デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1408397

ビデオストリーミング:市場シェア分析、産業動向・統計、2024~2029年成長予測

Video Streaming - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.49円
ビデオストリーミング:市場シェア分析、産業動向・統計、2024~2029年成長予測
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

ビデオストリーミング市場規模は今年度1,050億9,000万米ドルと推定されます。

予測期間中のCAGRは23.59%で、5年後には3,030億5,000万米ドルに達すると予想されます。従来のケーブルや衛星への加入を必要とせずにオンデマンド・ビデオ・コンテンツを提供するOTTプラットフォームの認知度が高まっていることが、市場の大幅な成長に寄与している可能性があります。さらに、OTTプラットフォームは今後、柔軟でパーソナライズされたコンテンツ消費を追求する若い視聴者を中心に加入者を増やし、将来の市場成長を牽引すると予想されます。

Video Streaming-Market-IMG1

主なハイライト

  • ビデオストリーミング市場は大きく成長し、人々の娯楽とデータ利用を一変させました。ビデオストリーミングは、ウェブ上でデジタル・ビデオ・コンテンツをリアルタイムで配信するもので、ユーザーは従来の物理メディアを使わずに、インターネットに接続されたさまざまなガジェットで映画や録画、ライブ・イベント、テレビ番組、その他の映像コンテンツを視聴することができます。
  • 高速インターネットの普及は、ストリーミング・ビデオ・マーケットの原動力となります。消費者は、ブロードバンドやモバイル・インターネットが普及しているため、スマートフォン、PC、スマートTV、タブレット端末で、ビデオ・コンテンツに素早くアクセスし、ストリーミング再生することができます。視聴者は、いつでもどんなツールでも好みの番組や映画を見ることができます。
  • さらに、特に都市や町で、これらのインターネット接続の増加は、ストリーミングビデオは、より多くの重要な条件の充実したネットインフラとストリーミングビデオスポーツのための便利なターゲットオーディエンスの利点として、適切なアクセスを取得するための難易度が低くなり、市場の成長を大きくし続けています。さらに、スマートフォン、タブレット、スマートテレビ、その他のデータ対応ガジェットの大量導入が、ビデオストリーミングの増加に拍車をかけています。
  • しかし、ビデオストリーミング・プラットフォームは、コンテンツの違法コピーや著作物の無許可配信に関する課題に直面する可能性があります。著作権侵害はストリーミング・サービスの収益やコンテンツ制作者の収益に影響を与え、市場の成長を抑制します。
  • さらに、COVID-19はビデオストリーミング市場にプラスの影響を与えました。ロックダウンにより、人々はストリーミング・プラットフォームで利用可能な幅広いコンテンツを探索し、利用することができるようになった。ユーザーはこの期間に新しい番組、映画、ジャンルを発見しました。さらにIBEFによると、2020年1月から7月にかけて、オーバー・ザ・トップ業界の有料契約数は2,100万~2,900万件以上と30%増加しました。さらに、都市部のOTTビデオプラットフォームユーザーの割合が最も大きくなりました。

ビデオストリーミング市場の動向

高速インターネット接続の普及

  • ブロードバンドインターネットの世界の普及率の上昇が、ビデオストリーミング急増の主な理由のひとつです。ブロードバンドインフラが大幅に増加し、より多くの人口へのインターネット接続が増加しました。より多くの世帯や地域が安定した高速インターネットにアクセスできるようになったため、ビデオストリーミングサービスの潜在的な視聴者層が拡大し、ストリーミング・プラットフォームの顧客基盤がより広範になりました。
  • さらに、Speedtest社の最近の調査によると、2023年4月時点の固定ブロードバンドインターネットの平均速度は、シンガポールが242Mbpsで最速と記録されています。アラブ首長国連邦は約217Mbpsで3位、チリは222Mbps以上で2位だった。このような高速インターネット接続は、ビデオストリーミング・プラットフォームの普及に大きく貢献しています。
  • 高速インターネット接続があれば、ユーザーはスマートフォン、タブレット、パソコン、スマートテレビなど、さまざまなデバイスでストリーミングビデオを視聴できます。モバイル機器を通じて高速インターネットを利用できるようになったことで、携帯電話の使用が簡素化され、ユーザーはいつでもどこでも好きなコンテンツを視聴できるようになり、利便性とコラボレーションが向上しました。
  • さらに、高速インターネット接続により、高画質映像コンテンツのシームレスな配信が可能になった。ビデオストリーミング・プラットフォームは、高解像度(HD)や4Kのコンテンツを提供できるようになり、視聴者はより没入感のあるエンターテインメントを体験できるようになった。インターネットの高速化により、バッファリングの問題が減少し、ユーザーは途切れることなく再生を楽しむことができるため、ストリーミング・サービスに対する総合的な満足度が高まっています。
  • 高速インターネット接続の採用は、イベント、スポーツ、コンサート、ゲーム競合をリアルタイムで視聴できるライブストリーミングにもつながっています。ライブ・ストリーミングは、ユーザーにユニークでインタラクティブな体験を提供し、視聴者間のコミュニティ意識を醸成するインターネット・インフラの改善により、絶大な人気を博しています。
  • さらに、高速インターネットは、従来のケーブルテレビや衛星テレビに加入することなく、ユーザーに直接ビデオ・コンテンツを配信するオーバー・ザ・トップ(OTT)プラットフォームの成長を可能にしました。高速インターネット接続が利用可能になったことで、視聴者はコードレスの利点を活用してOTTサービスを選ぶことが容易になり、消費者の行動や嗜好に大きな変化が生じています。
Video Streaming-Market-IMG2

北米が大きな市場シェアを占める見込み

  • 北米には、世界最大級のストリーミング・プラットフォームがあります。Netflix、Amazon Prime Video、Hulu、Disney+、HBO Max、YouTubeといった企業がこの地域で確固たる地位を築き、加入者に多様で豊富なコンテンツ・ライブラリを提供しています。これらのプラットフォームは、視聴者を引き付け、維持するために、オリジナルコンテンツの制作に多額の投資を行っており、ストリーミング市場の競争と繁栄につながっています。
  • この地域のハイテクに精通した人口と、デジタル革新を受け入れる文化が、ビデオストリーミングサービスの普及にさらに拍車をかけています。北米の人々は新しいデジタル動向を容易に受け入れ、オンデマンド・コンテンツ消費の利便性が、従来のテレビからビデオストリーミング・プラットフォームへの大きな移行を促しました。
  • さらに、COVID-19の流行は北米におけるビデオストリーミングの成長を加速させました。戸締まりと自宅待機命令が自宅での娯楽需要の急増につながり、視聴者の増加とストリーミング・サービスへの新規加入を促進しました。パンデミックはデジタル・エンターテイメントの重要性を浮き彫りにし、北米の多くの人々にとって一次情報源としてのビデオストリーミングの地位を確固たるものにしました。
  • 北米の市場シェアが大きいもう一つの要因は、この地域の豊富で多様なコンテンツ提供です。北米のストリーミング・プラットフォームは多様な視聴者に対応し、複数の言語とジャンルのコンテンツを提供しています。ローカライズされたコンテンツの提供は、様々な層の加入者を惹きつけ、維持する上で重要な役割を果たしています。
  • さらに、同地域のストリーミング・プラットフォームは、競争の激しいビデオストリーミング業界において優位な地位を維持し、成長するために、消費者の嗜好の変化や市場力学の進化に適応し続けると予想されます。

ビデオストリーミング産業の概要

ビデオストリーミング市場は、世界企業が様々なソリューションやサービスの提供で競争しているため、競争が激しくなると予想されます。また、これらの企業は市場競争力を維持するため、パートナーシップやイノベーションに積極的に取り組んでいます。市場の著名なプレーヤーには、IBM、Amazon、Netflix、Huluなどがあります。

2023年6月、アマゾンは広告付きのプライム・ビデオストリーミング・サービス・ティアの導入を計画しています。このオンライン小売・ストリーミング企業は、広告ビジネスを拡大し、エンターテインメント収入を増やしたいと考えています。さらにアマゾンは、ワーナー・ブラザース・ディスカバリーおよびパラマウント・世界と、プライム・ビデオ・チャンネルを通じて、彼らのストリーミング・サービスの広告付き階層を含めるための協議を開始しました。ユーザーは、Prime Video Channelsを通じて、MaxやParamount+の広告なし版のようなストリーミングサービスに加入し、アプリを通じて視聴することができます。

2023年5月、著名な動画共有企業であるRumbleは、テック投資家・起業家のDavid SacksとAxel Ericssonによって創設されたサンフランシスコのポッドキャスティング・ライブストリーミングサービスであるCallinを買収したことを明らかにしました。Rumbleの一員として、エリクソン氏とCallinチームはライブストリーミング機能の開発を継続する予定です。

2023年4月、オンライン・ライフのパワーとセキュリティを提供するクラウド・サービス・プロバイダーのアカマイ・テクノロジーズは、2023年 NAB Showでストリーミング・ビデオ用の新しいクラウド・コンピューティング機能を発表しました。このツールは、OTTプロバイダーが視聴者により高品質で、個々のニーズに合ったビデオ体験を提供できるよう支援するためのものです。また、事業者がより予測可能な運営費用の削減を実現し、コンテンツを収益化する試みを強化する際にも役立ちます。さらにアカマイは、同社の認定コンピューティングパートナープログラムの最新の参加者を紹介し、Common Media Client Data(CMCD)プロトコルのサポートの改善を明らかにしました。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3か月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 産業バリューチェーン分析
  • 業界の魅力度-ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手・消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ
  • COVID-19の市場への影響評価

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • 高速インターネット接続の普及
    • スポーツ、コンサート、ゲームなどのライブ・ストリーミング・イベントの人気上昇
  • 市場抑制要因
    • コンテンツの違法コピーと著作物の無許可配信
    • コンテンツのライセンシングと制作の高コスト

第6章 市場セグメンテーション

  • ストリーミングタイプ別
    • ライブビデオストリーミング
    • ノンリニアビデオストリーミング
  • コンポーネント別
    • ソフトウェア
    • サービス別
  • ソリューション別
    • インターネットプロトコルTV
    • オーバー・ザ・トップ(OTT)
    • ケーブルTV
    • 有料テレビ
  • プラットフォーム別
    • ゲーム機
    • ラップトップ&デスクトップ
    • スマートフォン&タブレット
    • スマートTV
  • 収益モデル別
    • 広告
    • レンタル
    • サブスクリプション
  • 展開タイプ別
    • クラウド
    • オンプレミス
  • エンドユーザー別
    • エンタープライズ
    • コンシューマー
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • IBM Corporation
    • Amazon.com, Inc.
    • Alphabet Inc.
    • Netflix, Inc.
    • Hulu LLC(The Walt Disney Company)
    • Brightcove Inc.
    • Apple Inc.
    • Roku, Inc.
    • Haivision Systems Inc.
    • Tencent Holdings Limited
    • Akamai Technologies, Inc.
    • Warner Bros. Discovery, Inc.

第8章 投資分析

第9章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 50001063
Video Streaming - Market - IMG1

The Video Streaming Market size is estimated at USD 105.09 billion in the current year. It is expected to reach USD 303.05 billion in five years, registering a CAGR of 23.59% during the forecast period. The increasing recognition of OTT platforms, providing on-demand video content without the necessity for conventional cable or satellite subscriptions, might account for significant market growth. Moreover, OTT platforms were expected to draw more subscribers, especially among younger audiences pursuing flexible and personalized content consumption in the coming years to drive future market growth.

Key Highlights

  • The video streaming market has grown significantly, transforming people's entertainment and data utilization. Video streaming is a real-time delivery of digital video content over the web, authorizing users to watch movies, watch recordings, live events, TV shows, and other visual content on different internet-connected gadgets without conventional physical media.
  • The large availability of high-speed internet can be a driving force for the streaming video marketplace. Consumers can quickly get the right of entry to and stream video content to their smartphones, PCs, smart TVs, and tablets due to the vast use of broadband and mobile internet. This availability will increase demand for content material, while viewers can see shows and films favored on any tool at any time.
  • Furthermore, the increase of these internet connections, particularly in cities and towns, has made streaming video less challenging to get suitable access to as more significant conditions' advantage of the substantial net infrastructure and a convenient target audience for streaming video sports keeps making bigger the marketplace growth. In addition, the huge adoption of smartphones, tablets, smart TVs, and other data-enabled gadgets has fueled the increase of video streaming.
  • However, video streaming platforms might face challenges related to content piracy and unauthorized distribution of copyrighted material. Piracy affects the revenues of streaming services and content creators' earnings, thereby restraining market growth.
  • Further, COVID-19 positively impacted the video streaming market. The lockdowns allowed people to explore and engage with a broader range of content available on streaming platforms. Users discovered new shows, movies, and genres during this period. Moreover, according to the IBEF, between January and July 2020, the number of paid subscriptions in the over-the-top industry increased by 30%, from over 21-29 million. Furthermore, urban areas had the most significant percentage of OTT video platform users.

Video Streaming Market Trends

Growing Availability of High-speed Internet Connections

  • The rise in global penetration of broadband internet is one of the primary reasons for the surge in video streaming. Broadband infrastructure has increased substantially, increasing internet connections to a more significant population. As more households and regions access stable and fast internet, the potential audience for video streaming services has expanded, leading to a more extensive customer base for streaming platforms.
  • Moreover, according to a recent survey by Speedtest, Singapore was recorded to be the fastest average fixed broadband internet speed as of April 2023, at 242 Mbps. The United Arab Emirates came in third with an average fixed broadband internet speed of about 217 Mbps, whereas Chile ranked second with more than 222 Mbps. Such significant internet speeds would have considerably contributed to the increased adoption of video streaming platforms.
  • A high-speed Internet connection can allow users to watch streaming videos on various devices, including smartphones, tablets, computers, and smart TVs. The availability of high-speed Internet through mobile devices has simplified the use of mobile phones and allowed users to watch their favorite content anytime, anywhere, increasing convenience and collaboration.
  • Additionally, high-speed Internet connections have enabled seamless delivery of high-quality video content. Video streaming platforms can now offer high definition (HD) and 4K content, giving viewers a more immersive and entertaining experience. Due to faster internet speeds, buffering issues are reduced, and users can enjoy uninterrupted playback, increasing their overall satisfaction with the streaming service.
  • Adopting high-speed Internet connections has also led to live streaming, where users can watch events, sports, concerts, and gaming competitions in real-time. Live streaming has gained immense popularity due to the improved internet infrastructure that gives users a unique and interactive experience and fosters a sense of community among viewers.
  • Further, high-speed Internet has enabled the growth of over-the-top (OTT) platforms that deliver video content directly to users without subscribing to traditional cable or satellite television. The availability of high-speed Internet connections has made it easier for viewers to leverage the cordless benefits and opt for OTT services, leading to a significant shift in consumer behavior and preferences.
Video Streaming - Market - IMG2

North America is Expected to Hold a Significant Market Share

  • North America has some of the largest streaming platforms globally. Companies like Netflix, Amazon Prime Video, Hulu, Disney+, HBO Max, and YouTube have established a strong presence in the region, offering subscribers a diverse and extensive library of content. These platforms have invested heavily in original content production to attract and retain viewers, leading to a competitive and thriving streaming market.
  • The region's tech-savvy population and cultural acceptance of digital innovations have further fueled the adoption of video streaming services. North Americans readily embrace new digital trends, and the convenience of on-demand content consumption has driven a significant shift from traditional television to video streaming platforms.
  • Moreover, the COVID-19 pandemic accelerated the growth of video streaming in North America. Lockdowns and stay-at-home orders led to a surge in demand for at-home entertainment, driving increased viewership and new subscriptions to streaming services. The pandemic highlighted the importance of digital entertainment and solidified the position of video streaming as a primary source of entertainment for many North Americans.
  • Another factor contributing to North America's significant market share is the region's extensive and varied content offerings. Streaming platforms in North America cater to diverse audiences, providing content in multiple languages and genres. The availability of localized content has played a crucial role in attracting and retaining subscribers across different demographics.
  • Further, streaming platforms in the region are anticipated to continue adapting to changing consumer preferences and evolving market dynamics to maintain their prominent position and grow in the highly competitive video streaming landscape.

Video Streaming Industry Overview

The Video Streaming Market is expected to be highly competitive due to global firms competing in various solutions and service offerings. In addition, these firms are actively engaging in partnerships and innovations to stay competitive in the market. A few prominent players in the market include IBM, Amazon, Netflix, Hulu, etc.

In June 2023, Amazon plans to introduce an advertising-supported Prime Video streaming service tier. The online retail and streaming firm wants to expand its ad business and boost entertainment income. Additionally, Amazon has initiated discussions with Warner Bros. Discovery and Paramount Global to include the ad-based tiers of their streaming services through Prime Video Channels. Users may subscribe to streaming services like Max and Paramount+'s ad-free editions through Prime Video Channels and watch through the app.

In May 2023, Rumble, a prominent video-sharing company, revealed that the business acquired Callin, the podcasting and live-streaming service in San Francisco created by tech investor and entrepreneur David Sacks and Axel Ericsson. As part of Rumble, Ericsson and the Callin team will keep developing live-streaming capabilities.

In April 2023, Akamai Technologies, a cloud services provider that power and secure online lives unveiled new cloud computing features for streaming video at the 2023 NAB Show. The tools are designed to assist OTT providers in providing viewers with video experiences of greater quality and more tailored to their individual needs. They can also assist operators in realizing reduced, more predictable operating expenses and enhancing attempts to monetize content. Furthermore, Akamai highlighted the most recent participants in its Qualified Computing Partner program and revealed improvements to its support for the Common Media Client Data (CMCD) protocol.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Value Chain Analysis
  • 4.3 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.3.3 Threat of New Entrants
    • 4.3.4 Threat of Substitute Products
    • 4.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.4 Assessment of the Impact of COVID-19 on the Market

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Growing Availability of High-speed Internet Connections
    • 5.1.2 Rising Popularity of Live Streaming Events, such as Sports, Concerts, and Gaming
  • 5.2 Market Restraints
    • 5.2.1 Content Piracy and Unauthorized Distribution of Copyrighted Material
    • 5.2.2 High Costs of Content Licensing and Production

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Streaming Type
    • 6.1.1 Live Video Streaming
    • 6.1.2 Non-Linear Video Streaming
  • 6.2 By Component
    • 6.2.1 Software
    • 6.2.2 Services
  • 6.3 By Solutions
    • 6.3.1 Internet Protocol TV
    • 6.3.2 Over-the-Top (OTT)
    • 6.3.3 Cable TV
    • 6.3.4 Pay-TV
  • 6.4 By Platform
    • 6.4.1 Gaming Consoles
    • 6.4.2 Laptops & Desktops
    • 6.4.3 Smartphones & Tablets
    • 6.4.4 Smart TV
  • 6.5 By Revenue Model
    • 6.5.1 Advertising
    • 6.5.2 Rental
    • 6.5.3 Subscription
  • 6.6 By Deployment Type
    • 6.6.1 Cloud
    • 6.6.2 On-Premises
  • 6.7 By End User
    • 6.7.1 Enterprise
    • 6.7.2 Consumer
  • 6.8 By Geography
    • 6.8.1 North America
    • 6.8.2 Europe
    • 6.8.3 Asia Pacific
    • 6.8.4 Latin America
    • 6.8.5 Middle East & Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 IBM Corporation
    • 7.1.2 Amazon.com, Inc.
    • 7.1.3 Alphabet Inc.
    • 7.1.4 Netflix, Inc.
    • 7.1.5 Hulu LLC (The Walt Disney Company)
    • 7.1.6 Brightcove Inc.
    • 7.1.7 Apple Inc.
    • 7.1.8 Roku, Inc.
    • 7.1.9 Haivision Systems Inc.
    • 7.1.10 Tencent Holdings Limited
    • 7.1.11 Akamai Technologies, Inc.
    • 7.1.12 Warner Bros. Discovery, Inc.

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS