市場調査レポート
商品コード
1396625

エネルギーIT、OT、アナリティクス - ADMS、AMS、CIS、CRM、DERMS、DRMS、EMS、GIS、MDMS、MWMS、OMS、SCADA、アナリティクス:世界市場の分析と予測(2023年~2032年)

Energy IT, OT, and Analytics - ADMS, AMS, CIS, CRM, DERMS, DRMS, EMS, GIS, MDMS, MWMS, OMS, SCADA, and Analytics: Global Market Analysis and Forecasts, 2023-2032

出版日: | 発行: Guidehouse Insights | ページ情報: 英文 35 Pages | 納期: 即納可能 即納可能とは

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.11円
エネルギーIT、OT、アナリティクス - ADMS、AMS、CIS、CRM、DERMS、DRMS、EMS、GIS、MDMS、MWMS、OMS、SCADA、アナリティクス:世界市場の分析と予測(2023年~2032年)
出版日: 2023年12月14日
発行: Guidehouse Insights
ページ情報: 英文 35 Pages
納期: 即納可能 即納可能とは
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

世界中でのスマートグリッド技術や再生可能エネルギーの普及により、電力企業はこれらのデータを処理し、実用的でインパクトのある知見を提供する先進のソフトウェアに投資するようになっています。ユーティリティ企業は、未開拓の新しいデータストリームの価値を最大化し、組織全体のビジネスプロセスを最適化しようとしています。エネルギーIT・OTソフトウェア市場は、確立されたOEM、多国籍ビジネス技術プロバイダー、成長中の小規模でニッチなソリューションプロバイダーの多様な組み合わせによって特徴付けられます。これらのプロバイダーの多くは、従来のイノベーションをベースに、将来を見据えたビジネスと技術の再転換を幅広く行っています。製品や戦略のロードマップは当然ベンダーによって異なりますが、一般的なマクロ動向には、アーキテクチャの変革、価格設定や展開モデルの見直し、アップグレードフレームワークの合理化、モビリティ、クラウドの有効化などが含まれます。

一方、主要エネルギーアナリティクスプロバイダーは、優れたアルゴリズムとユーザーエクスペリエンス(UX)、拡張されたアプリケーションポートフォリオ、論理的で価値主導の戦略的パートナーシップによって革新を続けています。ほんの数年前までは、初歩的なユースケース(負荷予測、家庭エネルギー管理、盗難検知など)がエネルギーアナリティクス戦略の基盤を形成していましたが、現在でもその動向は大きく、特にグリッドエッジインテリジェンス、電力品質の最適化、エンドツーエンドプログラム管理、経済計画、スマートホーム最適化、EV管理、複雑な料金アナリティクスなどを中心とした、より野心的な目標へとシフトしています。

当レポートでは、世界のエネルギーIT・OTソフトウェア市場について調査し、12の企業向けIT・OTシステムと、14セグメントのデータアナリティクスを分析しています。

目次

第1章 エグゼクティブサマリー

  • イントロダクション
  • 調査範囲
  • 世界の予測

第2章 市場動向

  • イントロダクション
  • IT・OTシステムの概要
  • エネルギー分析の概要
  • 市場促進要因
    • ソフトウェアアーキテクチャの進化
    • 価格設定の革新
    • クラウドとSaaSの採用の拡大
    • 使用時間と複雑な料金
    • 規制障壁の侵食
  • 市場障壁
    • コストと複雑性
    • 資本化の制限
    • 既存のデータサイロ
    • 劣悪なデータ品質
    • 通信の要件

第3章 産業のバリューチェーン

  • 競合情勢
    • 企業向けIT
    • 企業向けOT
    • データアナリティクス
  • ビジネスモデルの進化
    • 企業向けIT
    • 企業向けOT
    • データアナリティクス
    • クラウド・SaaS

第4章 市場予測

  • イントロダクション
  • 予測手法
  • 市場予測
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ

第5章 結論、推奨

第6章 頭字語と略語のリスト

第7章 目次

第8章 図表

第9章 調査範囲、情報源と調査手法、注記

目次
Product Code: MF-EITOT-23

The proliferation of smart grid technologies and renewable energy around the world is leading utilities to invest in sophisticated software to process this data and deliver actionable and impactful insights. This convergence has ushered in a new era of innovation and investment in energy software as utilities look to maximize the value of new, untapped data streams and optimize business processes throughout their organizations. The market for energy IT and OT software is characterized by a diverse mix of established OEMs, multinational business technology providers, and a growing set of smaller, niche solution providers. Many of these providers are building on conventional innovations with a wide mix of forward-looking business and technology reorientations. While product and strategy roadmaps naturally vary by vendor, common macrotrends include architectural transformations, revamped pricing and deployment models, streamlined upgrade frameworks, mobility, and cloud enablement, among many others.

Leading energy analytics providers, meanwhile, continue to innovate via superior algorithms and user experiences (UX), extended application portfolios, and logical, value driven strategic partnerships. Whereas rudimentary use cases (e.g., load forecasting, home energy management, and theft detection) formed the foundation of energy analytics strategies just a few years ago-and still do to a large degree-conversations are shifting to more ambitious goals centered on grid-edge intelligence, power quality optimization, end-to-end program management, economic planning, smart home optimization, EV management, and complex rate analytics, among others.

This Guidehouse Insights report analyzes the market for 12 different enterprise IT and OT systems, as well as 14 segments of data analytics. The 10-year forecasts (2023-2032) include regional spending projections and spending segment breakouts for software license fees, implementation and integration services, annual maintenance fees, and software as a service revenues.

Table of Contents

1. Executive Summary

  • 1.1 Introduction
  • 1.2 Report Scope
  • 1.3 Global Forecast

2. Market Trends

  • 2.1 Introduction
  • 2.2 IT and OT Systems Overview
  • 2.3 Energy Analytics Overview
  • 2.4 Market Drivers
    • 2.4.1 Evolution of Software Architectures
    • 2.4.2 Pricing Innovations
    • 2.4.3 Growing Adoption of Cloud and SaaS
    • 2.4.4 Time-Of-Use and Complex Rates
    • 2.4.5 Eroding Regulatory Barriers
  • 2.5 Market Barriers
    • 2.5.1 Cost and Complexity
    • 2.5.2 Capitalization Restrictions
    • 2.5.3 Existing Data Silos
    • 2.5.4 Poor Data Quality
    • 2.5.5 Communications Requirements

3. Industry Value Chain

  • 3.1 Competitive Landscape
    • 3.1.1 Enterprise IT
    • 3.1.2 Enterprise OT
    • 3.1.3 Data Analytics
  • 3.2 Business Model Evolution
    • 3.2.1 Enterprise IT
    • 3.2.2 Enterprise OT
    • 3.2.3 Data Analytics
    • 3.2.4 Cloud & SaaS

4. Market Forecasts

  • 4.1 Introduction
  • 4.2 Forecast Methodology
  • 4.3 Market Forecast
    • 4.3.1 North America
    • 4.3.2 Europe
    • 4.3.3 Asia Pacific
    • 4.3.4 Latin America
    • 4.3.5 Middle East & Africa

5. Conclusions and Recommendations

6. Acronym and Abbreviation List

7. Table of Contents

8. Table of Charts and Figures

9. Scope of Study, Sources and Methodology, Notes