表紙:超軽量インターネットデバイス市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)
市場調査レポート
商品コード
1273501

超軽量インターネットデバイス市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)

Ultra-Portable Internet Devices Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.16円
超軽量インターネットデバイス市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)
出版日: 2023年04月14日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

超軽量インターネットデバイス市場は、予測期間中に7.05%のCAGRで推移すると予想されています。

モバイル化の進展に伴い、従来のPCや関連ガジェットを置き換えるエンドユーザーが増加しています。低価格のソリューションが利用可能であることと、コンピューター、エンターテインメント、コミュニケーション機器への欲求が相まって、これらのガジェットの市場浸透を後押ししていると考えられます。

主なハイライト

  • 超軽量インターネットデバイス市場は、IoTデバイスの導入が進むにつれて成長すると予測されます。スマートホームデバイスの導入が、携帯型インターネットデバイスの開発を後押ししています。IoTおよびコネクテッドデバイスの販売の伸びは、デバイスコストの低下と標準化に支えられた新しいアプリケーションとビジネスモデルによってもたらされます。エリクソンのモビリティレポートによると、2022年までに予測される290億台の接続機器のうち、180億台がIoTに関連すると予想されます。
  • より優れたルーターに対する基準が常に変化していることは、携帯型インターネットデバイスの需要を促進する要素の1つです。過去10年間、携帯型インターネットデバイスは、米国電気電子学会(Institute of Electrical and Electronics Engineers)が定めた規格の進展に対応しながら、着実に成長してきました。これらの規格は、最大速度や伝送容量など、ネットワークのスループットを向上させるために継続的に更新されています。超軽量モバイルデバイスは、携帯性に優れ、クラウドベースのコンテンツにアクセスすることができます。その結果、軽量で先進的、かつ消費者にやさしいコンピュータガジェットが登場し、市場の成長を後押ししています。
  • 世界広告研究所(WARC)がモバイル業界団体GSMAの統計を活用して実施した調査によると、2025年までに13億人以上がスマートフォンやPCでインターネットにアクセスすると予想されています。また、PCのみでインターネットにアクセスする人は6,900万人と予測されています。WARCによると、現在、スマートフォンからインターネットにアクセスしている人は約20億人で、世界のモバイルユーザー数3.9人のうち51%を占めています。これは、市場の成長を妨げると予想されます。
  • 世界金融危機とそれに伴うユーロ圏危機により、多くの国で深刻なマクロ経済的脆弱性が世間に露呈しました。問題は、公共部門の過剰債務とは無関係なさまざまなマクロ経済の不均衡に及びました。住宅価格、ローン、賃金がいずれも数カ国で乱高下しました。こうした内部不均衡は、経常赤字の拡大、輸出実績の低下、コストや価格競争力の継続的な低下と共存することが多かっています。同時に、政策立案者は十分な財政的セーフティネットを構築しなかっています。さらに、構造改革の欠如により、これらの経済の大半は、効率的な資源配分を妨げる深刻な硬直性を抱えたままでした。これらは、顧客の購買力にマイナスの影響を与え、調査された市場に影響を与えます。
  • 最近、在宅勤務が標準的になってきています。大規模なリモートワークへのシフトのスピードは、携帯電話、ノートパソコン、タブレット、デスクトップなどの個人用デバイスの利用をもたらしました。また、従業員が個人のインターネット接続を使用して企業ネットワークにアクセスしている様子も観察されます。ユーロスタットによると、パンデミック時には、欧州で在宅勤務が可能な雇用者の割合が大幅に増加し、フランスで29.4%、ドイツで22.8%、スペインで15.1%、イタリアで13.6%に達したといいます。

超軽量インターネットデバイスの市場動向

携帯型ガジェットへの需要の高まりとインターネット接続の向上

  • 国際通信連合によると、世界の帯域幅の使用量は2020年の719Tbit/sから2021年には932Tbit/sに増加しました。これは30%の増加であり、前年と同様の上昇をたどっています。アジア太平洋地域の国際帯域幅の利用は地域合計で400 Tbit/sを超え、欧州(204 Tbit/s)や南北アメリカ(180 Tbit/s)の2倍と最も多い数字となっています。
  • ベライゾンは、開始46市場で1億人が利用できる最新の周波数帯域による5G帯域幅の増分を見込んでいます。2022年と2023年にかけて、カバー範囲は1億7500万人以上に拡大する見込みです。残りのCバンドが撤去される2024年には、2億5,000万人以上がCバンドの周波数帯でベライゾンの5G接続にアクセスできるようになると予想されています。5G接続の低遅延が市場を牽引します。遅延とは、あるデバイスからデータがアップロードされ、ターゲットに到達するまでにかかる時間のことです。4Gネットワークでは、ユーザーは約50ミリ秒の平均待ち時間を見ますが、5G技術では1ミリ秒に低下します。
  • 2022年12月、国内の遠隔地のインターネット接続を改善するため、英国政府は、衛星を利用してブロードバンド信号を地球に照射するイーロン・マスクのスターリンクのテストを行いました。政府によると、最近のテストでは、スターリンク衛星が多くの地域で毎秒最大200メガビットのインターネット速度を実現し、英国の平均ブロードバンド速度50Mbps超の4倍の速度が得られることが示されました。政府は引き続き、同システムの能力をはじめ、さまざまなベンダーのソリューションやサービスを評価しました。
  • シスコシステムズによると、2020年から2023年にかけて、固定ブロードバンドのインターネット速度は50Mbps近く向上し、最終的に110.4Mbpsに達すると予測されています。2018年から2023年までの全期間において、年間平均成長率は20%に達すると予想されています。2020年の平均速度は50.8Mbpsで、2019年に比べて40%近く上昇したことになります。2021年には2020年から16%上昇し、58.9Mbpsになると予測されました。
  • スマートフォン、ラップトップ、タブレット、ウェアラブルガジェットなどのポータブル電子機器の需要の高まりは、業界を前進させる。これらのデバイスは、より利便性、携帯性、接続性を提供し、多くの人々の日常生活に欠かせないものとなっています。さらに、技術の向上により、より洗練された使いやすい機器が開発され、ポータブル電子機器の需要を高めています。また、クラウドコンピューティングやeコマースなどのオンラインサービスの台頭により、ユーザーはいつでもどこからでもこれらのサービスにアクセスできるモバイル機器の利用が増加しました。
Ultra-Portable Internet Devices Market-IMG1

アジア太平洋が最速の成長を遂げる

  • インド政府財務省が発表した「Economic Survey of India 2021-22」によると、同国のインターネットユーザー数は2021年に8億3,000万人を超え、2015年からの6年間で5億3,000万人以上増加しました。インドの無線インターネットデータ利用総量は、2018年の約4,200ペタバイトから2021年には32,397ペタバイトと7倍以上に急増しています。巨大なインターネット基盤は、市場シェアを獲得するために新製品を開発することで、調査された市場にとって成長の機会を生み出すでしょう。
  • さらに、自国の教育システムのデジタル化を推進する政府の動きは、超小型インターネットガジェット産業の推進力として機能しています。例えば、インド政府は「Kaushal Bharat, Kushal Bharat」プロジェクトを立ち上げました。この取り組みで、政府は2022年までに4億人を訓練し、彼らが仕事に就けるようにすることを目標に掲げています。こうした新しい取り組みには、「プラダン・マントリ・カウシャル・ヴィカス・ヨジャナ(PMKVY)」「技能開発と起業のための国家戦略2015」「技能ローン制度」「国家技能開発ミッション」などがあります。このような政府の取り組みにより、教育システムのコンピュータ化が必要となり、予測期間中に超軽量インターネットデバイスの需要が発生すると思われます。
  • さらに、中国の超軽量インターネットデバイス市場は、新製品を発売しています。例えば、IoTモジュールの世界サプライヤーであるQuectel Wireless Solutionsは最近、China MobileおよびDianyiと提携し、第25回GTI WorkshopでQuectel 5GモジュールRG500Qをベースにした5G USBドングルを実演しました。3GPPリリース15仕様に準拠し、5Gスタンドアロン(SA)とノンスタンドアロン(NSA)の両方の動作モードが可能なこの新発売の5Gデバイスは、産業IoT、スマートシティ、スマートホーム、トレーニング・教育、インテリジェント物流アプリケーション向けに設計されています。
  • この地域では、5Gの導入に向けた巨額の投資が行われています。例えば、オーストラリア政府は、5G技術を統合する様々な企業を支援するために、1,430万米ドルを助成金として投資しました。また、シンガポール政府は、デジタル化のメリットを最大化する取り組みを支える変革的な技術を推進するため、2025年まで250億SGD(181億米ドル)の研究開発資金を投資しました。これにより、予測期間中、5G超軽量インターネットデバイスの需要が高まる可能性があります。
  • また、現代の教育機関では、無線接続が紙とペンと同じくらい不可欠になってきています。信頼性が高く、高速で安全かつ便利なインターネットにより、教師はより効果的な学習と発達を促進するリソースにアクセスすることができます。さらに、生徒の教育効果を高めるための情報への無制限のアクセスも可能になります。このような要因により、教育機関における無線ルーターの需要はさらに高まり、学生や教師がインターネットを介して大量の情報にアクセスできるインターネット対応キャンパスを構築することができます。
Ultra-Portable Internet Devices Market-IMG2

超軽量インターネットデバイスの産業概要

超軽量インターネットデバイス市場の競合情勢は、国際的な主要企業の存在によって断片化されています。世界市場で事業を展開している主要企業には、Apple Inc.、Microsoft Corporation、Intel Corporation、Samsung Electronics Corporationが含まれます。様々な企業が、新しいカテゴリーの製品を発売するために、研究開発(R&D)に多額の投資を行っています。この分野での最近の動向は以下の通りです:

  • 2022年11月、エリクソンのモノのインターネット(IoT)部門は、タレスと共同で、あらかじめ選択されたサービスプロバイダーから汎用eSIMをバンドルせずに提供するサービス、IoTアクセラレータ・デバイスコネクトを開始しました。これにより、企業は初めて、デバイスのアクティベーション時に、1つまたは複数のサービスプロバイダを簡単かつ迅速に選択できるようになりました。この新しいビジネスモデルにより、企業はIoT投資における市場投入までの時間を大幅に短縮することができます。
  • 2022年3月、Vodafone Idea社は、最大150Mbpsの速度をサポートし、最大10台のWiFi対応デバイスを接続できるポケットサイズの4Gルーター、Vi MiFiの発売を発表しました。2700mAhのバッテリーを搭載しており、1回の充電で最大5時間使用できる可能性があるとしています。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 本調査の対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 産業の魅力-ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係
  • COVID-19が市場に与える影響評価
  • 市場促進要因
    • 携帯型ガジェットの需要増とインターネット接続の向上
  • 市場抑制要因
    • スマートフォン、Wi-Fiルーター、ハブなどの代替デバイスの利用率が高いこと

第5章 市場セグメンテーション

  • 用途別
    • パーソナルユース
    • 商業用
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • その他欧州
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • その他アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ地域

第6章 競合情報

  • 企業プロファイル
    • D-Link Corporation
    • Google LLC
    • TP-Link Technologies Co. Limited
    • Huawei Technologies Co. Limited
    • Xiaomi Inc.
    • Netgear Inc.

第7章 投資分析

第8章 協働働ロボット市場の将来性

目次
Product Code: 52314

The ultra-portable internet devices market is expected to register a CAGR of 7.05% over the forecasted period. With the growing mobility trend, an increasing number of end users are replacing traditional PCs and associated gadgets. The availability of low-cost solutions, combined with the desire for computers, entertainment, and communication devices, is likely to boost the market penetration of these gadgets.

Key Highlights

  • The ultra-portable internet device market is anticipated to grow with the growing adoption of IoT devices. The adoption of smart home devices has been aiding the development of portable internet devices. The growth in the sale of IoT and connected devices is driven by emerging applications and business models supported by falling device costs and standardization. According to Ericsson's mobility report, out of the projected 29 billion connected devices by 2022, 18 billion were expected to be related to IoT.
  • The constantly changing criteria for better routers is one of the elements driving the demand for portable internet devices. Throughout the last decade, portable internet devices have grown steadily, keeping up with developments in standards set by the Institute of Electrical and Electronics Engineers. These specifications are continually updated to improve network throughput in terms of maximum speeds and transmission capacities. Ultra-portable mobile devices provide greater portability and access to cloud-based content. As a result, low-weight, advanced, consumer-friendly computer gadgets have emerged, boosting the market's growth.
  • According to a survey conducted by the World Advertising Research Center (WARC) utilizing statistics from the mobile trade association GSMA, it is expected that over 1.3 billion people will access the internet via smartphone and PC by 2025. Furthermore, 69 million people are predicted to access the internet solely through a PC. According to WARC, approximately 2 billion individuals currently access the internet through smartphones, accounting for 51% of the global base of 3.9 mobile users. This is expected to hinder the market's growth.
  • Severe macroeconomic vulnerabilities were exposed to the public in many countries due to the global financial crisis and the accompanying euro area crisis. The issues covered various macroeconomic imbalances unrelated to the public sector's excessive debt. House prices, loans, and wages all grew wildly in several nations. These internal imbalances frequently coexisted with escalating current account deficits, declining export performance, and continuous cost and pricing competitiveness declines. At the same time, policymakers did not create enough fiscal safety nets. In addition, a lack of structural changes left most of these economies with severe rigidities preventing efficient resource allocation. These will show a negative effect on the customer purchase power, affecting the market studied.
  • Working from home has become standard these days. The speed of the shift to large-scale remote work has resulted in the use of personal devices, including mobile phones, laptops, tablets, and desktops. Employees are also observed using personal internet connections to access the corporate network. According to Eurostat, during the pandemic, a considerable increase was observed in the proportion of employed people in Europe who could work from home, reaching 29.4%in France, 22.8% in Germany, 15.1% in Spain, and 13.6% in Italy.

Ultra Portable Internet Devices Market Trends

Increasing Demand for Portable Gadgets and Improved Internet Connectivity

  • According to the International Telecommunication Union, global bandwidth use increased from 719 Tbit/s in 2020 to 932 Tbit/s in 2021. This represents a 30% gain and follows a rise similar to the one from the previous year. The Asia-Pacific region has the greatest regional total for the use of international bandwidth at over 400 Tbit/s, which is twice as high as that of Europe (204 Tbit/s) or the Americas (180 Tbit/s).
  • Verizon expects to have incremental 5G bandwidth via the latest spectrum available to 100 million people in the starting 46 markets. Over 2022 and 2023, coverage is likely to increase to more than 175 million people. By 2024, when the remaining C-Band is cleared, greater than 250 million people are expected to access Verizon's 5G connection on the C-Band spectrum. Low latency in 5G connection drives the market as latency is when it clutches for data from one device to be uploaded and reaches its target. With 4G networks, the user looks at an average latency of around 50 ms, dropping to 1 ms with 5G technology.
  • In December 2022, to improve internet connectivity in distant areas of the country, the UK government tested Elon Musk's Starlink, which employs satellites to beam a broadband signal to Earth. According to the government, the recent test showed that Starlink satellites could give internet rates of up to 200 megabits per second in many regions, four times faster than the UK average broadband speed of over 50 Mbps. The government continued to evaluate the system's capability and other solutions and services from various vendors.
  • According to Cisco Systems, from 2020 to 2023, fixed broadband internet speeds are predicted to improve by nearly 50 Mbps, finally reaching 110.4 Mbps. During the entire period from 2018 to 2023, the compound annual growth rate is expected to reach 20%. The average speed in 2020 was 50.8 Mbps, representing a nearly 40% increase over 2019. It was predicted to rise by 16% from 2020 to 58.9 Mbps in 2021.
  • The rising demand for portable electronics such as smartphones, laptops, tablets, and wearable gadgets propels the industry forward. These devices provide more convenience, portability, and connectivity, making them crucial to many people's everyday lives. Furthermore, technological improvements have led to the development of more sophisticated and user-friendly devices, which has increased the demand for portable electronics. The rise of online services such as cloud computing and e-commerce has also led to the increased use of mobile devices, which allow users to access these services at any time and from any location.
Ultra-Portable Internet Devices Market - IMG1

Asia-Pacific to Witness the Fastest Growth

  • According to the Economic Survey of India 2021-22 published by the Ministry of Finance, Government of India, the country's internet user base crossed 830 million in 2021, growing by over 530 million in the six years since 2015. India's total volume of wireless internet data usage surged over 7x to 32,397 petabytes in 2021 from around 4,200 petabytes in 2018. A huge internet base would create an opportunity for the market studied to grow by developing new products to capture the market share.
  • Furthermore, the government's drive to digitize their country's education system is functioning as a spur for the ultra-portable internet gadget industry. For example, the Indian government launched the 'Kaushal Bharat, Kushal Bharat' project. With this effort, the government has set a goal of training 400 million persons by 2022 so that they can find work. These new initiatives include the Pradhan Mantri Kaushal Vikas Yojana (PMKVY), the National Strategy for Skill Development and Entrepreneurship 2015, the Skill Loan Scheme, and the National Skill Development Mission. Such government initiatives necessitate a computerized education system, which will generate a demand for ultra-portable internet devices over the forecast period.
  • Moreover, the market for ultra-portable internet devices in China is witnessing new product launches. For instance, Quectel Wireless Solutions, a global supplier of IoT modules, recently partnered with China Mobile and Dianyi to demonstrate a 5G USB dongle based on Quectel 5G module RG500Q at the 25th GTI Workshop. Compliant with 3GPP Release 15 specifications and capable of both 5G standalone (SA) and non-standalone (NSA) modes of operation, the newly launched 5G device is designed for industrial IoT, smart city, smart home, training and education, and intelligent logistics applications.
  • The region is witnessing huge investments in 5G implementation. For instance, the Australian government invested USD 14.3 million in grants to support various enterprises integrating 5G technologies. Also, the Singaporean government invested SGD 25 billion (USD18.1 billion) in R&D funding until 2025 to drive transformative technologies supporting efforts to maximize the benefits of digitalization. This may drive the demand for 5G ultra-portable internet devices over the forecasted period.
  • In addition, in modern educational institutions, wireless connectivity is becoming as essential as pen and paper. Reliable, fast, secure, and convenient internet allows teachers to access resources that promote more effective learning and development. Moreover, it also provides students unlimited access to information to enrich their education. Such factors further boost the demand for wireless routers in education institutions to create internet-enabled campuses that allow students and teachers to access a great amount of information over the internet.
Ultra-Portable Internet Devices Market - IMG2

Ultra Portable Internet Devices Industry Overview

The competitive landscape of the ultra-portable internet devices market is fragmented due to the presence of major international key players. Some of the key companies operating in the global market include Apple Inc., Microsoft Corporation, Intel Corporation, and Samsung Electronics Corporation. Various companies invest heavily in research and development (R&D) to launch a new category of products. Some of the recent developments in this field are:

  • In November 2022, in collaboration with Thales, Ericsson's Internet of Things (IoT) division launched IoT Accelerator Device Connect, a service that offers generic eSIMs unbundled from pre-selected service providers. For the first time, organizations may easily and rapidly select one or more service providers during device activation. This new business model significantly reduces organizations' time to market for IoT investments.
  • In March 2022, Vodafone Idea announced the release of Vi MiFi, a pocket-size 4G router that supports speeds of up to 150 Mbps and allows users to connect up to ten WiFi-enabled devices. The company claims it has a 2700 mAh battery that may last up to 5 hours on a single charge.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Threat of Substitutes
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Assessment of Impact of COVID-19 on the Market
  • 4.4 Market Drivers
    • 4.4.1 Increasing demand for Portable Gadgets and Improved Internet Connectivity
  • 4.5 Market Restraints
    • 4.5.1 High availability of alternate devices such as Smartphones, Wi-Fi routers, hubs etc.

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Application
    • 5.1.1 Personal Use
    • 5.1.2 Commercial Use
  • 5.2 By Geography
    • 5.2.1 North America
      • 5.2.1.1 United States
      • 5.2.1.2 Canada
    • 5.2.2 Europe
      • 5.2.2.1 Germany
      • 5.2.2.2 United Kingdom
      • 5.2.2.3 France
      • 5.2.2.4 Rest of Europe
    • 5.2.3 Asia-Pacific
      • 5.2.3.1 China
      • 5.2.3.2 Japan
      • 5.2.3.3 India
      • 5.2.3.4 Rest of Asia-Pacific
    • 5.2.4 Latin America
    • 5.2.5 Middle East and Africa

6 COMPETITIVE INTELLIGENCE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 D-Link Corporation
    • 6.1.2 Google LLC
    • 6.1.3 TP-Link Technologies Co. Limited
    • 6.1.4 Huawei Technologies Co. Limited
    • 6.1.5 Xiaomi Inc.
    • 6.1.6 Netgear Inc.

7 INVESTMENT ANALYSIS

8 FUTURE OF THE COLLABORATIVE ROBOT MARKET