デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1444137

小口径弾薬:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Small Caliber Ammunition - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 100 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.10円
小口径弾薬:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 100 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

小口径弾薬市場規模は2024年に61億3,000万米ドルと推定され、2029年までに77億7,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に4.84%のCAGRで成長します。

小口径弾薬- 市場

COVID-19のパンデミックは、新世代の軍用武器と弾薬の調達プログラムと国防予算に影響を与えていないため、小口径弾薬市場への影響は非常に最小限に抑えられています。

小口径弾薬市場の成長は、新しい装備品の調達のための資金の配分など、いくつかの関連要因に左右されますが、急速な技術進歩により新しく開発された技術の有効寿命が短くなるために悪影響を受ける可能性があります。既存の兵器庫に代わるより優れた装備を調達するための軍事近代化プログラムのための防衛投資の増加も、小口径弾薬市場の主要な市場促進要因の1つとして機能しています。

銃の所有に関する厳格な法律は、予測期間中の小口径弾薬市場の成長を阻害する重要な要因となっています。銃による事故による死亡や負傷、家庭内暴力関連の死亡、殺人、自殺を減らすための銃規制対策がますます重視されているため、今後の期間には認可されたライフル銃の購入プロセスが困難になる可能性さえあります。これは、予測期間中の市場の成長を妨げると予想されます。

小口径弾薬市場動向

軍事部門が大きな市場シェアを占める

テロ、領土紛争、地政学的緊張による脅威の増大により、各国は防衛支出の増加を余儀なくされています。世界の国防支出は2020年と2021年も増加し続けました。SIPRIによると、2021年の世界の軍事支出は2兆1,130億米ドルに増加し、2兆200億米ドルから7%増加しました。 2021年の世界の支出は2012年より19%増加しました。国防予算の増加により、既存の兵器庫を補完または代替するためのより優れた兵器の調達を目的とした軍事近代化プログラムへの投資の増加が促進されました。軍の近代化が弾薬市場に及ぼす影響は、ドイツ、フランス、インド、中国、ロシアなどの国々で見られており、最先端の小火器を導入することで地上軍の能力強化に多額の費用を費やしています。世界中の軍隊で十分な弾薬在庫を維持する必要性と訓練用弾薬の需要の増加も、小口径の軍用弾薬セグメントにプラスの影響を与えると予想されます。

また、いくつかの軍隊は外国での平和維持任務や反乱鎮圧活動に参加しており、活動を継続するために弾薬の継続的な供給を必要としています。これは、この部門の主な成長要因の1つです。しかし、2021年に米軍主導の軍隊がアフガニスタン、イラク、ソマリアなどの紛争地帯から撤退したため、小口径の軍用弾薬市場は今後数年間、これまでの成長に比べて低い成長を記録すると予想されています。過去10年間で。 5.56 mmなどの広く使用されている既存の口径は、より頑丈な装甲を貫通するのに効果がなくなってきているため、軍は7.62 mm発射体のようなより高口径の発射体にますます移行しています。米国やインドなどの国も、6.8 mm弾薬のような新しい口径をベースにした銃器の開発を進めており、今後数年間で需要が高まることが予想されます。

北米は小口径弾薬の最大の市場です

米国は世界最大規模の軍隊を有しており、総軍人数は183万人です。米国は世界最大の軍事支出国でもあります。 2021年、米国は軍事に約8,006億7,000万米国を費やしました。 2021年7月の時点で、米国は少なくとも世界80カ国に約750の基地を持っていました。積極的な戦闘に加えて、米国人員は通常、いくつかの平和維持任務の一部として派遣されたり、駐在員として派遣されたり、大使館、領事館の警備、およびその他のいくつかの機密ミッションが課されています。このような配備は、米国による武器と弾薬の調達の増加に大きく貢献しました。米国は、5.56x45mm口径のM4カービン銃、M249 SAW(分隊自動兵器)、および7.62x51mm口径のM240機関銃を、一般的な6.8mm口径のカートリッジを使用するライフルに置き換えることを目的とした次世代分隊兵器(NGSW)プログラムを開始しました。 NGSWライフルの契約は、2022年末までに武器供給業者(True VelocityとSig Sauer, Inc.の中から)に提供される予定です。

一方、民間人が保有する銃器の世界全体の約45%以上を米国だけで占めています。個人の安全意識向上プログラムの創設を目的とした政府の取り組みにより、この国の民間用小型武器および弾薬の需要が高まっています。民間射撃プログラムなどのプログラムは、青少年を中心とした国民の銃器安全訓練とライフル銃の練習を促進しています。しかし、ここ数年国内で銃に関連した暴力行為が増加しているため、政府は銃の普及を規制する厳格な銃政策を講じています。

小口径弾薬産業の概要

小口径弾薬市場は、市場に複数のローカルおよび世界プレーヤーが存在するため、細分化されています。小口径弾薬市場における著名なプレーヤーには、CBC Global Ammunition、Northrop Grumman Corporation、General Dynamics Corporation、Nammo AS、Olin Corporationなどがあります。ほとんどの国は、軍事用途で使用される特定の口径の弾薬の不足に対応するために、国内の生産能力と外国企業に与えられる最小限の注文を通じて小型弾薬を生産しています。たとえば、Kenya Ordnance Factories Corporation(KOFC)はケニアの現地製造会社で、ケニア軍、治安機関、および認可された武器商人に納入される小口径弾薬および関連製品を製造しています。アフリカの同盟国に輸出しました。製造施設の生産能力は、1日あたり少なくとも20,000発の弾丸であると推定されています。同様に、INDUMIL、FAMAE、Aguila Ammunitionはそれぞれコロンビア、チリ、メキシコの小口径弾薬の現地メーカーで、現地の需要に応えています。 NATO加盟国およびNATO諸国の関係者は、他のNATO加盟国からの弾薬需要から恩恵を受けており、軍事市場で適切な市場プレゼンスを持っています。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ

第5章 市場セグメンテーション

  • 最終用途
    • 民間人
    • 軍隊
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • 英国
      • フランス
      • ドイツ
      • ロシア
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
      • ブラジル
      • メキシコ
      • その他ラテンアメリカ
    • 中東とアフリカ
      • サウジアラビア
      • アラブ首長国連邦
      • エジプト
      • その他中東およびアフリカ

第6章 競合情勢

  • ベンダーの市場シェア
  • 企業プロファイル
    • Northrop Grumman Corporation
    • General Dynamics Corporation
    • BAE Systems PLC
    • Denel SOC Ltd
    • Remington Arms Company LLC
    • CBC Global Ammunition
    • RUAG Group
    • MESKO
    • Nammo AS
    • Olin Corporation
    • CCI Ammunition
    • Elbit Systems Ltd
    • Ordnance Factory Board(OFB)
    • PT Pindad

第7章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 52637

The Small Caliber Ammunition Market size is estimated at USD 6.13 billion in 2024, and is expected to reach USD 7.77 billion by 2029, growing at a CAGR of 4.84% during the forecast period (2024-2029).

Small Caliber Ammunition - Market

The COVID-19 pandemic has had a very minimal impact on the small caliber ammunition market as the procurement programs of armed forces for new-generation military arms and ammunition along with the defense budget have remained unaffected.

The growth of the small caliber ammunition market is subjective to several associative factors, such as the allocation of funds for procurement of new equipment, and may be adversely affected due to the rapid technological advances resulting in a short-effective life of newly developed technology.Increasing investments in defense for military modernization programs to procure better equipment to replace its existing arsenal is also acting as one of the key market drivers of the small-caliber ammunition market.

The stringent laws on gun ownership act as a key restrain for the growth of the small caliber ammunition market during the forecast period. The growing emphasis on gun control measures to reduce accidental gun deaths and injuries, domestic violence-related deaths, homicides, and suicides may even make the licensed rifle purchasing processes difficult during the upcoming period. This is expected to deter the growth of the market during the forecast period.

Small Caliber Ammunition Market Trends

The Military Segment Accounted for a Major Market Share

The growing threats due to terrorism, territorial conflicts, and geopolitical tensions have forced the countries to increase their defense spending. global defense expenditure continued to increase in 2020 and 2021. According to SIPRI, the global military expenditure in 2021 rose to USD 2113 billion, an increase of 7% from 2020. billion. Global spending in 2021 was 19% higher than in 2012. The growing defense budgets have facilitated the increasing investments in military modernization programs aimed at procuring better weapons to supplement or replace the existing weapons arsenal. The impact of military modernization on the ammunition market is being witnessed in countries like Germany, France, India, China, and Russia, which are spending significantly on enhancing the capabilities of their ground forces by inducting state-of-the-art small arms. The need to maintain a sufficient ammunition inventory with the militaries worldwide and the increasing demand for training ammunition is also anticipated to impact the small military caliber ammunition segment positively.

Also, several militaries have been involved in peacekeeping missions and counter-insurgency operations in foreign countries and require a continuous supply of ammunition for continuing their operations. This has been one of the primary growth factors for the segment. However, as the US-led troops moved out of the conflict zones, such as Afghanistan, Iraq, and Somalia in 2021, the market for small military caliber ammunition is expected to register lower growth in the years to come, compared to the growth observed in the last decade. Militaries are increasingly moving towards higher calibers like 7.62 mm projectiles, as the existing widely used calibers like the 5.56 mm are becoming ineffective in piercing the tougher armors. Countries like the United States and India are also developing firearms based on new calibers like the 6.8 mm ammunition, which are expected to witness higher demand in the years to come.

North America is the Largest Market for Small Caliber Ammunition

The US has one of the largest armed forces in the world, with 1.83 million total military personnel. The US is also the largest military spending country in the world. In 2021, the United States spent around 800.67 billion U.S. dollars on its military. The United States had around 750 bases in at least 80 countries worldwide as of July 2021. In addition to active combat, US personnel are typically deployed as part of several peacekeeping missions, and military attaches, or are part of the embassy, consulate security, and several other classified missions. Such deployments have significantly contributed toward the growth of the procurement of arms and ammunition by the US armed forces. The United States launched the Next Generation Squad Weapon (NGSW) program, aiming to replace the 5.56x45mm caliber M4 Carbine, M249 SAW (Squad Automatic Weapon), and 7.62x51mm caliber M240 machine guns with rifles that utilize a common 6.8mm caliber cartridge. The contract for the NGSW rifle is anticipated to provide weapon suppliers (among True Velocity and Sig Sauer, Inc.) by the end of 2022.

On the other hand, civilians in the US alone account for more than about 45% of the worldwide total of civilian-held firearms. Government initiatives aimed at creating personal safety awareness programs drive the country's civilian small arms and ammunition demand. Programs like the Civilian Marksmanship Program promote firearm safety training and rifle practice for citizens, focusing on youth. However, as the gun-related violence in the country increased over the past few years, the government has been making strict gun policies to regulate gun prefoliation.

Small Caliber Ammunition Industry Overview

The small caliber ammunition market is fragmented due to the presence of several local and global players in the market. Some prominent players in the small caliber ammunition market include CBC Global Ammunition, Northrop Grumman Corporation, General Dynamics Corporation, Nammo AS, and Olin Corporation. Most countries produce small ammunition through local production capacities and minimal orders given to foreign players to meet specific caliber shortages of ammunition of purpose with military applications. For instance, the Kenya Ordnance Factories Corporation (KOFC) is the local manufacturing company in Kenya that manufactures small-caliber ammunition and related products delivered to Kenyan armed forces, security agencies, and licensed arms dealers. It exported it to allied countries in Africa. The manufacturing facility's capacity is estimated to be at least 20,000 bullets per day. Similarly, INDUMIL, FAMAE, and Aguila Ammunition are the local manufacturers of small caliber ammunition in Colombia, Chile, and Mexico, respectively, that cater to local demand. NATO members and players in the NATO countries benefit from ammunition demand originating from other NATO members and thus have adequate market presence in the military market.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
  • 4.3 Market Restraints
  • 4.4 Porters Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 End-Use
    • 5.1.1 Civilian
    • 5.1.2 Military
  • 5.2 Geography
    • 5.2.1 North America
      • 5.2.1.1 United States
      • 5.2.1.2 Canada
    • 5.2.2 Europe
      • 5.2.2.1 United Kingdom
      • 5.2.2.2 France
      • 5.2.2.3 Germany
      • 5.2.2.4 Russia
      • 5.2.2.5 Rest of Europe
    • 5.2.3 Asia-Pacific
      • 5.2.3.1 China
      • 5.2.3.2 India
      • 5.2.3.3 Japan
      • 5.2.3.4 South Korea
      • 5.2.3.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.2.4 Latin America
      • 5.2.4.1 Brazil
      • 5.2.4.2 Mexico
      • 5.2.4.3 Rest of Latin America
    • 5.2.5 Middle-East and Africa
      • 5.2.5.1 Saudi Arabia
      • 5.2.5.2 United Arab Emirates
      • 5.2.5.3 Egypt
      • 5.2.5.4 Rest of Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Vendor Market Share**
  • 6.2 Company Profiles*
    • 6.2.1 Northrop Grumman Corporation
    • 6.2.2 General Dynamics Corporation
    • 6.2.3 BAE Systems PLC
    • 6.2.4 Denel SOC Ltd
    • 6.2.5 Remington Arms Company LLC
    • 6.2.6 CBC Global Ammunition
    • 6.2.7 RUAG Group
    • 6.2.8 MESKO
    • 6.2.9 Nammo AS
    • 6.2.10 Olin Corporation
    • 6.2.11 CCI Ammunition
    • 6.2.12 Elbit Systems Ltd
    • 6.2.13 Ordnance Factory Board (OFB)
    • 6.2.14 PT Pindad

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS