デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1433768

VoLTE:世界市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測(2024年~2029年)

Global VoLTE - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.31円
VoLTE:世界市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測(2024年~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

世界のVoLTEの市場規模は、2024年に436億9,000万米ドルと推定され、2029年までに3,783億8,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年~2029年)中に54%のCAGRで成長する見込みです。

世界VoLTE-市場

Voice over LTE(VoLTE)を使用すると、無線通信事業者は、リッチコミュニケーションサービスと呼ばれる新しい標準ベースのサービスセットを提供できます。これらのサービスには、ビデオ通話、ファイル転送、リアルタイム言語翻訳、ビデオボイスメール、インスタントメッセージングが含まれます。高速インターネットの使用の増加は、予測期間にVoLTE市場を牽引すると予想されます。

主なハイライト

  • テクノロジーのおかげで、ネットワークオペレータは高品質の音声、メッセージ、ビデオサービスを提供できるようになりました。さらに、スペクトル効率が向上し、通信事業者が小さなパケットサイズでデータネットワーク全体に音声サービスを送信できるようになり、メンテナンスと運用のコストが削減されます。さらに、このテクノロジーにより、通信事業者はIMSインフラストラクチャを最大限に活用し、スペクトル効率を最大化し、現在の音声サービスの価値を高めることができます。テクノロジーによるリッチコミュニケーションサービスなどのサービスに基づく新しい標準の利用可能性RCSは、ビデオ、ボイスメール、インスタントメッセージング、リアルタイム言語翻訳、およびビデオ通話を提供します。競合するVoIPプログラムと比較して、豊富な通信機能により、VoLTE通話の接続にかかる時間が短縮され、バッテリー寿命が長くなります。
  • 音声とビデオの品質向上と高速インターネットに対する需要の高まりにより、VoLTEサービスの採用が促進されています。高速データに対する需要の高まりにより、最高の速度と最高のカバレッジを備えた最高のモバイルブロードバンド製品を求めて通信事業者間の競合が激化しています。
  • VoLTEの利点は、媒体/チャネル上のデータ転送速度が高いため、通話の品質が2Gおよび3G接続よりも優れていることです。音声通話はHD品質であり、VoLTEに切り替えることで、より豊かなエクスペリエンスと、高速で信頼性の高い、より充実したサービスを提供します。このような開発は、ライフサイクル全体を通じてコアネットワーク要素とネットワークの開発をサポートするソリューションのテストと監視なしには不可能です。
  • VoLTEは単なる4Gテクノロジーではありません。 5Gからの音声のCSFBがないため、通信事業者が提供する音声サービスの将来は、唯一の標準化されたオプションとしてのIMSテクノロジーにかかっています。今後5年間の5Gネットワークの展開によってVoLTEの開始が促進され、Vo5Gサービスの開始が可能になります。 GSMAは、2025年までに約400社の通信事業者が商用 VoLTEサービスを提供すると予測しています。
  • しかし、COVID-19パンデミックは経済のあらゆる分野の市場に影響を及ぼしており、スマートフォンも例外ではありません。社会的孤立が消費者の携帯電話の使用量やスマートフォンの使用目的に影響を及ぼしているため、スマートフォン業界では生産の中断や使用パターンの大幅な変化が見られています。このため、パンデミック下ではスマートフォンのサブスクリプションが減少しています。パンデミックの影響で、モバイルサービスの年間収益は2020年までに2019年と比較して4.1%減少すると予想されています。

Voice Over LTE(VoLTE)市場動向

高速インターネットへの需要の高まりがVoice Over LTE(VoLTE)市場を牽引

  • Cisco Systemsによると、2019年と比較して、2020年の平均速度は40%以上増加して50.8Mbpsとなりました。2021年には58.9Mbpsに達し、2020年からさらに16%増加するとすると予測されています。Voice over LTE(VoLTE)は、音声トラフィックをルーティングし、4GLTEネットワーク経由でデータを送信するパケットテクノロジーです。この音声サービスは、スマートフォン、データ端末、モノのインターネット(IoT)デバイス、ウェアラブルなどのガジェットにおける高速無線通信の業界標準です。
  • 2022年6月、バイデン政権は木曜日、地方向けの高速インターネット構想を促進するために4億米ドル以上の融資と補助金を割り当てると発表しました。この現金は、11州の約31,000の個人および企業に恩恵をもたらすことが見込まれています。政府によるこのような取り組みは、調査対象市場を推進するでしょう。
  • さらに、2022年6月、インド首相は、政府があらゆるコミュニティに高速インターネットを導入しようとしていると述べ、世界のその他の地域がインドに投資し、デジタルおよびテクノロジー分野の可能性を活用することを示唆しました。彼らは今の時代をテクノロジーの時代だと言いました。彼らは感染症流行中に見られたテクノロジーの利点を強調し、イノベーションとテクノロジーへのさらなる投資が重要であると述べました。
  • Enhanced Mobile Broadband(eMBB)として特徴付けられる5Gは、モバイルインターネットユーザーの高速化と、高密度または高モビリティ環境でのエクスペリエンスを向上させると期待されています。仮想現実(VR)、拡張現実(AR)、アプリなどの高帯域幅サービスをサポートします。 5Gにより大規模マシンタイプ通信(mMTC)が可能になり、モノのインターネット(IoT)を構成する多くの接続デバイスの接続が可能になります。
  • 5G接続は、サービスの包括的な性質により、スペクトルに複数の層の複雑さを追加すると予想されます。利用可能なスペクトルが限られていることは、5Gの開発における大きな課題です。 5Gの帯域幅要件は、高速で高品質の接続を提供するためにはより高い周波数スペクトルが不可欠であることを意味します。

アジア太平洋が大きな市場シェアを占める

  • アジア太平洋は、2025年までに3億7,000万人の新規モバイル加入者を抱えることになると考えられています。Ericssonによれば、2024年には、アジア太平洋が引き続きVoice over LTE加入者数で優位を占めると推定されています。アジア太平洋の契約数は34億8,008万件で、2位は欧州で9億4,981万件となっています。
  • さらに、モバイル産業全体は経済社会の発展に多大な貢献をしており、2018年にはGDPの5.3%を生み出しており、モバイルサービスの利用の増加によってもたらされる生産性と効率の向上から各国がますます恩恵を受けるため、2023年までに1兆9,000億米ドルを超えると予想されています。
  • さらに、韓国、日本、オーストラリアなどの多くの先進国市場は、5Gネットワーク上で動作する新しい革新的なサービスやコネクテッドデバイスの可能性に多くの期待を寄せており、5Gの世界的リーダーになることに熱心です。残りの地域はより慎重です。多くの新興諸国では、4Gが今後10年半ばまで引き続き主流となり、2025年までに接続の70%を占めるでしょう。
  • GSMAによると、2025年までに約2億人の新規顧客が追加され、総加入者数は18億人(人口の62%)に達すると予想されています。南アジアが成長の大部分を占め、2025年までにインドが新規ユーザーの半分以上を占めると予想されます。2025年までにこの地域の3億3,300万人以上の個人が初めてモバイルインターネットを使用し、全体の普及率は52%に達すると予想されています。
  • また、アジア太平洋には、VoLTEオペレーターと加入者数が最も多くなっています。 Vodafone、Airtel、Reliance Jio、Digi、U Mobile、Yes 4G、Dialogなどのモバイルネットワークプロバイダーは、VoLTE技術に進出しています。彼らはより良いサービスを提供するためにこのテクノロジーに投資しています。これらの要因により、今後数年間でこの地理的セグメントの成長が促進されると考えられます。

Voice Over LTE(VoLTE)業界の概要

Voice over LTE(VoLTE)市場は本質的に細分化されており、多数の世界および地域のプレーヤーで構成されています。これらの企業は、顧客ベースを世界中に拡大することに注力しています。これらのベンダーは、予測期間中に競争力を獲得するために、新しいソリューション、戦略的提携、その他の有機的および無機的な成長戦略の導入における研究開発投資に焦点を当てています。

  • 2022年6月 - さまざまなネットワーク上でPixelハンドセットのVoLTEローミングが可能になりました。 Googleは、PixelスマートフォンでサポートされているVoLTEローミングを有効にすることで、米国の通信事業者が3Gネットワークを段階的に停止するときに消費者が直面する可能性のある接続に関する懸念を回避するつもりです。
  • 2022年5月 - Reliance Jioは、機能を拡張するために、4G Voice over Long Term Evolution(VoLTE)と5G Voice over New Radio(VoNR)の互換性テストを開始しました。 5Gコアは、同社の強化された4G VoLTEネットワークに導入されました。企業は5G VoNRと4G VoLTEが連携できるかどうかをテストできるようになりました。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 業界の魅力度 - ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係
  • 産業バリューチェーン分析
  • 市場促進要因
    • 高速インターネットと高品質サービスへの需要の高まり
    • 急速な都市化による政府部門の高度化
  • 市場抑制要因
    • 低開発諸国における認識不足と普及の遅れ

第5章 VoLTEの発表:国別

第6章 VOICE OVER LTE(VoLTE)市場におけるCOVID-19の影響

第7章 技術スナップショット

  • VOICE OVER IPマルチメディア・サブシステム(VOIMS)
  • 回線交換フォールバック(CSFB)
  • デュアル無線/音声とLTEの同時通信(SVLTE)
  • ジェネリック・アクセス・ネットワーク経由のVOICE OVER LTE(VOLGA)
  • 単一無線音声通話継続(SRVCC)

第8章 VOLTEの内訳

国別接続・普及率

国別内訳(2018年~2020年)

  • 米国
  • カナダ
  • 英国
  • ドイツ
  • 中国
  • 日本
  • 韓国

第9章 市場セグメンテーション

  • エンドユーザー産業
    • 企業
    • 商業
    • 政府機関
  • 地域
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ

第10章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • AT&T Inc.
    • Verizon Wireless
    • SK Telecom Co. Ltd
    • Bell Canada
    • Vodafone Group PLC
    • Reliance Jio Infocomm Limited
    • Bharati Airtel Limited
    • KT Corporation
    • Orange SA

第11章 投資分析

第12章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 64330

The Global VoLTE Market size is estimated at USD 43.69 billion in 2024, and is expected to reach USD 378.38 billion by 2029, growing at a CAGR of 54% during the forecast period (2024-2029).

Global VoLTE - Market

Voice over LTE (VoLTE) enables wireless operators to deliver a new set of standards-based services called Rich Communications Services. These services include video calling, file transferring, real-time language translation, video voicemail, and instant messaging. The increase in the use of high-speed internet is expected to drive the VoLTE market in the forecast period.

Key Highlights

  • Due to technology, network operators may now offer high-quality voice, message, and video services. Additionally, it allows for greater spectrum efficiency and will enable operators to send speech services across data networks in small packet sizes, which lowers maintenance and operational expenses. Additionally, the technology allows the operators to make the most of their IMS infrastructure and maximize spectrum efficiency, enhancing the value of their current voice services. The availability of new standards based on services like Rich Communication Services thanks to technology RCS offers video, voice mail, instant messaging, real-time language translation, and video calling. Compared to competing VoIP programs, the rich communication features shorten the time it takes for VoLTE calls to connect and increase battery life.
  • The increasing demand for improved voice and video quality and high-speed internet is driving the adoption of VoLTE services. The growing demand for high-speed data increases competition among the operators for the best mobile broadband offering, with the highest speeds and the best coverage.
  • The benefit of VoLTE is that the quality of the call is better than 2G and 3G connections because of the high data transfer rate over the medium/channel. The voice calls are HD quality and offer a much richer experience and fast, reliable, and richer services altogether to switch to VoLTE. Such development is impossible without testing and monitoring solutions supporting the development of core network elements and the networks throughout the entire lifecycle.
  • VoLTE is more than just a 4G technology. Since there is no CSFB of voice from 5G, the future of operator-provided voice services rests on IMS technology as the only standardized option. VoLTE launches will be boosted by 5G network rollout over the next five years, allowing the launch of Vo5G services. By 2025, the GSMA predicts that approximately 400 operators will deliver commercial VoLTE services.
  • However, the COVID-19 pandemic is impacting markets in every segment of the economy, and smartphones are no exception. The smartphone industry has seen production disruptions and substantial changes in usage patterns, as social isolation impacts how much consumers use their phones and their purpose for using smartphones. This has led to the low subscription of smartphones during a pandemic. As a result of the pandemic, the annual mobile services revenue is expected to drop by 4.1% by 2020 compared to 2019.

Voice Over LTE (VoLTE) Market Trends

Increasing Demand for High-Speed Internet is Driving the Voice Over LTE (VoLTE) Market

  • According to Cisco Systems, In comparison to 2019, the average speed increased by over 40% to 50.8 Mbps in 2020. It is projected to reach 58.9 Mbps in 2021, up another 16% from 2020. Voice over LTE (VoLTE) is a digital packet technology that routes voice traffic and transmits data across 4G LTE networks. This voice service is the industry standard for high-speed wireless communications in gadgets like smartphones, data terminals, Internet of Things (IoT) devices, and wearables.
  • In June 2022, The Biden administration announced Thursday that it would allocate more than USD 400 million in loans and grants to promote high-speed internet initiatives for rural regions. The cash is anticipated to benefit around 31,000 individuals and companies across 11 states. Such initiatives by the government will drive the studied market.
  • Further, in June 2022, The prime minister of India suggested the rest of the world invest in India and take advantage of the potential in the digital and technology sectors by stating that the government is trying to bring high-speed internet to every community. They referred to the current era as one of technology. They emphasized the advantages of technology as seen during the epidemic, saying it is crucial to make even more investments in innovation and technology.
  • 5G, characterized as Enhanced Mobile Broadband (eMBB), is expected to improve mobile internet users' higher speeds and experience in dense or high mobility environments. It will support high-bandwidth services such as Virtual Reality (VR), Augmented Reality (AR), and apps. 5G will enable Massive Machine-type Communications (mMTC) and will allow the connection of many connected devices, which comprise the Internet of Things (IoT).
  • 5G connection is expected to add multiple layers of complexity to the spectrum due to the all-inclusive nature of services. Limited spectrum availability is a big challenge in the development of 5G. The bandwidths requirements of 5G mean a higher frequency spectrum would be fundamental in delivering high-speed, high-quality connectivity.

Asia-Pacific to Account for Significant Market Share

  • The Asia-pacific region will have 370 million new mobile subscribers by 2025. According to Ericsson, it is estimated that in 2024, Asia-Pacific will continue to dominate in the number of Voice over LTE subscriptions. In Asia-Pacific, the number of subscriptions is 3480.08 million, with a second spot taken up by Europe, with the number of subscriptions being 949.81 million.
  • Further, the mobile industry as a whole contributes an extensive amount to economic and social development, generating 5.3% of GDP in 2018, and is expected to surpass 1.9 trillion US dollars by 2023 as countries increasingly benefit from the improvements in productivity and efficiency brought about by the increased take-up of mobile services.
  • Further, many developed markets, such as South Korea, Japan, and Australia, are keen to be global leaders in 5G, with much about the potential of new innovative services and connected devices running on 5G networks. The rest of the region is more cautious. In many developing countries, 4G will still dominate the middle of the next decade, accounting for 70% of connections by 2025.
  • According to the GSMA, almost 200 million new customers will be added by 2025, bringing the total number of subscribers to 1.8 billion (62% of the population). South Asia will account for a large portion of the growth, with India accounting for more than half of the new users by 2025. Over 333 million individuals in the region will use mobile internet for the first time by 2025, bringing the overall penetration rate to 52%.
  • Also, Asia-Pacific has the highest number of VoLTE operators and subscribers. Mobile network providers such as Vodafone, Airtel, Reliance Jio, Digi, U Mobile, Yes 4G, and Dialog have ventured into VoLTE technology. They are investing in this technology to provide better service. These factors will drive the growth of this geographic segment in the coming years.

Voice Over LTE (VoLTE) Industry Overview

The voice over LTE (VoLTE) market is fragmented in nature and consists of a significant number of global and regional players. These players are focusing on expanding their customer base across the globe. These vendors are focusing on the research and development investment in introducing new solutions, strategic alliances, and other organic & inorganic growth strategies to earn a competitive edge over the forecast period.

  • June 2022 - VoLTE roaming is made possible for Pixel handsets across various networks. Google intends to prevent any connectivity concerns consumers may see when U.S. carriers phase down their 3G networks by enabling supported VoLTE roaming on Pixel smartphones.
  • May 2022 - Reliance Jio has begun testing the compatibility of 4G Voice over Long Term Evolution (VoLTE) and 5G Voice over New Radio (VoNR) to expand its capabilities. A 5G core has been put into the company's enhanced 4G VoLTE network. The business can now test if 5G VoNR and 4G VoLTE can work together.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Threat of New Entrants
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.2.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.4 Threat of Substitute Products
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Market Drivers
    • 4.4.1 Increasing Demand for High-speed Internet & Quality Services
    • 4.4.2 Upgradation of Government Sectors due to Rapid Pace Urbanization
  • 4.5 Market Restraints
    • 4.5.1 Lack of Awareness and Slow Adoption in Under Developed Countries

5 VOLTE LAUNCHES BY COUNTRY

6 IMPACT OF COVID-19 ON THE VOICE OVER LTE (VOLTE) MARKET

7 TECHNOLOGY SNAPSHOT

  • 7.1 Voice Over IP Multimedia Subsystem (VOIMS)
  • 7.2 Circuit Switched Fall Back (CSFB)
  • 7.3 Dual Radio/Simultaneous Voice and LTE (SVLTE)
  • 7.4 Voice Over LTE Via Generic Access Network (VOLGA)
  • 7.5 Single Radio Voice Call Continuity (SRVCC)

8 BREAKDOWN FOR VOLTE

CONNECTION/ PENETRATION BY

COUNTRY (2018-2020)

  • 8.1 United States
  • 8.2 Canada
  • 8.3 United Kingdom
  • 8.4 Germany
  • 8.5 China
  • 8.6 Japan
  • 8.7 South Korea

9 MARKET SEGMENTATION

  • 9.1 End-user Industry
    • 9.1.1 Corporate
    • 9.1.2 Commercial
    • 9.1.3 Government
  • 9.2 Geography
    • 9.2.1 North America
    • 9.2.2 Europe
    • 9.2.3 Asia-Pacific
    • 9.2.4 Latin America
    • 9.2.5 Middle East & Africa

10 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 10.1 Company Profiles
    • 10.1.1 AT&T Inc.
    • 10.1.2 Verizon Wireless
    • 10.1.3 SK Telecom Co. Ltd
    • 10.1.4 Bell Canada
    • 10.1.5 Vodafone Group PLC
    • 10.1.6 Reliance Jio Infocomm Limited
    • 10.1.7 Bharati Airtel Limited
    • 10.1.8 KT Corporation
    • 10.1.9 Orange SA

11 INVESTMENT ANALYSIS

12 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS