デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1406087

化合物半導体:市場シェア分析、産業動向と統計、2024年~2029年の成長予測

Compound Semiconductor - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 200 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=155.76円
化合物半導体:市場シェア分析、産業動向と統計、2024年~2029年の成長予測
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 200 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

化合物半導体の市場規模は、2024年に325億9,000万米ドルと推定され、2029年には546億9,000万米ドルに達すると予測され、予測期間(2024年~2029年)のCAGRは10.91%で成長します。

Compound Semiconductor-Market-IMG1

COVID-19パンデミックにより、化合物半導体製造業界ではいくつかの製品の製造が停止しました。加えて、世界各地の政府による国ごとの封鎖は、さらに各分野に打撃を与え、世界中のサプライチェーンと製造オペレーションを混乱させる結果となった。工場での作業を含むほとんどの製造業務が大きな影響を受け、生産性が低下しました。

主なハイライト

  • 化合物半導体は、周期表の異なるまたは同じグループに属する2種類以上の元素から作られます。化合物半導体は、化学気相成長法、原子層堆積法などの様々な成膜技術を用いて製造されます。高温・耐熱性、周波数の向上、磁気に対する高感度、高速動作、光電子機能などのユニークな特性を持つことが、需要を押し上げている主な利点の一部です。さらに、化合物半導体の製造コストの低下により、電子機器やモバイル機器への応用が拡大しています。
  • 化合物半導体が一般照明(LED)やレーザー、光ファイバー用レシーバーの形で光を放射したり感知したりできることが、需要をさらに押し上げています。LEDの製造・設置コストの低下により、あらゆる分野の照明器具への応用が拡大しています。メガシティは人口増加のニーズを満たすためにインフラ整備に集中して投資しており、政府は電力消費コストを削減するために顧客がエネルギー効率の高い光源を導入するよう支援しています。
  • 例えば、パンデミックの最中、EESL(Energy Efficiency Services Limited)は、「Unnat Jyoti Program(UJALA)」と呼ばれる1年間の政府プロジェクトの完了を祝った。このプログラムでは、1,060万個以上の街灯をLED照明に置き換え、2,000万トンの二酸化炭素排出量と電気料金を削減しました。このようなイニシアチブは、調査された市場をさらに後押しします。
  • 2020年、台湾積体電路製造(TSMC)は予備部品の約31%を中国で調達し、2021年には31%に増加しました。
  • 米国エネルギー省(DOE)によると、LED照明のエネルギー消費量は従来の白熱電球より約75~80%少なく、ハロゲン電球より約65%少ないです。商業施設では、長時間の労働、倉庫や製造施設での安全・セキュリティ、その他の用途など、長時間にわたって照明が必要とされます。そのため、LED照明に切り替えることで、年間数百万米ドルを節約することができます。例えば、米国エネルギー回収の顧客は、古い照明システムを最新のLED照明に交換することで、電気光熱費を約20~55%節約できます。したがって、LED採用へのシフトが調査対象市場の成長を促進しています。
  • スマートフォンは化合物半導体の主要な消費者です。近年、スマートフォン市場の競争は激しいです。携帯電話の利用が増加していることが、世界市場をさらに牽引すると予想されています。例えば、Ericsson Mobility Report, 2022によると、2027年末には世界で44億の5G契約があり、全携帯電話契約の48%を占める。
  • モノのインターネット・アプリケーションは増加しており、化合物半導体の売上を押し上げると予想されます。さらに、5Gネットワークの成長により、無線通信分野の成長も期待されます。第5世代ネットワークはまた、消費者が携帯端末やデバイスをアップグレードして世界の化合物半導体の採用を促進する可能性を示しています。
  • 化合物半導体産業は、製造や様々な製品に関わる500以上の処理工程だけでなく、不安定な電子市場や予測不可能な需要など、直面する厳しい環境のため、最も複雑な産業の1つと考えられています。

化合物半導体の市場動向

オプトエレクトロニクスが予測期間中に大きく成長

  • 調査対象範囲に含まれるオプトエレクトロニクス製品には、LED製品を除くフォトダイオード、フォトトランジスタ、光スペクトラムアナライザ、ソーラーパネル、その他のオプトエレクトロニクスデバイスが含まれます。
  • GaNベースのトランジスタは、特にオプトエレクトロニクスにおいて、SiCベースと比べてより高速で効率的であるため、新たな道を発見しています。GaNはシリコンの1,000倍の電子移動度を持ち、高温でも比較的安定した動作が可能です。
  • プラズモニック・ナノ構造、ペロブスカイト・トランジスタ、光学活性量子ドット、微小電球、低コスト3Dイメージング、レーザー駆動3Dディスプレイ技術、レーザーLi-Fiなど、オプトエレクトロニクス分野における最近の進歩は、オプトエレクトロニクス装置のダイナミックな応用分野に量子的な変化をもたらすと期待されています。
  • さらに、2022年6月には、米国(中央フロリダ大学)と韓国の研究者により、光学データの検出、記憶、処理を同じ装置で可能にする多波長光電子シナプスが作られました。その結果、処理効率と画像識別精度が大幅に向上したインセンサー人工視覚システムは、ロボット工学、自動運転車、マシンビジョンなどに利用される可能性があります。視神経のシナプスを介して網膜が光データを伝達する人間の目のように、光電子シナプスは、光データのセンシング、メモリー、処理を同じデバイスに統合することを可能にします。
  • さらに、横河電機は2022年8月、独自の光学製品の拡張や製造ニーズに対応するため、幅広い波長を測定できる装置に対する市場の需要を満たす2つの新しい光スペクトラムアナライザ(OSA)を発売しました。横河AQ6375EとAQ6376Eは、2μm以上のSWIR(短波長赤外域)と3μm以上のMWIR(中波長赤外域)をカバーする唯一の回折格子ベースのOSAで、高度な光学性能を備えています。
  • 顧客の多様なニーズに応えるため、各社は製品ポートフォリオを拡充しています。例えば、2022年4月、様々なオプトエレクトロニクスデバイスの製造を専門とするEverlightラインは、フォトダイオードやフォトトランジスタを含む幅広い新製品をポートフォリオに導入しました。これらの製品は、第3の販売業者であるTransfer Multisort Elektronik(TME)によって提供されます。
  • 再生可能エネルギーに対する需要の高まりが、研究対象市場をさらに牽引しています。IRENAによると、南アジアのインドにおける太陽光発電能力は、2022年に前年比21.5%増の62.8ギガワット以上でピークを迎えます。
Compound Semiconductor-Market-IMG2

著しい成長を遂げる中東・アフリカ

  • サウジアラビア、エジプト、アラブ首長国連邦など中東・アフリカの主要国は、この地域で最も大規模な再生可能エネルギープログラムを実施しています。化合物半導体デバイスは、再生可能エネルギー源の発電とネットワークへのリンクを制御する上で重要な役割を果たしています。
  • さらに、中東・アフリカでは半導体産業が徐々に勢いを増しており、かなりの市場成長機会が生まれています。例えば、2022年3月、アブドゥルアズィーズ国王科学技術都市(KACST)は、電子チップの設計と現地化の分野における専門家の研究開発および資格取得を支援することを目的とした、同州初のサウジ半導体プログラムの開始を発表しました。
  • さらに中東・北アフリカでは、5Gが大幅に拡大しています。湾岸諸国は5Gの開発に率先して取り組み、政府や当局は携帯通信事業者に5G開始周波数帯へのアクセス権を与えて、世界初で最速の5Gネットワークを構築できるようにしています。GSMAによると、中東・北アフリカ(MENA)の多様化した経済は5Gから大きな恩恵を受け、ミッドバンドは2030年に160億米ドル(同地域のGDPの0.35%)以上の新たなGDPをもたらすと推定されています。
  • さらに2022年3月、南アフリカを拠点とする多国籍モバイル通信会社MTNは、同国最大の州である北ケープ州と司法の中心地であるフリーステート州におけるネットワーク開発と5G推進に4,225万米ドル以上を投資すると発表しました。これらの地域の半導体産業全体を後押しするこのようなイニシアチブは、調査された市場の成長に前向きな見通しを生み出します。
  • さらに、ドバイは2030年までに42,000台のEVを走らせるため、インセンティブに数百万ディルハムを費やすと予想されています。ゼネラルモーターズは、シボレーEVの発売により中東・アフリカでの販売台数の増加を見込んでいます。ドバイを世界で最も革新的で幸福な都市にすることを目指す「スマート・ドバイ」構想の一環として、ドバイのEVグリーン・チャージャー・ステーションの数が倍増する可能性があります。ドバイ電力・水道局は、「グリーン・チャージャー」構想の第2段階として、ドバイ全土にEV用グリーン・チャージャー・ステーションを100カ所設置することを発表しました。
  • Climate Reality Projectによると、ドバイ近郊では最近、世界で最も大規模な集光型太陽光発電所が完成する予定で、その発電能力は1,000MWになる見込みです。ドバイは、2050年までにエネルギーの75%をクリーンなエネルギー源から生産することを目指しており、2030年のエネルギーミックスの目標は25%の太陽光発電です。こうした取り組みが、この地域の研究市場を牽引しています。

化合物半導体産業の概要

化合物半導体市場は競争が激しく、Broadcom、Skyworks Solutions、Cree、Qorvo、Analog Devices、OSRAM、GaN Systems、Skyworks Solution、Infineon Technologiesなどの大手企業が市場を独占しています。大きな市場シェアを持つこれらの大手企業は、海外における顧客基盤の拡大に注力しています。これらの企業は、市場シェアと収益性を高めるために、戦略的な協力イニシアティブを活用しています。しかし、技術の進歩や製品の革新に伴い、中堅・中小企業は独自の契約を獲得し、新市場を開拓することで市場を拡大しています。

  • 2022年6月-amsオスラムは、台湾のLedtech社が同社の新型インテリジェント空気清浄機BioLEDの除菌機能にOSLON UV 3636 UV-C LEDを採用したと発表しました。BioLEDのOSLON UV 3636 LEDは、3.6mJ/cm2の照射率で、SARS-CoV-2を含むウイルスを99.99%まで不活化できます。
  • 2022年5月-Qorvoは新世代の1200V SiCFETを発表しました。新しいUF4C/SCシリーズの1200V Gen 4 SiCFET(最近買収したUnitedSiC製)は、電気自動車用車載充電器、産業用バッテリー充電器、産業用電源、DC/DCソーラーインバータ、溶接機、無停電電源装置、誘導加熱アプリケーションの800Vバスアーキテクチャ向けに設計されています。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリスト・サポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 産業バリューチェーン分析
  • 業界の魅力度-ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係
  • マクロ経済動向の市場への影響評価

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • 電子機器とモバイル機器の需要増加
    • 産業オートメーションの増加
  • 市場の課題
    • 高い原材料費と製造コスト

第6章 市場セグメンテーション

  • タイプ別
    • ガリウムヒ素(GaAs)
    • 窒化ガリウム(GaN)
    • リン化ガリウム(GaP)
    • 炭化ケイ素(SiC)
    • その他
  • 製品別
    • LED
    • RF
    • オプトエレクトロニクス
    • パワーエレクトロニクス
    • その他の製品
  • 用途別
    • 通信分野
    • 情報通信技術
    • 防衛・航空宇宙
    • コンシューマー・エレクトロニクス
    • ヘルスケア
    • 自動車
    • その他の用途
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • ドイツ
      • フランス
      • イタリア
      • その他の欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • その他のアジア太平洋
    • ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Skyworks Solutions INC.
    • Wolfspeed Inc.
    • Qorvo Inc.
    • Analog Devices Inc.
    • OSRAM GmbH(ams-OSRAM AG)
    • GaN Systems Inc.
    • Infineon Technologies AG
    • NXP Semiconductors NV
    • Advanced Wireless Semiconductor Company
    • STMicroelectronics N.V.
    • Texas Instruments Inc.
    • Microsemi Corporation(Microchip Technology Inc.)
    • WIN Semiconductors Corp.
    • ON Semiconductor Corp.(Semiconductor Components Industries Llc)
    • Mitsubishi Electric Corporation

第8章 投資分析

第9章 市場の将来

目次
Product Code: 69330
Compound Semiconductor - Market - IMG1

The Compound Semiconductor Market size is estimated at USD 32.59 billion in 2024, and is expected to reach USD 54.69 billion by 2029, growing at a CAGR of 10.91% during the forecast period (2024-2029).

The COVID-19 pandemic halted the manufacturing of several products in the compound semiconductor production industry owing to continued lockdown in critical global regions. In addition, country-wise lockdowns inflicted by governments across the globe further resulted in sectors taking a hit and disrupting supply chains and manufacturing operations worldwide. Most manufacturing operations, including the factory floor work, were significantly affected, resulting in decreased productivity.

Key Highlights

  • Compound semiconductors are made from two or more elements of the different or same group of the periodic table. These are manufactured by using various types of deposition techniques, such as chemical vapor deposition, atomic layer deposition, and others. They possess unique properties like high temperature and heat resistance, enhanced frequency, high sensitivity to magnetism, and faster operation and optoelectronic features are some of the key advantages boosting their demand. Moreover, the decrease in the manufacturing cost of compound semiconductors has increased their application in electronic and mobile devices.
  • The ability of compound semiconductors to emit and sense light in the form of general lighting (LEDs) and lasers and receivers for fiber optics is further driving the demand. The decrease in manufacturing and installation cost of LEDs has increased its application in lamps and fixtures across all sectors. Mega-cities concentrate on investing in infrastructure development to meet the needs of the growing population, and governments are helping customers to install energy-efficient lighting sources to reduce their electricity consumption costs.
  • For instance, during the pandemic, EESL (Energy Efficiency Services Limited) celebrated the completion of its one-year governmental project called the Unnat Jyoti Program (UJALA). Under this program, it substituted more than 10.6 million street light bulbs with LED lights to reduce the carbon dioxide footprint by 20 million tons and the electricity cost. Such initiatives further boost the market studied.
  • In 2020, the Taiwan Semiconductor Manufacturing Company (TSMC) sourced about 31% of spare parts locally in China, which increased to 31% in 2021.
  • According to the US Department of Energy (DOE), LED lights use about 75-80% less energy than traditional incandescent light bulbs and about 65% less energy than halogen bulbs. Commercial enterprises need lighting for an extended period, whether for long working hours, safety and security in a warehouse or manufacturing facility, or other uses. Thus, switching to LED lights can save millions of dollars annually. For example, US Energy Recovery clients can save about 20-55% on their electric utility bills by swapping out old lighting systems for state-of-the-art LED lighting. Therefore, the shift toward LED adoption is driving the growth of the market studied.
  • The smartphone is the major consumer of compound semiconductors. The smartphone market has been very competitive in recent years. The increasing usage of mobile phones is further anticipated to drive the global market. For instance, according to the Ericsson Mobility Report, 2022, by the end of 2027, there will be 4.4 billion 5G subscriptions globally, accounting for 48% of all mobile subscriptions.
  • The Internet of Things applications are increasing, which is expected to boost the sales of compound semiconductors. Moreover, the wireless communications sector is expected to grow with the growth in 5G networks. Fifth-generation networks also indicate the likelihood of consumers upgrading their mobile handsets or devices to drive global compound semiconductor adoption.
  • The compound semiconductor industry is considered one of the most complex industries, not only due to the more than 500 processing steps involved in the manufacturing and various products but also due to the harsh environment it faces, e.g., the volatile electronic market and the unpredictable demand.

Compound Semiconductor Market Trends

Optoelectronics to Have a Significant Growth During the Forecast Period

  • Optoelectronic products covered under the study scope include photodiodes, phototransistors, optical spectrum analyzers, solar panels, and other optoelectronic devices, excluding LED products.
  • GaN-based transistors are discovering new ways, particularly in optoelectronics, compared to SiC-based, as they are faster and more efficient. GaN has 1,000 times the electron mobility of silicon, along with relatively stable operability at higher temperatures.
  • Recent advancements in the field of optoelectronics, such as plasmonic nanostructures, perovskite transistors, optically active quantum dots, microscopic light bulbs, low-cost 3D imaging, laser-powered 3D display technology, and Laser Li-Fi, are expected to cause a quantum shift in the dynamic applicability areas of optoelectronic apparatus.
  • Further, in June 2022, a multiwavelength optoelectronic synapse that enables optical data detection, storage, and processing in the same device was created by researchers in the United States (University of Central Florida) and South Korea. The resultant in-sensor artificial visual system, which significantly improves processing effectiveness and picture identification precision, might use robotics, self-driving cars, and machine vision. Like the human eye, where the retina, through the synapse of the optic nerve, carries optical data, optoelectronic synapse allows optical data sensing, memory, and processing to be integrated into the same device.
  • Additionally, in August 2022, Yokogawa launched two new optical spectrum analyzers (OSAs) to fulfill the market demand for an instrument capable of measuring a wide range of wavelengths to meet unique optical product expansion and manufacturing needs. The Yokogawa AQ6375E and AQ6376E are the only grating-based OSAs covering SWIR (Short-Wavelength InfraRed) over 2 µm and MWIR (Mid-Wavelength InfraRed) over 3 µm, with advanced optical performance.
  • To meet the various needs of the customers, the firms are expanding their product portfolio. For instance, in April 2022, the Everlight line specializes in manufacturing different optoelectronic devices, introduced a wide range of new products in its portfolio, including photodiodes and phototransistors. These products are offered by third-distributor Transfer Multisort Elektronik (TME).
  • Growing demands for renewable energy are further driving the studied Market. According to IRENA, the solar photovoltaic energy capability in the South Asian country of India peaked at over 62.8 gigawatts in 2022, up 21.5% from the previous year.
Compound Semiconductor - Market - IMG2

Middle East and Africa to Witness Significant Growth

  • Prominent countries across the Middle East and Africa, such as Saudi Arabia, Egypt, and the United Arab Emirates, have some of the region's most extensive renewable energy programs. Compound semiconductor devices play a significant role in controlling the generation and link to the network of renewable energy sources.
  • Moreover, the semiconductor industry is slowly gaining momentum in the Middle East and Africa, creating considerable market growth opportunities. For instance, in March 2022, the King AbdulazizCity for Science and Technology (KACST) announced the launch of the Saudi Semiconductor Program, the first of its kind in the province, which is desired to support the research, development, and qualification of professionals in the field of designing and localizing electronic chips.
  • Furthermore, in the Middle East & North Africa, 5G is expanding significantly. The Gulf nations have taken the lead in developing 5G, and their governments and authorities have given mobile carriers access to the 5G launch spectrum so they may build some of the world's first and fastest 5G networks. According to GSMA, the diversified economies of the Middle East and North Africa (MENA) will significantly benefit from 5G, with the mid-band estimated to provide USD16 billion more in new GDP in 2030, or 0.35% of the region's GDP.
  • In addition, in March 2022, MTN, a multinational mobile telecommunications firm based in South Africa, said it would invest more than USD 42.25 million in network development and a 5G push in the nation's largest province, the Northern Cape, and its judicial center, the Free State. Such initiatives to boost the overall semiconductor industry in these regions create a positive outlook for the growth of the studied market.
  • Further, Dubai is expected to spend millions of Dirhams on incentives to have 42,000 EVs on its streets by 2030. General Motors expects to boost sales in the Middle East & Africa with the launch of its Chevrolet EV. The number of EV Green Charger stations in Dubai may be doubled as part of the 'Smart Dubai' initiative, which seeks to make Dubai the world's most innovative and happiest city. The Dubai Electricity and Water Authority announced the fulfillment of the second phase of its 'Green Charger' ambition, which contained the installation of additional 100 EV Green Charger stations across Dubai.
  • According to the Climate Reality Project, the world's most extensive concentrated solar plant is due to be completed recently near Dubai, and it is expected to have a capacity of 1,000 MW. Dubai aims to produce 75% of its energy from clean sources by 2050, and its target energy mix for 2030 is 25% solar. These initiatives are driving the studied market in the region.

Compound Semiconductor Industry Overview

The Compound Semiconductor Market is highly competitive and is dominated by several major players like Broadcom, Skyworks Solutions, Cree, Qorvo, Analog Devices, OSRAM, GaN Systems, Skyworks Solution, and Infineon Technologies. These prominent players with a significant market share focus on extending their customer base across foreign nations. These companies leverage strategic cooperative initiatives to increase their market share and profitability. However, with technological advancements and product innovations, mid-size to smaller companies are growing their market by securing unique contracts and tapping new markets.

  • June 2022 - ams OSRAM announced that Taiwan-based Ledtech had chosen OSLON UV 3636 UV-C LEDs for a sanitization function in its newBioLED intelligent air purifier. The BioLED's OSLON UV 3636 LEDs can inactivate up to 99.99% of viruses, including SARS-CoV-2, at a dosing rate of 3.6mJ/cm2.
  • May 2022 - Qorvo introduced a new generation of 1200V SiCFETs. The new UF4C/SC series of 1200V Gen 4 SiCFETs (from recently acquired UnitedSiC) are designed for 800V bus architectures in onboard chargers for electric vehicles, industrial battery chargers, industrial power supplies, DC/DC solar inverters, welding machines, uninterruptible power supplies, and induction heating applications.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Value Chain Analysis
  • 4.3 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.3.3 Threat of New Entrants
    • 4.3.4 Threat of Substitutes
    • 4.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.4 Assessment of Impact of Macroeconomic Trends on the Market

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Rise in Demand for Electronic and Mobile Devices
    • 5.1.2 Increase in Industrial Automation
  • 5.2 Market Challenges
    • 5.2.1 High Raw Material and Fabrication Costs

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Type
    • 6.1.1 Gallium Arsenide (GaAs)
    • 6.1.2 Gallium Nitride (GaN)
    • 6.1.3 Gallium Phosphide (GaP)
    • 6.1.4 Silicon Carbide (SiC)
    • 6.1.5 Others
  • 6.2 By Product
    • 6.2.1 LED
    • 6.2.2 RF
    • 6.2.3 Optoelectronics
    • 6.2.4 Power Electronics
    • 6.2.5 Other Products
  • 6.3 By Application
    • 6.3.1 Telecommunications
    • 6.3.2 Information & Communication Technology
    • 6.3.3 Defense & Aerospace
    • 6.3.4 Consumer Electronics
    • 6.3.5 Healthcare
    • 6.3.6 Automotive
    • 6.3.7 Other Applications
  • 6.4 By Geography
    • 6.4.1 North America
      • 6.4.1.1 United States
      • 6.4.1.2 Canada
    • 6.4.2 Europe
      • 6.4.2.1 Germany
      • 6.4.2.2 France
      • 6.4.2.3 Italy
      • 6.4.2.4 Rest of Europe
    • 6.4.3 Asia Pacific
      • 6.4.3.1 China
      • 6.4.3.2 Japan
      • 6.4.3.3 India
      • 6.4.3.4 Rest of the Asia Pacific
    • 6.4.4 Latin America
    • 6.4.5 Middle East and Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Skyworks Solutions INC.
    • 7.1.2 Wolfspeed Inc.
    • 7.1.3 Qorvo Inc.
    • 7.1.4 Analog Devices Inc.
    • 7.1.5 OSRAM GmbH (ams-OSRAM AG)
    • 7.1.6 GaN Systems Inc.
    • 7.1.7 Infineon Technologies AG
    • 7.1.8 NXP Semiconductors NV
    • 7.1.9 Advanced Wireless Semiconductor Company
    • 7.1.10 STMicroelectronics N.V.
    • 7.1.11 Texas Instruments Inc.
    • 7.1.12 Microsemi Corporation (Microchip Technology Inc.)
    • 7.1.13 WIN Semiconductors Corp.
    • 7.1.14 ON Semiconductor Corp. (Semiconductor Components Industries Llc)
    • 7.1.15 Mitsubishi Electric Corporation

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 FUTURE OF THE MARKET