市場調査レポート
商品コード
1438400

プロジェクトロジスティクス:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Project Logistics - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 160 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=157.89円
プロジェクトロジスティクス:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 160 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

プロジェクトロジスティクス市場規模は、2024年に4,363億4,000万米ドルと推定され、2029年までに5,826億9,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に5.95%のCAGRで成長します。

プロジェクトロジスティクス- 市場

プロジェクトロジスティクスには、プロジェクトの全プロセスにわたる物品、資材、情報の包括的な管理と調整が含まれます。大型貨物の輸送には、専門的な設備、インフラ、経験豊富な人材が必要です。独特な寸法の貨物を扱うことは運送業者にとって常に課題となっていますが、荷主やサービスプロバイダーは特大サイズや重量物の貨物の取り扱いにますます熟練してきています。部品やモジュール式パッケージはさまざまな場所で生産され、最終目的地に出荷されるため、綿密な計画が必要となるため、製造の複雑さも困難の一因となります。近年、計画プロセスの初期段階で交通機関を関与させる傾向が強まっています。

アジア太平洋地域はプロジェクトロジスティクス市場をリードしており、最も高い成長率が見込まれています。インフラ投資はアジア太平洋諸国の経済発展に重要な役割を果たしており、一部の国は国内インフラの整備を優先しています。

Global Project Logistics Network(GPLN)などのいくつかの確立された組織は、地球規模でのプロジェクトロジスティクスを専門としています。 GPLNメンバーは、インフラストラクチャやエネルギープロジェクトを含む幅広い産業プロジェクトを扱い、輸送、梱包/木箱詰め、重量物、特大物、規格外の貨物の持ち上げなどのサービスを提供しています。

2020年から2021年にかけて新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックが最盛期を迎えた際、世界中の必需品を輸送するためのプロジェクトロジスティクス部門において、航空貨物の需要が高まりました。

プロジェクトロジスティクス市場動向

再生可能エネルギーの利用拡大によりプロジェクトロジスティクス会社のチャンスが拡大

国際エネルギー機関の最新情報によると、政策支援の拡大、化石燃料価格の高騰、エネルギー安全保障への懸念などの要因により、世界の再生可能発電容量は2023年に3分の1増加すると予想されています。

この成長は来年も続き、世界の再生可能電力の総容量は4,500ギガワットに達し、これは中国と米国の合計出力に相当します。 2023年には、世界の再生可能エネルギー容量は107ギガワット増加すると予測されており、絶対増加量としては過去最大となり、440ギガワット以上に達します。

この拡大は、欧州、米国、インド、中国を筆頭に、世界中の主要市場で起こっています。特に中国は、2023年と2024年の両時期に世界の再生可能電力追加容量の55%近くを占めると予想されています。

風力発電設備は2023年に大幅な回復が見込まれており、前年比で70%近く増加すると予想されています。これは、業界の低成長という困難な時期を経てのことです。成長の改善は、中国でのCOVID-19感染症による制限と欧州と米国でのサプライチェーンの問題により遅れたプロジェクトの完了に起因すると考えられます。

ただし、2024年の成長の程度は、許可とオークションの設計に関連する障害に対処するために政府がより多くの政策支援を提供できるかどうかによって決まります。太陽光発電部門とは異なり、風力タービンのサプライチェーンは、中期的な需要の増加に追いつくほど急速に拡大していません。これは主に、商品価格の高騰とサプライチェーンの困難がメーカーの収益性に影響を与えているためです。

この再生可能エネルギーの要件には、機械やその他の部品が非常に巨大であるため、個別に輸送されてから現場で組み立てられるため、プロジェクトの物流が組み込まれています。

市場を牽引するモジュラー構造の成長

持続可能なインフラの必要性により、効率的で環境に優しい建設技術の開発が推進されています。従来の建設方法では、持続可能なインフラの要件を満たすにはもはや十分ではない可能性があります。モジュール化は、従来の建設方法の柔軟性のなさに対する解決策を提供します。モジュール式建設を使用することにより、建設コストを40%削減できる可能性があり、現場の準備とモジュール式プレハブの作業を同時に行うことができます。

モジュール式(オフサイト)工法への移行は、特に人件費が低く、プレハブエリアに十分な土地がある新興諸国に新たな市場を生み出します。持続可能なインフラ開発をサポートするという観点から、プレファブ工法は、同規模の従来の工法と比較して、鋼材の使用量が60%、コンクリートの使用量が56%、型枠の使用量が77%削減されるなど、材料の大幅な節約につながる可能性があります。

ただし、モジュール式プレハブのコンセプトには、規模の経済性やISOコンテナのサイズを超えるモジュール式コンポーネントの輸送の複雑さなど、依然として課題があります。このオフサイト建設モデルは、各国の競争上の優位性に応じて、特定の地理的地域内での国際貿易の機会も開きます。国際自由貿易の成長は、より幅広いビジネスチャンスと新たな貿易関係の可能性をもたらします。国際貿易および地域貿易により、エンジニアリング、調達、建設(EPC)プロジェクトの海外貿易も増加しています。海外 EPCプロジェクトにモジュール構造を使用するという決定は、プロジェクトの貨物輸送の発展と、国内および海外の物流コストを含むプロジェクトの物流への全体的な投資に影響を与えます。国内物流費には製造費(加工費、生コンクリート、バラ材、鉄筋、鋼材)が含まれます。対照的に、海外物流コストには、船舶チャーター料金、バンカー価格、為替、距離、容積測定、保険、通関が含まれます。

プロジェクトロジスティクス業界の概要

プロジェクトロジスティクス市場は細分化されており、世界のプレーヤーと中小規模の地元プレーヤーが存在します。世界の物流企業のほとんどは、市場のニーズと需要を満たすために特別なプロジェクトの貨物部門を持っています。地元の企業も、車両規模、提供するサービス、提供する業界、テクノロジーの面で自社の能力をますます強化しています。世界の製造業者は工場敷地内(オフサイト)で大型のコンポーネントを製造しており、重量物運送会社にとっては非常に複雑な状況となっています。多額の資本と資産を有する世界企業は、アップグレードされた車両に投資し、このシナリオの恩恵を受けることができます。一方で、地域および地元の企業も、予定された時間内にプロジェクトを実行する際のクライアントのニーズをサポートするための、より優れた業界ソリューションを考案しています。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の成果
  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

  • 分析調査手法
  • 調査段階

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場概要

  • 現在の市場シナリオ
  • 市場力学
    • 促進要因
      • 再生可能エネルギープロジェクトによるプロジェクトロジスティクスの需要の増加
      • インフラへの投資の増加
    • 抑制要因
      • 高額な初期資本投資
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
  • 業界のバリューチェーン分析
  • 政府の規制と取り組み
  • 世界物流セクター(概要、LPIスコア、主要な貨物統計など)
  • スポットライト-プロジェクト貨物における複合一貫輸送の役割
  • 洞察-石油・ガスの小売物流セクター
  • 重量物・大型貨物のレビューと解説
  • プレハブ産業に注目- 輸送におけるプロジェクトロジスティクス会社の役割
  • 重量貨物を移動するためのカスタマイズされたトレーラーメーカーに関する洞察
  • 契約物流・一貫物流の需要に注目

第5章 市場セグメンテーション

  • サービス
    • 輸送機関
    • 転送
    • 在庫管理と倉庫保管
    • その他の付加価値サービス
  • エンドユーザー
    • 石油・ガス、鉱業、採石業
    • エネルギーと電力
    • 建設
    • 製造業
    • その他のエンドユーザー
  • 地域
    • アジア太平洋
    • 南北アメリカ
    • 欧州
    • 中東とアフリカ

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Rhenus Logistics
    • Bollore Logistics
    • Agility Logistics
    • EMO Trans
    • Hellmann Worldwide Logistics
    • Kuehne+Nagel International AG
    • CH Robinson Worldwide Inc.
    • Ceva Logistics
    • NMT Global Project Logistics
    • Rohlig Logistics
    • Ryder System Inc.
    • Expeditors International of Washington Inc.
    • Megalift Sdn Bhd
    • Dako Worldwide Transport GmbH
    • CKB Logistics Group
    • SAL Heavy Lift GmbH
    • DB Schenker
    • Kerry Logistics
    • Deutsche Post DHL*
  • 市場のその他の企業
    • FLS Transportation Services, Crowley Logistics, Highland Forwarding Inc., Kinetix International Logistics, Cole International Inc., Hisiang Logistics Co. Ltd, Sea Cargo Air Cargo Logistics Inc., and Bati Group

第7章 市場機会と将来の動向

第8章 付録

  • 活動別のGDP分布-主要国
  • 資本の流れに関する洞察- 主要国
  • 経済統計-運輸・保管部門と経済への貢献(主要国)
  • 主要な世界プロジェクトのリスト(石油・ガス、建設、インフラ開発など)
  • 貨物統計(モード、商品カテゴリなど)*

第9章 免責事項

目次
Product Code: 66532

The Project Logistics Market size is estimated at USD 436.34 billion in 2024, and is expected to reach USD 582.69 billion by 2029, growing at a CAGR of 5.95% during the forecast period (2024-2029).

Project Logistics - Market

Project logistics encompasses the comprehensive management and coordination of goods, materials, and information throughout the entire process of a project. The transportation of large-sized cargo requires specialized equipment, infrastructure, and experienced personnel. Dealing with cargo of unique dimensions poses a constant challenge for transporters, but shippers and service providers are becoming more adept at handling oversized and heavyweight shipments. The complexity of manufacturing also contributes to the difficulty, as parts and modular packages are produced in various locations and then shipped to their final destinations, necessitating meticulous planning. In recent years, there has been a growing trend of involving transportation providers in the early stages of the planning process.

The Asian-Pacific region leads the market in project logistics and is expected to experience the highest growth rate. Infrastructure investment has played a significant role in the economic development of Asia-Pacific countries, with some nations prioritizing the advancement of their domestic infrastructure.

Several established organizations, such as the Global Project Logistics Network (GPLN), specialize in project logistics on a global scale. GPLN members handle a wide range of industrial projects, including infrastructure and energy projects, providing services such as transportation, packing/crating, and the lifting of heavy, oversized, and out-of-gauge cargo.

During the height of the COVID-19 pandemic in 2020-21, air freight was in high demand within the project logistics sector for the transportation of essential items worldwide.

Project Logistics Market Trends

Increasing Usage of Renewable Energies Boosts Opportunities for Project Logistics Companies

According to the latest update from the International Energy Agency, global renewable power capacity is expected to increase by a third in 2023 due to factors such as growing policy support, higher fossil fuel prices, and concerns about energy security.

This growth will continue next year, with the world's total renewable electricity capacity reaching 4,500 gigawatts, equivalent to the combined power output of China and the United States. In 2023, global renewable capacity is projected to increase by 107 gigawatts, the largest absolute increase ever recorded, reaching over 440 gigawatts.

This expansion is happening in major markets worldwide, with Europe, the United States, India, and China leading the way. China, in particular, is expected to account for nearly 55% of global renewable power capacity additions in both 2023 and 2024.

Wind power installations are expected to experience a significant recovery in 2023, with a projected increase of nearly 70% compared to the previous year. This comes after a challenging period of slow growth in the industry. The improved growth can be attributed to the completion of projects that were delayed due to COVID-19 restrictions in China and supply chain issues in Europe and the United States.

However, the extent of growth in 2024 will depend on whether governments can offer more policy support to address obstacles related to permitting and auction design. Unlike the solar PV sector, the wind turbine supply chains are not expanding quickly enough to keep up with the growing demand in the medium term. This is primarily due to escalating commodity prices and difficulties in the supply chain, which are impacting the profitability of manufacturers.

This renewable energy requirement incorporates project logistics as the machines and other parts are so huge that they are shipped separately and then assembled at the site.

Growing Modular Construction Driving The Market

The need for sustainable infrastructure is driving the development of construction technology that is efficient and environmentally friendly. The traditional construction method may no longer be sufficient to meet the requirements of sustainable infrastructure. Modularization offers a solution to the inflexibility of conventional construction methods. By using modular construction, the cost of construction can potentially be reduced by 40%, and activities can be carried out simultaneously on site preparation and modular prefabrication.

The shift towards modular (offsite) construction methods creates a new market, particularly for developing countries that have low labor costs and ample land for prefabrication areas. In terms of supporting sustainable infrastructure development, prefabrication methods can lead to significant material savings, such as 60% less steel, 56% less concrete, and 77% less formwork compared to conventional construction methods of a similar scale.

However, there are still challenges with the modular prefabrication concept, such as the economics of scale and the complexity of transporting modular components that exceed the size of ISO containers. This offsite construction model also opens up opportunities for international trade within specific geographical regions, depending on each country's competitive advantages. The growth of international free trade provides broader business opportunities and potential for new trading connections. International and regional trade also increases the overseas trading of engineering, procurement, and construction (EPC) projects. The decision to use modular construction for overseas EPC projects impacts the development of project cargo movement and the overall investment in project logistics, including domestic and overseas logistics costs. Domestic logistics costs include manufacturing costs (fabrication, ready-mix concrete, bulk materials, rebar, and steel materials). In contrast, overseas logistics costs include vessel charter rates, bunker pricing, currency exchange, distance, volumetric sizing, insurance, and customs clearance.

Project Logistics Industry Overview

The project logistics market is fragmented, with the presence of global players and small- and medium-sized local players. Most global logistics players have a special project cargo division to meet the market needs and demand. Local players are also increasingly enhancing their capabilities in terms of fleet size, service offerings, industries served, and technology. Global manufacturers are making large and oversized components in the factory sites (off-site), which creates huge complexities for heavy cargo haulage companies. Global companies with high capital and assets can invest in upgraded fleets and benefit from this scenario. On the other hand, regional and local players are also coming up with better industry solutions to support the client's needs in executing the projects in the scheduled time.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Deliverables
  • 1.2 Study Assumptions
  • 1.3 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

  • 2.1 Analysis Methodology
  • 2.2 Research Phases

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET OVERVIEW

  • 4.1 Current Market Scenario
  • 4.2 Market Dynamics
    • 4.2.1 Drivers
      • 4.2.1.1 Increasing Demand For Project Logistics From Renewable Energy Projects
      • 4.2.1.2 Increasing Investments In Infrastructure
    • 4.2.2 Restraints
      • 4.2.2.1 High Initial Capital Investment
  • 4.3 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
  • 4.4 Industry Value Chain Analysis
  • 4.5 Government Regulations and Initiatives
  • 4.6 Global Logistics Sector (Overview, LPI Scores, Key Freight Statistics, Etc.)
  • 4.7 Spotlight - Role of Multimodal Transport in Project Cargo
  • 4.8 Insights - Retail Oil and Gas Logistics Sector
  • 4.9 Review and Commentary on Heavy and Large Dimension Shipments
  • 4.10 Focus on the Prefabrication Industry - Role of Project Logistics Companies in Transportation
  • 4.11 Insights into Customized Trailer Manufacturers for Moving Heavy Cargo
  • 4.12 Spotlight on the Demand for Contract Logistics and Integrated Logistics

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Service
    • 5.1.1 Transportation
    • 5.1.2 Forwarding
    • 5.1.3 Inventory Management and Warehousing
    • 5.1.4 Other Value-added Services
  • 5.2 End User
    • 5.2.1 Oil and Gas, Mining, and Quarrying
    • 5.2.2 Energy and Power
    • 5.2.3 Construction
    • 5.2.4 Manufacturing
    • 5.2.5 Other End Users
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 Asia-Pacific
    • 5.3.2 Americas
    • 5.3.3 Europe
    • 5.3.4 Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Overview (Market Concentration and Major Players)
  • 6.2 Company Profiles
    • 6.2.1 Rhenus Logistics
    • 6.2.2 Bollore Logistics
    • 6.2.3 Agility Logistics
    • 6.2.4 EMO Trans
    • 6.2.5 Hellmann Worldwide Logistics
    • 6.2.6 Kuehne + Nagel International AG
    • 6.2.7 C.H. Robinson Worldwide Inc.
    • 6.2.8 Ceva Logistics
    • 6.2.9 NMT Global Project Logistics
    • 6.2.10 Rohlig Logistics
    • 6.2.11 Ryder System Inc.
    • 6.2.12 Expeditors International of Washington Inc.
    • 6.2.13 Megalift Sdn Bhd
    • 6.2.14 Dako Worldwide Transport GmbH
    • 6.2.15 CKB Logistics Group
    • 6.2.16 SAL Heavy Lift GmbH
    • 6.2.17 DB Schenker
    • 6.2.18 Kerry Logistics
    • 6.2.19 Deutsche Post DHL*
  • 6.3 Other Players in the Market
    • 6.3.1 FLS Transportation Services, Crowley Logistics, Highland Forwarding Inc., Kinetix International Logistics, Cole International Inc., Hisiang Logistics Co. Ltd, Sea Cargo Air Cargo Logistics Inc., and Bati Group

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

8 APPENDIX

  • 8.1 GDP Distribution, by Activity - Key Countries
  • 8.2 Insights into Capital Flows - Key Countries
  • 8.3 Economic Statistics - Transport and Storage Sector, and Contribution to Economy (Key Countries)
  • 8.4 List of Major Global Projects (Oil and Gas, Construction, Infrastructure Development, Etc.)
  • 8.5 Freight Statistics (Mode, Product Category, Etc.)*

9 DISCLAIMER