デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1444386

エポキシ樹脂:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024-2029)

Epoxy Resins - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=156.58円
エポキシ樹脂:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024-2029)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

エポキシ樹脂市場規模は2024年に355万トンと推定され、2029年までに420万トンに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に3.41%のCAGRで成長します。

エポキシ樹脂- 市場

2020年のCOVID-19のパンデミックは、パンデミックのシナリオといくつかの国での厳格な規制により、市場に悪影響を及ぼしました。サプライチェーンの寸断、業務停止、労働力不足により、塗料・コーティング、接着剤・シーラント、電気・電子などのさまざまな業界に影響を及ぼしました。しかし、状況は正常化し、市場はパンデミックから回復し、大きく成長しています。

主なハイライト

  • 短期的には、航空宇宙産業および自動車産業からのエポキシベースの複合材料の需要の増加、建設業界の力強い成長、および電気および電子機器の需要の増加が、予測期間にわたって市場を牽引します。
  • しかし、エポキシ樹脂の有害な影響により、予測期間中のエポキシ樹脂市場の成長率に大きな制限が生じることが予想されます。
  • それにもかかわらず、アジア太平洋、中東・アフリカの新興国における建設産業の成長は、将来この市場セグメントに新たな機会を生み出しています。
  • アジア太平洋が世界中の市場を独占しており、需要の大部分は中国とインドから来ています。

エポキシ樹脂市場動向

塗料およびコーティング部門が市場を独占すると予想される

  • エポキシ樹脂は、床や金属用途のコーティングの耐久性を高めるために、コーティング用途のバインダーとして使用されます。
  • エポキシ樹脂は、強度、耐久性、耐薬品性など、コーティングのいくつかの特性の開発に役立ちます。速乾性、強靱性、優れた接着性、良好な硬化性、耐摩耗性、優れた耐水性などの特性と能力により、金属やその他の表面の保護に適しています。
  • 世界的には、マクロ経済的要因、個人消費の減少、エネルギー価格の高さなどの複数の要因により、塗料およびコーティングの生産は伸び悩みました。
  • これらの要因により、欧州および北米地域の塗料およびコーティングの生産と消費は、他の地域よりも深刻な影響を受けました。
  • Coatings Europeが発表したデータによると、進行中のエネルギー危機、欧州中央銀行による金利上昇、ドイツ、英国、フランス、イタリアなどの主要国の経済成長の鈍化などの要因が、コーティングの需要に悪影響を及ぼしています。地域の需要の50%以上がこれらの国から生み出されているため、この地域からの塗料やコーティング剤が使用されています。
  • この地域では大幅な製品削減は見られなかったもの、2022年の同地域の装飾用塗料と非装飾用塗料の消費量は2021年と比較して6%近く減少しました。この減少は2022年の最終四半期に最も顕著でした。
  • 塗料およびコーティングは、建築および建設、自動車、産業などを含むさまざまな業界の内装および外装用途に広く使用されています。
  • 成長する建設業界は、塗料およびコーティング業界の成長を促進すると予想されます。米国は、北米における建設産業の大きなシェアを占めています。米国、カナダ、メキシコも建設部門への投資に大きく貢献しています。
  • 米国国勢調査局によると、2022年の米国での新規建設の年間建設額は、前年の1兆6,264億4,000万米ドルに対し、1兆7,928億5,000万米ドルとなった。さらに、米国の住宅建設の年間価値は、2022年に9,080億米ドルと評価され、昨年の8,030億米ドルと比較して13 %増加しました。
  • アジア太平洋地域の建設セクターは世界最大です。人口の増加、中間層の所得の増加、都市化により、その割合は順調に増加しています。中国とインドの住宅建設市場の拡大により、アジア太平洋地域で住宅が最も高い成長を記録すると予想されています。これら2か国は、2030年までに世界の中産階級の43.3%以上を占めると予想されています。
  • さらに、軽量商用車の生産の増加により、自動車塗料業界で使用されるエポキシ樹脂の市場全体が牽引されると予想されます。
  • 国際自動車建設機構(OICA)によると、2022年には世界で8,501万6,728台以上の自動車が製造され、前年比6%増加しました。
  • 自動車、船舶、航空宇宙産業では、腐食防止のためのプライマーとしてエポキシコーティングが使用されています。エポキシコーティングの使用は、電気自動車(EV)、海洋、航空宇宙産業からの需要の高まりにより、さらに増加すると予想されています。
  • このような要因は、塗料およびコーティングにおけるエポキシ樹脂の需要に大きな影響を与えると予想され、それによって予測期間中のエポキシ樹脂市場の成長に影響を与えると予想されます。

アジア太平洋地域が市場を独占すると予想される

  • アジア太平洋地域におけるエレクトロニクス製品の需要は主に中国、インド、日本から来ています。さらに、中国はその低い人件費と柔軟な政策により、エレクトロニクスメーカーにとって強力で有利な市場となっています。
  • ZEVIによると、アジアの電気・電子市場は前年に3兆1,060億ユーロ(3兆6,740億米ドル)に達し、10%増加しました。市場は2022年に13%増加し、2023年の成長率は7%と推定されています。中国の市場は世界最大であり、すべての先進国の市場を合わせたよりもさらに大きいです。中国の電子産業は2022年に14%拡大し、この部門は2023年に8%成長すると予想されています。
  • さらに、インドブランドエクイティ財団(IBEF)によると、インドのエレクトロニクス製造産業は2025年までに5,200億米ドルに達すると予想されています。
  • 例えば、日本の建設部門は、公共および民間のインフラ、再生可能エネルギー、商業プロジェクトへの投資の増加により、今後5年間で緩やかに拡大すると予想されています。その結果、消費者と投資家の両方の信頼が向上します。
  • さらに、アジア太平洋地域では、中国、東南アジア、南アジアの航空宇宙市場が大幅に増加すると予想されており、調査対象市場の需要をさらに下支えしています。中国におけるボーイング商業見通し2022-2041によると、2041年までに約8,485機の新規納入が行われ、市場サービス額は5,450億米ドルに達すると予想されています。
  • このような要因により、予測期間中にアジア太平洋地域でのエポキシ樹脂の需要が増加すると予想されます。

エポキシ樹脂業界の概要

エポキシ樹脂市場は本質的に細分化されています。主要なプレーヤー(順不同)には、Hexion、Olin Corporation、Huntsman International LLC、DuPont、およびKUKDO CHEMICALが含まれます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 促進要因
    • 航空宇宙産業および自動車産業からのエポキシベースの複合材料の需要の増加
    • 建設業界の力強い成長
    • 電気・電子機器の需要の高まり
  • 抑制要因
    • エポキシ樹脂の有害な影響
    • その他の抑制要因
  • 業界のバリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替製品やサービスの脅威
    • 競合の程度

第5章 市場セグメンテーション(市場規模(数量))

  • 原材料
    • DGBEA(ビスフェノールAおよびECH)
    • DGBEF(ビスフェノールFおよびECH)
    • ノボラック(ホルムアルデヒドおよびフェノール)
    • 脂肪族(脂肪族アルコール)
    • グリシジルアミン(芳香族アミンおよびECH)
    • その他の原材料
  • 用途
    • 塗料とコーティング
    • 接着剤およびシーラント
    • 複合材料
    • 電気および電子
    • 海洋
    • 風力タービン
    • その他の用途
  • 地域
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • イタリア
      • フランス
      • スペイン
      • その他欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米
    • 中東とアフリカ
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ
      • その他中東およびアフリカ

第6章 競合情勢

  • 合併と買収、合弁事業、コラボレーション、および契約
  • 市場シェア(%)**/ランキング分析
  • 有力企業が採用した戦略
  • 企業プロファイル
    • 3M
    • Aditya Birla Chemicals
    • Atul Ltd
    • BASF SE
    • Chang Chun Group
    • Covestro AG
    • Daicel Corporation
    • DuPont
    • Hexion
    • Huntsman International LLC
    • Jiangsu Sanmu Group
    • Kemipex
    • KUKDO CHEMICAL CO., LTD.
    • NAMA Chemicals
    • NAN YA PLASTICS CORPORATION
    • Olin Corporation
    • Sika AG
    • SPOLCHEMIE

第7章 市場機会と将来の動向

  • アジア太平洋、中東・アフリカの新興国で成長する建設産業
  • その他の機会
目次
Product Code: 56869

The Epoxy Resins Market size is estimated at 3.55 Million tons in 2024, and is expected to reach 4.20 Million tons by 2029, growing at a CAGR of 3.41% during the forecast period (2024-2029).

Epoxy Resins - Market

The market was negatively impacted due to the COVID-19 pandemic in 2020, owing to the pandemic scenario and strict regulations in several countries. It affected various industries such as paints and coatings, adhesives and sealants, electrical and electronics, and others due to supply chain disruptions, work stoppages, and labor shortages. However, the condition normalized, and the market recovered from the pandemic and is growing significantly.

Key Highlights

  • Over the short term, the increasing demand for epoxy-based composites from the aerospace and automotive industries, strong growth in the construction industry, and rising demand for electrical and electronic devices are driving the market over the forecasted period.
  • However, the hazardous impact of epoxy resins is expected to include major limitations on the growth rate of the epoxy resin market during the projected period.
  • Nevertheless, the growing construction industry in the emerging countries of Asia-Pacific, the Middle East, and Africa are creating new opportunities for this market segment in the future.
  • Asia-Pacific dominated the market across the world, with the majority of demand coming from China and India.

Epoxy Resin Market Trends

The Paints and Coatings Segment is Expected to Dominate the Market

  • Epoxy resins are used as binders for coating applications to enhance the durability of coatings for floor and metal applications.
  • Epoxy resins help to develop several properties in coatings, such as strength, durability, and chemical resistance. Their properties and abilities of quick drying, toughness, excellent adhesion, good curing, abrasion resistance, and outstanding water resistivity make them suitable for protecting metals and other surfaces.
  • Globally, the production of paints and coatings experienced slow growth due to multiple factors like unfavorable macroeconomic factors, reduced consumer spending, high energy prices, and others.
  • The production and consumption of paints and coatings in Europe and North American regions were more severely affected than others due to these factors.
  • According to the data published by Coatings Europe, factors like the ongoing energy crisis, rising interest rates from the European Central Bank, and the slowing economic growth in key countries like Germany, the United Kingdom, France, and Italy has negatively affected the demand for paints and coatings from the region as over 50% of the regional demand is generated from these countries.
  • Even though the region has not witnessed significant product cuts, the consumption volume of both decorative and nondecorative coatings in the region declined by nearly 6% in 2022 compared to 2021 volumes. This decline was most significant in the last quarter of 2022.
  • Paints and coatings are extensively used for interior and exterior applications in various industries, including building and construction, automotive, industrial, and others.
  • The growing construction industry is expected to augment the growth of the paints and coatings industry. The United States includes a major share of the construction industry in North America. The United States, Canada, and Mexico also contribute significantly to the construction sector investments.
  • According to the US Census Bureau, the annual value for new construction put in place in the United States accounted for USD 1,792.85 billion in 2022, compared to USD 1,626.44 billion in the previous year. Moreover, the annual value of residential construction in the United States was valued at USD 908 billion in 2022, an increase of 13 % compared to USD 803 billion last year.
  • The construction sector in the Asia-Pacific region is the largest in the world. It is increasing at a healthy rate, owing to the rising population, increase in middle-class income and urbanization. The highest growth for housing is expected to be registered in the Asia-Pacific region, owing to the expanding housing construction markets in China and India. These two countries are expected to represent over 43.3% of the global middle class by 2030.
  • Additionally, the growth in the production of lightweight and commercial vehicles is expected to drive the overall market of epoxy resins used in the automotive coatings industry.
  • According to Organisation Internationale des Constructeurs d'Automobiles(OICA), more than 85,016,728 motor vehicles were manufactured worldwide in 2022, an increase of 6% from a year earlier.
  • The automotive, marine, and aerospace industries use epoxy coatings as primers for corrosion protection. The usage of epoxy coatings is expected to grow further due to the rising demand from the electric vehicle (EV), marine, and aerospace industries.
  • Such factors are expected to significantly impact the demand for epoxy resins in paints and coatings, thereby affecting the growth of the epoxy resins market during the forecast period.

The Asia-Pacific Region is Expected to Dominate the Market

  • The demand for electronics products in the Asia-Pacific region majorly comes from China, India, and Japan. Furthermore, China is a strong, favorable market for electronics producers, owing to the country's low labor cost and flexible policies.
  • According to ZEVI, the Asian electrical & electronics market reached EUR 3,106 billion (USD 3,674 billion) in the previous year, a 10% rise. The market increased by 13% in 2022 and estimated a 7% growth rate for 2023. China's market is the largest in the world, even larger than the combined markets of all industrialized countries. The Chinese electronic industry expanded by 14% in 2022, and the sector is expected to grow by 8% in 2023.
  • Furthermore, as per the India Brand Equity Foundation (IBEF), the Indian electronics manufacturing industry is expected to reach USD 520 billion by 2025.
  • For instance, Japan's construction sector is expected to expand moderately over the next five years, owing to increasing investments in public and private infrastructure, renewable energy, and commercial projects. It, in turn, is improving both consumer and investor confidence.
  • Furthermore, in the Asia-Pacific region, China, Southeast Asia, and South Asia aerospace market are expected to rise significantly, further supporting the demand for the studied market. According to the Boeing Commercial Outlook 2022-2041 in China, around 8,485 new deliveries will be made by 2041 with a market service value of USD 545 billion.
  • Such factors are expected to increase the demand for epoxy resins in the Asia-Pacific region during the forecast period.

Epoxy Resin Industry Overview

The epoxy resins market is fragmented in nature. The major players (not in any particular order) include Hexion, Olin Corporation, Huntsman International LLC, DuPont, and KUKDO CHEMICAL CO., LTD.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Increasing Demand for Epoxy-based Composites from the Aerospace and Automotive Industries
    • 4.1.2 Strong Growth in the Construction Industry
    • 4.1.3 Rising Demand for Electrical and Electronic Devices
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 Hazardous Impact of Epoxy Resins
    • 4.2.2 Other Restraints
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size in Volume)

  • 5.1 Raw Material
    • 5.1.1 DGBEA (Bisphenol A and ECH)
    • 5.1.2 DGBEF (Bisphenol F and ECH)
    • 5.1.3 Novolac (Formaldehyde and Phenols)
    • 5.1.4 Aliphatic (Aliphatic Alcohols)
    • 5.1.5 Glycidylamine (Aromatic Amines and ECH)
    • 5.1.6 Other Raw Materials
  • 5.2 Application
    • 5.2.1 Paints and Coatings
    • 5.2.2 Adhesives and Sealants
    • 5.2.3 Composites
    • 5.2.4 Electrical and Electronics
    • 5.2.5 Marine
    • 5.2.6 Wind Turbines
    • 5.2.7 Other Applications
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 Asia-Pacific
      • 5.3.1.1 China
      • 5.3.1.2 India
      • 5.3.1.3 Japan
      • 5.3.1.4 South Korea
      • 5.3.1.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.2 North America
      • 5.3.2.1 United States
      • 5.3.2.2 Canada
      • 5.3.2.3 Mexico
    • 5.3.3 Europe
      • 5.3.3.1 Germany
      • 5.3.3.2 United Kingdom
      • 5.3.3.3 Italy
      • 5.3.3.4 France
      • 5.3.3.5 Spain
      • 5.3.3.6 Rest of Europe
    • 5.3.4 South America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Argentina
      • 5.3.4.3 Rest of South America
    • 5.3.5 Middle-East and Africa
      • 5.3.5.1 Saudi Arabia
      • 5.3.5.2 South Africa
      • 5.3.5.3 Rest of Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Share(%)**/Ranking Analysis
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 3M
    • 6.4.2 Aditya Birla Chemicals
    • 6.4.3 Atul Ltd
    • 6.4.4 BASF SE
    • 6.4.5 Chang Chun Group
    • 6.4.6 Covestro AG
    • 6.4.7 Daicel Corporation
    • 6.4.8 DuPont
    • 6.4.9 Hexion
    • 6.4.10 Huntsman International LLC
    • 6.4.11 Jiangsu Sanmu Group
    • 6.4.12 Kemipex
    • 6.4.13 KUKDO CHEMICAL CO., LTD.
    • 6.4.14 NAMA Chemicals
    • 6.4.15 NAN YA PLASTICS CORPORATION
    • 6.4.16 Olin Corporation
    • 6.4.17 Sika AG
    • 6.4.18 SPOLCHEMIE

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Growing Construction Industry in the Emerging Countries of Asia-Pacific and Middle-East and Africa
  • 7.2 Other Oppurtunities