市場調査レポート
商品コード
1443991

デジタルサイネージ:市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Digital Signage - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.11円
デジタルサイネージ:市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

デジタルサイネージ市場規模は、2024年に255億2,000万米ドルと推定され、2029年には382億米ドルに達すると予測され、予測期間中(2024-2029年)のCAGRは8.40%で成長する見込みです。

Digital Signage-Market

COVID-19の影響は各地域で異なっています。明確で包括的な製品情報を求める顧客ニーズの高まりが、デジタル化された標識の採用を促進しています。さらに、シングルタッチやマルチタッチ、ジェスチャーベースのディスプレイなど、先進技術の利用が増加していることから、市場の成長が見込まれています。これらのガジェットは、遠隔地からサイネージ経由でアクセスできる監視とコンピュータ化された情報管理を必要とします。

主なハイライト

  • 特に新興経済諸国では、交通網、公共インフラ、新しい商業ビルが成長しており、市場開拓の機会が増えています。デジタルサイネージは、あらゆる公共交通機関で利用され、移動中の視聴者の注目を集め、旅行者情報や広告に関連したリアルタイムの位置情報や状況認識を提供しています。さらに、多くの教育施設では急速に標準化されつつあり、学校や企業のキャンパスではデジタル・サイネージ・システムが利用されています。
  • 例えば、2022年4月、Visix Inc.は、ウィチタ州立大学がメトロプレックスコンベンションセンターにAxisTV Signage Suiteデジタルサイネージシステムを採用したことを発表し、高等教育プロジェクトのポートフォリオを拡大しました。ソリューション全体には、クラウドホスト型CMS、3台のナノ・デジタル・サイネージ・プレーヤー、10台の電子ペーパー・ルーム(E-Paper)サインが含まれ、イベントや会議が発生すると動的に表示されます。
  • デジタル・サイネージ・システムは、メディア・プレーヤーやディスプレイ間で頻繁に発生する互換性や相互運用性の問題を解消します。さらに、デジタル・サイネージ・ボードは、フライト・インフォメーション・ディスプレイ・システム(FIDS)として知られる空港の到着・出発ボードとして広く使用されています。例えば、2022年10月、企業向けデジタル・サイネージ・ソリューションの大手プロバイダーであるMvixは、同社のフライト・インフォメーション・ディスプレイ(FIDS)モジュールに、空港ディスプレイ用の新しい旅客情報サイネージ・ソリューションを追加しました。この新しいスイートは、リアルタイムのフライトデータサービスにより、航空会社のカウンター、ゲートディスプレイ、ターミナルスクリーン、手荷物受取所ディレクトリ、空港や地元ホテルのカルーセルディスプレイにフライトデータを表示します。
  • さらに、明確で包括的な製品情報を求める顧客ニーズの高まりが、デジタル化された標識の採用を後押ししています。また、教育現場でもデジタル化技術の需要が高まっています。2022年3月、世界のビジュアル・ソリューション・プロバイダーであるViewSonic Corp.は、BETTショーで教育技術であるmyViewBoard Sensを展示しました。この技術にはAI技術が組み込まれており、生徒のエンゲージメントを高め、教室でのウェルネスを促進します。
  • これらすべての要因とともに、世界のリーダーたちの間でブランドの認知度と認識を高めることが、市場の成長を促進すると予想されます。しかし、デジタルサイネージボードは高い電力を必要とするため、間接的にメンテナンスコストに影響を与えています。これが市場開拓の妨げになる可能性があります。
  • さらに、COVID-19以前と比べて輸出出荷が減少し、デジタルサイネージやディスプレイ製品に対する国内需要が鈍化していることも、短期的にはデジタルサイネージのニーズにマイナスの影響を与え、若干停滞しています。しかし、病院やレストランなどでは、デジタル注文、ドライブイン、デジタル決済、社会指針を表示するデジタルスクリーンなどにデジタルサイネージが使用されています。

デジタルサイネージ市場動向

OLEDディスプレイは健全な成長が見込まれる

  • OLEDは、従来のディスプレイの限界を克服する唯一の技術であり、ダイナミックなフォルムと相まってリアリティを向上させる。OLEDは自発光型光源により、光と色の表現に優れています。その柔軟性と透明性は、革新的なOLED材料の開発の成果です。
  • 例えば、LGビジネス・ソリューションズは2022年4月、ダラスのAVI-SPLオフィスに、複数の曲面OLEDディスプレイで高精細表面を形成するビデオ「ウェーブウォール」を立ち上げ、設置しました。このビデオウォールには、案内情報を提供する65インチのLGインタラクティブ・デジタル・サイネージボードが設置されています。
  • OLEDディスプレイにはバックライトがないため、コントラストが非常に優れています(実質的に「無限」のコントラスト比を提供します)。OLEDディスプレイは、LCDにはない正確な黒背景が特徴です。屋内ブランディングや体験型メディア向けのデジタル・サイネージにおけるOLEDの応用は、エネルギー効率が高く、軽量で、優れたメディア・プレゼンテーションによって、急速に増加しています。さらに、LG Business Solutionsは最近、最先端のタッチスクリーン技術を搭載した鮮やかで透明なOLEDディスプレイ、55EW5TFを発売しました。このディスプレイは、投影型静電容量方式(P-Cap)フィルム技術を採用し、同時に最大10点のタッチポイントをサポートする高応答で正確なタッチ体験を実現します。さらに、OLED技術により、P-Capタッチフィルムでも33%の透明度を実現しています。また、バックライトユニットや液晶層を必要としないスリムな構造となっています。
  • 例えば、2022年4月、モトローラMoto G52が同社の最新スマートフォンとしてインドで発売されました。Motorola Moto G52は、90HzのリフレッシュレートをサポートするOLEDディスプレイを搭載しています。さらに、LGは2022年8月、これまでで最も短いOLEDスクリーンとなる20インチOLEDパネルを今年末に発売する意向です。このような新興国市場の開拓は市場成長をさらに促進する可能性があります。
  • さらに、透明OLED(T-OLED)は、4倍の透明スクリーンを作り出す自発光OLED技術です。OLED技術の無限のコントラストと完璧な色彩を維持し、見事な画像オーバーレイを実現します。T-OLEDの透明度は38%で、LCDで達成された最高の透明度は10%です。真正面から見ると、スクリーンの背後にある物体がコンテンツと一体化し、正面を向いたUVプロテクションにより、通行人の目を引く店舗のウィンドウに理想的なディスプレイとなります。

アジア太平洋地域が最大の市場シェアを占める見込み

  • 予測期間中、北米が世界のサイネージ市場を独占しているが、これは米国地域に大手ベンダーが存在することと、技術の早期導入と進歩によるものです。また、ディスプレイ技術の進歩も市場を牽引しています。
  • さらに、デジタルサイネージは、安全性とコスト面で印刷サイネージに取って代わりつつあります。デジタルサイネージは、スマートホテルや関連産業の市場開拓に不可欠な要素である安全手順の可視化を可能にし、予測期間中の市場需要を増大させると予測されています。例えば、2022年3月、ホスピタリティとイベントの専門家のためのフルサービスのコンベンションインターネットとディスプレイ技術のパートナーであるXpodigital社(米国オーランド)は、完全に管理された会議インターネットとデジタルサイネージソリューションのための都市の最初の選択肢になるための第一歩として、重要な管理職をラスベガスに移しました。
  • さらに、ホテルのデジタルサイネージは、ホテルのロビー、レストラン、廊下を近代化し、高級な雰囲気に貢献する視覚に訴える広告の助けを借りて、メッセージの配信をよりインタラクティブにします。さらに、デジタルサイネージのインタラクティブな案内図機能は、セルフサービスの情報源を提供することで、宿泊客の体験を向上させるのに役立ちます。2022年3月、Philipsのテレビとデジタルサイネージ製品のサプライヤーであるPPDSは、ホテルのPhilips MediaSuiteHospitalityテレビにApple TVアプリを導入すると発表しました。
  • 大規模なスタジアムは、オフシーズンの間、コンサートや会議、プロモーションイベントなど、大企業が主催する他のイベントのために貸し出されることがよくあります。魅力的なデジタル・ビデオ・ディスプレイを備えたスタジアムは、こうした機能をサポートし、スポンサーにとって会場の価値を高める。
  • さらに、2022年3月にはQuantela社と屋外広告の大手ブティック企業であるリキッド・アウトドアは共同で、リキッドのライフスタイル・ネットワークを拡大するための完全なデジタル・サイネージ・ソリューションを構築する新たなパートナーシップを発表しました。Quantelaは総合的なプログラム管理と、米国のライフスタイル・ポートフォリオ全体で取得したデータを監視・管理する技術プラットフォームを提供します。また、クオンテラ社は、重要な投資家であるデジタル・アルファ社の支援と成果を通じて、プロジェクトと更なる拡大機会に必要な1,500万米ドルの初期資本を提供します。
  • さらに、ソフトウェア・プロバイダーは、業界の新規参入者に複数のオペレーティング・システムと互換性のあるカスタマイズ・ソリューションの標準を提供することにも取り組んでいます。カスタマイズ・ソリューションの需要増加に伴い、クラウドベースの設計ソリューションへの注目が高まっています。2022年2月、サムスンはカリフォルニア州ロサンゼルスのソフィ・スタジアムで、中央に吊り下げられた全く新しいビデオボード「インフィニティ・スクリーン」を発表しました。これは、スポーツのために作られた史上最大のビデオボードです。インフィニティ・ボードには、唯一無二のデザインのディスプレイが二面に組み込まれています。各LEDパネルは、統計情報、ライブ・コンテンツ、アニメーション・コンテンツを独自にプログラムすることができます。

デジタルサイネージ業界の概要

デジタルサイネージ市場は比較的細分化されており、NECディスプレイソリューションズ株式会社、サムスン電子株式会社、パナソニック株式会社、ソニー株式会社のような主要な世界プレーヤーがハードウェアエンドをカバーしています。同時に、デジタルサイネージ用のソフトウェアを提供する中小企業もいくつか存在します。さらに、多くのプレーヤーが市場に参入し、業界のニッチ・プレーヤーとしてユニークな製品アプリケーションを提供しています。

2022年3月、Planarは、ペースの速いイベントや高環境光環境のニーズに対応するために設計された2つの新しいLEDビデオウォールディスプレイファミリー、Planar Luminate ProシリーズとPlanar Venue Proシリーズを発表しました。新ファミリーは、一時的なイベントやモバイルイベント向けにセットアップと撤収を高速化するメカニカルエレメントを特徴としていますが、完全な前面設置や保守性も備えており、より恒久的な壁面設置アプリケーションへの扉を開きます。

2022年2月、LEDディスプレイを設計・製造する米国の民間企業NanoLumensは、透明LEDメッシュ製品シリーズ「CLRVU」を発表しました。このディスプレイは、バッテリー・アトランタにあるTKエレベーターの本社兼試験施設に設置されました。このディスプレイは屋内でも屋外でも使用でき、建築物にシームレスに溶け込み、ディスプレイの解像度、消費電力、透明度をユーザーがカスタマイズできます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリスト・サポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 業界の魅力度-ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係
  • 業界バリューチェーン分析
  • COVID-19の業界への影響評価
  • 市場促進要因
    • デジタルサイネージとクロスプラットフォーム・メディアツールの融合
    • ターンキー・ソリューションの進化
    • 普及率向上につながるインフラコストの低下
  • 市場抑制要因
    • 複雑なビジネス要件との統合性の低さ

第5章 市場セグメンテーション

  • タイプ
    • ビデオウォール
    • ビデオスクリーン
    • キオスク
    • 透明LCDスクリーン
    • デジタルポスター
    • その他のタイプ
  • コンポーネント
    • ハードウェア
      • LCD/LEDディスプレイ
      • OLEDディスプレイ
      • メディアプレーヤー
      • プロジェクター/プロジェクション・スクリーン
      • その他のハードウェア
    • ソフトウェア
    • サービス
  • サイズ
    • 32フィート以下
    • 32'-52'
    • 52フィート以上
  • ロケーション
    • 店内
    • 屋外
  • 用途
    • 小売店
    • 輸送機関
    • ホスピタリティ
    • 企業
    • 教育機関
    • 政府機関
    • その他の用途
  • 地域
    • 北米
    • アジア太平洋
    • 欧州
    • ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • NEC Display Solutions Ltd.
    • LG Display Co. Ltd.
    • Samsung Electronics Co. Ltd.
    • Panasonic Corporation
    • Sony Corporation
    • Stratacache
    • Planar Systems Inc.
    • Hitachi Ltd.
    • Barco NV
    • Goodview
    • Cisco Systems Inc.

第7章 投資分析

第8章 市場の将来

目次
Product Code: 50170

The Digital Signage Market size is estimated at USD 25.52 billion in 2024, and is expected to reach USD 38.20 billion by 2029, growing at a CAGR of 8.40% during the forecast period (2024-2029).

Digital Signage - Market

The impact of COVID-19 was different across the various regions. Rising customer demand for clear and comprehensive product information drives the adoption of digitized signs. Moreover, the market is expected to grow due to the increasing usage of advanced technologies, such as single or multi-touch and gesture-based displays. These gadgets necessitate supervision and computerized information management, which can be accessed via signage from a remote place.

Key Highlights

  • The growth in transport networks, public infrastructure, and new commercial buildings, particularly in developing economies, creates more opportunities in this market. Digital signage is being used in and on all modes of public transportation to attract the attention of on-the-go viewers, providing real-time location and context awareness related to traveler information and advertising. Moreover, it is fast becoming a standard in many educational facilities, with schools and corporate campuses facilitating digital signage systems.
  • For instance, in April 2022, Visix Inc. expanded its portfolio of higher education projects by announcing that Wichita State University had chosen an AxisTV Signage Suite digital signage system for its Metroplex convention center. The entire solution included a cloud-hosted CMS, three nano digital signage players, and ten Electronic Paper Room (E-Paper) Signs, which dynamically display events and meetings as they happen.
  • Digital signage systems eliminate frequent compatibility and interoperability issues between media players and displays. Furthermore, digital signage boards are being extensively used as arrival and departure boards in airports, known as Flight Information Display Systems (FIDS). For instance, in October 2022, Mvix, a significant enterprise digital signage solutions provider, added a new passenger information signage solution for airport displays to its Flight Information Displays (FIDS) Module. The new suite displays flight data for airline counters, gate displays, terminal screens, baggage claim directories, and carousel displays for airports and local hotel properties, powered by real-time flight data services.
  • Furthermore, rising customer demand for clear and comprehensive product information drives the adoption of digitized signs. There is also a rise in demand for digitized technology in education. In March 2022, ViewSonic Corp., a global visual solutions provider, showcased its myViewBoard Sens, an educational technology, at the BETT show. This technology is embedded with AI technology that increases student engagement and facilitates wellness in the classroom.
  • Along with all these factors, enhancing brand awareness and perception among global leaders is expected to drive the market's growth. However, digital signage boards require high electricity, indirectly affecting maintenance costs. This could hinder the development of the market.
  • Furthermore, the fall in export shipments and slow domestic demand for digital signage and display products compared to pre-COVID-19 levels has negatively impacted and slightly stagnated the need for digital signage in the short term. However, in places like hospitals and restaurants, digital signage is used for digital ordering, drive-ins, digital payments, and digital screens displaying social guidelines.

Digital Signage Market Trends

OLED Display is Expected to Experience Healthy Growth

  • OLED is the only technology that overcomes the limitations of conventional displays, as it offers enhanced reality combined with a dynamic form. OLED provides superior light and color expression based on self-emitting light sources. Its flexibility and transparency are the results of developing innovative OLED materials.
  • For instance, in April 2022, LG Business Solutions launched and installed a video "Wave Wall" with multiple curved OLED displays to form a high-definition surface at the AVI-SPL office in Dallas. The video wall features a 65-inch LG interactive digital signage board that provides wayfinding information.
  • As OLED displays lack the backlight, they function exceptionally well in contrast (essentially offering an 'infinite' contrast ratio). OLED displays feature an accurate black background, something LCDs can not match. The application of OLED in digital signage for indoor branding and experiential media is increasing rapidly, driven by energy-efficient, lightweight, and superior media presentation. Furthermore, LG Business Solutions recently launched 55EW5TF, a vivid, transparent OLED display with cutting-edge touchscreen technology. This display uses projected capacitive (P-Cap) film technology for a highly responsive, accurate touch experience that simultaneously supports up to 10 touch points. Further, the OLED technology enables the display to achieve transparency of 33% even with the P-Cap touch film. It has a slimmer structure without needing a backlight unit or liquid crystal layer.
  • For instance, in April 2022, Motorola Moto G52 was launched in India as the company's latest smartphone. The Motorola Moto G52 has an OLED display that supports a 90Hz refresh rate. Furthermore, in August 2022, LG intends to launch a 20-inch OLED panel at the end of this year, which would be its shortest OLED screen yet. Such developments may further drive market growth.
  • Furthermore, transparent OLED (T-OLED) is a self-lighting OLED technology that creates four times more transparent screens. It maintains the infinite contrast and perfect colors of OLED technology for a stunning image overlay. T-OLED offers 38% transparency, whereas the highest clarity that has been achieved with LCD is 10%. When viewed head-on, objects behind the screen integrate with the content, and the front-facing UV protection makes the display ideal for store windows that catch the attention of passers-by.

Asia Pacific is Expected to Hold the Largest Market Share

  • North America dominates the global signage market over the forecasted duration, owing to the existence of significant vendors in the US region and also due to early adoption and advancement in technology. Furthermore, the advances in display technology are also likely to drive the market.
  • Further, digital signage is taking over printed signage owing to security and cost profits. It allows visualization of safety procedures, a vital component in developing smart hotels and related industries, and it is anticipated to augment market demand during the forecast period. For instance, in Mar 2022, Xpodigital, Orlando, United States, the full-service convention internet and display technology partner for hospitality and events professionals, moved vital management positions to Las Vegas as the first step in becoming the city's first choice for fully-managed conference internet and digital signage solutions.
  • Further, digital signage in hotels makes the delivery of the messaging much more interactive with the help of visually appealing ads that modernizes hotel lobbies, restaurants, and hallways and contributes to an upscale ambiance. Furthermore, the interactive wayfinding maps feature of digital signage help to enhance the guest experience by providing a self-service source of information. In March 2022, PPDS, a supplier of Philips TVs and digital signage products, announced that it is bringing the Apple TV app to its Philips MediaSuiteHospitality TVs in hotels.
  • Large stadiums are often rented out for other events during the off-season, such as concerts, conferences, or promotional events, sponsored by big businesses. A stadium with engaging digital video displays supports these functions and makes the venue more valuable to sponsors, which may further drive market growth.
  • Moreover, in March 2022. Quantela Inc. and leading boutique outdoor advertising company Liquid Outdoor jointly announced a new partnership to create a complete digital signage solution to expand Liquid's lifestyle network. Quantela will supply total program management and the technology platform to monitor and manage data captured across the US lifestyle portfolio. Through outcomes and with support from crucial investor Digital Alpha, Quantela will additionally provide the initial USD 15 million capital required for the project and further expansion opportunities.
  • Furthermore, the software providers are also engaged in providing a standard for customized solutions compatible with multiple operating systems to new entrants in the industry. There is an increased focus on cloud-based design solutions owing to the increasing demand for customized solutions. In February 2022, Samsung unveiled the Infinity Screen, a brand new, center-hung video board at Sofi Stadium in Los Angeles, California. This is the giant video board ever created for sports. The infinity board incorporates a display on dual sides with a one-of-a-kind design. Each LED panel can be uniquely or congruently programmed with statistics and live and animated content.

Digital Signage Industry Overview

The Digital Signage Market is relatively fragmented, with major global players, like NEC Display Solutions Ltd, Samsung Electronics Co. Ltd, Panasonic Corporation, and Sony Corporation, covering the hardware end of the spectrum. At the same time, there happen to be several medium and smaller players who provide software for digital signage. Moreover, many players are entering the market, offering unique product applications as niche players in the industry.

In March 2022, Planar launched two new LED video wall display families designed to serve the needs of fast-paced events and high-ambient light environments; the Planar Luminate Pro Series and Planar Venue Pro Series. The new families feature mechanical elements that accelerate set-up and takedown for temporary and mobile events but also feature complete front installation and serviceability, opening the door to more permanent wall-mounted applications.

In February 2022, NanoLumens, an American private corporation that designs and manufactures LED displays, released a transparent LED mesh product series called CLRVU. This display was installed for TK Elevators' headquarters and test facility at The Battery Atlanta. This display can be used indoors or outdoors to blend into the architecture of the building seamlessly, and it enables the user to customize the display's resolution, power consumption, and transparency.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Threat of New Entrants
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.2.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.4 Threat of Substitutes
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Assessment of Impact of COVID-19 on the Industry
  • 4.5 Market Drivers
    • 4.5.1 Convergence of Digital Signage with Cross-platform Media Tool
    • 4.5.2 Evolution of Turnkey Solutions
    • 4.5.3 Diminishing Cost of Infrastructure Leading to Higher Penetration
  • 4.6 Market Restraints
    • 4.6.1 Poor Integration with Complex Business Requirements

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Type
    • 5.1.1 Video Wall
    • 5.1.2 Video Screen
    • 5.1.3 Kiosk
    • 5.1.4 Transparent LCD Screen
    • 5.1.5 Digital Poster
    • 5.1.6 Other Types
  • 5.2 Component
    • 5.2.1 Hardware
      • 5.2.1.1 LCD/LED Display
      • 5.2.1.2 OLED Display
      • 5.2.1.3 Media Players
      • 5.2.1.4 Projector/Projection Screens
      • 5.2.1.5 Other Hardware
    • 5.2.2 Software
    • 5.2.3 Services
  • 5.3 Size
    • 5.3.1 Below 32'
    • 5.3.2 32' - 52'
    • 5.3.3 Above 52'
  • 5.4 Location
    • 5.4.1 In-store
    • 5.4.2 Outdoor
  • 5.5 Application
    • 5.5.1 Retail
    • 5.5.2 Transportation
    • 5.5.3 Hospitality
    • 5.5.4 Corporate
    • 5.5.5 Education
    • 5.5.6 Government
    • 5.5.7 Other Applications
  • 5.6 Geography
    • 5.6.1 North America
    • 5.6.2 Asia Pacific
    • 5.6.3 Europe
    • 5.6.4 Latin America
    • 5.6.5 Middle East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles*
    • 6.1.1 NEC Display Solutions Ltd.
    • 6.1.2 LG Display Co. Ltd.
    • 6.1.3 Samsung Electronics Co. Ltd.
    • 6.1.4 Panasonic Corporation
    • 6.1.5 Sony Corporation
    • 6.1.6 Stratacache
    • 6.1.7 Planar Systems Inc.
    • 6.1.8 Hitachi Ltd.
    • 6.1.9 Barco NV
    • 6.1.10 Goodview
    • 6.1.11 Cisco Systems Inc.

7 INVESTMENT ANALYSIS

8 FUTURE OF THE MARKET