デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1200903

日本のオフィス不動産市場- 成長、動向、予測(2023年~2028年)

Japan Office Real Estate Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=155.85円
日本のオフィス不動産市場- 成長、動向、予測(2023年~2028年)
出版日: 2023年01月23日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

日本のオフィス不動産市場は、予測期間中にCAGR4%以上で成長すると予想されています。

日本では、COVID-19の大流行により、職場の働き方や勤務地が劇的に変化しています。このパンデミックへの対応として、約60%がリモートワークを導入しています。オフィス市場では、パンデミックの影響により、移転や新規開設の保留、延期、中止が相次いでいます。2021年10月、約37%の企業が従業員にリモートワークを導入。

グレードAオフィス空室率は2022年まで上昇し、およそ2%と予測されています。同時に、2023年には約19万坪のグレードAオフィスが新規に引き渡される見込みで、2018年に次いで過去2番目の多さとなります。2023年第4四半期のグレードA空室率は3.5%に達し、2020年第4四半期から2.3ポイント上昇すると予想されます。

景気の漸増に伴い、地方都市のオフィス需要は、都市によって異なりますが、2022年または2023年にピークを迎えると予測されています。多くの地方都市では、2022年から空室率が低下し始めるはずです。一方、上昇率は新規供給量によって決まると思われます。他都市と比較すると、横浜、金沢、福岡では、今後3年間に完成が予想されるオフィスビルの量が多いです。

日本のオフィス不動産市場動向

新興企業の台頭が市場を牽引

日本は世界のその他の地域と比較して、スタートアップ企業の育成が大きく遅れています。2021年時点で、日本にはユニコーンが6社しかないです。これは、インドの41社、韓国の11社よりもさらに少ないです。2020年、米国ではスタートアップ企業に16兆6,000億円(1361億米ドル)が投資されたのに対し、日本では1500億円(12億米ドル)にとどまり、110倍もの格差があります。

2021年の日本の代表的なスタートアップ企業の資金調達額では、SmartNews, Inc.が2億2,878万米ドルを調達してトップとなっています。2位はモビリティ・テクノロジーズで、投資総額は1億5,993万米ドルだっています。

近年、日本における大学発ベンチャー企業の数は着実に拡大しており、2020年度には2,900社になると推定されています。また、近年は新たに設立される大学発ベンチャー企業の数も増加しています。

政府は2022年、大企業が起業予定者を採用する際や、大企業から人材の借り入れを依頼する新興企業に対し、資金面で支援する枠組みを導入する予定です。

データセンター産業の成長が市場を牽引

APAC地域の中で、日本は企業のハブとして、また世界の金融センターとして存在感があり、データセンター産業は成熟しています。経済的に先進的であることに加え、技術、ロボット工学、機械学習のリーダーでもあります。22社以上のサードパーティデータセンターサービスプロバイダーが、国内で90以上の施設を運営しています。さらに、地元企業は国内に多くのオンプレミスまたは専用データセンターを所有しています。日本はその戦略的立地から、最も重要な接続性ハブの一つとなっています。

ビッグデータ解析やIoTアプリケーションを利用するFinTechやeコマースなどの新興企業への投資が拡大し、すべてのフラッシュストレージの需要が高まる可能性があります。COVID-19の流行により、デジタルトランスフォーメーションや企業のクラウドコンピューティング導入の高まりから、日本でのクラウドサーバー導入が促進されると予想されます。

2020年には、東京と大阪が主要なデータセンター投資先となりました。神戸、名古屋、横浜など他の地域も予測期間中に成長すると予想されます。日本のクラウド市場は、2020年にはプライベートクラウドとパブリッククラウドを含めて100億米ドル程度であったが、2023年には160億米ドル超になると予想されます。

日本は、地域のデータセンタープロバイダーが強い存在感を示しています。世界で最も急成長しているデジタル市場の1つです。日本は、アマゾンウェブサービス(AWS)、グーグル、マイクロソフト・アジュール、IBMなどの世界なハイパースケールクラウドプロバイダーが東京・大阪地域で展開する国際的なデータセンター市場に発展しています。

日本のオフィス不動産市場の競合分析

日本のオフィス不動産市場は、世界プレーヤーとリージョナルプレーヤーの両方が存在し、非常に断片化されており、市場での競争は非常に激しいです。三井不動産、三菱地所、住友不動産、東急不動産などの大手企業が名を連ねています。2022年末には市場は正常な状態に戻ると予想されています。企業は将来のニーズに対応するために準備を進めており、多くの企業がさらなるチャンスを求めて市場に参入しています。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の成果
  • 調査の前提
  • 本調査範囲

第2章 調査手法

  • 分析手法
  • 調査フェーズ

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 マーケットインサイト

  • 現在の市場シナリオ
  • 業界における政府の規制と取り組み
  • 業界のバリューチェーン分析
  • オフィス不動産市場における技術革新
  • オフィス不動産セグメントにおける賃貸利回りに関する洞察
  • オフィス不動産業界の主要指標(供給、賃貸、価格、稼働率(%)/空室率(%))に関する考察
  • オフィス不動産の建設コストに関する考察
  • オフィス不動産投資に関する考察
  • COVID-19が市場に与える影響

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
  • 市場の抑制要因/課題
  • 市場機会
  • 産業の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第6章 市場セグメンテーション

  • セクター別
    • 情報技術(IT・ITES)
    • 製造業
    • BFSI(銀行、金融サービス、保険)
    • コンサルティング
    • その他サービス

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Mitsui Fudosan
    • Mitsubishi Estate Co
    • Sumitomo Realty & Development
    • Tokyu Land Corporation
    • Nomura Real Estate Holdings
    • Hulic
    • Tokyo Tatemono
    • Mori Trust
    • Mori Building
    • Nakano Corporation*

第8章 市場の将来

第9章 付録

目次
Product Code: 80037

The Japan office real estate market is expected to grow at a CAGR of over 4% during the forecast period.

In Japan, the COVID-19 pandemic has sparked dramatic shifts in workplace working practices and locations. In reaction to the pandemic, roughly 60% introduced remote working. In the office market, the number of relocations or new openings are placed on hold, delayed, or canceled due to the impact of pandemic. In October 2021, about 37% of companies used remote work for employees.

The Grade A office vacancy rate is predicted to climb through 2022, with a forecast of roughly 2%. Simultaneously, roughly 190,000 tsubo (6,28,900 square meters) of new Grade A office space is expected to be delivered in 2023, making it the second-highest total in history after 2018. The Grade A vacancy rate is expected to reach 3.5% in Q4 2023, up 2.3 percentage points from Q4 2020.

As the economy progressively improves, it is predicted that the office demand in regional cities to peak in 2022 or 2023, depending on the city. In most regional cities, vacancy rates should begin to drop in 2022. The rate of increase, on the other hand, is likely to be determined by the amount of new supply. In comparison to other cities, the quantity of additional office space anticipated for completion over the next three years in Yokohama, Kanazawa, and Fukuoka is higher.

Japan Office Real Estate Market Trends

Rise in Start-ups Driving the Market

Japan is lagging far behind the rest of the world in nurturing start-ups. As of 2021, Japan has only 6 Unicorns. This is even fewer than the 41 in India and 11 in South Korea. In 2020, JPY 16.6 trillion (USD 136.1 billion) was invested in start-ups in the United States, as opposed to only JPY 150 billion (USD 1.2 billion) in Japan, a 110-fold disparity.

In 2021, SmartNews, Inc. topped the list of leading start-ups in Japan in terms of money raised, with a total of USD 228.78 million raised. Mobility Technologies Co., Ltd. came in second with a total of USD 159.93 million in investment.

In recent years, the number of university-based companies in Japan has steadily expanded, with an estimated 2.9 thousand such startups in the fiscal year 2020. In recent years, the number of newly founded university-based companies has also increased.

In 2022, the government plans to introduce a framework to provide financial support for large companies when they hire people who plan to later start businesses, and for start-ups that ask to borrow human resources from large companies.

Growth in Data Centre Industry Driving the Market

In the APAC region, Japan has a mature data centre industry with a strong presence as a corporate hub and global financial centre. It is a technological, robotics, and machine learning leader, in addition to being economically progressive. Over 22 third-party data centre service providers operate over 90 facilities in the country. In addition, local businesses own a number of on-premise or dedicated data centres in the country. Because of its strategic location, Japan is one of the most important connectivity hubs.

The demand for all flash storage devices is likely to rise as investors expand their investments in start-ups such as FinTech and e-commerce that use big data analytics and IoT applications. Because of the COVID-19 epidemic, the rise in digital transformation and enterprise adoption of cloud computing is expected to enhance cloud server adoption in Japan.

In 2020, Tokyo and Osaka were major data centre investment destinations. Other regions such as Kobe, Nagoya, and Yokohama are expected to grow during the forecast period. The cloud market in Japan was around USD 10 billion in 2020, including private and public clouds, which is expected to be valued at over USD 16 billion by 2023.

Japan has a strong presence of regional data center providers. It is one of the fastest-growing digital markets in the world. Japan has evolved into an international data center market driven by global hyperscale cloud providers such as Amazon Web Services (AWS), Google, Microsoft Azure, and IBM, expanding in the Tokyo and Osaka regions.

Japan Office Real Estate Market Competitor Analysis

The Japan office real estate market is highly fragmented with the presence of both global players and regional players and the competition in the market is very high. Some of the major players like Mitsui Fudosan, Mitsubishi Estate, Sumitomo Realty & Development, Tokyu Land Corporation, etc. The market is anticipated to regain normalcy by the end of 2022. Companies are gearing up to meet future needs, and many companies are entering the market for further opportunities.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Deliverables
  • 1.2 Study Assumptions
  • 1.3 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

  • 2.1 Analysis Methodology
  • 2.2 Research Phases

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Current Market Scenario
  • 4.2 Government Regulations and Initiatives in the Industry
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Technological Innovations in the Office Real Estate Market
  • 4.5 Insights into Rental Yields in the Office Real Estate Segment
  • 4.6 Insights into the Key Office Real Estate Industry Metrics (Supply, Rentals, Prices, Occupancy (%)/Vacancy (%))
  • 4.7 Insights into Office Real Estate Construction Costs
  • 4.8 Insights into Office Real Estate Investment
  • 4.9 Impact of COVID-19 on the Market

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
  • 5.2 Market Restraints/Challenges
  • 5.3 Market Opportunities
  • 5.4 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 5.4.1 Threat of New Entrants
    • 5.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 5.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 5.4.4 Threat of Substitute Products
    • 5.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Sector
    • 6.1.1 Information Technology (IT and ITES)
    • 6.1.2 Manufacturing
    • 6.1.3 BFSI (Banking, Financial Services, and Insurance)
    • 6.1.4 Consulting
    • 6.1.5 Other Services

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Overview (Market Concentration Analysis and Major Player)
  • 7.2 Company Profiles
    • 7.2.1 Mitsui Fudosan
    • 7.2.2 Mitsubishi Estate Co
    • 7.2.3 Sumitomo Realty & Development
    • 7.2.4 Tokyu Land Corporation
    • 7.2.5 Nomura Real Estate Holdings
    • 7.2.6 Hulic
    • 7.2.7 Tokyo Tatemono
    • 7.2.8 Mori Trust
    • 7.2.9 Mori Building
    • 7.2.10 Nakano Corporation*

8 FUTURE OF THE MARKET

9 APPENDIX