デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1438247

薬局オートメーション:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Global Pharmacy Automation - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 153 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=156.87円
薬局オートメーション:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 153 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

世界の薬局オートメーション市場規模は、2024年に65億4,000万米ドルと推定され、2029年までに99億8,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に8.80%のCAGRで成長します。

世界薬局オートメーション- 市場

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックは薬局オートメーション市場に影響を与えました。たとえば、2021年 1月に通信システムおよびネットワークに関する国際会議が発表した記事では、COVID-19感染症のパンデミック中に中低所得国の農村地域にある一次ヘルスケアセンターや病院に自動薬局システムを導入することで、人々の生活が楽になったと報告しています。基本的および高度なヘルスケア施設に適切にアクセスし、さまざまな病気に対する意識を高め、パンデミックの蔓延を制御し、死亡率を大幅に低下させます。このように、COVID-19感染症のパンデミックにより、薬局の自動化に対する需要が高まりました。市場は、処方薬の配布、分類、包装、計数の電子プロセスや人件費の最小限化による効率の向上など、薬局の自動化に関連するメリットにより、予測期間中に大幅な成長を遂げると予想されています。

調査対象市場の成長を促進する要因は、特殊医薬品の処方箋充填ソリューションに対する需要の増加、投薬ミスを最小限に抑える必要性の高まり、薬局の分散化です。慢性疾患や生命を脅かす疾患の発生率が増加しており、投薬量も増加しています。たとえば、2021年6月にブリティッシュ・メディカル・ジャーナルに掲載された記事では、英国のNHSで推定2億3,700万件の投薬ミスが発生し、回避可能な薬物副作用(ADR)によって数百人の死亡者が発生していると報告しました。したがって、病院や薬局は、患者の安全性を向上させながら運営コストを削減するために、新しい薬局オートメーションテクノロジーを採用しています。

さらに、日本の高齢者人口の増加も市場の成長に貢献しています。たとえば、国連人口ファンが発行した2022年の統計では、日本では生存人口の大部分が15~6歳であり、2022年には59%を占めたと報告されています。また、同じ情報源によると、29%は15~6歳でした。 2022年には、人口に占める割合は65歳以上でした。高齢者は心血管疾患や神経障害などの慢性疾患を発症する傾向が高く、そのため効果的な治療薬の需要が高まる可能性があり、これにより投薬の必要性がさらに加速し、医療費の削減が促進されます。薬局の自動化の必要性。

また、これらの薬局オートメーションシステムは、患者、薬局、重要医療チームのメンバーにいくつかの利点をもたらします。自動化システムには、費用対効果と安全性の面で非常に優れた利点があり、データワークフローを改善することで薬局業務を合理化します。これらすべての技術革新は、薬局が急速に進化する業界で競争力を維持することを促進し、さまざまな形で患者と医師に利益をもたらしてきました。

さらに、主要な市場プレーヤーによる技術開発も調査対象市場の成長を促進しています。たとえば、2021年 9月、Deenovaはドイツで初の契約を獲得し、並行して欧州最大のGDPヘルスケア市場でDeenova事業を確立したと報告しました。この優れた契約特典には、3台のオールインワン包装ロボット、34台のオールインワンステーション薬剤分配ロボット、および安全なベッドサイド認証を備えた72台のオールインワントロリーの配送、設置、フルサービス/サポートが含まれます。 MarieHospitalal Gelsenkirchenは、St. Augustinus Gelsenkirchen GmbHのサービスネットワークの運営会社です。

ただし、発展途上地域および発展途上地域の薬局での自動化導入のわずかな重複は、予測期間中の市場の成長を妨げる可能性があります。

薬局オートメーション市場の動向

自動医薬品調剤システム部門は、予測期間中に大幅な成長を遂げると予想されます。

自動投薬システム部門は、投薬ミスを排除し、手続き時間を短縮し、患者の安全性への懸念を高めるシステムの能力により、予測期間中に大幅な成長を遂げると予想されます。さらに、これらのシステムは、麻薬およびその他の規制薬物を追跡し、薬物使用パターンを監視し、特に入院治療室においてシフト終了時の手作業による麻薬カウントを排除します。また、感染率の上昇により、パンデミック中に医薬品の需要が高まりました。この感染者数の増加は、薬剤師の負担を軽減するための自動調剤システムのニーズにプラスの影響を与え、この部門の成長に貢献しました。

また、自動調剤システムは、セキュリティ、使いやすさ、在庫管理、薬剤管理のバランスをとっているため、その需要が高まります。さらに、在庫や在庫管理を支援する自動化システムに対する需要も高まっています。たとえば、2022年 3月に、CapsaヘルスケアはNexsysADC自動調剤キャビネットスイートを拡張しました。 Nexysysは、2つの新しいサイズのアクセス制御モジュール引き出しに、あらゆるサイズの管理された高価値の医薬品や消耗品を収容できます。同様に、2021年 11月に、SwisslogヘルスケアとCentre Hospitalier-Le Mansは、自動包装および調剤システムTheraPickを使用して薬局分野における専門知識を相乗させるイノベーション契約を締結しました。薬局オートメーションシステムは、薬剤の取り扱いの流れを最適化し、高い患者安全基準の達成を保証します。

北米は薬局オートメーション市場で大きな市場シェアを保持

北米の薬局オートメーション市場は、さまざまな慢性疾患の有病率の増加、北米地域全体の患者数の増加、主要な市場プレーヤーの存在による技術の進歩により、大きなシェアを占めています。

メキシコ人口における慢性疾患の有病率の上昇も、この地域の市場の成長を促進すると予想されます。たとえば、2021年12月に発表された国際糖尿病連盟(IDF)は、メキシコでは推定1,400万人の成人が糖尿病を抱えて暮らしていると述べた。同様に、カナダの人口における心血管疾患の有病率は、調査対象市場の成長に寄与すると予想されます。たとえば、2022年 7月に発表されたカナダ保健情報研究所のデータは、2022年に約240万人のカナダ人が心臓病を患っていると報告しました。北米諸国におけるこのような慢性心血管障害と糖尿病の蔓延により、薬局の自動化に対する需要が増大し、その結果、薬局の自動化への需要が高まっています。

買収や新製品の発売も、この地域の市場の成長を推進しています。たとえば、2021年 8月、ソフトウェア対応の薬局フルフィルメントおよび自動化ソリューションのプロバイダーであるInnovation Associatesは、中央調剤薬局環境で革新的な規模を実現するSmartPodの次世代ロボットを発売しました。 SmartPostはモジュール方式が組み込まれた画期的な自動入力ユニットで、薬局プロバイダーが需要に合わせて集中フルフィルメントソリューションを調整および拡張できるようにします。

同様に、2022年 12月に、Omnicell, Inc.はReCept Holdings, Inc.の買収を完了しました。医療システム、医療提供者グループ、および連邦認定医療センター(FQHC)向けのReCeptの専門薬局管理サービスの追加により、オムニセルの高度なサービスポートフォリオが拡張され、成長する複雑な専門薬局市場。

薬局オートメーション業界の概要

薬局オートメーション市場は非常に細分化されており、競争が激しいです。世界的および地域的に事業を展開している主要企業には、Arxium Inc.、Becton, Dickinson and Company、Capsa Solutions LLC、Cerner Corporation、Omnicell Inc.、Parata Systems LLC、Rxsafe LLC、Scriptpro LLC、Yuyama、McKesson Corporation、Swisslog Holdings AGなどがあります。、PerceptiMed Inc.、Avery Weigh-Tronix、Accu-Chart Plusヘルスケア System Inc.

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 特殊医薬品の処方箋充填ソリューションに対する需要の増加
    • 投薬ミスを最小限に抑えるニーズの高まり
    • 薬局の分散化
  • 市場抑制要因
    • 薬局オートメーションシステムの導入に消極的
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ

第5章 市場セグメンテーション

  • 製品別
    • 自動薬剤調剤システム
    • 自動包装およびラベル貼付システム
    • 卓上自動カウンター
    • 自動保管および検索システム
    • その他の製品
  • エンドユーザー別
    • 病院薬局
    • 小売薬局
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 中東とアフリカ
      • GCC
      • 南アフリカ
      • 残りの中東およびアフリカ
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • ARxIUM
    • BD
    • Capsa Healthcare
    • Oracle
    • Omnicell Inc.
    • Parata Systems LLC
    • Rxsafe LLC
    • Scriptpro LLC
    • yuyama
    • MCKESSON CORPORATION
    • Swisslog Holdings AG
    • PEARSON MEDICAL TECHNOLOGIES
    • Accu-Chart Plus Healthcare System Inc.
    • NewIcon
    • AlixaR

第7章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 64371

The Global Pharmacy Automation Market size is estimated at USD 6.54 billion in 2024, and is expected to reach USD 9.98 billion by 2029, growing at a CAGR of 8.80% during the forecast period (2024-2029).

Global Pharmacy Automation - Market

The COVID-19 pandemic impacted the pharmacy automation market. For instance, an article published by the International Conference on Communication Systems & Networks in January 2021 reported that the implementation of automated pharmacy systems in primary healthcare centers or hospitals in rural areas of middle and lower-income countries during the COVID-19 pandemic helped people access basic and advanced healthcare facilities properly, create awareness of various diseases, control the spread of pandemics and considerably bring down the mortality rates. Thus, the COVID-19 pandemic increased the demand for pharmacy automation. The market is expected to witness significant growth over the forecast period due to the benefits associated with pharmacy automation, such as an electronic process of distributing, sorting, packaging, and counting prescription medications and improving efficiency by minimizing labor costs.

The factors driving the growth of the studied market are the increasing demand for specialty drug prescription filling solutions, the rising need to minimize medication error,s and the decentralization of pharmacies. There has been a rising incidence of chronic and life-threatening diseases and an increasing dispensation of medications. For instance, an article published by the British Medical Journal in June 2021 reported that an estimated 237 million medication errors occurred in the NHS in England every year, and avoidable adverse drug reactions (ADRs) caused hundreds of deaths. Hence, hospitals and pharmacies are adopting new pharmacy automation technologies to reduce operating costs while improving patient safety.

In addition, the increasing geriatric population in Japan is also contributing to market growth. For instance, the 2022 statistics published by the United Nations Population Fun, reported that in Japan, a large proportion of the living population was aged 15-6,daccountingd for 59% in 2022. In addition, as per the same source, 29% of the population was 65 years and above in 2022. The geriatric people are more prone to developing chronic diseases such as cardiovascular diseases and neurological disorders, and this can raise the demand for effective therapeutic cs, which further accelerates the need for medications and thus drives the need for pharmacy automation.

Also, these pharmacy automation systems offer several benefits to the patients, pharmacies, and criticalhealthcare team membersm. Automated systems have inordinate cost-effective and safety benefits, and they rationalize pharmacy operations by improving data workflow. All these technological innovations have facilitated pharmacies to remain competitive in a rapidly evolving industry and have benefitted patients and doctors in various ways.

Moreover, technological developments by the key market players are also driving the growth of the studied market. For instance, in September 2021, Deenova reported winning its first-ever contract in Germany and parallelly established Deenova operations in Europe's largest GDP healthcare market. This outstanding contract award includes delivery, installation, and full service/support for 3 all-in-1 packaging robots, 34 all-in-1 station medication dispensing robots, and 72 all-in-1 trolleys with secure bed-side verification at MarieHospitalal Gelsenkirchen, an operating company in the service network of St. Augustinus Gelsenkirchen GmbH.

However, a slight redundancy in the adoption of automation in pharmacies in underdeveloped and developing regionswill likelyo impede market growth over the forecast period.

Pharmacy Automation Market Trends

The Automated Medication Dispensing Systems Segment is Expected to Witness Significant Growth Over the Forecast Period.

The automated medication dispensing systems segment will witness significant growth over the forecast period owing to the systems' ability to eliminate medication errors, decrease procedural time, and enhance patient safety concerns. In addition, these systems track narcotics and other controlled drugs, monitor drug usage patterns, and eliminate manual end-of-shift narcotic counts, especially in inpatient care units. Also, a rising infection rate boosted the demand for medications during the pandemic. This increasing infection count positively impacted the need for automated medication dispensing systems to reduce the burden on pharmacists, thus contributing to the segment's growth.

Automated dispensing systems also balance security, user-friendliness, inventory management, and control of medications, thereby driving their demand. Moreover, there is a growing demand for automated systems that help stock and inventory management. For instance, in March 2022, Capsa Healthcare expanded its NexsysADC automated dispensing cabinets suite. Nexysys can accommodate any size of controlled and highly valued medications or supplies in two new sizes of controlled access module drawers. Similarly, in November 2021, Swisslog Healthcare and Centre Hospitalier - Le Mans entered into an innovation agreement to synergize their expertise in the field of pharmacy using the automated packaging and dispensing system TheraPick. The pharmacy automation system optimizes the flow of medication handling to ensure the achievement of high patient safety standards.

North America Holds a Significant Market Share in the Pharmacy Automation Market

The North American pharmacy automation market holds a significant share due to an increase in the prevalence of various chronic disorders, the growing number of patients across the North American region, and the technological advancements due to the presence of key market players.

The rising prevalence of chronic diseases among the Mexican population is also expected to drive the growth of the market in the region. For instance, the International Diabetes Federation (IDF) published in December 2021 stated that an estimated 14 million adults in Mexico were living with diabetes. Similarly, the prevalence of cardiovascular diseases among the Canadian population is expected to contribute to the growth of the studied market. For instance, the Canadian Institute for Health Information data published in July 2022 reported that about 2.4 million Canadians had heart disease in 2022. Such prevalence of chronic cardiovascular disorder and diabetes in North American countries is increasing the demand for pharmacy automation and thus contributing to the growth of the studied market in the region.

Acquisitions and new product launches are also propelling the growth of the market in the region. For instance, in August 2021, Innovation Associates, a provider of software-enabled pharmacy fulfillment and automation solutions, launched SmartPod's next-generation robot that delivers innovative scale in a central fill pharmacy environment. SmartPost is a breakthrough autofill unit with built-in modularity, allowing pharmacy providers to adjust and scale their centralized fulfillment solutions to meet demand.

Similarly, in December 2022, Omnicell, Inc. completed the acquisition of ReCept Holdings, Inc. The addition of ReCept's specialty pharmacy management services for health systems, provider groups, and federally qualified health centers (FQHCs) expanded Omnicell's Advanced Services portfolio to address the growing and complex specialty pharmacy market.

Pharmacy Automation Industry Overview

The pharmacy automation market is highly fragmented and competitive. Some of the major players operating globally and regionally are Arxium Inc., Becton, Dickinson, and Company, Capsa Solutions LLC, Cerner Corporation, Omnicell Inc., Parata Systems LLC, Rxsafe LLC, Scriptpro LLC, Yuyama Co. Ltd., McKesson Corporation, Swisslog Holdings AG, PerceptiMed Inc., Avery Weigh-Tronix and Accu-Chart Plus Healthcare System Inc.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Increasing Demand for Specialty Drug Prescription Filling Solutions
    • 4.2.2 Rising Need to Minimize Medication Errors
    • 4.2.3 Decentralization of Pharmacies
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Reluctance to Adopt Pharmacy Automation Systems
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Product
    • 5.1.1 Automated Medication Dispensing Systems
    • 5.1.2 Automated Packaging and Labeling Systems
    • 5.1.3 Automated Table-top Counters
    • 5.1.4 Automated Storage and Retrieval Systems
    • 5.1.5 Other Products
  • 5.2 By End User
    • 5.2.1 Hospital Pharmacies
    • 5.2.2 Retail Pharmacies
  • 5.3 By Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
      • 5.3.1.3 Mexico
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 Germany
      • 5.3.2.2 United Kingdom
      • 5.3.2.3 France
      • 5.3.2.4 Italy
      • 5.3.2.5 Spain
      • 5.3.2.6 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
      • 5.3.3.1 China
      • 5.3.3.2 Japan
      • 5.3.3.3 India
      • 5.3.3.4 Australia
      • 5.3.3.5 South Korea
      • 5.3.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.4 Middle-East and Africa
      • 5.3.4.1 GCC
      • 5.3.4.2 South Africa
      • 5.3.4.3 Rest of Middle-East and Africa
    • 5.3.5 South America
      • 5.3.5.1 Brazil
      • 5.3.5.2 Argentina
      • 5.3.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 ARxIUM
    • 6.1.2 BD
    • 6.1.3 Capsa Healthcare
    • 6.1.4 Oracle
    • 6.1.5 Omnicell Inc.
    • 6.1.6 Parata Systems LLC
    • 6.1.7 Rxsafe LLC
    • 6.1.8 Scriptpro LLC
    • 6.1.9 yuyama
    • 6.1.10 MCKESSON CORPORATION
    • 6.1.11 Swisslog Holdings AG
    • 6.1.12 PEARSON MEDICAL TECHNOLOGIES
    • 6.1.13 Accu-Chart Plus Healthcare System Inc.
    • 6.1.14 NewIcon
    • 6.1.15 AlixaR

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS