デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1332541

エンドウ豆でんぷんの市場規模・シェア分析-成長動向と予測(2023年~2028年)

Pea Starch Market Size & Share Analysis - Growth Trends & Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 115 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.31円
エンドウ豆でんぷんの市場規模・シェア分析-成長動向と予測(2023年~2028年)
出版日: 2023年08月08日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 115 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

エンドウ豆でんぷん市場規模は2023年の1億2,850万米ドルから2028年には1億9,021万米ドルに成長し、予測期間(2023-2028年)のCAGRは8.16%になると予測されます。

COVID-19ウイルスの世界的流行は国際貿易に大きな影響を与えています。穀物、豆類、豆類、油糧種子部門への影響は、他の農業部門に比べて概して小さいです。しかし、世界銀行によると、2019年1月から2020年2月までのマメ科植物(エンドウ豆を含む)や豆類の輸入は、サプライチェーンの混乱、次いで輸出制限により6%減少しました。輸出規制はエンドウ豆を含む農産物の価格に直接的な影響を及ぼし、タンパク質、繊維、でんぷんなどの加工製品に自動的にマイナスの価格効果をもたらすと予想されます。多くのエンドウ豆をベースにしたメニューの高価格帯は重要な課題であり、パンデミックによる不況で多くの人々の可処分所得が減少したため、より大きな問題となっています。

世界的に、エンドウ豆でんぷんは食品およびでんぷん業界で絶大な人気を博しています。加工が容易なものからしっかりとしたゲル状のものまで、エンドウ豆でんぷんは主要な性能と機能性の利点を提供するため、幅広い用途で幅広く使用されています。消費者は常に、クリーンラベルと認識可能な原材料で作られた素晴らしい食感と味を持つ食品を求めており、エンドウ豆でんぷんは食品の色や味に妥協することなく、これらの好まれる属性をすべて提供します。

ペットフード業界からのエンドウ豆でんぷんの需要の増加と食品・飲料業界の継続的な開発は、予測期間中に世界のエンドウ豆でんぷん市場の成長に有利な機会を提供する可能性があります。

エンドウ豆でんぷん市場の動向

フリーフロム食品に対する消費者の嗜好がエンドウ豆でんぷん需要を牽引

消費者の健康志向が高まるにつれ、加工でんぷんのクリーンラベル代替品の開発が進んでいます。最小限の加工を施した食品、より本物の原材料、合成添加物の不使用、抗生物質不使用の食品をより包括的に重視することが、クリーンラベルのでんぷん需要を世界的に牽引しています。健康的な製品に対する需要の高まりを受けて、企業はエンドウ豆でんぷんをベースにした製品を含む加工食品を発売しています。菜食主義、栄養補助食品、フレキシタリアン食の人気の高まりは、エンドウ豆でんぷん市場の成長を加速させる主な要因です。

肉や乳製品の副作用を認識する人が増えているため、肉食をやめる人の増加やソーシャルメディアの影響が市場の成長に影響を与えています。市場プレーヤーは消費者の注目を集めるために新製品を発売しています。例えば、2021年3月、Roquette Freres社はDelpharm Evereux社と共同で、植物由来の殻を持つ新しいソフトジェルカプセルを開発しました。Roquette社のLYCAGELエンドウ豆でんぷんソフトジェル技術に基づき、このベジタリアン用ソフトジェルはヒドロキシプロピルエンドウ豆でんぷん、カラギーナン、その他の機能性成分で構成されています。

エンドウ豆でんぷん Market-IMG1

エンドウ豆でんぷん市場を独占する欧州

英国、ドイツ、イタリア、ロシア、フランスなどの欧州諸国が市場全体の成長に大きく貢献しています。この地域の消費者は、セリアック病の有病率の増加により、グルテンフリー製品の摂取を選択しています。Coeliac UKのデータによると、英国では100人に1人がセリアック病です。グルテンフリー製品の人気の高まり、それに続く菜食主義の動向は、同国におけるエンドウ豆でんぷんの積極的な浸透をもたらした主な要因のひとつです。2021年の米国農務省のデータによると、ドイツでは菜食主義者が2%、ベジタリアンが10%となっています。この地域の市場プレーヤーは、製品リーチを拡大するために買収やパートナーシップのような新しい戦略を採用しています。

エンドウ豆でんぷん Market-IMG2

エンドウ豆でんぷん産業の概要

エンドウ豆でんぷん市場は競争が激しく、国内外のプレーヤーが市場シェアを争っています。Emsland Group、Roquette Freres、Puris Foods、Cosucra Groupe Warcoing SA、Ingredion Incorporatedが市場で支配的な地位を占めています。主要企業は、成長するエンドウ豆でんぷん業界で有利なシェアを獲得するために、市場での足跡を拡大しています。市場内での地位を維持し、競合他社よりも優位に立つために、これらの企業は研究開発、拡大、提携、技術革新に重点を置いています。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手・消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ

第5章 市場セグメンテーション

  • 原料
    • オーガニック
    • 従来型
  • 用途
    • 食品・飲料
      • ベーカリー製品
      • スープ・ソース
      • スナック・シリアル
      • 肉・肉製品
      • 乳製品
      • その他の食品・飲料用途
    • 動物飼料・ペットフード
    • パーソナルケア・化粧品
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
      • その他北米
    • 欧州
      • 英国
      • ドイツ
      • スペイン
      • フランス
      • イタリア
      • ロシア
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • その他アジア太平洋地域
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米
    • 中東・アフリカ
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ
      • その他中東とアフリカ

第6章 競合情勢

  • 最も採用されている戦略
  • 市場シェア分析
  • 企業プロファイル
    • Groupe Emsland
    • Roquette Freres
    • The Scoular Company
    • Cosucra-Groupe Warcoing
    • Ingredion Incorporated
    • Axiom Foods Inc.
    • Yantai Shuangta Food Co. Ltd
    • Vestkorn Milling AS
    • Meelunie BV
    • Puris Foods

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 64872

The Pea Starch Market size is expected to grow from USD 128.50 million in 2023 to USD 190.21 million by 2028, at a CAGR of 8.16% during the forecast period (2023-2028).

The global outbreak of the COVID-19 virus is having a major impact on international trade. The effect on the grains, pulses, legumes, and oilseeds sectors is generally smaller than in other agricultural sectors. However, according to the World Bank, the import of legumes (including peas) and pulses from January 2019 to February 2020 declined by 6%, owing to supply chain disruptions, followed by export restrictions. The export restrictions have a direct impact on the prices of agricultural commodities, including peas, which is expected to automictically have a negative price effect on its processed products such as protein, fiber, and starch. The high price point of many pea-based options has been a key challenge, which became a bigger issue with the recession created by the pandemic resulting in lower disposable income for many.

Globally, pea starch has gained immense popularity in the food and starch industries. From easy processing to firm gels, pea starch is extensively used in a broad range of applications as it offers key performance and functionality benefits. Consumers are always seeking food with great texture and taste that are made with clean label & recognizable ingredients and pea starch provides all these preferred attributes without any compromise in color and taste of the food.

An increase in demand for pea starch from the pet food industry and continuous developments in the food & beverages industries may offer lucrative opportunities for the growth of the global pea starch market during the forecast period.

Pea Starch Market Trends

Consumer Preference for Free-from Food is Driving the Pea Starch Demand

As consumers have grown more health-conscious, clean-label alternatives to modified starches are being developed. A more comprehensive focus on minimally processed food products, more authentic ingredients, no synthetic additives, and antibiotic-free food products drives the demand for clean-label starches globally. Due to the increased demand for healthy products, companies have launched processed food products, including pea starch-based products. The rising popularity of veganism, dietary supplements, and flexitarian diet is the major accelerator for the growth of the pea starch market.

The growing number of people quitting meat and the influence of social media impacted the market's growth as people are increasingly becoming aware of the side effects of meat and dairy products. The market players are launching new products to grab consumer attention. For instance, in March 2021, Roquette Freres collaborated with Delpharm Evereux to develop a new soft gel capsule with a plant-based shell. Based on Roquette's LYCAGEL pea starch soft gel technology, this vegetarian soft gel is composed of hydroxypropyl pea starch, carrageenan, and other functional ingredients.

Pea Starch Market - IMG1

Europe Dominates the Pea Starch Market

European countries like the United Kingdom, Germany, Italy, Russia, and France are the major contributors to the overall market growth. Consumers in the region are opting to consume gluten-free products due to the increasing prevalence of celiac disease. According to the Coeliac UK data, 1 in 100 people in the United Kingdom have celiac disease. The growing popularity of gluten-free products, followed by the ongoing trend of veganism, is one of the major factors resulting in the active penetration of pea starch in the country. According to the US Department of Agriculture data in 2021, 2% of people in Germany are vegan, and 10 % are vegetarians. Market players in the region are adopting new strategies like acquisitions and partnerships to expand their product reach.

Pea Starch Market - IMG2

Pea Starch Industry Overview

The pea starch market is competitive in nature, with many local and international players competing for the market share. Emsland Group, Roquette Freres, Puris Foods, Cosucra Groupe Warcoing SA, and Ingredion Incorporated hold the dominant positions in the market. The key players are expanding their footprints in the market to gain a lucrative share in the growing pea starch industry. To retain their positions within the market or gain an advantage over their competitors, these companies have set their focus on R&D, expansion, partnership, and innovation.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Drivers
  • 4.2 Market Restraints
  • 4.3 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Threat of New Entrants
    • 4.3.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.3.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.4 Threat of Substitute Products
    • 4.3.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Source
    • 5.1.1 Organic
    • 5.1.2 Conventional
  • 5.2 Application
    • 5.2.1 Food and Beverage
      • 5.2.1.1 Bakery Products
      • 5.2.1.2 Soups and Sauces
      • 5.2.1.3 Snacks and Cereals
      • 5.2.1.4 Meat and Meat Products
      • 5.2.1.5 Dairy
      • 5.2.1.6 Other Food and Beverage Applications
    • 5.2.2 Animal Feed and Pet Food
    • 5.2.3 Personal Care and Cosmetics
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
      • 5.3.1.3 Mexico
      • 5.3.1.4 Rest of North America
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 United Kingdom
      • 5.3.2.2 Germany
      • 5.3.2.3 Spain
      • 5.3.2.4 France
      • 5.3.2.5 Italy
      • 5.3.2.6 Russia
      • 5.3.2.7 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
      • 5.3.3.1 China
      • 5.3.3.2 Japan
      • 5.3.3.3 India
      • 5.3.3.4 Australia
      • 5.3.3.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.4 South America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Argentina
      • 5.3.4.3 Rest of South America
    • 5.3.5 Middle East and Africa
      • 5.3.5.1 Saudi Arabia
      • 5.3.5.2 South Africa
      • 5.3.5.3 Rest of Middle East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Most Adopted Strategies
  • 6.2 Market Share Analysis
  • 6.3 Company Profiles
    • 6.3.1 Groupe Emsland
    • 6.3.2 Roquette Freres
    • 6.3.3 The Scoular Company
    • 6.3.4 Cosucra- Groupe Warcoing
    • 6.3.5 Ingredion Incorporated
    • 6.3.6 Axiom Foods Inc.
    • 6.3.7 Yantai Shuangta Food Co. Ltd
    • 6.3.8 Vestkorn Milling AS
    • 6.3.9 Meelunie BV
    • 6.3.10 Puris Foods

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS