デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1404560

グラフィックスプロセッシングユニット(GPU)-市場シェア分析、産業動向と統計、2024~2029年の成長予測

Graphics Processing Unit (GPU) - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=157.49円
グラフィックスプロセッシングユニット(GPU)-市場シェア分析、産業動向と統計、2024~2029年の成長予測
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

グラフィックスプロセッシングユニット(GPU)市場は、前年度に379億米ドルと評価され、今後5年間でCAGR 32.70%で成長し、2,069億5,000万米ドルに達すると予測されています。

近年、ハイエンドのパーソナルコンピューティング機器やゲーム機の需要が急増しています。GPUは完成品の重要なコンポーネントを形成するため、グラフィックスアドインボードへの投資はマイクロプロセッシング企業にとって有益です。

Graphics Processing Unit(GPU)-Market-IMG1

主要ハイライト

  • パーソナルコンピュータ(PC)やノートPCなどのコンピューティング製品の世界の普及率の高さと、ゲーム産業への投資の増加が、近年の研究市場の成長を促す主要要因となっています。高グラフィックスとコンピューティングアプリケーションに対する需要の高まりと、リアルタイム分析の動向とともにAIなどの技術の拡大が、予測期間中、主にGPU技術の範囲を拡大しています。
  • ゲーム産業はGPU市場の重要な原動力の1つです。世界のゲーム分野への投資の増加やゲーム開発の進歩も、グラフィックスの成長を後押ししています。リアルタイムのスティミュレーターのような機能は、高いグラフィックスを要求します。さらに、ゲーム開発者は主に、現実世界のシナリオにマッチした高グラフィックスのゲームを開発することで、競合優位性を活用しています。これらの機能には、高度なグラフィックスボードも必要です。
  • AR、VR、AIのような先端技術への需要の高まりは、GPUの需要をさらに促進しています。これらの技術では高速分析が必要であり、GPUは理想的な選択肢だからです。AIチップは性能とエネルギー効率でGPUを凌駕しています。しかし、GPUは依然としてハイパフォーマンス・コンピューティングに欠かせない存在です。AIとは別に、GPUには確かな汎用コンピューティング能力もあります。
  • GPUの製造、特に単体のGPUチップはコストが高く、ハイエンドのマシンを必要とします。原材料は費用対効果が高いが、企業はテストと製造のためのラボを建設するために高額な初期投資を必要とします。例えば、インテルはコンシューマー向け高性能グラフィックスソリューションのIntel Arcを発表しました。Arcブランドは、複数世代のハードウェア、ソフトウェア、サービスを包含し、Xe HPGマイクロアーキテクチャに基づく最初のディスクリートGPU(Alchemist)は、今年第1四半期にOEMに提供されました。
  • COVID-19は、初期段階ではサプライチェーンを混乱させることで業界に影響を与えました。しかし、市場では、主にGPU技術の成長を支える特定のセグメントにおける消費者需要の増加が報告されています。今年4月、Nvidiaは、研究者がNVIDIA GPUを搭載したスーパーコンピュータを使用して、25個のハッブルデータの動向を発見したと述べた。すべての惑星の理解を深めるために、NVIDIA GPUを使ったハイパフォーマンス・コンピューティングが灼熱の大気の分析に使われています。

グラフィックスプロセッシングユニット(GPU)市場動向

サーバー・アプリケーション・セグメントが大きな市場シェアを占める見込み

  • サーバー・セグメントは、さまざまなエンドユーザー分野におけるクラウドの普及により、大きな成長を遂げています。例えば、日本では、著名な通信会社の一つであるKDDIが、GeForce Nowゲームストリーミングサービスを顧客に提供するために、エヌビディアと提携しました。KDDIはエヌビディアと提携し、低遅延ブロードバンドと5GネットワークでPCゲームを日本のゲーマーに配信すると報じられています。KDDIはエヌビディアのRTXゲームサーバーを東京の新しいデータセンターに設置します。
  • さらに、GPUaaSは、多言語AI音声エンジンのトレーニングや、糖尿病に関連する失明の早期指標の特定など、さまざまな目的で活用される可能性があります。最新のGPUaaSは、従来の汎用プロセッサーに代わる魅力的な選択肢を提供し、変動価格制でCAPEXが不要なため、機械学習システムに必要なスピードを実現する1つの方法となります。
  • さらに、インド市場でも多くのベンダーによる投資が行われています。例えば、Acer社はインドで新しいNVIDIA Tesla GPU搭載サーバーを発売しました。このサーバーは、最大8個のNVIDIA Tesla V100 32GB SXM2 GPUアクセラレータをホストすることができます。GPUペアには、高速相互接続用のPCIe(Peripheral Component Interconnect)スロットが1つ含まれています。
  • ハイパフォーマンス・コンピューティング(HPC)の技術的進歩も、GPUベンダーにチャンスをもたらす可能性があります。例えば、2022年4月、NVIDIAは、研究者がエヌビディアGPUを搭載したスーパーコンピュータを使用して、25個のハッブルデータの動向を発見したと述べた。すべての惑星の理解を深めるために、NVIDIA GPUを使ったハイパフォーマンス・コンピューティングが、灼熱の大気の分析に使われています。Steamによると、2022年8月現在、回答者の91.22%がDirectX 12 GPUグラフィックカードを使用しています。
Graphics Processing Unit(GPU)-Market-IMG2

アジア太平洋が大きな市場シェアを占める見込み

  • 中国では、Fenghua GPUが幅広い普及という点で重要なマイルストーンを達成しました。このGPUは、昨年11月にXindong TechnologyとInnosiliconによって発表されました。このGPUは2022年3月に、安定した動作と優れたTongxin UOSオペレーティングシステムの性能について検証されました。
  • Tongxin UOSは、Windowsを凌駕するために政府主導で作られたため、中国では重要なオペレーティングシステムです。Debian Linuxをベースに構築され、最新の自家製ハードウェアで動作するように調整されています。その結果、Zhaoxin CPUやGPUのような中国設計の半導体デバイスのサポート開発と並んで、Fenghua GPU認証は重要なステップを意味します。
  • 2022年4月、Moore ThreadsはPCデスクトップとワークステーション向けのMTT S60とサーバー向けのMTT S2000を発表しました。どちらもMUSAベースの12nm GPUをベースにしています。AIに話を移すと、MUSAベースのグラフィックスカードは、視覚処理、音声処理、自然言語処理など、一般的なAIフレームワークをさまざまサポートできます。
  • また、多くの企業が中国の新興企業や研究所と提携したり、投資したりしており、それらは政府の支援を受けています。これは中国市場への間接的な浸透とも呼ばれています。中国を拠点とする人気AIスタートアップのSenseTimeは、マサチューセッツ工科大学(MIT)やQualcommなど、700社もの顧客やパートナーを持つ。
  • 同社はわずかな期間で成功を収め、評価額は45億米ドルに達しています。センスタイムが急成長できた理由のひとつは、政府の支援と中国の膨大なデータベースへの直接アクセスがあることです。同社はまた、中国政府と協力して2025年のメイド・イン・チャイナにも取り組んでいます。同社はまた、12個のGPUクラスター内の1万5,000個のGPUにまたがる5,400万個のGPUコアによって達成された、総計算能力が160ペタフロップス以上であることも明らかにしました。
  • 中国のゲーム産業の成長は、主にGPU技術の研究開発能力を強化するための投資の増加によるものです。国内企業によって開発された独立系ゲームが、中国市場の売上を独占し続けています。

グラフィックスプロセッシングユニット(GPU)産業概要

グラフィックスプロセッシングユニット(GPU)市場は、Intel Corporation、Advanced Micro Devices Inc.、Nvidia Corporation、Imagination Technologies Group、Samsung Electronicsなどの主要企業が存在し、細分化されています。同市場の参入企業は、製品ラインナップを強化し、持続可能な競争優位性を獲得するために、提携や買収などの戦略を採用しています。

  • 2023年5月-MediaTekはNVIDIAと提携し、次世代のソフトウェア定義自動車に向けた車載AIキャビンソリューション一式を提供します。MediaTekはこの提携を通じて、新しいNVIDIAGPUチップレットとNVIDIAのAIとグラフィックスIPを統合した車載SoCを開発します。
  • 2022年8月:Intel Data Centre GPU Flex Series Arctic Sound-MがIntelligent Visual Cloud向けに発表されました。FlexシリーズGPUは、インテリジェント・ビジュアル・クラウド・ワークロードの要件を満たすように設計されており、5倍のメディア・トランスコード・スループット性能と最大68のクラウド・ゲーミング同時ストリームを実現します。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力度-ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ
  • 業界バリューチェーン分析
  • マクロ経済動向が市場に与える影響

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • ゲームにおけるグラフィックスの進化
    • AR、VR、AIの用途拡大
  • 市場抑制要因
    • 高額な初期投資

第6章 市場セグメンテーション

  • タイプ別
    • ディスクリートGPU
    • 統合GPU
  • 用途別
    • デスクトップ
    • モバイルPC
    • ワークステーション
    • サーバー/データセンター
    • 自動車/自動運転車
    • その他の用途
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Intel Corporation
    • Advanced Micro Devices Inc.
    • Nvidia Corporation
    • Imagination Technologies Group
    • Samsung Electronics Co. Ltd
    • Arm Limted(soft Bank Group)
    • EVGA Corporation
    • SAPPHIRE Technology Limited
    • Qualcomm Technologies Inc.

第8章 ベンダー市場シェア

第9章 投資分析

第10章 投資分析市場の将来

目次
Product Code: 67016
Graphics Processing Unit (GPU) - Market - IMG1

The Graphics Processing Unit (GPU) Market was valued at USD 37.9 billion the previous year and is expected to grow at a CAGR of 32.70%, reaching USD 206.95 billion by the next five years. The demand for high-end personal computing devices and gaming console effects has surged in recent years. Hence, investing in a graphics add-in board is helpful for micro-processing companies, as GPU forms a vital component of the finished product.

Key Highlights

  • The high adoption of computing products, such as personal computers (PC) or laptops, globally and the increasing investment in the gaming industry have been major factors driving the studied market's growth in recent years. The growing demand for high graphics and computing applications and the expansion of technologies, like AI, along with the trend of real-time analysis, are mainly expanding the scope of GPU technology over the forecast period.
  • The gaming industry is one of the significant driving forces for the GPU market. The growing investment in the global gaming sector and advancement in game development also fuel graphics growth. Features like real-time stimulators demand high graphics. Additionally, game developers mainly leverage competitive advantage by developing high-graphics games that match real-world scenarios. These features also require advanced graphics boards.
  • The growing demand for advanced technologies, like AR, VR, and AI, is further fueling the GPU demand, as these technologies require high-speed analysis, for which GPU is an ideal option. AI chips have surpassed GPUs in performance and energy efficiency. However, GPUs are still an indispensable part of high-performance computing. Apart from AI, GPUs also have a solid general-purpose computing capability.
  • GPU manufacturing, especially the standalone GPU chip, is costlier and requires high-end machines. Although the raw material is cost-effective, the companies need a high initial investment to build the lab for testing and manufacturing. For instance, Intel announced Intel Arc for consumer high-performance graphics solutions. The Arc brand would encompass hardware, software, and services over multiple generations of hardware, with the first discrete GPU (Alchemist) based on the Xe HPG microarchitecture delivered to OEMs in Q1 of the current year.
  • COVID-19 impacted the industry by disrupting the supply chain in the initial phase. However, the market has reported increased consumer demand in a particular segment, mainly supporting GPU technology growth. In April this year, Nvidia stated that researchers discovered trends in Hubble data on 25 of them using a supercomputer with NVIDIA GPUs. To increase the understanding of all planets, high-performance computing is used with NVIDIA GPUs to analyze the torrid atmospheres.

Graphics Processing Unit (GPU) Market Trends

Servers Application Segment is Expected to Hold Significant Market Share

  • The server segment is witnessing significant growth owing to the proliferation of the cloud in various end-user sectors. For instance, in Japan, KDDI, one of the prominent telecom companies, partnered with NVIDIA to offer GeForce Now game-streaming service to customers. KDDI reportedly partnered with NVIDIA to deliver PC games over low-latency broadband and a 5G network to gamers in Japan. It would place NVIDIA's RTX gaming servers in a new data center in Tokyo.
  • Additionally, GPUaaS may be utilized for various purposes, including training multilingual AI speech engines and identifying early indicators of diabetes-related blindness. Modern GPUaaS, which provides a compelling alternative to traditional general-purpose processors with variable pricing and no CAPEX, is one way to achieve the speed required for machine learning systems.
  • Moreover, the Indian market is also witnessing investment by many vendors. For instance, Acer launched new NVIDIA Tesla GPU-powered servers in India. The server can host up to eight NVIDIA Tesla V100 32GB SXM2 GPU accelerators. GPU pair includes one Peripheral Component Interconnect (PCIe) slot for high-speed interconnect.
  • Technological advancement in high-performing computing (HPC) may also develop an opportunity for GPU vendors. For instance, in April 2022, Nvidia stated that researchers discovered trends in Hubble data on 25 of them using a supercomputer with NVIDIA GPUs. To increase the understanding of all planets, high-performance computing is used with NVIDIA GPUs to analyze the torrid atmospheres. According to Steam, 91.22 percent of respondents used a DirectX 12 GPU graphics card as of August 2022.
Graphics Processing Unit (GPU) - Market - IMG2

Asia Pacific is Expected to Hold Significant Market Share

  • In China, the Fenghua GPU achieved a significant milestone in terms of broad adoption. The GPU was announced in November last year by Xindong Technology and Innosilicon. The GPU was validated in March 2022 for stable operation and excellent Tongxin UOS operating system performance.
  • Tongxin UOS is a significant operating system in China because it was created as a government-led effort to usurp Windows. It is built on Debian Linux and has been tweaked to work with the newest homemade hardware. As a result, alongside the development of support for Chinese-designed semiconductor devices such as Zhaoxin CPUs and GPUs, the Fenghua GPU certification represents a significant step.
  • In April 2022, Moore Threads announced MTT S60 for PC desktops and workstations and the MTT S2000 for servers. Both are based on MUSA-based 12nm GPUs. Moving on to AI, MUSA-based graphics cards can support a variety of common AI frameworks, including those for visual processing, audio processing, natural language processing, and more.
  • Many companies are also partnering or investing in Chinese start-ups or research laboratories, which are getting government support. This is also known as indirect penetration in the Chinese market. China-based popular AI start-up SenseTime has a portfolio of 700 clients and partners, including the Massachusetts Institute of Technology (MIT), and Qualcomm, among others.
  • The company has become successful in very little time and has a valuation of USD 4.5 billion. One of the reasons SenseTime has been able to grow so quickly is that it has government support and direct access to China's vast databases. The company is also working with the Chinese government on Made in China in 2025. The company also revealed that its aggregate computing power is more than 160 petaflops, achieved with 54,000,000 GPU cores across 15,000 GPUs within 12 GPU clusters.
  • The growth in the Chinese gaming industry is mainly due to increasing investment in enhancing R&D capability for GPU technology. Independent games developed by domestic firms have continued to dominate market sales in China.

Graphics Processing Unit (GPU) Industry Overview

The Graphics Processing Unit market is fragmented with the presence of major players like Intel Corporation, Advanced Micro Devices Inc., Nvidia Corporation, Imagination Technologies Group, and Samsung Electronics Co. Ltd. Players in the market are adopting strategies such as partnerships and acquisitions to enhance their product offerings and gain sustainable competitive advantage.

  • May 2023 - MediaTek partnered with NVIDIA to deliver a complete range of in-vehicle AI cabin solutions for the next generation of software-defined vehicles. MediaTek would develop automotive SoCs through this collaboration, integrating a new NVIDIA GPU chiplet with NVIDIA AI and graphics IP.
  • August 2022: Intel Data Centre GPU Flex Series Arctic Sound-M was introduced for the Intelligent Visual Cloud. Flex Series GPU is designed to meet the requirements for intelligent visual cloud workloads, with 5x media transcode throughput performance and up to 68 simultaneous cloud gaming streams.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Threat of New Entrants
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.2.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.4 Threat of Substitute Products
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Impact of Macro Economic trends on the market

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Evolving Graphics in Games
    • 5.1.2 Growing Applications of AR, VR, and AI
  • 5.2 Market Restraints
    • 5.2.1 High Initial Investments

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Type
    • 6.1.1 Discrete GPUs
    • 6.1.2 Integrated GPUs
  • 6.2 By Applications
    • 6.2.1 Desktop
    • 6.2.2 Mobile PC
    • 6.2.3 Workstation
    • 6.2.4 Server/Datacenter
    • 6.2.5 Automotive/Self-driving Vehicles
    • 6.2.6 Other Applications
  • 6.3 By Geography
    • 6.3.1 North America
    • 6.3.2 Europe
    • 6.3.3 Asia Pacific
    • 6.3.4 Latin America
    • 6.3.5 Middle East and Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Intel Corporation
    • 7.1.2 Advanced Micro Devices Inc.
    • 7.1.3 Nvidia Corporation
    • 7.1.4 Imagination Technologies Group
    • 7.1.5 Samsung Electronics Co. Ltd
    • 7.1.6 Arm Limted (soft Bank Group)
    • 7.1.7 EVGA Corporation
    • 7.1.8 SAPPHIRE Technology Limited
    • 7.1.9 Qualcomm Technologies Inc.

8 VENDOR MARKET SHARE

9 INVESTMENT ANALYSIS

10 FUTURE OF THE MARKET