デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1432435

セルフサービス:市場シェア分析、産業動向、成長予測(2024~2029年)

Self-Service - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.53円
セルフサービス:市場シェア分析、産業動向、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

セルフサービス市場規模は2024年に382億2,000万米ドルと推定・予測され、2029年には556億2,000万米ドルに達し、予測期間中(2024-2029年)のCAGRは7.80%で成長すると予測されます。

Self-Service-Market

セルフサービス技術は、ATMやガソリンスタンドのペイ・アット・ザ・ポンプ端末で古くから利用されてきました。現在の世界では、セルフサービスは消費者の生活に織り込まれており、多くの業界がデジタルトランスフォーメーションを進める上で不可欠な要素になりつつあります。日本では、街を歩く23人ごとに、自動販売機、キオスク端末、ATMなどのセルフサービスがあり、その需要は衰える気配がないです。

主なハイライト

  • 消費者は、主に衛生上の理由と配達の速さから、手作業による取引よりもセルフサービス技術を好みます。パンデミックは、製造業、ヘルスケア、その他の非小売業におけるセルフサービスの様相を確実に変え、消費者とビジネスの行動を根本的に変えました。短期的な社会封鎖の影響にもかかわらず、買い物客の間で食料品、日用雑貨、医療品、ホームセンターの需要が増加したため、企業は社会との距離を縮めるためのセルフサービス技術や、非接触型・キャッシュレス技術の採用を余儀なくされました。
  • 自動化されたセルフサービス機器の増加、ワイヤレス接続、技術の進歩、遠隔管理は、セルフサービス技術の必要性に影響を与えている主な要因です。さらに、このシフトの理由の1つは、特に小売、レストラン、ホスピタリティなど、いくつかの業界にまたがる継続的な労働力不足です。このような逼迫した労働力業界では、多くの事業者は需要に見合うだけの労働者を確保できないです。これは、従業員を集めるための賃上げを意味し、中小企業には負担が難しいです。その結果、キオスクの動向は上昇傾向にあります。
  • 自動販売機システムは、セルフサービス市場のもう一つの重要なセグメントです。これらは小売店や大規模な企業で広く使用されており、システムは食品や飲食品、その他システムに適した製品を分配するために使用されます。シンガポールやマレーシアのような観光客の多い国では、言葉の壁があるため、自動販売機はより包括的な導入が見込まれています。
  • システムのセキュリティーに関する懸念や、設置やメンテナンスにかかるコストの高さが、この市場の成長を阻んでいます。世界のサイバー攻撃の増加や既存ネットワークの脆弱性が、ユーザーの懸念を招いています。多くのユーザーは現在、セキュリティ上の懸念やデータ漏洩のリスクから、これらのシステムを利用することに懐疑的です。
  • しかし、COVID-19の大流行が始まると、いくつかの小売チェーンが一時的に事業を停止し、顧客層の多くがオンライン・チャネルに移行したため、自動販売機の需要は減少する可能性が高いです。例えば、トップショップ(Topshop)、ドロシー・パーキンス(Dorothy Perkins)、ミス・セルフリッジ(Miss Selfridge)などのブランドを傘下に持つアルカディア・グループ(Arcadia Group)は、コロナウイルスの大流行がハイストリートの小売業者の事業運営に支障をきたしているため、一部の店舗を恒久的に閉鎖する可能性があります。

セルフサービス市場の動向

現金自動預け払い機(ATM)がセルフサービス市場を牽引

  • 銀行部門やその他の産業でATMを採用する傾向が強まっていることが、この市場の成長を促進する主な要因の1つです。人口の増加や一般消費者の銀行サービスの普及に伴い、ATMの需要は急速に高まっています。信頼性の高いATMやキオスク・システムを提供するために、この分野にかなりの投資が行われていることが、この市場の成長を後押ししています。
  • RBIのデータによると、インド全土に設置された小型現金自動預け払い機(ATM)の数は大幅に増加しています。例えば、2022年12月現在、14万1,900台のマイクロATMが使用されています。さらに、小切手の入金、残高照会、送金、引き出しなど、あらゆる銀行業務が簡単に行えるようになったことで、人々は特定の時間帯に銀行に行くのではなく、24時間365日利用できるATMに頼るようになった。また、銀行は多くの人々に対応するための業務負担を軽減することができ、銀行側のプロセスもスムーズになった。

急成長するアジア太平洋地域

  • アジア太平洋地域は、予測期間中、かなりのペースで発展すると予想されます。これは、大企業や中小企業が存在感を広め、サービス貢献度を高めるためにセルフサービス技術を採用する傾向が強まっているためです。さらに、インド、中国、日本などの国々における消費者の消費力の増加と意識の高まりも、市場の成長を後押ししています。
  • IATAによると、2023年4月の総トラフィック(RPK)は2022年4月と比較して45.8%増加し、アジア太平洋地域が170.8%RPKと最も高いシェアを記録しました。国内線利用者の増加に伴い、ヴィスタラ、インディゴ、エア・インディアなどの航空会社が自動チェックイン機を導入しています。利用者数は年々増加しており、キオスク端末の需要も増加すると予想されます。
  • さらに、インドの小売業界は繁栄しており、最近の売上は楽観的です。Reliance Retails社によると、インドの小売市場は世界で最も急成長している市場の1つであり、2032年には2兆米ドルに達すると予想されています。また、景気拡大、人口動態の変化、可処分所得の増加、都市化、消費者の嗜好の進化などが、調査対象市場にプラスの影響を与えています。
  • さらに、COVID-19パンデミックの発症は、フードチェーンにおけるキオスクの需要を増加させると予想されました。例えば、西インドと南インドでマクドナルド・レストランを所有・運営するWestlife Development社は、パンデミックのため、顧客のためにセルフ注文のキオスク端末を設置し、安全基準を強化したレストランをオープンしています。

セルフサービス業界の概要

セルフサービス市場は、キオスク、自動販売機、ATMでのセルフサービス需要の増加により、非常に細分化されています。消費者からの需要の高まりは、企業にとって魅力的な市場となっています。最小限のコストで人々のニーズに応えようとする企業間の厳しい競争が市場を拡大しています。同市場の主要企業としては、KIOSK Information Systems Inc.、NCR Corporation、HESS Cash Systems GmbH &Co.、Crane Co.、富士通株式会社などが挙げられます。

2023年6月、小売テクノロジーのプロバイダーである365 Retail Marketsは、消費者のセルフサービス体験を強化するために設計された最新のキオスク、MM6 for Marketsの発売を発表しました。このカウンタートップ・キオスクは、22インチのタッチスクリーンと多様な支払いオプションを備えており、人通りが多く、接触頻度の高いマイクロマーケットの顧客に最適です。

2023年6月、Gem OpenCube technologies pvt ltdは世界初の水・お茶・コーヒー(WTC)自動販売機を設計しました。街角の自動ティーショップのように、この機械は完全自動の水、お茶、コーヒー、ビスケット自動販売機で、人の手を介さずに24時間365日稼動します。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月のアナリスト・サポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提と成果
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力度-ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ
  • 産業バリューチェーン分析

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • 小売・食品セクターの需要を牽引する顧客満足度重視の高まり
    • インフラ開発(新設・改修)およびスマートシティ・イニシアチブへの高額投資
    • 障害のある人々や新規ユーザーへのサポートを強化するための技術投資
  • 市場抑制要因
    • コストとメンテナンスが依然として重要な考慮事項

第6章 主な技術開発

  • セルフサービスキオスクの進化
  • 主な技術&デザインの発展バリアフリーキオスク(欧米の主要作業部会&標準化機関が支援)|主要セルフサービスキオスクメーカーが提供する主な機能
  • セルフサービスキオスクに関連する主なケーススタディ&使用事例(マクドナルド、ベンダーなど)|主要ベンダーが引用した主なエンドユーザー調査

第7章 市場セグメンテーション

  • タイプ
    • キオスク端末
    • ATM
    • 自動販売機
  • エンドユーザー
    • 金融機関
    • 小売・ファーストフードチェーン
    • ホスピタリティ
    • ヘルスケア
    • 旅行・運輸
    • その他エンドユーザー
  • 地域
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • 南米
    • 中東・アフリカ

第8章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • NCR Corporation
    • Zebra Technologies
    • Advanced Kiosks
    • ProtouchUK
    • SEDCO
    • Embross
    • Frank Mayer & Associates, Inc.
    • Advantech Co. Limited
    • Diebold Nixdorf
    • IER Group
    • HESS Cash systems GmbH & Co.
    • Crane Co.(USA)
    • Azkoyen Group
    • Fujitsu Ltd.
    • MaasInternationalEuropeB.V

第9章 投資分析

第10章 投資分析市場の将来

目次
Product Code: 49482

The Self-Service Market size is estimated at USD 38.22 billion in 2024, and is expected to reach USD 55.62 billion by 2029, growing at a CAGR of 7.80% during the forecast period (2024-2029).

Self-Service - Market

Self-service technology has been around for ages with ATMs and pay-at-the-pump gas station terminals. In the present world, self-service is woven into the fabric of consumerism and is becoming an essential part of many verticals' paths to digital transformation. To put this into context, in Japan, for every 23rd person walking the streets, there is self-service assistance in the form of a vending machine, kiosk, and ATM, and the demand doesn't appear to decline.

Key Highlights

  • Consumers prefer self-service technology over manual dealings, mainly due to hygiene reasons and speed of delivery. The pandemic has certainly changed the face of self-service in manufacturing, healthcare, and other non-retail sectors, radically shifting consumer and business behavior. Despite the short-term social lockdown impact, the increase in demand for groceries, general merchandise, medical supplies, and home improvement among shoppers forced businesses to adopt self-assisted technologies for promoting social distancing and contact-free and cashless technologies.
  • The increase in automated and self-service devices, wireless connectivity, technological advancements, and remote administration are the key factors impacting the need for self-service technology. Furthermore, one reason for this shift is an ongoing labor shortage that spans several industries, particularly retail, restaurants, and hospitality. In such a tight labor industry, many operators simply can't find enough workers to meet demand. This meant wage hikes to attract employees, which are difficult for small and mid-sized companies to bear. As a result, kiosk trends are on the rise.
  • The automatic vending machine system is another significant segment of the self-service market. These are widely used in retail stores or big-scale enterprises wherein the system is used for dispensing food, beverages, or any other product suitable to the system. Vending machines are expected to witness a more comprehensive implementation, owing to language barriers in countries such as Singapore and Malaysia, with a high tourism rates.
  • Concerns relating to the security of the systems and high costs associated with the installation and maintenance of the designs are challenging the growth of this market. The increasing cyber-attacks worldwide and vulnerabilities in the existing network result in user concerns. Many users are now skeptical about utilizing these systems due to security concerns and the risk of data compromise.
  • However, with the onset of the COVID-19 pandemic, the demand for vending machines was likely to decline as several retail chains halted their business temporarily, and a larger demographic of the customer base shifted to online channels. For instance, as per company reports, Arcadia Group - which owns brands including Topshop, Dorothy Perkins, and Miss Selfridge, could permanently close some of its shops as the coronavirus pandemic hinders the business operations of high street retailers.

Self-Service Market Trends

Automated Teller Machine (ATM) to Drive the Self-Service Market

  • The growing inclination toward adopting ATMs in the banking sectors and other industries is one of the primary factors driving the growth of this market. With the increasing population and growing adoption of banking services among the public, the demand for ATMs is increasing rapidly. Considerable investments in this sector to provide reliable ATMs and kiosk systems are helping the growth of this market.
  • According to data from the RBI, there was a significant rise in the number of micro Automated Teller Machines (ATMs) installed throughout India. For instance, 14.19 lakh micro ATMs were in use as of December 2022. Moreover, the ease of doing all sorts of banking activities like cheque deposits, balance inquiries, money transfers, money withdrawals, and much more helps people to rely on ATMs with 24*7 service rather than going to banks in specified hours. It also allowed the bank to ease out their workload of catering to so many people and made the process smooth at their end too.

Asia-Pacific to be the Fastest Growing Region

  • The Asia-Pacific region is anticipated to develop at a substantial pace through the forecast period, owing to the growing adoption of self-service technologies by large organizations and SMEs to spread their presence and increase their service contributions. Moreover, the growing consumer spending power and increasing awareness in countries such as India, China, and Japan are also boosting the market's growth.
  • According to IATA, total traffic in April 2023 in RPKs rose 45.8% compared to April 2022, with Asia-Pacific registering the highest share of 170.8% RPK. The increasing number of domestic passengers has led to the introduction of self-check-in kiosks by airlines such as Vistara, Indigo, and Air India. As the number of passengers grows every year, the demand for these kiosks is also expected to increase.
  • Moreover, the retail industry in India is prospering, with optimistic sales in the recent past. According to Reliance Retails, the Indian retail market is one of the fastest growing in the world and is expected to reach USD 2 trillion by 2032. Also, economic expansion, shifting demography, increasing disposable income, urbanization, and evolving consumer tastes and preferences thus are positively impacting the studied market.
  • Further, the onset of the COVID-19 pandemic was anticipated to increase the demand for kiosks in food chains. For instance, Westlife Development, which owns and operates McDonald's restaurants in West and South India, is opening its restaurants with enhanced safety norms because of the pandemic by installing self-ordering Kiosk machines for the customers.

Self-Service Industry Overview

The self-service market is highly fragmented due to increased demand for self-service in kiosks, vending machines, and ATMs. The rising demand from the consumer is making the market attractive for companies. Stiff competition among the players to cater to the people's needs with minimal cost magnifies the market. Some key players in the market are KIOSK Information Systems Inc., NCR Corporation, HESS Cash Systems GmbH & Co., Crane Co., and Fujitsu Ltd, among others.

In June 2023, retail technology provider 365 Retail Markets announced the launch of MM6 for Markets, its latest kiosk designed to enhance the self-service consumer experience. The countertop kiosk features a 22-inch touchscreen and diverse payment options, making it the right fit for customers in high-touch, high-traffic micro-market locations.

In June 2023 - Gem OpenCube technologies pvt ltd designed the World's 1st Water, Tea, and Coffee (WTC) Automatic vending machine. As an automatic Tea shop at the street corner, these machines are fully automated Water, Tea, Coffee, and biscuit dispensing machines working 24/7 without human intervention.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Deliverables
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Threat of Substitute Products
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis

5 Market Dynamics

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Growing emphasis on ensuring customer satisfaction to drive demand in the Retail & Food sector
    • 5.1.2 High investments in the infrastructure developments (new & refurbishments) and smart city initiatives
    • 5.1.3 Technological investments to enable greater support for the differently abled populace & new users
  • 5.2 Market Restraints
    • 5.2.1 Cost and maintenance remains a key consideration

6 MAJOR TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS

  • 6.1 Evolution of Self-Service Kiosks
  • 6.2 Key technological & design developments Barrier-Free Kiosks(Major working groups & standard agencies lending support in Europe & the US) | major features provided by the key self-service kiosk manufacturers
  • 6.3 Major case studies & use-cases related to Self-Service Kiosks(McDonalds, Wendys, etc.) | Key end-user surveys cited by major vendors

7 MARKET SEGMENTATION

  • 7.1 Type
    • 7.1.1 Kiosk
    • 7.1.2 ATM
    • 7.1.3 Vending Machine
  • 7.2 End-user
    • 7.2.1 BFSI
    • 7.2.2 Retail & Fast Food Chain
    • 7.2.3 Hospitality
    • 7.2.4 Healthcare
    • 7.2.5 Travel & Transportation
    • 7.2.6 Other End-users
  • 7.3 Geography
    • 7.3.1 North America
    • 7.3.2 Europe
    • 7.3.3 Asia-Pacific
    • 7.3.4 South America
    • 7.3.5 Middle East and Africa

8 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 8.1 Company Profiles
    • 8.1.1 NCR Corporation
    • 8.1.2 Zebra Technologies
    • 8.1.3 Advanced Kiosks
    • 8.1.4 ProtouchUK
    • 8.1.5 SEDCO
    • 8.1.6 Embross
    • 8.1.7 Frank Mayer & Associates, Inc.
    • 8.1.8 Advantech Co. Limited
    • 8.1.9 Diebold Nixdorf
    • 8.1.10 IER Group
    • 8.1.11 HESS Cash systems GmbH & Co.
    • 8.1.12 Crane Co. (USA)
    • 8.1.13 Azkoyen Group
    • 8.1.14 Fujitsu Ltd.
    • 8.1.15 MaasInternationalEuropeB.V

9 INVESTMENT ANALYSIS

10 FUTURE OF THE MARKET