デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1438453

ハイパースケールデータセンター:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Hyperscale Datacenter - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 100 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.74円
ハイパースケールデータセンター:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 100 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

ハイパースケールデータセンター市場規模は、2024年に1,012億3,000万米ドルと推定され、2029年までに1,309億8,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に5.29%のCAGRで成長します。

ハイパースケールデータセンター- 市場

ハイエンドアプリケーションにサービスを提供するためのコンピューティングとストレージの要件が増大したため、ハイパースケールデータセンターは近年非常に強力になってきています。ビジネスに不可欠なアプリが増加しており、その結果、データセンターがより複雑になっています。 Web、eコマース、ソーシャルメディア、ビッグデータ、コンピューティング、オンラインゲームホスティング、Hadoopの人気の高まりに伴い、アプリケーションの速度、エネルギー効率、サーバー密度を向上させるインフラストラクチャのニーズが増加しています。

主なハイライト

  • 最近まで、データは新興経済の基盤であると考えられていました。ほぼすべての企業は以前よりも多くのデータを使用しており、将来的にはさらに多くのデータを消費する可能性があります。この急速に増加するデータ生成は、どこかに保存してアクセスする必要があります。 Cisco Systemsによると、世界のIPデータトラフィックは、2016年の月あたり96,054ペタバイトから、2018年には月あたり150,910ペタバイトに増加し、昨年は月あたり278,108ペタバイトに達しました。
  • さらに、従来の配布方法をバイパスしてインターネット経由で利用できるアプリやサービスを介したオーバーザトップ(OTT)アプリケーションの需要が高まっています。オーバーザトップサービスで利用できるサービスは、メディアおよび通信分野に大きく関連しており、低コストでアクセスでき、大量のデータ増加に貢献し、市場を牽引しています。
  • さらに、デジタルトランスフォーメーション戦略の一環として、IoT、クラウド、ビッグデータ、複数の企業にわたる分析の採用が急速に増加しているため、データセンターの負担も増大しており、世界中でハイパースケールデータセンターの成長につながっています。
  • 大規模なクラウドサービス、eコマース、医薬品の高度な調査、石油・ガス、航空宇宙、証券取引所などを提供する企業は、必要なネットワークインフラストラクチャに投資しています。ただし、既存の次世代ファイアウォール(NGFW)は依然としてハイパースケールアーキテクチャの大規模なスケールとパフォーマンスのニーズを満たす必要があるため、これらのニーズを満たすセキュリティソリューションを調達することは課題となります。
  • 最近の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的流行により、データセンターの需要はハイパースケール企業とクラウドプラットフォームによる旺盛な購入によって二分化されています。対照的に、多くの企業ユーザーの支出は鈍化しました。パンデミックによるリース活動は、重要なクラウド市場に集中しました。パンデミック後、デジタル化の導入が進み、企業がハイブリッドおよびリモート勤務モデルに移行することにより、市場は急速に成長しています。

ハイパースケールデータセンター市場動向

クラウドコンピューティングおよびその他の高性能テクノロジーに対する需要の増大が市場を牽引

  • テクノロジーの応用の拡大とクラウドに対する消費者の傾向により、クラウドベースのソリューションに対する需要が急増しています。このテクノロジーにより、ユーザーは離れた場所からデータにアクセスできるようになります。オンプレミスのインフラストラクチャを構築して維持するのではなく、データをクラウドに移行してコストとリソースを節約することの重要性について企業の間で認識が高まっており、クラウドベースのソリューションの需要が高まっています。
  • これらの利点により、大企業と中小企業はクラウドベースのソリューションをますます採用しています。今後数年間で、クラウドコンピューティングと仮想化により、ソフトウェアを分割することでセットアップコストを節約できるようになり、最終的にはハードウェアの使用量の削減につながるでしょう。
  • 世界中の企業や政府機関は、テスト環境から、より業務クリティカルなワークロードとコンピューティングインスタンスをクラウドに配置する環境に移行しています。同様に、消費者にとって、クラウドサービスは、どこからでも複数のデバイスでコンテンツやサービスに簡単にアクセスできるようにします。
  • データストレージとマネージドホスティングサービスの需要は、インドネシア全土で劇的に増加すると予想されています。ジャカルタの2つのデータセンターは、ビジネス目標の達成に役立つ柔軟な施設設計を必要とするクライアント、特にクラウドサービスプロバイダーや金融業界のニーズに対応します。今年 4月、大手ITインフラストラクチャおよびサービス企業の1つであるNTT Ltdは、東南アジアで成長するデジタル経済をサポートするために、インドネシア最大のデータセンター(ジャカルタで3番目のデータセンター)を立ち上げ、ハイパースケールデータセンターの設置面積を拡大しました。
  • 企業がクラウドコンピューティングを使用する最も一般的な方法の1つは、多くの主要な世界的テクノロジー企業が提供する多数の「as-a-service」代替手段を使用することです。これらのサービスにより、企業はオンプレミスのインフラストラクチャを必要とせずに、コンピューティング能力、ソフトウェア、その他のクラウド関連の操作にアクセスできるようになります。 Flexera Softwareによると、今年 3月の時点で、回答者の46%がすでにアマゾンウェブサービス上で重要なワークロードを実行しています。

ドイツが主要な市場シェアを保持すると予想される

  • 世界のパンデミック中の電子取引、システム、デジタル情報の急増により、欧州のデジタルトラフィックは大幅に増加しました。新しい企業の急速な台頭と増え続ける人口と相まって、ハイパースケールデータセンターの需要が高まります。
  • ここ数年、ドイツのデータセンター市場は、ハイパースケールデータセンターの開発の増加と、ドイツにおける投資と地域クラウドネットワーク開発を促進しているGDPRの施行により、著しく成長しました。
  • クラウドの利用と投資の増加により、国内の多くの企業がドイツのクラウドインフラストラクチャの改善を促進し、それが市場の成長を推進しています。たとえば、Googleは2021年 8月に、ドイツでの再生可能エネルギーの利用を強化し、クラウドコンピューティングインフラストラクチャを開発するために、2030年までに10億ユーロを投資すると発表しました。
  • 今年 6月、Vantageデータセンターは、ベルリンとワルシャワの2つのグリーンフィールドキャンパスでの運用開始を発表しました。これらの新しいサイトは、Vantageの20億米ドルの欧州拡張の一部であり、ハイパースケーラーとクラウドプロバイダーに人気の2つの市場でデータセンターキャンパスを提供します。
  • さらに、今年 2月には、112メガワット、120万平方フィート(108,000平方メートル)のハイパースケールデータセンターキャンパスが、米国と欧州のハイパースケールデータセンターの開発および運営会社であるCloud HQによってオッフェンバッハに建設されています。 ,ドイツ、フランクフルトの南東に隣接する都市。総投資額は11億ユーロ(11億5,000万米ドル)で、CloudHQのフランクフルトデータセンターキャンパスは、完全に建設されればドイツ最大のハイパースケールデータセンターの1つとなります。

ハイパースケールデータセンター業界の概要

ハイパースケールデータセンター市場は適度に細分化されており、世界の企業と中小企業の両方が存在します。さらに、ハイパースケールデータセンターは、ベンダーに成長機会を提供するためにさまざまな業界で使用されています。市場のプレーヤーは、自社の製品提供を強化し、持続可能な競争上の優位性を獲得するために、パートナーシップや買収などの戦略を採用しています。

2022年 10月、Microsoft Corporationは、インドにおける複数都市データセンター戦略の一環として、プネに大規模なハイパースケールデータセンターを開発することを計画しています。開発の一環として、同社はフィノレックス・インダストリーズとの長期リース契約を通じ、約329カロールインドルピー(4,020万米ドル)で市のピンプリ・ワーゲレ地域にある25エーカーの土地区画を取得しました。この敷地にデータセンターを開発する計画です。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ
    • 代替製品の脅威
  • 業界のバリューチェーン分析
  • テクノロジーのスナップショット
  • 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の市場への影響の評価

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • クラウドコンピューティングおよびその他の高性能テクノロジーに対する需要の増大
  • 市場の課題
    • データセンターのセキュリティの課題
    • 過剰なエネルギー消費と非効率な容量計画
  • 市場機会

第6章 市場セグメンテーション

  • エンドユーザー別
    • 企業
    • コロケーションプロバイダー
  • 国別
    • 米国
    • カナダ
    • 中国
    • 日本
    • オーストラリア
    • 英国
    • ドイツ
    • その他

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Hewlett Packard Enterprise Co
    • Cisco Systems Inc.
    • Huawei Technologies Co.
    • Nvidia Corporation
    • Quanta Computer Inc.
    • IBM Corporation
    • Amazon Web Services Inc.
    • Microsoft Corporation
    • Alibaba Group
    • Alphabet Inc.
    • Facebook Inc.

第8章 投資分析

第9章 市場の将来

目次
Product Code: 66976

The Hyperscale Datacenter Market size is estimated at USD 101.23 billion in 2024, and is expected to reach USD 130.98 billion by 2029, growing at a CAGR of 5.29% during the forecast period (2024-2029).

Hyperscale Datacenter - Market

Hyperscale data centers have become highly powerful in recent years due to the increased computing and storage requirements to serve high-end applications. Business-critical apps are increasing, resulting in greater data center complexity. With the rising popularity of the web, e-commerce, social media, big data, computing, online gaming hosting, and Hadoop, the infrastructure needs to improve application speed, energy efficiency, and server density are increasing.

Key Highlights

  • In the recent past, data was considered the foundation of an emerging economy. Almost all enterprises use more data than before and will probably consume even more data in the future. This rapidly increasing data generation must be stored and accessed from somewhere. According to Cisco Systems, the global IP data traffic increased from 96,054 petabytes per month in 2016 to 150,910 petabytes per month in 2018, and it reached 278,108 petabytes per month last year.
  • Moreover, the rising demand for over-the-top (OTT) applications through an app or service that can be availed over the internet bypass traditional distribution practices. Services available for over-the-top services are significantly related to the media and communication sector, which can be accessed at a lower cost and contributes to massive data growth, thereby driving the market.
  • Furthermore, owing to the rapidly increasing adoption of IoT, cloud, and Big Data, analytics across multiple enterprises as a part of their digital transformation strategy, the burden on the data centers is also increasing, leading to growth in the hyperscale data centers globally.
  • Enterprises that offer large cloud services, e-commerce, advanced research of pharmaceuticals, oil and gas, aerospace, stock exchange, and others have invested in the network infrastructure they require. However, sourcing security solutions to meet these needs presents a challenge since existing next-generation firewalls (NGFWs) still need to meet the massive scale and performance needs of hyperscale architectures.
  • With the recent outbreak of COVID-19 worldwide, the demand for the data center is bifurcated with strong buying by hyperscale companies and cloud platforms. In contrast, there was a slowdown in spending by many enterprise users. Pandemic-driven leasing activity was concentrated in significant cloud markets. After the pandemic, the market is growing rapidly with the increased adoption of digitization and enterprises moving toward hybrid and remote working models.

Hyperscale Data Center Market Trends

Growing Demand for Cloud Computing and Other Hight Performance Technologies Driving the Market

  • The demand for cloud-based solutions is surging, owing to the growing application of technology and consumer propensity towards the cloud. This technology allows the user to access the data from remote locations. The increasing realization among companies about the importance of saving money and resources by moving their data to the cloud rather than building and maintaining on-premise infrastructure is driving the demand for cloud-based solutions.
  • Owing to these benefits, large enterprises and SMEs are increasingly adopting cloud-based solutions. Over the next few years, cloud computing and virtualization will be able to save the setup cost of software by dividing it, ultimately leading to decreasing the use of hardware.
  • Enterprises and government organizations worldwide are moving from test environments to placing more work-critical workloads and compute instances into the cloud. Similarly, for consumers, cloud services offer anywhere and easy access to content and services on multiple devices.
  • The demand for data storage and managed hosting services is expected to increase dramatically across Indonesia. Jakarta's two Data Centers will accommodate clients' needs, particularly cloud service providers and the financial industry, which require flexible facility designs to help them achieve their business objectives. In April this year, NTT Ltd, one of the leading IT infrastructure and services companies, expanded its hyperscale data center footprint by launching the largest data center in Indonesia (Jakarta's third data center) to support the growing digital economy in Southeast Asia.
  • One of the most common methods for businesses to use cloud computing is to use the numerous "as-a-service" alternatives provided by many major global technology corporations. These services give businesses access to computing power, software, and other cloud-related operations without the need for on-premises infrastructure. According to Flexera Software, as of March this year, 46% of respondents are already running significant workloads on Amazon Web Services.

Germany is Expected to Hold Major Market Share

  • European digital traffic increased tremendously due to the surge in electronic transactions, systems, and digital information during the global pandemic. When paired with the rapid rise of new firms and the ever-increasing population, this boosts demand for hyperscale data centers.
  • Over the past few years, the German data center market has grown notably with the rise in the development of hyperscale data centers, and owing to the implementation of GDPR, which has been driving investments and the regional cloud network development in Germany.
  • The growing usage of the cloud and investments encourage many players in the country to improve cloud infrastructure in Germany, which drives the market's growth. For instance, in August 2021, Google announced it would invest EUR 1 billion by 2030 to enhance renewable energy use and develop its cloud computing infrastructure in Germany.
  • In June this year, Vantage data centers announced the start of operations at two greenfield campuses in Berlin and Warsaw. The new sites are part of Vantage's USD 2 billion European expansion to offer hyperscalers and cloud providers with data center campuses in two sought-after markets.
  • Moreover, in February this year, A 112-megawatt, 1.2 million sqft (108k sqm), hyper-scale data center campus is being built by Cloud HQ, a hyper-scale data center developer and operator in the US and Europe, in Offenbach, Germany, a city that borders Frankfurt to the southeast. With a total investment of EUR 1.1 billion (USD 1.15 billion), CloudHQ's Frankfurt data center campus will be one of Germany's biggest hyperscale data centers once fully constructed.

Hyperscale Data Center Industry Overview

The hyperscale data center market is moderately fragmented, with the presence of both global players and small and medium-sized enterprises. Moreover, hyperscale data centers are used in various industries to provide vendors with growth opportunities. Players in the market are adopting strategies, such as partnerships and acquisitions to enhance their product offerings and gain sustainable competitive advantage.

October 2022, Microsoft Corporation plans to develop a large hyperscale data center in Pune as part of its multi-city data center strategy in India. As a part of the development, the company acquired a 25-acre land parcel in the Pimpri-Waghere locality of the city through an agreement with Finolex Industries to transfer the long-term lease for approximately INR 329 crore (USD 40.2 million), and it is planning to develop the data center on this plot.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Force Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Intensity of Competitive Rivalry
    • 4.2.5 Threat of Substitute Products
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Technology Snapshot
  • 4.5 Assessment of the Impact of COVID-19 on the Market

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Growing Demand for Cloud Computing and Other High Performance Technologies
  • 5.2 Market Challenges
    • 5.2.1 Data Center Security Challenges
    • 5.2.2 Excessive Energy Consumption and Inefficient Capacity Planning
  • 5.3 Market Opportunities

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By End User
    • 6.1.1 Enterprises
    • 6.1.2 Colocation Providers
  • 6.2 By Country
    • 6.2.1 United States
    • 6.2.2 Canada
    • 6.2.3 China
    • 6.2.4 Japan
    • 6.2.5 Australia
    • 6.2.6 United Kingdom
    • 6.2.7 Germany
    • 6.2.8 Other Countries

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles*
    • 7.1.1 Hewlett Packard Enterprise Co
    • 7.1.2 Cisco Systems Inc.
    • 7.1.3 Huawei Technologies Co.
    • 7.1.4 Nvidia Corporation
    • 7.1.5 Quanta Computer Inc.
    • 7.1.6 IBM Corporation
    • 7.1.7 Amazon Web Services Inc.
    • 7.1.8 Microsoft Corporation
    • 7.1.9 Alibaba Group
    • 7.1.10 Alphabet Inc.
    • 7.1.11 Facebook Inc.

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 FUTURE OF THE MARKET