表紙:生物学的防除の市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)
市場調査レポート
商品コード
389252

生物学的防除の市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)

Biological Control Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 134 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=135.89円
生物学的防除の市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 134 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

生物学的防除市場は、予測期間(2021年~2026年)に14.7%のCAGRで推移すると予測されています。COVID-19のパンデミックは、生物学的制御市場にマイナスの影響を及ぼしています。世界のロックダウンや渡航制限により、市場における生物学的防除剤の入手しやすさと可用性が低下しています。労働力不足、原材料の不足、輸送の遅れや不足により、生産効率が制約されています。有機栽培面積の増加、規制の緩和、食糧安全保障のニーズの高まりは、生物製剤の販売を後押しする数少ない主要な市場促進要因となっています。しかし、製品の保存期間が短いことや、農家の意識が低いことが、市場の成長を抑制する可能性があります。微生物が市場で最大のシェアを占め、2019年には約65.0%を占めています。種子処理、オンフィールド、ポストハーベスト用途など、様々な用途で微生物の使用が増加しているため、微生物がより速い速度で成長すると予測されます。北米と欧州の農家による生物的防除の採用率がより速いため、両地域は生物的防除の主要市場として機能しています。生物学的防除の世界市場は、製品登録が容易で資本投資が少なく、新規参入が容易なことから、予測期間中は断片的な市場になると予想されます。

主な市場動向

有機農業の増加

有機農業は、食品業界の中でもユニークで急成長している分野です。生物農薬の成長には、さまざまな要因が交互に作用し、成長を阻害しています。有機農法の栽培面積は世界中で急速に拡大しています。FiBLの統計によると、世界全体の有機栽培面積は2016年に5810万ヘクタールでしたが、24.4%増加し、2019年には7230万ヘクタールに達します。合成農薬よりも害が少ないこと、鳥や昆虫、哺乳類など他の生物に害を及ぼす可能性のある広域スペクトル型の従来型農薬に対して、微生物農薬は通常、対象の害虫とそれに近接する生物のみに影響を及ぼします。また、再投入の間隔や収穫後の間隔が短いなど、取り扱いが容易なことも、既存の合成農薬やその使用に関する制限に代わるものとして、生物農薬の採用を後押ししています。同様に、生物学的防除製品の分野における技術革新と、合成農薬の悪影響に関する消費者の意識の高まりが、近い将来、生物学的防除剤の採用率を押し上げると予想されます。

北米が生物学的防除市場を独占

2019年時点では、北米が生物的防除市場の約37.0%のシェアを占め、市場を独占しています。北米では、利用可能な耕作地が豊富であることから、米国が約半分のシェアを占め、最大の市場となっています。有機表示製品への関心の高まりや微生物農薬の効率性に関する認識が、北米の市場を牽引しています。農業が高度に発展している米国では、最近、自然農法や有機農法への適応が進んでいます。そのため、生物学的防除製品の消費は、そこでの成長動向となっています。化学物質の投入コストの増加、土壌量や環境への悪影響、バランスのとれた植物栄養に関する意識の高まりが、同国における市場需要を促進する主な要因となっています。カナダにおける生物的防除製品の需要は、慣行農業、農薬の化粧品使用を規制する自治体や州の最近の法改正、リスクの低い害虫駆除製品の法制化とそれに伴う普及活動が大きな要因となっています。また、農薬のコストが上昇していることも、生物学的防除製品の高い使用率につながっています。

競合情勢

生物的防除市場は断片的な市場であり、さまざまな小規模および地域的プレーヤーが活動しています。市場シェアの優位性という点では、サーティスがかなりのシェアを占めており、次いでBASFと住友商事がそれぞれ2位と3位を占めています。これらのプレイヤーの市場シェアが高いのは、高度に多様化した製品ポートフォリオに起因していると考えられます。大手企業は予測期間中に大きな市場シェアを獲得するため、M&Aに注力しています。

追加のメリット

  • 市場予測(ME)シート(Excel形式
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
  • 市場の抑制要因
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • 種類
    • 微生物
      • 細菌
      • ウイルス
      • 菌類
    • マクロビ
      • 寄生虫
      • 捕食者
    • 昆虫病原性線虫
  • 対象害虫
    • 節足動物
    • 雑草
    • 微生物
  • 適用
    • 種子処理
    • オンフィールド
    • ポストハーベスト
  • 作物への適用
    • 穀物および穀類
    • 油糧種子および豆類
    • 果実と野菜
    • その他の作物
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
      • その他北米地域
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • スペイン
      • イタリア
      • ロシア
      • その他
    • 北アメリカ
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • その他アジア太平洋地域
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他
    • その他の地域
      • 南アフリカ共和国
      • その他の国

第6章 競合情勢

  • 最も採用されている戦略
  • 市場シェア分析
  • 企業プロファイル
    • BASF SE
    • Bayer CropScience
    • Corteva Agriscience
    • UPL
    • Syngenta Ag
    • Koppert BV
    • Brettyoung(Lallemand)
    • Certis USA LLC
    • Chr. Hansen
    • Marrone Bio Innovations
    • Symbiota
    • Precision Laboratories LLC
    • Verdesian Life Sciences LLC
    • Valent Biosciences Corporation(Sumitomo Chemical Company Limited)
    • IsAgro

第7章 市場機会と将来動向

第8章 COVID-19の市場への影響評価

目次
Product Code: 50344

The biological control market is projected to register a CAGR of 14.7% during the forecast period (2021 - 2026). The COVID-19 pandemic has had a negative impact on the biological control market. The global lockdowns and restrictions on travel have decreased the accessibility and availability of biological control agents in the market. The production efficiency is constricted due to shortage of labor, scarce availability of raw materials, and slow or lack of transportation. The increasing area under organic cultivation, less stringent regulations, and increasing need for food security are the few major market drivers that are boosting the sale of biologicals. However, the lower shelf life of the product and low awareness among the farmers are likely to restrain the market growth. Microbials hold the largest share in the market, accounting for around 65.0% in 2019. Microbials are projected to grow at a faster rate due to the increasing use of microbials in various applications, such as seed treatment, on-field, and post-harvest applications. Owing to the faster adoption rate of biological controls by North American and European farmers, both regions act as the major markets for biological controls. The global biological control market is expected to be a fragmented market during the forecast period due to the easy product registration and low capital investment, making it easy for a new entrant to enter the market.

Key Market Trends

Increasing Organic Farming

Organic farming represents a unique, fast-growing segment of the food industry. Various factors alternately drive and inhibit the growth of biopesticides. The area under organic farming is rapidly growing across the globe. According to FiBL statistics, the area under organic cultivation across the world was 58.1 million hectares in 2016, which increased by 24.4% and reached 72.3 million hectares in 2019. Being less harmful than synthetic pesticides, microbial pesticides typically affect only the target pest and other organisms closely related to it, as against broad-spectrum conventional pesticides, which can be harmful to other organisms, such as birds, insects, and mammals. Ease of handling attributes like low-to-no re-entry intervals and post-harvest intervals also drive the adoption of biopesticides, mainly by serving as a stark alternative to existing synthetic options and restrictions over their usage. Similarly, innovations in the area of biological control products, coupled with a growing consumer awareness about the negative impact of synthetic pesticides, are expected to boost the adoption rate of biological controls in the near future.

North America Dominates the Biological Control Market

North America dominated the market as of 2019, with around 37.0% share of the biological control market. In North America, the United States holds the largest market, with around half of the North American market, owing to the plenty of available arable lands. Rising concerns over organic labeled products and awareness of microbial pesticides efficiency have driven the market in North America. The United States, with its highly evolved agricultural sector, has been adapting to the natural and organic way of farming lately. Therefore, biological control product consumption is a growing trend there. The increasing cost of chemical inputs, their adverse effect on soil mass and the environment, and the increasing awareness regarding balanced plant nutrition are the major factors driving the market demand in the country. The demand for biological control products in Canada is largely driven by conventional agriculture, recent changes to municipal and provincial laws governing cosmetic use of pesticides, and legislation and ensuing promotion for lower-risk pest control products. The rise in the cost of pesticides, which also has, in turn, led to the high usage of biological control products.

Competitive Landscape

The biological control market is a fragmented market with the presence of various small and regional players operating in the market. In terms of market share dominance, Certis accounted for a substantial market share, followed by BASF and Sumitomo Corporation, which have a second and third-largest market share, respectively. The greater market share of these players can be attributed to a highly diversified product portfolio. The major players are focusing on mergers and acquisitions to acquire a large market share during the forecast period.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
  • 4.3 Market Restraints
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Type
    • 5.1.1 Microbials
      • 5.1.1.1 Bacteria
      • 5.1.1.2 Viruses
      • 5.1.1.3 Fungi
    • 5.1.2 Macrobials
      • 5.1.2.1 Parasitoids
      • 5.1.2.2 Predators
    • 5.1.3 Entomopathogenic Nematodes
  • 5.2 Target Pest
    • 5.2.1 Arthropods
    • 5.2.2 Weeds
    • 5.2.3 Microorganisms
  • 5.3 Application
    • 5.3.1 Seed Treatment
    • 5.3.2 On-field
    • 5.3.3 Post Harvest
  • 5.4 Crop Application
    • 5.4.1 Grains and Cereals
    • 5.4.2 Oilseeds and Pulses
    • 5.4.3 Fruits and Vegetables
    • 5.4.4 Other Crop Applications
  • 5.5 Geography
    • 5.5.1 North America
      • 5.5.1.1 United States
      • 5.5.1.2 Canada
      • 5.5.1.3 Mexico
      • 5.5.1.4 Rest of North America
    • 5.5.2 Europe
      • 5.5.2.1 Germany
      • 5.5.2.2 United Kingdom
      • 5.5.2.3 France
      • 5.5.2.4 Spain
      • 5.5.2.5 Italy
      • 5.5.2.6 Russia
      • 5.5.2.7 Rest of Europe
    • 5.5.3 North America
      • 5.5.3.1 China
      • 5.5.3.2 Japan
      • 5.5.3.3 India
      • 5.5.3.4 Australia
      • 5.5.3.5 Rest of Asia Pacific
    • 5.5.4 South America
      • 5.5.4.1 Brazil
      • 5.5.4.2 Argentina
      • 5.5.4.3 Rest of South America
    • 5.5.5 Rest of the World
      • 5.5.5.1 South Africa
      • 5.5.5.2 Other Countries

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Most Adopted Strategies
  • 6.2 Market Share Analysis
  • 6.3 Company Profiles
    • 6.3.1 BASF SE
    • 6.3.2 Bayer CropScience
    • 6.3.3 Corteva Agriscience
    • 6.3.4 UPL
    • 6.3.5 Syngenta Ag
    • 6.3.6 Koppert BV
    • 6.3.7 Brettyoung (Lallemand)
    • 6.3.8 Certis USA LLC
    • 6.3.9 Chr. Hansen
    • 6.3.10 Marrone Bio Innovations
    • 6.3.11 Symbiota
    • 6.3.12 Precision Laboratories LLC
    • 6.3.13 Verdesian Life Sciences LLC
    • 6.3.14 Valent Biosciences Corporation (Sumitomo Chemical Company Limited)
    • 6.3.15 IsAgro

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

8 AN ASSESSMENT OF COVID-19 IMPACT ON THE MARKET