AI is coupled with the IoT, the devices can analyze data, make decisions, and act on that data without human interference. Tesla's self-driving cars are examples of AI and IoT working in tandem. With the incorporation of AI, self-driving cars predict the behavior of cars and pedestrians in various circumstances. For instance, they can determine road conditions, weather, and optimal speed and get smarter with each trip.
  • The industry's potential for growth in North America is reflected in the fact that many American AI platforms and software manufacturers collaborate with IoT solution providers to improve their market share in the area.

AI In IoT Industry Overview

The AI in IoT market is highly competitive owing to the presence of a large number of players in the market operating in domestic and international markets. The market comprises several players, such as Microsoft, Salesforce, AWS, SAP SE, Oracle, and IBM Corporation. The brand identity associated with the companies has a major influence on the market. As strong brands are synonymous with good performance, long-standing players are expected to have the upper hand. The vendors offering advanced AI solutions and continuous upgrades in their offerings may be the popular choice for buyers.

In June 2023, Amazon Web Services, Inc. announced the AWS Generative AI Innovation Centre, a new program designed to assist customers with their successful development and deployment of intelligent artificial intelligence solutions, has been announced. In the program, AWS will invest USD 100 million to connect AI and MLAWS experts with customers around the world so that they can imagine, design, or launch new generative artificial intelligence products, services, and processes.

In May 2023, SAP and Google Cloud announced an extensive offering of open data, intending to simplify the business data landscape and release its power. This offering enables customers to create an end-to-end data cloud that brings data from across the enterprise landscape using the SAP Datasphere solution and Google's Data Cloud so that businesses can view their entire data estate in real-time and maximize the value of their SAP Cloud investments.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHT

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Value Chain Analysis
  • 4.3 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.3.3 Threat of New Entrants
    • 4.3.4 Threat of Substitute Products
    • 4.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.4 Assessment of the Impact of COVID-19 on the Industry

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Rising Big Data Volume
    • 5.1.2 Effective Management of Data Generated From IoT Devices to Gain Valuable Insights
  • 5.2 Market Restraints
    • 5.2.1 Data Security and Privacy Issues

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Component
    • 6.1.1 Platform
      • 6.1.1.1 Application Management
      • 6.1.1.2 Connectivity Management
      • 6.1.1.3 Device Management
    • 6.1.2 Services
      • 6.1.2.1 Managed Services
      • 6.1.2.2 Professional Services
    • 6.1.3 Software
      • 6.1.3.1 Data Management
      • 6.1.3.2 Network Bandwidth Management
      • 6.1.3.3 Real-time Streaming Analytics
      • 6.1.3.4 Remote Monitoring
      • 6.1.3.5 Security
      • 6.1.3.6 Edge Solution
  • 6.2 By End-user Vertical
    • 6.2.1 Banking, Financial Services, and Insurance (BFSI)
    • 6.2.2 IT and Telecom
    • 6.2.3 Energy and Utilities
    • 6.2.4 Healthcare
    • 6.2.5 Manufacturing
    • 6.2.6 Other End-user Verticals (Transport and Mobility, Government, and Retail)
  • 6.3 By Geography
    • 6.3.1 North America
    • 6.3.2 Europe
    • 6.3.3 Asia-Pacific
    • 6.3.4 Latin America
    • 6.3.5 Middle East and Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Amazon Web Services Inc. (Amazon Inc.)
    • 7.1.2 IBM Corporation
    • 7.1.3 Autoplant Systems India Pvt. Ltd
    • 7.1.4 SAP SE
    • 7.1.5 Google LLC (Alphabet Inc.)
    • 7.1.6 Microsoft Corporation
    • 7.1.7 Oracle Corporation
    • 7.1.8 Salesforce.com Inc.
    • 7.1.9 PTC Inc.
    • 7.1.10 SAS Institute Inc.
    • 7.1.11 General Electric Company
    • 7.1.12 Hitachi Ltd

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 FUTURE OF THE MARKET