デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1406274

データマネタイゼーション:市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測、2024年~2029年

Data Monetization - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=155.76円
データマネタイゼーション:市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測、2024年~2029年
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

データマネタイゼーション市場の2024年の市場規模は48億7,000万米ドルで、CAGRは19.98%を記録し、2029年には149億9,000万米ドルに達すると予測されています。

データマネタイゼーションは、企業が十分に活用されていないデータや冗長なデータの価値を発見することに関心を持ち始めていることから、注目を集めています。さらに、データマネタイゼーションには、ビジネスと技術専門家の組み合わせだけでなく、補完的なスキルを持つ時間、エネルギー、投資も必要です。

Data Monetization-Market-IMG1

主なハイライト

  • 現在の市場シナリオでは、独立系ソフトウェアベンダーは、アプリケーションの収益を増やし、自社製品の差別化を図るために、セルフサービス型ビジネスインテリジェンスに目を向けています。同様に、セルフサービスBIは、アプリケーションを開発する企業にとって、採用率の向上と運用効率の改善によってアプリケーションのROIに貢献することができます。
  • データの増加は、指数関数的なデータ増加を実現する新たなテクノロジーによって加速しています。これらのテクノロジーとは、エッジコンピューティング、5Gネットワーキング、モノのインターネット(IoT)、人工知能(AI)と機械学習(ML)、拡張知能と仮想現実(AR/VR)、ブロックチェーンなどです。このようなデータ量、多様性、スピードのかつてない増加は、データマネタイゼーションの可能性を高めています。
  • 例えば、eコマースのような新しいビジネスモデルの出現は、データマネタイゼーション産業の成長を大きく後押ししています。eコマース・ウェブサイトは、ユーザーの検索行動や購買パターンに基づいて膨大な量のデータを収集する能力を備えているからです。このため、eコマース・プレーヤーはデータマネタイゼーションソリューションを採用してデータを販売したり、ブランドと協力してデータを分析し、さまざまなビジネス目標を達成するために使用して追加収入を得ることができます。
  • 他のセクターと比較して、ヘルスケアは断片化されたデータ状況に苦しんでおり、規制上の制約、相互運用性の課題、参加者間の不信感による課題に依然として直面しています。全国共通の患者識別子が存在せず、データの正規化と相互運用性の問題から、高度に機能するデータリポジトリを構築することが課題となっているため、ヘルスケア業務のあらゆる側面で標準化・正規化されたデータを活用することが困難となっています。
  • さらに、個人データの使用に対する消費者の意識が高まる中、GDPA、CCPAなど、世界中でいくつかのデータセキュリティ規制が策定されつつあります。これらの法律は、消費者の個人データの悪用を避けるための厳格な枠組みを提供しているため、調査対象市場の成長に悪影響を及ぼす可能性があります。
  • COVID-19の大流行により、ほとんどすべての業界が変動、リスク、顧客の購買行動の変化を経験しています。世界中の企業は、事業縮小や製品・サービスの多様化など、事業の大幅な変更を余儀なくされています。このような変化に迅速に対応するため、企業は人工知能システム、機動的なリスク管理、データアナリティクスを通じてビジネスインテリジェンス戦略を採用または活用し、パンデミックの中で事業運営を継続するための十分な情報に基づく意思決定に役立てています。これにより、予測期間中、調査対象市場に新たなビジネスチャンスがもたらされると予測されます。

データマネタイゼーション市場の動向

ヘルスケア分野が市場の主要シェアを占める

  • ヘルスケア業界では、過去におけるヘルスケアのデジタル化の進展により、データが急激に増加しています。健康記録や電子カルテ(EHR)はクラウドに移行し、ウェアラブルやスマートデバイスは極めて一般的になっています。デジタル化の動向は、この分野でのデータマネタイゼーションへの道を開き、臨床サービスの強化や財務的利益の実現に役立っています。
  • データアナリティクスやIoT機器の導入が進むことで、この分野ではさらに大量のデータが生み出されることになります。フィリップスが実施した調査によると、2022年2月の時点で、シンガポールで調査対象となったヘルスケアリーダーの92%が、医療機関に予測分析を導入済み、または導入中であると回答しています。したがって、データマネタイゼーションサービスの範囲は拡大することになります。さらに、データが真の企業資産であることを認識した世界中のヘルスケア組織は、アナリティクスを通じてこの資産の恩恵を享受しています。競争力の高いヘルスケア組織は、このようなアナリティクスを収益化して新たな収益源を生み出すことで、バリューチェーンにおける地位を高めています。
  • 業界の専門家は、非識別化された患者データの商業利用は、ケア提供モデルの革新を可能にし、加速させ、より低いコストで転帰を改善することでヘルスケア消費者に利益をもたらすだけでなく、デジタルヘルス起業家や研究者にデータアクセスを共有することで、先進的な分析ツールを使用して有用な洞察を得ることができ、ケア提供の革新だけでなく、他の様々なことにおいてもゲームチェンジャーとなり得ると考えています。
  • 成長の可能性を考慮し、ヘルスケア分野の市場ベンダーは、データプライバシー法に準拠した革新的なデータマネタイゼーションソリューションを提供しています。例えば、2022年10月、ヘルスケアAIおよびNLP企業であり、Spark NLPライブラリの開発者であるJohn Snow Labsは、自動非識別化ソリューションの改善を発表しました。John Snow Labsは、大規模データセットの自動非識別化を可能にすることで、世界中のヘルスケア組織の製品イノベーションとコスト削減を支援しています。同社の自動非識別化ソリューションは、データマネタイゼーションに必要なカスタム非識別化を提供します。
  • さらに米国では、最大規模の医療システム14社が、膨大かつ多様なデータをプールし、患者の非識別化データがどのように共有され使用されるかをコントロールするために、新たな新興企業Truveta Inc.を設立しました。この新興企業の目的は、患者データを活用して患者のケアを強化し、治療法の開発を加速させ、健康格差に対処し、診断にかかる時間を短縮することです。したがって、このような動向の拡大は、予測期間中の調査対象市場の成長を促進すると予想されます。
Data Monetization-Market-IMG2

アジア太平洋地域が急成長市場になる見込み

  • アジア太平洋地域は、新技術の採用においてダイナミックな成長を目の当たりにしています。さらに、AI、IoT、ビッグデータ技術の商業化と、そのような技術を創造的に活用するためのさらなる技術進歩の必要性は、この地域におけるデータマネタイゼーションツールおよびサービスの採用を促進すると予想されます。ネットワーク技術の進歩の高まり、eコマースの急速なブーム、製造業と自動車部門の成長、規制強化の義務化も、この地域の成長にプラスの影響を与えています。
  • この地域のさまざまな金融サービス機関(FSI)は、収益化することで大きなリターンを得ることができる貴重で膨大なデータを保有しています。例えば、Data-to-Digitalを行うことで、FSIはデジタルで競争し、デジタルトランスフォーメーションのメリットを活用することができます。さらに、これらの資産は、Data-to-Digitalによって変換されれば、大きな新たな収益源を生み出すことができます。FSIはまた、データアナリティクスをよりうまく活用し、データ主導のソリューションを生み出し、洞察とサービスのプラットフォームを構築することで、データを収益化することができます。
  • 大規模な消費者ベースと、スマートフォンやその他のハンドヘルドデバイスの普及拡大を考慮すると、洞察に満ちたデータにアクセスできる企業は、最近大きな人気を集めているモバイルデバイスの広告主から大きな収益を生み出す可能性があるため、データマネタイゼーションはアジア太平洋地域でかつてない成長を遂げると予想されます。
  • したがって、データマネタイゼーションの可能性は、データから最高の価値を生み出す革新的なビジネス戦略を採用するベンダーを後押ししています。例えば、通信サービスプロバイダーのチャイナ・ユニコムは、ブロックチェーンを利用して新たなデータマネタイゼーションの流れを作り出しました。同社の目的は、企業顧客とデータを共有する一方で、セキュリティとプライバシー規制の遵守を維持し、諸経費とデータ保管に目を光らせることです。

データマネタイゼーション産業の概要

データマネタイゼーション市場は、世界のプレーヤーと中小企業の両方が存在するため競合が激しいです。データマネタイゼーションはさまざまな業界で利用され、ベンダーに成長機会を提供しているため、新たなプレイヤーを市場に引き付け、ベンダー間の競争を促進しています。市場のプレーヤーは、製品ラインナップを強化し、持続可能な競争優位性を獲得するために、提携や買収などの戦略を採用しています。主な市場プレイヤーは、Accenture PLC、Adastra Corporation、Cisco Systems Inc.などです。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリスト・サポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力度-ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ
  • COVID-19のデータマネタイゼーション市場への影響評価

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • 高度な分析と可視化の急速な普及
    • ビジネスデータの量と種類の増加
  • 市場抑制要因
    • 既存システムとの相互運用性
    • 規制政策の多様な構造
  • 市場の課題
    • データ構造の複雑化と一貫性のあるデータの利用可能性

第6章 市場セグメンテーション

  • 組織規模別
    • 中小企業
    • 大企業
  • エンドユーザー産業別
    • 銀行・金融サービス・保険
    • 通信・情報技術
    • 製造
    • ヘルスケア
    • 小売
    • その他
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Accenture PLC
    • Adastra Corporation
    • Cisco Systems, Inc.
    • Dawex Systems SAS
    • Emu Analytics Ltd.
    • Thales Group
    • Google LLC(Alphabet Inc.)
    • IBM Corporation
    • Infosys Limited
    • Ness Technologies Inc.
    • NetScout Systems Inc.
    • Openwave Mobility Inc.(ENEA)
    • SAP SE
    • SAS Institute Inc.

第8章 投資分析

第9章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 71513
Data Monetization - Market - IMG1

The Data Monetization Market was valued at USD 4.87 billion in 2024 and is expected to register a CAGR of 19.98%, reaching USD 14.99 billion by 2029. Data monetization is gaining traction as companies are becoming more interested in discovering the value in their otherwise underutilized or redundant data. Furthermore, monetizing data requires not just combining businesses and technical experts but also time, energy, and investment with complementary skills.

Key Highlights

  • In the current market scenario, independent software vendors have turned to self-service business intelligence to increase application revenue and differentiate their offerings. Similarly, self-service BI can contribute to application ROI for enterprises developing applications by increasing adoption and improving operational efficiencies.
  • The increase in data has been accelerated by emerging technologies powered by and contributing to exponential data growth. These technologies are Edge Computing, 5G networking, the Internet of Things (IoT), Artificial intelligence (AI) and machine learning (ML), Augmented and virtual reality (AR/VR), and Blockchain. Such an unprecedented increase in data volume, variety, and speed has increased the prospects of data monetization.
  • For instance, the emergence of new business models such as e-commerce has significantly boosted the growth of the data monetization industry as e-commerce websites have the ability to collect vast amounts of data based on the user's search behavior and purchasing patterns. This allows e-commerce players to adopt data monetization solutions to sell the data or collaborate with brands to analyze the data and use it to fulfill various business objectives to generate additional revenue.
  • Relative to other sectors, healthcare has struggled with the fragmented data landscape and still faces challenges due to regulatory constraints, interoperability challenges, and mistrust among participants. The absence of a common national patient identifier and the challenges of creating highly capable data repositories due to data normalization and interoperability issues make it challenging to harness standardized and normalized data for all aspects of healthcare operations.
  • Furthermore, amid the growing consumer awareness about the use of their personal data, several data security regulations are being framed across the world, such as GDPA, CCPA, etc. As these laws offer strict frameworks to avoid any misuse of a consumer's personal data, it can have an adverse impact on the growth of the studied market.
  • Because of the COVID-19 pandemic, almost every industry is experiencing volatility, risks, and changes in customers' buying behaviors. Businesses worldwide are compelled to make substantial changes to their operations, such as downsizing and product and service diversification. To address these changes quickly, companies adopted or capitalized on their business intelligence strategies through artificial intelligence systems, agile risk management, and data analytics to help make informed decisions to continue business operations amid the pandemic. This is anticipated to drive new opportunities in the studied market during the forecast period.

Data Monetization Market Trends

Healthcare Sector Holds Major Market Share of the Market

  • The healthcare industry has seen an exponential increase in data due to increasing digitalization in healthcare over the past. Health records or electronic health records (EHRs) are moving to the cloud, and wearables and smart devices have become extremely commonplace. The digitalization trend has paved the way for data monetization in the sector, and it is helping enhance clinical services and realize financial benefits.
  • The growing adoption of data analytics and IoT devices in the sector will further create a massive amount of data in the sector. According to a survey conducted by Philips, as of February 2022, 92% of healthcare leaders surveyed in Singapore declared they had already implemented or had been in the process of adopting predictive analytics in their healthcare organizations. Hence, this will expand the scope of data monetization services. In addition, having recognized data as a true enterprise asset, healthcare organizations worldwide reap the benefits of this asset through analytics. Highly competitive healthcare organizations move up in the value chain by monetizing these analytics to generate a new revenue stream.
  • Industry experts believe that commercial usage of de-identified patient data has enormous potential as it can not only enable and accelerates innovation in care delivery models, benefitting healthcare consumers by improving outcomes at lower costs, but by sharing the data access to digital health entrepreneurs and researchers, will also allow them to use advanced analytical tools to gain useful insights that can be a game changer in driving the innovation in care delivery as well as in a variety of other things also.
  • Considering the growth potential, market vendors in the healthcare sector are offering innovative data monetization solutions which are data privacy law compliant. For instance, in October 2022, John Snow Labs, the Healthcare AI and NLP company and developer of the Spark NLP library announced improvements to its automatic de-identification solution. John Snow Labs empowers product innovation and cost savings for healthcare organizations worldwide by enabling organizations to automatically de-identify large datasets. The company's automatic de-identification solution provides the custom de-identification required for data monetization.
  • Furthermore, in the United States, 14 of the largest health systems created a new startup, Truveta Inc., to pool together their vast and diverse data to take back control over how their patients' de-identified data is shared and used. The startup's aim is to leverage patient data to enhance patient care, accelerate the development of treatments, address health inequity, and reduce the time to make a diagnosis. Hence, growing such trends are anticipated to drive the growth of the studied market during the forecast period.
Data Monetization - Market - IMG2

Asia-Pacific is Expected to be the Fastest Growing Market

  • The Asia-Pacific region is witnessing dynamic growth in the adoption of new technologies. Additionally, the commercialization of AI, IoT, and big data technologies and the need for further technological advancements to leverage such technologies creatively are anticipated to drive the adoption of data monetization tools and services in this region. The rising advancements in networking technologies, the rapid e-commerce boom, the growing manufacturing and automotive sectors, and increasing regulatory mandates also positively impacted regional growth.
  • Various financial service institutions (FSIs) in the region have invaluable and voluminous data that can be monetized to deliver a significant return. For instance, doing data-to-digital will allow FSIs to compete digitally and leverage the benefits of digital transformation. Additionally, these assets can produce significant new revenue streams once transformed through data-to-digital. FSIs can also monetize data by using data analytics better, producing data-driven solutions, and building platforms of insights and services.
  • Considering a large consumer base and growing penetration of smartphones and other handheld devices, data monetization is anticipated to witness an unprecedented growth in the Asia pacific region as enterprises with access to insightful data may generate significant revenue from mobile device advertisers which is gaining a significant traction lately.
  • Hence, the potential data monetization holds is encouraging the vendors to adopt innovative business strategies to generate best value from their data. For instance, China Unicom, a telecom service provider, has used blockchain to create a new data monetization revenue stream. The company's objective is to share data with enterprise customers whilst also maintaining compliance with security and privacy regulations and keeping an eye on the overhead costs and data storage.

Data Monetization Industry Overview

The data monetization market is competitive due to the presence of both global players and small and medium-sized enterprises. As data monetization is used in various industries to provide vendors with growth opportunities, it attracts new players into the market, driving competition among the vendors. Players in the market are adopting strategies such as partnerships and acquisitions to enhance their product offerings and gain sustainable competitive advantage. Some key market players include Accenture PLC, Adastra Corporation, and Cisco Systems Inc., among others.

  • June 2023 - Tata Consultancy Services (TCS), a leading IT company, launched the TCS Dexam data marketplace platform on Google Cloud. According to the company, the platform enables enterprises to democratize and monetize data by providing a continuous data exchange for enterprises and their ecosystem partners while also ensuring compliance with data consent, privacy, and security regulations.
  • May 2023 - NielsenIQ, an information services company, launched NielsenIQ Activate; a software-as-a-service (SaaS) solution designed to enables retailers to accelerate revenue opportunities through comprehensive customer insights and retail media that activate shoppers with personalized promotional offers. According to the company, this SaaS tool will also allow retailers to create revenues by monetizing their retail media assets across both digital and physical channels.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Threat of Substitutes
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Assessment of Impact of COVID-19 on the Data Monetization Market

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Rapid Adoption of Advanced Analytics and Visualization
    • 5.1.2 Increasing Volume and Variety of Business Data
  • 5.2 Market Restraints
    • 5.2.1 Interoperability With Existing Systems
    • 5.2.2 Varying Structure of Regulatory Policies
  • 5.3 Market Challenge
    • 5.3.1 Increasing Complexities in Data Structures and Availability of Consistent Data

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Organization Size
    • 6.1.1 Small and Medium-Sized Enterprises
    • 6.1.2 Large Enterprises
  • 6.2 By End-user Industry
    • 6.2.1 Banking, Financial Services, and Insurance
    • 6.2.2 Telecom and Information Technology
    • 6.2.3 Manufacturing
    • 6.2.4 Healthcare
    • 6.2.5 Retail
    • 6.2.6 Other End-User Industries
  • 6.3 By Geography
    • 6.3.1 North America
    • 6.3.2 Europe
    • 6.3.3 Asia-Pacific
    • 6.3.4 Latin America
    • 6.3.5 Middle East & Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Accenture PLC
    • 7.1.2 Adastra Corporation
    • 7.1.3 Cisco Systems, Inc.
    • 7.1.4 Dawex Systems SAS
    • 7.1.5 Emu Analytics Ltd.
    • 7.1.6 Thales Group
    • 7.1.7 Google LLC (Alphabet Inc.)
    • 7.1.8 IBM Corporation
    • 7.1.9 Infosys Limited
    • 7.1.10 Ness Technologies Inc.
    • 7.1.11 NetScout Systems Inc.
    • 7.1.12 Openwave Mobility Inc. (ENEA)
    • 7.1.13 SAP SE
    • 7.1.14 SAS Institute Inc.

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS