デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1438278

トニックウォーター:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024-2029年)

Tonic Water - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 130 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.31円
トニックウォーター:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024-2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 130 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

トニックウォーター市場規模は2024年に12億9,000万米ドルと推定され、2029年までに18億5,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に7.45%のCAGRで成長します。

トニックウォーター- マーケット

もともとトニックウォーターはマラリアの治療薬として使用されていましたが、現在ではキニーネの含有量が大幅に減少し、その独特の苦味を求めて消費されています。アルコール飲料、特にジンによく使用されます。しかし現在、トニックウォーターはキニーネ濃度が低く、さまざまなフレーバーを備えた通常の飲み物として入手できます。市場関係者は、低キニーネ、コーンシロップ、高果糖糖、およびさまざまなフレーバーを使用したトニックウォーターを革新してきました。たとえば、2022年9月、オーストラリアの飲料会社CapiはMalfy Jinと提携し、全天然成分「Sunset Tonic」を発売しました。このトニックは、マルフィージンのさわやかな柑橘系の香りのジンと組み合わせて、マルフィーサンセットと呼ばれるジントニックを作ります。さらに、近代化による可処分所得の増加が市場を牽引し、アルコール飲料としてのトニックウォーターの普及、トニックウォーターの人気の高まりにより需要が急増しています。

トニックウォーターはその健康上の利点から多くの地域で成長しています。キニーネが含まれているため、トニックウォーターはマラリアの治療に使用されます。脚のけいれんを軽減し、ストレスを解消し、アルコールの代替品として働き、アルコール摂取量を減らし、糖分が豊富に含まれているため活力を取り戻します。カジュアルな機会やパーティーなどでのアルコール摂取量の増加により、トニックウォーターの必要量も増加しました。消費者の健康志向が高まったことから、低糖飲料や無糖飲料の需要が高まりました。トニックウォーターメーカーは、消費者のニーズや要望に合わせて製品を作っています。たとえば、2022年 2月、英国に拠点を置く機能性飲料ブランド Buzzedは、天然カフェイン、純粋な花の蜂蜜、ステビアを使用した新しいエネルギートニックウォーターを発売しました。

トニックウォーター市場動向

低糖質で自然な風味のトニックウォーターの需要が高まる

消費者はプレミアムスピリッツを強く好み、独特の特徴を持つ革新的な製品に喜んでお金を費やします。その結果、トニックウォーターをはじめとする高級ミキサーの人気が高まっています。新興国でのカクテル動向の復活により、スーパープレミアムトニックウォーターカテゴリーの成長が加速しました。肥満や糖尿病の問題の増加により、消費者は飲料が低糖またはゼロ糖で味が良いことを望んでいます。

若者は健康志向が高まり、炭水化物含有量の高い製品を避けるようになりました。さらに、ダイエットトニックウォーターは、カロリーや炭水化物が少ない通常のダイエット法よりも糖質が少ないため、消費者の間で受け入れられてきています。企業はまた、ダイエット意識や味の要素に対する消費者の特定のニーズに応えることを目的として、この製品セグメントに新しい天然フレーバーウォーターを導入しています。たとえば、2022年5月、グロスターシャーの有名な部門であるデイルズフォード・オーガニックは、英国で製造されたオーガニックトニックウォーターを発売しました。新しいオーガニックトニックウォーターには、ライト、キュウリ、ワイルドエルダーフラワー、ダマセナローズの4つのフレーバーがあり、キニーネの代わりにタンポポで作られています。

欧州が市場を独占

欧州はジンの消費量が多いことで有名です。ジントニックは欧州で最も有名なカクテルの一つです。トニックウォーターは、その風味とさまざまな飲み物でのさまざまな用途でこの地域で有名です。トニックウォーター市場は、市場関係者による革新的な新製品の発売により、欧州で成長しています。さまざまな味、価格、パッケージで入手できます。消費者の健康志向が注目されるようになり、カロリーゼロ・糖質ゼロのトニックウォーターも数多く発売されています。

さらに、トニックウォーターがスーパーマーケットや小売店で入手できることも市場成長の要因です。たとえば、フィーバーツリーミキサーとトニックウォーターの取引額は、2021年に25.1%でした。パブ、バー、ラウンジの数により、トニックウォーターの需要が増加しました。たとえば、2022年 6月、フィーバーツリーはエディンバラ空港に新しいバーとカフェをオープンしました。ドリンクメニューには、ビール、ワインのほか、厳選された蒸留酒が含まれます。

トニックウォーター業界の概要

トニックウォーター市場における主要な世界的プレーヤーには、The Coca-Cola Company、El Guapo Bitters、Fentimans Ltd.、Fever Tree Drinks Plc、Keurig Dr. Pepper Inc.、London Essence Company、Franklin &Sons Ltd.などがあります。 Fever-Treeは、トニックウォーターに加えて他の蒸留酒のミキサーも含めて製品を拡大しました。商品ラインナップは、シチリアンレモネード、マダガスカルコーラ、ジンジャービール、ジンジャーエールなどです。同社のトニックウォーター同様、ドリンクもさまざまなフレーバーが揃っています。 2021年5月、フェンティマンズは新しい200mlミキサーとトニックシリーズを発売しました。トニックウォーターとその象徴的なジンジャービール、ローズレモネードを含む新しい200 mlミキサーシリーズは、フェンティマン独自の100年にわたる職人技を使用して引き続き製造されます。この範囲には、フェンティマンの多彩な色と風味のトニックも含まれており、幅広い蒸留酒カテゴリーとの組み合わせに適しています。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ

第5章 市場セグメンテーション

  • 製品タイプ
    • レギュラートニックウォーター
    • 低カロリートニックウォーター
    • スリムライントニックウォーター
  • 流通チャネル
    • オントレード
    • オフトレード
      • スーパーマーケット/ハイパーマーケット
      • コンビニエンスストア
      • オンライン小売店
      • その他の流通チャネル
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
      • 北米のその他の地域
    • 欧州
      • 英国
      • ドイツ
      • フランス
      • ロシア
      • イタリア
      • スペイン
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • インド
      • 中国
      • 日本
      • オーストラリア
      • その他アジア太平洋
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米
    • 中東・アフリカ
      • 南アフリカ
      • サウジアラビア
      • その他中東・アフリカ

第6章 競合情勢

  • 最も採用されている戦略
  • 市場シェア分析
  • 企業プロファイル
    • Fevertree Drinks PLC
    • Keurig Dr Pepper, Inc.
    • Fentimans Ltd
    • PepsiCo, Inc.
    • White Rock Beverage Ltd
    • New Orleans Beverage Group, LLC(El Guapo Bitters)
    • The Coca-Cola Company(Schweppes)
    • Franklin & Sons Ltd
    • Britvic PLC(The London Essence Company)
    • Bickford &Sons
    • East Imperial Beverage Corporation
    • Sepoy &Co.

第7章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 64866

The Tonic Water Market size is estimated at USD 1.29 billion in 2024, and is expected to reach USD 1.85 billion by 2029, growing at a CAGR of 7.45% during the forecast period (2024-2029).

Tonic Water - Market

Originally Tonic water was used as a medicine against malaria, but now there is significantly lower quinine content and is consumed for its distinctive bitter flavor. It is often used in alcoholic drinks, particularly in gin. But now tonic water is available as a regular drink with low quinine levels and different flavors. The market players have been innovating tonic water with low quinine, corn syrup, high fructose sugar, and various flavors. For instance, in September 2022, the Australian beverage company Capi partnered with Malfy Gin to launch the all-natural ingredient "Sunset Tonic." The tonic pairs with Malfy Gin's refreshing citrus-flavored gin and makes Gin-Tonic called Malfy Sunset. Additionally, the rising disposable income drives the market due to modernization, the tonic water promotion as a mixer with alcohol, and the increasing tonic water popularity, which is surging demand.

Tonic water is growing in many regions owing to its health benefits. Due to quinine content, tonic water is used for malaria treatment. It reduces leg cramps, works as a stress buster, works as a substitute for alcohol, causing a reduction in alcohol consumption, and re-energizes due to high sugar content. Due to the increased alcohol consumption on casual occasions and parties, the tonic water requirement also increased. Since consumers have become more health conscious, demand for low-sugar or sugar-free beverages increased. Tonic water manufacturers are making products according to consumer needs and wants. For instance, in February 2022, the United Kingdom-based functional beverage brand Buzzed launched a new energy tonic water powered by natural caffeine, pure blossom honey, and stevia.

Tonic Water Market Trends

Increasing Demand for Low-Sugar and Naturally Flavored Tonic Water

Consumers have developed a strong preference for premium spirits and are willing to spend money on innovative products with a distinct characters. As a result, there is a growing preference for premium-priced mixers, including tonic water. The cocktail trend resurgence in emerging economies boosted growth for the super-premium tonic water category. Due to the rise in obesity and diabetes problems, consumers want their drinks to be low or zero sugar with good taste.

The young population became more health conscious and avoided having products with high carbohydrate content. In addition, diet tonic water is gaining increasing acceptance among consumers owing to its lesser sugar content than regular diet variants that possess fewer calories or carbohydrates. Companies are also bringing in new naturally flavored water in this product segment, intending to cater to the consumers' specific needs for diet consciousness and taste factors. For instance, in May 2022, the Famous Gloucestershire arm, Daylesford Organic, launched organic tonic water manufactured in the United Kingdom. The new organic tonic waters come in four flavors - light, cucumber, wild elderflower, and Damascena rose - and are made with dandelion instead of quinine.

Europe Dominates the Market

Europe is famous for its Gin consumption. Gin and tonic are one of the most famous cocktails in Europe. Tonic water is renowned in the region for its flavors and multiple uses in different beverages. The market for tonic water is growing in Europe owing to the new and innovative product launches by market players. It is available in different flavors, prices, and packaging. As consumers are focused on health, different calorie-free and sugar-free tonic waters are also available in the market.

Furthermore, the tonic water availability in supermarkets and retail stores is also a factor in the market's growth. For instance, the on-trade value of Fever Tree Mixers and tonic water was 25.1% in 2021. The demand for tonic water increased due to the number of pubs, bars, and lounges. For instance, in June 2022, Fever Tree opened a new bar and cafe at Edinburgh Airport. The drinks menu includes selected spirits alongside beer, wine, and bubbles.

Tonic Water Industry Overview

Some major key global players in the tonic water market include The Coca-Cola Company, El Guapo Bitters, Fentimans Ltd., Fever Tree Drinks Plc, Keurig Dr. Pepper Inc., London Essence Company, and Franklin & Sons Ltd. In recent years, Fever-Tree expanded its offering to include mixers for other spirits alongside tonic water. The product line-up includes Sicilian lemonade, Madagascan cola, ginger beer, and ginger ale. As with the company's tonic water, drinks come in various flavors. In May 2021, Fentimans launched a new 200 ml mixer and tonic range. The new 200 ml mixer range, including Tonic Water and its iconic Ginger Beer and Rose Lemonade, will continue to be made using Fentiman's unique 100-year-old artisanal technique. The range also includes Fentiman's versatile range of colored and flavored tonics, suitable for pairing with a broad range of spirit categories.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Defination
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Drivers
  • 4.2 Market Restraints
  • 4.3 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.3.3 Threat of New Entrants
    • 4.3.4 Threat of Substitute Products
    • 4.3.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Product Type
    • 5.1.1 Regular Tonic Water
    • 5.1.2 Low Calorie Tonic Water
    • 5.1.3 Slimline Tonic Water
  • 5.2 Distribution Channel
    • 5.2.1 On-Trade
    • 5.2.2 Off-Trade
      • 5.2.2.1 Supermarkets/Hypermarket
      • 5.2.2.2 Convenience stores
      • 5.2.2.3 Online Retail Stores
      • 5.2.2.4 Other Distribution Channels
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
      • 5.3.1.3 Mexico
      • 5.3.1.4 Rest of North America
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 United Kingdom
      • 5.3.2.2 Germany
      • 5.3.2.3 France
      • 5.3.2.4 Russia
      • 5.3.2.5 Italy
      • 5.3.2.6 Spain
      • 5.3.2.7 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
      • 5.3.3.1 India
      • 5.3.3.2 China
      • 5.3.3.3 Japan
      • 5.3.3.4 Australia
      • 5.3.3.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.4 South America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Argentina
      • 5.3.4.3 Rest of South America
    • 5.3.5 Middle-East and Africa
      • 5.3.5.1 South Africa
      • 5.3.5.2 Saudi Arabia
      • 5.3.5.3 Rest of Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Most Adopted Strategies
  • 6.2 Market Share Analysis
  • 6.3 Company Profiles
    • 6.3.1 Fevertree Drinks PLC
    • 6.3.2 Keurig Dr Pepper, Inc.
    • 6.3.3 Fentimans Ltd
    • 6.3.4 PepsiCo, Inc.
    • 6.3.5 White Rock Beverage Ltd
    • 6.3.6 New Orleans Beverage Group, LLC (El Guapo Bitters)
    • 6.3.7 The Coca-Cola Company (Schweppes)
    • 6.3.8 Franklin & Sons Ltd
    • 6.3.9 Britvic PLC (The London Essence Company)
    • 6.3.10 Bickford & Sons
    • 6.3.11 East Imperial Beverage Corporation
    • 6.3.12 Sepoy & Co.

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS