デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1444797

ウェアラブルセンサー: 市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024年~2029年)

Wearable Sensors - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 140 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.31円
ウェアラブルセンサー: 市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024年~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 140 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

ウェアラブルセンサー市場規模は2024年に43億6,000万米ドルと推定され、2029年までに78億3,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年~2029年)中に12.41%のCAGRで成長します。

ウェアラブルセンサー- 市場

エレクトロニクス業界は、主にデジタル化により大幅に成長し、自己健康監視アプリケーションに広く使用されるウェアラブルテクノロジーデバイスの需要が高まりました。

主なハイライト

  • 歩数や歩行距離などのリアルタイムのモーションセンシングアクティビティの追跡に対する消費者の関心が高まっているため、ウェアラブルデバイスにとってウェアラブルセンサーは非常に重要です。ユーザーは、生成されたデータの分析によって提供される具体的な結果を使用して、フィットネスと健康の目標を定義できます。ウェアラブル技術はセンサーに完全に依存して消費者の健康とデータを監視し、有意義な意思決定を支援します。進化するセンサー技術により、ウェアラブルはスマートになり、消費者の間で人気が高まっています。
  • 家庭用電化製品への支出もウェアラブルデバイスの成長を刺激しています。さらに、人口増加による都市化の進行とライフスタイルの変化により、健康と安全への意識が高まっています。これは、フィットネストラッカー、イヤーウェア、スマートウォッチなどのウェアラブルデバイスの成長を刺激する主な要因となっています。
  • センサーと関連コンポーネントの小型化が進む中、スマートウェアラブルの高度な機能センサーの成長、バッテリーサイズの改善、効率がウェアラブルモーションセンサー市場を押し上げる主要な原動力となっています。
  • 消費者のスマートウェアラブルへの傾向の高まりに伴い、コンポーネントのコストの上昇に伴いデバイスの価格も高騰しており、市場での採用が制限されています。スマートウォッチとフィットネストラッカーには、消費者から大きな注目を集める低コストのセグメントがあります。しかし、テクノロジーの普及に伴い、履物、眼鏡、ボディウェア製品などの他のデバイスの価格が高くなり、普及率が低くなりました。現在、ウェアラブルテクノロジーのほとんどは価格が高く、市場での採用に悪影響を及ぼしています。
  • COVID-19のパンデミックはウェアラブルセンサー市場に好影響を与え、患者の遠隔監視にデジタルインフラを活用する必要性を浮き彫りにしました。現在のウイルス検査やワクチンの開発には時間がかかるため、ウェアラブルセンサーは病気の検出や個人や集団の健康状態の追跡に役立つ可能性があります。

ウェアラブルセンサー市場動向

スポーツおよびフィットネス部門が主要な市場シェアを維持

  • ウェルネスモニターやフィットネストラッカーに対する需要の高まりは、世界のウェアラブルセンサーの出荷数の増加を促進する重要な要因です。健康やフィットネスの遠隔監視など、センサーベースのデバイスが提供する機能を消費者がより認識するようになるにつれて、センサーベースのデバイスの需要が世界的に増加しています。 Cisco Systemsによると、2022年にウェアラブルデバイスを使用して行われた5G接続が最も多かったのは北米でした。北米とアジアを合わせると、2022年の世界中のウェアラブル5G接続の約70%を占めました。
  • ウェアラブルパフォーマンスデバイスは、一般の人々やスポーツチームに広く利用されています。テクノロジーの進歩により、個々の持久系アスリート、スポーツチーム、医師は、機能的な動作、負荷、生体認証マーカーを監視してパフォーマンスを向上できるようになりました。成長の加速が市場を牽引しています。
  • テクノロジー企業は、スポーツチーム向けのウェアラブルガジェットの成長と宣伝において大きな進歩を遂げています。 Zephyr Technology、Viperpod、Smartlife、miCoach、Catapultなどの企業は、スポーツコーチの意思決定方法、スポーツ活動の実施方法、プロスポーツ選手のパフォーマンス、健康、安全性を刷新しています。これらのテクノロジーは、プロスポーツの分野から一般向けの市場にも急速に移行しています。
  • 2022年 6月、Garmin Ltdは、ソーラー充電を備えた同社初のランニング専用スマートウォッチであるForerunner 955 Solarを発表しました。 Forerunner 955 SolarはPower Glassソーラー充電レンズを備えており、アスリートにスマートウォッチモード 1で最大20日間、GPSモード 2で最大49時間のバッテリー寿命を提供します。このスマートウォッチは、直射日光の下でも読みやすい、常時オンのフルカラーディスプレイを備えています。反応性の高いタッチスクリーンと従来の5ボタンのデザインを組み合わせることで、標準的な健康機能への素早いアクセス、より簡単なマップ制御などが可能になります。
  • さらに、2021年9月にWhoopはアスリート向けのフィットネスウェアラブル向けに2億米ドルを調達しました。シリーズ F球面により、Whoopの総投資額は4億500万米ドル近くになります。この球形シリーズは、ソフトバンクのビジョンファンド 2の活用により、評価額は36億米ドルとなります。追加の投資家には、IVP、Cavu Venture Partners、GP Bullhound、Accomplice、NextView Ventures、Animal Capitalが含まれます。彼らは全員、ナショナルフットボールリーグ選手会、ジャック・ドーシー、一部の専門アスリートとともに、元後援者の拡大リストに含まれています。

アジア太平洋が最も急速な成長を記録

  • 中国は長年にわたりチップ産業の重要なプレーヤーであり、現在ではチップの小型化のリーダーとして台頭しつつあります。中国におけるチップ小型化の重要な推進力の1つは、より小型でより効率的なチップの生産を可能にするナノテクノロジーなどの高度な製造技術の開発です。これにより、ウェアラブルセンサーの開発に不可欠な、より小型で効率的なチップの生産が急増しています。さらに、中国政府は、ウェアラブルセンサーを含むデジタルヘルスケアおよび医療技術の開発を促進するためのいくつかの取り組みを開始しました。
  • 日本では近年デジタル化が進み、ウェアラブルセンサー市場が大幅に成長すると予想されています。この傾向は、デジタル技術の導入を促進する政府の取り組み、デジタルネイティブの消費者の増加、さまざまな業界における生産性と効率の向上の必要性など、いくつかの要因によって推進されています。
  • インドではウェアラブルセンサーの市場が急速に成長しています。これは、デジタル技術の採用の増加、健康とフィットネスへの注目の高まり、ウェアラブルデバイスの利点に対する意識の高まりなどのいくつかの要因によって促進されています。
  • フィットネスとウェルネスへの関心の高まり、高齢化人口の増加、テクノロジーとヘルスケアの進歩により、その他アジア太平洋地域におけるウェアラブルセンサーの需要はここ数年着実に増加しています。
  • ASEANポスト紙によると、老人ホームだけでは増え続ける高齢者人口を満たすのに十分ではありません。これらのホームで提供されるサービスも不十分であり、生活の質に影響を及ぼし、居住者間の孤立を生み出しています。不動産開発業者は、都市居住者向けの住宅を建設する際に高齢化社会の問題も考慮しており、ウェアラブルセンサーには未開拓の潜在市場が存在します。

ウェアラブルセンサー業界の概要

ウェアラブルセンサー市場は、STMicroelectronics NV、Texas Instruments Incorporated、Infineon Technologies AG、Analog Devices Inc.、InvenSense Inc.(TDK Corporation)などの大手企業の存在により競争が激しくなっています。市場企業は、自社の製品提供を強化し、持続可能な競争上の優位性を獲得するために、パートナーシップ、コラボレーション、イノベーション、買収などの戦略を採用しています。

  • 2022年 12月- アナログデバイセズ社は、オレゴン健康科学大学(OHSU)と協力して、10代の若者のメンタルヘルス危機の高まりに対処するために主要なメンタルヘルス指標を検出するスマートウォッチを開発しました。最初のユニークなプロジェクトでの協力に従って、OHSUは、急成長する世界のメンタルヘルス危機に対してADIの革新的な技術と製品を活用して、人々の生活を救い、改善し、豊かにすることになります。
  • 2022年 12月- パナソニック工業は、90°のレンズを備えた有名なグリッドアイセンサーファミリーの新メンバーを発表した。このセンサーは、より広い視野(FoV)を提供し、所定のエリアをカバーするために必要なセンサーの数を減らし、人々がアプリケーションをカウントし追跡することを可能にする。Grid-Eye 90°は、個人の動きを追跡およびカウントするために構築されたシステムやその他のアプリケーションを改善します。プライバシーを意識する設計者は、Grid-Eyeファミリの64ピクセル解像度を賞賛しています。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力 - ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ
    • 代替品の脅威
  • COVID-19症による業界への影響の評価

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • 健康とフィットネスに対する意識の向上
    • スマートウェアラブルデバイスの増加傾向
  • 市場の課題
    • ガジェットに関連するコストの増加

第6章 市場セグメンテーション

  • タイプ別
    • 化学・ガス
    • プレッシャー
    • 画像/光学
    • モーション
    • その他
  • 用途別
    • 健康・ウェルネス
    • 安全監視
    • スポーツ・フィットネス
    • その他
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • 英国
      • ドイツ
      • フランス
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • その他アジア太平洋
    • ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • STMicroelectronics NV
    • Texas Instruments Incorporated
    • Infineon Technologies AG
    • Analog Devices Inc.
    • InvenSense Inc.(TDK Corporation)
    • AMS OSRAM AG
    • Panasonic Corporation
    • NXP Semiconductors NV
    • TE Connectivity Ltd
    • Bosch Sensortec GmbH(Robert Bosch GmbH)

第8章 投資分析

第9章 市場の将来

目次
Product Code: 56825

The Wearable Sensors Market size is estimated at USD 4.36 billion in 2024, and is expected to reach USD 7.83 billion by 2029, growing at a CAGR of 12.41% during the forecast period (2024-2029).

Wearable Sensors - Market

The electronics industry has thrived significantly, primarily due to digitalization, which drives the demand for wearable technology devices widely used for self-health monitoring applications.

Key Highlights

  • Wearable sensors are crucial to wearable devices due to consumers' growing interest in tracking real-time motion-sensing activities, such as step counting and walking distance covered. Users can define their goals for fitness and health using the specific results provided by analyzing the generated data. Wearable technology completely relies on sensors to monitor consumers' health and data and helps make meaningful decisions. With evolving sensor technology, wearables are becoming smart and gaining popularity among consumers.
  • Spending on consumer electronic products is also stimulating the growth of wearable devices. Further, the growing population's increasing urbanization and changing lifestyle have raised its health and safety awareness. This has been the major factor stimulating the growth of wearable devices, such as fitness trackers, ear wears, and smartwatches.
  • With the ongoing miniaturization of sensors and related components, the growth of the advanced function sensors in smart wearables, the improvement in the battery sizes, and efficiency are the key drivers boosting the wearable motion sensors market.
  • With consumers' growing propensity toward smart wearables, the prices of devices are also soaring along with the growing cost of components, thus limiting adoption in the market. Smartwatches and fitness trackers have low-cost segments that drive significant attention from consumers. However, with the proliferation of technology, other devices such as footwear, eyewear, and body wear products are highly priced and have lower adoption rates. Most wearable technologies are currently highly-priced, which is negatively impacting adoption in the market.
  • The COVID-19 pandemic had a favorable effect on the market for wearable sensors and highlighted the necessity of utilizing digital infrastructure for remote patient monitoring. Wearable sensors could help with disease detection and tracking individual and population health since current viral tests and vaccines take a while to develop.

Wearable Sensors Market Trends

Sports and Fitness Segment to Hold Major Market Share

  • The increasing demand for wellness monitors and fitness trackers is a crucial factor driving the growth of shipments of wearable sensors globally. Globally, demand for sensor-based devices is increasing as consumers become more aware of the features that these devices provide, such as remote monitoring of wellness and fitness. According to Cisco Systems, North America had the most 5G connections made using wearable devices in 2022. Together, wearables in North America and Asia accounted for around 70% of the wearable 5G connections worldwide in 2022.
  • Wearable performance devices are significantly available to the general population and athletic teams. Advancements in technology have allowed individual endurance athletes, sports teams, and physicians to monitor functional movements, workloads, and biometric markers to increase performance. The increased growth is driving the market.
  • Technology organizations are making significant strides in growing and advertising wearable gadgets for athletic teams. Companies like Zephyr Technology, Viperpod, Smartlife, miCoach, and Catapult are remodeling how athletic coaches make decisions, how sports activities are played, and professional sports players' performance, health, and safety. These technologies are also moving rapidly from the professional sports arena into markets for the general public.
  • In June 2022, Garmin Ltd introduced the Forerunner 955 Solar, the company's first dedicated running smartwatch featuring solar charging. The Forerunner 955 Solar features a Power Glass solar charging lens, providing athletes with up to 20 days of battery life in smartwatch mode1 and up to 49 hours in GPS mode2. The smartwatch features an always-on, full-color display that is easy to read in direct sunlight. The responsive touchscreen, coupled with the traditional 5-button design, allows fast access to standard health features, easier map control, etc.
  • Further, in September 2021, Whoop raised USD 200 million for athlete-focused fitness wearables. The Series F spherical brings Whoop's general investment to nearly USD 405 million. The spherical series, with the aid of using SoftBank's Vision Fund 2, places the valuation at USD 3.6 billion valuations. Additional investors include IVP, Cavu Venture Partners, GP Bullhound, Accomplice, NextView Ventures, and Animal Capital. They have all been part of an extended listing of former backers, together with the National Football League Players Association, Jack Dorsey, and some expert athletes.

Asia-Pacific to Register Fastest Growth

  • China has been a significant player in the chip industry for many years, and the country is now emerging as a leader in chip miniaturization. One of the critical drivers of chip miniaturization in China is the development of advanced manufacturing techniques, such as nanotechnology, which enable the production of more minor and more efficient chips. This has led to a surge in the production of smaller and more efficient chips, which are essential for developing wearable sensors. In addition, the Chinese government has launched several initiatives to promote the development of digital healthcare and medical technologies, including wearable sensors.
  • Japan is expected to observe significant growth in the wearable sensors market as it has experienced increasing digitization in recent years. This trend has been driven by several factors, including government initiatives to promote the adoption of digital technologies, a growing number of digital-native consumers, and the need to improve productivity and efficiency in various industries.
  • The market for wearable sensors is rapidly growing in India, driven by several factors, including the increasing adoption of digital technologies, a growing focus on health and fitness, and a rising awareness of the benefits of wearable devices.
  • The demand for wearable sensors in the Rest of Asia-Pacific has steadily increased over the past few years, driven by a growing interest in fitness and wellness, a rising aging population, and advancements in technology and healthcare.
  • According to the ASEAN Post, nursing homes are not enough to meet the ever-growing aged population. The services provided at these homes are also inadequate, impacting the quality of life and creating isolation among residents. Property developers are also considering the issue of an aging society when creating housing for urban dwellers, thus presenting an untapped potential market for wearable sensors.

Wearable Sensors Industry Overview

The wearable sensors market is competitive with the presence of major players like STMicroelectronics NV, Texas Instruments Incorporated, Infineon Technologies AG, Analog Devices Inc., and InvenSense Inc. (TDK Corporation). Players in the market are adopting strategies such as partnerships, collaborations, innovations, and acquisitions to enhance their product offerings and gain sustainable competitive advantage.

  • December 2022 - Analog Devices Inc. collaborated with Oregon Health & Science University (OHSU) to develop a smartwatch that detects key mental health indicators to help address the rising mental health crisis in teens. As per the collaboration on the first and one-of-a-kind project, OHSU would leverage ADI's innovative technology and products for the burgeoning worldwide mental health crisis to save, improve, and enrich human lives.
  • December 2022 - Panasonic Industries introduced a new member of its famous Grid-Eye sensor family with a 90° lens that provides a broader field of vision (FoV) and reduces the number of sensors needed to cover a given area, enabling people to count and track applications. Grid-Eye 90° will improve systems built to track and count the movement of individuals as well as other applications. Privacy-conscious designers have praised the Grid-Eye family's 64-pixel resolution.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Intensity of Competitive Rivalry
    • 4.2.5 Threat of Substitutes
  • 4.3 Assessment of COVID-19 Impact on the Industry

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Increasing Awareness of Health and Fitness
    • 5.1.2 Increasing Trend of Smart Wearable Devices
  • 5.2 Market Challenges
    • 5.2.1 Higher Costs Associated with Gadgets

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Type
    • 6.1.1 Chemical and Gas
    • 6.1.2 Pressure
    • 6.1.3 Image/Optical
    • 6.1.4 Motion
    • 6.1.5 Other Types of Sensors
  • 6.2 By Application
    • 6.2.1 Health and Wellness
    • 6.2.2 Safety Monitoring
    • 6.2.3 Sports and Fitness
    • 6.2.4 Other Applications
  • 6.3 By Geography
    • 6.3.1 North America
      • 6.3.1.1 United States
      • 6.3.1.2 Canada
    • 6.3.2 Europe
      • 6.3.2.1 United Kingdom
      • 6.3.2.2 Germany
      • 6.3.2.3 France
      • 6.3.2.4 Rest of Europe
    • 6.3.3 Asia-Pacific
      • 6.3.3.1 China
      • 6.3.3.2 Japan
      • 6.3.3.3 India
      • 6.3.3.4 Rest of Asia-Pacific
    • 6.3.4 Latin America
    • 6.3.5 Middle East and Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 STMicroelectronics NV
    • 7.1.2 Texas Instruments Incorporated
    • 7.1.3 Infineon Technologies AG
    • 7.1.4 Analog Devices Inc.
    • 7.1.5 InvenSense Inc. (TDK Corporation)
    • 7.1.6 AMS OSRAM AG
    • 7.1.7 Panasonic Corporation
    • 7.1.8 NXP Semiconductors NV
    • 7.1.9 TE Connectivity Ltd
    • 7.1.10 Bosch Sensortec GmbH (Robert Bosch GmbH)

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 FUTURE OF THE MARKET