デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1197741

非乳製品チーズ市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)

Non-Dairy Cheese Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=155.76円
非乳製品チーズ市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)
出版日: 2023年01月23日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

非乳製品チーズ市場は、予測期間(2022-2027年)にCAGR8.1%で成長すると予測されています。

COVID-19のパンデミックは、消費者が健康的で簡単に入手できるという理由で植物ベースの代替品に激しくシフトしたため、世界の非乳製品チーズ市場に影響を与えました。様々な国の封鎖により、乳製品チーズの供給が妨げられ、製品不足が発生し、消費者は非乳製品チーズを購入せざるを得なくなっています。様々な調査によると、消費者の健康意識の高まりにより、植物性チーズの販売量は発展途上地域の間で85%まで伸びていることが描かれています。2020年の乳製品チーズ市場には着実な減少が見られました。

ヴィーガン食の人気の高まりと乳糖不耐症の発生が市場を牽引し、近い将来もその傾向は続くと思われます。消費者の健康意識の高まり、食事制限、ビーガニズムの人気などが、非乳製品チーズ製品の世界の需要につながっています。

子供や中高年の間で牛乳アレルギーや乳糖不耐症の症例が増加していることが、乳製品代替チーズ製品の需要を押し上げました。クリーブランドクリニックのデータによると、米国では、3000万人以上の人々が乳糖不耐症であり、これは米国人が植物ベースのビーガンチーズ製品を消費することを好むことを示しており、したがって、非乳製品チーズ市場の成長を加速させる。

非乳製品チーズの市場動向

乳糖不耐症の増加による植物性チーズの需要の増加

先天性ラクターゼ欠乏症または乳糖不耐症は、小腸で乳糖を消化・代謝するための酵素ラクターゼが作られなくなる病気です。消化されない乳糖が大腸に移行すると、胃腸障害、下痢、腹部膨満感などの重篤な健康障害を引き起こす可能性があります。世界のいくつかの地域で乳糖不耐症が増加していることから、近年、非乳製品チーズやその他のラクトースフリー製品の需要が急激に増加しています。消費者は、ビーガン食を持続可能で健康的な選択肢として考えています。そのため、近年では人気を博しています。倫理的な理由のために動物製品に向かって消費者の懸念の高まりは、さらに連続非乳製品チーズ市場を後押しし、より健康的でクリーンな製品の消費につながっています。市場の主なプレーヤーは、顧客の嗜好の動向に応じて、新製品の革新のための研究開発に巨額の投資を行っています。

北米が市場を独占

北米は、乳糖不耐症の人口比率が高く、菜食主義者の嗜好が台頭していることから、非乳製品チーズ市場を独占しています。欧州は、ここ数年、菜食主義者の増加により消費者の嗜好が変化していることから、魅力的な市場となっています。北米地域では菜食主義が人気を集めているため、さまざまな巨大食品メーカーが乳製品代替品をチーズの製品ラインに組み込み始めています。北米の人々は、健康やウェルネスに高い関心を寄せています。そのため、植物由来のチーズは、ベーカリーやファストフードカフェ、レストランでも提供されています。さらに、北米は植物性チーズの人気と、植物性乳製品が提供する比類のない利点に関する消費者の意識の高まりから、予測期間中に大きく成長すると予想され、この地域の非乳製品チーズ市場の成長を後押ししています。

非乳製品チーズ市場の競合他社分析

非乳製品チーズ市場の主要ブランドは、中小規模のメーカーが統合と製品提供の最適化のためにM&Aや新製品のイノベーションに乗り出しているため、競争が激しくなっています。非乳製品チーズ市場の主要なキープレイヤーには、大塚製薬(Daiya Foods Inc)、Green Vie Foods、Violife Foods、Kite Hill、およびAngel Foodが含まれます。また、オンライン小売プラットフォームは、非乳製品チーズ市場の成長を加速させる上で重要な役割を果たしています。さらに、高度な製造専門知識と流通ネットワークは、世界中に製品の範囲を拡大するために、メーカーに優位性を提供します。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と調査の成果
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • 原料別
    • 豆乳
    • アーモンドミルク
    • ココナッツミルク
    • その他のソース
  • 製品タイプ別
    • モッツァレラチーズ
    • パルメザンチーズ
    • チェダー
    • その他の製品タイプ
  • 流通チャネル別
    • 専門店
    • スーパーマーケット/ハイパーマーケット
    • コンビニエンスストア
    • ネット通販
    • その他の流通チャネル
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
      • その他北米地域
    • 欧州
      • スペイン
      • 英国
      • ドイツ
      • フランス
      • イタリア
      • ロシア
      • その他の欧州地域
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • その他アジア太平洋地域
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米地域
    • 中東およびアフリカ
      • 南アフリカ共和国
      • アラブ首長国連邦
      • その他中東地域

第6章 競合情勢

  • 最も活発な企業
  • 最も採用されている戦略
  • 市場シェア分析
  • 企業プロファイル
    • Otsuka(Daiya Foods Inc.)
    • Galaxy Nutritional Foods Inc.
    • Lyrical Foods Inc.
    • Violife Foods
    • Tofutti Brands Inc.
    • Bute Island Foods Ltd
    • Angel Food
    • WayFare Foods
    • Flower Foods Inc.
    • Green Vie Foods

第7章 市場機会と将来動向

第8章 COVID-19が市場に与える影響

目次
Product Code: 63733

The non-dairy cheese market is projected to record a CAGR of 8.1% during the forecast period (2022-2027).

The COVID-19 pandemic impacted the global non-dairy cheese market as consumers intensely shifted toward plant-based substitutes because they are healthy and easily available. Due to lockdown in various countries, the supply of dairy cheese was hindered, and there were shortages of products, which compelled consumers to purchase non-dairy cheese. Various studies have depicted that the sales volume of plant-based cheese has grown up to 85% among the developing regions due to the rising health consciousness among the consumers. There was a steady decline in the dairy cheese market in 2020.

The gaining popularity of the vegan diet and incidences of lactose intolerance have driven the market and will continue to do so in the near future. Increased health consciousness among consumers, dietary restrictions, and the popularity of veganism have led to the global demand for non-dairy cheese products.

The rising cases of milk allergies and lactose intolerance among children and middle-aged people boosted the demand for dairy alternative cheese products. As per the data from Cleveland Clinic, in the United States, more than 30 million people are lactose intolerant, which showcases that Americans prefer to consume plant-based vegan cheese products, thus accelerating the growth of the non-dairy cheese market.

Non-Dairy Cheese Market Trends

Rising Instances of Lactose Intolerance Increasing the Demand for Plant-based Cheese

Congenital lactase deficiency or lactose intolerance is a condition wherein the small intestine becomes ineffective in terms of making enzyme lactase to digest or metabolize lactose. Transferring undigested lactose to the large intestine can result in severe health issues whose initial symptoms are gastric problems, diarrhea, and bloating. With rising lactose intolerance in several regions of the world, the demand for non-dairy cheese and other lactose-free products has drastically increased in recent years. Consumers are considering a vegan diet as a sustainable and healthy choice. Thus it has gained popularity in recent years. The rising concerns of consumers toward animal products due to ethical reasons are further leading to the consumption of healthier and cleaner products, which consecutively boosts the non-dairy cheese market. The key players in the market are investing a huge amount in research and developments for new product innovations as per the trending preferences of customers.

North America Dominates the Market

North America dominates the non-dairy cheese market as a high percentage of the lactose intolerant population is present with an emerging trend for vegan food preferences. Europe is an attractive market as the shift in consumer preference has been observed in the last few years owing to the growing veganism trend in the region. As veganism is gaining popularity in North American regions, various giant food manufacturers have started incorporating dairy substitutes into their cheese product lines. North Americans are highly conscious of their health and wellness. Thus, plant-based cheese is also being served in bakeries, fast food cafes, and restaurants. Moreover, North America is anticipated to grow significantly during the forecast period due to the popularity of plant-based cheese and the growing awareness among the consumers concerning the unmatched benefits offered by plant-based dairy products, thus driving the growth of the non-dairy cheese market in the region.

Non-Dairy Cheese Market Competitor Analysis

The key brands in the non-dairy cheese market are highly competitive as several small- and large-scale manufacturers are embarking on mergers and acquisitions and new product innovations to achieve consolidation and optimize their offerings. Some of the major key players in the non-dairy cheese market include Otsuka (Daiya Foods Inc.), Green Vie Foods, Violife Foods, Kite Hill, and Angel Food. The online retailing platform also plays a significant role in accelerating the growth of the non-dairy cheese market. Furthermore, advanced manufacturing expertise and distribution networks offer an upper edge to the manufacturers to expand their range of products across the world.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumption and Study Deliverables
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Drivers
  • 4.2 Market Restraints
  • 4.3 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Threat of New Entrants
    • 4.3.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.3.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.4 Threat of Substitute Products
    • 4.3.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Source
    • 5.1.1 Soy Milk
    • 5.1.2 Almond Milk
    • 5.1.3 Coconut Milk
    • 5.1.4 Other Sources
  • 5.2 By Product Type
    • 5.2.1 Mozzarella
    • 5.2.2 Parmesan
    • 5.2.3 Cheddar
    • 5.2.4 Other Product Types
  • 5.3 By Distribution Channel
    • 5.3.1 Specialty Stores
    • 5.3.2 Supermarkets/Hypermarkets
    • 5.3.3 Convenience Store
    • 5.3.4 Online Retail Stores
    • 5.3.5 Other Distribution Channels
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 North America
      • 5.4.1.1 United States
      • 5.4.1.2 Canada
      • 5.4.1.3 Mexico
      • 5.4.1.4 Rest of North America
    • 5.4.2 Europe
      • 5.4.2.1 Spain
      • 5.4.2.2 United Kingdom
      • 5.4.2.3 Germany
      • 5.4.2.4 France
      • 5.4.2.5 Italy
      • 5.4.2.6 Russia
      • 5.4.2.7 Rest of Europe
    • 5.4.3 Asia-Pacific
      • 5.4.3.1 China
      • 5.4.3.2 Japan
      • 5.4.3.3 India
      • 5.4.3.4 Australia
      • 5.4.3.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.4 South America
      • 5.4.4.1 Brazil
      • 5.4.4.2 Argentina
      • 5.4.4.3 Rest of South America
    • 5.4.5 Middle East & Africa
      • 5.4.5.1 South Africa
      • 5.4.5.2 United Arab Emirates
      • 5.4.5.3 Rest of Middle East & Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Most Active Companies
  • 6.2 Most Adopted Strategies
  • 6.3 Market Share Analysis
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 Otsuka (Daiya Foods Inc.)
    • 6.4.2 Galaxy Nutritional Foods Inc.
    • 6.4.3 Lyrical Foods Inc.
    • 6.4.4 Violife Foods
    • 6.4.5 Tofutti Brands Inc.
    • 6.4.6 Bute Island Foods Ltd
    • 6.4.7 Angel Food
    • 6.4.8 WayFare Foods
    • 6.4.9 Flower Foods Inc.
    • 6.4.10 Green Vie Foods

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

8 IMPACT OF COVID-19 ON THE MARKET