デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1425143

スティック包装の世界市場:予測(2024年~2029年)

Stick Packaging Market - Forecasts from 2024 to 2029

出版日: | 発行: Knowledge Sourcing Intelligence | ページ情報: 英文 146 Pages | 納期: 即日から翌営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=154.46円
スティック包装の世界市場:予測(2024年~2029年)
出版日: 2024年01月31日
発行: Knowledge Sourcing Intelligence
ページ情報: 英文 146 Pages
納期: 即日から翌営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

世界のスティック包装の市場規模は、2022年に3億8,452万1,000米ドルとなり、予測期間中にCAGR4.78%で成長すると予測されています。

スティック包装は軟包装の一種で、主に食品包装に使用されます。垂直方向に伸長する包装の一種で、取り扱いが簡単で、外出先での包装によく使用されます。環境への影響も少なく、他の包装よりも安価です。スティック包装は、市場で最も費用対効果が高く、環境に優しい包装オプションの一つです。食品・飲料、医薬品、その他の包装など、さまざまな最終用途産業からの軟包装に対する需要の増加により、市場の上昇が見込まれています。さらに、可処分所得の増加に加え、消費者のパッケージ食品への嗜好の変化が市場拡大の原動力になると予想されます。

イントロダクション

スティック包装とは、チューブ状で密封されたフレキシブルな包装容器のことで、乾燥したもの、液体、半液体のものを少量保存するのに使われます。板紙、ポリエチレン、ポリエステル、ポリプロピレン、アルミ箔、プラスチックで作られ、1回分ずつ、持ち運びができ、取り扱いが簡単な包装オプションとして使用されることが多いです。スティック包装のオプションは、標準的な包装材よりも費用対効果が高く、持続可能で便利であり、二酸化炭素への影響も少ないです。また、湿気や汚染、廃棄物による内容物の劣化が少ないため、大きな保存パックよりも効率的です。その結果、スティック包装は、医薬品、栄養補助食品、飲食品、消費者製品など、さまざまな分野で広く使用されています。飲食品業界の大幅な拡大は、市場の見通しを良好にする主な促進要因の一つです。さらに、フレキシブル包装に対する需要の高まりが業界を前進させています。これに伴い、コスト効率が高く、審美的に魅力的で、適応性があり、耐久性があり、容易に輸送可能であることから、硬質から軟質への選好の動きがあり、市場の見通しは楽観的です。また、環境に配慮したスティック包装の開発など、様々な製品の改良も成長の原動力となっています。都市化の進展や消費者の可処分所得の増加、医薬品や栄養補助食品を保存するための1回分包装のニーズの高まりといったその他の要因も、市場をさらに押し上げると思われます。

促進要因:

  • Eコマースチャネルの成長は市場の主要促進要因:包装スタイルは、Eコマースの世界の台頭によって大きな影響を受けています。スティック包装は小型で便利なデザインであるため、オンライン販売に最適です。
  • 環境に優しい材料を採用する傾向の高まりが市場拡大に拍車:スティック包装企業は、環境への影響を軽減し、プラスチック廃棄物に対する顧客の懸念を和らげるために、生分解性や堆肥化可能な材料を使用しています。循環型経済をさらに推進するため、企業はリサイクル材料から作られたスティック・パケットを使用し、そのリサイクル可能性を推進しています。さらに、企業はスティック包装の代替材料を発見するために研究開発に投資しており、これが結果的に市場開拓を後押ししています。
  • 費用対効果の高いパッケージングに対する需要の高まりが市場成長を促進する可能性が高い:製薬業界や食品業界では、費用対効果の高いパッケージングへのニーズが高まっており、市場拡大の原動力となっています。さらに、軽量で簡便なパッケージングソリューションへの要望が市場を牽引しており、これは世界の動向と一致しています。
  • スティック包装は適切なプロポーションを維持するのに役立つため、広く使用されている:スティック包装は、機能性ミール、栄養補助食品、ビタミンのパッケージに使用されます。スティック包装は、醤油や味噌のような伝統的な調味料やスナック菓子を提供するためによく使われる手法です。
  • バイオベースのパッケージの出現により、ビジネスチャンスが拡大すると予想される:世界のスティック包装市場は、バイオベースのスティック包装の市場開拓によって変貌を遂げつつあります。これは、従来のプラスチック材料への依存度を下げると同時に、環境廃棄物を最小限に抑えることができるためです。バイオ材料のスティック・パッケージは、サトウキビの廃棄物から作られ、カーボンフットプリントの削減など、環境面で大きなメリットがあります。バイオマテリアルスティック包装は、製品の透明性、装飾の可能性、柔らかさ、絞りやすさ、リサイクル可能な特徴を保持しています。

主要企業が提供する製品

  • Stick Pack(Amcor PLC):StickPackは、レジスターの外層を弱めることで得られるシンプルな開封機構を備えた、新しいシングルサーブパック・ソリューションです。製品の品質を保ちながら、より高いバリアレベルを達成するために仕様の選択が可能です。
  • Stick Pack(Proampac Llc):Proampacのスティックパックは、鮮やかで人目を引く柄のシングルサーブ・ソリューションを提供し、ビジネスを促進します。PRO-TEAR(R)レーザースコアリングオプションで簡単に開封でき、外出先で素早く飲料を混ぜることができます。このスティック・パックは、インスタント・コーヒー、インスタント・ティー、フレーバー・パックに最適です。

材料タイプセグメントにおけるプラスチック分野の顕著な成長

プラスチック分野は世界のスティック包装市場を独占しており、この動向は今後も続くと予測されます。その背景には、プラスチック製スティック包装ソリューションの数多くの利点による人気の高まりと、スティック包装の生産における再生プラスチックの使用の増加があります。プラスチックスティックは、消費者に便利さと使いやすさを提供します。重量が軽く、形状が小さいため、外出先での摂取に最適であり、ペースの速い現代のライフスタイルにおいて、その魅力に拍車をかけています。リサイクル技術の進歩や、バイオベース・ポリマーや生分解性ポリマーの誕生は、環境廃棄物に関する懸念の高まりを緩和するのに役立っています。主要なスティック包装メーカーは、バイオプラスチックや再生プラスチックを製品に使用するようになってきています。スティック包装におけるプラスチック材料の使用の増加は、有用性、利便性、環境への配慮のバランスを取るための絶え間ない闘いを反映しています。その結果、プラスチックのスティック包装に対する需要の高まりが、対象市場の成長を促進すると思われます。

北米がスティック包装市場で大きなシェアを占めると予想:

北米は市場のリーダーとして台頭し、予測期間中に大きく成長する見込みです。米国では、スティック包装の売上を増加させる変数がいくつか予測されています。これには、急成長している医薬品や飲食品分野でのスティック包装使用の増加、Eコマースの発展、小型軽量パッケージへのニーズの高まりなどが含まれます。

飲食品分野でのスティック包装の利用拡大は、消費者に利便性と機動性を提供するだけでなく、生産者や販売者にも役立ちます。スティックパックの気密性と密封性は、これらのアイテムの鮮度と効能を維持するのに役立ち、消費者が必要な栄養上の利点を享受できるようにします。

主な発展:

  • Amcor Plcは2022年4月、医薬品小袋、スティックパック、ストリップパック包装用の持続可能な高シールドラミネートシリーズを発表し、環境保護責任のある包装ソリューションの製造へのコミットメントを証明しました。

目次

第1章 イントロダクション

  • 市場概要
  • 市場の定義
  • 調査範囲
  • 市場セグメンテーション
  • 通貨
  • 前提条件
  • 基準年と予測年のタイムライン

第2章 調査手法

  • 調査データ
  • 調査プロセス

第3章 エグゼクティブサマリー

  • 主な調査結果

第4章 市場力学

  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • ポーターのファイブフォース分析
  • 業界バリューチェーン分析

第5章 スティック包装市場:容量別

  • イントロダクション
  • 5ml以下
  • 6ml~10ml
  • 11ml~15ml
  • 15ml超

第6章 スティック包装市場:材料別

  • イントロダクション
  • プラスチック
  • アルミニウム
  • その他

第7章 スティック包装市場:用途別

  • イントロダクション
  • 固体
  • 粉末
  • 液体

第8章 スティック包装市場:最終用途別

  • イントロダクション
  • 食品・飲料
  • 医薬品・栄養補助食品
  • パーソナルケア・化粧品
  • その他の産業用

第9章 スティック包装市場:地域別

  • イントロダクション
  • 北米
    • 米国
    • カナダ
    • メキシコ
  • 南米
    • ブラジル
    • アルゼンチン
    • その他
  • 欧州
    • 英国
    • ドイツ
    • フランス
    • イタリア
    • スペイン
    • その他
  • 中東・アフリカ
    • サウジアラビア
    • アラブ首長国連邦
    • その他
  • アジア太平洋
    • 日本
    • 中国
    • インド
    • 韓国
    • 台湾
    • タイ
    • インドネシア
    • その他

第10章 競合環境と分析

  • 主要企業と戦略分析
  • 市場シェア分析
  • 合併・買収・協定・協業

第11章 企業プロファイル

  • Amcor Plc
  • Catalent Inc.
  • Sonoco Product Company
  • Huhtamaki Oyj
  • Proampac Llc
  • Constatntia Flexible Group
  • Glenroy, Inc.
  • GFR Pharma Ltd
  • Unirther Pharmaceuticals SAS
  • HWR Packaging Llc.
目次
Product Code: KSI061616620

The stick packaging market was valued at US$384.521 million in 2022 and is expected to grow at a CAGR of 4.78% during the forecast period.

Stick packaging is a form of flexible packaging that is mostly used for food packing. It is a sort of vertical elongation packaging that is simple to handle and is commonly used to pack on-the-go items. They have a low environmental impact and are less expensive than other types of packaging. Stick packaging is one of the most cost-effective and environmentally friendly packaging options on the market. The market is expected to rise due to increased demand for flexible packaging from different end-use industries such as food and drinks, pharmaceuticals, and other packaging. Furthermore, an increase in disposable income, along with a shift in consumer preference toward packaged food goods, is expected to drive market expansion.

Introduction:

Stick packaging refers to tube-shaped, sealed, and flexible packaging containers used to store tiny quantities of dry, liquid, and semi-liquid items. It is made of paperboard, polyethene, polyester, polypropylene, aluminium foil, or plastic and is often used as a single-serve, on-the-go, and easy-to-handle packaging option. Stick packaging options are more cost-effective, sustainable, and convenient, and have a reduced carbon impact than standard packaging materials. They are also more efficient than bigger storage packs since the contents are less likely to deteriorate owing to moisture, contamination, or waste. As a result, stick packaging is widely used in a variety of sectors, including pharmaceuticals, nutraceuticals, food and beverage, and consumer products. Significant expansion in the food and beverage industry is one of the primary drivers driving the market's favourable outlook. Moreover, the rising demand for flexible packaging is propelling the industry forward. In accordance with this, there is a movement in preference from rigid to flexible stick packaging since it is more cost-effective, aesthetically appealing, adaptable, durable, and readily transportable, resulting in an optimistic market outlook. Various product improvements, such as the creation of environmentally friendly stick packaging, are also working as growth drivers. Other factors, such as growing urbanization and growing consumer disposable incomes, as well as an increased need for single-serve packaging to store pharmaceutical and nutraceutical items, are likely to boost the market even further.

Drivers:

  • Growth of e-commerce channels is a major market driver: Packaging styles have been substantially influenced by the global rise of e-commerce. Because of its tiny size and convenient design, stick packaging is ideal for online sales.
  • The rising trend of adoption of eco-friendly material is fueling market expansion: Stick packaging businesses are using biodegradable and compostable materials to reduce their environmental effect and assuage customer concerns about plastic waste. To further promote a circular economy, firms are using stick-packets made from recycled materials and promoting their recyclable nature. Moreover, businesses are investing in R&D to discover alternate materials for stick packaging which is consequently aiding in market development.
  • Rising demand for cost-effective packaging is likely to propel market growth: The increased need for cost-effective packaging in the pharmaceutical and food industries is driving market expansion. Moreover, the market is being driven by the desire for lightweight and easy packaging solutions, which is in line with worldwide trends. Stick packaging is great for single-serving items and consumers who are constantly on the go.
  • The stick packaging aids in maintaining adequate proportion and hence is widely used: Stick packaging is used to package functional meals, nutritional supplements, and vitamins because it allows for accurate quantity. Stick packaging is a popular technique to serve traditional condiments like soy sauce and miso, as well as snacks. The design allows for portion control and easy dispensing.
  • The advent of bio-based packaging is expected to expand opportunities: The worldwide stick packaging market is being transformed by the development of bio-based stick packaging. This is due to its capacity to lessen reliance on traditional plastic materials while also minimizing environmental waste. Bio-material stick packages are created from sugarcane waste and have considerable environmental benefits such as lowering the carbon footprint. Biomaterial stick packaging keeps its product clarity, decorative possibilities, softness, squeezability, and recyclable features.

Products offered by key companies:

  • Stick Pack, Amcor PLC: StickPack is a new single-serve pack solution with a simple open mechanism obtained by weakening the outer layer in the register. Specification choices can be used to attain greater barrier levels while preserving product quality. Customized sizes and designs for package distinctiveness are available.
  • Stick Pack, Proampac Llc: Proampac's stick-pack provides single-serve solutions with vivid, eye-catching patterns to promote one's business. Customers may easily open the pack with their PRO-TEAR® laser scoring option for quick beverage mixing on the go. This stick pack is ideal for instant coffee, instant tea, and flavour packs.

The prominent growth in the plastic sector under the material type segment

The plastic sector dominates the worldwide stick packaging market, and this trend is projected to continue in the future. This is due to the growing popularity of plastic stick packaging solutions due to their numerous benefits, as well as the increased use of recycled plastic in the production of stick packaging. Plastic stick packets provide consumers convenience and ease of usage. Because of their low weight and small shape, they are perfect for on-the-go consumption, which contributes to their appeal in today's fast-paced modern lifestyle. Recycling technology advancements and the creation of bio-based and biodegradable polymers have helped to alleviate some of the rising environmental waste worries. Leading stick packaging producers are increasingly turning to bioplastics or recycled plastic to make their products. The growing use of plastic materials in stick packaging reflects the continual struggle to strike a balance between usefulness, convenience, and environmental concerns. As a result, rising demand for plastic stick packaging will fuel growth in the target market.

The North American region is expected to hold a significant share of the stick packaging market:

The North American region emerged as the market leader and is poised to grow significantly over the forecast period. Several variables are predicted to increase stick packaging sales in the United States. These include increased use of stick packaging in the burgeoning pharmaceutical and food and beverage sectors, developing e-commerce, and a growing need for small and lightweight packaging.

The growing use of stick packaging in the food and beverage sector not only provides consumers with convenience and mobility but also helps producers and merchants. The airtight and sealed aspect of stick packs helps to keep the freshness and potency of these items, ensuring that consumers receive the necessary nutritional advantages and therefore are widely used eventually driving market expansion.

Key developments:

  • Amcor Plc announced a series of sustainable high shield laminates for pharmaceutical sachets, stick pack and strip pack packaging in April 2022, proving its commitment to producing ecologically responsible packaging solutions.

Segmentation

BY CAPACITY:

  • Up to 5 ml
  • 6 ml to 10 ml
  • 11 ml to 15 ml
  • Above 15 ml

BY MATERIAL:

  • Plastic
  • Paper
  • Aluminum
  • Others

BY APPLICATION:

  • Solid
  • Powder
  • Liquid

BY END USE:

  • Food and Beverage
  • Pharmaceutical and Nutraceuticals
  • Personal Care and Cosmetics
  • Other Industrial

BY GEOGRAPHY

  • North America
  • United States
  • Canada
  • Mexico
  • South America
  • Brazil
  • Argentina
  • Others
  • Europe
  • United Kingdom
  • Germany
  • France
  • Italy
  • Spain
  • Others
  • Middle East and Africa
  • Saudi Arabia
  • UAE
  • Others
  • Asia Pacific
  • Japan
  • China
  • India
  • South Korea
  • Taiwan
  • Thailand
  • Indonesia
  • Others

TABLE OF CONTENTS

1. INTRODUCTION

  • 1.1. Market Overview
  • 1.2. Market Definition
  • 1.3. Scope of the Study
  • 1.4. Market Segmentation
  • 1.5. Currency
  • 1.6. Assumptions
  • 1.7. Base, and Forecast Years Timeline

2. RESEARCH METHODOLOGY

  • 2.1. Research Data
  • 2.2. Research Process

3. EXECUTIVE SUMMARY

  • 3.1. Key Findings

4. MARKET DYNAMICS

  • 4.1. Market Drivers
  • 4.2. Market Restraints
  • 4.3. Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1. Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.2. Bargaining Power of Buyers
    • 4.3.3. Threat of New Entrants
    • 4.3.4. Threat of Substitutes
    • 4.3.5. Competitive Rivalry in the Industry
  • 4.4. Industry Value Chain Analysis

5. STICK PACKAGING MARKET, BY CAPACITY

  • 5.1. Introduction
  • 5.2. Up to 5 ml
  • 5.3. 6 ml to 10 ml
  • 5.4. 11 ml to 15 ml
  • 5.5. Above 15 ml

6. STICK PACKAGING MARKET, BY MATERIAL

  • 6.1. Introduction
  • 6.2. Plastic
  • 6.3. Paper
  • 6.4. Aluminum
  • 6.5. Others

7. STICK PACKAGING MARKET, BY APPLICATION

  • 7.1. Introduction
  • 7.2. Solid
  • 7.3. Powder
  • 7.4. Liquid

8. STICK PACKAGING MARKET, BY END-USE

  • 8.1. Introduction
  • 8.2. Food and Beverage
  • 8.3. Pharmaceutical and Nutraceuticals
  • 8.4. Personal Care and Cosmetics
  • 8.5. Other Industrial

9. STICK PACKAGING MARKET, BY GEOGRAPHY

  • 9.1. Introduction
  • 9.2. North America
    • 9.2.1. United States
    • 9.2.2. Canada
    • 9.2.3. Mexico
  • 9.3. South America
    • 9.3.1. Brazil
    • 9.3.2. Argentina
    • 9.3.3. Others
  • 9.4. Europe
    • 9.4.1. United Kingdom
    • 9.4.2. Germany
    • 9.4.3. France
    • 9.4.4. Italy
    • 9.4.5. Spain
    • 9.4.6. Others
  • 9.5. Middle East and Africa
    • 9.5.1. Saudi Arabia
    • 9.5.2. UAE
    • 9.5.3. Others
  • 9.6. Asia Pacific
    • 9.6.1. Japan
    • 9.6.2. China
    • 9.6.3. India
    • 9.6.4. South Korea
    • 9.6.5. Taiwan
    • 9.6.6. Thailand
    • 9.6.7. Indonesia
    • 9.6.8. Others

10. COMPETITIVE ENVIRONMENT AND ANALYSIS

  • 10.1. Major Players and Strategy Analysis
  • 10.2. Market Share Analysis
  • 10.3. Mergers, Acquisitions, Agreements, and Collaborations

11. COMPANY PROFILES

  • 11.1. Amcor Plc
  • 11.2. Catalent Inc.
  • 11.3. Sonoco Product Company
  • 11.4. Huhtamaki Oyj
  • 11.5. Proampac Llc
  • 11.6. Constatntia Flexible Group
  • 11.7. Glenroy, Inc.
  • 11.8. GFR Pharma Ltd
  • 11.9. Unirther Pharmaceuticals SAS
  • 11.10. HWR Packaging Llc.