デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1440083

MaaS(Mobility as a Service):市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Mobility as a Service - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 107 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.56円
MaaS(Mobility as a Service):市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 107 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

MaaS(Mobility as a Service)市場規模は、2024年に7,800億米ドルと推定され、2029年までに1兆1,200億米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に7.43%のCAGRで成長します。

MaaS(Mobility as a Service)-市場

COVID-19感染症のパンデミックは、サービス市場としてのモビリティに打撃を与えました。ロックダウンと社会的距離の規範が世界中で実施されたため、緊急目的を除いて移動の必要性は減少しました。国民の移動がほぼゼロとなり、市場の主要ビジネス分野は深刻な打撃を受け、経済は急降下しました。COVID-19感染症のパンデミックは市場に問題を引き起こしているが、非接触決済や接触追跡のためのMaaSソリューションの展開など、イノベーションや適応のチャンスももたらしています。

中期的には、MaaS(Mobility as a Service)(MaaS)は、個人や企業に統合されたオンデマンド交通ソリューションを提供することを目的とした成長産業です。これは、消費者が単一のプラットフォームを通じて、多くの場合サブスクリプションベースのアプローチを通じてさまざまなモビリティ代替手段にアクセスできる、従来の交通手段からのパラダイムシフトを表しています。この市場は、都市化の進行、交通渋滞の増加、より持続可能な代替交通手段の必要性により、今後数年間で急速に拡大すると予測されています。

全国各地でタクシーサービスやライドシェアサービスの利用に対する乗客の嗜好が高まることが予想されます。したがって、これにより、各社は競争の激しい市場でそれぞれの市場シェアを維持するために、モバイルアプリケーションで提供するオプションを強化し、事業を拡大することになると考えられます。

二酸化炭素排出量の削減と気候変動の緩和への関心の高まりは、MaaSセクターの主な促進要因の1つです。 MaaSプラットフォームは、より持続可能なモビリティの選択肢を提供することで、交通機関の環境への影響を軽減するのに役立つ可能性があります。

市場を牽引するもう1つの重要な側面は、特にモビリティのオプションにおいて利便性、柔軟性、費用対効果を優先する若い世代の間で消費者の嗜好が変化していることです。

従来の交通会社やハイテク新興企業に加え、自動車メーカーや公共交通機関などの他のプレーヤーも、競争力を維持し、進化する顧客の期待に応えるためにMaaS分野に参入しています。

電気自動車への補助金や相乗りや公共交通機関の利用促進など、政府の取り組みや法律もMaaS市場を形成しています。モバイルアプリ、モノのインターネット(IoT)ガジェット、データ分析ツールは、MaaS分野を推進する主要なテクノロジーの一部です。これらのテクノロジーにより、より効果的で個別化された輸送サービスが可能になります。

MaaS(Mobility as a Service)市場動向

交通渋滞の増加が市場の需要を促進

MaaSは、渋滞の緩和に加えて、大気の質の改善、炭素排出量の削減、持続可能な交通の促進にも役立ちます。 MaaSは、さまざまなモビリティのオプションを提供することで、個人が自転車や公共交通機関の利用など、より環境に優しい交通手段を選択することを奨励できます。

さらに、MaaSは公共部門や商業部門の関係者に新しいビジネスモデルと機会を与えることで、交通部門を再構築しています。政府がMaaSを交通ネットワークに組み込む方法を模索する一方で、非公開会社はMaaSのプラットフォームやサービスへの投資を増やしています。

全体として、世界中の主要都市で交通渋滞によって引き起こされる困難が、MaaSセクターの拡大の要因となっています。人々がより効果的で環境に優しい交通ソリューションを求める中、MaaSは将来の都市モビリティにおいてますます重要な役割を果たすことになります。

近年、世界中の多くの都市が、増大する交通渋滞や輸送上の課題の解決策として、MaaS(Mobility as a Service)(MaaS)を導入しています。例えば、

