デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1444364

倉庫ロボティクス - 市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024年~2029年)

Warehouse Robotics - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.31円
倉庫ロボティクス - 市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024年~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

倉庫ロボティクス市場規模は2024年に79億3,000万米ドルと推定され、2029年までに179億1,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に17.70%のCAGRで成長します。

倉庫ロボティクス-市場

産業用モノのインターネット(IIoT)の出現と接続されたシステムのネットワークの出現は、業界が材料のバッチ処理、ピッキング、注文、梱包、倉庫のセキュリティ、検査などの多数のタスクを実行するだけでなく、作業効率を向上させるのにも役立ちます。業務効率が大幅に向上します。

主なハイライト

  • 世界中のeコマース業界の成長と、効率的な倉庫保管と在庫管理に対するニーズの高まりが市場の成長を推進しています。倉庫保管の自動化は、ビジネス全体のコストを削減し、製品配送のエラーを減らす上で非常に便利です。著名な3PL企業であり、倉庫自動化ソリューションの重要なエンドユーザーであるDHLによると、こうした利点にもかかわらず、倉庫の80%は「依然として自動化をサポートせずに手動で運用されている」とのことです。さらに、コンベヤー、仕分け機、ピックアンドプレースソリューションなどの機器(必ずしも自動化されているわけではありません)を使用する倉庫は、倉庫全体の15%を占めています。対照的に、現在の倉庫の中で自動化されているのはわずか5%です。
  • 物体認識の強化や正確な位置決めシステムを可能にするセンサー技術などの大幅な技術進歩により、ロボット産業は最適な運用フローや物流効率などを達成しながら、さまざまな倉庫用途における未開発の可能性を探求できるようになりました。さまざまな業界にわたって。
  • バンク・オブ・アメリカによると、2025年までに全製造作業の45%がロボット技術によって実行されるようになるでしょう。この新たな傾向を受けて、インドの著名な繊維会社であるレイモンド・リミテッドや、サムスンなどの大手テクノロジーメーカーの中国拠点サプライヤーであるフォックスコン・テクノロジーなどの大企業は、自動化技術を自社のシステムに組み込むことで、それぞれ1万人と6万人の労働者を置き換えています。工場。
  • これらの要因は、倉庫ロボティクスの採用増加に直接影響を与えています。倉庫数の増加と倉庫自動化への投資の増加に加え、人件費の世界の上昇と拡張可能な技術ソリューションの利用可能性が、世界中の倉庫ロボティクス市場を牽引しています。たとえば、DHL、XPO Logistics、NFI Logisticsなどの米国の著名な物流ブランドは、商業賃貸環境が厳しいにもかかわらず、事業拡大活動に投資しています。
  • COVID-19の発生中、ロボットと自動化は状況の管理において重要な役割を果たしました。さらに、この状況は市場に新たな機会をもたらす可能性があります。英国のオンライン食料品店であるOcadoは、自社の倉庫ロボティクス工学と食料品の宅配技術を他のスーパーマーケットでもライセンシング料を支払って利用できるようにすることを目指しています。 2020年 5月以降、多くの倉庫サイトはロックダウン後に操業を開始してから回復しました。ただし、2020年の最初の4か月に生じた変動により、年間を通じて倉庫ロボティクスのサプライチェーン全体で注文の遅延やリードタイムが発生する可能性があります。
  • ロボット工学は大幅に進歩しましたが、適切に組織化された倉庫を運営するには依然として人間の労働力が優位に立っています。米国と欧州全体で長期的な労働力不足が予測され、注文を迅速かつ正確に提供するというサプライチェーンへの継続的な圧力により、運営管理者は人員配置の課題への答えを探す際にその問題を真剣に評価するようになりました。

倉庫ロボティクス市場の動向

SKUの数の増加

新製品が定期的に開発されるため、SKU(在庫管理単位)の数が増加することは業界では一般的です。eコマースプラットフォームによるカスタマイズの容易さと顧客の選択肢の増加により、eコマース小売業者がリクエストに応じて送信できる多くのオプションとスタイルを備えた在庫の拡大が必要になりました。

資材管理および流通レポートによると、ジャストインタイムの配置、消費者への直接流通、および小売業者と卸売業者の関係の変化により、流通業者が受け入れる大型パレットの注文の数が減少しています。したがって、小規模で複数のSKUの注文が拡大することで、倉庫の自動化が推進されています。

自動化された効率的なミニロード保管および取り出しシステム(AS/RS)は、保管を最適化し、主要な配送および労働リソースを解放しながら、個々のトート、ケース、トレイ、木箱を分類できる軽量クレーンを利用することで、この市場の問題に取り組んでいます。これらのシステムは、商品の到着、在庫の最大化、出荷注文の履行などの重要なプロセスを自動化することで、サプライチェーンの効率を高めます。したがって、SKUの数の増加により、予測期間中にAS/RSシステムの導入が促進されると考えられます。

さらに、倉庫は長期的な労働力不足に直面しており、eコマース業界の急成長による需要の増加に伴い、企業は不確実で困難な経済情勢の中で競争力を維持するために、倉庫自動化ハードウェアおよびソフトウェアソリューションに目を向けています。たとえば、米国国勢調査局と米国商務省によると、米国の小売総売上高に占めるeコマースの割合は、2021年第1四半期の14.9%と比較して、2023年第1四半期には15.1%に達しました。

世界中の倉庫を通した商品の移動に巨額の投資が行われているため、セキュリティは継続的な懸念事項となっています。したがって、倉庫セキュリティロボットは今後数年間で注目を集めるでしょう。倉庫警備ロボットは、境界警備の単調で危険な機能を自動化すると同時に、ロボット車両の遠隔操作や監視などのより高度なタスクを人間が行えるように設計されています。サイズの拡大により、倉庫はより多くの量と増加するSKUに対応できるようになります。

アジア太平洋は大きな市場シェアを保持すると予想される

製造業は、業界への投資が大幅に増加しており、重要な市場シェアを占め、この地域の主要な貢献者の1つになると予想されています。倉庫は原材料/部品と完成品の両方を保管するために製造業において重要な役割を果たしており、製造業の拡大によりアジア太平洋地域における倉庫ロボティクスの需要が高まると考えられます。

倉庫におけるロボティクスソリューションの成功を受けて、ベンダーは倉庫ロボティクスの導入を強化しています。たとえば、武漢に本拠を置く中国のeコマース大手JD.comは、ロックダウン後に買い物をするオンライン住民に必需品を供給するために、自社の自動倉庫でロボット車両群を運用しています。同社は、パンデミックの間、1日の注文が約60万件から1週間で2倍に増加したと主張しています。

韓国では人口の高齢化が急速に進んでいます。今世紀半ばまでに、日本、イタリア、ギリシャに次いで、経済協力開発機構加盟国の中で最も高齢者が多い国の一つとなると思われます。さらに、韓国政府は国内の中小規模の製造業を後押しし、2022年までに3万のスマートファクトリーを設立しました。そのため、ほとんどの製造部門は競争力を維持し、倉庫保管プロセスの効率を高めるために倉庫ロボティクスを導入しています。

近年、アジア太平洋地域のeコマース業界は前例のない成長を遂げています。中国やインドなどの国は、大規模な顧客ベースの存在とスマートフォンやデジタル技術の浸透の高まりにより、eコマース企業にとって世界のホットスポットとして浮上しています。その結果、倉庫業界も成長しており、調査対象市場にチャンスが生まれています。

倉庫ロボティクス業界の概要

倉庫ロボティクス市場は適度に細分化されており、競争力の高い企業で構成されています。市場シェアに関しては、現在、ABB Ltd、Honeywell、Kiva Systemsなどの大手企業が市場を独占しています。大きな市場シェアを持つこれらの大手企業は、さまざまな地域に顧客ベースを拡大しています。多くの企業は、市場シェアと収益性を高めるために、複数の新興企業と戦略的かつ協力的なパートナーシップを築いています。

2023年 7月、物流の大手インテグレーターであるマースクは、英国イーストミッドランドの倉庫の1つにAI対応のロボットソリューションを導入すると発表しました。同社によれば、米国に本拠を置くバークシャー・グレイ社によるこの最先端のロボット・シャトル・プット・ウォール・システムは、685,000平方フィートの施設内での倉庫業務を大幅に自動化、強化、加速するといいます。

2023年3月、倉庫や物流現場向けの自律移動ロボットを設計・開発する日本を拠点とする新興企業LexxPlussは、シリーズA資金調達で約1,070万米ドルを新たに注入して米国市場に参入する計画を発表しました。この資金調達ラウンドは、Drone FundとSOSVのHAX、Incubate Fund、SBI Investment、DBJ Capitalが主導しました。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ
  • 業界のバリューチェーン分析
  • COVID-19感染症が業界に与える影響の評価

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • SKUの数の増加
    • テクノロジーとロボティクスへの投資の増加
  • 市場の課題
    • 厳しい規制要件
    • 高コスト

第6章 市場セグメンテーション

  • タイプ別
    • 産業用ロボット
    • 仕分けシステム
    • コンベヤ
    • パレタイザー
    • 自動保管および検索システム(ASRS)
    • 移動ロボット(AGVおよびAMR)
  • 機能別
    • ストレージ
    • 包装
    • 積み替え
    • その他の機能
  • エンドユーザー産業別
    • 食品・飲料
    • 自動車
    • 小売り
    • 電気・電子
    • 医薬品
    • その他のエンドユーザー産業
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • 英国
      • ドイツ
      • フランス
      • その他の欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 韓国
      • 日本
      • その他のアジア太平洋
    • ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • ABB Limited
    • Kiva Systems(Amazon Robotics LLC)
    • TGW Logistics Group GMBH
    • Singapore Technologies Engineering Ltd(Aethon Incorporation)
    • InVia Robotics Inc.
    • Fanuc Corporation
    • Honeywell International Incorporation
    • Toshiba Corporation
    • Omron Adept Technologies
    • Yaskawa Electric Corporation(Yaskawa Motoman)
    • Kuka AG
    • Fetch Robotics Inc.
    • Geek+Inc.
    • Grey Orange Pte Ltd
    • Hangzhou Hikrobot Technology Co. Ltd
    • Syrius Robotics
    • Locus Robotics

第8章 投資分析

第9章 市場の将来

目次
Product Code: 56441

The Warehouse Robotics Market size is estimated at USD 7.93 billion in 2024, and is expected to reach USD 17.91 billion by 2029, growing at a CAGR of 17.70% during the forecast period (2024-2029).

Warehouse Robotics - Market

The emergence of the Industrial Internet of Things (IIoT) and the advent of a network of connected systems are helping industries perform a multitude of tasks, such as material batching, picking, ordering, packaging, warehouse security, and inspection, as well as improve the operational efficiency by huge margins.

Key Highlights

  • The growth in the e-commerce industry worldwide and the growing need for efficient warehousing and inventory management are driving the market's growth. Automation in warehousing offers extreme convenience in cutting down overall business costs and reducing errors in product deliveries. According to DHL, a prominent 3PL company and a significant end-user of warehouse automation solutions, despite the advantages, 80% of warehouses are 'still manually operated with no supporting automation.' Further, warehouses that use conveyors, sorters, and pick and place solutions, among other equipment (not necessarily automated), account for 15% of total warehouses. In contrast, only 5% of current warehouses are automatic.
  • Significant technological advancements, such as sensor technologies that enable an enhanced object perception and an accurate positioning system, have made way for the robotics industry to explore the untapped potential in various warehousing applications while attaining an optimal operational flow and logistics efficiency, among other accomplishments, across the different industry verticals.
  • According to the Bank of America, by 2025, 45% of all manufacturing tasks will be executed by robotic technology. With this emerging trend, large firms, such as Raymond Limited, a prominent Indian textile company, and Foxconn Technology, a China-based supplier for large technology manufacturers like Samsung, have replaced 10,000 and 60,000 workers, respectively, by incorporating automated technology into their factories.
  • These factors have directly impacted the increasing adoption of warehouse robotics. The rising number of warehouses and increasing investments in warehouse automation, coupled with the global rise in labor costs and availability of scalable technological solutions, have been driving the market for warehouse robots worldwide. For instance, prominent logistics brands in the United States, like DHL, XPO Logistics, and NFI Logistics, are investing in expansion activities, despite the adverse commercial renting climate.
  • During the COVID-19 outbreak, robots and automation played a critical role in managing the situation. Further, the situation is likely to bring new opportunities to the market. Ocado, a British online grocer, aims to make its warehouse robotics and grocery home-delivery technology available to other supermarkets for a licensing fee. Since May 2020, many warehouse sites have recovered after starting their operations post lockdown. However, the fluctuations caused in the starting four months of 2020 could result in order delays and lead time across the warehouse robotics supply chain throughout the year.
  • While significant advances have been accomplished in robotics, the human workforce still holds the upper hand in running a well-organized warehouse. Forecast of long-term labor shortages across the United States and Europe and sustained pressure on supply chains to deliver orders quickly and more precisely caused operations executives to seriously assess that question as they look for answers to staffing challenges.

Warehouse Robotics Market Trends

Increasing Number of SKUs

The rising number of SKUs (stock-keeping units) is common in the industry as new products are developed regularly. The amenity of customization and the increasing number of customer choices through the e-commerce platform made the need for an extended inventory, with many options and styles available at the disposal of e-commerce retailers for transmission on request.

According to the Materials Management and Distribution Report, just-in-time placement, direct-to-consumer distribution, & shifting retailer-wholesaler relationships decrease the number of large-pallet orders accepted by distributors. Thus, expanding small, multiple SKU orders is pushing warehouses to automate.

Automated, efficient mini-load storage & retrieval systems (AS/RS) look at this market issue by utilizing lightweight cranes that can sort individual totes, cases, trays, and crates while optimizing storage and releasing key delivery & labor resources. These systems increase supply chain efficiency by automating critical processes, including goods arrival, maximized inventory storage, and the fulfillment of outbound shipping orders. Hence, the growing number of SKUs will drive the adoption of AS/RS systems during the forecast period.

Furthermore, with warehouses experiencing long-term labor shortages and increasing demand due to the booming e-commerce industry, companies are turning to warehouse automation hardware and software solutions to stay competitive in an uncertain and challenging economic landscape. For instance, according to the US Census Bureau and the US Department of Commerce, in Q1 2023, the share of e-commerce to the total retail sales in United States reached 15.1%, compared to 14.9% in Q1 2021.

With huge investments in the movement of goods through the world's warehouses, security is an ongoing concern. Thus, warehouse security robots will gain traction in the coming years. Warehouse security robots are designed to automate perimeter security's dull and dangerous functions while empowering humans for higher-level taskings like remote robotic vehicle operation and monitoring. The increase in size helps warehouses cope with higher volumes and a growing number of SKUs.

Asia-Pacific is Expected to Hold Significant Market Share

The manufacturing sector is anticipated to account for a significant market share and become one of the key contributors in the region, with investments in the industry increasing massively. As warehouses play a crucial role in manufacturing both for storing raw materials/components and finished products, the expansion of the manufacturing industry will drive the demand for warehouse robotics in the Asia Pacific region.

Driven by the success of robotics solutions in warehouses, vendors are enhancing their adoption of warehouse robots. For instance, JD.com, a Chinese e-commerce giant based out of Wuhan, operates a fleet of robotic vehicles in its automated warehouses to supply essential goods to online residents shopping post lockdowns. The company claims it witnessed a growth in daily orders from about 600,000 to double in a single week during the pandemic.

South Korea's population is aging fast. By mid-century, it will have one of the most senior populations from the Organisation for Economic Co-operation and Development countries, just after Japan, Italy, and Greece. Furthermore, the South Korean government boosted the country's small and mid-size manufacturing companies, establishing 30,000 smart factories by 2022. Due to this, most manufacturing units enforce warehouse robots to maintain competitiveness and drive efficiency in the warehousing process.

In recent years, the e-commerce industry in the Asia Pacific region has witnessed unprecedentedted growth. Countries like China and India has emerged as the global hotspot for e-commerce companies owing to the presence of a large customer base and a rising penetration of smartphones and digital technologies among them. As a result, the warehousing industry is also on the rise, creating opportunities in the studied market.

Warehouse Robotics Industry Overview

The warehouse robotics market is moderately fragmented and consists of highly competitive players. Regarding market share, some major players, such as ABB Ltd, Honeywell, and Kiva Systems, currently dominate the market. These major players with a significant market share are expanding their customer base across various regions. Many companies are forming strategic and collaborative partnerships with multiple startup companies to increase their market share and profitability.

In July 2023, Maersk, a leading integrator of logistics, announced that it is implementing an AI-enabled robotic solution in one of the warehouses in East Midlands, UK. According to the company, this state-of-the-art Robotic Shuttle Put Wall System by Berkshire Grey, a US-based company, will significantly automate, enhance, and accelerate warehouse operations in the 685,000 sq ft facility.

In March 2023, LexxPluss, a Japan-based startup that designs and develops autonomous mobile robots for warehouses & logistics sites, announced their plans to enter the US market with a fresh injection of approximately USD 10.7 million in Series A funding. The funding round was led by Drone Fund and SOSV's HAX, Incubate Fund, SBI Investment, and DBJ Capital.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Buyers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Threat of Substitute Products
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Assessment of the Impact of COVID-19 on the Industry

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Increasing Number of SKUs
    • 5.1.2 Increasing Investments in Technology and Robotics
  • 5.2 Market Challenges
    • 5.2.1 Stringent Regulatory Requirements
    • 5.2.2 High Cost

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Type
    • 6.1.1 Industrial Robots
    • 6.1.2 Sortation Systems
    • 6.1.3 Conveyors
    • 6.1.4 Palletizers
    • 6.1.5 Automated Storage and Retrieval System (ASRS)
    • 6.1.6 Mobile Robots (AGVs and AMRs)
  • 6.2 By Function
    • 6.2.1 Storage
    • 6.2.2 Packaging
    • 6.2.3 Trans-shipment
    • 6.2.4 Other Functions
  • 6.3 By End-user Industry
    • 6.3.1 Food and Beverage
    • 6.3.2 Automotive
    • 6.3.3 Retail
    • 6.3.4 Electrical and Electronics
    • 6.3.5 Pharmaceutical
    • 6.3.6 Other End-user Industries
  • 6.4 By Geography
    • 6.4.1 North America
      • 6.4.1.1 United States
      • 6.4.1.2 Canada
    • 6.4.2 Europe
      • 6.4.2.1 United Kingdom
      • 6.4.2.2 Germany
      • 6.4.2.3 France
      • 6.4.2.4 Rest of Europe
    • 6.4.3 Asia-Pacific
      • 6.4.3.1 China
      • 6.4.3.2 South Korea
      • 6.4.3.3 Japan
      • 6.4.3.4 Rest of Asia-Pacific
    • 6.4.4 Latin America
    • 6.4.5 Middle-East and Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 ABB Limited
    • 7.1.2 Kiva Systems (Amazon Robotics LLC)
    • 7.1.3 TGW Logistics Group GMBH
    • 7.1.4 Singapore Technologies Engineering Ltd (Aethon Incorporation)
    • 7.1.5 InVia Robotics Inc.
    • 7.1.6 Fanuc Corporation
    • 7.1.7 Honeywell International Incorporation
    • 7.1.8 Toshiba Corporation
    • 7.1.9 Omron Adept Technologies
    • 7.1.10 Yaskawa Electric Corporation (Yaskawa Motoman)
    • 7.1.11 Kuka AG
    • 7.1.12 Fetch Robotics Inc.
    • 7.1.13 Geek+ Inc.
    • 7.1.14 Grey Orange Pte Ltd
    • 7.1.15 Hangzhou Hikrobot Technology Co. Ltd
    • 7.1.16 Syrius Robotics
    • 7.1.17 Locus Robotics

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 FUTURE OF THE MARKET