デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
946787

ヘルスケアアナリティクス市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)

Healthcare Analytics Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 130 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=134.29円
ヘルスケアアナリティクス市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 130 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

ヘルスケアアナリティクス市場は、予測期間中に18.5%近いCAGRで推移すると予想され、2020年の市場規模は135億2,500万米ドル、2026年には454億5,000万米ドルに達すると予測されています。

COVID-19の封じ込めを急ぐあまり、市場関係者はヘルスケアにおける人工知能とデータ分析の開発を急速に進め、技術の未来を切り拓いています。研究者はこれらのツールを活用して、病院の収容能力の追跡からハイリスク患者の特定まであらゆることを行っており、将来同様の状況に備えるためには、これらの技術が不可欠であると多くの人が考えています。

COVID-19インサイトパートナーシップは、ビッグデータ解析ツールを活用して研究を行い、ウイルスに対する可能な治療法を見つける予定です。例えば、2020年7月、エネルギー省(DOE)、保健福祉省(HHS)、退役軍人省は、COVID-19情報を調整し共有するための新しいビッグデータ分析イニシアチブを発表していました。COVID-19 Insights Partnershipが行う調査と分析は、COVID-19をよりよく理解するために、ワクチンと治療法の開発と成果、ウイルス学、およびその他の重要な科学的トピックに焦点を当てることになります。

また、mヘルスアプリ、ビッグデータ分析、モノのインターネット(IoT)の提供を開発したヘルスケアテクノロジー企業への資金提供が増加し、世界市場規模を押し上げるでしょう。例えば、2020年にはIBMとオラクルがブロックチェーンを立ち上げ、世界保健機関やCDCのCOVID-19データを統合しました。情報共有を促進する技術的進歩や、医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律(HIPAA)へのコンプライアンスの向上は、事業の成長を加速させることが期待されます。

ヘルスケア業界におけるビッグデータの出現、顧客サービス向上のためのさまざまなソースからのデータ収集・分析への注目の高まり、技術の進歩、ソーシャルメディアの出現とそのヘルスケア業界への影響といった要因が、ヘルスケアアナリティクス市場を牽引しています。

ヘルスケアアナリティクスは、多くの国のヘルスケア業界にいくつかの変化をもたらし続けています。世界中の先進国や発展途上国の政府によって、ヘルスケアサービスの進歩を経験するために、多くの連邦政策、プログラム、アクションが開始されました。欧州連合(EU)は、コスト削減、患者の改善、医療ネットワークへのアクセス改善に関する「Bigmedilytics」と呼ばれるプロジェクトを開発しました。

これとは別に、膨大な量のデータを生成するコネクテッドデバイスの利用が大幅に増加することが予想され、この生データを分析することで、より良い企業の意思決定を行うことができるようになります。ETNOによると、2019年中の欧州のヘルスケアにおけるIoTアクティブ接続数は279万であり、2025年には1034万に達すると予想されています。このような成長は、データ分析や業界のデータ駆動型インサイトを得るためのツールに対する需要をさらに強化します。

しかし、データの保存や生データの分析には、適切なスキルを持った人材が必要です。ヘルスケア分野の障壁として作用しているスキルギャップが拡大しています。データ分析分野で働くために必要な幅広いスキル、知識、専門性、経験の欠如が大きな懸念材料となっています。

主な市場動向

予測分析市場は予測期間中、良好な成長率を示すと予想される

予測分析ツールは、医療機関が予後不良、リソース不足、およびCOVID-19のその他の影響に先んじるのに役立っています。予測分析セグメントは、予測期間にわたって有利なCAGRを示すと予想されています。2020年6月、Cleveland Clinicの研究者は、患者数、ベッド容量、人工呼吸器の稼働率、およびその他の指標を予測できる予測モデルを作成しました。このモデルは、COVID-19やその他の患者に対するケアを最適化するためのタイムリーで信頼性の高い情報を提供します。

分析ツールを使用することで、研究者はさまざまな場所でパターンと傾向を見つけ、社会的距離の取り方のガイドラインやその他の対策に役立てることができます。2020年、ビンガムトン大学とニューヨーク州立大学のチームは、いくつかの予測分析モデルを開発し、世界中のCOVID-19の動向とパターンを調査しました。このように、調査したセグメントに対してポジティブな影響を与えています。

これは比較的複雑で、データの不確実性を特定することで最良の結果を得るために、少数のプレーヤーが最適化しています。患者の結果をより良く診断するために予測分析を採用することで、顧客コストを削減し、顧客満足度を向上させることができるかもしれません。Society of Actuariesの調査によると、2019年、ヘルスケア企業間の予測分析は、39%のコスト削減と42%の患者満足度の上昇をもたらしました。したがって、前述の要因によって、このセグメントは今後数年で盛り上がりを見せると思われます。

予測期間中、北米が市場の主要シェアを占める見通し

COVID-19の大流行では、アナリティクスはベンチマークや規制当局への報告を超越し、重要なビジネス戦略となります。2020年、米国国立衛生研究所は、米国全土のコロナウイルス疾患と診断された人々の膨大な医療記録データを保存・研究するための、集中的で安全な飛び地を立ち上げました。これはNational COVID Cohort Collaborative(N3C)の一部で、科学者がこれらのデータを解析して病気を理解し、治療法を開発できるようにするためのものです。このイニシアチブは、臨床情報を、この病気の転帰の良し悪しを示す健康リスク要因など、COVID-19の研究に緊急に必要な知識に変換し、有効な治療法の可能性を特定することを目的としています。

2020年、Definitive HealthcareはESRIと提携し、米国内の地域別に病院のベッド容量とCOVID-19の潜在的なリスクを分析・モニタリングできるプラットフォームを開発しました。したがって、これは同地域の市場を繁栄させる可能性が高いです。

米国のヘルスケアアナリティクス市場は、米国の医療インフラがヘルスケアアナリティクス領域で肯定的な傾向を示しているため、北米地域で最大の市場シェアを占めています。同地域の実質的な成長手段は、同地域に複数の有力企業が存在することに起因しています。例えば、連邦政府は様々な政策や取り組みを通じて、そのヘルスケアデータの利用を奨励しています。米国で最も重要な医療法である「医療費適正化法(ACA)」は、保健福祉省に対し、医療と医療保険の市場の透明性を促進するデータの公開を許可しました。政府は、医療従事者がEMRを使用するための奨励金を支給しており、メディケアおよびメディケイドサービスセンター、食品医薬品局、疾病管理センターなどの機関からデータを解放するために必要な措置を取っています。

同様に、主要な市場関係者による戦略的な取り組みや、メキシコやカナダなど他のさまざまな国で行われている、医療の質を向上させることで患者を助ける可能性のある政府の取り組みも、ヘルスケア分析市場を牽引しています。例えば、2020年、Hoffmann-La Roche Limited(ロシュ・カナダ)は、カナダにおけるCOVID-19の大流行という課題を克服するためのソリューションを開発するために、ロシュ・データサイエンス連合を立ち上げました。この連合は、COVID-19の研究を強化するために、世界中のソースから集めた200以上の一般に入手可能なデータセットをキュレーションした一元的な場所を開発しました。また、医療機関は、医学的な問題以上に、健康の社会的決定要因が患者の幸福に寄与していることを認識しています。したがって、この地域の市場はより速いペースで成長する可能性があります。

競合情勢

ヘルスケアアナリティクスを提供する多くの企業は、テクノロジーの進歩だけでなく、医療機関における人間の専門知識やスキルにも適応できる拡張性のあるソリューションの提供にますます力を注いでいます。主なプレイヤーは、市場での存在感を高めるために様々な市場戦略を採用しており、それが最近の多くの発展につながっています。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の成果
  • 調査の前提
  • 本調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 技術的な進歩と政府の積極的な取り組み
    • ヘルスケア業界におけるビッグデータの出現
  • 市場抑制要因
    • ソフトウェアのコストと複雑さ
    • データの完全性とプライバシーに関する懸念
    • 適切なスキルの労働者の不足
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • 技術タイプ
    • 予測型アナリティクス
    • プリスクリプティブ・アナリティクス
    • 記述型分析(Descriptive Analytics
  • アプリケーション
    • 臨床データ分析
    • 財務データ分析
    • 行政データ分析
  • 製品情報
    • ハードウェア
    • ソフトウェア
    • サービス
  • 提供形態
    • オンプレミス型
    • クラウド型
  • エンドユーザー
    • ヘルスケア事業者
    • 製薬会社
    • バイオテクノロジー企業
    • 学術機関
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他の欧州地域
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 中東・アフリカ地域
      • GCC
      • 南アフリカ共和国
      • その他の中東・アフリカ地域
    • 南米地域
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米地域

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • 3M Company
    • Allscripts Healthcare Solutions
    • Cerner Corporation
    • Digital Reasoning Systems Inc.
    • Information Builders Inc.
    • International Business Machines Corporation(IBM)
    • IQVIA
    • Mckesson Corporation
    • MedeAnalytics Inc.
    • Optum Inc.
    • Oracle Corporation
    • Koninklijke Philips NV

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 54264

The healthcare analytics market is expected to register a CAGR of nearly 18.5% over the forecast period, with an estimated market size of USD 13,525 million in 2020, and it is expected to reach USD 45,450 million by 2026.

In the rush to contain COVID-19, market players are rapidly developing artificial intelligence and data analytics in healthcare, paving the way for the future of the technologies. Researchers have leveraged these tools to do everything from tracking hospital capacity to identifying high-risk patients, and many believe that these technologies are critical to preparing for similar situations in the future.

The COVID-19 Insights Partnership will leverage big data analytics tools to conduct research and find possible treatments for the virus. For instance, in July 2020, the Department of Energy (DOE), the Department of Health and Human Services (HHS), and the Department of Veterans Affairs had announced a new big data analytics initiative to coordinate and share COVID-19 information. Research and analysis conducted by the COVID-19 Insights Partnership will focus on the vaccine and therapeutic development and outcomes, virology, and other critical scientific topics to better understand COVID-19.

Also, increasing funding to healthcare technology companies that developed mHealth apps, big data analytics, and the Internet of Things (IoT) offerings will boost global market size. For instance, in 2020, IBM and Oracle launched blockchain to integrate COVID-19 data from the World Health Organization and CDC. Technological advances facilitating information sharing and improved compliance to Health Insurance Portability and Accountability Act (HIPAA) are expected to accelerate the business growth.

The factors, such as the emergence of big data in the healthcare industry, increased focus on collection and analysis of data from different sources for better customer service, technological advancements and the advent of social media and its impact on the healthcare industry are driving the healthcare analytics market.

Healthcare analytics continue to bring several changes in the healthcare industry across many countries. Many federal policies, programs, and actions were initiated by the governments of developed and developing countries across the world, to experience progress in healthcare services. The European Union has developed a project called "Bigmedilytics" which is regarding the reduction of cost, better improvement of patients, and better access to the health networks.

Apart from this, the use of connected devices that generate huge amounts of data is expected to increase significantly; this raw data can be analyzed to make better enterprise decisions. According to ETNO, the number of IoT active connections in healthcare in Europe during 2019 stood at 2.79 million, and it is expected to reach 10.34 million by 2025. Such growth further strengthens the demand for data analytics and tools to gain data-driven insights into the industry.

However, data storage and analyzing the raw data require properly skilled personnel. There is a growing skill gap that is acting as a barrier to the healthcare sector. Lack of broad skills, knowledge, expertise, and experience required to work in the data analytics field are significant concerns.

Key Market Trends

The Predictive Analytics Market is Expected to Grow at a Good Rate Over the Forecast Period

Predictive analytics tools are helping healthcare organizations stay ahead of poor outcomes, resource shortages, and other impacts of COVID-19. The predictive analytics segment is anticipated to witness lucrative CAGR over the forecast period. In June 2020, Cleveland Clinic researchers created a predictive model that can forecast patient volume, bed capacity, ventilator availability, and other metrics. The model provides timely, reliable information to optimize care for COVID-19 and other patients.

Using analytics tools, researchers can find patterns and trends in different places that can inform social distancing guidelines and other measures. In 2020, a team from the Binghamton University and the State University of New York developed several predictive analytics models to examine COVID-19 trends and patterns around the world. Thus, this is having a positive impact on the segment studied.

It is comparatively complex, with a few players optimizing it to achieve the best outcomes by identifying data uncertainties. The adoption of predictive analytics in better diagnosing the patient results may reduce the customer cost and increase customer satisfaction. According to a study by the Society of Actuaries, in 2019, predictive analytics among healthcare enterprises resulted in a 39% reduced cost and a 42% increase in patient satisfaction. Hence, owing to the aforementioned factors, the segment is likely to boost in coming years.

North America is Expected to Hold the Major Share of the Market Over the Forecast Period

In the COVID-19 pandemic, analytics transcends benchmarking and regulatory reporting and becomes a critical business strategy. In 2020, the National Institutes of Health launched a centralized, secure enclave to store and study vast amounts of medical record data from people diagnosed with coronavirus disease across the United State. It is part of the National COVID Cohort Collaborative (N3C), to help scientists analyze these data to understand the disease and develop treatments. This initiative aimed at transforming clinical information into knowledge urgently needed to study COVID-19, including health risk factors that indicate better or worse outcomes of the disease, and identify potentially effective treatments.

In 2020, Definitive Healthcare partnered with ESRI and developed a platform that enables analysis and monitoring of bed capacity in hospitals and potential risk of COVID-19 by geographical areas in the United States. Thus, this is likely to flourish the market in the region.

The United States healthcare analytics market holds the largest market share in the North American region, as the healthcare infrastructure in the United States is experiencing a positive trend in the healthcare analytics domain. The substantial growth avenues in the region can be attributed to the presence of several prominent players in the region. For example, the federal government is encouraging the use of its healthcare data through various policies and initiatives. Affordable Care Act (ACA), the most important healthcare legislation in the United States, authorized the Department of Health and Human Services to release data that promote transparency in the markets for healthcare and medical insurance. The government is offering incentive payments for healthcare providers to use EMRs and has taken necessary actions to liberate data from agencies, like Centers for Medicare and Medicaid Services, the Food and Drug Administration, and Centers for Disease Control.

Similarly, strategic initiatives by key market players and the government initiatives undertaken in various other countries, such as Mexico and Canada, that have the potential to help patients by improving the quality of healthcare are driving the healthcare analytics market. For instance, in 2020, Hoffmann-La Roche Limited (Roche Canada) launched the Roche Data Science Coalition to develop solutions to overcome the challenges of the COVID-19 pandemic in Canada. The coalition developed a centralized location with more than 200 curated publicly available population datasets gathered from sources across the world to enhance COVID-19 research. Healthcare organizations also realize that social determinants of health contribute to the wellbeing of a patient more than medical issues. Thus, the regional market is likely to grow at faster pace.

Competitive Landscape

A number of providers of healthcare analytics are increasingly focused on offering scalable solutions that can adapt to advancements in technology, as well as human expertise and skills in healthcare organizations. Key players are adopting various market strategies to enhance their market presence, which has led to many recent developments.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Deliverables
  • 1.2 Study Assumptions
  • 1.3 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Technological Advancements and Favorable Governemnt Initiatives
    • 4.2.2 Emergence of Big Data in the Healthcare Industry
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Cost and Complexity of Software
    • 4.3.2 Data Integrity and Privacy Concerns
    • 4.3.3 Lack of Proper Skilled Labors
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Technology Type
    • 5.1.1 Predictive Analytics
    • 5.1.2 Prescriptive Analytics
    • 5.1.3 Descriptive Analytics
  • 5.2 Application
    • 5.2.1 Clinical Data Analytics
    • 5.2.2 Financial Data Analytics
    • 5.2.3 Administrative Data Analytics
  • 5.3 Product
    • 5.3.1 Hardware
    • 5.3.2 Software
    • 5.3.3 Service
  • 5.4 Mode of Delivery
    • 5.4.1 On-premise Model
    • 5.4.2 Cloud-based Model
  • 5.5 End User
    • 5.5.1 Healthcare Provider
    • 5.5.2 Pharmaceutical Industry
    • 5.5.3 Biotechnology Industry
    • 5.5.4 Academic Organization
  • 5.6 Geography
    • 5.6.1 North America
      • 5.6.1.1 United States
      • 5.6.1.2 Canada
      • 5.6.1.3 Mexico
    • 5.6.2 Europe
      • 5.6.2.1 Germany
      • 5.6.2.2 United Kingdom
      • 5.6.2.3 France
      • 5.6.2.4 Italy
      • 5.6.2.5 Spain
      • 5.6.2.6 Rest of Europe
    • 5.6.3 Asia-Pacific
      • 5.6.3.1 China
      • 5.6.3.2 Japan
      • 5.6.3.3 India
      • 5.6.3.4 Australia
      • 5.6.3.5 South Korea
      • 5.6.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.6.4 Middle-East and Africa
      • 5.6.4.1 GCC
      • 5.6.4.2 South Africa
      • 5.6.4.3 Rest of Middle-East and Africa
    • 5.6.5 South America
      • 5.6.5.1 Brazil
      • 5.6.5.2 Argentina
      • 5.6.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 3M Company
    • 6.1.2 Allscripts Healthcare Solutions
    • 6.1.3 Cerner Corporation
    • 6.1.4 Digital Reasoning Systems Inc.
    • 6.1.5 Information Builders Inc.
    • 6.1.6 International Business Machines Corporation (IBM)
    • 6.1.7 IQVIA
    • 6.1.8 Mckesson Corporation
    • 6.1.9 MedeAnalytics Inc.
    • 6.1.10 Optum Inc.
    • 6.1.11 Oracle Corporation
    • 6.1.12 Koninklijke Philips NV

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS