デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1190905

フルオロエラストマー市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)

Fluoroelastomers Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 150 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=154.46円
フルオロエラストマー市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)
出版日: 2023年01月18日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 150 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

フルオロエラストマー市場は、予測期間(2022~2027年)において推定CAGR6%強の成長を遂げると予測されています。

COVID-19の発生により、世界中で全国的なロックダウン、製造活動やサプライチェーンの混乱、生産停止が市場にマイナスの影響を及ぼしました。しかし、2021年に状況が回復し始め、予測期間中に市場の成長軌道を回復させました。

*市場の成長を促進する主な要因は、シーリング用途での使用量の増加と、幅広いエンドユーザー産業での用途です。

*環境規制の強化や危険な労働環境は、市場の成長を阻害する可能性があります。

*パーフルオロカーボンエラストマーの新しい用途は、今後数年間で市場に機会をもたらすと予想されます。

*アジア太平洋地域は市場を独占し、予測期間中に最も高いCAGRで推移すると予想されています。

主な市場動向

フルオロカーボンエラストマーに対する需要の増加

*フルオロカーボンエラストマーは、フッ化炭素を主成分とするポリマーで、過酷な化学薬品やオゾン攻撃に耐えられるような用途に使用されています。フルオロカーボンエラストマーは、フッ素を多く含む炭素系ポリマーで、耐薬品性や耐オゾン性に優れていますが、特殊グレードのフルオロカーボンは、高いフッ素含有率と低温特性を持っています。

*フルオロカーボンエラストマーは、シール製造において非常に重要な役割を果たすようになりました。広い化学的互換性、温度範囲、低い圧縮永久ひずみ、優れた老化特性により、フルオロカーボンゴムは、長年にわたって開発された最も重要な単一エラストマーです。

*フルオロカーボンは、エラストマーよりも広範囲の化学薬品に耐性があり、優れた高温特性を持っているため、Oリングやその他のカスタムシールの使用において、世界的に異なるタイプのエラストマーよりも最も好まれるエラストマーとなっています。

*ガソリンや紫外線、オゾンにさらされた場合、膨潤や劣化が起こりにくいという特徴があります。低温にさらされると、フルオロカーボンエラストマーは硬くなります(-4°F)が、低温での使用は可能です。しかし、これらのコンパウンドは低温での優れた柔軟性が求められる用途には適していません。

*さらに、低温、高温、または化学薬品に対する耐性を向上させるために、モノマーの組成とフッ素の含有量(65%~71%)を変えたものも存在します。また、フッ素系エラストマーはガス透過性が低く、高真空用途をはじめ、さまざまな産業用途に適しています。

*これらの特長から、フッ素エラストマーは今後世界的に拡大することが予想されます。

アジア太平洋地域が市場を独占

*アジア太平洋地域が市場を独占すると予想されます。中国とインドは、この地域で最大のGDPを誇る経済国の一つです。この国の製造業は世界最大の生産拠点のひとつとなっており、フッ素エラストマーに莫大な需要をもたらしています。

*フッ素樹脂は、工業や化学処理産業で使用される油圧用Oリングシール、逆止弁ボール、ダイヤフラム、工業用ロールカバー、Vリングパッカーなどを製造しています。

*国家統計局によると、中国の付加価値工業生産高は2020年の31.3兆元から2021年には前年比9.6%増となり、世界の製造業生産高の約30%を占めました。

*JSW Steelは、2022年前半までに新工場の建設を完了させる計画でした。新工場は、マハラシュトラ州Dolviに500万トン、カルナタカ州Vijayanagarに100万トンを建設中です。同社は、グリーンフィールド設備の完成とBhushan Power and Steel(BPSL)の買収により、生産能力29百万トンを達成する予定です。

*中国の航空機産業は、ここ数年、著しい成長を遂げています。ボーイング社によると、中国の航空会社は、前年度の予測8,600機を1.2%上回る8,700機の新機材を必要とするとのことです。2040年には1兆4,700億米ドル規模になる見込みです。

*この地域は、世界最大の自動車製造拠点であり、世界の約60%のシェアを占めています。OICAによると、2021年1~9月の自動車生産台数は3,267万台で、前年比11%増。

*このようなすべての要因から、同地域のフルオロエラストマー市場は予測期間中に安定した成長を遂げると予想されます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 促進要因
    • 封止用途での使用量増加
    • 幅広いエンドユーザー産業におけるアプリケーション
  • 阻害要因
    • 環境規制の強化、危険な労働環境
    • その他の抑制要因
  • 産業バリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競合の度合い

