デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1432944

紙パッケージ:市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Paper Packaging - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 167 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.16円
紙パッケージ:市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 167 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

紙パッケージ市場規模は2024年に3,986億5,000万米ドルと推定され、2029年には5,010億8,000万米ドルに達すると予測され、予測期間中(2024-2029年)のCAGRは4.68%で成長します。

Paper Packaging-Market

主なハイライト

  • 紙包装は、様々な製品を保護、保存、輸送するための多用途でコスト効率の高い方法です。さらに、顧客や製品固有のニーズに合わせてカスタマイズすることもできます。軽量、生分解性、リサイクル性といった特性が紙包装の利点であり、包装に不可欠な要素となっています。
  • 世界中の消費者は、包装の環境に対する危険性を意識するようになり、より環境に優しい選択肢へと購買習慣を移行させています。消費者、政府、メディアはメーカーに対し、製品、包装、工程をより環境に優しいものにするよう圧力をかけています。人々は、環境に優しい包装のためなら、より多くの金額を支払うことを厭わないです。板紙パッケージ業界は、こうした動向により成長が見込まれます。
  • eコマース販売の拡大と折りたたみカートン包装の需要増加が市場を牽引しています。しかし、高性能の代替品が入手可能であることが、市場の成長を抑制する可能性が高いです。板紙包装は最も人気のある環境に優しい包装オプションの一つです。かさばる包装ソリューションに比べ、この包装形態は小さな設置面積で様々なサイズを作ることができるため、ほとんどすべてのエンドユーザー分野での使用に適しています。
  • 紙製包装市場が直面する大きな課題は、非常に重い素材を包装するために紙が必要とされることであり、その結果、この業界はポリマーや金属包装業界に押され気味になっています。さらに、原料を入手するための森林伐採や、紙を生産する際のダイオキシンの放出は、環境問題を引き起こしています。これらの要因は、紙製包装市場の成長を妨げています。
  • 包装業界はCOVID-19の大流行により、全国的な封鎖の影響、中国からの調達に移行する企業、包装に使用される材料の再検討など、いくつかの大きな問題を目の当たりにしました。紙包装の供給面は大きな影響を受けたが、一部の用途におけるエンドユーザー需要の大幅な増加は、紙包装の範囲を大幅に拡大しました。
  • Packaging Gatewayによると、2022年5月3日に紛争が始まって以来、560万人がウクライナを離れました。紛争により300を超える欧米の大企業が同国を離れ、ロシアとウクライナの多数の生産・包装施設が閉鎖されました。一部の企業は当初、いつ終わるかまだ確定していないとして、事業の停止、縮小、閉鎖をためらっていました。4月初めには、ロシアで30年以上操業しているフィンランドの食品包装会社Huhtamakiとアイルランドの紙包装会社Smurfit Kappaの2社が、ロシアから撤退する企業のリストに加わった。

紙パッケージ市場の動向

飲食品が大きな市場シェアを占める見込み

  • 紙と板紙は食品を包装する最も一般的な素材のひとつです。紙は包装において環境に優しい選択肢であり、食品にとって理想的な選択です。主に食品と直接接触する包装や、一次包装の輸送・保管に使用されます。また、紙と板紙は電子レンジ用ポップコーン袋、ベーキングペーパー、ファーストフード用容器の製造にも使われています。これらにより、世界中で紙製包装の成長が促進されると予想されます。紙包装の市場成長は、包装食品、特に包装食品の宅配に対する消費者の意識の高さによって牽引されると予想されます。
  • 加えて、紙は容易に入手可能で安価な資源のひとつです。飲食品分野の包装や紙の製造に幅広く使用されています。これらの材料は、包装用途の優れた成形品や、カップ、パウチ、液体カートンのような飲料を含むその他の接触品を作るためにリサイクルすることができます。パンデミックは、健康とウェルネスの重要な現実と、消費者の食生活とライフスタイルの決定の重要性を浮き彫りにしました。MintelのGlobal COVID-19トラッカーによると、消費者は健康的な飲食を最も重視しています。
  • ほとんどの消費者は外出の多いライフスタイルを送っています。その結果、消費者は手に取ったり、扱ったり、食べたり、持ち運んだりするのにより簡単な食品を求め続けています。各ブランドは、このニーズに対応するため、食品包装を持ち運びできるものにしようと懸命になっています。包装メーカーは、非常に軽量で持ち運びが簡単であることから、食品用の紙包装に依存しています。さらに近年、食品包装はより環境に優しくなった。大企業は、環境に優しい解決策を求めるあまり、使い捨てのプラスチックをやめ、生分解性、リサイクル可能、あるいは再利用可能な包装を採用しました。
  • さらに、折り畳みカートン、段ボール箱、液体板紙箱の需要を牽引している食品産業の成長は、調理済み食品、冷凍食品、包装商品に対するニーズの高まりによって後押しされています。例えば、米国国勢調査局によると、米国の小売食品・飲料店の売上高は2022年に年間約9,470億米ドルに達し、前年から着実に増加し、過去5年間に記録された金額を前方に増加させ、したがって、食品・飲料の売上高の増加は、紙包装市場の成長に影響を与えます。
  • さらに、全国の飲料包装パターンの迅速なシフトは、業界拡大の主な要因の一つです。革新的なパッケージング・ソリューションの使用は大幅に増加しました。製品やその周辺環境と相互作用することができる新しいアクティブシステムの作成、顧客受容性、食品セキュリティ、および様々な飲料の保存性を高めることは、飲料包装における最近の開発の主な分野です。

アジア太平洋が大きな市場シェアを占める見込み

  • アジア太平洋地域は大きな成長が見込まれています。同地域全体で生産施設の数が増加していること、消費者意識が高まっていること、APAC地域の通過型パッケージング産業が拡大していることなどがその理由です。同地域は、中国やインドなどの発展途上国における紙パルプ需要の高まりにより、最も急速に拡大すると予想されています。中国では、消費とともに輸送包装市場が成長しており、紙包装の需要が急速に高まっています。
  • 都市人口の増加、eコマースパッケージ産業の発展、パルプ価格の下落、環境に優しいパッケージングに対する国民の意識の向上が、中国の紙製パッケージ市場を推進すると予想されます。さらに、業界の主な動向と発展として、折りたたみボール紙の消費量の増加、段ボール原紙の生産能力の増加、技術の躍進が挙げられます。
  • さらに、中国のような発展途上国では紙パルプの需要が増加しており、一人当たりの紙使用量が最も急増しています。中国における紙パッケージ分野の増加は、小売業とeコマース産業の活況と、同地域における環境に優しいパッケージング製品への需要の高まりによってさらに支配されています。さらに、オンラインショッピングプラットフォームとオンライン買い物客の大幅な増加、持続可能な包装に関する消費者の態度の変化、有利な政府政策の実施が紙・板紙包装製品の需要を増加させました。
  • インドでは飲食品、化粧品、その他の産業が急速に成長しているため、この産業は急速に拡大しています。さらに、プラスチック廃棄物を制限するためのいくつかの政府施策が市場の成長に影響を与えています。その結果、消費者の意識の高まりとインドの組織化された食品セクターの台頭が市場の成長を促進しています。
  • さらに、インドの紙・板紙包装の成長は、高品質のFMCG製品、医薬品、繊維製品、組織小売業、活況を呈するeコマース、その他の分野への継続的な需要によってさらに促進されます。さらに、フルーツパルプ、ジュース、その他の濃縮物、ソース、ケチャップボトルは、インドにおける紙・板紙包装の需要拡大を牽引しています。インドの産業は持続可能性カーブを上り、技術的にはるかに進歩しました。
  • 日本では、新聞、包装、印刷・通信、衛生用品、その他雑多な用途など、様々な産業で紙ベースの製品が多く使用されています。包装分野では最近、持続可能な包装に対する消費者の意識、森林破壊への懸念、原材料の入手可能性などの要因から、紙を活用する動きが出てきています。
  • このような側面から、企業は環境に配慮した包装への適応を余儀なくされています。日本の企業であるネスレは、様々なブランドや商品の新しい包装オプションを検討しています。また、同社は毎日約400万個の製品を販売しているため、環境への影響をさらに軽減するための素材の調査も積極的に行っています。

紙製包装業界の概要

紙製包装市場は細分化されています。インターナショナル・ペーパー、モンディ、スマーフィット・カッパなど複数の企業が参入しており、競争の激しい市場です。市場を独占するプレーヤーは存在しないです。各社は市場シェアを維持するために技術革新を続け、戦略的パートナーシップを結んでいます。

  • 2022年12月- ウェストロックは、グルーポ・ゴンジの残存持分を9億7,000万米ドルと債務引受で買収したと発表。グルーポ・ゴンディの買収には、メキシコ全土に4つの製紙工場、9つの段ボール施設、6つの高グラフィック施設が含まれます。これらの施設は、様々な地域の最終市場向けに持続可能なパッケージングを生産しています。拡大するラテンアメリカの段ボール、消費財、板紙、段ボール市場において、同社の優位な地位はこの買収によって強化されます。
  • 2022年7月-モンディはイタリアに本社を置く一次加工・包装会社フィオリーニ・インターナショナルと共同で、イタリアの高級パスタブランド向けにリサイクル可能な新しい紙パッケージの開発・導入に成功。この新しいパスタ袋は、充填装置での優れた走行性も備えており、ブランドと製品関連情報を効果的に伝えることができます。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリスト・サポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界のサプライチェーン分析
  • 業界の魅力度-ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • バリアコート板紙製品の開発
    • 紙製包装に対する消費者の意識の高まり
  • 市場抑制要因
    • 森林破壊による紙製包装への影響
    • 運用コストの増加

第6章 世界の古紙生産統計

  • 古紙生産量
  • 古紙輸入額・輸入量
  • 古紙輸出額・輸出量
  • 主要国別古紙生産量

第7章 カートンボードの輸出入シナリオ

  • カートンボード輸出:金額・数量
  • 段ボール原紙の輸入:金額・数量

第8章 市場セグメンテーション

  • グレード別
    • カートンボード
      • 固体漂白硫酸塩(SBS)
      • 無漂白固形硫酸塩(SUS)
      • 折りたたみボール紙(FBB)
      • コート再生板紙(CRB)
      • 非塗装再生板紙(URB)
      • その他のグレード
    • コンテナーボード
      • ホワイトトップ・クラフトライナー
      • その他のクラフトライナー
      • ホワイトトップテストライナー
      • その他のテストライナー
      • セミケミカルフルーティング
      • リサイクルフルーティング
  • 製品別
    • 折りたたみカートン
    • 段ボール箱
    • その他のタイプ
  • エンドユーザー産業別
    • 食品
    • 飲料
    • ヘルスケア
    • パーソナルケア
    • 家庭用品
    • 電気製品
    • その他エンドユーザー産業
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • イタリア
      • フランス
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • その他アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
      • ブラジル
      • メキシコ
      • その他ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ
      • アラブ首長国連邦
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ
      • その他中東とアフリカ

第9章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • International Paper Company
    • Mondi Group
    • Smurfit Kappa Group
    • DS Smith PLC
    • Eastern Pak Limited
    • WestRock Company
    • Packaging Corporation of America
    • Cascades Inc.
    • Nippon Paper Industries Ltd.
    • Sonoco Products Company

第10章 投資分析

第11章 市場の将来

目次
Product Code: 56225

The Paper Packaging Market size is estimated at USD 398.65 billion in 2024, and is expected to reach USD 501.08 billion by 2029, growing at a CAGR of 4.68% during the forecast period (2024-2029).

Paper Packaging - Market

Key Highlights

  • Paper packaging is a versatile and cost-efficient method to protect, preserve, and transport a wide range of products. In addition, it can be customized to meet the customers' or product-specific needs. The attributes like lightweight, biodegradability, and recyclability are the advantages of paper packaging that make it an essential component for packaging.
  • Consumers worldwide are becoming more conscious of the environmental hazards of packaging and are moving their purchasing habits to more environmentally friendly options. Consumers, the government, and the media pressure manufacturers to make their products, packaging, and processes more environmentally friendly. People are willing to pay more for environmentally friendly packaging. The paperboard packaging industry is expected to grow due to these trends.
  • The expansion of e-commerce sales and the rising demand for folded carton packaging are driving the market. However, the availability of high-performance substitutes will likely restrain the market's growth. Paperboard packaging is one of the most popular eco-friendly packaging options. Compared to bulkier packaging solutions, this packaging format can be created in various sizes with a small footprint, making it suitable for use in almost all end-user sectors.
  • The major challenge faced by the paper packaging market is the need for paper to package very heavy materials, resulting in the industry being overpowered by the polymers and metal packaging industries. Furthermore, deforestation to acquire raw materials and release dioxins during paper production cause environmental concerns. These factors, in turn, are hindering the growth of the paper packaging market.
  • The packaging industry witnessed some major issues due to the COVID-19 pandemic, including the effects of the nationwide lockdown, companies moving to source away from China, and reconsidering materials used in packaging. Although the supply side of paper packaging witnessed a significant impact, a drastic increase in the end-user demand in some applications significantly expanded the scope of paper packaging.
  • According to Packaging Gateway, 5.6 million people left Ukraine since the conflict started on May 3, 2022. Over 300 significant Western corporations left the country due to the conflict, and numerous production and packaging facilities in Russia and Ukraine were shut down. Some businesses initially hesitated to halt, reduce, or shut down operations as they were still determining when it would finish. Early in April, two more companies operating in Russia for over 30 years, Finnish food packaging provider Huhtamakiand Irish paper packaging company Smurfit Kappa, joined the expanding list of enterprises leaving the country.

Paper Packaging Market Trends

Food and Beverage Expected to Hold Significant Market Share

  • Paper and paperboard are among the most common materials for packaging food. Paper is an eco-friendly option in packaging, making it an ideal choice for food. It is predominantly used for packaging in direct contact with food and transporting and storing primary packages. Also, paper and paperboard are used in making microwave popcorn bags, baking paper, and fast-food containers. All this is expected to promote growth for paper packaging worldwide. The market growth in paper packaging is anticipated to be driven by high consumer awareness of packaged food, particularly packaged food delivery.
  • In addition, paper is one of the readily available, inexpensive resources. It is used extensively in the packaging of the food and beverage sector and the creation of papers. These materials can be recycled to create excellent molded products for packaging applications and other beverage-containing contact items like cups, pouches, and liquid cartons. The pandemic highlighted important health and wellness realities and the significance of consumers' dietary and lifestyle decisions. According to Mintel's Global Covid-19 tracker, consumers value eating and drinking healthily the most.
  • Most consumers lead on-the-go lifestyles. As a result, they are continuously seeking simpler foods to pick up, handle, eat, or carry. Brands are working harder to make food packaging portable to address this need. Packaging manufacturers depend on paper packaging for food products because it is extremely lightweight and easy to carry. Moreover, food packaging became more environmentally friendly in recent years. Big firms abandoned single-use plastics in favor of biodegradable, recyclable, or reusable packaging due to the desire for eco-friendly solutions.
  • Further, the growth of the food industry, which in turn is driving demand for folding cartons, corrugated boxes, and liquid paperboard boxes, is propelled by the increased need for ready-to-eat, frozen, and packaged goods. For instance, according to US Census Bureau, Retail food and beverage store sales in the United States reached an annual value of approximately USD 947 billion in 2022, a steady increase from the previous year and forward increasing the amount recorded from the last 5 years, thus increasing sales of food and beverage impact the growth of the paper packaging market.
  • Moreover, the quick shifts in beverage packaging patterns nationwide are one of the main drivers of industry expansion. The use of innovative packaging solutions grew significantly. Creating new active systems that can interact with the product or its surroundings, customer acceptability, food security, and enhancing the preservation of various beverages are the primary areas of recent developments in beverage packaging.

Asia-Pacific Expected To Include Significant Market Share

  • The Asia-Pacific is expected to include significant growth. The market is expanding due to the increasing number of production facilities throughout the area, rising consumerism, and the transit packaging industry in the APAC region. The region is expected to expand the fastest due to the rising demand for paper pulp in developing nations like China and India. In China, the transportation packaging market is growing along with consumption, fueling a rapidly rising demand for paper packaging.
  • The growing urban population, evolving e-commerce package industry, dropping pulp prices, and improving population awareness about environmentally friendly packaging are expected to propel China's paper packaging market. Furthermore, the industry's key trends and developments are increased folding boxboard consumption, increased containerboard capacity, and technological breakthroughs.
  • Moreover, the demand for paper pulp is increasing in developing countries like China, the fastest-growing paper per capita user. The increase in the paper packaging sector in China is further governed by the booming retail and e-commerce industry and a boost in demand for environmentally friendly packaging products in the region. Furthermore, significant growth in online shopping platforms and online shoppers, changing consumer attitudes regarding sustainable packaging, and implementing favorable government policies increased the demand for paper and paperboard packaging products.
  • Since India's food and beverage, cosmetics, and other industries are rising faster, this industry is rapidly expanding. Furthermore, several government measures to limit plastic waste influence the market's growth. As a result, rising consumer awareness and the rise of India's organized food sector are driving market growth.
  • Moreover, India's paper and paperboard packaging growth is further driven by continued demand for quality FMCG products, pharmaceuticals, textiles, organized retail, booming e-commerce, and other segments. Additionally, Fruit pulp, juices, other concentrates, sauces, and ketchup bottles are driving the growing demand for paper and paperboard packaging in India. The industry in India went up the sustainability curve and became far more technologically advanced.
  • Japan significantly uses paper-based products in various industries, including newspapers, packaging, printing and communication, sanitary products, and other miscellaneous uses. There is a recent movement in the packaging sector to utilize paper because of consumer awareness about sustainable packaging, worries about deforestation, and raw material availability, among other factors.
  • Companies are forced to adapt to environmentally friendly packaging due to this aspect. Nestle, a Japanese company, is looking into new packaging options for various brands and goods. It is also aggressively researching materials to further lessen its environmental impact, as it sells approximately 4 million products daily.

Paper Packaging Industry Overview

The paper packaging market is fragmented. It is a highly competitive market with several players like International Paper, Mondi, Smurfit Kappa, and more in the market. There is no dominant player present in the market. The companies keep innovating and entering into strategic partnerships to retain their market share.

  • December 2022 - WestRock Company announced that it had successfully acquired Grupo Gondi's remaining interest for USD 970 million plus debt assumption. The Grupo Gondi acquisition includes four paper mills, nine corrugated packaging facilities, and six high graphic facilities throughout Mexico. These facilities produce sustainable packaging for a variety of regional end markets. The company's dominant position in the expanding corrugated packaging, consumer goods, paperboard, and containerboard markets in Latin America will be strengthened by this acquisition.
  • July 2022 - Mondi successfully developed and introduced a new recyclable paper packaging for a premium Italian pasta brand in collaboration with FioriniInternational, a primary converter and packaging company with headquarters in Italy. The brand and product-related information may be effectively communicated with the help of the new pasta bag, which also includes excellent runnability on filling equipment.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHT

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Supply Chain Analysis
  • 4.3 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.3.3 Threat of New Entrants
    • 4.3.4 Threat of Substitute Products
    • 4.3.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Development of Barrier-coated Paperboard Products
    • 5.1.2 Growing Consumer Awareness on Paper Packaging
  • 5.2 Market Restraints
    • 5.2.1 Effects of Deforestation on Paper Packaging
    • 5.2.2 Increasing Operational Costs

6 GLOBAL RECOVERED PAPER PRODUCTION STATISTICS

  • 6.1 Recovered Paper, Production Quantity
  • 6.2 Recovered Paper, Import Value, and Import Quantity
  • 6.3 Recovered Paper, Export Value, and Export Quantity
  • 6.4 Recovered Paper Production, by Leading Countries

7 CARTONBOARD EXIM SCENARIO

  • 7.1 Cartonboard Exports By Value & Volume (USD Million, Million Tonnes)
  • 7.2 Cartonboard Import By Value & Volume (USD Million, Million Tonnes)

8 MARKET SEGMENTATION

  • 8.1 By Grade
    • 8.1.1 Carton board
      • 8.1.1.1 Solid bleached sulphate (SBS)
      • 8.1.1.2 Solid unbleached sulphate (SUS)
      • 8.1.1.3 Folding boxboard (FBB)
      • 8.1.1.4 Coated Recycled Board (CRB)
      • 8.1.1.5 Uncoated recycled board (URB)
      • 8.1.1.6 Other Grades
    • 8.1.2 Containerboard
      • 8.1.2.1 White-top Kraftliner
      • 8.1.2.2 Other Kraftliners
      • 8.1.2.3 White top Testliner
      • 8.1.2.4 Other Testliners
      • 8.1.2.5 Semi Chemical Fluting
      • 8.1.2.6 Recycled Fluting
  • 8.2 By Product
    • 8.2.1 Folding Cartons
    • 8.2.2 Corrugated Boxes
    • 8.2.3 Other Types
  • 8.3 By End User Industry
    • 8.3.1 Food
    • 8.3.2 Beverage
    • 8.3.3 Healthcare
    • 8.3.4 Personal Care
    • 8.3.5 Household Care
    • 8.3.6 Electrical Products
    • 8.3.7 Other End User Industries
  • 8.4 By Geography
    • 8.4.1 North America
      • 8.4.1.1 United States
      • 8.4.1.2 Canada
    • 8.4.2 Europe
      • 8.4.2.1 Germany
      • 8.4.2.2 United Kingdom
      • 8.4.2.3 Italy
      • 8.4.2.4 France
      • 8.4.2.5 Rest of Europe
    • 8.4.3 Asia-Pacific
      • 8.4.3.1 China
      • 8.4.3.2 Japan
      • 8.4.3.3 India
      • 8.4.3.4 Rest of Asia Pacific
    • 8.4.4 Latin America
      • 8.4.4.1 Brazil
      • 8.4.4.2 Mexico
      • 8.4.4.3 Rest of Latin America
    • 8.4.5 Middle East and Africa
      • 8.4.5.1 United Arab Emirates
      • 8.4.5.2 Saudi Arabia
      • 8.4.5.3 South Africa
      • 8.4.5.4 Rest of Middle East and Africa

9 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 9.1 Company Profiles
    • 9.1.1 International Paper Company
    • 9.1.2 Mondi Group
    • 9.1.3 Smurfit Kappa Group
    • 9.1.4 DS Smith PLC
    • 9.1.5 Eastern Pak Limited
    • 9.1.6 WestRock Company
    • 9.1.7 Packaging Corporation of America
    • 9.1.8 Cascades Inc.
    • 9.1.9 Nippon Paper Industries Ltd.
    • 9.1.10 Sonoco Products Company

10 INVESTMENT ANALYSIS

11 FUTURE OF THE MARKET