デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1473790

輻射冷却システムの市場規模:タイプ別、設置面別、適用分野別、建築タイプ別、予測、2024年~2032年

Radiant Cooling System Market Size - By Type, By Installation Surface, By Application Area, By Building Type & Forecast, 2024 - 2032

出版日: | 発行: Global Market Insights Inc. | ページ情報: 英文 183 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.11円
輻射冷却システムの市場規模:タイプ別、設置面別、適用分野別、建築タイプ別、予測、2024年~2032年
出版日: 2024年02月20日
発行: Global Market Insights Inc.
ページ情報: 英文 183 Pages
納期: 2~3営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

世界の輻射冷却システムの市場規模は、この分野での研究開発の進展により、2024年から2032年にかけて4.6%以上のCAGRを示すと予想されています。

エネルギー効率と環境の持続可能性に対する懸念が高まり続ける中、研究者と革新者は輻射冷却システムの性能と実行可能性の強化に注力しています。

例えば2023年、メリーランド大学の研究チームは、建物や道路がもたらす熱吸収の課題増大に対処するため、革新的なアプローチを導入しました。彼らはこの問題に効果的に対処するため、「冷却ガラス」として知られる画期的な材料を開発しました。輻射冷却を利用することで、最近開発されたこのソリューションは、気温上昇による気候変動への悪影響を緩和することを目的としています。

このシステムは、天井、壁、床に埋め込まれた水パイプやパネルを利用して余分な熱を吸収し、従来のエアコンを使わずに効率的で快適な冷房を提供します。材料、設計、制御技術の継続的な進歩により、輻射冷却システムは、住宅、商業ビル、工業ビルなど幅広い用途でますます実用的になってきています。その結果、輻射冷却システム市場は、この分野における継続的な技術革新と最適化の努力によって、大幅な成長を遂げる態勢が整っています。

熱活性化建築システムセグメントは、2024~2032年に顕著な成長率を記録すると思われます。これらの革新的なシステムは、輻射冷却技術を建物構造に統合し、床、壁、天井などの表面を利用して室内温度を効率的に調整します。建築家やビル設計者がエネルギー効率の高い持続可能なソリューションを優先する中、熱活性化建築システムの一部としての輻射冷却システムの需要は伸び続けています。快適性の向上、エネルギー消費量の削減、環境負荷の低減といった利点を持つこのシステムは、建築設計の未来を再構築し、その過程で市場拡大を牽引しています。

輻射冷却システムの市場シェアは、2032年まで電動式セグメントで顕著な成長を記録すると思われます。電動式輻射冷却システムの革新は、様々な用途に効率的で持続可能な冷却ソリューションを提供します。これらのシステムは、電気技術を活用して性能、制御、スマートビルディングシステムとの統合を強化しています。エネルギー消費と環境への影響に対する懸念が高まる中、電動輻射冷却システムに対する需要は増加傾向にあります。その結果、製造業者と消費者は、費用対効果が高く環境に優しい冷却ソリューションを実現するため、こうしたシステムへの投資を増やしており、この分野の市場成長を牽引しています。

アジア太平洋の輻射冷却システム市場は、2024年から2032年にかけて顕著なCAGRを記録すると思われます。都市化が進み、持続可能な建築ソリューションが求められる中、同地域の政府や企業は輻射冷却技術に注目しています。

エネルギー効率が高く快適な室内環境を提供するその能力は、環境保全とコスト効率の高いソリューションを重視する同地域の姿勢に合致しています。アジア太平洋地域でグリーンビルディング技術への需要が高まり続ける中、輻射冷却システム市場は大きな成長機会を迎えており、さまざまな産業で技術革新と採用が進んでいます。例えば、2022年7月、インド工科大学グワハティ校の科学者は、従来の空調システムに代わるコスト効率の高い「輻射冷却装置」コーティング材を開発しました。

目次

第1章 調査手法と調査範囲

第2章 エグゼクティブサマリー

第3章 市場洞察

  • エコシステム分析
  • 原材料分析
  • 主要ニュースと取り組み
    • パートナーシップ/提携
    • 合併/買収
    • 投資
    • 製品上市とイノベーション
  • 規制状況
  • 影響要因
    • 促進要因
    • 業界の潜在的リスク&課題
  • 消費者の購買行動分析
  • 成長ポテンシャル分析
  • ポーター分析
  • PESTEL分析
  • 貿易分析
    • 輸出データ
    • 輸入データ

第4章 競合情勢

  • イントロダクション
  • 各社の市場シェア
  • 主要市場企業の競合分析
  • 競合のポジショニングマトリックス
  • 戦略展望マトリックス

第5章 市場推定・予測:タイプ別、2018年~2032年

  • 主要動向
  • 熱活性化建築システム
  • 輻射冷却パネル

第6章 市場推定・予測:設置面別、2018年~2032年、

  • 主要動向
  • 天井

第7章 市場推定・予測:適用分野別、2018年~2032年

  • 主要動向
  • 新築建築
  • 既存建築/リノベーション

第8章 市場推定・予測:建築タイプ別、2018年~2032年、

  • 主要動向
  • 住宅
  • 工業
  • 商業

第9章 市場推定・予測:地域別、2018年~2032年、

  • 主要動向
  • 北米
    • 米国
    • カナダ
    • その他北米地域
  • 欧州
    • 英国
    • ドイツ
    • フランス
    • イタリア
    • スペイン
    • その他欧州
  • アジア太平洋
    • 中国
    • インド
    • 日本
    • 韓国
    • オーストラリア
    • マレーシア
    • インドネシア
    • その他アジア太平洋地域
  • ラテンアメリカ
    • ブラジル
    • メキシコ
    • その他ラテンアメリカ
  • 中東・アフリカ
    • サウジアラビア
    • アラブ首長国連邦
    • 南アフリカ
    • その他中東・アフリカ

第10章 企業プロファイル

  • Jardine Engineering Corporation(JEC)
  • Giacomini Spa
  • Danfoss Group
  • Emerson Electric Co.
  • Rehau
  • Radiana Ltd.
  • BeKa Heiz
  • PillarPlus Inc.
  • Oorja Energy Engineering Services Pvt Ltd
  • SusPower L.L.C.
  • Messana Radiant Cooling
  • MrPEX Systems
  • Uponor Oyj
  • Watts Water Technologies Inc.
  • Zehnder Group AG
目次
Product Code: 8195

Global Radiant Cooling System Market Size will witness over 4.6% CAGR between 2024 and 2032, propelled by escalating research and developments in the field. As concerns over energy efficiency and environmental sustainability continue to rise, researchers and innovators are focusing on enhancing the performance and viability of radiant cooling systems.

For instance, in 2023, addressing the escalating heat absorption challenge posed by buildings and roads, a team of researchers from the University of Maryland introduced an innovative approach. They've developed a groundbreaking material known as "cooling glass" to combat this issue effectively. By leveraging radiative cooling, this recently engineered solution aims to mitigate the adverse effects of rising temperatures on climate change.

These systems utilize water pipes or panels embedded in ceilings, walls, or floors to absorb excess heat, providing efficient and comfortable cooling without traditional air conditioning. With ongoing advancements in materials, design, and control technologies, radiant cooling systems are becoming increasingly viable for a wide range of applications, including residential, commercial, and industrial buildings. As a result, the market for radiant cooling systems is poised for substantial growth, driven by continuous innovation and optimization efforts in the field.

The overall Radiant Cooling System Industry is classified based on the product type, technology, installation surface, end-user, and region.

The thermally active building systems segment will register a notable growth rate from 2024-2032. These innovative systems integrate radiant cooling technology into building structures, utilizing surfaces such as floors, walls, and ceilings to regulate indoor temperatures efficiently. As architects and building designers prioritize energy-efficient and sustainable solutions, the demand for radiant cooling systems as part of thermally active building systems continues to grow. With benefits such as improved comfort, reduced energy consumption, and lower environmental impact, these systems are reshaping the future of building design and driving market expansion in the process.

The radiant cooling system market share from the electric segment will record appreciable growth through 2032. Innovations in electrically powered radiant cooling systems offer efficient and sustainable cooling solutions for various applications. These systems leverage electric technology to enhance performance, control, and integration with smart building systems. With growing concerns about energy consumption and environmental impact, the demand for electrically powered radiant cooling systems is on the rise. As a result, manufacturers and consumers are increasingly investing in these systems to achieve cost-effective and eco-friendly cooling solutions, driving market growth in the sector.

Asia Pacific radiant cooling system market will witness a notable CAGR from 2024 to 2032. With increasing urbanization and the need for sustainable building solutions, governments and businesses across the region are turning to radiant cooling technology.

Its ability to provide energy-efficient and comfortable indoor environments aligns well with the region's focus on environmental conservation and cost-effective solutions. As the demand for green building technologies continues to rise in Asia Pacific, the Radiant Cooling System market is experiencing significant growth opportunities, driving innovation and adoption across various industries. For instance, in July 2022, Scientists at the Indian Institute of Technology, Guwahati, developed a cost-effective 'radiative cooler' coating material, offering an alternative to traditional air conditioning systems.

Table of Contents

Chapter 1 Methodology & Scope

  • 1.1 Market scope & definition
  • 1.2 Base estimates & calculations
  • 1.3 Forecast calculations
  • 1.4 Data sources
    • 1.4.1 Primary
    • 1.4.2 Secondary
      • 1.4.2.1 Paid sources
      • 1.4.2.2 Public sources

Chapter 2 Executive Summary

  • 2.1 Industry 360-degree synopsis, 2018-2032

Chapter 3 Market Insights

  • 3.1 Industry ecosystem analysis
  • 3.2 Raw material analysis
  • 3.3 Key news and initiatives
    • 3.3.1 Partnership/Collaboration
    • 3.3.2 Merger/Acquisition
    • 3.3.3 Investment
    • 3.3.4 Product launch & innovation
  • 3.4 Regulatory landscape
  • 3.5 Impact forces
    • 3.5.1 Growth drivers
    • 3.5.2 Industry pitfalls & challenges
  • 3.6 Consumer buying behavior analysis
  • 3.7 Growth potential analysis
  • 3.8 Porter's analysis
  • 3.9 PESTEL analysis
  • 3.10 Trade analysis
    • 3.10.1 Export data
    • 3.10.2 Import data

Chapter 4 Competitive Landscape, 2023

  • 4.1 Introduction
  • 4.2 Company market share, 2023
  • 4.3 Competitive analysis of major market players, 2023
  • 4.4 Competitive positioning matrix, 2023
  • 4.5 Strategic outlook matrix, 2023

Chapter 5 Market Estimates & Forecast, By Type, 2018-2032, (USD Million; Million Units)

  • 5.1 Key trends
  • 5.2 Thermally activated building system
  • 5.3 Radiant cooling panels

Chapter 6 Market Estimates & Forecast, By Installation Surface, 2018-2032, (USD Million; Million Units)

  • 6.1 Key trends
  • 6.2 Floor
  • 6.3 Wall
  • 6.4 Ceiling

Chapter 7 Market Estimates & Forecast, By Application Area, 2018-2032, (USD Million; Million Units)

  • 7.1 Key trends
  • 7.2 New building
  • 7.3 Existing building/renovation

Chapter 8 Market Estimates & Forecast, By Building Type, 2018-2032, (USD Million; Million Units)

  • 8.1 Key trends
  • 8.2 Residential
  • 8.3 Industrial
  • 8.4 Commercial

Chapter 9 Market Estimates & Forecast, By Region, 2018-2032, (USD Million; Million Units)

  • 9.1 Key trends
  • 9.2 North America
    • 9.2.1 U.S.
    • 9.2.2 Canada
    • 9.2.3 Rest of North America
  • 9.3 Europe
    • 9.3.1 UK
    • 9.3.2 Germany
    • 9.3.3 France
    • 9.3.4 Italy
    • 9.3.5 Spain
    • 9.3.6 Rest of Europe
  • 9.4 Asia Pacific
    • 9.4.1 China
    • 9.4.2 India
    • 9.4.3 Japan
    • 9.4.4 South Korea
    • 9.4.5 Australia
    • 9.4.6 Malaysia
    • 9.4.7 Indonesia
    • 9.4.8 Rest of Asia Pacific
  • 9.5 Latin America
    • 9.5.1 Brazil
    • 9.5.2 Mexico
    • 9.5.3 Rest of Latin America
  • 9.6 MEA
    • 9.6.1 Saudi Arabia
    • 9.6.2 UAE
    • 9.6.3 South Africa
    • 9.6.4 Rest of MEA

Chapter 10 Company Profiles

  • 10.1 Jardine Engineering Corporation (JEC)
  • 10.2 Giacomini Spa
  • 10.3 Danfoss Group
  • 10.4 Emerson Electric Co.
  • 10.5 Rehau
  • 10.6 Radiana Ltd.
  • 10.7 BeKa Heiz
  • 10.8 PillarPlus Inc.
  • 10.9 Oorja Energy Engineering Services Pvt Ltd
  • 10.10 SusPower L.L.C.
  • 10.11 Messana Radiant Cooling
  • 10.12 MrPEX Systems
  • 10.13 Uponor Oyj
  • 10.14 Watts Water Technologies Inc.
  • 10.15 Zehnder Group AG