第5章 市場セグメンテーション

  • 製品タイプ
    • フルオロカーボンエラストマー
    • フロロシリコンエラストマー
    • パーフルオロカーボンエラストマー
  • 用途
    • ダイヤフラム
    • バルブ
    • Oリング、シール、シーラント
    • その他(フューエルホース、ジョイント)
  • エンドユーザー産業
    • 自動車
    • 航空宇宙
    • 石油・ガス
    • 工業用
    • その他のエンドユーザー産業(化学、防衛)
  • 地域別
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • イタリア
      • フランス
      • その他の欧州地域
    • 世界のその他の地域
      • ブラジル
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ共和国
      • 世界のその他の地域

第6章 競合情勢

  • M&A、ジョイントベンチャー、共同研究、契約書
  • 市場シェア/ランキング分析
  • リーディングプレイヤーが採用する戦略
  • 企業プロファイル
    • 3M
    • AGC Inc.
    • All Seals Inc.
    • Daikin Industries Ltd
    • Eagle Elastomer Inc.
    • Freudenberg Sealing Technologies
    • GARLOCK
    • Gujarat Fluorochemicals Limited
    • HaloPolymer
    • KUREHA CORPORATION
    • LANXESS
    • Minor Rubber Products
    • Parker Hannifin Corp.
    • Precision Associates, Inc.
    • Shanghai Fluoron Chemicals Co.Ltd
    • Solvay
    • Stockwell Elastomerics Inc.
    • The Chemours Company
    • Trp Polymer Solutions Limited
    • Zhonghao Chenguang Research Institute of Chemical Industry
    • Zrunek Gummiwaren GmbH

第7章 市場機会と将来動向

  • パーフルオロカーボンエラストマーの新たな応用分野
目次
Product Code: 49714

The fluoroelastomers market is estimated to witness healthy growth, at an estimated CAGR of greater than 6% over the forecast period (2022-2027).

Due to the COVID-19 outbreak, nationwide lockdown around the world, disruption in manufacturing activities and supply chains, and production halts have negatively impacted the market. However, the conditions started recovering in 2021, restoring the market's growth trajectory during the forecast period.

* The major factors driving the market's growth are rising usage in sealing applications and applications in a wide range of end-user industries.

* Increasingly Stringent Environmental Regulations and hazardous working conditions are likely to hinder the market's growth.

* Novel applications of perfluorocarbon elastomers are expected to create opportunities for the market in the coming years.

* The Asia-Pacific region is expected to dominate the market and is also expected to witness the highest CAGR during the forecast period.

Key Market Trends

Increasing Demand for Fluorocarbon Elastomers

* Fluorocarbon elastomers are highly fluorinated carbon-based polymers used in applications to resist harsh chemicals and ozone attacks. There are, however, specialty-grade fluorocarbons that can provide high fluorine content with low-temperature properties.

* Fluorocarbon elastomers have become of vital importance in seal manufacturing. Due to the wide chemical compatibility, temperature range, low compression set, and excellent aging characteristics, fluorocarbon rubber is the most significant single elastomer developed over the years.

* Fluorocarbons are more resistant to a broader range of chemicals and have excellent high-temperature properties than elastomers, owing to which they are the most preferred elastomers for sealing in the use of O-rings and other custom seals over different types of elastomers globally.

* When exposed to gasoline or UV light and ozone, these elastomers are highly resistant to swelling and degradation. With exposure to low temperatures, fluorocarbon elastomers can become hard (-4 °F) but can be serviceable at low temperatures, although these compounds are not ideal for applications requiring good low-temperature flexibility.

* Additionally, some of the other materials are also present with the differing composition of monomers and fluorine content (65% to 71%) for improved resistance against low, high temperature, or chemicals. Fluorocarbon elastomers provide low gas permeability, making them suitable for hard vacuum service applications and many other industrial applications.

* Owing to all these factors, the market for fluoroelastomers is expected to grow across the world during the forecast period.

Asia-Pacific Region to Dominate the Market

* The Asia-Pacific region is expected to dominate the market. China and India are among the region's largest economies in terms of GDP. The country's manufacturing sector has become one of the biggest production houses in the world, thus providing huge demand for fluoroelastomers.

* Fluoroelastomers manufacture hydraulic O-ring seals, check valve balls, diaphragms, industrial roll covers, V-ring packers, etc., used in the industrial and chemical processing industries.

* According to the National Bureau of Statistics, China's value-added industrial output went up 9.6% Y-o-Y in 2021, up from CNY 31.3 trillion in 2020, which accounted for approximately 30% of the world's manufacturing output.

* JSW Steel planned to complete the construction of its new plants by the first half of 2022. The new plants are being constructed to produce 5 million ton in Dolvi, Maharastra, and 1 million ton in Vijayanagar, Karnataka. The steel company is planning to achieve a 29 million ton production capacity with the completion of greenfield capacities and the acquisition of Bhushan Power and Steel (BPSL).

* The Chinese aircraft industry depicted significant growth over the years. According to Boeing, Chinese airlines will need 8,700 new airplanes, 1.2% higher than its previous prediction of 8,600 planes made the previous year. These would be worth USD 1.47 trillion by 2040.

* The region is the largest automotive manufacturing hub, registering almost 60% share of the world. According to OICA, in the first nine months of 2021, the total production of vehicles stood at 32.67 million units, an increase of 11% compared to the previous year.

* Due to all such factors, the fluoroelastomers market in the region is expected to have a steady growth during the forecast period.

Competitive Landscape

The fluoroelastomers market is partially consolidated in nature. Some of the major players (not in any particular order) in the market include 3M, Daikin Industries Ltd, Solvay, The Chemours Company, and AGC Inc.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Rising Usage in Sealing Applications
    • 4.1.2 Applications in a Wide Range of End-user Industries
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 Increasingly Stringent Environmental Regulations and Hazardous Working Conditions
    • 4.2.2 Other Restraints
  • 4.3 Industry Value-chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Product Type
    • 5.1.1 Fluorocarbon Elastomers
    • 5.1.2 Fluorosilicone Elastomers
    • 5.1.3 Perfluorocarbon Elastomers
  • 5.2 Application
    • 5.2.1 Diaphragms
    • 5.2.2 Valves
    • 5.2.3 O-rings, Seals, and Sealants
    • 5.2.4 Other Applications (Fuel Hoses, Joints)
  • 5.3 End-user Industry
    • 5.3.1 Automotive
    • 5.3.2 Aerospace
    • 5.3.3 Oil and Gas
    • 5.3.4 Industrial
    • 5.3.5 Other End-user Industries (Chemical, Defense)
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 Asia-Pacific
      • 5.4.1.1 China
      • 5.4.1.2 India
      • 5.4.1.3 Japan
      • 5.4.1.4 South Korea
      • 5.4.1.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.2 North America
      • 5.4.2.1 United States
      • 5.4.2.2 Canada
      • 5.4.2.3 Mexico
    • 5.4.3 Europe
      • 5.4.3.1 Germany
      • 5.4.3.2 United Kingdom
      • 5.4.3.3 Italy
      • 5.4.3.4 France
      • 5.4.3.5 Rest of Europe
    • 5.4.4 Rest of the World
      • 5.4.4.1 Brazil
      • 5.4.4.2 Saudi Arabia
      • 5.4.4.3 South Africa
      • 5.4.4.4 Rest of the World

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Share/Ranking Analysis**
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 3M
    • 6.4.2 AGC Inc.
    • 6.4.3 All Seals Inc.
    • 6.4.4 Daikin Industries Ltd
    • 6.4.5 Eagle Elastomer Inc.
    • 6.4.6 Freudenberg Sealing Technologies
    • 6.4.7 GARLOCK
    • 6.4.8 Gujarat Fluorochemicals Limited
    • 6.4.9 HaloPolymer
    • 6.4.10 KUREHA CORPORATION
    • 6.4.11 LANXESS
    • 6.4.12 Minor Rubber Products
    • 6.4.13 Parker Hannifin Corp.
    • 6.4.14 Precision Associates, Inc.
    • 6.4.15 Shanghai Fluoron Chemicals Co.Ltd
    • 6.4.16 Solvay
    • 6.4.17 Stockwell Elastomerics Inc.
    • 6.4.18 The Chemours Company
    • 6.4.19 Trp Polymer Solutions Limited
    • 6.4.20 Zhonghao Chenguang Research Institute of Chemical Industry
    • 6.4.21 Zrunek Gummiwaren GmbH

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Novel Applications of Perfluorocarbon Elastomers