デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1445662

顧客情報システム: 市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Customer Information System - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 123 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=154.36円
顧客情報システム: 市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 123 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

顧客情報システム(CIS)市場規模は、2024年に15億5,000万米ドルと推定され、2029年までに28億6,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に12.99%のCAGRで成長します。

顧客情報システム-市場

顧客情報システム(CIS)の導入が進んでいるのは、顧客満足度がますます重視されているためです。企業は、CRMソリューションをユーザー定義フィールドを備えた動的なデータベースに効果的に統合できる一連のソリューションを目指して移行しています。

主なハイライト

  • 企業は、顧客への応答時間を短縮し、営業担当者に顧客データの完全な履歴と付随文書を提供して、問題をよりよく理解できるようにすることを優先してきました。顧客満足度のテーマの中心となる顧客情報システムは、営業担当者にリアルタイムの顧客データベースデータを提供し、サービス品質の向上につながります。 CISソリューションの統合により、有用な顧客情報に直接アクセスして重複したデータ入力の範囲が排除されるため、問題や問い合わせのフォローアップがより迅速になります。
  • CISソリューションを提供するベンダーの現在の市場動向は、会社名と住所、注文番号、サポートの問題とその解決策など、CRMソフトウェアに追加された文書から抽出された情報の統合が増加していることによって特徴付けられます。 CISシステムは、これらの文書を提案書、契約書、通信、データのコンテキストを提供する電子メールなどの関連情報と統合することで、分析サポートの提供に役立ちます。
  • デジタルテクノロジーにより、電力会社の顧客が製品やサービスとやり取りする方法が変わりました。この公共料金メーターから現金までの公共料金メーターから現金までのプロセスを解決し、コールセンターや自動音声応答(IVR)などを含む複数のクライアント通信チャネルを可能にする、高効率のソリューションとソフトウェアパッケージが必要です。 CISソリューションを使用すると、企業はソフトウェアのニーズに応じて合理化を強制するのではなく、独自の顧客管理のニーズをソフトウェアとシームレスに統合できます。
  • CISは、販売、顧客、企業情報データなどの企業の個人情報を保管します。システムデータの侵害は企業に損害を与え、訴訟に発展したり、ブランドの評判や消費者の信頼に取り返しのつかない損害を与えたりする可能性があります。そのため、多くの企業がこのシステムの導入を躊躇しています。データプライバシー侵害のリスクは市場の成長を制限し、CISベンダーにとって大きな課題となっています。
  • COVID-19の発生により、地域内の組織は従業員と地域社会の安全を確保するために必要なあらゆる措置を講じるよう促されました。ただし、複数の業種で事業を展開している組織は、パンデミックにもかかわらず、市場機会を追求し、販売を完了し、顧客の問題を解決する必要があります。また、在宅勤務の義務化に伴い、企業はこのリモート勤務環境で顧客と協力することがますます求められており、調査対象の市場にプラスの影響をもたらしています。

顧客情報システム(CIS)市場動向

大幅な成長を示す小売業

  • 小売業界における情報システムソリューションは重要な役割を果たしており、計画、在庫管理、予算編成、顧客情報の維持、販売目標管理、POS取引や物流などのさまざまなタスクを実行します。
  • 多くの企業が、手頃な価格を考慮して、あらゆる規模の組織に適したCISソリューションを開発しています。たとえば、2023年 1月には、Info Nobleのソリューションにより、組織の規模に関係なく、セットアップが簡単で使いやすいUIを備えたCRMシステムが低コストで実現されました。
  • 消費者情報管理ソフトウェアは、既存顧客および潜在顧客に関するデータを分析し、企業が顧客をより深く理解し、顧客関係を維持および発展させるのに役立ちます。企業が販売を促進し、顧客をより深く理解できるよう支援するために、顧客関係管理システムは、小売部門で重要な連絡先の詳細、個人情報、販売履歴、顧客とのコミュニケーション、顧客からのフィードバックに関連する情報を収集します。
  • 消費者向け企業の多くは、主に現地のプライバシー法の順守を重視しており、データ管理プログラム全体の強化を犠牲にする可能性があります。顧客データとそのデータを取得して改善するプロセスは、最終的にはB2C企業の中心となります。組織は、コンプライアンスを達成および維持しながら、顧客データの品質と完全性を強化することで、消費者の行動をより深く理解し、特定のセグメントを対象とした新製品やサービスを提供できる可能性があります。
  • データを有意義な知識に変えるために、企業は顧客によってさまざまなシステムをリンクし、ロイヤルティアプリや関連するソーシャルメディアからの非構造化データと構造化データの両方を各個人に関連付ける必要があります。企業は、利用可能なすべてのアクションを1人の消費者に結び付けることで、顧客向けの新鮮な洞察を組み込むための包括的なデータ管理プログラムを確立できます。これは小売業にとって有益であり、小売部門でのCISの導入を促進します。

北米が主要なシェアを握ると予想される

  • 北米はCISソフトウェアの主要な導入国の1つであり、公共事業およびエネルギー分析の主要市場の1つとみなされています。イノベーションに重点を置くことで、主に先進国における研究開発と技術進歩を通じてこの地域の需要が促進されます。
  • さらに、この地域には市場におけるベンダーの強力な足場があります。その中には、IBM Corporation、Oracle Corporation、SAP SEなどが含まれます。カナダと比較した場合、米国は需要の増加において重要な役割を果たしています。この国では、特に石油・ガス、精製、発電部門からの需要が増加しています。
  • ここ数年で、統合システムはCIS as a Service(CaaS)が現実になるまでに成熟しました。 CIS as a Serviceを使用すると、さまざまな利点がすぐに得られます。 CaaSのTCO(総所有コスト)は、従来の実装と比較して少なくとも40%低く、必要なサイズとサービスに応じて、ランニングコストは1メートルあたり月額 1ドルから2ドルになります。たとえば、米国のオハイオ渓谷で市営の公共事業会社であるWiproはCaaSを採用しており、他の水道事業体がインフラストラクチャを共有できるようにするサービスビューローの形式でCaaSを提供する予定です。
  • 米国では、電力会社による無収水削減に改めて注目が集まっているため、スマートメーターに対する大きな需要が高まっています。スマート請求と漏水検出のさらなる利点により、スマートメーターの設置が促進され、調査対象市場の成長を促進すると予想されます。メーターと新たなニーズ(スマートグリッドやスマートシステムなど)により、CISはメーターから現金まで(M2C)プロセス、新製品の開発、供給の最適化に不可欠なものとなっています。また、CISは、AMI(Advanced Metering Infrastructure)によって生成される大量のデータを管理できます。
  • 米国では、NV Energyは、1,310,000台のスマートメーターを導入してAMIを完全に展開した最初の投資家所有の電力会社(IOU)の1つです。米国エネルギー効率経済評議会(ACEEE)によると、これはAMIデータの可能性のほとんどを活用できる数少ない主要 IOUの1つです。最も広く使用されているのは、Bidgleyのエンタープライズデータ分析および非行動的なデマンドサイド管理(DSM)プログラムを通じたオンラインの家庭用エネルギー監査です。

顧客情報システム(CIS)業界の概要

顧客情報システムの市場は半統合されており、主要な市場シェアを所有している企業はほとんどありません。市場で卓越したシェアを持つ大手企業は、地域を越えて顧客ベースを拡大することに注力しています。これらの企業は、戦略的イノベーションと共同イニシアチブを活用して、市場シェアを拡大し、収益性を高めています。

2023年 1月、エネルギー会社AGL Energy(AGL)はMicrosoftと提携し、オーストラリアの厳格な消費者データ権利(CDR)法に従ってAGLが顧客に消費者データ権利サービスを提供できるようにするクラウドベースのデータプラットフォームを提供しました。この動きの結果、消費者はより多くの影響力を持つことになり、AGLが独特の顧客体験を提供する魅力的な追加の機会が生まれるでしょう。

2023年 1月、世界の自然健康および履物企業VIVOBAREFOOTは、Arvato CRM Solutionsとのパートナーシップの恩恵を受け、顧客サービスを向上させ、英国および国際的な成長をサポートします。この契約により、Arvatoは同社と協力して、ブランドの拡大に合わせて拡張できるマルチチャネルカスタマーケアソリューションを開発し、消費者の問い合わせに対して迅速で役立つ回答を提供し続けることになります。

2022年 12月に、ニューヨークおよびPJM市場に参入するエネルギーサプライヤーであるAmeripro Energy Corp.と、公共事業およびエネルギー向けのクラウドベースの顧客エクスペリエンス、SaaS(Software-as-a-Service)ソリューションの大手プロバイダーであるVertexOneが提携します。ビジネスとの提携を発表しました。 VertexOneの顧客情報システム(CIS)プラットフォームVXretailは、EDIトランザクション管理を行うためにAmeripro Energy Corp.によって選択され、顧客サービス、請求、および市場例外のためのプラットフォームであるVXexchangeが顧客サービスを担当します。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力-ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ
  • COVID-19感染症が業界に与える影響の評価

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • 世界の公共料金消費の増加
    • 新興のクラウドおよびIoTテクノロジー
  • 市場の課題
    • 政府による厳格なデータ規制

第6章 市場セグメンテーション

  • 展開別
    • クラウド
    • オンプレミス
  • 構成別
    • 解決
    • サービス
  • エンドユーザー別
    • CRMによるエンドユーザー
      • BFSI
      • 小売り
      • 電気通信
    • CISによるエンドユーザー
      • 水と廃水の管理
      • エネルギーとユーティリティ
      • その他のエンドユーザー
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
    • 中東とアフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Oracle Corporation
    • Fluentgrid Limited
    • IBM Corporation
    • Wipro Limited
    • Cayenta CIS
    • Gentrack Group Limited
    • SAP SE
    • Itineris NV
    • Hydro Comp Enterprises Ltd
    • Open International LLC

第8章 投資分析

第9章 今後の展望

目次
Product Code: 71350

The Customer Information System Market size is estimated at USD 1.55 billion in 2024, and is expected to reach USD 2.86 billion by 2029, growing at a CAGR of 12.99% during the forecast period (2024-2029).

Customer Information System - Market

The growing adoption of a Customer Information System (CIS) is driven by the increasing focus on customer satisfaction. Companies are moving toward a suite of solutions that can effectively integrate CRM solutions into a dynamic database with user-defined fields.

Key Highlights

  • Companies have prioritized decreasing customer response times and providing sales personnel with a full history of the customer data and accompanying documents to help them better understand the problem. Central to the customer satisfaction theme, Customer Information Systems equip sales personnel with real-time customer database data, which leads to an enhanced quality of service. The follow-up of issues and queries becomes faster with the integration of CIS solutions as the scope of duplicate data entries is eliminated with direct access to useful customer information.
  • The current market trends of vendors offering CIS solutions can be characterized by the increasing integration of information extracted from documents added to the CRM software, including company names and addresses, order numbers, and support issues and their resolution. The CIS systems help with providing analytical support by integrating these documents with related information like proposals, contracts, correspondence, and emails that provide the context for that data.
  • Digital technology has changed the way utility customers interact with products and services. There is a need for highly efficient solutions and software packages to resolve this utility meter-to-cash utility meter-to-cash process and enable several client communications channels, including call centers, interactive voice responses (IVRs), and others. CIS solutions allow companies to seamlessly integrate their unique customer management needs with the software rather than compelling companies to streamline according to the software needs.
  • CIS stores the companies' private information, including sales, customer, and corporate intelligence data. A system data breach could be detrimental to the company, resulting in lawsuits or irrevocable harm to its brand's reputation and consumer trust. Many companies are hesitant to adopt the system as a result. The risk of data privacy violations is restricting market growth and providing a significant challenge for CIS vendors.
  • The outbreak of COVID-19 prompted organizations across the region to undertake all the necessary steps to ensure the safety of their employees and the community. However, organizations operating in multiple verticals must pursue market opportunities, close sales, and resolve customer issues despite the pandemic. Also, following the mandate of working from home, companies have increasingly been required to collaborate with their clients in this remote working environment, which has created a positive impact on the studied market.

Customer Information System (CIS) Market Trends

Retail to Witness Significant Growth

  • Information system solutions in the retail sector play a vital role and perform a variety of tasks, including planning, inventory control, budgeting, maintaining customer information and sales targets management, as well as point-of-sale transactions and logistics.
  • Many companies are developing their CIS solutions suitable for organizations of any size with a consideration of affordable pricing. For instance, in January 2023, Info Noble's solution made a CRM system at a low cost, with ease of setup, and with a user-friendly UI for organizations irrespective of their sizes.
  • Consumer information management software analyses data about existing and potential customers to help a firm better understand the client to keep and grow customer relationships. To assist businesses in driving sales and obtaining a better understanding of their customers, customer relationship management systems collect information related to contact details, personal information, sales history, customer communication, and customer feedback, which are important in the retail sector.
  • Many consumer-oriented businesses are primarily concerned with adhering to local privacy laws, which may come at the expense of enhancing their entire data management program. Customer data and the process of acquiring and improving that data are ultimately at the heart of B2C firms. Organizations may better understand consumers' behaviors and target new products and services to specific segments by enhancing the quality and completeness of their customer data, all while achieving and maintaining compliance.
  • To turn the data into meaningful knowledge, the company must link the various systems together by the customer and associate both unstructured and structured data from the loyalty app and any related social media with each individual. A business can establish a comprehensive data management program to incorporate fresh insights for its customers by tying all available actions to a single consumer, which would be beneficial for retail businesses and driving the adoption of CIS in the retail sector.

North America is Expected to Hold Major Share

  • North America is one of the major adopters of CIS software and is considered to be one of the leading markets for utility and energy analytics. A higher focus on innovations mainly drives the demand in the region through R&D and technology advancement in developed economies.
  • Moreover, the region has a strong foothold of vendors in the market. Some of them include IBM Corporation, Oracle Corporation, and SAP SE, among others. The United States plays a crucial role in increasing the demand when compared to Canada. The country has increased demand, especially from oil and gas, refining, and power generation segments.
  • Over the last few years, integrated systems have matured to the point where CIS as a Service (CaaS) has become a reality. The advantages of using CIS as a Service are varied and immediate. The TCO (total cost of ownership) for CaaS, as compared with traditional implementations, is at least 40% lower, and the run cost can be between USD 1 and USD 2 per meter per month, depending on the size and services needed. For example, Wipro, a municipally owned and operated utility in the Ohio Valley of the USA, has adopted CaaS and planning to offer it in the form of a Service Bureau that allows other water utilities to share the infrastructure.
  • In the United States, there is a huge demand for smart metering due to the renewed focus on the reduction of NRW by the utilities. The added advantages of smart billing and leak detection have spurred the installation of smart meters, which is expected to drive the growth of the studied market. With metering and newer needs (from smart grids and smart systems, etc.), CIS has become essential to the meter-to-cash (M2C) process, to the creation of new products, and to optimizing supply. Also, CIS can be able to manage the large volume of data generated by AMI (Advanced Metering Infrastructure).
  • In the United States, NV Energy was one of the first investor-owned utilities (IOUs) to fully roll out AMI with its 1,310,000 smart meter deployment. It is one of the few major IOUs working with most of AMI data's potential, according to the American Council for an Energy-Efficient Economy (ACEEE). The widest use is for online home energy audits through Bidgley's enterprise data analytics and non-behavioral demand-side management (DSM) programs.

Customer Information System (CIS) Industry Overview

The market for the customer information system is semi-consolidated, as few players own a major market share. The major players with a prominent share in the market are focusing on expanding their customer base across regions. These companies are leveraging strategic innovations and collaborative initiatives to increase their market share and increase their profitability.

In January 2023, Energy company AGL Energy (AGL) partnered with Microsoft to offer a cloud-powered data platform that enables AGL to provide Consumer Data Rights services to clients in accordance with the strict Consumer Data Rights (CDR) legislation of Australia. Consumers would have more leverage as a result of this move, and fascinating additional opportunities would arise for AGL to offer distinctive customer experiences.

In January 2023, The global natural health and footwear company VIVOBAREFOOT would benefit from a partnership with Arvato CRM Solutions that would improve customer service and support its growth in the UK and internationally. In this agreement, Arvato would collaborate with the company to develop multichannel customer care solutions that scale with the brand as it expands and continue to offer prompt, helpful responses to consumer inquiries.

In December 2022, Ameripro Energy Corp., an energy supplier entering the New York and PJM markets, and VertexOne, the leading provider of cloud-based, customer experience, software-as-a-service (SaaS) solutions for the utility and energy business, announced their partnerships. The customer information system (CIS) platform VXretail from VertexOne has been selected by Ameripro Energy Corp. to conduct EDI transaction management, while VXexchange, a platform for customer service, billing, and market exceptions, would handle customer service.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Threat of Substitutes
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Assessment of the Impact of COVID-19 on the Industry

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Growing Global Utility Consumption
    • 5.1.2 Emerging Cloud and IoT Technologies
  • 5.2 Market Challenges
    • 5.2.1 Stringent Government Data Regulations

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Deployment
    • 6.1.1 Cloud
    • 6.1.2 On-Premises
  • 6.2 By Component
    • 6.2.1 Solution
    • 6.2.2 Services
  • 6.3 By End-User
    • 6.3.1 End-User by CRM
      • 6.3.1.1 BFSI
      • 6.3.1.2 Retail
      • 6.3.1.3 Telecommunications
    • 6.3.2 End-User by CIS
      • 6.3.2.1 Water and Wastewater Management
      • 6.3.2.2 Energy and Utility
      • 6.3.2.3 Other End-Users
  • 6.4 By Region
    • 6.4.1 North America
    • 6.4.2 Europe
    • 6.4.3 Asia Pacific
    • 6.4.4 Latin America
    • 6.4.5 Middle East and Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Oracle Corporation
    • 7.1.2 Fluentgrid Limited
    • 7.1.3 IBM Corporation
    • 7.1.4 Wipro Limited
    • 7.1.5 Cayenta CIS
    • 7.1.6 Gentrack Group Limited
    • 7.1.7 SAP SE
    • 7.1.8 Itineris NV
    • 7.1.9 Hydro Comp Enterprises Ltd
    • 7.1.10 Open International LLC

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 FUTURE OUTLOOK