  • 2023年 1月、タンパ市モビリティ局は、市の新しいモビリティパートナーであるMoovitと協力して、MaaS(Mobility as a Service)(MaaS)トライアルプロジェクトを開始しました。 Moovitは、ユーザーが徒歩、自転車、スクーター、ドライブ、路面電車、バスに乗るなど、複合的な旅行の計画を支援する都市モビリティソフトウェアとしてタンパでデビューしました。 Moovitは、正確で信頼性の高い都市モビリティ情報を提供することに加えて、GoogleマップやWazeとは異なり、公共交通機関のモバイルチケット発行、リアルタイムの到着情報を提供し、駐車場やパークアンドライドの場所を表示します。
  • 2022年 10月、上海市はグリーン通勤のためのオールインワンモバイルプラットフォームを開始し、市のMaaS(Mobility as a Service)(MaaS)システムの開発における重要な前進を示しました。政府が設立した世界初の大都市型MaaSプラットフォームである水神興アプリは、公共交通機関、タクシー配車、スマートパーキングなどの基本機能を完成させました。ユーザーは、公共交通機関サービスを通じて、すべての公共交通機関コードを含むスワイプフォーオールパスを取得できます。 MaaSに決済機能を登録して有効化すると、上海の1,560のバス路線、17のフェリー路線、11の地下鉄路線で利用できるようになりました。
  • 2022年 9月、プラハ市は、すべての支払い方法と交通サービスを1か所に統合するパイロットプログラムをテストしました。バイクやカーシェアリング、タクシー、駐車場、公共交通機関などのモビリティサービスの登録と支払いを統一するシステムが、Ltakaアプリを通じて開発、テスト、運用される予定で、プラハの市営企業Operator ICTが導入しています。

これらの事例は、交通渋滞を緩和し、交通機関へのアクセスを向上させる取り組みとして、MaaSが都市間でますます普及していることを示しています。 MaaSビジネスが世界的に拡大するにつれ、交通問題を解決するためにMaaSソリューションを利用する都市がさらに増えることが予想されます。

アジア太平洋は最も急成長している市場

都市化、人口増加、便利で持続可能な交通手段に対する需要の増加により、長期的には中国のMaaS(Mobility as a Service)市場が可能になる可能性があります。近年、バイクシェアリングやカーシェアリングに代表される新たなモビリティは、国民の日常移動に大きな利便性をもたらしています。大規模なモビリティ需要を満たすことで、都市管理にプレッシャーと課題ももたらしました。さらに、既存の公共交通システムや従来の交通サービスにも大きな影響を与えました。

インドは世界で2番目に人口の多い国で、ほとんどの国民が短距離の通勤にタクシーやオートリクシャー(地元の三輪タクシー)を利用する中流階級に分類されます。インドの公共交通機関はそれほど発達しておらず、主にバス、ローカル列車(ムンバイのみ)、地下鉄(一部の都市)が特徴です。したがって、従業員は主に通勤の主な交通手段として自家用車を使用しています。

MaaSはインドではまだ比較的新しいものですが、連邦政府、州政府、地方自治体による議論や政策の取り組みにより、その巨大な可能性が浮き彫りになっています。 MaaSは、移動手段を単一のサービスに統合することで、インド全土の消費者に、柔軟かつパーソナライズされた方法で旅行を簡単に手配できる機能を提供します。さらに、インドはその技術力と統合モビリティサービスソリューションを活用しており、すでに大きな分野に成長しています。

インド市場にはチャンスが溢れているため、多くの著名企業もMaas市場での地位を強化するために厳しい取り組みを行っています。例えば、

  • 配車サービス会社ウーバーは2023年1月、同社のプラットフォームを通じて今後3年間でインドに2万5,000台の電気自動車を導入する計画です。タタ・モーターズと締結された覚書では、今月からタタの電気自動車「Xpres-T」2万5,000台を段階的に納入することが予定されています。電気自動車は、デリー、ムンバイ、コルカタ、チェンナイ、ハイデラバード、ベンガルール、アーメダバードに導入される予定です。
  • 2022年 11月に、上海のグリーン通勤のためのオールインワンモバイルプラットフォームが開始され、上海のMaaS(Mobility as a Service)システムにとって重要な前進となりました。
  • ホンダは2021年10月、振動と音声案内を利用して視覚障害者が周囲をナビゲートするのを支援するウェアラブルデバイス「Ashirase」を発売しました。このデバイスは、従来の車両を超えてモビリティサービスを拡大するホンダの取り組みの一環です。

上記の動向は、この地域のMaaS市場が急速に成長しており、いくつかのプレーヤーが市場に参入し、サービスを拡大していることを示しています。これらの開発は、今後数年間のMaaSの成長に貢献すると予想されます。

MaaS(Mobility as a Service)業界の概要

MaaS(Mobility as a Service)市場は細分化されており、複数のプレーヤーが市場で大きなシェアを占めています。MaaS(Mobility as a Service)市場における著名な企業には、Uber、Didi、Beeline Mobility、Moovitなどがあります。企業は、新しく先進的な製品の革新のための研究開発に多額の投資を行っています。

  • 2022年 12月、女性と女児がクラウドソーシングで安全を確保し、リアルタイムでお互いを守ることを可能にする唯一のコミュニティ安全アプリを提供する新興企業SafeUPは、Moovitとの提携を発表しました。 SafeUPメンバーは、女性に対する暴力撤廃の国際デーを記念したこの提携のおかげで、旅行の計画を立てたり、公共交通機関を利用したりすることが容易になります。
  • 2022年 8月、電気自動車会社のLimeとモビリティアプリのWhimは提携関係を別の国に拡大しました。 2022年6月、ウィムはベルギーのアントワープとブリュッセルで電動スクーターを発売し、続いてフィンランドのヘルシンキでも発売しました。 Whimは、チューリッヒ、ヴィンタートゥール、バーゼルにあるすべてのLime電動スクーターにアクセスできます。 Whimは、10都市以上の他の2社の電動スクータープロバイダーに加えて、ユーザーが複数の交通手段を使用して旅行を計画、予約、支払いできるようにしています。
  • 2022年 5月、FOD Mobility Groupは、Mobilleoの顧客向けにカスタマイズされたマーケティングサポートサービスを導入します。 FOD Mobility Groupは現在、市場をリードするモバイルプラットフォームを介したMaaS(Mobility as a Service)テクノロジー自体の提供に加え、社内に必要なマーケティング経験やリソースを持たないクライアント向けに、包括的なカスタマイズされたマーケティングサポートサービスを提供しています。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ

第5章 市場セグメンテーション(金額ベースの市場規模)

  • サービスタイプ別
    • バス
    • 自転車
  • 輸送タイプ別
    • 公共
    • 民間
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • 北米のその他の地域
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • インド
      • 中国
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 世界のその他の地域
      • 南米
      • 中東とアフリカ

第6章 競合情勢

  • ベンダーの市場シェア
  • 企業プロファイル
    • Whim(Maas Global)
    • Uber Technologies Inc.
    • Didi Chuxing
    • Citymapper
    • Moovel
    • Beeline Mobility
    • Ubigo(via-id)
    • Moovit Inc.
    • Bridj Technology Pty Ltd.
    • Mobileo
    • The Hertz Corporation
    • Avis Budget Group
    • Enterprise Holdings Inc.

第7章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 69762

The Mobility as a Service Market size is estimated at USD 0.78 trillion in 2024, and is expected to reach USD 1.12 trillion by 2029, growing at a CAGR of 7.43% during the forecast period (2024-2029).

Mobility as a Service - Market

The COVID-19 pandemic hurt mobility as a Service Market. With the lockdown and social distancing norms implemented worldwide, the need for mobility was reduced except for emergency purposes. With almost zero public movements, the major business area of the market was severely hit, and the economy took a nosedive. Although the COVID-19 pandemic has caused problems for the market, it has also given rise to chances for innovation and adaptation, such as the deployment of MaaS solutions for contactless payments and contact tracking.

Over the medium term, Mobility as a Service (MaaS) is a growing industry that intends to provide individuals and businesses with integrated, on-demand transportation solutions. It represents a paradigm shift from traditional modes of transportation, in which consumers can access a variety of mobility alternatives through a single platform, frequently via a subscription-based approach. The market is predicted to expand rapidly in the next years, owing to rising urbanization, increased traffic congestion, and a need for more sustainable transportation alternatives.

Passengers' preferences for utilizing taxi services and ride-sharing services across the country are expected to increase. Hence, this is likely to lead the companies to enhance the options and expand their operations to be provided in mobile applications, to retain their respective market shares in a highly competitive market.

The growing emphasis on lowering carbon emissions and mitigating climate change is one of the primary drivers of the MaaS sector. MaaS platforms may help lessen the environmental effect of transportation by providing more sustainable mobility options.

Another important aspect driving the market is changing consumer tastes, particularly among younger generations that prioritize convenience, flexibility, and cost-effectiveness in their mobility options.

Other players, such as automakers and public transportation agencies, are entering the MaaS sector to stay competitive and meet evolving customer expectations, in addition to traditional transportation corporations and tech startups.

Government initiatives and legislation, such as subsidies for electric vehicles and encouragement for carpooling and public transit use, are also shaping the MaaS market. Mobile apps, Internet of Things (IoT) gadgets, and data analytics tools are a few of the primary technologies powering the MaaS sector. These technologies enable more effective and individualized transportation services.

Mobility as a Service (MaaS) Market Trends

Increasing Traffic Congestion Drive the Demand in the Market

MaaS can assist in improving air quality, lower carbon emissions, and encouraging sustainable transportation in addition to easing congestion. MaaS can encourage individuals to select more environmentally friendly forms of transportation, like biking or taking public transportation, by providing a variety of mobility options.

In addition, MaaS is reshaping the transportation sector by giving actors in the public and commercial sectors new business models and opportunities. While governments look for ways to incorporate MaaS into their transportation networks, private companies are increasing their investments in MaaS platforms and services.

Overall, the difficulties caused by traffic congestion in major cities throughout the world are a contributing factor in the expansion of the MaaS sector. MaaS is positioned to play an increasingly significant role in the future of urban mobility as people look for more effective and environmentally friendly transportation solutions.

In recent years, many cities around the world have been adopting mobility as a service (MaaS) as a solution to the growing traffic congestion and transportation challenges. For instance,

  • In January 2023, The Mobility Department of the City of Tampa launched a Mobility as a Service (MaaS) trial project with the City's new mobility partner, Moovit. Moovit debuted in Tampa as an urban mobility software that assists users in planning multimodal trips, whether they want to walk, bike, scoot, drive, ride the streetcar, or take the bus. In addition to delivering precise and reliable urban mobility information, Moovit offers mobile ticketing for public transportation, real-time arrival information, and displays parking lots and park-and-ride locations, unlike Google Maps or Waze.
  • In October 2022, Shanghai inaugurated an all-in-one mobile platform for green commuting, marking an important step forward in the development of the city's Mobility as a Service (MaaS) system. The Suishenxing app, the world's first metropolitan MaaS platform established by a government, has completed its fundamental features, which include public transportation, taxi hailing, and smart parking. Users can get a swipe-for-all pass that contains all public transportation codes through its public transportation service. After registering and activating the payment feature on MaaS, it can now be used on Shanghai's 1,560 bus routes, 17 ferry lines, and 11 Metro lines.
  • In September 2022, the City of Prague tested a pilot program to consolidate all payment methods and transit services in one location. A system for unified registration and payment for mobility services, such as bike and carsharing, taxis, parking, and public transportation, will be developed, tested, and operated via the Ltaka app, which is being implemented by Prague's municipal firm Operator ICT.

These instances show how MaaS is becoming more and more popular among cities as they work to ease traffic congestion and increase accessibility to transportation. It is anticipated that more cities using MaaS solutions to solve their transportation problems as the MaaS business expands globally.

Asia-Pacific is the Fastest Growing Market

Urbanization, population growth, and increasing demand for convenient and sustainable modes of transportation are likely to enable the mobility-as-a-service market in China over the long run. In recent years, new mobility represented by emerging bike-sharing and car-hailing/sharing has provided great convenience for citizens' daily transport. By meeting large mobility demands, they also brought pressures and challenges to city management. In addition, they had a big impact on existing public transport systems and traditional transport services.

China has focused on testing and developing MaaS projects in recent years. Many government departments, such as the State Council, Ministry of Transport, and province and city governments (Beijing, Shanghai, Jiangsu, and Guangdong), have highlighted to develop of a MaaS strategy or pilot in their 14th-Five-Year Plan between (2021-2025) or even in their long-term plan for 2035.

India is the second-most populous country in the world, and most people fall into the middle-class category who utilize cabs and auto-rickshaws (local three-wheeler taxis) for commuting short distances. India's public transportation system is not that well developed and is mainly characterized by buses, local trains (only in Mumbai), and metros (in select cities). Thus, employees majorly use their personal vehicle as the main mode of transportation to work.

MaaS is still relatively new in India, but discussions and policy initiatives by the federal, state, and local governments have highlighted its enormous potential. MaaS would offer consumers across India the ability to effortlessly organize trips in a flexible and personalized way by integrating transportation into a single service. Further, India is utilizing its technology prowess and integrated mobility services solutions, and it is already growing into a sizable sector.

Due to the outpouring opportunities in the Indian market, many prominent companies have also taken severe initiatives to strengthen their position in the Maas market. For instance,

  • In January 2023, ride-hailing company Uber plans to introduce 25,000 electric cars in India over the next three years through its platform. A memorandum of understanding signed with Tata Motors envisages the phased delivery of 25,000 units of Tata's Xpres-T EV electric car from this month. Electric vehicles will be deployed in Delhi, Mumbai, Kolkata, Chennai, Hyderabad, Bengaluru, and Ahmedabad.
  • In November 2022, an all-in-one mobile platform for green commuting in Shanghai was launched, marking an essential step forward for Shanghai's Mobility as a Service (MaaS) system.
  • In October 2021, Honda launched Ashirase, a wearable device that helps visually impaired individuals navigate their surroundings using vibrations and audio guidance. The device is part of Honda's efforts to expand mobility services beyond traditional vehicles.

The above developments indicate that the MaaS market in the region is growing rapidly, with several players entering the market and expanding their services. These developments are expected to contribute to MaaS growth in the coming years.

Mobility as a Service (MaaS) Industry Overview

The mobility as a service market is fragmented, with several players accounting for significant shares in the market. Some prominent companies in the mobility as a service market are Uber, Didi, Beeline Mobility, Moovit, and others. Companies are investing heavily in R&D for the innovation of new and advanced products.

  • In December 2022, SafeUP, the new startup behind the only community safety app that allows women and girls to crowdsource their safety and protect one another in real time, announced a collaboration with Moovit. SafeUP members will be able to easily plan their journeys and navigate public transportation thanks to this alliance in honor of International Day for the Elimination of Violence Against Women.
  • In August 2022, Lime, an electric vehicle company, and Whim, a mobility app, expanded their collaboration to another country. In June 2022, Whim launched e-scooters in Antwerp and Brussels, Belgium, followed by Helsinki, Finland. Whim has access to all Lime e-scooters in Zurich, Winterthur, and Basel. Whim, in addition to two other e-scooter providers in more than ten cities, allows users to plan, book, and pay for trips using multiple modes of transportation.
  • In May 2022, FOD Mobility Group introduces customized marketing support services for Mobilleo customers. FOD Mobility Group now offers a comprehensive range of tailored marketing support services for clients who may not have the necessary marketing experience or resources in-house, in addition to providing the Mobility as a Service (MaaS) technology itself via their market-leading Mobile platform. Market research, strategy and planning, app store setup and management, online/offline advertising, PR, event management, email campaigns, social media management, content creation, graphic design, website design, SEO, and engagement with local businesses and tourist boards are just a few of the services offered.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Drivers
  • 4.2 Market Restraints
  • 4.3 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.3.2 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.3 Threat of New Entrants
    • 4.3.4 Threat of Substitute Products
    • 4.3.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size in Value - (USD Billion)

  • 5.1 By Service Type
    • 5.1.1 Car
    • 5.1.2 Bus
    • 5.1.3 Bike
  • 5.2 By Transportation Type
    • 5.2.1 Public
    • 5.2.2 Private
  • 5.3 By Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
      • 5.3.1.3 Rest of North America
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 Germany
      • 5.3.2.2 United Kingdom
      • 5.3.2.3 France
      • 5.3.2.4 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
      • 5.3.3.1 India
      • 5.3.3.2 China
      • 5.3.3.3 Japan
      • 5.3.3.4 South Korea
      • 5.3.3.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.4 Rest of the World
      • 5.3.4.1 South America
      • 5.3.4.2 Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Vendor Market Share
  • 6.2 Company Profiles*
    • 6.2.1 Whim (Maas Global)
    • 6.2.2 Uber Technologies Inc.
    • 6.2.3 Didi Chuxing
    • 6.2.4 Citymapper
    • 6.2.5 Moovel
    • 6.2.6 Beeline Mobility
    • 6.2.7 Ubigo (via-id)
    • 6.2.8 Moovit Inc.
    • 6.2.9 Bridj Technology Pty Ltd.
    • 6.2.10 Mobileo
    • 6.2.11 The Hertz Corporation
    • 6.2.12 Avis Budget Group
    • 6.2.13 Enterprise Holdings Inc.

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS