市場調査レポート
商品コード
1408218

アニメ-市場シェア分析、産業動向と統計、2024~2029年の成長予測

Anime - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.16円
アニメ-市場シェア分析、産業動向と統計、2024~2029年の成長予測
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

世界のアニメ市場規模は、予測期間中にCAGR 8.44%で、現在の305億5,000万米ドルから今後5年間で458億米ドルに成長すると予測されています。

世界のアニメ市場は主に、ビデオやテレビ番組の人気上昇、アニメ市場の技術進歩、アニメ映画制作の成長と相まって世界のアニメ人気の高まりという点で、アニメの急速な消費によって牽引されています。

Anime-Market-IMG1

主要ハイライト

  • 世界のアニメ市場はここ数年で大幅な成長を遂げており、若い世代によるアニメ消費の増加、市場ベンダーによる先端技術の採用、アニメグッズの人気の高まりにより、今後数年で急成長が見込まれています。また、Netflix、Amazon Prime、YouTubeなど、さまざまなOTT(オーバー・ザ・トップ)ストリーミング・サービスの台頭により、世界中の消費者が膨大な量の没入型コンテンツにアクセスできるようになっています。
  • さらに、アニメ市場における最近の技術的進歩は、エンドユーザーとのより良いコミュニケーションを確保するため、各分野のアニメ市場を牽引しています。人工知能(AI)や仮想現実(VR)の助けを借りて形成されたメタバースなどの先進技術を考えると、アニメ産業は指数関数的な成長を確認するように設定されています。世界のアニメ市場のベンダーは、ハイエンドのグラフィックスを描写するコンテンツの撮影、制作、編集に高度な技術を使い始めています。その結果、予測期間中の市場全体の成長率を押し上げています。
  • さらに、バーチャルリアリティの採用が増加していることも、市場の成長を後押ししていると分析されています。世界中のいくつかのアニメ制作者は、スキル集約的で時間のかかる仕事を引き継ぐために、最新のバーチャルリアリティツールに依存し始めています。革新的なバーチャルリアリティツールにより、アニメーターはキャラクターのリギングやキーフレームのアニメーションを3Dで行えるようになった。さらに、360度動画やアニメーションのデータを簡単に取り込むことができ、プラットフォーム自体で音声を録音することで、より多くのことを実現できます。生産性の向上とともに、バーチャルリアリティは、制作プロセスをスピードアップし、フレームを簡単につなげることを可能にすることで、アニメーターのコラボレーションを促進するプラットフォームを作り出します。こうした要因は、今後数年間、市場ベンダーに有利な成長機会を提供すると期待されています。
  • しかし、制作コストの上昇やアニメ業界における熟練した専門家の不足は、今後数年間の市場成長の妨げになると分析されています。働き方改革による人件費の高騰により、制作費はここ数年増加の一途をたどっています。請負業者を雇う際の単価が高騰しているため、アニメの制作費は受注コストを上回るペースで上昇しています。加えて、制作・クリエイターの人手不足、アニメ制作に求められる水準が右肩上がりになっていることもコストアップの大きな要因となっています。
  • COVID-19の大流行は、アニメ制作会社の閉鎖、グッズ販売の減少、アニメコンテンツの制作の遅れにより、世界のアニメ市場の成長に影響を与えました。これはアニメ産業の利益と売上にマイナスの影響を与えました。しかし、パンデミックの間、ストリーミング・プラットフォームの成長は市場成長にプラスの影響を与えました。パンデミック後の制作発注は増加の一途をたどり、アニメのタイトル数、制作スタジオ数ともに増加しており、ストリーミング市場の普及も需要増加に寄与しています。

アニメ市場の動向

ストリーミングプラットフォームの普及がアニメ市場を牽引すると分析

  • ストリーミングプラットフォームの人気の高まりは、世界のアニメ市場の重要な促進要因です。Amazon PrimeやNetflixのようなOTTやストリーミングプラットフォーム、YouTubeのようなオンラインビデオサイトの人気の高まりは、アニメ市場の成長に大きく貢献しています。これらのオンラインストリーミングプラットフォームは、世界中の視聴者にアニメコンテンツへの容易なアクセスを提供しています。簡単なブラウジングと検索オプションにより、視聴者はお気に入りのアニメ番組を便利に検索できます。
  • 加えて、市場ベンダーは成長機会に乗じてストリーミングプラットフォームと提携し、アニメコンテンツを提供しています。例えば、2022年8月、日本のエンターテインメント企業であるNippon TVはストリーミングプラットフォームNetflixと契約を結び、13の人気アニメタイトルを世界で最も広範なストリーミングプラットフォームで非独占的にストリーミングするライセンスを取得しました。作品は104カ国で配信されます。イタリア、サウジアラビア、スペイン、トルコ、フィンランド、南アフリカ、アラブ首長国連邦です。
  • 同様に、2023年2月、エンターテイメントネットワークのKC Global Mediaは、JioTVのスペシャル番組の一環として、JioTVでAnimaxを開始し、インドに進出し、アジアでのリーチを拡大しました。同放送局によると、インド全土のファンは、古典的なアニメタイトルを含む日本のアニメの最高傑作をシームレスにストリーミングできます。このコラボレーションは、JioTVの顧客基盤、アニメコンテンツに対するインドの高まる需要、アニメや漫画などの日本のポップカルチャー・ファンのコミュニティの拡大を通じて、インドにおけるKC Global Mediaの足跡を増幅させると思われます。
  • さらに、Netflixのような様々なストリーミングプラットフォームは、新たな加入者層を獲得するため、プラットフォーム上のアニメコンテンツの拡大に継続的に注力しています。さらに、ストリーミングプラットフォームの有料加入者の増加は、世界のアニメ市場の拡大につながると分析されています。例えば、ネットフリックスによると、2023年第2四半期の時点で、全世界の有料加入者数は2億3,839万人です。世界の有料加入者数は2020年第1四半期の1億8,286万人から2023年第2四半期には2億3,839万人に増加しました。
Anime-Market-IMG2

アジア太平洋が大きな市場シェアを占める見込み

  • アジア太平洋は、著名な市場ベンダーの存在、アニメ情勢の技術的進歩、ストリーミングプラットフォームの成長とアニメコンテンツに対する需要の増加により、世界のアニメ市場で大きなシェアを占めると予想されます。加えて、日本や中国といった国々は、アジア太平洋のファンにアピールする革新的で創造的な作品を作り続けているため、アジア太平洋アニメ市場で大きなシェアを占めると予想されます。
  • さらに、超高精細テレビ、インターネット、スマートフォン、ヘッドマウントデバイスなど、複数のチャンネルでより没入感のあるアニメコンテンツの消費が伸びていることも、予測期間中、特に中国と日本全体でアニメ市場の需要を促進しています。さらに、アジア太平洋のアニメ産業における豊富な有能な労働力は、制作コストの低さにつながり、地域市場の拡大を後押ししています。
  • また、ストリーミング・プラットフォームでアニメコンテンツにアクセスしやすいことも、同地域でより多くの人々を取り込むのに役立っており、市場成長にプラスの影響を与えています。日本のような国々は、ストリーミングプラットフォームの成長とアニメグッズの販売拡大からプラスの恩恵を受けています。Netflixのようなストリーミングプラットフォームはアニメ作品数の急増を目の当たりにし、ポケモンやデーモンスレイヤーのようなフランチャイズのグッズ販売は日本のアニメ市場を大きく拡大しました。
  • さらに、活況を呈する劇場市場、アニメ人気の高まり、アニメコンテンツの成長は、予測期間中に中国のアニメ市場を急速に牽引すると分析されています。さらに、政府の補助金とアニメコンテンツの消費増加が、同国の市場ベンダーにとって有利な成長機会を促進します。
  • さらに、市場ベンダーはアニメの人気を拡大するためにアジア太平洋の映画俳優と提携しています。例えば、2023年7月、世界のアニメブランドCrunchyrollは俳優のTiger Shroffと提携し、国内の若いアニメコミュニティとより深く本格的なつながりを築いた。このような新興国市場の開拓は、予測期間中にアジア太平洋のアニメ市場を拡大すると分析されています。

アニメ産業概要

世界のアニメ市場は適度に統合されており、少数の参入企業が大きな市場シェアを占めています。世界のアニメ市場のベンダーは、消費者ベースを拡大し、世界市場を開拓するために、OTTストリーミングプラットフォームとの提携活動に耽っています。さらに、市場競争ベンダーはVRや人工知能などの先進技術を導入し、視聴者に没入感を提供し、革新的な絵コンテ技術を探求し、制作コストを削減することで、市場における競合優位性を確立しています。

2023年3月、中東の放送局MBCグループは、米国のアニメ・漫画配給会社Tokyopopと提携し、同地域におけるアニメコンテンツのライセンシング、プロモーション、制作に特化した拠点を設立すると発表しました。合弁会社MBCアニメは、一連の良質なアニメタイトルの委託、制作、投資を行う。

2023年1月、人気のアニメストリーミングプラットフォームであるCrunchyrollがインドでスタートしました。このアニメ・ストリーミング・プラットフォームは、新作から名作まで幅広いアニメシリーズや映画を視聴者に提供しています。手頃な購読プランは、同社がインドで開始した最も魅力的な点の一つです。月額わずか79インドルピー(約1米ドル)で、全国のファンが膨大なアニメ番組のライブラリにアクセスできるようになった。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリスト・サポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力度-ポーター5要素分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ
  • COVID-19の市場への影響評価

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • アニメ人気の高まり
    • ストリーミング・プラットフォームの人気の高まり
  • 市場の課題
    • 人件費高騰による制作費の高騰

第6章 市場セグメンテーション

  • タイプ別
    • テレビ
    • 映画
    • ビデオ
    • インターネット配信
    • マーチャンダイジング
    • 音楽
    • パチンコ
    • ライブ・エンタテインメント
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Kyoto Animation Co., Ltd.
    • Pierrot Co.,Ltd.
    • Production I.G
    • TOEI ANIMATION Co., Ltd.
    • STUDIO GHIBLI Inc.
    • Crunchyroll(Sony Pictures Entertainment Inc.)
    • Madhouse Inc
    • P.A.WORKS Co.,Ltd
    • VIZ Media, LLC
    • Bandai Namco Filmworks Inc.
    • Aniplex of America Inc.

第8章 投資分析

第9章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 50000827
Anime - Market - IMG1

The global anime market size is expected to grow from USD 30.55 billion in the current year to USD 45.8 billion in the next five years, at a CAGR of 8.44% during the forecast period. The global anime market is primarily driven by the rapid consumption of anime in terms of the rising popularity of videos and television shows, the technological advancements in the anime market, and the growing popularity of anime worldwide coupled with growth in the production of anime films.

Key Highlights

  • The global anime market has witnessed substantial growth in the past few years and is expected to grow at a rapid pace in the coming years, owing to the increasing consumption of anime by the younger generation, the adoption of advanced technologies by market vendors, and the growing popularity of anime merchandise. In addition, consumers across the world today have access to a vast amount of immersive content, given the rise in the various over-the-top (OTT) streaming services such as Netflix, Amazon Prime, YouTube, and more.
  • Further, recent technological advancements in the anime market are driving the anime market across sectors to ensure better end-user communication. The anime industry is set to witness exponential growth, given advanced technologies such as Metaverse shaping up with the help of artificial intelligence(AI) and virtual reality(VR). Market vendors in the global anime market have started using advanced technologies to shoot, produce, and edit content to depict high-end graphics. As a result, it has fostered the market's overall growth rate over the forecast period.
  • Moreover, the increasing adoption of virtual reality is analyzed to aid the market growth. Several anime producers worldwide have already begun relying on modern virtual reality tools to take over skill-intensive and time-consuming jobs. With innovative virtual reality tools, animators can now rig characters and animate keyframes in 3D. In addition, they can easily incorporate 360-degree videos and animation data and achieve more by recording the audio on the platform itself. Along with increasing productivity, virtual reality creates a platform for better animator collaboration by speeding up the production process and enabling them to connect frames effortlessly. Such factors are expected to offer lucrative growth opportunities for market vendors in the coming years.
  • However, the rising production cost and the shortage of skilled professionals in the anime landscape are analyzed to hamper the market growth in the coming years. Production costs have continued to increase over the past few years because of soaring labor costs due to workstyle reforms; there has been a sharp rise in unit costs when hiring contractors, so anime production costs are rising faster than the costs for orders. Additionally, there is a shortage of production and creation staff, and the standards required for anime production are steadily growing, which is a primary factor in the increase in cost.
  • The COVID-19 pandemic impacted the global anime market growth owing to the shutdown of production houses; drop in merchandise sales coupled with delays in the production of anime content. This negatively impacted the anime industry's profits and sales. However, during the pandemic, the growth in streaming platforms has positively impacted the market growth. Post-pandemic production orders have continued to increase, and both the number of anime titles and the production studios creating them have increased, with the proliferating streaming market contributing to this increase in demand.

Anime Market Trends

The Growing Popularity of Streaming Platforms is Analyzed to Drive the Anime Market

  • The growing popularity of streaming platforms is a significant driver of the global anime market. The growing popularity of OTT and streaming platforms like Amazon Prime and Netflix and online video sites like YouTube are significantly contributing to the growth of the anime market. These online streaming platforms offer easy access to anime content to viewers worldwide. Easy browsing and search option allows viewers to search for their favorite anime shows conveniently.
  • Additionally, market vendors are capitalizing on the growth opportunity and partnering with streaming platforms to offer their anime content, thus positively driving the market's growth. For instance, in August 2022, Japan-based entertainment company Nippon TV signed a deal with streaming platform Netflix and licensed 13 popular anime titles to be streamed non-exclusively on the world's most extensive streaming platform. The titles will be streamed in 104 countries: Italy, Saudi Arabia, Spain, Turkey, Finland, South Africa, and the UAE.
  • Similarly, in February 2023, entertainment network KC Global Media expanded its reach in Asia as it entered India with the launch of Animax on JioTV as part of JioTV specials. The broadcaster said that fans across India can seamlessly stream the best of Japanese anime, including the classic anime titles. The collaboration would amplify KC Global Media's footprint in India through JioTV's customer base, the country's rising demand for anime content, and the growing Japanese pop-culture fan communities for anime, manga, and more.
  • Additionally, various streaming platforms, such as Netflix, continuously focus on expanding the anime content on platforms to gain a new subscriber base. Further, the growth in the paid subscribers of the streaming platforms is further analyzed to broaden the anime market worldwide. For instance, according to Netflix, the company had 238.39 million paid subscribers worldwide as of the second quarter of 2023. The number of paid subscribers worldwide increased from 182.86 million in the first quarter of 2020 to 238.39 million paid subscribers in the second quarter of 2023.
Anime - Market - IMG2

Asia Pacific is Expected to Hold Significant Market Share

  • The Asia Pacific region is expected to hold a significant market share in the global anime market owing to the presence of prominent market vendors, technological advancements in the anime landscape, growth in streaming platforms coupled with the increased demand for anime content. In addition, countries such as Japan and China are expected to hold a major share of the Asia-Pacific anime market as these countries continue to produce innovative, creative works that appeal to fans across the region.
  • Moreover, the growth in the consumption of more immersive anime content across multiple channels, such as ultra-high-definition TVs, the internet, and smartphones, to head-mounted devices, is also fostering the anime market demand, especially across China and Japan during the forecast period. Additionally, the Asia-Pacific region's abundant qualified workforce in the anime industry leads to a low cost of production, propelling regional market expansion.
  • The accessibility to anime content on streaming platforms has also helped get more people on board in the region, thus positively impacting the market growth. Countries like Japan benefit positively from the growth in streaming platforms and the growing sale of anime merchandise. Streaming platforms like Netflix, witnessed a sharp increase in the number of anime productions, and merchandise sales for franchises like Pokemon and Demon Slayer have significantly expanded the anime market in the country.
  • Further, the booming theatrical market, the growing popularity of anime, and the growth in anime content are analyzed to rapidly drive the anime market in China over the forecast period. Additionally, government subsidies and increasing consumption of anime content drive lucrative growth opportunities for market vendors in the country.
  • Additionally, the market vendors are partnering with film actors in the Asia Pacific to expand anime's popularity. For instance, in July 2023, Global anime brand Crunchyroll partnered with actor Tiger Shroff to establish a deeper and more authentic connection with the young anime community in the country. Such developments are analyzed to expand the anime market in the Asia Pacific region over the forecast period.

Anime Industry Overview

The global anime market is moderately consolidated, with few players holding significant market share. Market vendors in the global anime market are indulging in partnership activities with OTT streaming platforms to expand their consumer base and develop the global market. In addition, market vendors are deploying advanced technologies such as VR and artificial intelligence to offer an immersive experience to viewers, explore innovative storyboarding techniques and cut the cost of production., thereby creating a competitive edge in the market.

In March 2023, Middle East broadcaster MBC Group announced a partnership with U.S. anime and manga distributor Tokyopop to form a hub dedicated to licensing, promoting, and producing anime content in the region. The joint venture, MBC Anime, will commission, produce, and invest in a series of quality anime titles.

In January 2023, Crunchyroll, a popular anime streaming platform, launched in India. The anime streaming platform offers a wide variety of anime series and films, both new and classic, for audiences to enjoy. The affordable subscription plans are among the most appealing aspects of the company's launch in India. At just INR 79 (~USD 1) per month, fans across the country can now access a vast library of anime shows.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter Five Forc es Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Threat of Substitute Products
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Assessment of the Impact of COVID-19 on the Market

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 The Growing Popularity of Anime
    • 5.1.2 The Growing Popularity of Streaming Platforms
  • 5.2 Market Challenges
    • 5.2.1 High Production Costs owing to the Soaring Labor Costs

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Type
    • 6.1.1 T.V.
    • 6.1.2 Movie
    • 6.1.3 Video
    • 6.1.4 Internet Distribution
    • 6.1.5 Merchandising
    • 6.1.6 Music
    • 6.1.7 Pachinko
    • 6.1.8 Live Entertainment
  • 6.2 By Geography
    • 6.2.1 North America
    • 6.2.2 Europe
    • 6.2.3 Asia Pacific
    • 6.2.4 Latin America
    • 6.2.5 Middle East & Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Kyoto Animation Co., Ltd.
    • 7.1.2 Pierrot Co.,Ltd.
    • 7.1.3 Production I.G
    • 7.1.4 TOEI ANIMATION Co., Ltd.
    • 7.1.5 STUDIO GHIBLI Inc.
    • 7.1.6 Crunchyroll (Sony Pictures Entertainment Inc.)
    • 7.1.7 Madhouse Inc
    • 7.1.8 P.A.WORKS Co.,Ltd
    • 7.1.9 VIZ Media, LLC
    • 7.1.10 Bandai Namco Filmworks Inc.
    • 7.1.11 Aniplex of America Inc.

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS