デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1440065

電子機器受託製造サービス:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Electronics Manufacturing Services - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=156.58円
電子機器受託製造サービス:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

エレクトロニクス製造サービス市場規模は、2024年に5,805億2,000万米ドルと推定され、2029年までに7,732億2,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に5.90%のCAGRで成長します。

エレクトロニクス製造サービス-市場

主なハイライト

  • 小型化が進み、産業用モノのインターネット(IIoT)や5Gによる通信の強化などの新興技術の採用が進むにつれて、電子部品の設計と組み立ては革命を起こしています。例えば、5Gの通信基地局はMIMOなどの優れたアンテナ技術を開発し、放射素子の数と性能が向上しました。
  • さらに、スマートフォン、スマートウォッチ、その他のデバイスなどの電子デバイスの需要が市場の成長を押し上げています。 IBEFによると、インドの家電・家電産業は最近98億4,000万米ドルで、2025年までに2倍以上の14億8000万ルピー(211億8,000万米ドル)に達すると予想されています。
  • さらに、多くの企業は、製造活動における在庫、設備、機器の削減を目指し、設備投資の焦点を販売、マーケティング、研究開発に移しています。これにより、サードパーティの製造サービスプロバイダーへのアウトソーシングの需要が増加しました。
  • たとえば、航空電子機器企業は、製造への追加投資を行わずに製品とサービスの提供を拡大するために、PCBAの生産をEMSパートナーに移管することを決定しました。主な要件は、AS9100規格への準拠と、PCBA上の複数のBGA(一部のPCBでは最大16層)でした。
  • いくつかの地域での政府の取り組みの高まりが市場の成長を推進しています。たとえば、IBEFによると、政府はITハードウェア生産連動インセンティブ(PLI)制度のもとで14社を承認しました。今後4年間で、これらの企業は合計 216億4,000万米ドルの生産を促進すると予想されます。このプロジェクトはインドのエレクトロニクス製造に追加投資をもたらすことになります。
  • さらに、インド政府は、自動ルートに基づくエレクトロニクスシステムの設計および製造部門への100% FDIを認可しました。単一ブランド小売業へのFDIは51%から100%に増加しました。政府はマルチブランド小売業におけるFDI制限を51%に引き上げることを計画しています。このような発展は市場の成長を促進する可能性があります。
  • 世界中で、中小企業やMSMEは、生産ラインへの巨額の設備投資を回避し、サービスプロバイダーの設計専門知識と製造能力を活用できるよう、サードパーティの製造サービスを採用することが増えています。国際金融公社(IFC)の推計によると、新興諸国の正規の中小零細企業の約40%に相当する6,500万社(約)が、満たされていない資金ニーズを抱えています。世界中の企業の大多数は中小企業、特に新興諸国にあります。製造サービスプロバイダーへのこの依存は、EMS市場の将来の成長を確固たるものにするでしょう。
  • さらに、COVID-19の発生は、エレクトロニクス製造を含む多くのエンドユーザー産業に深刻な影響を与えました。 IPCの調査によると、家庭用電化製品は中国の製造能力への依存度が高く、サプライチェーンも中国への依存度が高いため、最も大きな影響を受けると予想されていました。
  • しかし、多くのエレクトロニクス製造および関連サービスは、製品の組み立てから必要な医療機器に電力を供給する回路基板の設計に至るまで、多くの重要なタスクを実行するため、必須サービスプロバイダーとして分類されました。このCOVID-19感染症の流行中、エレクトロニクス製造は経済とヘルスケア分野に不可欠な部分を占めていました。

電子製造サービス(EMS)市場動向

EMSの需要を促進する産業用アプリケーション

  • 環境革命の高まりに伴い、産業用モーターの電動機制御には高効率化が求められています。さらに、新技術の市場浸透をサポートし、安全性と信頼性を向上させるには、最小限のコストで統合を強化する必要があります。これにより、電圧制御動作用のスマートモーターのデジタル信号コントローラーに使用される電子製品の需要がさらに高まります。
  • IBEFによると、インドの電気自動車(EV)市場は2025年までに50,000カロールインドルピー(70億9,000万米ドル)に達すると推定されています。さらに、CEEWエネルギー金融センターの調査では、2030年までにインドにおける電気自動車の市場は2,060億米ドルに達すると認められています。
  • さらに、インダストリー4.0により、工場のデータ自動化の効率と生産性が大幅に向上します。産業用 IoTと人工知能(AI)の並行した進歩により、ある程度の成長が促進されます。エレクトロニクス業界は、同レベルのインテリジェンスと自動化の達成にはほど遠いにもかかわらず、エレクトロニクス製造サービス市場の最近の動向から明らかなように、インダストリー4.0への進化が道を切り開いています。
  • たとえば、2022年 10月に、ロックウェル・オートメーション社は、配電パネルを構築するためのモジュラーシステムを専門とするCUBICを買収する最終契約を締結したと発表しました。この提携により、市場投入までの時間が短縮され、インテリジェントなモーター制御のためのより広範な工場全体のアプリケーションが可能になり、幅広い顧客の持続可能性と生産性を向上させるスマートデータが生成されることで、企業に利益がもたらされることが期待されています。
  • 産業オートメーション用のエレクトロニクスの製造がこの部門の成長を促進しています。産業オートメーション分野のプレーヤーは、システム上で生成されたすべてのデータに一貫してアクセスする必要があります。ただし、多くの運用ユーティリティアプリケーションの範囲が広いため、このレベルのデータ取得は複雑です。欧州や北米の地域では、正確なデータ収集のために監視制御およびデータ収集(SCADA)の導入が増えています。
  • さらに、産業マーケットプレース向けの高品質のハードウェアおよびソフトウェアソリューションの開発者であるDYNICSは、2022年 10月に、デジタル変革のための技術ソリューションの実装に専念するメキシコの主要なテクノロジー組織の1つであるSINCIとの独自のシステムインテグレーターパートナーシップを発表しました。このパートナーシップを通じて、同社は今後もSINCIと協力して、複数の業界の顧客に自動化のメリットへのアクセスを強化するツールを提供していきます。
  • ほとんどのSCADAシステムは、単一ボードのリモートターミナルユニット(RTU)で構成されており、すべての入出力(I/O)モジュールを単一のプリント基板上に配置するコンパクトで耐久性の高い製品です。したがって、公益事業部門におけるSCADAの導入の増加により、EMSの需要がさらに促進されます。

アジア太平洋は大きな成長が見込まれる

  • アジア太平洋地域は、予測期間中に大幅に成長すると予想されます。インドと中国は、家庭用電化製品、半導体、その他の通信機器および機器の製造業界における強い地位により、世界中でEMS市場を強力に基盤としています。例えば、タタ・グループは最近、1兆米ドル規模のハイテクエレクトロニクス製造部門の一部を獲得しようとして、半導体製造事業に参入する計画を発表しました。
  • さらに、5GネットワークやIoTの展開などのテクノロジーの変化により、電子製品の導入が加速しています。「デジタルインディア」や「スマートシティ」プロジェクトなどの取り組みにより、電子機器におけるIoTの需要が高まっています。
  • さらに、インド電子工業会によると、インドの電子受託製造部門は2025年までに6倍以上の約1,520億米ドルに達すると予想されています。また、同国は2025年までに携帯電話だけで約1,000億米ドルの輸出という目標を設定しています。、これは政府の生産連動型インセンティブ(PLI)制度の支援によって可能になりました。さらに、2022年5月、ボルタスはPLIスキームに基づいて白物家電の部品を製造する 400カロールインドルピー(5,010万米ドル)の設備投資プロジェクトを発表しました。
  • IBEFによると、国内の製造業を奨励するための生産連動奨励金制度(PLI)は14社を対象とし、総投資額は30億ルピー(389億9,000万米ドル)に上るが、その約80%はわずか3つの部門に集中しているといいます。、エレクトロニクス、自動車、ソーラーパネルの製造など。この拡張は、ネットワーキング、5G、データセンター、自動車/LIDAR、航空宇宙および防衛市場にわたる新技術製品の急速な成長をサポートします。
  • APACのサプライチェーンは、製品設計、半導体の製造とパッケージング、コンポーネントとサブシステム、最終組み立て、テストから始まり、製造コストを削減するために、インドやインドネシアなどのAPACの低コスト諸国にも徐々に移行しつつあります。
  • たとえば、コストの上昇と以前の貿易摩擦により、台湾のペガトロンは生産をベトナムやインドネシアなどの国に多様化せざるを得なくなりました。貿易摩擦によるこうした不確実性により、アジアの多くの企業は関税を回避するために投資を再調整し、製造拠点を移転させました。

電子製造サービス(EMS)業界の概要

エレクトロニクス製造サービス市場は、業界全体でこれらのサービスの導入が進んでいることと、世界的に複数の市場プレーヤーが存在することにより、細分化に向かって進んでいます。市場関係者は、製品開発とイノベーションを市場拡大への有利な道とみなしています。

2023年10月、Tata Electronics Pvt Ltd(TEPL)はインドにおけるWistronの事業を1億2,500万米ドルで買収すると発表しました。これにより、同社はApple iPhoneを製造する最初のインド企業となり、ウィストロンによる買収はインドのエレクトロニクス製造エコシステムへの次の投資サイクルを促進し、同国の受託製造会社の成熟を示すものとなると思われます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ
  • 市場促進要因
    • 小型化の動向の拡大
    • IIoT(産業用モノのインターネット)、ブロックチェーン、通信の強化における新興テクノロジーの導入
  • 市場の課題
    • 競合の激化と政府による厳しい規制、環境規制
    • 知的財産権の侵害
  • 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の市場への影響の評価

第5章 市場セグメンテーション

  • サービスタイプ別
    • エレクトロニクス設計およびエンジニアリング
    • 電子部品の組み立て
    • 電子機器製造
    • その他のサービスタイプ
  • 用途別
    • 家電
    • 自動車
    • 産業用
    • 航空宇宙と防衛
    • ヘルスケア
    • ITとテレコム
    • その他の用途
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • 英国
      • イタリア
      • ドイツ
      • フランス
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 台湾
      • 日本
      • 韓国
      • インド
      • 残りのアジア太平洋
    • ラテンアメリカ
    • 中東とアフリカ

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Vinatronic Inc.
    • Benchmark Electronics Inc.
    • Hon Hai Precision Industry Co. Ltd(Foxconn)
    • Flex Ltd
    • Sanmina Corporation
    • Jabil Inc.
    • SIIX Corporation
    • Nortech Systems Incorporated
    • Celestica Inc.
    • Integrated Micro-electronics Inc.
    • Creation Technologies LP
    • Wistron Corporation
    • Plexus Corporation
    • TRICOR Systems Inc.
    • Sumitronics Corporation

第7章 投資分析

第8章 市場の将来

目次
Product Code: 69610

The Electronics Manufacturing Services Market size is estimated at USD 580.52 billion in 2024, and is expected to reach USD 773.22 billion by 2029, growing at a CAGR of 5.90% during the forecast period (2024-2029).

Electronics Manufacturing Services - Market

Key Highlights

  • With increasing miniaturization and adoption of emerging technologies in the Industrial Internet of Things (IIoT) and enhanced communication posed by 5G, electronic component design and assembly have been revolutionized. For instance, the communication base stations for 5G developed a superior antenna technology, such as MIMO, leading to a rise in the number and performance of radiating elements.
  • Additionally, the demand for electronic devices, such as smartphones, smartwatches, and other devices, has boosted the market's growth. According to IBEF, the Indian appliances and consumer electronics industry stood at USD 9.84 billion recently, and it is anticipated to more than double to achieve INR 1.48 lakh crore (USD 21.18 billion) by 2025.
  • Further, many companies seek to lower their inventory, facilities, and equipment in their manufacturing activities, shifting the focus of their capital investments toward sales and marketing and R&D. This has increased the demand for outsourcing to third-party manufacturing service providers.
  • For instance, an avionics company decided to transfer its PCBA production to an EMS partner to broaden its product and service offerings and not make an additional investment in manufacturing. The primary requirements were compliance with AS9100 standards and multiple BGAs on the PCBAs, with up to 16 layers on some PCBs.
  • The rising government initiatives in several geographies are driving the market's growth. For instance, according to IBEF, the government approved 14 companies under the IT hardware production-linked incentive (PLI) scheme. Over the next four years, these companies are expected to fuel total production of USD 21.64 billion. The project will bring additional investment in electronics manufacturing in India.
  • Furthermore, The Government of India authorized 100% FDI in the electronics systems design and manufacturing sector under the automatic route. FDI into single-brand retail has increased from 51% to 100%; the government plans to hike the FDI limit in multi-brand retail to 51%. Such developments would likely drive the market's growth.
  • Around the world, SMEs and MSMEs are adopting more and more third-party manufacturing services, so they can avoid huge capital investments in the production lines and take advantage of the service providers' design expertise and manufacturing capabilities. As per the International Finance Corporation (IFC) estimates, 65 million firms (approx.), or about 40% of formal micro, small, and medium enterprises in developing countries, have unfulfilled financial needs. The majority of businesses across the globe are small and medium enterprises, specifically in developing countries. This dependency on manufacturing service providers will solidify the future growth of the EMS market.
  • Moreover, the COVID-19 outbreak severely impacted many end-user industries, including electronics manufacturing. According to the IPCs survey, consumer electronics were expected to be the most impacted because of their more substantial reliance on the manufacturing capacity of China and supply chains that rely more heavily on China.
  • But many electronics manufacturing and related services were classified as essential service providers, as they carried out many critical tasks from product assembly to circuit board designs that power necessary medical equipment; electronics manufacturing was an integral part of the economy and the healthcare space during this COVID-19 outbreak.

Electronic Manufacturing Services (EMS) Market Trends

Industrial Applications to Drive the Demand for EMS

  • With the rising trend of the environmental revolution, electric motor controls are demanding higher efficiency for industrial motors. Furthermore, increased integration at the lowest cost is required to support the market penetration of new technologies and improve safety and reliability. This further drives the demand for electronic products used in smart motors' digital signal controllers for voltage control operations.
  • According to IBEF, India's electric vehicle (EV) market is estimated to reach INR 50,000 crores (USD 7.09 billion) by 2025. Further, a study by the CEEW Centre for Energy Finance recognized a USD 206 billion opportunity for electric vehicles in India by 2030.
  • Furthermore, Industry 4.0 assures huge gains in factory data automation efficiency and productivity. The parallel advancements in industrial IoT and artificial intelligence (AI) drive growth to some extent. Even though the electronics industry is far from achieving the same level of intelligence and automation, the evolution toward Industry 4.0 is paving the way, as evident by recent trends in the electronics manufacturing services market.
  • For instance, in October 2022, Rockwell Automation Inc. announced that it had signed a definitive contract to acquire CUBIC, which specializes in modular systems for constructing electrical panels. The collaboration is expected to benefit a company by offering faster time to market, enabling broader plant-wide applications for intelligent motor control, and generating smart data to increase sustainability and productivity for a wide range of customers.
  • The manufacturing of electronics for industrial automation is fueling the growth of this segment. The players in the industrial automation segment need consistent access to all the data generated on the system. However, because of the scope of many operational utility applications, this level of data acquisition is complicated. Regions like Europe and North America are increasingly deploying Supervisory Control and Data Acquisition (SCADA) for accurate data collection.
  • Further, in October 2022, DYNICS, a creator of quality hardware and software solutions for the industrial marketplace, announced a unique system integrator partnership with SINCI, one of Mexico's premier technology organizations dedicated to implementing technological solutions for digital transformation. Through this partnership, the company will continue working with SINCI to provide customers across multiple industries with the tools that enhance access to the benefits of automation.
  • Most SCADA systems consist of single-board remote terminal units (RTUs), compact, ruggedized products that locate all input/output (I/O) modules on a single printed circuit board. Hence, the increasing deployment of SCADA in the utility sector further drives the demand for EMS.

Asia-Pacific Expected to Witness Major Growth

  • The Asia-Pacific region is expected to grow significantly during the forecast period. India and China have strongly based markets for EMS worldwide, owing to their strong position in the consumer electronics, semiconductor, and other telecommunications devices and equipment manufacturing industries. For instance, Tata Group recently announced plans to enter the semiconductor manufacturing business, seeking a proportion of the USD 1 trillion high-tech electronics manufacturing sector.
  • Moreover, technology changes, such as the rollout of 5G networks and IoT, are driving the accelerated adoption of electronic products. Initiatives such as 'Digital India' and 'Smart City' projects have increased the demand for IoT in electronic devices.
  • Additionally, according to the Electronic Industries Association Of India, The country's electronic contract manufacturing sector is expected to more than sixfold to around USD 152 billion by 2025. The country has also set a target of approximately USD 100 billion in exports of mobiles alone by 2025, which was made possible with the support of the government's production-linked incentive (PLI) scheme. Furthermore, in May 2022, Voltas announced projects of INR 400 crores (USD 50.10 million) capex under the PLI scheme to manufacture components for white goods.
  • According to IBEF, about 80% of the Production-Linked Incentive scheme (PLI) to encourage manufacturing in the country, which covers 14 enterprises and has a total investment of INR 3 lakh crore (USD 38.99 billion), is concentrated in only three sectors, such as electronics, automobiles, and solar panel production. This expansion supports rapid growth for new technology products across networking, 5G, data center, automotive/LIDAR, and aerospace and defense markets.
  • APAC's supply chain starts with product design, semiconductor fabrication and packaging, components and subsystems, final assembly, and testing, which is also slowly moving toward low-cost countries in APAC, including India and Indonesia, for reducing the manufacturing costs.
  • For instance, rising costs and previous trade tensions compelled Taiwan's Pegatron to diversify production to countries such as Vietnam and Indonesia. Such uncertainty due to trade tension led many companies in Asia to readjust investments and shift their manufacturing bases to avoid tariffs.

Electronic Manufacturing Services (EMS) Industry Overview

The electronics manufacturing services market is moving toward fragmentation, owing to the improved adoption of these services across industries and the presence of several market players globally. Market players view product developments and innovations as a lucrative path for market expansion.

In October 2023, Tata Electronics Pvt Ltd (TEPL) announced acquiring Wistron's operations in India for USD 125 million. That will make it the first Indian company to manufacture Apple iPhones., where The Wistron buy will spur the next cycle of investment in the Indian electronics manufacturing ecosystem and signal the maturing of the country's contract manufacturing companies.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Threat of Substitute Products
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Market Drivers
    • 4.3.1 Growing Trends of Miniaturization
    • 4.3.2 Adoption of Emerging Technologies in IIoT (Industrial Internet of Things), Blockchain, and Enhanced Communication
  • 4.4 Market Challenges
    • 4.4.1 Intensifying Competition and Rigorous Government and Environmental Regulations
    • 4.4.2 Intellectual Property Rights Infringements
  • 4.5 Assessment of the Impact of COVID-19 on the Market

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Service Type
    • 5.1.1 Electronics Design and Engineering
    • 5.1.2 Electronics Assembly
    • 5.1.3 Electronics Manufacturing
    • 5.1.4 Other Service Types
  • 5.2 By Application
    • 5.2.1 Consumer Electronics
    • 5.2.2 Automotive
    • 5.2.3 Industrial
    • 5.2.4 Aerospace and Defense
    • 5.2.5 Healthcare
    • 5.2.6 IT and Telecom
    • 5.2.7 Other Applications
  • 5.3 By Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 United Kingdom
      • 5.3.2.2 Italy
      • 5.3.2.3 Germany
      • 5.3.2.4 France
      • 5.3.2.5 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
      • 5.3.3.1 China
      • 5.3.3.2 Taiwan
      • 5.3.3.3 Japan
      • 5.3.3.4 South Korea
      • 5.3.3.5 India
      • 5.3.3.6 Rest of the Asia-Pacific
    • 5.3.4 Latin America
    • 5.3.5 Middle East & Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles*
    • 6.1.1 Vinatronic Inc.
    • 6.1.2 Benchmark Electronics Inc.
    • 6.1.3 Hon Hai Precision Industry Co. Ltd (Foxconn)
    • 6.1.4 Flex Ltd
    • 6.1.5 Sanmina Corporation
    • 6.1.6 Jabil Inc.
    • 6.1.7 SIIX Corporation
    • 6.1.8 Nortech Systems Incorporated
    • 6.1.9 Celestica Inc.
    • 6.1.10 Integrated Micro-electronics Inc.
    • 6.1.11 Creation Technologies LP
    • 6.1.12 Wistron Corporation
    • 6.1.13 Plexus Corporation
    • 6.1.14 TRICOR Systems Inc.
    • 6.1.15 Sumitronics Corporation

7 INVESTMENT ANALYSIS

8 FUTURE OF THE MARKET