デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1437969

ペイメントゲートウェイ:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Payment Gateway - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 100 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=157.49円
ペイメントゲートウェイ:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 100 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

ペイメントゲートウェイ市場規模は2024年に162億7,000万米ドルと推定され、2029年までに348億米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に16.43%のCAGRで成長します。

ペイメントゲートウェイ-マーケット

さらに、COVID-19感染症のパンデミックにより、世界中で数百万人が隔離されたため、商品、サービス、エンターテイメントのオンライン販売が世界的に増加しました。世界のオンライン小売業者からの数百の取引を対象としたACIワールドワイドの調査によると、ほとんどの小売部門の取引量は今年、過去数年の同時期と比較して74%増加し、市場の成長を牽引しました。

主なハイライト

  • 決済方法は、トークンシステムから現金プール、キャッシュレス決済まで、ここ数年でめまぐるしく進化してきました。支払いゲートウェイを使用すると、実店舗やオンライン小売業などのあらゆる企業が、機密データを危険にさらすことなく、顧客の希望する銀行を通じて資金を集めることができます。あらゆる業界において、決済ゲートウェイの統合は、あらゆる組織にとって不可欠なコンポーネントの1つとして浮上しています。さらに、予測期間を通じてオンライン取引の増加が市場の拡大を促進すると予想されます。
  • 金融サービス会社は、世界中でのeコマース売上高の増加とインターネットの高い普及率により、顧客に独自のデジタルサービスを提供できるようになり、これが決済ゲートウェイ市場の成長に貢献しています。高速インターネットの人気と可用性の高まりにより、決済ゲートウェイ市場の拡大は今後も加速するでしょう。
  • 決済ゲートウェイの市場は、モバイルベースの決済に対する世界の需要の増加によっても推進されています。テイクアウトの購入、映画のチケットの購入、スマートフォンゲームのアップグレードなど、さまざまな取引でのモバイル決済の使用は、予測期間中の市場の拡大を促進すると予想されます。また、先進国と発展途上国では、これらの支払いにデビットカードまたはクレジットカードが使用されます。この側面は、調査対象の市場がさらに成長するのに役立つと予想されます。その理由は、スマートフォンで簡単に支払いができ、カード情報をスマートフォンに保存できるためです。
  • ほとんどの顧客はカード情報を保存しているため、データを盗むサイバー攻撃の件数が増加する傾向にあり、これが抑制となっています。また、遠隔地でのインターネットアクセスの欠如、国境を越えた支払いに関する国際標準の欠如、国ごとに異なる政府の制限などの他の要因により、調査期間中に市場が抑制される可能性があります。
  • ロックダウン、新型コロナウイルス感染症( COVID-19)のパンデミック、そしてその後のロックダウンによるeコマースへの世界の移行により、決済ゲートウェイ市場は悪影響を受けており、eコマースからのオンライン購入のオンライン支払いを容易にする多くの決済ゲートウェイの立ち上げにつながっています。コマースWebサイト。このため、パンデミック危機にもかかわらず市場は拡大しました。パンデミック後の複合的な環境においてUPIの重要性が高まっているため、市場は予測期間中にデジタル分野で成長を経験すると予想されます。

ペイメントゲートウェイ市場の動向

小売業における決済ゲートウェイの採用の増加

  • 世界中の小売店やサービスは、PayPal、Samsung Pay、Apple Pay、AliPay、WeChat Payなどのモバイル決済アプリケーションを急速に導入し、統合して支払いを受け付けるようにしています。さらに、ライフスタイルの変化、日常の商取引、オンライン小売の急速な成長により、この傾向は予測期間中も続くと予想されます。世界中でオンライン小売に対する需要が急増しているため、オンライン決済が促進され、予測期間中に決済ゲートウェイ市場が推進されると予想されます。
  • 小売業者は、宅配やオンラインショッピングの利便性の経済から利益を得るために新しい戦略を開発しています。決済インフラストラクチャにおいて決済ゲートウェイが果たす役割は大きくなっています。オンラインショッピングカート、POSシステム、および支払いプロセスにリンクする仮想端末は、現代の経済において必要な接続ポイントです。この要因は、決済ゲートウェイ市場の成長を促進すると予想されます。
  • 調査対象の市場は消費者の行動に応じて変化しています。キャッシュレス経済、モバイルバンキング、即時決済、デジタルコマース、規制当局の影響の増大などは、小売業界に影響を与える動向のいくつかです。オンライン決済により、消費者にとって支払いプロセスがより簡単かつ便利になり、列の短縮、手持ち現金の問題の排除、列の迅速な移動などのメリットが得られます。
  • 地方銀行統合型決済ゲートウェイの需要を促進する主な要因は、銀行によるデジタル技術の導入の拡大です。金融取引を行う場合、この支払いゲートウェイはユーザーに金融情報を入力できる銀行を示します。この決済ソリューションの迅速かつシンプルなセットアップにより、中小企業への導入が加速しました。したがって、地方銀行統合型決済ゲートウェイに対する需要の高まりにより、小売部門の決済ゲートウェイ市場の成長が促進されると予想されます。
  • たとえば、インドに本拠を置く企業PayUは、複雑なサービスプロバイダーが残したギャップを埋めるために設計された、最もアクセスしやすいeコマース決済ソリューションの1つと考えられています。 PayUは最高の変換レートを提供するため好まれています。 Netflix、Airbnb、Bookmyshowなどの著名な企業は、PayU支払いゲートウェイを使用しています。 2022年 11月には、10分間の食料品配達サービスであるZeptoが、Cashfree Paymentsのペイメントゲートウェイ APIをモバイルアプリに統合することで、より高速で直感的な支払いUPIエクスペリエンスを提供できるようになります。ゲートウェイには、より多くの販売者をオンラインに導くための付加価値サービス機能が装備されています。このような取り組みは市場の成長を促進すると期待されています。
  • ロックダウン以降、多くの小売業者が物流に苦戦しているにもかかわらず、eコマースの売上高は特に食料品や健康製品で増加しました。たとえば、英国のオンライン小売注文量は、新型コロナウイルス感染症の発生以来、一部の製品で200%以上増加しました。

中国は大幅な成長を遂げる

  • アリババやテンセントなどの中国の巨大企業は、デジタル加盟店向け決済の先駆者であり、中国経済における現金離れに貢献しています。同社のモバイル決済製品であるAlipayとWeChat Payは、中国の決済情勢を急速に再構築しました。それらは世界最大のものでもあります。
  • 中国銀聯デビットカードおよびクレジットカードは、最も使用されているカードブランドです。現在、AlipayやWeChat Payなどのモバイルウォレットやデジタルウォレットがこの国のオンライン市場を独占しており、実店舗も増加しています。 AlipayとWeChat Payが主導するモバイルウォレットとデジタルウォレットが、国内のeコマース取引の71%を占めています。
  • 99 Bill Corporation、YEEPAY、Pay Easeなどの他の企業も中国で支払いゲートウェイを提供しています。 99Bill Corporationは、中国でのオンライン取引を促進するオンライン決済プラットフォームサービスの提供に重点を置いたインターネット組織です。同社は業界チェーンの発展を重視しており、80以上の金融機関と300以上のアクセスポイントを擁しています。同社には、オンラインショッピング、物流、衣料品、旅行業、保険、教育など20業界にわたる110万以上の加盟店パートナーがいます。
  • YeePayは、中国のもう1つの大手決済サービスプロバイダーであり、テクノロジーとイノベーションを通じて、より優れた電子決済ソリューションと付加価値のある金融サービスの提供に注力しています。中国の100以上の商業銀行とアクセスできる同社は、中国人民銀行から一般決済ライセンスを取得した最初の企業の1つです。

ペイメントゲートウェイ業界の概要

ペイメントゲートウェイ市場は、PayPal、PayU、Amazon Payments、Stripeなどの著名なプレーヤーによって高度に統合されています。しかし、他の企業はより多くの消費者を獲得するために、合併と買収を通じてより大きな市場シェアを獲得しようとしています。

2022年 11月、大手B2BおよびB2Cビジネス向けの支払いオーケストレーションプラットフォームであるBlueSnapは、トップのeコマース代理店であるオブジェクトソースとのパートナーシップを拡大し、欧州全土のオンライン販売者をサポートして、進化するEU市場に向けたMagento統合を強化しました。

2022年9月、英国の決済会社Paysafeは、英国と欧州全土の加盟店の国際決済を支援するため、決済オーケストレーションプラットフォームのSpreedlyと提携し、eコマース、小売、旅行に重点を置いたPaysafeの決済ゲートウェイを通じて取引ができるようになります。、暗号通貨、金融サービスセクター。

2022年 8月、金融サービスプラットフォームのMswipe Technologiesは、インド準備銀行(RBI)から原則的なペイメントアグリゲーター(PA)ライセンスを取得しました。この承認により、Mswipeは社内のオンライン決済ゲートウェイを開発できるようになります。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

  • 市場概要
  • 業界魅力度モデル- 「ポーターのファイブフォース分析」
    • 新規参入業者の脅威
    • 消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ
  • 業界のバリューチェーン分析
  • COVID-19の市場への影響

第4章 市場力学

  • 市場促進要因
    • eコマース売上の増加と高いインターネット普及率
    • モバイルベースの支払いの需要の増加
    • 小売業における決済ゲートウェイの採用の増加
  • 市場の課題
    • プライバシーとセキュリティ関連の脅威は引き続き懸念されています

第5章 市場セグメンテーション

  • タイプ別
    • ホステッド
    • 非ホステッド
  • 企業別
    • 中小企業(SME)
    • 大企業
  • エンドユーザー別
    • 旅行
    • 小売り
    • BFSI
    • メディアとエンターテイメント
    • その他のエンドユーザー業界
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • ラテンアメリカ
    • アジア太平洋地域
    • 中東とアフリカ

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • PayPal Holdings Inc.
    • Amazon Pay
    • Stripe Inc
    • Skrill Limited
    • PayU Group
    • Adyen NV
    • Payza
    • Ingenico Group
    • Alipay.com
    • Payoneer Inc
    • Paytm Mobile Solutions Pvt. Ltd
    • Verifone Holdings Inc

第7章 投資分析

第8章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 63865

The Payment Gateway Market size is estimated at USD 16.27 billion in 2024, and is expected to reach USD 34.80 billion by 2029, growing at a CAGR of 16.43% during the forecast period (2024-2029).

Payment Gateway - Market

Additionally, due to the COVID-19 pandemic, online sales of goods, services, and entertainment grew globally due to millions of people being quarantined worldwide. According to a study by ACI Worldwide of hundreds of transactions from global online retailers, transaction volumes in most retail sectors witnessed a 74% rise in current year compared to the same period last few years, driving the market growth.

Key Highlights

  • The payment method has evolved at a dizzying pace in the past few years, from the token system to cash pooling and cashless payments. A payment gateway allows any business, such as brick-and-mortar or online retailing, to collect money through the customer's preferred bank without compromising sensitive data. In every industry, integrating a payment gateway has emerged as one of the essential components of every organization. Additionally, rising online transactions are anticipated throughout the forecast period to fuel market expansion.
  • Financial service companies have been able to offer unique digital services to customers due to increased e-commerce sales and the high rate of internet penetration around the world, which helps the growth of the payment gateway market. High-speed internet's rising popularity and availability will continue to fuel the market's expansion for payment gateways.
  • The market for payment gateways is also driven by the increasing global demand for mobile-based payments. The use of mobile payments for various transactions, such as purchasing takeout, purchasing cinema tickets, and upgrading smartphone games, is anticipated to fuel the market's expansion over the forecast period. Also, developed and developing nations use debit or credit cards to make these payments. This aspect is anticipated to help the market under study grow even more. This is due to the ease with which payments may be made on smartphones and the ability to save card information on them.
  • As most customers save their card details, there is a prone for the rising number of cyber attack cases that steal data which is a restraint. Also, other factors, such as lack of internet access in remote areas, no international standards for cross-border payments, and varying government restrictions in different countries, could restrain the market over the study period.
  • Due to a global shift towards e-commerce caused by lockdowns, the COVID-19 pandemic, and the ensuing lockdowns negatively impact the payment gateway market, which has led to the launch of many payment gateways that facilitate online payments for online purchases from e-commerce websites. Due to this, the market has expanded despite the pandemic crisis. Due to UPI's growing importance in the combined post-pandemic environment, the market would experience growth in the digital sector over the projection period.

Payment Gateway Market Trends

Growing adoption of payment gateway in Retail

  • Retail stores and services worldwide are rapidly adopting and have integrated mobile payment applications, such as PayPal, Samsung Pay, Apple Pay, AliPay, and WeChat Pay, to accept payments. Further, owing to the changing lifestyles, daily commerce, and rapid growth in online retailing, this trend is expected to continue during the forecast period. The raging demand for online retailing worldwide is expected to drive online payment, propelling the payment gateway market over the forecast period.
  • Retailers are developing new strategies to profit from the at-home delivery and online shopping convenience economies. Payment gateways are playing a bigger role in the infrastructure of payments. For online shopping carts, point-of-sale systems, and virtual terminals to link to the payment process, they are a necessary connection point in the modern economy. This factor is expected to drive the growth of the payment gateway market.
  • The market studied is changing in line with consumer behavior. The cashless economy, mobile banking, instant payments, digital commerce, and the growing impact of regulatory agencies are a few trends affecting the retail sector. Online payments make the payment process easier and more convenient for consumers, who benefit from shorter lines, cash-on-hand issue elimination, and faster-moving queues.
  • The main factor driving the demand for local bank-integrated payment gateway is banks' growing adoption of digital technology. When doing a financial transaction, this payment gateway points users to banks where they can enter their financial information. This payment solution's quick and simple setup has accelerated its uptake in SMEs. Thus the mounting demand for local bank-integrated payment gateway is expected to drive the growth of the payment gateway market for the retail sector.
  • For instance, the India-based company, PayU, is considered one of the most accessible e-commerce payment solutions designed to fill in the gaps left by complex service providers. PayU is favored due to the best conversion rates it offers. Notable companies like Netflix, Airbnb, and Bookmyshow use the PayU payment gateway. In November 2022, Zepto, the 10-minute grocery delivery service, would now be able to offer a faster and more intuitive payments UPI experience through the integration of Cashfree Payments' Payment Gateway API into its mobile app. The gateway is equipped with added-value service capabilities to bring more merchants online. Such initiatives are expected to fuel the growth of the market.
  • Since the lockdown, e-commerce sales have increased, particularly for groceries and health products, even though many retailers are struggling with logistics. For instance, online retail order volumes in the United Kingdom have risen by over 200 % on some products since the COVID -19 outbreak.

China to Witness Significant Growth

  • Chinese giants, such as Alibaba and Tencent, have pioneered digital merchant payments and are instrumental in the shift away from cash in the Chinese economy. The companies' mobile payments products, Alipay and WeChat Pay, have rapidly reshaped China's payments landscape. They are also among the largest in the world.
  • China UnionPay debit and credit cards are the most used card brand. Mobile and digital wallets, such as Alipay and WeChat Pay, currently dominate the country's online market and increase physical stores. The mobile and digital wallets led by Alipay and WeChat Pay account for 71% of e-commerce transactions in the country.
  • Other companies such as 99 Bill Corporation, YEEPAY, and Pay Ease also offer payment gateway in China. 99Bill Corporation is an internet organization focusing on providing online payment platform services to facilitate online transactions in China. The company has emphasized developing its industry chain and has over 80 financial institutions with over 300 access points. It has over 1.1 million merchant partners that span 20 industries, including online shopping, logistics, clothing, travel business, insurance, and education, among others.
  • YeePay is another leading payment service provider in China, which focuses on offering better e-payment solutions and value-added financial services through technology and innovation. With access to more than 100 commercial banks in China, the company was among the first businesses to obtain a general payment license from the People's Bank of China.

Payment Gateway Industry Overview

The Payment Gateway Market is highly consolidated by prominent players such as PayPal, PayU, Amazon Payments, and Stripe. However, other companies are trying to attain larger market shares through mergers and acquisitions to gain more consumers.

In November 2022, BlueSnap, the payment orchestration platform for leading B2B and B2C businesses, expanded its partnership with the top eCommerce agency, objectsource, to support online sellers across Europe to enhance Magento integration for evolving EU Market.

In September 2022, British payments company Paysafe allied with Spreedly, a payments orchestration platform, to help merchants with their international payments across the UK and Europe would be able to make transactions through Paysafe's payment gateway with a focus on e-commerce, retail, travel, crypto, and financial services sectors.

In August 2022, Financial services platform Mswipe Technologies received an in-principal Payment Aggregator (PA) license from the Reserve Bank of India (RBI). With this approval, Mswipe can develop an in-house online payment gateway.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

  • 3.1 Market Overview
  • 3.2 Industry Attractiveness Model - 'Porter's Five Forces Analysis'
    • 3.2.1 Threat of New Entrants
    • 3.2.2 Bargaining Power of Consumers
    • 3.2.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 3.2.4 Threat of Substitute Products
    • 3.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 3.3 Industry Value Chain Analysis
  • 3.4 Impact of COVID-19 on the Market

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Drivers
    • 4.1.1 Increased e-commerce Sales and the High Internet Penetration Rate
    • 4.1.2 Increase Demand for Mobile Based Payments
    • 4.1.3 Growing adoption of payment gateway in Retail
  • 4.2 Market Challenges
    • 4.2.1 Privacy and Security-related Threats Continue to Remain a Concern

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Type
    • 5.1.1 Hosted
    • 5.1.2 Non-Hosted
  • 5.2 By Enterprise
    • 5.2.1 Small and Medium Enterprise (SME)
    • 5.2.2 Large Enterprise
  • 5.3 By End User
    • 5.3.1 Travel
    • 5.3.2 Retail
    • 5.3.3 BFSI
    • 5.3.4 Media and Entertainment
    • 5.3.5 Other End-user Verticals
  • 5.4 BY Geography
    • 5.4.1 North America
    • 5.4.2 Europe
    • 5.4.3 Latin America
    • 5.4.4 Asia Pacific
    • 5.4.5 Middle East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 PayPal Holdings Inc.
    • 6.1.2 Amazon Pay
    • 6.1.3 Stripe Inc
    • 6.1.4 Skrill Limited
    • 6.1.5 PayU Group
    • 6.1.6 Adyen NV
    • 6.1.7 Payza
    • 6.1.8 Ingenico Group
    • 6.1.9 Alipay.com
    • 6.1.10 Payoneer Inc
    • 6.1.11 Paytm Mobile Solutions Pvt. Ltd
    • 6.1.12 Verifone Holdings Inc

7 INVESTMENT ANALYSIS

8 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS