デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1435212

角膜パキメトリー:市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測(2024年~2029年)

Corneal Pachymetry - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 111 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=155.79円
角膜パキメトリー:市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測(2024年~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 111 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

角膜パキメトリー市場規模は、2024年に3億482万米ドルと推定され、2029年までに3億8,682万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に4.88%のCAGRで成長します。

角膜パキメトリー- 市場

COVID-19は角膜パキメトリー市場の成長に影響を与えました。パンデミックの影響で眼科手術が減少し、診断や手術機器の需要に影響を及ぼし、パンデミック中の市場の成長が鈍化しました。たとえば、2022年 6月に『臨床眼科』誌に掲載された記事では、パンデミック期間中にドイツで約285件の眼科手術が行われたのに対し、パンデミック前は12件であったと述べています。しかし、サービスの再開と通院の増加に伴い、角膜移植や眼関連疾患の診断処置の需要が増加しています。これにより、予測期間中の市場の成長が促進されると予想されます。

緑内障やその他の目の問題を抱える人の数の増加や、糖尿病性網膜症の人の数の増加などにより、市場は成長しています。たとえば、2022年 6月のSpecial Focus:Community O眼科の記事によると、28.8%の人々がインドのシロンでは、最もひどい目に屈折異常(RE)が見られました。また、同じ情報筋によると、遠方視力の有無にかかわらず、老眼が最も一般的なタイプのREであるとのことです。そのため、屈折異常の数が多いことが需要を押し上げています。今後数年間の市場成長を促進すると予想される屈折矯正手術向けの製品です。

また、糖尿病患者の数が増加するにつれて、糖尿病性網膜症になるリスクも高まる可能性が高く、効果的な治療法への需要が高まり、市場の成長を促進するでしょう。たとえば、IDFの2022年の統計によると、糖尿病網膜症の患者数は約5億3,700万人です。 2021年には世界の糖尿病患者数は2030年には6億4,300万人、2045年には7億8,400万人に増加すると予想されています。したがって、今後数年間の市場の成長は、糖尿病患者の数の予想増加によって推進されることになります。糖尿病。

また、白内障、緑内障、ドライアイなどの目の病気について知る人も増えています。これにより、診断および外科的処置の需要が高まり、今後数年間の市場の成長を促進すると予想されます。たとえば、2021年6月のヘルスケアの記事によると、2020年11月15日から2021年1月15日までの間に、サウジアラビアのヘイル地域の一般住民が一般的な目の問題とその原因についてどれだけ知っているかを調べるために調査が行われました。調査に参加した人の31%は白内障について知っており、43%は緑内障について知っていました。 , 66%がドライアイについて知っており、44%が糖尿病性網膜症について知っており、また同じ情報源によると、参加者の46%が目の病気について知っており、男性参加者の方が女性参加者よりも知識が豊富でした。

さらに、企業活動の活発化と製品発売の増加も市場の成長に貢献しています。たとえば、2021年12月、イスラエルの新興企業であるオフタルミック・サイエンシズ社は、人工知能を使用して緑内障患者の眼圧を測定するデバイス「IO Perfect」を発売しました。このデバイスは、人工知能(AI)と視覚分析を仮想現実ヘッドセットに統合することにより、遠隔緑内障モニタリングを提供します。このデバイスは、家庭、眼科クリニック、緊急治療室、薬局、およびかかりつけ医のいる環境で利用できます。

糖尿病患者数の増加、不応性異常やその他の眼疾患患者数の増加などの理由から、研究対象となっている市場は今後数年間で成長すると予想されています。ただし、角膜パキメトリーに対する不十分な償還範囲と厳しい政府規制により、予測期間中の角膜パキメトリー市場の成長が妨げられる可能性があります。

角膜パキメトリー市場の動向

緑内障診断部門は予測期間中に大幅なCAGRで推移すると予想

緑内障診断セグメントは、予測期間中に角膜パキメトリー市場で大幅な成長を示すと予想されます。セグメントの成長に寄与する要因は、国民の間で緑内障患者の負担が増加していることと、新製品の発売が増加していることです。

緑内障の発生率の増加が、このセグメントの成長を推進する重要な要因です。例えば、緑内障2022報告書によると、昨年は世界中で約8,000万人が緑内障に罹患し、この数は2040年までに1億1,100万人に達すると予測されています。したがって、緑内障に苦しむ人の数はさらに増加すると予想されています。効果的な診断と治療の選択肢への需要が高まるためです。これにより、予測期間中のセグメントの成長が促進されると予想されます。

この部門の成長は、同社が緑内障の新しい診断法と治療法を開発し、緑内障ポートフォリオに追加することにさらに取り組んでいるという事実によっても支援されています。たとえば、インドのEntod Pharmaceuticalsは、2022年12月にGLO部門を立ち上げました。緑内障の治療に焦点を当てた、この種では初の眼科専門部門です。この立ち上げは、同社が国内での事業をさらに拡大するのに役立ちます。また、2022年 8月に、Sight Science, Inc.は、小柱網の切除に使用される手動制御の手術器具であり、隅角切開術に使用される初のブレードレスデバイスであるSIONを発売しました。特殊なレーザーを使用してマイクロエンジニアリングされ精密に製造されたブレードレス設計により、切らずに組織を切除します。

さらに、この新興企業は、契約、パートナーシップなどのさまざまなビジネス戦略の採用や製品の発売の増加に焦点を当てており、予測期間中にセグメントの成長を促進すると予想されます。たとえば、2022年 7月、アッヴィとiSTAR Medical SAは、iSTAR MedicalのMINIjectデバイスのさらなる開発と商品化を目的とした戦略的パートナーシップを締結しました。これは、緑内障患者のための低侵襲緑内障手術(MIGS)装置です。

したがって、緑内障の負担の増加、製品発売の増加、企業活動の成長などの要因により、調査対象のセグメントは予測期間中に成長すると予想されます。

北米は予測期間中にかなりの市場シェアを持つと予想される

北米では、地域における糖尿病関連合併症の高い有病率、緑内障、糖尿病性網膜症、難治性エラーの増加、高齢者の増加などの要因により、予測期間中に角膜パキメトリー市場が大幅に成長すると予想されています。人口と確立されたヘルスケアインフラ。たとえば、CDCが発表したデータによると、2021年 5月には、米国の労働年齢成人の間で、糖尿病性網膜症が視力障害と失明の最も一般的な原因となり、約1,460万人の米国人が糖尿病に苦しむと予想されています。 2050年までに網膜症になります。

さらに、糖尿病人口の増加により網膜眼治療の需要も増加し、それによって市場の成長が促進されると予想されます。たとえば、米国とメキシコに住む約3,200万人および1,400万人が2021年に糖尿病を患っており、この数は2045年までにそれぞれ3,620万人および2,180万人に達すると予測されています。したがって、予想される人口の増加により糖尿病性網膜症を発症するリスクが高まり、外科手術の需要が増加し、市場の成長を推進します。

さらに、国民の緑内障の状態に関する意識を高めるための企業の取り組みの増加により、その診断と治療の需要が高まり、この地域の市場の成長を促進すると予想されます。たとえば、2022年 10月、アッヴィとカナダ失明と闘う企業は、カナダ人が緑内障の影響を理解し、病気の進行を管理できるようにするために、Glaucoma in Perspective(GiP)アプリを開始しました。このアプリはユーザーに治療計画に関するアドバイスを提供するほか、緑内障がありふれたシナリオにどのような影響を与えるかを観察できるようにすることで、リスクのある人々にヘルスケア専門家の早期支援を求めるよう促すいくつかのインタラクティブなデモンストレーションが含まれています。

さらに、製品の承認の増加と、買収、提携などの主要戦略の採用の増加も、予測期間中にこの地域の市場の成長を促進すると予想されます。たとえば、2022年10月にアルコンは、白内障手術に関連して開放隅角緑内障患者の眼圧を下げるように設計された低侵襲緑内障手術(MIGS)装置であるハイドラス・マイクロステントの開発者であるイヴァンティスを前払いで4億7,500万米ドルとプラスで買収しました。追加の支払いは規制および商業上のマイルストーンに応じて発生します。また、2022年 8月に、Glaukos CorporationはiStent Infiniteに関して米国食品医薬品局から510(k)認可を取得しました。これは、以前の医学的および外科的治療によって制御できない原発性開放隅角緑内障患者の上昇した眼圧(IOP)を低下させるためのスタンドアロン手順での使用を目的とした小柱マイクロバイパスシステムです。

糖尿病性網膜症の負担の重さ、糖尿病患者の数の増加、企業活動と製品承認の数の増加により、調査対象の市場は今後数年間で成長すると予想されています。

角膜パキメトリー業界の概要

角膜パキメトリー市場は、多数のプレーヤーが存在するため、非常に細分化されています。これらの企業は、新製品の発売、既存製品の革新、合併と買収などの成長戦略に重点を置いています。市場で活動している主要企業には、NIDEK、Quantel Medical、Sonomed Escalon、Optovue Incorporated、DGH Technology, Inc.、Tomey Corporation、Reichert Inc.などがあります。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 緑内障および眼関連疾患の有病率の増加
    • 糖尿病網膜症の有病率の上昇
  • 市場抑制要因
    • パチメトリーに対する不十分な償還範囲
    • 厳しい政府規制
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ

第5章 市場セグメンテーション

  • タイプ別
    • 超音波方式
    • 光学式
  • 用途別
    • 屈折矯正手術
    • 緑内障診断
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 中東・アフリカ
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他中東とアフリカ
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Topcon Corporation
    • DGH Technology, Inc
    • Carl Zeiss AG
    • NIDEK CO., LTD.
    • Optovue, Incorporated
    • Lumibird Group(Quantel Medical)
    • Reichert Inc.
    • Sonomed Escalon
    • TOMEY CORPORATION
    • Xuzhou Kaixin Electronic Instrument Co.

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 68427

The Corneal Pachymetry Market size is estimated at USD 304.82 million in 2024, and is expected to reach USD 386.82 million by 2029, growing at a CAGR of 4.88% during the forecast period (2024-2029).

Corneal Pachymetry - Market

COVID-19 impacted the growth of the corneal pachymetry market. The pandemic resulted in a decline in eye procedures, which has impacted the demand for diagnostics and surgical equipment and thus slowed the market's growth during the pandemic. For instance, an article published in Clinical Ophthalmology in June 2022 stated that about 285 eye surgeries were performed in Germany during the pandemic period as compared to 12 during the pre-pandemic period. However, with resumed services and increased hospital visits, the demand for corneal transplantations and diagnostic procedures for eye-related diseases has increased. This is anticipated to fuel the growth of the market over the forecast period.

The market is growing because of things like the growing number of people with glaucoma and other eye problems and the growing number of people with diabetic retinopathy.For example, according to an article in Special Focus: Community Ophthalmology from June 2022, 28.8% of people in Shillong, India had refractive error (RE) in their worst eye.Also, the same source said that presbyopia, with or without distance vision, was the most common type of RE.So, the high number of refractory errors drives up the demand for refractive surgery, which is expected to fuel market growth over the next few years.

Also, as the number of people with diabetes rises, the risk of getting diabetic retinopathy will likely rise, which will increase the demand for effective treatments and help the market grow.For example, according to the IDF's 2022 statistics, about 537 million people around the world had diabetes in 2021, and this number is expected to rise to 643 million in 2030 and 784 million in 2045.So, the growth of the market over the next few years will be driven by the expected rise in the number of people with diabetes.

Also, more people are becoming aware of eye diseases like cataracts, glaucoma, dry eye disease, and others. This raises the demand for diagnostics and surgical procedures, which is expected to drive the growth of the market over the next few years.For example, an article in Healthcare from June 2021 says that between November 15, 2020, and January 15, 2021, a study was done to find out how much the general population of the Hail Region in Saudi Arabia knows about common eye problems and what might cause them.31% of the people who took part in the study knew about cataracts, 43% knew about glaucoma, 66% knew about dry eyes, and 44% knew about diabetic retinopathy.The same source also said that 46% of the participants knew about eye conditions, with male participants knowing more than female participants.

Moreover, rising company activities and increasing product launches are also contributing to market growth. For instance, in December 2021, Ophthalmic Sciences Ltd., an Israeli startup, launched a device, IO Perfect, that uses artificial intelligence to measure intraocular pressure in patients suffering from glaucoma. The device provides remote glaucoma monitoring by integrating artificial intelligence (AI) and visual analysis into a virtual reality headset. The device can be utilized at home, in eye clinics, emergency rooms, pharmacies, and in settings with primary care doctors.

Because of things like the growing number of people with diabetes and the growing number of people with refractory errors and other eye diseases, the studied market is expected to grow over the next few years. However, the inadequate reimbursement coverage for pachymetry and stringent government regulations are likely to impede the growth of the corneal pachymetry market over the forecast period.

Corneal Pachymetry Market Trends

Glaucoma Diagnostics Segment Expects to Register a Significant CAGR Over the Forecast Period

The glaucoma diagnostics segment is expected to witness significant growth in the corneal pachymetry market over the forecast period. The factors contributing to segment growth are the rising burden of glaucoma cases among the population and increasing product launches.

The increasing incidence of glaucoma is the key factor driving segment growth. For instance, according to the Glaucoma 2022 Report, about 80 million people worldwide suffered from glaucoma in the last year, and this number is projected to reach 111 million by 2040. Thus, the expected increase in the number of people suffering from glaucoma is expected to increase the demand for effective diagnostic and treatment options. This in turn is anticipated to fuel segment growth over the forecast period.

The growth of the segment is also helped by the fact that the company is doing more to develop new diagnostic and treatment methods for glaucoma and to add to its glaucoma portfolio.For example, Entod Pharmaceuticals, India, launched its GLO division in December 2022, a first-of-its-kind ophthalmic subspecialties division focused on the treatment of glaucoma.This launch assists the company to further expand its business in the country. Also, in August 2022, Sight Science, Inc. launched SION, a manually controlled surgical instrument used to excise trabecular meshwork and the first bladeless device used in goniotomy. The bladeless design, micro-engineered and precision manufactured using specialized lasers, excises tissue without cutting.

Moreover, the rising company focuses on adopting various business strategies such as agreements, partnerships, and others, as well as rising product launches, which are anticipated to fuel segment growth over the forecast period. For instance, in July 2022, AbbVie and iSTAR Medical SA entered a strategic partnership to further develop and commercialize iSTAR Medical's MINIject device. It is a minimally invasive glaucoma surgical (MIGS) device for patients with glaucoma.

Therefore, owing to factors such as the increasing burden of glaucoma, increasing product launches, and growing company activities, the studied segment is expected to grow over the forecast period.

North America is Expected to Have the Significant Market Share Over the Forecast Period

North America is expected to witness significant growth in the corneal pachymetry market over the forecast period owing to factors such as the high prevalence of diabetes-related complications, the rising burden of glaucoma, diabetic retinopathy, and refractory errors in the region, the increasing geriatric population, and the established healthcare infrastructure. For instance, as per the data published by the CDC, in May 2021, diabetic retinopathy will be the most common cause of vision impairment and blindness among working-age adults in the United States, and about 14.6 million Americans are expected to suffer from diabetic retinopathy by 2050.

Additionally, the rising diabetic population is also expected to increase the demand for retinal eye treatment, thereby boosting market growth. For instance, about 32 million and 14 million people living in the United States and Mexico were suffering from diabetes in 2021, and this number is projected to reach 36.2 million and 21.8 million by 2045, respectively. Hence, the expected increase in the population raises the risk of developing diabetic retinopathy, which increases the demand for surgical procedures, hence propelling market growth.

Furthermore, the increasing company initiatives to raise awareness regarding the glaucoma condition among the population will raise the demand for its diagnosis and treatment, which is expected to fuel the market's growth in the region. For instance, in October 2022, AbbVie and Fighting Blindness Canada launched the Glaucoma in Perspective (GiP) app to help Canadians understand the impact of glaucoma and manage disease progression. The app provides users with advice on treatment plans and includes several interactive demonstrations to entice at-risk people to seek early assistance from a healthcare expert by letting them observe how glaucoma affects commonplace scenarios.

Moreover, the rising product approvals and increasing adoption of key strategies such as acquisition, partnership, and others are also expected to boost market growth in the region over the forecast period. For instance, in October 2022, Alcon acquired Ivantis, developer of the Hydrus Microstent, a minimally invasive glaucoma surgery (MIGS) device designed to lower eye pressure for open-angle glaucoma patients in connection with cataract surgery, for USD 475 million upfront, plus additional payments contingent upon regulatory and commercial milestones. Also, in August 2022, Glaukos Corporation received 510(k) clearance from the United States Food and Drug Administration for the iStent Infinite. It is a trabecular micro-bypass system indicated for use in a standalone procedure to reduce elevated intraocular pressure (IOP) in patients with primary open-angle glaucoma uncontrolled by prior medical and surgical therapy.

Due to the high burden of diabetic retinopathy, the growing number of people with diabetes, and the growing number of company activities and product approvals, the studied market is expected to grow over the next few years.

Corneal Pachymetry Industry Overview

The corneal pachymetry market is highly fragmented due to the presence of a large number of players. These players focus on growth strategies such as new product launches, innovations in existing products, and mergers and acquisitions. Some of the key players operating in the market are NIDEK Co. Ltd., Quantel Medical, Sonomed Escalon, Optovue Incorporated, DGH Technology, Inc., Tomey Corporation, and Reichert Inc., among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Rise in Prevalence of Glaucoma and Eye-related Disorders
    • 4.2.2 Rise in Prevalence of Diabetic Retinopathy
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Inadequate Reimbursement Coverage for Pachymetry
    • 4.3.2 Stringent Government Regulations
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD million)

  • 5.1 By Type
    • 5.1.1 Ultrasonic Method
    • 5.1.2 Optical Method
  • 5.2 By Application
    • 5.2.1 Refractive Surgery
    • 5.2.2 Glaucoma Diagnostics
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
      • 5.3.1.3 Mexico
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 Germany
      • 5.3.2.2 United Kingdom
      • 5.3.2.3 France
      • 5.3.2.4 Italy
      • 5.3.2.5 Spain
      • 5.3.2.6 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
      • 5.3.3.1 China
      • 5.3.3.2 Japan
      • 5.3.3.3 India
      • 5.3.3.4 Australia
      • 5.3.3.5 South Korea
      • 5.3.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.4 Middle East and Africa
      • 5.3.4.1 GCC
      • 5.3.4.2 South Africa
      • 5.3.4.3 Rest of Middle East and Africa
    • 5.3.5 South America
      • 5.3.5.1 Brazil
      • 5.3.5.2 Argentina
      • 5.3.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Topcon Corporation
    • 6.1.2 DGH Technology, Inc
    • 6.1.3 Carl Zeiss AG
    • 6.1.4 NIDEK CO., LTD.
    • 6.1.5 Optovue, Incorporated
    • 6.1.6 Lumibird Group (Quantel Medical)
    • 6.1.7 Reichert Inc.
    • 6.1.8 Sonomed Escalon
    • 6.1.9 TOMEY CORPORATION
    • 6.1.10 Xuzhou Kaixin Electronic Instrument Co.

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS