市場調査レポート
商品コード
391711

カーボンブラック市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年 - 2027年)

Carbon Black Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 80 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=136.25円
カーボンブラック市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年 - 2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 80 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

2020年のカーボンブラック市場は154億9532万米ドルで、予測期間(2021-2026年)には約5.15%のCAGRで推移すると予測されています。タイヤと工業用ゴム製品の用途セグメントが市場を独占しており、予測期間中も成長が見込まれています。カーボンブラックは、タイヤの機械的および動的特性に影響を与えるため、タイヤ産業で頻繁に使用されている補強材の1つです。

2020年前半にCOVID-19が発生したことで、タイヤ・ゴム業界は大きな影響を受けています。様々なタイヤ・ゴムメーカーが、発生した損失に対処するために製造工場を閉鎖しています。例えば、ブリヂストンは2020年4月、コロナウイルス大流行時の需要減少により、日本の11工場を停止することを発表しました。

主なハイライト

  • 短期的には、繊維産業および繊維産業における用途の拡大が、調査対象市場の主な推進要因です。
  • 電気自動車や自動運転車の普及が、今後の機会として作用すると思われます。
  • アジア太平洋地域が世界市場を独占し、中国やインドなどの国々が最大の消費地となっています。

主な市場動向

タイヤと工業用ゴム製品の用途の増加

  • タイヤと工業用ゴム製品の用途は、カーボンブラック市場の最大の用途分野であり、市場シェアの約75%を占めています。
  • カーボンブラックは、自動車用タイヤに使用されています。充填材としてだけでなく、強化補強剤としても使用されています。
  • カーボンブラックは、タイヤの機械的および動的特性に影響を与えるため、タイヤ産業で頻繁に使用される補強剤の1つです。タイヤの性能特性をカスタマイズするために、様々な種類のゴムと一緒に様々な配合で使用されています。
  • IRSG(国際ゴム研究会)によると、2019年の世界のタイヤ生産量は1680万トンに達しました。さらに、世界のタイヤ産業総量は、2019年の23億6000万本から2024年には27億5000万本に達すると予測されています。
  • COVID-19の影響を考慮すると、世界のタイヤ産業は2021年に少し回復し、2022年から大きく回復すると予想されます。
  • タイヤ以外では、コンベヤベルト、ガスケット、空気ばね、グロメット、防振装置、ホースなど、さまざまな成形・押出の工業用ゴム製品に必要とされます。このような製品に曲げ強度を与えます。
  • 上記のような要因から、カーボンブラックの市場は2020年以降の予測期間中に成長すると予測されています。

アジア太平洋地域では中国が市場を独占

  • 中国は、世界のカーボンブラック生産量の40%以上を占めています。また、中国は世界最大のカーボンブラック輸出国でもあります。カーボンブラックの主な原料はコールタールで、その他のカーボンブラック原料にはスラリーオイルやエチレンタールが含まれます。
  • 中国におけるカーボンブラックの価格は、中国政府の環境保護キャンペーンの強化による工場の大規模な操業停止に伴う供給不足により、ここ数年急騰しています。
  • カーボンブラックの現地トップメーカーには、江西黒猫、龍興化学、山西永東化学、山西安倫化学、遼浜カーボンブラック、山西三強新能源技術、蘇州宝華カーボンブラック、山東金能技術、山東NSTカーボンブラック、クラウド南クラウド偉飛虎化学、曲進宗義化学、山東ベスト化学が含まれます。
  • 同国のタイヤ生産は、最大の需要牽引役としてカーボンブラック市場に深い影響を及ぼしています。
  • 同国では2025年までに、乗用車用ラジアルタイヤ5億2700万本、トラック・バス用ラジアルタイヤ1億4800万本、バイアストラック用タイヤ2900万本、特大産業用タイヤ2万本、農業用タイヤ1200万本、航空機用タイヤ5万4000本など、年間7億400万本のタイヤを生産すると予測されています。さらに、中国は2025年までに年間1億2,070万本のオートバイ用タイヤと4億2,000万本の自転車用タイヤを生産する予定です。
  • 国内消費の落ち込みとは別に、米国とEUの反ダンピング関税も大きな影を落としており、中国のタイヤの40%以上がこの2つの市場に輸出されています。
  • 中国のプラスチック産業は世界最大の産業であり、世界の生産量の30%近くを占めています。
  • COVID-19は、同国のカーボンブラックにとって問題のある状況を提示してきました。しかし、現在では状況は改善され、予測期間中に市場が回復する可能性が高まっています。

競合情勢

カーボンブラック市場は統合された市場であり、トップ企業7社で市場シェアの約57%を占めています。カーボンブラック市場の主要企業は、Cabot Corporation、Birla Carbon、Orion Engineered Carbons SA、Jiangxi Black Cat Carbon Black、Tokai Carbon、およびChina Synthetic Rubber Corporationです。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 促進要因
    • 繊維産業におけるアプリケーションの拡大
    • スペシャルティブラックの市場浸透の増加
  • 抑制要因
    • 自動車産業の衰退
    • 代替品の入手可能性
    • COVID-19のパンデミックの影響
  • 産業バリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競合の度合い
  • 貿易分析
  • 技術情勢

第5章 市場セグメンテーション

  • プロセスタイプ
    • ファーネスブラック
    • ガスブラック
    • ランプブラック
    • サーマルブラック
  • 用途
    • タイヤ、工業用ゴム製品
    • プラスチック
      • フィルム・シート
      • 圧力パイプ
      • 成型部品
    • トナー・印刷インキ
    • 塗料・コーティング剤
    • 繊維
      • ナイロン
      • ポリエステル
      • アクリル
    • その他の用途
  • 地域別
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • イタリア
      • フランス
      • その他欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米地域
    • 中東・アフリカ地域
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ共和国
      • アラブ首長国連邦
      • その他中東・アフリカ地域

第6章 競合情勢

  • M&A、ジョイントベンチャー、提携、契約
  • 市場シェア分析
  • 主要なプレーヤーが採用する戦略
  • 企業プロファイル
    • Asahi Carbon Co. Ltd
    • Birla Carbon(Aditya Birla Group)
    • Cabot Corporation
    • Tokai Carbon Co. Ltd
    • International CSRC Investment Holdings Co. Ltd
    • Abu Dhabi National Oil Company
    • Himadri Speciality Chemical Ltd
    • Imerys Graphite & Carbon
    • Jiangxi Black Cat Carbon Black Co. Ltd
    • Kemipex
    • Longxing Chemical Stock Co. Ltd
    • Mitsubishi Chemical Corporation
    • NNPC
    • OCI Company Ltd
    • Omsk Carbon Group
    • Orion Engineered Carbons GmbH
    • Phillips Carbon Black Limited

第7章 市場機会と今後の動向

  • 電気自動車と自動運転車の普及が進む
目次
Product Code: 53539

The carbon black market was valued at USD 15,495.32 million in 2020, and the market is projected to register a CAGR of around 5.15% during the forecast period (2021-2026). The tires and industrial rubber products application segment dominated the market, and it is expected to grow during the forecast period. Carbon black is one of the reinforces that is frequently used in the tire industry, owing to its effect on the mechanical and dynamic properties of tires.

With the COVID-19 outbreak in the first half of 2020, the tire and rubber industry has been significantly affected. Various tire and rubber manufacturers have shut down manufacturing plants to cope with the losses that occurred. For instance, Bridgestone announced in April 2020 to suspend 11 of its Japanese plants due to the dwindling demand during the coronavirus pandemic.

Key Highlights

  • In the short term, the major factors driving the market studied are growing applications in the fiber and textile industries.
  • Growth in the adoption of electric cars and self-driving cars is likely to act as an opportunity in the future.
  • Asia-Pacific dominated the market across the world, with the largest consumption from the countries, such as China and India.

Key Market Trends

Increasing Application of Tires and Industrial Rubber Products

  • The tires and industrial rubber products application is the largest application segment of the carbon black market, with around 75% of the market share.
  • Carbon black is used in the tires of automotive vehicles. It is used as a filler as well as a strengthening reinforcing agent.
  • Carbon black is one of the reinforces that is frequently used in the tire industry, owing to its effect on the mechanical and dynamic properties of tires. It is used in various formulations with different rubber types to customize the performance properties of tires.
  • According to IRSG (International Rubber Study Group), the global tire production volume reached 16.8 million metric ton in 2019. Moreover, the total global tire industry volume is expected to reach 2.75 billion units by 2024 from 2.36 billion units in 2019.
  • Considering the impact of COVID-19, the global tires industry is expected to witness little recovery in 2021, with significant recovery starting in 2022.
  • Other than tires, it is also required for various molded and extruded industrial rubber products, such as conveyor belts, gaskets, air springs, grommets, vibration isolation devices, and hoses. It provides flex strength in such products.
  • Owing to all the above-mentioned factors, the market for carbon black is projected to grow post-2020 during the forecast period.

China to Dominate the Market in the Asia-Pacific Region

  • China contributes more than 40% of the global carbon black production. China is also the global largest exporter of carbon black. The primary carbon black feedstock is coal tar, and other carbon black feedstocks include slurry oil and ethylene tar.
  • Carbon black prices in China have surged in the recent past due to a supply shortage amid massive plant shutdowns caused by the Chinese government's intensifying environmental protection campaign.
  • The top local manufacturers of carbon black include Jiangxi Black Cat, Longxing Chemicals, Shanxi Yongdong Chemicals, Shanxi Anlun Chemicals, Liaobin Carbon Black, Shanxi Sanqiang New Energy Technology Co. Ltd, Suzhou Baohua Carbon Black, Shandong Jinneng Technology, Shandong NST Carbon Black, Yunan Yunwei Feihu Chemicals, Qujin Zongyi Chemicals, and Shandong Best Chemicals.
  • Tire production in the country has a deep impact on the carbon black market, as it is the largest demand puller.
  • The country is projected to produce 704 million tires per year by 2025, including 527 million passenger radial tires, 148 million truck/bus radial tires, 29 million bias truck tires, 20,000 extra-large industrial tires, 12 million agricultural tires, and 54,000 aircraft tires. In addition, China will produce 120.7 million motorcycle tires and 420 million bicycle tires annually by 2025.
  • Apart from the drop in domestic consumption, the US and EU anti-dumping tariffs also are casting heavy shadows, as more than 40% of China's tires are exported to the two markets.
  • The plastics industry in China is the world's largest, accounting for nearly 30% of global production.
  • The COVID-19 has presented a problematic situation for carbon black in the country. However, the condition is better now, which concreted the probability of market recovery over the forecast period.

Competitive Landscape

The carbon black market is a consolidated market, where the top seven players contribute to about 57% of the market share. The major companies for the carbon black market include Cabot Corporation, Birla Carbon, Orion Engineered Carbons SA, Jiangxi Black Cat Carbon Black Co. Ltd, Tokai Carbon Co. Ltd, and China Synthetic Rubber Corporation.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Growing Application in the Fiber and Textile Industries
    • 4.1.2 Increasing Market Penetration of Specialty Black
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 Declining Automotive Industry
    • 4.2.2 Availability of Substitutes
    • 4.2.3 Impact of the COVID-19 Pandemic
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition
  • 4.5 Trade Analysis
  • 4.6 Technology Landscape

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Process Type
    • 5.1.1 Furnace Black
    • 5.1.2 Gas Black
    • 5.1.3 Lamp Black
    • 5.1.4 Thermal Black
  • 5.2 Application
    • 5.2.1 Tires and Industrial Rubber Products
    • 5.2.2 Plastics
      • 5.2.2.1 Films and Sheets
      • 5.2.2.2 Pressure Pipes
      • 5.2.2.3 Molded Parts
    • 5.2.3 Toners and Printing Inks
    • 5.2.4 Paints and Coatings
    • 5.2.5 Textile Fibers
      • 5.2.5.1 Nylon
      • 5.2.5.2 Polyester
      • 5.2.5.3 Acrylic
    • 5.2.6 Other Applications
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 Asia-Pacific
      • 5.3.1.1 China
      • 5.3.1.2 India
      • 5.3.1.3 Japan
      • 5.3.1.4 South Korea
      • 5.3.1.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.2 North America
      • 5.3.2.1 United States
      • 5.3.2.2 Canada
      • 5.3.2.3 Mexico
    • 5.3.3 Europe
      • 5.3.3.1 Germany
      • 5.3.3.2 United Kingdom
      • 5.3.3.3 Italy
      • 5.3.3.4 France
      • 5.3.3.5 Rest of Europe
    • 5.3.4 South America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Argentina
      • 5.3.4.3 Rest of South America
    • 5.3.5 Middle-East and Africa
      • 5.3.5.1 Saudi Arabia
      • 5.3.5.2 South Africa
      • 5.3.5.3 United Arab Emirates
      • 5.3.5.4 Rest of Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Share Analysis
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 Asahi Carbon Co. Ltd
    • 6.4.2 Birla Carbon (Aditya Birla Group)
    • 6.4.3 Cabot Corporation
    • 6.4.4 Tokai Carbon Co. Ltd
    • 6.4.5 International CSRC Investment Holdings Co. Ltd
    • 6.4.6 Abu Dhabi National Oil Company
    • 6.4.7 Himadri Speciality Chemical Ltd
    • 6.4.8 Imerys Graphite & Carbon
    • 6.4.9 Jiangxi Black Cat Carbon Black Co. Ltd
    • 6.4.10 Kemipex
    • 6.4.11 Longxing Chemical Stock Co. Ltd
    • 6.4.12 Mitsubishi Chemical Corporation
    • 6.4.13 NNPC
    • 6.4.14 OCI Company Ltd
    • 6.4.15 Omsk Carbon Group
    • 6.4.16 Orion Engineered Carbons GmbH
    • 6.4.17 Phillips Carbon Black Limited

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Growth in the Adoption of Electric Cars and Self-driving Cars