デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1433504

低電力WAN:市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測(2024年~2029年)

Low-Power WAN - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=156.91円
低電力WAN:市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測(2024年~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

低電力WANの市場規模は、2024年に320億1,000万米ドルと推定され、2029年までに2,601億3,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間中に(2024年~2029年)52.05%のCAGRで成長する見込みです。

低電力WAN-市場

低電力WAN(LPWAN)ワイヤレスワイドエリアネットワークは、長距離にわたって低帯域幅のバッテリ駆動デバイスを低ビットレートで接続します。

主なハイライト

  • 予測期間中、モノのインターネット(IoT)アプリケーションにおける低電力広域接続のニーズの高まりが市場全体の成長を促進すると予測されています。
  • 前述の機能を適用すると、生産性が2倍向上し、作物の成長の追跡に役立ちます。この業界では、LPWANは長距離にわたる少量のデータの送信を容易にし、予測期間を通じて市場の成長にプラスの影響を与えると予想されます。
  • フリート管理、GPS追跡、スマートメーター、スマートグリッド管理、ホームオートメーション、廃棄物管理、プロセスの監視と制御、温度監視は、LPWANの重要なアプリケーションのほんの一部です。
  • 将来のカバレッジとスケーラビリティ、技術の共存、リアルタイム通信は、このテクノロジーの広範な採用と商業化を妨げる可能性がある問題のほんの一部にすぎません。さらに、ネットワークセキュリティは、データをエンドポイントに送信するよりも信頼性が低いため、干渉に対して脆弱になる可能性があります。
  • COVID-19流行下での医療診断と治療を支援するために最も役立つテクノロジーは5Gであり、その傾向は現在も続いています。ネットワークの大容量と低遅延により、処理や分析用に高解像度の映像を送信できるため、たとえばヘルスケア分野は5Gの導入から最大の利益を得ています。このツールを使用すると、ヘルスケア提供者は、患者が平均とは異なる行動をしていること、転倒などの事故を起こしたばかりであること、または自分自身や他人にとって危険になりつつあることを認識することができます。

低電力WAN市場の動向

市場の成長を牽引する5Gテクノロジー

  • 次世代のモバイルネットワーキングテクノロジ(5G)は、シームレスなカバレッジ、高いデータ速度、遅延の削減、優れたパフォーマンス、効果的な通信により、強化されたエンドユーザーエクスペリエンスを提供するために装備されています。
  • 5G接続が影響を与える多くの分野の1つは、携帯電話の世界です。たとえば、4Gの遅いダウンロード速度と高い遅延は、長い間、モノのインターネット(IoT)やマシンツーマシン(M2M)のインフラストラクチャ開発の障壁となってきました。より多くのデバイスがネットワークにリンクされ、相互に通信するにつれて、遅延の累積的な影響はより大きく、より顕著になります。
  • 現地のサプライチェーンからの高度な研究開発、インフラ整備能力に対する国内政府からの早期かつ多大な支援、そして車内外の将来技術に対する消費者の関心により、中国は5G対応車両の早期導入を主導すると期待されています。これらの自動車は、5Gインフラストラクチャと標準が均一に適用される可能性が高い中国の大きな国内市場でのみ販売されるため、導入プロセスははるかに簡単になります。
  • さらに、5Gは公共の安全のためのスマートシティサービスを大幅に強化します。生体認証ソフトウェアと組み合わせた公共の場所からのビデオ録画のリアルタイム分析により、自動車事故やテロ攻撃などの場合に、危険な状況を認識し、当局に迅速に自動的に警告することができます。データ管理プラットフォームはさまざまなサービスに接続され、現在のCCTVシステムとは異なり、5G対応機器はより多くのアップデートをワイヤレスで取得できるようになります。

北米が主要なシェアを占めると予想される

  • スマートシティと産業用モノのインターネットの台頭により、北米にはこの発展途上のIoTテクノロジーが大幅に集中しています。これらは、この地域でLPWANが拡大する主な原因の一部です。
  • この地域では、スマートシティの拡大に向けて大きな進展が見られました。これらにより、この地域でのLPWANの使用がさらに増加すると予想されます。
  • さらに、より優れたフリート管理ソリューションに対するニーズの高まりにより、空港、ショッピングセンター、その他の業界にわたるデジタルまたはスマートインフラストラクチャの開発が、予測期間中に地域全体の市場拡大を促進すると予想されます。
  • スマートメーター、家庭用エネルギー管理、ビルディングオートメーション、セキュリティ照明など、LPWANの応用分野が増加しており、需要の成長を大きく促進しています。 LPWANは実用的なソリューションを提供し、サブ1GHzやサブ3GHzの範囲などのライセンス不要のスペクトル帯域を介してデータが送信されるようにするテクノロジーであり、誰でもネットワークの開発に使用できます。モノのインターネット(IoT)デバイスのセキュリティと、周囲の暗号化された通信チャネルの必要性についての懸念が高まっているため、これは重要です。

低電力WAN業界の概要

低電力WAN市場は適度に細分化されています。 IoTエコシステムの増加に伴い、LPWANなどのさまざまなテクノロジーも進化しており、それがプレーヤーの市場への投資を促しています。さらに、技術の向上に伴い、プレーヤーは徐々に市場に参入しています。主要なプレーヤーとしては、Cisco Systems Inc.、Sigfox SA、AT&T Inc.、Vodafone Group PLC、Semtech Corporation、Huawei Technologies、Ingenu Inc.などが挙げられます。

2023年 3月に、Semtech Corporationが最初のサードパーティ発表を行いました。現在、Browan、Deviceroy、HSBのMeshify、およびNew Cosmosの製品が入手可能であり、SemtechのLoRaテクノロジーに基づいています。家庭内や地域社会でのデバイスの動作を向上させる安全な共有ネットワークの一部となる最初のSidewalk認定製品には、Browanのモーションセンサーや二酸化炭素センサー、Deviceroyの太陽光発電設備用スマートモデム、HSBのMeshify水センサー、 New Cosmos DeNova天然ガス警報を検出します。

2023年 3月、iWire Globalは、Sigfox 0Gテクノロジーを活用した0Gネットワークの独占的オペレーターである最新の子会社であるUna-IoTをトルコに設立すると発表しました。Una-IoTは、iWire Globalと、アンカラに拠点を置くIoTサービスおよびソリューションを専門とするトルコの企業IoT NET Bilisimとの間のベンチャーとして設立されました。この動きは、スマート公共料金メーター、物流、スマートシティ、資産管理などの大規模なIoTソリューションに対する市場の需要の高まりに応え、トルコのIoTセクターの成長を促進すると予想されます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 産業バリューチェーン分析
  • 業界の魅力度-ポーターのファイブフォース分析
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • デバイス間の長距離接続ニーズの高まり
    • 市場成長を牽引する5G技術
  • 市場抑制要因
    • プライバシーとセキュリティへの懸念

第6章 市場セグメンテーション

  • タイプ別
    • LoRaWAN
    • NB-IoT
    • LTE-M
    • その他のタイプ(Sigfox、Weightlessなど)
  • サービス別
    • プロフェッショナル・サービス
    • マネージド・サービス
  • エンドユーザー別
    • 石油・ガス
    • コンシューマーエレクトロニクス
    • ヘルスケア
    • 製造業
    • 物流・旅行
    • その他エンドユーザー
  • 用途別
    • スマートシティ
    • スマートホーム/ビル
    • スマート農業
    • その他の用途
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Semtech Corporation
    • Sigfox SA
    • Huawei Technologies Co. Ltd.
    • Ingenu Inc.
    • Cisco Systems Inc.
    • AT&T Inc.
    • Vodafone Group PLC
    • Loriot AG

第8章 投資分析

第9章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 62317

The Low-Power WAN Market size is estimated at USD 32.01 billion in 2024, and is expected to reach USD 260.13 billion by 2029, growing at a CAGR of 52.05% during the forecast period (2024-2029).

Low-Power WAN - Market

A low-power WAN (LPWAN) wireless wide area network connects low-bandwidth, battery-operated devices at low bit rates over large distances.

Key Highlights

  • Over the forecast period, it is predicted that the growing need for low-power wide-area connectivity in the Internet of Things (IoT) applications will propel the growth of the entire market.
  • Applying the abovementioned capabilities increases productivity twofold and aids in tracking crop development. In this industry, LPWAN facilitates the transmission of small amounts of data across long distances, which is anticipated to positively affect market growth throughout the forecast period.
  • Fleet management, GPS tracking, smart meters, smart grid management, home automation, waste management, process monitoring and control, and temperature monitoring are just a few of the critical applications of LPWAN.
  • Future coverage and scalability, technological coexistence, and real-time communication are only a few of the issues with this technology that could hinder its widespread adoption and commercialization. In addition, network security, which is less reliable than transmitting data back to endpoints, might also be vulnerable to interference.
  • The most helpful technology for assisting medical diagnosis and treatment during COVID-19 was 5G, and the trend is still going strong today. Since the network's high capacity and low latency allow the transmission of high-definition footage for processing and analytics, the healthcare sector, for example, has profited the most from deploying 5G. With this tool, healthcare providers can recognize patients acting differently than average, having just undergone an incident like a fall, or becoming a danger to themselves or others.

Low-Power WAN Market Trends

5G Technology to Drive the Market Growth

  • The following generation of mobile networking technologies, or 5G, is equipped to deliver an enhanced end-user experience with seamless coverage, high data speeds, reduced latency, superior performance, and effective communications.
  • One of many areas that 5G connection will affect is the world of cell phones. For example, the poor download speeds and high latency of 4G have long been a barrier to infrastructure developments in the Internet of Things (IoT) and machine-to-machine (M2M). As more devices are linked to a network and conversing with one another, the cumulative effect of any latency will become more substantial and perceptible.
  • Because of its advanced research and development from the local supply chain, early and significant backing from the domestic government in infrastructure capacities, and consumers' interest in future technologies inside and outside the vehicle, China is expected to lead the early deployment of 5G-capable vehicles. The adoption process is made much more straightforward because these cars will only be sold in China's sizable domestic market, where 5G infrastructure and standards are likely to be uniformly applied.
  • In addition, 5G will significantly enhance smart city services for public safety. Real-time analytics of video recordings from public locations paired with biometric software would be able to recognize risky situations and automatically alert authorities quickly in cases like a car accident or terrorist strike. Data management platforms will connect various services, and 5G-enabled equipment will be able to get more updates wirelessly, unlike present CCTV systems.

North America Expected to Occupy a Major Share

  • With the rise of smart cities and the Industrial Internet of Things, North America has a significant concentration of this developing IoT technology. These are some of the leading causes behind the expansion of LPWAN in the area.
  • The region has seen a lot of progress toward the expansion of smart cities. These are anticipated to boost LPWAN usage in the area even further.
  • Additionally, due to an increased need for better fleet management solutions, digital or smart infrastructure development across airports, shopping centers, and other industries is anticipated to fuel market expansion throughout the region during the projection period.
  • The rising application fields for LPWAN, such as smart meters, home energy management, building automation, and security lighting, are significant drivers of demand growth. LPWANs are a technology that offers a practical solution and ensures that data is transmitted over unlicensed spectrum bands like the sub-1 GHz or sub-3 GHz range, which anyone can use to develop their network. This is important because there are growing concerns about the security of Internet of Things (IoT) devices and the need for encrypted communication channels around the area.

Low-Power WAN Industry Overview

The low-power WAN market is moderately fragmented. With the increase in the IoT ecosystem, various technologies, such as LPWAN, are also evolving, which drives the players to invest in the market. Moreover, the players are entering the market gradually with technological upgradation. Some key players include Cisco Systems Inc., Sigfox SA, AT&T Inc., Vodafone Group PLC, Semtech Corporation, Huawei Technologies Co. Ltd, and Ingenu Inc.

In March 2023, Semtech Corporation, the first third-party announcement Products from Browan, Deviceroy, HSB's Meshify, and New Cosmos are currently available and based on Semtech's LoRa technology. Some of the first Sidewalk-qualified products to be a part of the secure, shared network that helps devices work better around the home and in the community include Browan's motion and carbon dioxide sensors, Deviceroy's smart modem for solar installations, HSB's Meshify water sensor, and New Cosmos DeNova Detect natural gas alarm.

In March 2023, iWire Global announced the establishment of its newest subsidiary, Una-IoT, the exclusive operator of the 0G Network, powered by Sigfox 0G technology, in Turkey. Una-IoT was established as a venture between iWire Global and IoT NET Bilisim, a Turkish firm specializing in IoT services and solutions based out of Ankara. This move is expected to fuel the growth of the IoT sector in Turkey to meet the growing market demands for massive IoT solutions, including smart utility metering, logistics, smart cities, and asset management.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Value Chain Analysis
  • 4.3 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.3.2 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.3 Threat of New Entrants
    • 4.3.4 Threat of Substitute Products
    • 4.3.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Rising Need of Long Range Connectivity Between Devices
    • 5.1.2 5G Technology to Drive the Market Growth
  • 5.2 Market Restraints
    • 5.2.1 Privacy and Security Concerns

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Type
    • 6.1.1 LoRaWAN
    • 6.1.2 NB-IoT
    • 6.1.3 LTE-M
    • 6.1.4 Other Types (Sigfox, Weightless, etc.)
  • 6.2 By Service
    • 6.2.1 Professional Service
    • 6.2.2 Managed Service
  • 6.3 By End-user
    • 6.3.1 Oil and Gas
    • 6.3.2 Consumer Electronics
    • 6.3.3 Healthcare
    • 6.3.4 Industrial Manufacturing
    • 6.3.5 Logistics and Travelling
    • 6.3.6 Other End-users
  • 6.4 By Application
    • 6.4.1 Smart Cities
    • 6.4.2 Smart Homes/Buildings
    • 6.4.3 Smart Agriculture
    • 6.4.4 Other Applications
  • 6.5 By Geography
    • 6.5.1 North America
    • 6.5.2 Europe
    • 6.5.3 Asia-Pacific
    • 6.5.4 Latin America
    • 6.5.5 Middle East & Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Semtech Corporation
    • 7.1.2 Sigfox SA
    • 7.1.3 Huawei Technologies Co. Ltd.
    • 7.1.4 Ingenu Inc.
    • 7.1.5 Cisco Systems Inc.
    • 7.1.6 AT&T Inc.
    • 7.1.7 Vodafone Group PLC
    • 7.1.8 Loriot AG

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS