デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1403905

ロイヤリティマネジメント:市場シェア分析、業界動向・統計、2024年~2029年の成長予測

Loyalty Management - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 203 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.11円
ロイヤリティマネジメント:市場シェア分析、業界動向・統計、2024年~2029年の成長予測
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 203 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

ロイヤリティマネジメント市場規模は2024年に119億8,000万米ドルと推定され、2029年には267億8,000万米ドルに達すると予測され、予測期間中(2024-2029年)のCAGRは17.45%で成長すると予測されます。

Loyalty Management-Market-IMG1

ロイヤリティマネジメント・システムは、ロイヤリティ・プログラムの開発、監督、効果評価に使用されるマーケティング・オートメーション・ソフトウェアです。ロイヤリティ・プログラムのソリューションは、企業のCRMシステムに組み込み機能として統合することも、独立したプラットフォームとして統合することもできます。カスタマイズされたロイヤリティ・プログラムの運用に必要な情報は、APIを通じてデータ・ソースから取得され、選択されたフロント・エンドはロイヤリティ・ソフトウェアから情報を受け取る。

主なハイライト

  • ロイヤルティプログラムは、消費者の購買行動を理解し、影響を与えるために、消費者とのエンゲージメントを確立することを目的としています。eコマースや小売市場の拡大、企業による消費者中心のアプローチへのシフトといった要因が、市場の成長を促す主な要因となっています。スマートフォンの世界の普及とインターネットサービスの向上は、インターネットへの容易なアクセスを促進し、地域間の市場成長を促しています。
  • 260の企業個人を調査したAntavo Global Customer Loyalty Report 2023によると、回答者の88.5%が、インフレ危機と潜在的な不況を克服するためにロイヤルティプログラムを信頼しています。回答者の67.7%は、顧客維持への投資を増やす、または大幅に増やす予定です。ロイヤリティ・プログラムの投資収益率(ROI)を測定した企業の80.0%が、平均で経費の4.9倍の収益があり、ROIはプラスであると報告しています。このような肯定的な回答は、ロイヤルティ管理ツールの需要が予測期間中に増加することを示しています。
  • さらに、現在ロイヤリティ・プログラムを実施している回答者の78.6%が、プログラムを刷新する可能性があると回答しており、これは昨年より7ポイント増加しました。パーソナライズされたオファーを利用する顧客の平均年間消費額は、そのようなリクエストを利用したことがない顧客よりも4.5倍高いです。戦略的パートナーシップ、ペイメントカードとロイヤリティ・プログラムの連携、ESG(環境・社会・ガバナンス)活動への支援が、次年度以降のトップ動向として挙げられました。
  • 継続的なデジタル化と消費者体験向上の重要性の高まりが、ロイヤルティ・マネジメント市場を形成しています。人工知能や機械学習のような革新的な技術の出現は、消費者の嗜好を理解するのに役立っています。これらの技術は、購買確率、顧客ロイヤルティ、推定収益生成を予測することができます。さらに、パーソナライゼーションとカスタマイズの動向は、買い手の満足度を高めることができ、潜在的な購入者の転換率も市場成長を推進しています。ロイヤリティマネジメントの採用は、ロイヤリティと売上の両方を増加させる。特定の製品からの離脱やシフトのリスクを予測することができます。
  • ロイヤリティ・プログラムに対する認識不足は、ロイヤリティマネジメント市場の成長を妨げる可能性があります。ロイヤリティ・プログラムの会員の多くが、ポイント残高や交換ゴールの不在を理解していないことが確認されています。これを克服するため、マーケティング担当者は、商品発売前にロイヤルティ・ベネフィットに関する期待を持たせることで、認知度を高めています。しかし、企業はロイヤリティ・ベネフィットに関する認知を高めるよりも、製品のマーケティング/プロモーションに重点を置いているため、市場の成長が抑制されています。
  • パンデミック後のシナリオでは、ロイヤリティ・プログラムは、このような定着したブランドへの愛着を提供するルネッサンスを迎えています。例えば、2022年11月、エンタープライズ・ロイヤルティ・クラウド・プラットフォームのAntavoは、Lead Ventures、Europe and Innovation Nest、Zoltan Vardyを含む個人投資家とともに、Euroventuresが主導する1,000万ユーロ(~1,086万米ドル)のシリーズAラウンドのクローズに成功し、同社のクラス最高のSaaS(Software as a Service)プラットフォームの開発に力を与えました。

ロイヤリティマネジメント市場の動向

B2Cが最大のソリューションセグメントに

  • B2CとはBusiness to Consumerの略で、消費者に直接商品を販売することを指します。B2Cのロイヤリティ・プログラムは、顧客を引き付け、強化し、報酬を与え、維持し、大規模な顧客基盤を拡大するための効果的な方法を提供します。
  • ロイヤリティマネジメントは、どのような業界のB2C企業に対しても、結びつきのある体験型のロイヤリティ・プログラムを通じて、より強固な顧客との関係を構築することを可能にします。企業が顧客中心のソリューションを重視するようになったため、ロイヤリティマネジメントのニーズはここ数年で急速に高まっています。
  • さらに、B2C分野の企業は、ビジネス・ニーズに合った独自のプログラムを設計し、有意義な体験で顧客を惹きつけ、プログラムのインサイトを収集することで、企業が組織の価値を高めることに注力しています。さらに、BtoC市場はより感情に働きかける。消費者は製品のベネフィットに関心が高く、マーケティング担当者は自社の製品やサービスが個人的にどのようなベネフィットをもたらすかを伝えることを望んでいます。
  • スマートフォンの世界の普及により、B2C市場のプレーヤーはスマートフォン上で特典システムを提供するようになった。さらに、消費者の関心を引くために、より多くの企業が、ドキュメントのアップロードから特典の利用まで、直感的で安定した、モバイルで利用可能なすべての機能を組み込む必要があります。このため、B2C分野ではロイヤリティマネジメントソリューションの導入が進んでいます。
  • さらに、B2Cロイヤリティ・プログラムにおけるスマートフォンの普及が進んでいるため、市場ベンダーはより強化されたスマートフォン向けプログラムの開発を余儀なくされています。スマートフォン向けロイヤリティ・プログラムは、B2C企業がデータを収集し、よりスムーズなカスタマージャーニーを提供し、消費者をエンゲージして囲い込むのに役立つと思われます。さらに、スマートフォン・ベースのロイヤルティ管理プラットフォームにより、消費者は注文履歴、ポイント、特別オファー、特典、ロイヤルティカードに、いつでもどこでもデジタルアクセスできるようになります。
Loyalty Management-Market-IMG2

大きな成長を遂げるアジア太平洋地域

  • タイ中央銀行によると、2022年のタイにおけるインターネット・バンキングの取引量は約6億380万件で、前年より増加しました。2022年、タイにおけるモバイル・バンキングの取引量は約228億件となり、前年比で大幅に増加します。このような膨大な取引件数は、金融機関が顧客維持のために新たなロイヤリティ・プログラムを展開することを後押しし、それに比例して、この地域で調査された市場の需要も押し上げると思われます。
  • インドネシアの様々な業界は、ロイヤルティ管理ツール企業と協力して顧客を維持し、市場シェアを獲得しています。例えば、2022年12月、Global Poin IndonesiaのB2Cマルチブランド・ロイヤリティ・顧客管理プログラムであるGetPlusは、ワンストップ報酬ソリューションを改善し、現代の顧客ニーズに合わせるため、Antavo Enterprise Loyalty Cloudと協業しました。GetPlusはインドネシアのモバイルアプリベースの組合ロイヤリティプログラムで、顧客は無料で利用できます。GetPlusユーザーは、Eコマースストア、食料品店、アパレルブランド、旅行パートナー、エンターテイメントブランド、飲食品店など、さまざまな店舗内およびオンラインパートナーでGetPlusポイントを獲得・利用することができます。
  • ロイヤリティ・プログラム業界は、マレーシア全土で成長している市場です。マレーシアの消費者の間でこのような需要が高まった結果、ロイヤリティ・プログラムおよびリワード・プログラムは、さまざまな業種のブランドによって採用されるようになり、消費者維持のツールとして活用され、同国の顧客との持続可能な関係をさらに発展させています。
  • 中国はアジア太平洋地域でも有数の地域です。同地域では新興企業やオンラインショッピング利用者が増加しており、国内外の企業が同地域での市場シェアを拡大し、世界の他の地域で事業を拡大できるよう、新しいロイヤルティプログラムを考案する原動力となっています。
  • 消費者の間でのロイヤリティ・プログラムの人気は、日本の通信会社からeコマース・サイト、コンビニエンスストアに至るまで、すべての企業が成長と追加収益を推進するために利用しています。特筆すべきは、ホスピタリティ・グループがロイヤリティ・プログラムのサプライヤーと戦略的提携を結び、会員に即座にアクセスできるようにしていることです。
  • 様々なビジネス分野でロイヤリティマネジメントを導入する余地が大きいアジア太平洋地域の他の主要国には、韓国、スリランカ、フィリピン、ニュージーランドなどがあります。同地域の他の多くの国々と同様、会員カードとモバイル・アプリケーションがロイヤリティマネジメントの最も利用されている手段です。

ロイヤリティマネジメント業界の概要

ロイヤリティマネジメント市場は非常に競合が多いです。大小さまざまなプレーヤーが存在するため、市場は非常に断片化されています。大手企業はいずれも市場で大きなシェアを占めており、世界の消費者基盤の拡大に注力しています。市場の主要企業には、Kognitiv Corporation、IBM Corporation、Oracle Corporation、Comarch SA、SAP SEなどがあります。各社は予測期間中に競争力を獲得するため、複数のパートナーシップを結び、新しいソリューションを導入することで市場シェアを拡大しています。

2023年7月、Maritz Motivationは、在庫の顧客に報酬を与えるためにブランドを強化するフィンテックスタートアップであるBumpedと協業しました。マリッツ・モチベーションは、Bumped社のプラットフォームを通じて在庫報酬を提供する初のロイヤルティ・チャネル・プロバイダーであり、今後も従来のチップを超えた次世代のロイヤルティ・プログラムへと業界を前進させていく。マリッツ・モチベーションとBumpedは共同で、消費者ブランドに対し、端数の株式で顧客に報酬を提供し、株式市場を民主化することで、より重要な金融資産を創出します。

2023年3月、顧客関係管理ソフトウェアのセールスフォースは、トークン・ベースのロイヤリティ・プログラムの作成を支援する非代替性トークン(NFT)管理プラットフォーム、セールスフォース・ウェブ3を発表しました。企業はSalesforce Web3上で、NFTの造幣と販売、ブロックチェーンの活動の監視、リアルタイムの顧客データの閲覧が可能で、サブスクリプション・ティアも用意されています。ウイスキー・ブランドのクラウン・ロイヤル、衣料品ブランドのスコッチ&ソーダ、バービーやホットウィールの玩具会社であるマテルなど、セールスフォースの顧客と25万7000件の取引を行ったパイロット・プログラムを経て、今回の展開となった。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力度-ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係
  • バリューチェーン分析
  • COVID-19がロイヤリティマネジメント市場に与える影響

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • 企業全体での顧客中心アプローチの導入
    • 競争激化による顧客獲得コストの増加
    • 組織が提供する報奨制度
  • 市場の課題
    • ロイヤリティ・プログラムのメリットに関する知識不足

第6章 市場セグメンテーション

  • ソリューション別
    • B2C
    • B2B
    • 企業
  • デプロイメント別
    • オンプレミス
    • オンデマンド
  • 業界別
    • BFSI
    • 消費財・小売
    • ヘルスケア
    • IT・通信
    • 旅行・ホスピタリティ
    • 製造業
    • その他業界別
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • タイ
      • インドネシア
      • マレーシア
      • シンガポール
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • その他アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • メキシコ
      • その他ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ
      • アラブ首長国連邦
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ
      • ナイジェリア
      • その他中東とアフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Kognitiv Corporation
    • IBM Corporation
    • Oracle Corporation
    • Comarch SA
    • SAP SE
    • Epsilon Data Management LLC(Publicis Groupe)
    • Fidelity National Information Services Inc
    • TIBCO Software Inc
    • Maritz Motivation Inc.
    • Kobie Marketing Inc.
    • Bond Brand Loyalty
    • Tenerity Inc
    • Cheetah Digital Inc.
    • Session M(Master Card)
    • Salesforce

第8章 投資分析

第9章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 52687
Loyalty Management - Market - IMG1

The Loyalty Management Market size is estimated at USD 11.98 billion in 2024, and is expected to reach USD 26.78 billion by 2029, growing at a CAGR of 17.45% during the forecast period (2024-2029).

A loyalty management system is a marketing automation software used to develop, oversee, and evaluate the effectiveness of loyalty programs. Solutions for loyalty programs can be integrated into the company CRM system as a built-in feature or as a separate platform. The information required to operate customized loyalty programs is retrieved from data sources through API, and the chosen front-end receives the information from the loyalty software.

Key Highlights

  • The loyalty programs aim to establish consumer engagement to understand and influence their purchasing behavior. Factors such as the rising expansion of the e-commerce and retail market and the shift toward a consumer-centric approach by business organizations are primary factors driving the market's growth. The increasing penetration of smartphones worldwide and improving internet services have facilitated easy access to the Internet, encouraging market growth across regions.
  • According to Antavo Global Customer Loyalty Report 2023, which surveyed 260 corporate individuals, 88.5% of respondents trust loyalty programs to overcome the inflation crisis and potential recession. 67.7% of respondents plan to increase or significantly increase their investments in customer retention. 80.0% of companies that measure the return on investments (ROI) of their loyalty programs reported a positive ROI with, on average, 4.9 times more revenue than their expenses. Such positive responses state that the demand for loyalty management tools would increase over the forecasted period.
  • Furthermore, 78.6% of respondents with a current loyalty program are likely to revamp their program, a seven-percentage point increase over last year. The average annual spend of customers who redeem personalized offers is 4.5 times higher than those who have never taken advantage of such requests. Strategic partnerships, linking payment cards to loyalty programs, and supporting ESG (Environmental, Social, and Governance) causes were identified as top trends for the following years.
  • Ongoing digitalization and the increasing importance of enhancing consumer experience are shaping the loyalty management market. The emergence of innovative technologies such as artificial intelligence and machine learning aids in understanding consumer preferences. These technologies can project purchase probability, customer loyalty, and estimated revenue generation. In addition, the trend of personalization and customization can increase buyer satisfaction, and the conversion rate of potential buyers is also propelling market growth. The adoption of Loyalty management increases both loyalty and sales. It predicts the risk of leaving and shifting from a particular product.
  • A lack of awareness about loyalty programs can hinder the growth of the loyalty management market. It has been observed that many members of loyalty programs lack an understanding of their point balance and the absence of a redemption goal. To overcome this, marketers are creating awareness by building up expectations before the launch of a product concerning the loyalty benefits. However, companies focus on product marketing/promotion rather than creating awareness about loyalty benefits, thus restricting the market's growth.
  • In the post-pandemic scenario, loyalty programs are having a renaissance in providing this entrenched brand attachment. For instance, in November 2022, Enterprise Loyalty Cloud platform Antavo successfully closed its Series A round at EUR 10 million (~USD 10.86 million) led by Euroventures alongside Lead Ventures, Europe and Innovation Nest and private investors, including Zoltan Vardy, empowering the company to develop its best-in-class software as a service (SaaS) platform.

Loyalty Management Market Trends

B2C to be the Largest Solution Segment

  • B2C stands for business to consumer and is defined as selling products directly to consumers. B2C loyalty programs offer an effective way to engage, enhance, reward, and retain customers as well as grow a large customer base.
  • Loyalty management empowers B2C organizations in any industry to build stronger customer relationships through connected, experiential loyalty programs. Due to businesses' growing emphasis on customer-centric solutions, the need for loyalty management has rapidly increased over the past few years.
  • Furthermore, businesses in the B2C sector focus on designing a unique program that fits the business needs, engages customers with meaningful experiences, and gathers program insights to help businesses drive value for the organization. Additionally, business-to-consumer markets work more on emotions. Consumers are more interested in the product's benefits and want the marketers to tell how their product or services will help them derive benefits personally.
  • The growing penetration of smartphones worldwide led B2C market players to offer rewards systems on smartphones. Additionally, to engage consumers, more businesses need to incorporate all functions, from document uploads to redeeming rewards, which should be intuitive and stable and be available on mobile. This has led to the adoption of loyalty management solutions in the B2C sector.
  • Additionally, the growing penetration of smartphones in B2C loyalty programs is forcing market vendors to develop more enhanced smartphone-oriented programs. Smartphone-oriented loyalty programs will help B2C companies collect data, provide a smoother customer journey, and engage and retain consumers. Furthermore, a smartphone-based loyalty management platform will enable the consumer to access their order history, points, special offers, rewards, and loyalty cards digitally at any place and at any time.
Loyalty Management - Market - IMG2

Asia Pacific to Register Major Growth

  • According to the Bank of Thailand, in 2022, the volume of internet banking transactions in Thailand amounted to around 603.8 million transactions, an increase compared to the previous year. In 2022, the volume of mobile banking transactions in Thailand amounted to around 22.8 billion, a distinctive increase compared to the previous year. Such a huge number of transactions would push financial institutions to deploy new loyalty programs to retain their customers, which proportionately would drive the demand for the market studied in the region.
  • The various Indonesian industries are collaborating with loyalty management tool firms to retain customers and capture the market share. For instance, in December 2022, GetPlus, Global Poin Indonesia's B2C multi-brand loyalty and customer management program, collaborated with Antavo Enterprise Loyalty Cloud to improve its one-stop rewards solution and align with modern customer needs. GetPlus is a mobile app-based union loyalty program in Indonesia that is free for customers. GetPlus users can earn and redeem GetPlus Points at various in-store and online partners, including eCommerce stores, grocery stores apparel brands, travel partners, entertainment brands, food & beverage establishments, and more.
  • The loyalty and rewards programs industry is a growing market across Malaysia. The demand for loyalty programs has surged significantly among consumers throughout the region; as a result of this increasing demand among Malaysian consumers, loyalty and rewards programs are being adopted by several brands across various industry verticals, which are using it as a tool for consumer retention and further developing a sustainable relationship with customers in the country.
  • China is one of the prominent regions in the Asia-Pacific region. The country is also the hub of many unicorn firms, with the rise in the startups and online shoppers in the region driving local and international firms to come up with new loyalty programs so that they can increase their market share in the region and expand their business in the other parts of the world.
  • The popularity of loyalty programs among consumers is being used by everyone from telecom companies to e-commerce sites to convenience stores in Japan to propel their growth and additional revenue. Notably, hospitality groups are forming strategic alliances with suppliers of loyalty programs to have immediate access to members, enabling them to grow their market share in the nation.
  • Other major Asian-Pacific countries with a huge scope for implementing loyalty management in various business sectors include South Korea, Sri Lanka, the Philippines, and New Zealand. Like many other countries in the region, membership cards and mobile applications are the most used means of loyalty management.

Loyalty Management Industry Overview

The loyalty management market is very competitive in nature. The market is highly fragmented due to the presence of various small and large players. All the major players account for a large share of the market and are focusing on expanding the consumer base globally. Some of the significant players in the market are Kognitiv Corporation, IBM Corporation, Oracle Corporation, Comarch SA, and SAP SE, among others. The companies are increasing the market share by forming multiple partnerships and introducing new solutions to earn a competitive edge during the forecast period.

In July 2023, Maritz Motivation collaborated with Bumped, the fintech startup powering brands to reward its customers in stock. Maritz Motivation is the first loyalty channel provider to offer stock rewards via Bumped'splatform and will continue to move the industry beyond traditional tips and into the next generation of loyalty programs. Together, Maritz Motivation and Bumped will power consumer brands to reward customers in fractional shares of stock and democratize the stock market creating more significant financial equity.

In March 2023, customer relationship management software firm Salesforce launched Salesforce Web3, an non-fungible tokens (NFT) management platform to help its clients create token-based loyalty programs. Businesses can mint and sell NFTs, monitor blockchain activity, and view real-time customer data on Salesforce Web3, launched with subscription tiers. The rollout comes after a pilot program of 257,000 transactions with Salesforce clients such as whisky brand Crown Royal, clothing brand Scotch & Soda, and Mattel, the toy company behind Barbie and Hot Wheels.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Threat of Substitutes
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Value Chain Analysis
  • 4.4 Impact of COVID-19 on the Loyalty Management Market

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Implementation of a Customer-Centric Approach Across Businesses
    • 5.1.2 Intensified Competition Increasing the Cost of Customer Acquisition
    • 5.1.3 Rewarding Schemes Offered by Organizations
  • 5.2 Market Challenges
    • 5.2.1 Lack of Knowledge About Loyalty Program Benefits

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Solution
    • 6.1.1 B2C
    • 6.1.2 B2B
    • 6.1.3 Corporate
  • 6.2 By Deployment
    • 6.2.1 On-Premise
    • 6.2.2 On-Demand
  • 6.3 By Industry Vertical
    • 6.3.1 BFSI
    • 6.3.2 Consumer Goods and Retail
    • 6.3.3 Healthcare
    • 6.3.4 IT and Telecom
    • 6.3.5 Travel and Hospitality
    • 6.3.6 Manufacturing
    • 6.3.7 Other Industry Verticals
  • 6.4 By Geography
    • 6.4.1 North America
      • 6.4.1.1 United States
      • 6.4.1.2 Canada
    • 6.4.2 Europe
      • 6.4.2.1 Germany
      • 6.4.2.2 United Kingdom
      • 6.4.2.3 France
      • 6.4.2.4 Italy
      • 6.4.2.5 Rest of Europe
    • 6.4.3 Asia Pacific
      • 6.4.3.1 Thailand
      • 6.4.3.2 Indonesia
      • 6.4.3.3 Malaysia
      • 6.4.3.4 Singapore
      • 6.4.3.5 China
      • 6.4.3.6 Japan
      • 6.4.3.7 India
      • 6.4.3.8 Australia
      • 6.4.3.9 Rest of Asia Pacific
    • 6.4.4 Latin America
      • 6.4.4.1 Brazil
      • 6.4.4.2 Argentina
      • 6.4.4.3 Mexico
      • 6.4.4.4 Rest of Latin America
    • 6.4.5 Middle East and Africa
      • 6.4.5.1 United Arab Emirates
      • 6.4.5.2 Saudi Arabia
      • 6.4.5.3 South Africa
      • 6.4.5.4 Nigeria
      • 6.4.5.5 Rest of Middle East and Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Kognitiv Corporation
    • 7.1.2 IBM Corporation
    • 7.1.3 Oracle Corporation
    • 7.1.4 Comarch SA
    • 7.1.5 SAP SE
    • 7.1.6 Epsilon Data Management LLC (Publicis Groupe)
    • 7.1.7 Fidelity National Information Services Inc
    • 7.1.8 TIBCO Software Inc
    • 7.1.9 Maritz Motivation Inc.
    • 7.1.10 Kobie Marketing Inc.
    • 7.1.11 Bond Brand Loyalty
    • 7.1.12 Tenerity Inc
    • 7.1.13 Cheetah Digital Inc.
    • 7.1.14 Session M (Master Card)
    • 7.1.15 Salesforce

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS