デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1370170

IDC FutureScape:Future of Enterprise Intelligenceの世界予測(2024年)

IDC FutureScape: Worldwide Future of Enterprise Intelligence 2024 Predictions

出版日: | 発行: IDC | ページ情報: 英文 21 Pages | 納期: 即納可能 即納可能とは

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=151.16円
IDC FutureScape:Future of Enterprise Intelligenceの世界予測(2024年)
出版日: 2023年10月26日
発行: IDC
ページ情報: 英文 21 Pages
納期: 即納可能 即納可能とは
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

このIDCの調査では、エンタープライズインテリジェンス動向に関する2024年の予測トップ10を提供します。トピックには、意思決定インテリジェンス、生成AI(GenAI)、エンタープライズインテリジェンステクノロジー、データスキル、リテラシー、環境・社会・ガバナンス(ESG)自動化、データ文化などが含まれます。IDCのFuture of Intelligence、リサーチディレクター、Chandana Gopal氏は次のように述べています。「エンタープライズインテリジェンスによって、組織はマクロ経済状況においても成長することができます。このIDC FutureScapeの予測では、経営陣がエンタープライズインテリジェンスの向上に努める際に認識すべき、今後1~5年間に発生する主要動向について詳しく説明しています」

IDC FutureScape図

エグゼクティブサマリー

IDC FutureScapeの予測

  • 外部促進要因の概要
  • 予測:テクノロジーバイヤーへの影響
    • 予測1:2027年までに、エンタープライズインテリジェンスのリーダーは、自社開発の意思決定ソリューションを商業意思決定インテリジェンスプラットフォーム上に構築されたものに置き換え、意思決定速度を2倍に加速する
      • 関連する促進要因
      • ITへの影響
      • ビジネスへの影響
      • ガイダンス
    • 予測2:2025年までに、G100企業の3分の1が、エンタープライズインテリジェンステクノロジーアーキテクチャの2つ以上のプレーンにおいて最善の機能を提供する統合プラットフォームを採用する
      • 関連する促進要因
      • ITへの影響
      • ビジネスへの影響
      • ガイダンス
    • 予測3:2026年までに、企業における生成AIユースケースの80%以上が、パブリックAPI経由で提供される汎用基盤モデルではなく、カスタマイズされた特殊なAIモデルを活用する
      • 関連する促進要因
      • ITへの影響
      • ビジネスへの影響
      • ガイダンス
    • 予測4:従業員による生成AIの普及によって生じる新たなリスクを軽減するため、2025年末までに大企業の60%が、正式なデータリテラシーと責任あるAIトレーニングを義務付ける
      • 関連する促進要因
      • ITへの影響
      • ビジネスへの影響
      • ガイダンス
    • 予測5:2024年までに、企業の60%が、データプレーンテクノロジーにFinOpsを実装し、コスト効率の高い代替手段を採用し、テクノロジーベンダーにリソース消費のプロアクティブな制御を要求する
      • 関連する促進要因
      • ITへの影響
      • ビジネスへの影響
      • ガイダンス
    • 予測6:2025年までに、G500組織の40%が、イベントストリーミングを介してAIアプリケーションに動的データとリアルタイムデータを組み込み、意思決定と迅速なエンジニアリングのためにより良いコンテキストを提供する
      • 関連する促進要因
      • ITへの影響
      • ビジネスへの影響
      • ガイダンス
    • 予測7:2027年までに、HPCに投資しているG500組織の75%が、訓練を受けた労働者の不足と不十分なスキルアップの取り組みによる深刻なスキル不足により、多額の費用がかかる遅延に直面する
      • 関連する促進要因
      • ITへの影響
      • ビジネスへの影響
      • ガイダンス
    • 予測8:2026年までに、主要なエンタープライズインテリジェンス企業の60%が、識別データ製品を所有し、15%がデータ評価手法を使用して製品のビジネス価値を評価する
      • 関連する促進要因
      • ITへの影響
      • ビジネスへの影響
      • ガイダンス
    • 予測9:2026年までに、G2000の80%が、アナリティクス、オペレーション、AIモデルの開発と実行に不可欠な外部(パートナー)データを導入するために、データマーケットプレースとデータクリーンルームテクノロジーに依存する
      • 関連する促進要因
      • ITへの影響
      • ビジネスへの影響
      • ガイダンス
    • 予測10:2025年までに、「主要な」エンタープライズインテリジェンス組織の60%が、社会意識の高い労働者を惹きつける競争上の優位性を維持するために、ESGへの取り組みにAI主導の計画ツールを使用する
      • 関連する促進要因
      • ITへの影響
      • ビジネスへの影響
      • ガイダンス

テクノロジーバイヤーへのアドバイス

外部促進要因:詳細

  • AI Everywhere - 生成AIが注目を集める
  • 自動化への原動力 - 効率と新たな機会の最大化
  • 世界のサプライチェーンのレジリエンス - 多様化の推進
  • デジタルビジネスのインペラティブ - 競争力と成果
  • ダイナミックワークとスキルの要件 - 新しいワークモード時代
  • 変化するテクノロジー規制状況 - リスクと機会を切り抜ける
  • ESGの運用化 - サステナビリティの評価と実践

参考資料

  • 関連調査
目次
Product Code: US51293423

This IDC study provides IDC's 2024 top 10 predictions for enterprise intelligence trends, encompassing topics of decision intelligence; generative AI (GenAI); enterprise intelligence technologies; data skills; literacy and environmental, social, and governance (ESG) automation; and data culture."Enterprise intelligence allows organizations to thrive in all macroeconomic conditions. Predictions in this IDC FutureScape detail key trends that are going to occur in the next one to five years that executives should be aware of as they strive to increase their enterprise intelligence," said Chandana Gopal, research director, IDC's Future of Intelligence.

IDC FutureScape Figure

Executive Summary

IDC FutureScape Predictions

  • Summary of External Drivers
  • Predictions: Impact on Technology Buyers
    • Prediction 1: By 2027, Enterprise Intelligence Leaders Will Replace Their Homegrown Decisioning Solutions with Those Built on Commercial Decision Intelligence Platforms, Accelerating Their Decision Velocity by 2x
      • Associated Drivers
      • IT Impact
      • Business Impact
      • Guidance
    • Prediction 2: By 2025, One-Third of G100 Companies Will Adopt Unified Platforms That Provide Best-of-Breed Functionality Across Two or More Planes of Enterprise Intelligence Technology Architecture
      • Associated Drivers
      • IT Impact
      • Business Impact
      • Guidance
    • Prediction 3: By 2026, More than 80% of Generative AI Use Cases in Enterprises Will Leverage Customized, Specialized AI Models Rather Than Generic Foundation Models Offered via Public APIs
      • Associated Drivers
      • IT Impact
      • Business Impact
      • Guidance
    • Prediction 4: To Mitigate New Risks Created by the Pervasive Use of Generative AI by Their Workforces, by the End of 2025, 60% of Large Enterprises Will Mandate Formal Data Literacy and Responsible AI Training
      • Associated Drivers
      • IT Impact
      • Business Impact
      • Guidance
    • Prediction 5: By 2024, 60% of Enterprises Will Implement FinOps on Data Plane Technologies, Adopt Cost-Effective Alternatives, and Demand Proactive Control of Resource Consumption from Their Technology Vendors
      • Associated Drivers
      • IT Impact
      • Business Impact
      • Guidance
    • Prediction 6: By 2025, 40% of G500 Organizations Will Incorporate Dynamic and Real-Time Data in AI Applications via Event Streaming, Providing Better Context for Decision-Making and Prompt Engineering
      • Associated Drivers
      • IT Impact
      • Business Impact
      • Guidance
    • Prediction 7: By 2027, 75% of G500 Organizations That Are Investing in HPC Will Face Costly Delays Due to Severe Skill Shortages Because of a Dearth of Trained Workers and Insufficient Upskilling Initiatives
      • Associated Drivers
      • IT Impact
      • Business Impact
      • Guidance
    • Prediction 8: By 2026, 60% of Leading Enterprise Intelligence Companies Will Have Identified Data Products, and 15% Will Have Attributed Business Value to the Products with a Data Valuation Methodology
      • Associated Drivers
      • IT Impact
      • Business Impact
      • Guidance
    • Prediction 9: By 2026, 80% of G2000 Will Rely on Data Marketplace and Data Clean Room Technologies to Infuse External (Partner) Data Essential to Analytics, Operations, and/or AI Model Development and Execution
      • Associated Drivers
      • IT Impact
      • Business Impact
      • Guidance
    • Prediction 10: By 2025, 60% of "Leading" Enterprise Intelligence Organizations Will Use AI-Driven Planning Tools in Their ESG Initiatives to Maintain Competitive Advantage to Attract Socially Conscious Workers
      • Associated Drivers
      • IT Impact
      • Business Impact
      • Guidance

Advice for Technology Buyers

External Drivers: Detail

  • AI Everywhere - Generative AI Takes the Spotlight
  • The Drive to Automate - Maximizing Efficiency and New Opportunities
  • Global Supply Chain Resiliency - Push for Diversification
  • The Digital Business Imperative - Competitiveness and Outcomes
  • Dynamic Work and Skills Requirements - New Work Mode Era
  • Shifting Tech Regulatory Landscape - Navigating Risk and Opportunity
  • Operationalization of ESG - Measuring and Implementing Sustainability

Learn More

  • Related Research